100_0515


山形市馬見ヶ崎では、建て方工事が始まりました。

幸い、雪も降らず順調に進んでおります。

組み上がった躯体を見ていると、独特の継ぎ手がありました。

100_0510


木の栓が打ってありますね。

追掛大栓継ぎ(おいかけだいせんつぎ)と呼ばれる継ぎ手です。

継ぎ手の中では強固なものの一つで、鎌継ぎ(かまつぎ)よりも、強い抵抗力を持っています。

プレカットが主流となっている現在では、なかなか見られなくなった継ぎ手です。