あっ、わたすが 「青くり」 です。

座右の銘は「石橋はまず渡れ」 止まると死んでしまう唄う回遊魚(笑) 宝物は「縁」 好きな言葉「しあわせは自分の心がきめる」

ご無沙汰しております★せぃちゃん通信★

なかなか更新出来ないにも関わらず、毎日お立ち寄り下さる方々がいらっしゃいます。
ありがとうございます。そして申し訳ありませんm(__)m

先日、NHKで楢葉町を取り上げた番組がありました。
国営放送とは言え、必ずしも事実がそのまま伝わるとは限らない事は、震災以降学びましたから、敢えて放送の予告を発信しませんでしたが、ご覧になった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

帰町に向けての説明会の場面で、せぃちゃんが少しだけ映りました。本人は観ていなかったようですが、町の中でも比較的状況の良い地区を取り上げた内容だったようです。

前向きに精力的に動いていらっしゃる住職がとても頼もしく思えました。
住民が理解しやすいように図解したプリントを作ってくれたり、行政と町民の間に入ってお互い納得しながら前進出来るよう働きかけてくださっています。

せぃちゃんも、反対するだけじゃなくて、正しく知って前進したいと思っているので、来月には夫婦で放射線測定の資格を取ると勉強中です。

せぃちゃんの家は全壊判定を受けていますが、まだ解体もされていません(順番待ち)

もうすく4年です。

3.11の特番用でしょうか、マスコミ(TV局・新聞社)の取材が増えているようです。

配布の手伝いと言って取材に来るのはヤメテね(-_-)

ご支援いただいている皆様に、せぃちゃんに代わり、心から御礼申し上げます。
元気玉(せぃちゃんの活動支援金)も、たくさんのお米も、本当に助かっているようです。
ありがとうございますm(__)m

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image

元気玉やお米等、後方支援についてのお問い合わせは kibouno_tane@yahoo.co.jp までお願い致しますm(__)m

春はもうすぐ、ですが、まだまだ寒い日か続きます。
くれぐれもご自愛ください(*^^*)

せいちゃんの心の叫び

今日の新聞に、木戸川の鮭の試験捕獲開始の記事が載っていました。
楢葉町は帰町に向けて進んでいるようですが、町民の不安は蚊帳の外のように思えます。
せいちゃんから来たメールをそのまま転記します。
どこかで折り合いをつけなければならないのだとは思いますが、それ以前に、受けとめて少しでも不安が解消されるよう、ひとつひとつ紐解いて行かなければ、何年経っても建設的な話し合いは出来ないように思います。

解釈の仕方が間違っているとしたら、それを指摘して、安心させて下さる方がいらっしゃいましたら、是非コメントお願いしますm(__)m

********************

先日、除せん後の事後モニタリングの状況と
フォローアップ除せんについての説明会が町で行われた。

場所は、仮設校舎の体育館の中

開催日時は各行政区ごとに開催日の大半は平日と言う、実に思いやりのある設定日で
環境省が主体となり、静かに幕が開かれた。

参加者の大部分は、現役を退いた高齢者の方々で、
仕事を持っている若者のほとんどが、不参加と言う

いつもながら、実に親切な、設定日時に頭が下がるし、
巧妙な策略かとさえ、感じてしまう。

やはりお偉いさんは頭が良い、
としか言いようがなく、呆れて開いた口がふさがらない。

不満の前置きは、このぐらいにして、

今現在の、放射線量の説明の内容なのですが、

参加者全員に、資料が配布され

資料内容をメインに説明会が、進行しました。

除せんによって町の大分の、放射線量は低減された

との評価内容の説明でしたが、
放射線量の高い地区と低い地区の平均値、低減パーセンティジ等が、資料には、書いてありました

除せんで一定の評価は得られた

との説明でしたが、

モニタリングの結果報告の情報は
未だに手元には、届いてはいない。

因みに私の自宅は玄関先で1ミリ、室内は0.43

室内に関しては希望者に測定後その場で渡され
データ収集さえしてはいない

質問しましたが、

何処の地区ですか?

個別で対応します。

色々な状況が考えられるので検証します。

との返答でした。データ収集出来たはずなのに
その都度検証するんですね

皆さんの大切な税金は

こうして無駄に使われるんだと実感。

以前、町で行われた説明会での内容とは

大幅なギャップを感じたのは、

低線量被爆を防ぎ、健康被害を回避する為にも、

年間放射線量が1ミリシーベルト未満を目標に掲げ、

除せんを実施していくと

行政も、議員さん達も、豪語していたはずだったが、

今回、環境省の説明では、

23年の12月には、原子力委員会で年間放射線量は20ミリシーベルト

にと決まっていたと耳を疑う、寝耳に水の言葉が
環境省の司会者の方から聞かされ

いつの間にか、放射線量の数字が、

理路整然と1ミリシーベルトから

20ミリシーベルトに変わっていた事に

やはり私達、双葉郡内の人間はモルモットなのかと悲しくなる。


そして比較対照に酒や煙草を例に上げて説明をしたが

酒や煙草は、体に悪いと承知しながら、

国に高額納税しながら自ら選択して、自分の意思で吸ったり、飲んだりするもので、
いらないのにそこらじゅうにばら蒔かれ、
無色無臭の異物と比較されたくはない

環境省のkさんの言葉に刺激され、

町民の多くは、声を荒げ、強い口調で苦言、苦情をぶつけたが

どこ吹く風といった様相で、どこか人を馬鹿にした様な物言いと冷ややかな落ち着き感が
堪にさわり頭にくる。

数ヵ月前から町の各地で、除せん後のモニタリング

放射能測定を実施していたが、

自宅周囲のモニタリング結果の情報提供もされないままの
説明会に、質疑応答に何の意味が有るのか
説明会を控え、事前に結果の情報提供をせず
遅らせている事にすら
疑問を感じずには居られない

自宅周辺の事後モニタリング結果も知らないままの
質疑応答の際には

町民の多くは、ダムの汚泥、飲用水に対する不安
木戸ダムの汚泥に対する排除要望などの声が多かった
それに対し、環境省は、
顔色ひとつ変えず
冷たい口調で、それはまた、冷静に応答してた
態度が、とても腹立たしく、しょせん他人事なのだと
思え、僅かでも希望を見いだしたく行ったはずの
説明会は、気分を害するだけのしろものだった。

木戸ダムの汚泥に関しては未だに

17600ベクレルというとてつもない数値の、放射能が汚泥として

木戸ダムの湖底に沈んでいる


水で遮蔽されているから安全である

放射能は検出されていない

水は100%安全で安心であると

環境省は豪語していたが、


100%安全安心と言われ続けて育ってきたが
原発は爆発し、原子力発電所の安全神話は脆くも崩れました。

自宅にも帰れず閉鎖する度に避難所を転々とさせられ
現在も仮設で暮らしている私達に
今更、何を根拠に、この未曾有の災害
安全安心を自信を持って豪語出来るのか
汚泥を取り除く事は出来ませんと言い切れるのか

出来ない事を出来るかのように言う事は誠実ではないと強く断言し、
言い切れるのでしょうか

高齢者の僅かな希望を、冷たく打ち砕き
突き放せるのでしょうか。

ある爺ちゃんが
出来ませんと諦めるのじゃなく
海底からガソリンやガスを抽出出来る時代に
出来ませんと言い切るのは怠慢ではないのか
ダムの底から汚泥を吸い上げるような
画期的なものを考えだし開発して頂きたい
元のように安心出来る環境を作るのが
あなた方の仕事じゃないのかと

切なる要望の声を上げた
爺ちゃんに私は、拍手を贈りたい

私が質問した際に、環境省のkさんから

あなたは、ダムや浄水場に行った事は有りますか?

不安なのは知らないから、不安に思うのだから
一度現地に来てみて下さい
私が一緒に同行して説明しますからと

言い切れる彼の自信や根拠は、何処から来るものなのでしょうか

来てみて下さいと、ご招待をされたので

知れば不安が少しは、解消出来るのかと

10月19日にお言葉に甘え、木戸ダムと浄水場に見学に、行って来ました

現地に行って説明を聞き、構造を見学して

尚更、私は、水は危険だと感じました。

悪いとは思いますが、あの水は飲みたくはないというのが本音です。


説明を受け、より不安になりました。


先ず木戸ダムに行きダムの構造について

ダム関係者から説明を受けました。
ダムの貯水量は先日の台風の影響もあり
かなり満水に近い貯水量でした
湖面には沢山の木の枝や流木、木の葉などの、
ごみや細かい浮遊物などが、浮いていました

ダム排水口の手前には網がはってあり
多くのごみは止まる原始的システム、
そして職員が、網に引っ掛かった、
そのごみを定期的に排除するとの説明でしたが
網が張られてある位置は
排水口からは、かなり離れているので
幾らでも斜面の泥や木の葉などの、
ごみの混入は可能な状況にびっくりしました

機材などが設置してあるダムの内部も
特別に案内して頂きましたが、
お世辞にも綺麗だ等と誉められた物ではありませんでした。

通路の細い側溝に流れている水
ダム内部は結露で濡れ
外壁や三層の網状のパネルプレートに
付着しているピンクの藻なども
放射能の測定などは一切していないと言っていたが
気にはならないのが不思議でならない。

ダムの下から見上げて見ると排水口から流れ落ちる三本の白い水の柱は滝のようで
視感的には綺麗でした

滝の落ち口の放射能測定などは一切されておらず。

思わず、ダム関係者に聞き返してしまった

24度の台風でダムの下にある構築物が、土砂崩れの被害を受けたと説明された

建家内部にも土砂が入り込んだ様子が一目で解るほど、

崩れた瓦礫なども寄せ集めたままの状態で
外壁にも泥が屋根近く迄付着していたのが、
被害の凄まじさを物語っている
山林の除せんなどしていないはずだが、

放射線量は?

