2009年12月20日

[事業実施に至る背景]
 4月委員会事業においては、大和川地域の取り組みに際し、
 モデルケースとなる前川をテーマに事業に携われた方々と共に
 「人と自然が共存する大切さ」を学び、郷土の自然環境に対して
 関心を深める部分でありました。8月例会では講師に辻 信一
 先生をお招きして、ハチドリのひとしずく〜できることから始め
 よう!という事で、環境問題となる原因を各々が普段の行動から
 考え、取り組みを行って行こうとする姿勢がとても重要であると
 いうこと、そして広く運動を推進していくという目的で開催しま
 した。
 そして、更に普及させていきたいという最大の願いのもと、今事
 業では学童を通じより多くの子供達に伝え、子供同士でもハチド
 リの物語の会話が広まること、また出来る事から始める大切さを
 理解して頂き、家庭に帰っても子供から大人へと伝えてくことが
 重要なことであり、共に実践に励んでもらいたいと考え事業計画
 に至りました。

 

[事業目的] 
 これからの明るい未来に向けて、子どもから大人までの世代に
 ハチドリ物語をツールに『できる事からの実践』の普及を広め、
 より良い郷土づくりに繋げる。

『報告』

 実践に励もう!ハチドリ計画大作戦と称した、今事業においても
その役目を果たすべく、主人公のクリキンディが子供たちに伝え
たメッセージというのは、我々の想像をはるかに上回る展開でし
た。正しく今地球が抱える環境問題(地球温暖化現象)に直面し
ている現状意識の中、得意、不得意の小学生もいれば、積極的に
立ち向かう姿勢の子供、今後も変わられないのかなと思う子供も
様々でしたが、子供たちは皆、それぞれ色々な考え、また発想を
抱きそして成長していきます。決して統一性を持たせることは必
要なく、そんな中でも今自分に出来ることとしてのほんの僅かな
希望の創出、それがたとえどんな小さな事でも、未来に向けた一
途の光を感じて頂けたら、私はそれで十分成果があつた結果だと
思っております。

 

今事業において、対象学年を4年生から6年生までとしました
が、地球温暖化に対しての認識は、各学校や学年でも違いがあっ
た様に思います。
4年生では、与えることには素直に反応を示し
敏感に対応をしてくれました。
5年生くらいになりますと、それ
が、すぐ表現ができずに、黙ってしまう生徒や発言してみたいけ
ど俯いている生徒など、反対に手をあげて一人で何度も答えてい
る生徒もいました。ただ、地球温暖化を伝えるのではなく今回の
要となりましたハチドリ物語、この物語を紙芝居で最初に朗読す
ることで、子供たちは皆、なんだろう?何がはじまるんどろうと
興味を示し、動物で例えたお話には苦手意識を感じないくらい真
剣に聞いている様子が伺えました。子供たちにとっては難しいテ
ーマでも、この様にやさしい所から踏み込んでいくということ
で、今まで関心が無かっことでも本当に伝わりやすく、大切なこ
となんだと本事業を通して分かったような気がします。それを感
じさせてくましたのが、事業工程の中で、自分に今できることと
して考えた取り組みを、雫に見立てたポトリマークに各々がそれ
ぞれ書き示し、地球温暖化を描写(イメージ)できる、みんなで
試行錯誤して描いた大洋紙の絵に貼り付ける作業では、物事を一
人で考えるのではなく、グループになり友達と相談しながらや、
また青年会議所メンバーが間に入り協力しながら進めた事で、子
供たちはすごく明るい表情で、一つの目標に向かって、前向きに
捉えることが出来たように思っています。

また、能生小学校で開催した際に後から頂きました手紙には、
子供たちの声が綴れてていました。その中でも「自分たち以上に
動物が死んでしまうのはかわいそう」などの文章や、「ハチドリ
のとった行動は素晴らしいと思いました」など、その他の意見も
総称して、私は心から滲み出る程の感動と勇気を子供たちから頂
きました、本当に感謝しております。本事業を行ったことで子供
たちの心に少なからず刻み込まれたと確信に至ることが出来まし
た。

 

  11月事業では、15名程度ではございましたが参加された方全員
と、小さいお子様から大人までマンツーマンの時もありました
が、事業形式に囚われないで顔と顔を向き合いながら、そして一
人ひとりと会話をしながら、同内容にで最後まで真剣に取り組み
ました。

そして、これからも長い道のりを歩む子供たちにとって、その
生き生きとした表情を生涯失うことのないよう、時代(いま)を
生きてきた我々大人としての責務や反省と認識し、持続可能な発
展(今を生き、明日(未来)を考える)という概念の下、それを
忘れることなく邁進していけたら、一歩づつでもそれはすべての
環境づくりに好転し、解決に繋がると私は確信しております。

今回の事業に際しましてご協力を頂きました、各小学校の校長
先生並びに担任の先生方、協力なくしてはできませんでした、市
教育委員会様、そして、
4月委員会事業の時から大変お世話にな
り、多大なるご尽力をいただきました、辻 信一先生、また長期
に渡り各事業の相談役となっていただいた馬場直子様、それを支
えてくれた、各団体や市民の方々、そして自分の意見をを素直に
取り入れてくれた奴奈川青年会議所メンバーの皆様に厚く御礼申
し上げます。ありがとうございました。

 

最後になりますが、一年間を振り返り、絶えず影から支えてく
れました、クリキンディに心から敬意を称し、ハチドリのひとし
ずく〜今私にできることを明記し、報告とさせて頂きます。

