西武ライオンズ改め埼玉ライオンズ…「県の球団アピール」来季変更へ
29年間親しまれてきた「西武ライオンズ」の球団名変更が決定的になった。地元密着を掲げる西武は、08年から球団呼称に地域名を冠する方針。球団幹部は「シーズン中にじっくり話し合って11月までには(新名称を)決めたい」と話した。

・・・ついに来るべき時がやってきた!!
二宮清純さんが書いているように、(元記事はこちら。)
ライオンズが真の埼玉の球団になる時が。
さいたま市には、全国区Jクラブ・浦和レッズに大宮アルディージャがあって、所沢にはバスケBJリーグ・さいたまブロンコスがあり、冒頭の記事にはさいたま市営大宮球場で一軍公式戦をやるという話があったが、イースタンリーグでもファームが大宮や上尾、飯能でも試合をおこなったことがあり、10年位前だったか、浦和市営球場(現・さいたま市営浦和球場)にて浦和マリーンズとライオンズの試合に行ったことがあったが、ここは県都・浦和だというのにライオンズの野球帽をかぶった子供たちが少なく、翌日赴いたロッテ浦和球場でも同様の状態であった。さらに、2003年にさいたまスタジアムで阪神タイガースがパプリック・ビューイングをやって西武ライオンズが保護地域違反などと噛み付いたが、
「浦和や大宮で試合したことがない西武に抗議される筋合いはない!」
確かに「埼玉ライオンズ」でも「埼玉西武ライオンズ」でもいい。
隣県の千葉ロッテマリーンズファンとして、地域名を冠することによって得られる利益を享受し得たファンからのささやかなエールでは、ある。