川底も一切、手付かず

本来なら川底の砂を、綺麗にさらって
除せんしてほしいところなのだが

望んでも不可能なのが現実だと思う

ダムから浄水場まで8km

上流から下流までの間を
放射性物質を含んだ砂利や砂を巻き込みながら
水は下流へと流れているのに

環境省が放射能測定している箇所は、たった数ヶ所だけなのです。

神経をピリピリさせず、冷静でいる事は、とても難しいです。

浄水場も見学して来ました

木戸川から直接取水している所は
ワイヤーが張ってあり大きなごみの浸入を防ぐ
シンプルな構造で、
先ず第1の取水プールでは
ほぼ川の水という感じのごみ混じりの
浮遊物や沈殿物などがある汚い水
混濁も目視で、はっきり解るほどです。

そこから浄水場の建家内部にパイプラインを通り
第2取水プールに、
そこで凝集剤(ポリ塩化アルミニウム)を
投入し混ぜ合わせ微粒子の濁質を大きな塊にするらしいが
第3プールは迷路のように細い仕切りで区切られており
水のぶつかり合いを利用して、より大きな塊になるように、しているらしいが
汚い水にしか見えなかった

第4貯水プールに流れ込むシステムのようだが
濁質の粒子の細かい物は底にかなり沈殿している

そのプールで、沈殿物を除去する為に用いる方法がまた
原始的と言うかシンプルと言うのか

水が濁らないようにゆっくり時間をかけて、大きな定規のような機会で、底の沈殿物を
プールの端の溝に落とし除去する構造になっていると説明を受けた

溝に落ちた沈殿物は別なパイプラインがあり
そこから引き抜かれ水分除去後に天日乾燥し
施設の敷地内に仮置きしているらしい

汚泥の放射線量は4000ベクレルとかなり高い数値である

第4貯水プールから第5貯水プールに
水は進んで行くが、そこには近代的なフィルターなどが設置してある訳では無く
第5貯水プールの底に溝があり
大きな砂利に細かい砂を重ね合わせた地層構造の濾過システムである説明を受けた

貯水プール内はどこも汚いイメージしか持てませんでした。

濾過フィルターの役目を担っている砂利や砂は
定期的に水を逆流させ逆洗と言う方法で
吸着した汚れの対応しているらしいが、
砂利や砂の交換は一度もしておらず
放射線量の測定検査すらしたことはないことに
怖さを感じた

何の疑問も疑念も持たないのが不思議でならない。

怖くはないのか水道企業団の方に尋ねてみたが
納得のいく回答は得られなかった

此が飲料水の現実かと思うと、
あまりの杜撰な管理体制に溜め息しか出ません

現在工業用水として利用していると説明があり
生活用水は地下水を汲み上げ貯水タンクに集め
利用しているらしい
地下水なのでフィルターも通さず
直接タンクに貯水されている水を濁土がないから安全です。安心です。と説明されたが

その建物は木戸川流域にあり、
地下どのくらいの場所から取水しているのか質問したが
即答出来る職員は誰もいなかった

地下の土壌の検査はパイプを埋めてありポンプで汲み上げるシステムで

土壌の検査確認の出来ない構造なのに
濁土の検査を24時間の管理体制で行っている。
放射能測定検査も1週間に一度行っている。
から大丈夫です安全です。
放射能は検出限界値です

と説明されましたが皆さんは、この説明に安心出来ますか?

貯水タンクも常時満水状態で中を視て検査したことすらない
沈殿物の有無さえ解らない
事実に知らない事の怖さを感じます。

濁土、濁りの事らしいですが、それがなければ安全だと豪語してる

環境省のkさんに言いたい
安全と安心は
いちえに結び付くものではない
個人の受ける、受け方や感じ方で変わる

比例するものではない気がします。

信じられない私が、ひねくれた物の感じ方、考え方なのでしょうか

☆せぃちゃん通信☆〜応援玉のお願い〜

暑い日が続いています。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

前回の記事でちょっとだけ触れましたが、支援の仕方を変える事にしました。

これは、避難しているお年寄りの生活が安定したとか、余裕が出来てきたとか、そういう事ではなく、生活そのものは何ら変わらず不自由で不安な日々を送っているということを踏まえた上で、それでもそれぞれが自立して行かなければならない訳で、その為のお手伝いの後方支援に変えようと思うのです。

これまで同様、せぃちゃんの後方支援という形は変えるつもりはありません。
現場でずっと高齢者の方々を支えてきたせぃちゃんも、職場の再開に向けて準備が始まっています。
支援活動を続けてきたせぃちゃんの生活が、安心出来るものになる事がとても大事だと思っています。

元通りに稼動するまではまだ数年かかると思われます。
彼女の事ですから、仕事が再開しても、休みを返上して支援活動を続けて行くでしょう。

今せぃちゃんが支援している方々の自立に向けての支援、せぃちゃんの負担を少しでも軽減すること、諸々考えた時に、

これまでの物資の支援から、活動協力金の支援に変える事にしました。

そうすればその時々に必要な物を現地調達し、せぃちゃんの生活のペースに合わせて配ったり出来ます(^^)v
せぃちゃんは、皆様に収支報告が出来ない事やお礼状が出せない事などを気にしていましたが、
「そんなの要らないよ〜」という方にご協力いただければありがたいです。

(米はとても助かるので、お願い出来るなら米農家さんには米をお願いしたいですm(__)m)

頂いた支援金が、こんな風になります。
苗や土を購入して配ってくれた事は前にご報告しましたが、これは農業未経験のせぃちゃんが種から育てている野菜達。
苗にして配ったり、収穫して配ったり。
巨大きゅうりは、種を採る為に残しているのだそうです。

蘊蓄を語らせたら、とても素人とは思えません。
きゅうりを這わせる為の網は既製品ではなく、100円ショップのビニール紐でせぃちゃんが編んだものです。
「手間はかかるけど、半分以下の値段で出来るの。頂いたお金は無駄に出来ないもの(*^^*)」
そう言って笑います。

せぃちゃん農園をご覧ください(^^)
image
image
image
image
image

結局スマホからのUPです。はみ出て無いかしら(^^;

引きこもりがちだったじいちゃん、ばあちゃんたちを笑顔にしてくれた野菜苗たちは、
今年も生きる希望の種のひとつになってくれています(*^^*)

支援活動協力金…ん…名付けて「応援玉」でどうでしょう

お年玉ならぬお盆玉なんて言葉もあるらしいし(^-^;

合わせて、せぃちゃんの勤務先である施設ではプルトップやペットボトルのキャップも集めています。
ご協力頂けると大変ありがたいですm(__)m
(送り先はせぃちゃんの住所)

応援玉の振込先や、その他お問い合わせは
kibouno_tane@yahoo.co.jp
までメールにてお願いいたします。

これからが夏本番。
くれぐれも熱中症には気を付けてお過ごしくださいね〜(^^)/

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m










ご無沙汰しました☆せぃちゃん通信☆です

なんと!3ヶ月も更新せずにおりましたm(__)m
にもかかわらず、立ち寄って下さる方々、
支援物資や支援金を送って下さる方々に、せぃちゃん共々、心より感謝申し上げます。

ありがとうございますm(__)m

楢葉町は来春からの帰町の方針を決定したようです。
実際問題、どれくらいの町民の方々が帰町するのか、また、出来るのかはわかりません。

ちなみに、全壊判定のせぃちゃんの家は未だに解体されていません。
県外に避難され、その地で新たな仕事に就かれている等の理由で、査定すら受けていない家屋もあるようです。

来春までに、との程度までインフラが整うのでしょう。
せぃちゃんの職場も再開に向けて準備を進めているようです。

これからの、せぃちゃん後方支援の仕方も変えていかなければならないと思っています。
それについてはまた後日、パソコンから記事をアップしたいと思います(実はこれが出来なくて3ヶ月も引っ張ってしまったのですけどね(汗))頑張れ!あたし!(^^;

せぃちゃんから送られてきた皆さんからのあたたかい真心画像、こんなに貯まってしまいましたm(__)m
image

image

image

image

image

image

image

image

image


三回目になる「わくわく♪プロジェクト」
せぃちゃんが、現地調達した苗や種から育てた苗を配ってくれました。
皆様からの支援金を使わせていただいたとの事でした。ありがとうございましたm(__)m
image

image

image


不馴れなスマホからの更新で、画像がはみ出ていないか心配です(^^;












3年が過ぎました

今年も、3月11日は静かに黙祷しました。
もっとも、今年は動きたくても動けなかったので、ずっとテレビの特番を観て泣いてましたが(^^;

変わらずに心を寄せて下さっている方々には、せぃちゃん共々心から感謝しています。
継続して物資や活動支援金を送って下さる方々。
新たに支援を呼び掛けて下さる方々。
そしてそれに応えて下さる方々、みなさんのお陰でせぃちゃんは今日も仮設住宅や借り上げアパートを忙しくクルクル廻っています。
ばあちゃん達の笑顔がせぃちゃんの活力源です。


3年経ってもまだお米やら衣料品やらを支援していただかなければならない現状に溜め息が出てしまいます。
せぃちゃんはいつも言います。みなさんのお気持ちを無駄にはできない。ありがたい。
三年前の古古古米 も、虫の湧いた古米も、精米すれば食べられるから…と。
精米してから小分けして配っています。
(虫が湧いた米を精米機に入れていいのかしら(汗))

私の立場だから敢えて言わせていただくと、
支援のという大義名分を掲げて別の目的でせぃちゃんに近づく方がいらっしゃいます。
それは政治柄みだったり、ご自分の自己満足の為だけにせぃちゃんの都合なとおかまいなしで訪ねようとする方、

このブログでも何度となくお話させていただきましたが、せぃちゃん自身が被災し、介護の必要なお母さんと旦那さまと三人、仮設住宅で生活しているのです。原発問題で、やっと全壊判定になった自宅はまだ解体もされていません。
そんな中で避難生活をしている200人もの高齢者の支援をしているのです。
そんなせぃちゃんの足を引っ張るような言動はしないでください。
お願いしますm(__)m

もう3年ですが、あの日から時が止まってしまったかのような毎日を送っている人達がたくさん居ます。
もうしばらくの間、心を寄せていただきますよう、お願い致します。
お問い合わせは、このブログにコメント頂くか、もしくは、kibouno_tane@yahoo.co.jp
にお願いします。(療養中につき、お返事に時間がかかりますがご了承下さい)
Facebookで繋がっている方はメッセージでお願いしますm(__)m

image
image
image
image
image
image
image
image


初めてlivedoorの投稿用アプリを使ってみました。うまく投稿出来るかな?

