ブログネタ
NPB!オリックスバファローズ に参加中!
<オリックス・小瀬選手>自殺か キャンプ先で転落死
(毎日新聞)
プロ野球のオリックスの小瀬浩之外野手(24)が5日昼前、春季キャンプで選手宿舎とする沖縄・宮古島市のホテルで、転落死しているのが見つかった。沖縄県警宮古島署は「今のところ、事件性はない」としており、自殺の可能性が高いとみている。
現場のホテルは12階建て。小瀬選手は同日昼前、隣接する建物の2階の高さにある屋根部分で倒れているのを、ホテルの従業員が発見した。8階の階段に小瀬選手のものとみられる所有物があり、同階から飛び降りた可能性が高いという。
小瀬選手は大阪府大東市出身。香川・尽誠学園高、近畿大を経て、07年秋の大学生・社会人ドラフト3巡目でオリックスに入団した。俊足巧打の左打者として1年目から1軍に定着し、昨季は78試合に出場して規定打席不足ながらも打率3割3厘をマーク。今季はレギュラー確保が期待されていた。小瀬選手は昨年12月に結婚式を挙げたばかりだった。
オリックスは同日夜、急きょ駆けつけた村山良雄球団本部長や長村裕之編成部長らが会見。前日まで変わった様子があったかを聞かれ、村山球団本部長は「球団内部で聞く限り、前日も大変元気で、そういう感じはなかったようだ」と話し、「若くて有望視していた選手だけに残念なかぎり」と声を落とした。【和田崇】
IMG_3435






…。絶句…。
ホテルブリーズベイマリーナだと…。
何でタイラさん助けてくれなかったんだよ!!(謎)
*タイラさんというのは、JSports「ガンバレ日本プロ野球!?」で、
金村義明さん&大塚光二さんが宮古島キャンプ訪問する際によく登場する、
宮古島市民球場近くに立つ警察官人形のこと。
たしかプロ入り初安打がマリンスタジアムだったはづ。
転落死か事故死だったか自殺かはよくわからないが、
桑田真澄さんのお父さんといい、武宮敏明さんといい、
小林繁さんといい、今年に入ってプロ野球関係者の物故者が多過ぎ。
来週8日発売予定(前日7日に都内などで早売り)週ベ名鑑号は、
いま校了段階やろから、削除して断り文入れるかどうか。
改めて、小瀬浩之外野手に菊。
(2/6 追記)各々のブロガーの記事を読んだが、特にパ・リーグ系が多く、
パ・リーグファン歴40年以上の佐野正幸さんの著書にも書いてあったが、
ダルビッシュ有であれ、田中将大であれ、菊池雄星であれ、
パ・リーグのファンはいい選手が自分のひいきチーム
(筆者の場合、千葉ロッテマリーンズ)にではなくとも、
パ・リーグに入団してくれたらうれしいのである。
また、ドラフトでいい選手がパ・リーグに来たり、あるいはシーズン中、ダークホース的な選手が出ると、ライバル球団でもうれしくなるものである。
こうしたパ・リーグの球団フロントからファンにいたるまで結束力が強く、
06年までおこなわれていたパ・リーグ東西対抗の再開を願わずにいられない。
それだけに、24歳ですべてを失ってしまう気分というのはどういうものなのだろう。いくら時間をかけていい人生を過ごしても、どこかいつか生命を絶たれる運命を予感めいて感じていたのではないだろうか。

【ロッテ】小瀬選手悼み半旗掲げ練習(日刊スポーツ)
5日にチーム宿舎で転落死しているところを発見された小瀬浩之外野手(享年24)を悼み、ロッテは6日、キャンプ地の石垣市中央運動公園野球場の球団旗を半旗にして練習を行った。昨年まで同じチームだった川越は「ショックです。親しみやすい性格で食事に行ったこともある。今年はケガがなければレギュラーをとれた選手。何があったのか信じられない」と言葉を濁した。

(2/7 そのまた追記)発売日前日に都内で早売りされた週ベ名鑑号。
水道橋駅と東京ドームの間にある山下書店では店頭に山と積まれていて、
当然購入したわけですが、小瀬選手はそのまま掲載されていました。
校了段階に間に合わず、関連記事も掲載されてなかったわけで。
あらためてご冥福をお祈りいたします。