繁忙期という名の仕事の嵐が過ぎ去り、ようやく落ち着いてまいりました

そんなわけで、ニャンフェス!!

いまさらながらですが報告を…

先月、10/23に行われた猫イベント(手作り市)、猫友さんのブースにおまけ参加してまいりました
自分のものや、うちの子たちのものなら多少いびつでも失敗したところがあってもかまわないので、自由きままに適当に作れるのでパパッとできちゃうことが多いんです。

ところが、対価があるものとなると話が違って…

ポーチも巾着も、今は100円ショップや300円ショップでけっこういいものが手に入るしな~…とか思ってしまって、なかなか手が進まず

まだ時間はあるし、ゆっくり考えようと思っていたら、あっという間に仕事が繁忙期に突入!!

で、……気づいたらフェス前日

もう考えている場合じゃない。
思いつきだけで形にしていなかったものを次から次へと、
ミシン! ミシン! ミシン!
RIMG0024-024
自画自賛の出来の、にゃが猫バッグ。

にゃがーい(長い)猫がバッグの表と裏をまたいでいるのです。
おもて
RIMG0026-019
ちょっとアップリケ失敗しちゃってます

うら。
RIMG0027-020
撮り忘れましたが、またぐ位置を変えてふたつ作りました。
これ、我ながらツボに入ってものすごーく気に入ってしまい、自分で使いたいからニャンフェスに持っていくのはやめようと思ったくらい
とはいえ作品数が少ないので持っていきましたが、売れなくてもいいと思って強気の値段設定(2,000円)にしました。

そしてもう時間がないので、短時間で複数作れるものと思ってカードケースを制作
RIMG0013-034
ポイントカードやらスタンプカードやらでお財布がパンパンになっている女性は多いはず。
私の母がこういったカードケースを使っていて、とっても便利と話していたので作ってみました。
RIMG0014-030
厚手の接着芯を使って、しっかりしたカバーにしましたよ。
ちいさいものなので、こんな感じでにぎやかに。
RIMG0010-043
うるさすぎるかな? と思う柄も、小さなものにするとかわいいです

ここで終了とすればよかったものの、はぎれがたくさん出たので、ポケットティッシュカバーを作って購入してくれた方におまけとしてプレゼントしよう! と思ったのが日付が変わって間もなく。
基本的に私、『ちょこっとおまけ付き』とか『サプライズお土産』とかそういうのが好きなんです

ただ、お風呂を出たらもう1時を過ぎていたのでミシンはあきらめて就寝。6時に起きてダーッとミシンかけました
そんなギリギリまでばたばたして、それでも糸始末やらティッシュのセットなどは終わらずに会場でやることにしたので写真を撮る暇もありませんでした

会場では猫友さんにディスプレイなどの事前準備はおんぶに抱っこ状態で、私は作品の作業を黙々と
RIMG0016-027
猫友さんはブローチやストラップ、毛糸小物など作品数多数
あ、下のほうにちょこっとだけ私のにゃが猫バッグ2つ写ってます。(このあと上にあげました)

会場一体となってカウントダウンが始まり、定刻通り開場になった途端、ものすごい人が入ってきてビックリ

ええぇぇっ! こんなに来るんだ~

(しかも全員猫好き!)

あっけにとられているうちに、「これください」と声がかかり(まだおまけのポケットティッシュをつめている最中であ焦ってました)、カードケースが売れましたーーーっ
正直なところ、素人の私が作ったものをお金を出してまで欲しいと思ってくれる方がいるか不安だったのですが、
驚いたことにカードケースが好評であっという間に完売

で、あのにゃが猫のバッグ
セミプロみたいな作家さんもたくさん出展している中で、この価格ではまず売れないだろうと思っていた(しかも売れなくていいやと思っていたので手に取りにくい奥のほうに置いていた)のに、「あのバッグ見せてもらっていいですか」と声がかかり、なんと売れてしまいました

お目が高い~~!!
自分用にも欲しかったので、ひとつ売れた時点でもうひとつは仕舞いました

結果。
RIMG0034-015
購入してくれた方へのおまけで作品数と同じ数だけ用意したティッシュケース、2つだけ残って終了
けっこう鮮やかな色を選ぶ方が多くて、いちばん人気だろうと思っていたグレーが残ってしまったという予想外の結果でもありました。
でも、おまけを手渡したときに皆さん喜んでくださったので、おまけ企画してよかったなと思います
そんなことを思っちゃうあたり、私は商売向きではないかもですが

そうそう、途中、風太くんママも遊びに来てくれましたよ
ありがたいことに、ずっといいお付き合いをさせてもらっています。
今年待望の赤ちゃんが誕生したので、大きくなった赤ちゃんにも会えたしとっても嬉しかったです

敷居の高かったイベント参加ですが、声をかけてくれた猫友さんを始め、何を作ったらいいか悩んでいた時にあれこれと相談に乗ってくれた友だちのおかげで、よい経験となりました。

いろいろと助言をくれていた友だちには、お礼として欲しい欲しいと言っていた小さめのバッグを作って渡しました。
サイズだけは聞いていたものの、好みの柄がわからずタイプの違うものを2種類作って選んでもらいました。
blog42
これは選ばれなかったほう。イケアの生地です。
あげる前に写真を撮らなかったのですが、友だちが選んだのは、にゃが猫バッグの猫がいないバージョンで、カーキ+白の組み合わせで作りました。
通勤時のサブバッグにするから地味なほうがいいんだそう。

そして、余ったティッシュケースは会社の同じ班の女の子たちへ
はぎれで作ったものだけど、とても喜んでもらえたので、私まで嬉しくなりました。
今年もサプライズでクリスマスプレゼントになにか作って渡そうと企み中ですが、そういうのを考えているときがいちばん楽しいのかもしれません