☆せぃちゃん通信☆ と、会計報告

とんとご無沙汰している内に年が明けてしまいました。
お伝えしたいことはたくさんありますが、パソコンに向かうことがまだ苦痛です。
せぃっちゃんが送ってくれた皆様からの支援物資の画像を編集・アップすることで、御礼とさせていただきます。
ちなみに、ニュースで耳にした方も多いと思いますが、
せぃちゃん達の楢葉町では、年末年始自宅で過ごしたい方の希望を取り、実際に自宅に戻ってお正月を迎えられた世帯もあったようです。
「もう戻れるの?」と思った方も多かったのではないでしょうか。
実際はごく一部の世帯だったと思います。
せぃちゃんのように、去年やっと「全壊」の判定が出て、解体待ちの家もたくさんあります。
せぃちゃんは、そういうお宅の片付けを毎日のように手伝っています。
腐った布団や家財道具を高齢者が一人で所定の場所まで運ぶ事は不可能だし、
いくら使い物にならなくても、他人の物を勝手に処分する訳にはいかないので、
今度の可燃ごみの時は○○さん、次ぎの不燃ごみの時は△△さん・・・と、お世話しているのです。
物資配布や、安否確認の他に、せぃちゃんは昨年も大晦日まで大忙しでした。
そんな毎日ですから、みなさんが変わらずに心を寄せて励ましてくださること、
支援物資を送ってくださる事に心から感謝しています。ありがとうございます。
13859621511520
13859621703211
13859621915532
13859622153983
13859622438094
13859622669805
13859622928336
13859623186587
13859623406738
13859623596569
13859623830100
13859624071801
PhotoGrid_1388238541185
PhotoGrid_1388238591018
PhotoGrid_1388238618244
PhotoGrid_1388238643455

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2013年5月以降の会計報告です。
  繰越金                         54、971円
5/18石巻市民の会さまによる呼び掛けに、レゴブロック購入(お届け済)        41、820円
6/17ちっぽけな唄vo.7(広島県呉市)さまより    20,000円
6/12高野さまより(神奈川県川崎市)         20,000円
7/  五島さまより(山形県河北町)           10,000円
11/18せぃちゃんへ(現地調達用)送金                            30,000円
11/25ちっぽけな唄(大阪会場)さまより         2,800円    
11/18石巻市かき小屋渡波さんへ(台風25号で全壊したため)復興支援金として    33,151円

今年が、全てのみなさまにとって、去年より少し良い年になりますように!パン!パン!^0^

☆秋〜改訂版 支援物資のお願い☆

いつもお立ち寄りいただきありがとうございます。
ご支援いただいている皆様、発信をシェアしてくださる皆様、応援してくださる皆様に、
心から感謝申し上げます。

いつまで続けられるかわからないし、、、とか言いながらこれまで続けて来れたのも、
私に何か無い限り、これからも続けるよ!と、言えるのも、
皆様からの応援があってこそです。
ついに私にも予期しなかった「何か」が起きてしまいましたが、
こんな私でもまだ出来る事はあります。
皆様のお力をお借りしながら無理せず出来る事を続けて行こうと思います。

季節はすっかり秋。また長い長い冬がやって来ます。
お願いしたい支援物資も、若干の変更があります。
どうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎せぃちゃんの後方支援です^^★★今回新たにお願いしたい物有ります
福島県双葉郡楢葉町で被災したせぃちゃんが、避難所を転々としている時から、ずっと高齢者のお世話をして います。
自分の生活だけでも大変なのに、せぃちゃんが支援している高齢者はざっと200人。
物資の面だけでもお手伝いが出来れば・・と思います。
    ★★温泉タオル(中古・未使用品共)合計200枚目標。せぃちゃんの希望は中古タオルでした。
                         使用目的が主に寝たきりの方の下のお世話用だからです。
                         刺繍が入っていたり、分厚いタオルは絞りにくい、拭き難い、ということ                         もあり、今回は温泉タオル(客室に置いてあるような)限定とさせていた                         だきます。中古OKです^^v
★食品
       米(精米)・乾麺・缶詰・梅干し・瓶詰め・乾物・漬物・菓子類・お茶・など。
       醤油・油・味噌・塩・砂糖などの重たい調味料も助かります。
       日持ちのする野菜(最低一週間は常温で置けるものが目安)
        ※切り餅、3〜4人用のレトルト食品、冷凍食品はご遠慮ください。
        ※せぃちゃんが蕎麦アレルギーなので、蕎麦を入れる場合は外箱に「そば入り」とご記入ください。
    ★使い捨てカイロ
    ★ペットボトルの水やお茶
    ★バスタオル・フェイスタオル・てぬぐい
        こちらの中古品は充足しましたので、未使用品をお願いします。
    ★介護用おむつ(テープタイプ)L・LL
    ★リハビリパンツL・LL
    ★尿取りパット・ワイドタイプ
    ★尿漏れパンツ
    ★  〃   用パット(生理用羽なしナプキンも可)
    ★高齢者向け下着、冬用パジャマ・男女共(新品)
    ★高齢者向け、ゆったりサイズの冬用衣類(新品・状態の良い中古美品)
         派手な色・柄・プリントはNGです。
         お手持ちの衣類に関しては、お問い合わせくださいm(_ _)m
    ★配布用のアイラップ・ジップロック・レジ袋(新品)

◎ハンドメイドでワクワク♪プロジェクト
継続したご支援、心から感謝しております^^
岩手県宮古市で被災されたばあちゃんやあねさんたちに、ハンドメイドで元気になってもらおうと始まったプロジェクトです。
ここで配布や取りまとめをしてくれているのは、津波でお家を流され、仮設で生活している佳子ちゃん。
ブログやFacebookでとてもマメに様子を知らせてくれます。頭が下がります。
佳子ちゃんのブログ「ハンドメイドでワクワ ク♪プロジェクト」 ←ポチッとな
ハン♪プロの作品は何処でも人気です。
8月〜の約1ヶ月、神奈川でも作品展をしていただき、また、広島在住・ウエストミュージックジャンボリー代表のマッキーさんからのご縁で、8月から半年間、広島県大竹市駅前商店街の復興支援を目的としたショップでも作品を販売していただいております。近郊の方は是非覗いてみてくださいね^0^
今は12月に開催されるハン♪プロ発祥の「伊豆のまごころ展」に向けて作品作りを楽しんでおられるようです。
皆様からの継続したご支援により、作品展に向けての材料は充足しているそうです。
「皆さんからご支援いただいているお陰で色んな作品を思いっきり作れてとても有り難い」と、作家さん達から言付かっております。
作品展に出品しない物も作って楽しんでいただいているようなので(ハン♪プロの一番の目的はそこです)募集は終了せずに、無理の無い範囲でご支援いただきたいと思います。
(来年になればまた展示会のお誘いもあると思われ、、)
    ★布 ハギレや柄物ももちろんOKです。(目立つシワはアイロンがけしてからお願いします)
    ★編み糸(夏用冬用問わず)
    ★手芸綿(ぬいぐるみ等に使います)
    ★黒か紺色の、中厚の接着芯(片面接着) (宮古では色付き中厚の接着芯が売られていないそうです)
    ★その他、ハンドメイドに使えそうな小物(錆びたり欠けたりしたものは不可)

◎ベルマーク&インクカートリッジ送り隊募集!!
ハン♪プロで材料支援をしてくださっている恵美さんの発案で、被災地の学校に送る為にベルマークを集めています。
宮古の佳子ちゃんの協力のもと、支援先は「宮古市磯鶏小学校」になりました。
学校自体は高台にあったため大丈夫でしたが、通う子供たちの多くは被災し、不自由な生活をしています。
先生をはじめ、子供たちや保護者のみなさんが協力し、ベルマークを集めたり仕分けたりしています。
加えて、使用済みのインクカートリッジも基金の対象になるので集めています。
メーカーの番号毎にまとめて下さい。

使用済みインクカートリッジは、何でもいい訳ではありません。
エプソン・キャノン・ブラザーの純正に限ります。
他の物を送ると、ゴミを送る事になってしまうので、くれぐれもお気をつけください。

送り先は 宮古市磯鶏小学校
住所 〒027-0026 岩手県宮古市上村2丁目4-1
(学校への直接のお問い合わせはご遠慮ください)


◎千羽鶴プロジェクト
入院中、たくさんの千羽鶴にパワーを貰いました。
以下、9月15日のフェイスブックの投稿より
☆千羽鶴のお話☆
今私の病室には4千200羽の折り鶴が飾ってあります。
わたしが入院した時にたくさんの友人が折ってくれました。
千羽鶴がこんなに嬉しいって、今回こうやって病気しなかったら知らずにいたのだと思います。
毎日ベッドの上で千羽鶴を眺めていたら、私も誰かの為に鶴を折りたくなりました。小さめの折り紙なら寝たままでも折れました。
私の病室に入って来ると、大抵まず4千羽鶴に驚きます。
今朝来てくれた若い看護師さんは「すごーい!仙台の七夕みたいですね!」 って(笑)
その次は、珈琲の香を喜んでくれます。これは自分の嗅覚味覚を取り戻す為に毎朝ドリップ珈琲を入れるから。
それから香りに敏感な人は友達が送ってくれたハーブの香りに気付いてくれます。
お見舞いに来てくれた人は、千羽鶴に反応するともれなく私の魔法にかかります。
「凄いべ?これ貰ったらすっごく嬉しくて、だから私も病気と戦ってる友達に送ってあげたいと思ってね」そう言って折り紙を差し出すと、あら、不思議、100%受けとります。そして、95%の人が三角に折り始めます。そこからは、「ところで鶴ってどう折るんだ?」派と、ちゃんと折れる派とに二分されます。
凄いと思いませんか?折り方判らないのに、ほとんどの人は受け取って折り始めるし、断る人は誰もいない…これに気付いた時は感動しました。すげーな!日本人!って思いました。
だからね、私にとっては処女作となったこの千羽鶴、とてもたくさんの人の手によって完成しました。だから最強です(笑)
これが完成する前に、もう一人千羽鶴をあげたいひとの顔が浮かんだので、早速第2弾の制作にとりかかろうと思います。
参加ご希望の方はどしどし遠藤家宛に送って下さい。折り鶴一羽から大歓迎です(^-^)/
千羽鶴の贈り先は個人情報保護の為公表しません。
また、逆のパターンもOKです。ご一報いただければ、せっせと折ってお送りいたします。
千羽鶴プロジェクト?千羽鶴友の会?(笑)
みんなで広げよう千羽鶴の輪!長いし古い(笑)

・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・・
支援物資や送り先などのお問い合わせは、kibouno_tane@yahoo.co.jp まで。
なお、初めてメールをいただく場合は、お名前とお住まい(県名だけでも)をお願いいたします。

どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m


ご無沙汰しておりました!\(^o^)/

日本中あちらこちらで想定外の自然の猛威に翻弄されている近年ですが、

わたしの身にも想定外の事態が起こりました。

8月6日、自宅で激しい目眩と吐き気に襲われ、
幸い倒れている所を発見していたたき、
救急搬送されてから今日まで、山形市内の総合病院脳外科に入院しております。

杖をついて歩けるまでに回復しましたので、
このまま、順調な回復の道を突き進む予定でおります。
小脳出血でしたので、目眩と戦っておりますが、
これも時間の問題かと。

自宅へ帰れればパソコンで記事を書けるので、
ハン♪ プロ、広島県大竹駅前商店街でのお取り扱いのお話などなど、お知らせしたいこともたくさんあるのですが、
病院のベッドからスマホで時々Facebookに近況報告するのが精一杯な状況です。
ですが、
東日本大震災の被災地のみならず、この所続いている水害や竜巻などの被災地への想いは少しも変わっておりませんし、
今、わたしが出来ること…という意味では何も変わっていません。

とりあえず、「千羽鶴プロジェクト」始動しました(^^ゞ
詳しくは、近々外泊許可をもらった時にでもUPいたします。
137937695494901378883721760013770828903162
続きを読む

『想い水』ご支援のご報告と御礼

まずはじめに、現在集中豪雨により被害が拡大している、山口県、島根県、日本各地の皆様に御見舞い申し上げるとともに、
これ以上被害が拡大しないようお祈りいたします。
被害が無くとも、雨の強い地域の方には、他人事とは思わずに、
無茶をせず、どうぞ命を守ることを最優先に行動してしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自然災害が殆ど無いと思われていた、ここ山形県天童市が
集中豪雨により断水になるという想定外の事態になったのが7月18日。
(この時点ではまだ完全断水ではなかった)
独自水源を持たない6市町は、村山広域水道から水を引いているのだけれど、
村山広域水道の水源である寒河江川の濁度が、浄水処理能力をはるかに超えてしまいました。
※濁り度合いを示す「濁度」は普段10度以下。
 通常通り処理できる濁度は100度までで、18日には約3千度に達した(山形新聞より)
その為に、村山広域水道からの給水がストップしてしまったのです。