 一年間ありがとうございました。
 

     
     ハチドリのひとしずく〜今私にできること
   
          森が燃えていました
    森の生き物たちはわれ先にと逃げていきました
     でもクリキンディという名のハチドリだけは
           いったりきたり
      口ばしで水のしずくを一滴づつ運んでは
         火の上に落していきます
          動物たちがそれを見て
      「そんなことしていったい何になるんだ」
           といって笑います
        クリキンディはこう答えました

       「私は私にできることをしているだけ」
            
            監修 辻 信一
    『地球の冷やし方〜私にできること』(ゆっくり堂)

 



aokikiyokinunagawaaokikiyokinunagawa at 02:47│コメント(0)トラックバック(0)

2009年11月30日

9月事業期間の10月24日から始まり今回が最後となりました。
第6回目 11月24日(火)の10:30〜12:10までの2時間授業を
大野小学校の5年生、生徒数は14名という中で、
校長先生並びに担任の先生のご協力もございまして
滞りなく終了できましたこと、ご報告を申し上げます。
今回ご参加いただきました、2名の奴奈川青年会議所メンバー
におかれましても、お忙しい中、最後まで子供たちと向き合って
頂き、心から御礼申し上げます。
 
今回の大野小学校は前回のご案内でもお知らせしましたが
校長先生の意向で、資料を提出しましたところ、この内容だと
1時間では足りないですね・・・ということも言われまして、
2時間授業を我々に下さいました。本当に感謝いたします。
そのお陰もございまして、時間を余り気にすることなく気持ちよく
進めることもできましたし、ハチドリ絵本のDVD映像なども入れ
込みました。子供達もすごく積極的な子が多く、一人で何回も発言
する生徒が何人かいました。またポトリマークの発表も生徒全員に
してもらいました。今回もとても素晴らしい宣言文が帰ってきました。
私も長いプレッシャーとの戦いで、勢いに負けそうな時が何回も
ありました。本当に子供たちの意見は偽りのない、生の声でした。
 
このように子供たちの生き生きとした表情が、この先も変わることなく
続いていくことを願い、大人としての責任を重々感じている次第です。
 
全学校を通じて、生徒数が多い少ないに限らず、こうしてより多くの
子供たちと接し、向き合えたことが、私は何よりの宝となりましたし、
この様な事は一生経験することはないと感じています。
改めて、奴奈川青年会議所という、知覚に満ちた結束力の強い
会員皆様の力だと、確信しております。
環境問題には、人それぞれ様々な感じ方があるなかで、今事業で
得た教訓を生かしながらも、色々な側面で柔軟に対応していくことが、
本当の意味で解決に繋がっていくのではないでしょうか。
私も、この世に行き続ける限りそれを全うしていきたいです。
今後も長い目で見守っていてください。
 
毎回、報告の内容が同じようなお話ばかりで皆様には、申し訳ない
気持ちですが、私にはこれ以上の感想は出てきませんでした。
今後もこの様な転機がおとづれ変化が現れるときには、恩返しに
できればと考えます。
それでは、誠に略儀ながら私からのお礼とさせて頂きます。
ありがとうございました。
 
追伸 本日、最終の大野小学校の記事が糸西タイムスに
記載されたと聞いております。私もまだ見ておりませんが
とっている方は、是非ご一読をお願い致します。
 
「青き清き環境」推進委員会


aokikiyokinunagawaaokikiyokinunagawa at 20:48│コメント(0)トラックバック(0)

2009年11月20日

11月17日(火)9:30〜になりますが、糸魚川小学校にて
お陰様でハチドリ計画大作戦、第5回目を無事終了致しました。
P1020528P1020526

 
私も、大きな学校を2校終え、少しほっとしていますが
残っている最後の学校まで気を抜かず、真剣に取り組み
ますので、今後共ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。
 
当日行ってみて、今までの学校訪問の経験をいかし
自分なりにスムーズに進行できるようにしましたが
やはり今事業の45分の壁は少し厳しい様に感じました・・・
学校によっては気を使って頂き、次の授業等で完成して
いただいておりますが、計画段階での反省点でもあります。
時間内に完成できなかった小学校の皆さま、大変申し訳ございません。
P1020537P1020546

 しかし、今事業を何回行っても、私はそのつど得るものが
多くあり、先生方もそれを感じ取っていてくれていると、私ながらに
思っていますし、決して後悔はしていません。
むしろ、今後も先生がハチドリ計画について、少しでも授業に
取り入れてくれている報告なども頂きますと、長い目で見ていく
必要性も大いに感じています。
P1020555P1020557

ハチドリ物語の続きがあるように、今事業においても
それをいかに動機づけていけるか、考えていかなければなりません。
「できることからの」重要性をひとりひとりが感じ取り
それが形に変わるまで、この物語は続いていくと思っています。
決して諦めてはいけないことと、夢と希望を持った中での
行動実践を促していけたらと密に願っています。
 
今回、第5回目を終了できましたのも、皆様から支えいただいて
いるお陰と感じておりますし、これからの未来に向けた、最大の
テーマであります「青き清き郷土」づくりに対し、理事長を始め、
重責されているメンバーの皆様に、応援していただきましたこと、
感謝申し上げ、今後も変わらぬご愛顧をいただきたく
お礼の言葉とさせていただきます。
 
ありがとうございました。
 
「青き清き環境」推進委員会


aokikiyokinunagawaaokikiyokinunagawa at 01:14│コメント(0)トラックバック(0)