22日23時、天童市全域断水となり、23日早朝より給水所も19ヶ所に増設されましたが、
全く復旧の見通しが立たないとのことでしたので、23日、facebookにて、給水所に行けない高齢者世帯の為の水の支援を呼びかけました。

その記事は1000人を超える方々にシェアしていただき、
全国からたくさんの水が届きました。

皆様のあたたかい気持ちのこもった水を、『想い水』と呼ぶことにしました。

1001898_283695471773231_1341381586_n13751437003006137514742391601001892_283736378435807_358944140_n























































































東日本大震災の被災地の各地からもたくさん届きました。
電話を頂いた時「水が無いだけですから、そちらの方がもっと不自由なハズですからお気持ちだけいただきます」とご辞退申し上げましたが、
「水の無い生活がどれだけ大変か私たちは知っています。山形の方々には私たちもお世話になりましたから」
そうおっしゃいました。
今こうやって書いていても涙が溢れてしまします。

宮城県石巻市で何かとお世話になっているテラさんが、仲間のみなさんから託されて、「想い水」をたくさん積んで来てくれました。
自ら幼稚園や病院に電話をして、必要な所へ直接運んでくれました。
まだ預ったお金があるからと、再度宮城県に戻り(こちらではどこも売り切れ)、水を買って来てくれました。

同じく、山元町から、源さんとほほえみみやぎのひとみさんが、なんと給水車で来てくれました。
13751434752311










まっすぐ災害本部へ行き、給水場所の指示を受け、雨の中頑張ってくれました。
経験している人たちは、何処で何が足りないかを知っています。

関係者のみなさんの不眠不休の尽力により、思いのほか復旧が早く、25日午後から、
一部地域からの段階的通水が始まりましたので、
高齢者世帯に限らず、断水地域の困っているみなさんに配らせていただくことにしました。

みなさまから送っていただいたり、直接届けていただいたりした「想い水」は、
トータルで、12,502ℓにもなりました。(給水車分は含まず)
2ℓのペットボトルで、なんと6,251本分です!!

高齢者世帯、乳幼児のいる世帯、学童保育所10ヶ所、保育園3ヶ所、ベビーホーム3ヶ所、中学校2ヶ所、
特別養護老人ホーム、グループホーム2ヶ所、幼稚園、など等、
全国の皆様からの支援の「想い水」です・・・とお届けしました。

私自身も動いていたので写真がほとんど撮れませんでしたが、
代表で、学童保育所にお届け時の写真。(後ろ向きになってもらいました)
13751478534709











隣の小学校のプールから水を汲んで来ていた子供たち。
小学校が夏休みに入ってからはそれも使えなくなりました。
ペットボトルの他に、水道水を汲んで届けて頂いた物を生活用水として届けました。

水道が出始めた地域でも、錆びが混じってすぐには飲めない所もありました。

本当に皆さんが喜んでいました。
そして、水が無いだけでこんなに大変なんだもの、震災の被災地の人たちはどれだけ大変だったんだか、、、
そう仰る方がたくさんいらっしゃいました。
自分達が不自由だったことも、未だに不自由な生活をされている被災地の方々のことも、
忘れてはいけないと、あらためて思いました。

一市民の私が発信したことで、
心を寄せてくださった全国の方々のこと、
遠くからわざわざ運んで下さった方々のこと、
マンパワーが足りないと察して駆けつけてくれた石巻復興を考える市民の会の方々のこと、
facebookを見て手伝いに来てくれた方々のこと、
声掛けに二つ返事で来てくれた友達のこと、
そして、一人で手が回らないだろうと、発信直後からネット上でのフォローをしてくれていた二人のこと、
私は一生忘れません。

問い合わせのお電話や、コメントもたくさんいただき、お返事しきれないままになってしまった方々には、
心からお詫び申し上げますm(_ _ )m

場所を提供してしてくださった、中部公民館、福祉センターの職員の方々、
見るに見かねて搬入の際手伝ってくださった市役所職員の方々、天童青年会議所の方々、
それぞれに過酷な任務の最中、ご協力ありがとうございました。

常々座右の命は「石橋はまず渡れ」とは言っていますが、今回ばかりは
今頃になって、冷や汗がタラリと流れています。

長くなりましたが、皆様からの「想い水」一本も余すことなく必要とされるところへお配り出来たことを報告いたします。
ありがとうございました!! 深々と、礼っ!m(_ _)m
1375147546685213751477656007




















〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「想い水」をご支援いただいた皆様。(敬称を略させていただきます)
南相馬30tProject・濱田通冶・菱山純・寺岡征巳・森香・ナカヤマシンペイ・カジタニユリ・スギサキヨウコ
久山良二・高森芳子・中山孔壷・荒木大介・小林希行・大越賢一・山田正人・沼田順子・鈴木由利佳・
畔柳恒夫・鰻あげつま・新関裕美子・青木研二・草刈あけみ・矢島空・山竹商店後藤武郎・
ササキスポーツ菅野修・金澤千夏・橋本修・堀田泰弘・加倉稔之、佳子・高橋喜代美・植村星寿・
中尾誠利、郁子・坂本順司・天童青年会議所・森中めぐみ・亀岡亜希子・大矢まなみ・池田雄一・
赤塚浩子・飯田衣美・阿部由美・潮康史・和久石タイ子・小川茂子・田村いち子・高吉保子・薄井綾子・
太田和彦・佐藤和宏・三橋小百合・佐藤美知子・坂本雅彦・永山まさえ・特定非営利活動法人麦の会・
長瀬雄次・余語美香・鈴木寛子・佐々木史子・松永政和・細谷真奈美・辻内美由紀・細谷真奈美・石橋智臣・
後藤直子・松原彩・前川達哉・外山彰子・飯田順造・高比良勝美・植村幹雄・山本京子・石川譲・阿部幸恵・
小野和徳・本多則夫・東福広志・石田公子・原直子・たけだともみ・本田孝雄・阿部裕美・松崎久美・鵜飼敏子
NPO法人輝くなかまチャレンジ・布施敏昭・轟木洋一・梶泰治・鈴木俊太郎・大森たつし・大川比呂実・
桐山友子・松原美穂子・羽立順子・加藤磨由美・荒井よし子・遠藤華子・山本俊一・笹原利江子・高橋法句・
小島宗・山浦千恵・蓑輪志げ代・片山直人・佐藤渉・渡邊修次・狩野祥子・横田紀美子・石脇菜留美・築島求・
嶋崎吉信・K-PLAS埼玉格闘技道場・川村綾子・近藤浩・佐野幸子・原田美恵子・前川達哉・後藤紅・
小筆美佐子・坂口純子・石田宏子・佐桐初美・木原秀吾・大堀接骨院・猪狩英昭・栗原みゆき・
東日本国際大学いわき短期大学・田辺薫・大城あゆみ・makoto kakurai・星智恵子・佐久間明・福嶋俊・
佐藤美枝子・加賀まり・砂田紘子・杉本真紀子・本田かつら・小山美奈子・珠川久実・鈴木美由紀・
小林真美子・大野洋美・安藤亜紀・町田大輔・小林典弘・黒田奈津子・堀田信幸・高橋裕一・林環・
石井真理子・飯森まり・潮康史・西田一廣・森美貴・阿部由美・伽場隆・柏倉守・清野正樹・町田大輔・
佐藤みちの・金野泰史・小川茂子・佐野浩・山口友行・佐藤江美・平野由美・高橋裕一・安藤亜紀・伊藤健大・
高吉保子・井草努・加藤紀子・小山花子・柏倉守・鈴木昭彦・永瀬雄次・黒田奈津子・高橋明生・永山まさえ・
櫻井正勝・太田和彦・中村鉄弥・津田美貴・水野千恵子・岡崎美紀子・加藤悦子・新地亮平・中田貴和子・
河合田紀・橋智裕、美奈子・川村みゆき・小林由拓・中川和哉・井上真喜・鈴木美奈子・小川じゅんこ・
中戸恵美子・吉村しのぶ・太田けい子
他、匿名の方が35名


☆夏〜改訂版 支援物資のお願い☆です。

いつもお立ち寄りいただきありがとうございます。
ご支援いただいている皆様、発信をシェアしてくださる皆様、応援してくださる皆様に、
心から感謝申し上げます。

いつまで続けられるかわからないし、、、とか言いながらこれまで続けて来れたのも、
私に何か無い限り、これからも続けるよ!と、言えるのも、
皆様からの応援があってこそです。

東北もいよいよ本格的な夏です。
お願いしたい支援物資も、若干の変更があります。
どうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ハンドメイドでワクワク♪プロジェクト
継続したご支援、心から感謝しております^^
岩手県宮古市で被災されたばあちゃんやあねさんたちに、ハンドメイドで元気になってもらおうと始まったプロジェクトです。
ここで配布や取りまとめをしてくれているのは、津波でお家を流され、仮設で生活している佳子ちゃん。
ブログやFacebookでとてもマメに様子を知らせてくれます。頭が下がります。
佳子ちゃんのブログ「ハンドメイドでワクワ ク♪プロジェクト」 ←ポチッとな
広島ミュージックジャンボリー代表のマッキーさんからのご縁で、8月から半年間、広島県大竹市駅前商店街  の復興支援を目的としたショップでも作品を販売していただくことになりました^0^
    ★布 【急募です】 現在、在庫が無い状態です。
        今一番欲しいのは、生成りのキャンパス地
        ハギレや柄物ももちろんOKです。(目立つシワはアイロンがけしてからお願いします)
    ★夏用の編み糸
    ★手芸綿(ぬいぐるみ等に使います)
    ★黒か紺色の、中厚の接着芯(片面接着) (宮古では色付き中厚の接着芯が売られていないそうです)
    ★その他、ハンドメイドに使えそうな小物(錆びたり欠けたりしたものは不可)

そして、いつもお世話になっております、
◎せぃちゃんの後方支援です^^
福島県双葉郡楢葉町で被災したせぃちゃんが、避難所を転々としている時から、ずっと高齢者のお世話をして います。
自分の生活だけでも大変なのに、せぃちゃんが支援している高齢者はざっと200人。
物資の面だけでもお手伝いが出来れば・・と思います。
    ★食品
       米(精米)・乾麺・缶詰・梅干し・瓶詰め・乾物・漬物・菓子類・お茶・など。
       醤油・油・味噌・塩・砂糖などの重たい調味料も助かります。
       日持ちのする野菜(最低一週間は常温で置けるものが目安)
        ※切り餅、3〜4人用のレトルト食品、冷凍食品はご遠慮ください。
        ※せぃちゃんが蕎麦アレルギーなので、蕎麦を入れる場合は外箱に「そば入り」とご記入ください。
    ★ペットボトルの水やお茶
    ★バスタオル・フェイスタオル・てぬぐい
        中古品は充足しましたので、未使用品をお願いします。
    ★介護用おむつ(テープタイプ)L・LL
    ★リハビリパンツL・LL
    ★尿取りパット・ワイドタイプ
    ★尿漏れパンツ
    ★  〃   用パット(生理用羽なしナプキンも可)
    ★高齢者向け下着、夏用パジャマ・男女共(新品)
    ★高齢者向け、ゆったりサイズの夏用衣類(新品・状態の良い中古美品)
         派手な色・柄・プリントはNGです。
         お手持ちの衣類に関しては、お問い合わせくださいm(_ _)m
    ★配布用のアイラップ・ジップロック・レジ袋(新品)

◎ベルマーク&インクカートリッジ送り隊募集!!
ハン♪プロで材料支援をしてくださっている恵美さんの発案で、被災地の学校に送る為にベルマークを集めています。
宮古の佳子ちゃんの協力のもと、支援先は「宮古市磯鶏小学校」になりました。
学校自体は高台にあったため大丈夫でしたが、通う子供たちの多くは被災し、不自由な生活をしています。
先生をはじめ、子供たちや保護者のみなさんが協力し、ベルマークを集めたり仕分けたりしています。
加えて、使用済みのインクカートリッジも基金の対象になるので集めています。
メーカーの番号毎にまとめて下さい。

使用済みインクカートリッジは、何でもいい訳ではありません。
エプソン・キャノン・ブラザーの純正に限ります。
他の物を送ると、ゴミを送る事になってしまうので、くれぐれもお気をつけください。

送り先は 宮古市磯鶏小学校
住所 〒027-0026 岩手県宮古市上村2丁目4-1
(学校への直接のお問い合わせはご遠慮ください)

・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・・
支援物資や送り先などのお問い合わせは、kibouno_tane@yahoo.co.jp まで。
なお、初めてメールをいただく場合は、お名前とお住まい(県名だけでも)をお願いいたします。

どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

☆せぃちゃん通信☆ 農業に目覚める?!

昨晩は、ブログサービス停止?!・・・・と、焦ってしまいましたが、どうも早とちりだったようです^^;

さてさて、日々のスピードにブログ更新が追いついていませんが、、
いつも心を寄せていただいていることに、心から感謝しながら、
最近のせぃちゃんの実益を兼ねた楽しみをご紹介します。

ワクワク♪プロジェクトで、じぃちゃん、ばぁちゃん達がとっても元気になりました^0^
少しばかりの苗から挿し木して、どんどん増やす名人たちに感化されたせぃちゃん。
「農業は苦手なの〜」と言っていたのが嘘のように、
植える♪
130621_0919~01










植える♪
130621_0921~01










強引に立たせて
130621_0922~01

















更に撒く♪
130621_0923~01











芽が出そうならサトイモだって植える♪
130621_0924~01










寄せ植え状態の青じそ、パセリ、獅子唐、、、^^;
130621_0925~01










これでもかと植える♪
130621_0926~01










かぼちゃの種を植えて、芽が出ると仮設のばぁちゃんたちに配り、
(80本くらい苗作ったらしい)
それでも余った苗は、土手カボチャとして育てて自由に収穫してもらうんだって^^
間引いた山東菜も、ばぁちゃんたち大喜びだったらしい。
初めての収穫はこれ↓↓↓ 立派っ!!^0^
130627_1451~01











喜ぶ顔を見るのが生きがいのせぃちゃんには、打って付けの野菜作り。
買った方が安いんじゃないか?って声もあるようだけど、、、^^;
買った野菜では味わえない喜びを、きっと今満喫してるせぃちゃん。
どっちみちばぁちゃん達に配るなら、みなさんからの支援金、土代や肥料代に使っていいんだよ〜って言っときました^^


そして、みなさんから送っていただいた支援物資、前回のご報告以降の分です^^
とても助かります。ありがとうございます!!
せぃちゃんと一緒に、深々と、礼っ!! m(_ _)m
PhotoGrid_1371788831129PhotoGrid_1371788938967PhotoGrid_1371788970183PhotoGrid_1371789032190PhotoGrid_1372301552012PhotoGrid_1372301582969PhotoGrid_1372683529696














































































あ・・・・今気付いた・・・
支援物資じゃない画像が混じってました、、、
ペットボトルに入った黒い物体・・・。

せぃちゃんが土砂降りの雨の日に保護した、ペットボトルのキャップ大の仔ネズミです^^;
仔ネズミは、一晩手厚く保護され、翌日山に放されました。
「駆除動物だけどさぁ、こんなちっこいのを土砂降りの中に放したら死んじまうっぺ、可哀相だ」
せぃちゃんならではのエピソードです。
ちなみに、その前はトカゲだったらしいです、、、、(((((((^^;





えっ、、、【重要】livedoor PICSサービス終了のお知らせ?????


ブログを書きながら画像をアップロードしようとしたら、
何度やっても「アップロード失敗しました」・・・の表示。

あれれ?と思ってあっちこっち見てみたら、サービス終了って、、、@@
何やら説明がありましたが、


私には理解できません、、、
もっとわかりやすく、幼稚園児に教えるように、、

誰かおせーて、、、(T▽T)

今更、ブログの引越しなんて、、、、、、il||li _| ̄|○ il||li

コトの故郷へ 山元町編

15日、宮城県亘理郡山元町の拠点を置く「ほほえみみやぎネットワーククラブ」さんに机等をお届けに。
軽ワゴン2台に無理やり積み込み、下道をコトコト走る。
どこもかしこも渋滞の仙台を抜けなければならず、片道3時間半。
gen7gen6





「ほほえみみやぎネットワーククラブ」の前身は「居酒屋源さんボランティア本部」。
当時、源さんの娘さんが通っていた東保育所では3人の子供さんが犠牲になった。
保護者会長をしていた源さん夫婦は、廃材を集め、保育所に献花台を造り花を手向けた。
それからツイッター等での源さんの呼びかけに、全国からたくさんのボランティアが集まるようになった。
源さんのお店があった場所は、いつしか「居酒屋源さんボランティア本部」と呼ばれるようになった。
ここで敢えて知って欲しいのは、それが全て個人の活動だということ。
源さんも被災者で、店も自宅も失い、仮設住宅に暮らしている。

以前天童でフリマをやった時に手伝いに来てくれた3人、改めてドン!
魂こがした助っ人

大阪、千葉、神奈川のこの3人も、源ボラに通ってくれている人たちで、
この『魂こがして』のTシャツは、源ボラの運営資金の為に製作販売されたもの。

町の人たちのみならず、源ボラに来ていた人たちも必ず手を合わせていた献花台は、
東保育所の解体が決まると、源ボラ本部の敷地(源さん個人所有の敷地)に移された。
是非読んでください。
☆三回忌 山元町東保育所 ←ポチっと
☆三回忌 山元町東保育所 ←ポチっと

そして、この春、「居酒屋源さんボランティア本部」の魂は「ほほえみみやぎネットワーククラブ」に引き継がれた。
事務所となった元源ボラ本部には寄せ書きがそのまま貼ってあった。
gen5



「ほほえみみやぎ」の代表・ひとみさんは、若くて小さくて可愛い女性だった。
出来て間もないHP,これも是非読んで下さい。
【ほほえみみやぎネット】 ←ポチっと

運んだ机2台・PCラック・書類入れ2台、早速設置してツイッターでUPしてくれていたので、一部頂き^^
gen3


お〜、事務所っぽくなったね^^

写真撮るのはちょっと躊躇ったけど、どうぞ撮ってくださいと言っていただいたので、、
gen9



























三体のちいさなお地蔵さんが居た。
お線香を上げてお参りしてから、賭場に寄せ書きをしてきた。

源さん家族とほほえみみやぎのひとみさんと、ちょっとかしこまってパチリ。
gen8



























水道もトイレも使えない所で、こうやって頑張ってる人たちが居る。
終わっていないなどという次元じゃないということを、
もっと、もっと知ってもいいんじゃないのかな、、、
そしたら、「支援?まだやってるの?」そんな言葉は出ないんじゃないのかな、、、

去年8月、源さんたちの仮設に捨てられていた仔猫たちから一匹引き取ってきた。
こんなにちっちゃかったコト。
560990_335808239844851_748306859_n














こんなに大きくなって、先住のモモ・チョビと元気にやってます^^v
941622_456632084429132_501333475_n


繋がって、繋がって、繋がった日 石巻編

石巻でのミッション4つ、かなりいい感じに予定組み♪
金曜日のお昼休みに、学習机を貰いに行き〜の、
土曜日にガス台を貰いに行き、磨き〜の、
近くの手芸店でミシンメンテの講習受け〜の、
ペンチと千枚通しを買いに行き〜の、
愛車N・BOXに全て積み込み〜の、で、日曜出発。

出発直前に、一抹の不安を感じ、★ミッション1★・足踏みミシンのおばあちゃんに電話。
「これから出るけど、大丈夫?」
「今日は体調が悪いの。また今度にして」    えっ(((((((^^;
昨日までのプレッシャー、、
「あなたが直すの?」「直せるの?」「直らなかったら持って帰ってね」
意地でも直してやる!・・・と鼻息荒く、、基、やる気満々でしたのに、、、^^;
熱は無いようだけど、だるいらしい。
ご高齢ですからね、無理はいけません。
・・・・とりあえず出発、運転しながら、さてどうしたものか考える。
もうすぐ仕事も繁忙期。しばらく動けなくなる。また今度の予定は立てられないのですぅぅぅ。

運転しながら、時々鳴る「ピーピーピー」って音が気になる。
仙台まで走って、高速に乗る前にホンダに電話。
「なんだろうなぁ、、、こっちでも調べて何か判ったら連絡します」・・とのこと。
エンジン切ってても「ピーピーピー」
やーな感じーー;

石巻に入って、おばあちゃんの家を横目に、★ミッション2★
石巻の仮設の方が作ったハンドメイド品を預かってくれてる酒屋さんへ。
これが購入した体長10センチほどの「じぞっ子」 可愛いでしょ?^^
じぞっ子













ここで、ピピッと閃いた。
「この辺でミシン修理してくれる所はないでしょうか?」と聞いてみる。
とても感じのいい酒屋の奥さんが、「あ、確かあの辺に、、、」と教えてくれる。
行ってみると、なんと【シンガーミシン】の看板があるじゃないの!!
じぞっ子が繋いでくれた!・・と店に入ると誰も居ない。呼んでも出て来ない。
代わりに向かいの呉服屋さんのおじいちゃんが、「留守なのか?」と来てくれた。
「後でまた来てみます」と言うと、ミシンやさんの電話番号を教えてくれた。
なんていい人だ、、、(T▽T)

★ミッション3★
牡蠣小屋にガス台を届ける。
テラさんの笑顔はやっぱりいい(*^0^*)
「ちょっと食べてく?」・・・の言葉に後ろ髪引かれつつ、
「また今度ゆっくり来る〜」
この場合の「また今度」は私の都合でOKなのでアリなのだ(笑)

★ミッション4★
渡波のちっちゃいばぁちゃんちに学習机をお届け。
ここは、近所の人たちがみんな避難所や親戚に身を寄せてだ〜れも居なかった頃から
何度も何度も来ていたので、自分ちに帰って来たようで居心地がいい。
先月末にヨウヘイと来た時はおばぁちゃんが留守だった。
これからミシン屋さんに行くと言うと、
「私も前に行ったとき留守でねぇ、向かいの呉服屋さんが商品預ってくれてたのよ〜」
・・・・マジ?!www

★ミッション1★に戻る
ミシン屋さんに電話をかけるが、やっぱり出ない。
でも、このまま帰る訳にはいかないので、店に行ってみると、
とっても上品でお洒落なおばあさまが店の中で座っていた。
入ってみると、「お留守なのよ。私1時間こうして待っているの」
・・・マジっすか?!(((((((^^;
「なかなか来れなくて、だからどうしても今日お逢いして帰りたいの」
「私も是非お逢いして帰りたいです」
「おねえさんもお座りになって」
そしてここから1時間、このおばあさまの話を聞くことになる・・・^^;

途中、シャッターが閉まってしまっていた呉服屋さんが「まだ帰って来ないのか?」と来てくれた。
なんていい人なんだ、、、。
ここでまた閃いた。
「もしかして、木の屋さんとお知り合いですか?」
「ああ、よく知ってるよ」
やっぱり!!
詳細は個人情報なので、以下自粛。
で、その話から、ミシンのおばあちゃんとも知り合いだという事が判明。
それなら話は早い。
「図々しいお願いなんですが、この部品を預ってもらって、ミシン屋さんに渡していただけませんか?
ミシン屋さんには後で私から電話して修理お願いするので、、、」
「わざわざ遠くから来てくれたのだから、私が預って事情説明しましょう。修理代は?」
「私に請求してもらっていいです」
そう言って、持参したベルト・ミシン油・ミシン糸を預けた。
「良かったわねぇ」
上品でお洒落なおばぁさまは、そう言って、ニッコリ。そして続きの話を更に30分^^;

『じぞっ子』が繋いでくれた縁に、感謝!!

初心に返って、預る支援物資は手抜きせず、不具合がないか責任持って確認すること!!
全ては私がしっかり確認しなかったことから始まったこと。
修理代は授業料ってことで、、、^^;

帰り道、「ピーピーピー」が鳴らないことに気付く。
もしかして、、、重量オーバーだったのか? あは、あは、あははははは((((((^^;


終わり良ければ、、^^; 石巻編

「石巻の木の屋さん、知ってますかぁ?」・・とヨウヘイから電話が来たのは3日前の夜。
沖縄宮古島でのミュージックコンベンションで販売した缶詰の売上を木の屋さんに届けるという重大任務を
仰せつかったらしい。(笑)

ヨウヘイ→力持ち という図式がピピッと出来上がり、翌日職場で頼み込む。
「繁忙期、休み返上で頑張るから!29日お休みさせてくださいっ!!」←強気(笑)

そんなこんなで、磨き上げたミシンを積み込み、仙台駅でヨウヘイと合流。
1















宮古島ですっかり日焼けした猿・・・じゃなくて、サルww(だって、どう見てもねぇ、、(笑))
2















本日の最初の目的地は、震災の年にコタツを届けた一人暮らしのおばあちゃんち。
あの時、「もしまた必要な物があったらダメ元で言ってみてね^^」って言ってきた。
「足が悪くてなかなか出かけられないし、足踏みミシンがあればダメになった着物で何か作ったり出来るかと思ってね、、それで電話したみたの」
ずっと気にはなってたけど、なかなか顔を出せないでいたし、
覚えていて電話くれたことが嬉しかった。

同じ年代の叔母の嫁入り道具を譲ってもらえることになり、
めでたく二度目の嫁入りとなった足踏みミシン。
お庭を眺めながらカタコトとミシンを踏む、、、、、がっ、
4














ベルトが伸びてしまっていてうまく動かないではないの、、、ガ−ン!il||li (OдO`) il||li
な、な、なんとかしますっ!
ちょっと保留ってことで、、、、(大汗)

帰って調べたら、凄いじゃないか!SINGERミシン!! ←部品も売ってるし、取り付け方法まで!!
早速注文しますっ!( ^ )ゞ

そしてそして、元教師のおばあちゃんのピアノ。
鍵盤の所まで海水に浸かってしまったのだけど、しっかり復元されていたので、
ヨウヘイが命の息吹を吹き込んでくれた。
3








おばあちゃんの嬉しそうな顔 ヾ(=^▽^=)ノ

実はおばあちゃん、仙台から電話した時、とっても具合悪そうで心配だった。
でも、いっぱい話してどんどん元気になった。
疲れて、色んなこと一人で考えてると気持ちが萎えちゃうんだね。
また来るからね!

偶然にも、木の屋さんの社長さんが、おばあちゃんの教え子だったことも判明。
震災後、毎週毎週、中央分離帯に横たわる鯨の大和煮巨大缶詰を見ていたけれど、
まさか2年以上過ぎて、その会社にお邪魔することになろうとは、、、
工場も倉庫も全て津波に破壊された木の屋さんは、見事に復活していました。
魚町の本社工場にお邪魔すると、美里町工場に行ってくださいとのこと。あらら、、(((((^^;
でも、こちらにもとても立派な社屋が!
5








売上をお渡しして、ヨウヘイの最大のミッションも無事終了!
私にまでお土産を頂いてしまいました。
初めてお逢いしましたし、私はなんのお手伝いもしていませんが、こんなふうに目に見えて前進されていることは、とてもとても嬉しかったし、
なんだかパワーを頂いた様な気がしました^0^

はまぐり堂が定休日だったことと(鹿カレーを食べる気満々で行ったので^^;)、
渡波のちっちゃいばぁちゃん(ヨウヘイの「花」のモデル)がお留守だったことは残念だったけど、
お嫁ちゃんとは逢えたし^^
また次ぎの楽しみを残した・・・って事で、、、^^;

ミシンのおばぁちゃんに再訪の約束も出来たし、
今年のクリスマス作戦の話も出来たし(早っ!)
結果、いいことばかりじゃぁ〜ないの^^

話は尽きないまま、ヨウヘイを仙台にポィと下ろして帰ってきましたとさ♪

後はアレだなぁ、、ミシン、、、直せるのか?σ( ̄、 ̄=)

5月18日☆石巻通信☆&会計報告&エピペン更新

タイトル通り、ごちゃまぜな感じになってしまいますが、、、^^;

朝、支援物資の折りたたみベッドを山口さん宅に頂きに行く。
1台の予定が、行ってみると2台に!!
ベッドの他に保温ポットが2つ。
計ったように(というか、積めないと悪いから先に計っておいたんだけどね)ピッタリとベッドが2台積めた!
やるじゃねぇか、N・BOX ^0^v

チビが遅番だというので、それに時間を合わせてヨOバOカメラ仙台店に向かう。
家を出るあたりから、胸がザワザワしてなんとも気持ちが悪い。
なんだろなぁ、、なんでかなぁ、、、と何度もお守りを握ってみたりする。

午後1時、予定通りヨOバOに到着。
本日の目的・その1
エピペン







チビに命のお守りエピペン君を渡す。
消費期限が半年も前に切れてて、慌てて大学病院で処方してもらい〜の、
そこからは母が代理で、入荷を待って取りに行き〜の、
また大学病院で登録し〜の、古いエピペン返却し〜の、
で、やっとチビの元に。
3月まで、宜しく頼んだぞ!エピペン君!!

目的・その2
石巻の子供たちに渡すレゴブロック購入^0^
いや〜、おもちゃコーナーなんて何年ぶり?ww
種類も多くてビックリ!
やっぱ、スタンダードなやつがいいよね〜とか言いながら、そのタイプのレゴブロックを大人買いしちゃった(笑)
レゴブロック購入については、石巻市復興を考える市民の会代表・藤田さんの呼びかけを見つけて決めました。
この件はまた後ほど。

そこから石巻に向かって出発するも、やはり胸のザワザワは治まらず・・・
事故に気をつけろってことかなぁ・・
まさかデカイ地震が来るとかじゃないよなぁ・・
あれこれ考えながら三陸道を走り、下手にナビ設定なんぞしたもんだから遠回りの道案内に文句を言い、
雄勝の堀田真紀ちゃんとの待ち合わせの為に日和山近くで携帯を手に取る。
ん?珍しいことに20分前にパパから着信あり。
折り返すと、「大丈夫か?!」
「ん?何が?」
「地震!震度5強だったぞ」
なんですって・・・((((((((^^;
他にも何人かの方からメールが入ってました。ご心配かけましたm(_ _)m
気付かなくて幸せでした。^0^
そして気付けば胸のザワザワも治まってたという、、、胸騒ぎってやつ?^^;

そんなこんなで真紀ちゃんと合流。
折りたたみベッド2台、真紀ちゃんの実家に預ってもらいました。
後は後日、堀田さん、宜しくお願いします^0^
お母さんともお逢いできて良かったです〜
真紀ちゃん、今度ゆっくりデートしようね^m^

バタバタと次なる目的地に向かう。
朝から炊き出しで忙しかった藤田さんたちと合流。
みなさん直接お逢いするのは初めて。
東京からいらした和田さんは、「じゃ、僕はこれから気仙沼なので・・」
・・・これから、、ですか?@@ 凄すぎます。
というか、ずっとボラを続けてる人って大抵そう。
日本がとても狭く感じてしまう。

前述した藤田さんの呼び掛けがこれ↓↓↓

『レゴブロックの「お古」でOKですので、不要になったレゴブロックがありましたら、寄付をお願いできませんか?
やっぱりといいますか、レゴブロックの威力絶大で、子供たちが凄く喜んでいるのです。夢中になっている。「神経を集中させている」ことがよく分かるんですね。
しかし、レゴブロックは「高価」です。だから、使わなくなった「お古」で構いません。もし、ありましたら、寄付をお願います。』

この方は、ご自分も被災されています。
愛するご家族をも亡くされましたが、その日から、一日も休まず、近隣のみならず、石巻の方々に出かけ
ボランティア活動を続けています。
生の声を聞き続けていて、Facebookで発信しています。
発信でバシバシ伝わる通りの熱い方でした。
石巻全体を見ている方なので、私ごときがお手伝い出来ることなどあるかしら・・とも思うのだけど、
出来ることを出来る時に・・と思ったので、今回はこれ。
レゴブロック
藤田さんよりお礼のコメント頂きました。
『本当に、ありがとうございました。仮設住宅団地の子供たちの環境を丁寧に調べ、その上で、手渡ししてゆきたい、と思います。』
藤田さんの目標は300セットなので、「うちにあるよ〜」という方はご一報ください^0^

黄金浜のご自宅は、まだ壊れたまま。
玄関はベニア板。
なのに、近くの空き地には、子供たちや障害を持った方が集える場所に・・と、
トレーラーハウスが・・・
トラーラーハウス
これから上下水道や電気の工事をして、6月にはオープニングセレモニーを考えてるとのこと。
頭が下がります。
この人、いったいいつ寝ているんだろう・・
この日もこの後蛇田地区の仮設へと出かけて行きました。

☆☆☆ 会計報告 ☆☆☆

【お預かりした支援金等】
・2/7  カフラオハワイ中川ミチコ教室の皆さま(山形)              13,377
・2/24  松田照美さま(山形)                               5,000
・3/6  ハミングバードカフェ 幸田恵子さま(広島)                16,830
・3/11 楠那げんき塾チャリティマーケット 高森芳子さま(広島)         5,000
・3/15 “ちっぽけなうた”チャリティコンサート 久山良二さま(広島)       25,312
・4/29 緑茶園さま・フリーマーケット協賛品売上(山形)              4,900
・4/29 わかめ販売収益                                14,552
計                            84,971

【支援したもの】
・5/3  せぃちゃんへ ワクワクプロジェクト(土・野菜苗購入費)         30,000
・5/18 レゴブロック 10セット                             41,820
                  計                             71,820
      84,971 − 71,820 = 13,151 (次回に繰り越し)

今回も、私の独断で使い道を決めさせていただきました。
皆様のご協力に心から感謝いたします。 深々と、礼っ!! m(_ _)m


・・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・

募集中の支援物資はこちらをご覧下さい。←ポチッとな
                 

☆せぃちゃん通信☆ 支援物資配布のご報告

いつも変わらぬご支援、ありがとうございます。
支援物資が届くと、せぃちゃんは必ず感謝の言葉を添えて写メを送ってくれます。
遅れ遅れになっておりますが、前回ご報告以降の分、まとめてUPさせていただきます。
(順不同です)
PhotoGrid_1368487938650PhotoGrid_1368488045678PhotoGrid_1368488101781PhotoGrid_1368488352760PhotoGrid_1368488482066PhotoGrid_1368488381662PhotoGrid_1368488417366PhotoGrid_1368488880074

























































































どれもこれもありがたい物ばかりです。
配布の画像もたくさん届きましたが、独断で代表の3名様です^^
春物ニットを試着して嬉しそう(*^^*)
130324_1034~01
130422_1706~02
130422_1702~01


















































それから、物資はかりでなく、せぃちゃんに直接送金してくださったり、物資と一緒にに“ガソリン代”などと書いて同封してくださる方もいらっしゃいます。
その使い道はせぃちゃんにお任せして、細かい報告は敢えて要らないと言っているのですが、
結局全てじぃちゃん・ばぁちゃん達の為に使っています。
不足している物資はこっちに振ってね、、といつも言っているのですが、、、。
携帯で写したものをわざわざ写真にして、先日渡してくれました。
PhotoGrid_1368494024557























靴下、肌着、パジャマ、毛布等を購入して配ってくれています。
せめてガソリン代に・・・と思うのですが、それはせぃちゃんには出来ないことのようです^^;
以前、ヒロ君の大工道具購入の足しに・・と送金した時にも、
そのお金で組布団を購入してしまい、私が激怒した・・・ということがありました。
その時は説得して、布団代を送って解決したのですが、、、

これはせぃちゃんだけの事ではありません。
被災して、自分の生活も一杯一杯なのに、こうして身銭を切ってボランティアをしている方がたくさん居ます。
ハン♪プロの佳子ちゃんもそうです。

自分の生活を一番に考える当たり前の生活を送れる日が、
一日も早く来る事を願うばかりです。

それでもこうやって何とか日々を凌いでいられるのは、皆様のお陰です。
心から、ありがとうございます。深々と、礼っ!! m(_ _)m

〜〜〜〜〜〜〜・・・・・〜〜〜〜〜〜・・・・・〜〜〜〜〜〜〜・・・・・〜〜〜〜〜〜・・・・・〜〜〜〜〜〜〜

募集中の支援物資詳細はこちらをご覧下さいm(_ _)m ←ポチッとな

☆せぃちゃん通信☆ 楢葉町報告〜去年に続きワクワク♪プロジェクト

自分の行動にブログが付いて行けない今日この頃、、、^^;
にもかかわらず、お立ち寄り頂きありがとうございます!

そして、変わらず心を寄せていただいていることに、心からありがとうございます!m(_ _)m

3日、せぃちゃんの所へ行ってきました。
GWで、高速の渋滞で片道6時間を覚悟して出かけたけれど、東北道上り線は渋滞を免れ、
下り線の冷や汗が出るほどの超渋滞に「うわぁ〜気の毒だぁ・・・」と呟きつつ、4時間で福島県いわき市に到着。

単身広島から岩手県宮古市を経由して、前日からせぃちゃんの手伝いをしてくれている「元気のボス」こと
高森芳子さん(女性ですw)ともここで合流。
ウルッとしながら「久しぶり〜よく来たね〜」と熱い抱擁。

間もなくヒロ君が帰宅。
「任侠ボランティア・クマ」こと大阪の川本洋一氏、「いわきのクジラ」こと鯨岡(まんまじゃん(笑))氏も合流。

6人で、せぃちゃんの故郷、楢葉町に向かう。
楢葉町は、昨年8月に警戒区域が解除となり、避難指示解除準備区域になっている。
自由に出入りしてもいいけれど、寝泊りしてはいけません・・・という区域。
背の丈より伸びていた雑草は除線作業により綺麗に刈られ、自然に囲まれたそこはまるで国定公園のよう。
(これ、おもいっきり皮肉ですから)

私たちを迎えてくれたのは、満開の八重桜。
002


















そして、可愛い花たち。
005










美味しそうな蓬やウド。
004


















もちろん、食べられません。

土足のまま、家の中を見せてもらう。
心が痛いが、「海外生活が長いから」と冗談言いながら、、、。
せぃちゃんが「写真撮りたくない」って言ってたのがよくわかる。
とても写真を撮る気持ちになれないが、伝える役目を感じて一枚だけ。
006


















ネズミか動物にかじられた襖。壁にはネズミが出入りする穴も開いてた。
ネズミの糞だらけで使えなくなった布団などをみんなで集積場所に運ぶ。
想い入れのあるものは、なかなか自分じゃ捨てられない。
遺影が5枚、そのまま掛けてあった。
「これ、持って行かないくていいの?」と聞くと、
「いいの。守ってもらってるの」と言う。
多分、もう解体するしかない家、泥棒が入ってももう盗む物も無い。
でも、やっぱり思い出の詰った“あたしの家”なんだな、、、と思った。

ホントなら、「今年も見事だねぇ」「綺麗だね〜」と、町の人たちを喜ばせていただろう。
住人の居ない、朽ちていくばかりの3軒の家を守るように、凛と咲き誇っていた。
悲しくて、そしてとても美しい八重桜だった。
001












楢葉町の仮置き場。
007










調べたところによると、仮置き場とは
「放射線の影響は距離が離れるほど弱まります。除染した放射性物質を管理する仮置場は、人の住む建物から距離をとって設置します。
みだりに人が入らないように囲いを設け、安全に管理します。」・・となっている。
写真の後方の家家、見えますか?
いずれは住めるようになるはずの避難指示解除準備区域なのに、ここの人たちは毎日これを眺めて暮らすことになるのです。
しかも、柵もないですから、私が触ろうと思えば触れるのです。
家だって動物に穴だらけにされたのに、これはきっとどんな鋭利な刃物でも破れない素材なんですね(皮肉です)

放射線量の多い危険なものはここに格納されます。
008










これも道路脇です。普通に通れます。
超危険な物が詰っているのに・・・?????やっぱり謎。

そして、仮置き場まで運ぶ手だてのない黒い袋は、移動中いたる所に転がってた。
私がこうやって書いてても、夢も希望もないような気持ちになるのに、
せぃちゃんが近所のばぁちゃんを乗せて楢葉に片付けに帰る度に気持ちが滅入るって言ってたのが
理解出来たよ、、、やっと。

気を取り直して遅い昼食は、いわき市四ツ倉のお食事処「和」
010







隣のテーブルで注文してたエビフライを見て、思わず追加注文したことを後悔するほどテンコ盛りの海鮮丼^^;
ここに来たら欲張ってはいけません。(笑)
念願の焼きウニも、超美味っ!!



ここはデートスポット。クマとボスの偽・熟年カップルでも絵になる・・という検証。
011








塩谷崎灯台の売店に姫花ちゃんのハンカチを買いに行き、その後解散となりました。
ボス、はこの後クマのお世話で鮎川浜へ・・・と。
クマ、クジラ、そして、ひろ君、せぃちゃん、お世話になりました^0^

・・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・
この日、皆様からお預かりした支援金の中から、3万円をせぃちゃんに預けました。
去年に続き、ワクワク♪プロジェクト(*^o^*)です。
翌日早速、クジラ、郡山のろみちゃんが手伝ってくれて、せぃちゃん、ひろ君と四人で
土や苗を買って配布してくれたようです^0^
013
014
015
016















































去年は全てこっちで調達してトラックで運んだけれど、風で苗がショボンとしてしまったこともあり、
いわきの経済を回す意味でも(3万でかっ?^^;)
現地調達することにしたのです。
写真を見てもわかるように、仮設の周りには土がないので、とても喜ばれます^^
去年のワク♪プロをきっかけに、爺ちゃん婆ちゃんが元気になったのも嬉しかった^^

丸投げしちゃったけど、また喜んでもらえて良かった^^v
クジラ、ろみちゃん、ありがとうね!


支援金についての詳細報告は、また後日UPさせていただきます。
楢葉の現状の一部を知っていただき、これからも心を寄せていただければと思います。

・・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・〜・〜・〜・・・・・

募集中の支援物資はこちらをご覧下さい。←ポチッとな







ハン♪プロ&生わかめ販売のご報告ぅ〜^0^

待ちに待った、ハンドメイドメイドでわくわく♪プロジェクトの作品販売、
終わってしまえばあっという間、、、ちぃと寂しい。

でも、活動は終わった訳ではないので、気を取り直してご報告です^^

☆☆ 14日 天童タワー将棋むら ☆☆
14フリマ







ここでのフリマは初めて。
ブース代無料で、駐車場を開放してくれます。
お天気の心配をよそに、なんと気温は23℃!!
この一週間後には雪が積もったのですから、驚きの気温上昇がおわかりいただけるかと・・・
ちょっと小ぶりなフリーマーケットだったけど、
まずまずのスタート。
ドライブインなので、時々大型バスが入ってくる。
すると、従業員の方々が出てきて花笠踊りでお出迎え^^
岩手、宮城、福島ナンバーのバスが多かったです。
それから、仙台からマイカーでいらした方は、
「温泉に入りに来たの。うちも震災で全壊だったのよ、すぐに市営アパートに入ったのだけど、
家財道具も食器も何もなくてね」
聞くしか出来なかったです・・・。
そんなこんなで、フリマ目当てのお客さんは少なかったのだけれど、
一番最初のお客さんは小学生の女の子。
ポーチを気に入ってくれて、可愛いお財布からお小遣いを出して買ってくれた。
これ作ったおばあちゃんに見せたいから写真撮らせてくれる?と言うと、
「うん、いいよ。これ、めっちゃ可愛くて気に入ったし^^」と撮らせてくれた。
ボランティアで知り合ったMさんが、ベルマーク持参で来てくれて感激!!
友達も家族と来てくれたり、感謝感謝のフリマとなりました。

途中から風が強くなって、終了時間を待たずにみんなざわざわと撤収。
商品の並べ方など、やってるうちに掴めたコツ・・みたいなものがあって、
次ぎのフリマがますます楽しみに♪(^m^)

手伝ってくれた照美ちゃん、ありがとう^0^


   

☆☆ 29日 天童温泉道の駅わくわくランド ☆☆

二日前に、宮城県石巻市小渕浜よりわかめが届く。
実家に運び(我が家だと猫毛が入りそうで、、^^;)母にも手伝ってもらい300g入りの小袋に。
生わかめ生わかめ小袋
この「生わかめ」の字は、ずっと応援してくれている広島の唄って踊れる書道家・旅弐・・こと、
「ちっぽけなうた・届けわしらの想い」代表・良ちゃんに書いてもらった。(肩書き長っ。ホントはもっと長い)笑
それを、天童の緑茶園店長・哲っちゃんに上手くレイアウトしてもらった。
そして!わたしがっ!プリンターをっ!ポチッと!!・・・あ、力まなくていい?・・・ですよねぇ、、。
何が言いたいかというと、たくさんの人に参加協力してもらったということです。

更に、緑茶園からは、「さんぴん茶」を提供していただきました〜〜〜〜^0^

そしていよいよ当日。
前日までの天気が嘘のように、晴天なり〜〜〜!! 素晴らしいっ!!
このフリマは今年で20回目。
震災以降は、ブース代(場所代)の一部が天童の姉妹都市、宮城県多賀城市に支援金として送られています。

そしてこの日のビックリその1
ドンッ!魂こがした助っ人




なな、なんと、前日宮城県山元町でボラをしていた3人が助っ人に!!
思わず、使うつもりしてなかったテントの設置を頼んでしまったww
言っときますが、この人たち、関西、関東の人です^0^

本部のわかめ売り場(ブースでは飲食物は売れないので、ご好意により本部で売らせてもらいました)の準備もOK!の声に見てみると・・・
かめ生



























『かめ生』になってるぞーーーーーーー!!!キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
犯人はミッチです。

ハン♪プロ売り場の準備もOK!
ハンプロ1ハンプロ2








ビックリその2
オープン間もなく来てくれたKさん、
買い物して帰ったと思ったら、紙袋を持ってまた来てくれた。
義母さんが作ったキルトの手提げやポーチなどが数点。
「これ、売って支援金にして。提供するから」
・・・・・え、、、(T▽T)
急遽、一角にコーナーを設け、「この作品は売上を支援金にと提供していただきました」と張り紙。
値段が付けられなかったので、お客さんに決めてもらうことに。
写真を撮る間もなく、完売しました。
ここで驚いたのは、心配を余所に、ほとんどのお客さんが良心的な値段をつけて買ってくれたこと。
10円とか言われたらどうしよう・・・なんて心配は無用でした。

ビックリその3
石巻市雄勝から、堀田さん夫婦と由紀ちゃん、お母さんが来てくれた!^0^
お母さん、いっぱい買い物してくれて、
堀田さんは、さんぴん茶を箱ごとお買い上げ!!
「ちょっと、それ、支援金になるのに堀田さんが買っちゃうってどうよ!!」
「いいべや〜」 そういうとこ、好きです!堀田さん(笑)
ほぼ同じころ、仙台からも従妹が友達と来てくれたので一緒に記念撮影。
宮城ファミリーズ、ドンッ!
宮城シスターズ








ビックリその4
ブログにも何度か登場のボラの師匠・長男さん現る!!
栄子ばぁちゃんのアクリルたわしをごっそり買ってくれた後、
呼び込み・・(違) 足を止める人、通り過ぎようとする人に説明を始める。
「これは、宮古のおばぁちゃんたちが、、云々、、、」
物腰の柔らかい、俳優さんみたいな人に声を掛けられると、大抵は足を止める(笑)
後姿ドンッ!長男さん


















そうしているうちに「さんぴん水も、わかめも完売!!」の声。
思わず泣きそうになるが、長男さんが、
「えっ?もう無いの?俺、わかめ買いに行ってくるって出てきたのに、、、」キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
可哀相なので、私の分を一つ譲ってあげた(笑)

そのわかめの先で、魂こがしたボラトリオが、何やらおねぇさんの肩に手を置いて腰をグルグル回しているではないか・・・
何やってんだ??

これだ!カイロプラクター

もうすっかり意気投合。
ボラ巻き込み隊

「ボランティアの人たちの施術を是非!」
「ほな、次回は山元町で」
なにやらボラとカイロプラクターのコラボ実現の話がまとまったようだ。
さすが、タダでは起きないクマ  キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

ビックリを数えたらきりがない。
前日ボラバスに乗って陸前高田に行ってた方たちが来てくれたり、
フリマの最中に神奈川の兄から「わかめまだある?4つ送って」って電話が来たり、
身内や友達も来てくれた。
もちろん、フリーのお客さんもたくさん。
そしてちょっと嬉しかったのは、値切りが付き物のフリマで、値段交渉するお客さんが居なかったこと。
支援だから当たり前と言えばそうなんだけど、フリマ全体が支援ムードならともかく、
110ブースの中で完全支援目的のブースは多分1ヶ所だけだったんじゃないかと思うの。
そんな中で、みなさんがそのままの値段で買ってくれたことに、なんだかとっても感動した。
作品も、ちゃんと見てくれて、丁寧な仕上げを褒めてくれたり、
クオリティの高さに驚かれたり。
とっても嬉しかったなぁ〜
毛糸の作品が多く残ってしまったことが残念だったけど、これは季節ものだから仕方がないね。

今回、主催者側の方たちが、とても好意的に協力してくれたことに感謝します。
シゲ坊、ありがとうね!
ショウちゃん、マイクでわかめ宣伝してくれてありがとう!
イマちゃん、テント貸してくれてありがとう。

そして「かめ生」・・・基、「生わかめシスターズ」、きみこ、ミッチありがとう^0^
わかめ担当かめ生ズ








「ハン♪プロシスターズ」しーちゃん、ありがとう^0^
ハンプロ担当














お客様始め、関わってくれた全ての方々に、心から深々と、礼っ!! m(_ _)m

・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・☆・・・・

★★売上報告
      4/14    12,180 円
      外販     4,250 円
      4/29     29,450 円      合計 45,880円 (作家のばぁちゃん達にお渡しします)

      提供していただいた作品売上+寄付金  5,050円 
             (宮古でハン♪プロの窓口になってくれている佳子ちゃんの活動費としてお渡しします)

      小渕浜の生わかめ    38,800円(支払後、残金を支援金とさせていただきます)
     
      さんぴん水          4,900円(全額支援金とさせていただきます)

尚、残っている作品は宮古にお返ししますが、もう1週間だけお預かりしておくことになりました。
もし、見たい方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
遠方の方は、『写メ送りますっ!!』 ^^v

長くなりました。
最後までお付き合い、ありがとうございました!! ^0^











第16回チャリティマーケット 広島からのお知らせ〜^0^

先日14日のフリーマーケットは晴天に恵まれ、無事終了いたしました^^v
詳しいご報告は29日の「桜まつりフリーマーケット」in 天童市わくわくランド が終了してから
まとめてUPさせていただきます^0^


さてさて、タイトルの件☆

震災以降、広島でずっと支援を続けてくれている、楠那げんき塾の塾長、ボスこと高森さんからのお知らせです♪
楠那げんき塾















『東日本大震災・福島原発事故支援 第16回チャリティマーケット』
今回はチャリマ初のゲスト?!
応援している宮古市の『ハンドメイドでワク☆ワクプロジェクト』の作品たちがやってきます!\(^0^)/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日時
 4月19日(金)〜21日(日)

19日(金) 13:00〜18:00
20日(土)  9:00〜18:00
21日(日)  9:00〜16:00
☆終了時間は目安です。ご連絡をいただければ延長いたします。
(会場の時間制限はありませんので、何時でも構いません)

開催場所
 南区丹那町10―22
 海光グランドマンション内「楠那げんき塾」にて
 マンション正面入り口のすぐ横です。
☆南区スポーツセンターを目安にお越しください。

公共交通機関では広電バス(通称・青バス)
 広島駅・紙屋町から・・・仁保車庫行き終点下車
 戸坂・八丁堀・県病院から・・・仁保沖町行き終点下車
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広島では現在、中区舟入のハミングバードカフェさんで展示会や小物の常設展示などをされていますが、なかなかお店には伺えないのよね〜という、チャリマのお客さまからのリクエストに応えてくださいました♪ 日曜日が定休日なので、なかなか見に行けないのよね…とおっしゃる方、ぜひこの機会にステキな作品たちを手に取ってごらんください♪

チャリティーマーケットの商品には、値段がついていません。
5円でも10円でも構わないので、この値段ならいいよという金額を募金としてお預かりします。食器、子供服、雑貨がメインです。
募金なので、おつりは出ません。m(__)m
たくさんまとめていただいてワンコインとかお札一枚とか、大歓迎です! 

今回やってくるハン☆プロの作品たちには、値札がついています。
売上は全額その作品を作った作家さんに渡していただけます。
おつりは出ますが値引きはできません。m(__)m
コーナーは分かりやすく分離する予定ですが、あらかじめご了承下さいませ。

♪♪♪♪♪〜〜〜♪♪♪♪♪〜〜〜♪♪♪♪♪〜〜〜♪♪♪♪♪〜〜〜♪♪♪♪♪〜〜〜♪♪♪♪♪
『myu♪』さんからミニコンサートのお申し出が!!
 嬉しすぎる〜!! (TT▽TT)

 21日(日) 11時過ぎ頃から30分ほど
   「myu♪」3名のメンバーから
   今回は松本さんと柳谷さんのお二人です。
「クラシックギターとアンデスの優しい演奏をお楽しみ下さい」 との事!
  生音にこだわった優しい演奏、楽しみすぎます♪♪♪

福島にご親戚のいらっしゃる柳谷さん、演奏できるだけで嬉しいっておっしゃって下さっていますが、息子と二人占めは、勿体なさすぎます〜!
 ご都合のよい方、ぜひぜひ、ご一緒して下さい!!



☆☆広島近郊の方、是非アットホームな「楠那げんき塾」さんでのチャリティマーケット、覗いてみてね〜^0^




ぷろふぃ〜る
青くり
止まると、死んですまうので、
走り続けています。(爆

訛っていだら、ごめんなさい。(爆

本宅は ↓ ココよ^^
コメントありがとです。^^
Archives
訪問者数

タグクラウド
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