生活について

博多2日目

  • 2019年03月18日
頭痛&のど痛。気合ではどうにもならないくらい、しんどい。

なんとか仕事をこなし、仕事が終わると同時にマッハで宿に戻り、マッハでお風呂に入り、マッハでおそばを食べてマッハ就寝。

お風呂では背泳ぎで泳いでる人がいて、気づいたら自分に激突しそうになったので咄嗟に潜って回避した。しんどくて頭がボーッとしている中で無意識のうちにとった行動。本能的行動。

結局背泳ぎおじさんのお尻に頭がぶつかったし、夜中に何回かその事を思い出して笑いました。

博多

  • 2019年03月17日
今日から博多出張、火曜まで。

どうしても提出しないといけない原稿がふたつあって、それを気合で終わらせて新幹線に乗る。ハチャメチャに原稿の締め切りに追われる日々がやっと終わり、座席に着席して緊張が解けた瞬間、発熱&頭痛&吐き気発生。

博多についてすぐに薬局へ行き、風邪薬を買う。宿にチェックインして鰹ラーメンというものを食べたけど全く味がせず、関節も痛くなってきたので速攻就寝。

夜中何度か目が覚めた。0時頃に起きた時、隣の部屋のおじさんが電話をしていて、4時過ぎに起きた時にまだ電話をしていたので、長電話~!と思った。ちなみに会話の内容が事細かに聞こえてきてた。

幸せそうな会話してはりました。


実家

  • 2019年03月16日
妻が仕事につき、ネーネーとシュシュと実家へ。

父のコンサートをみんなで観に行った。そこでは小さなバザーが開催されていて、近くでコンサートを観ていたおじいさんから輪投げ券を2枚もらったので、ネーネーと輪投げをしに行く。お人形がズラーッと並んでいて、輪投げが入った人形がもらえるんだけれど、ルールが激甘設定なので、輪が触れた人形はもらってOK、しかも欲しい人形があったら自分の足元に置いてから投げてもOK(というか輪を落とすだけ)というものだった。僕はクロネコヤマトのソフビを2つ、ネーネーはキレイな鈴の音がする陶器の人形をゲット。

その後皆で待ち合わせをして、マクドナルドでハッピーセットを食べて、ネーネーはアイスクリームを買ってもらっていた。

夕方、家に帰る。作り置きしてもらっていたハヤシライスを食べて、19時過ぎにお風呂に入って、布団で記念撮影。妻がいない日の寝かしつけでは何故か寝る前に記念写真を撮ることになっていて、タイマーをセットしたカメラに向かっていかに変なポーズをして写るのかを競う。ゲラゲラと大笑いしながら10枚ほど写真を撮って、「そろそろ寝よう」と電気を消すと、二人とも一瞬で就寝。

つられて僕も朝までコースで寝てしまいました。

名古屋

  • 2019年03月14日
仕事の合間に後輩とカフェに行く。そこで思いがけず、アイドルの話になった。そういえば前にも名古屋で別の後輩と食事をしている時にアイドルの話になって、それはでんぱ組.incというグループなんだけど、彼女達が始めて武道館に立ったときのMCが神がかり的に素晴らしいというプレゼンを受けた。あんまり興味ないなあ…と思いながら話を聞いていたけれど、そのMCというのが本当に素晴らしくて、喫茶店で号泣してしまった。後輩と二人めちゃくちゃに泣いて、目を晴らした状態で仕事をしたことを覚えている。今回もそういう感じの話をした。

夕方仕事を終えてマッハで帰宅。子ども達はおみやげにソワソワしており、さっそくそれを渡す。

自分用に買ったものをニヤニヤと眺めていると、ネーネーに「パパは買い物しすぎや」と言われました。

名古屋→東京→名古屋

  • 2019年03月13日
地獄のような暑さで何度も目が覚める。起きたら顔パンパン&カッサカサ。

朝から夕方までモリッと仕事。お昼は大戸屋でチキンかあさん煮定食を食べた。隣の席にいた男が、あくびをする時にあくびの後半で「ウワァーァ!」と叫ぶタイプの人だったので、「ファッファッファ…ゥワーァ!」と叫ぶ度にびっくりした。

夕方マッハで名古屋駅に行き、そこから東京へ。東京に着いたら銀座に向かう。今日から松屋銀座で「シルバニアファミリー展」が開催されていて、夜間の特別展示にご招待いただいたのです。

まずはシルバニアファミリー展限定グッズをたんまり購入し、関係者受付に行く。リボンを受け取り、展示を鑑賞。全ての展示の撮影許可をいただいていたので、ひたすら連写。「チュウ太」と名づけているハリネズミの人形も持っていっていたので、チュウ太も一緒に写す。

ずっと前に義妹のあやちゃんから、あやちゃんが子ども時代に使っていたシルバニアファミリーをたくさん譲り受けて、その中にあった服をチュウ太に着せているんだけれど、その服も展示されていて感動した。1999年製の「カントリーブティック」というセットだった。

写真を撮りまくり、おみやげにモグラファミリーや限定フィギュアなどをいただき、ほくほく顔で新幹線に乗る。名古屋に着いたのが23時頃。

その後ホテルでぶどうを食べて寝ました。

東京→名古屋

  • 2019年03月12日
日中ははりきって仕事。サンリオエキスポパワーと家族とのテレビ電話パワーで力がみなぎっていたので、もりもり仕事をした。お昼はパッタイを食べた。

夕方仕事が終わったらマッハで名古屋へ移動。そのまま栄に行き、プリキュアの出張店に行った。

ネーネーのおみやげと、自分へのおみやげを買う。隣のどんぐり共和国でシュシュへのおみやげのトトロのフィギュアを買う。その近くにあったジャンプショップにも行き、ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)グッズを買った。最後に記念のつもりでヒロアカの一番くじをやると、なんとA賞の主人公のビッグサイズフィギュアが当たった。お店の方にも「ああ!おめでとうございます!」と言われ、感動のあまり震える手で景品を受け取る。

お店を出てひとりで歩いていると、涙が出てきたので一旦ベンチに座る。しみしみと泣く。仕事はあんまりうまくいってなくて、そして出張も多くて心がボソボソの極み状態。そんな中でも昨日のサンリオの展示会や今日の一番くじなど、一生懸命生きていれば良いことも起きるんだなあと思うと涙がちょちょぎれた。

そのまま本日の宿まで移動し、味噌カツを食べに行ってから洗濯。

ブログを書いたり、ベッドにここ数日買ったものを並べてニタニタしたりしてから、0時過ぎに寝た。

空調施設がない地獄のような暑さの部屋で、気を失うように寝ました。

サンリオエキスポ

  • 2019年03月11日
日中は仕事をして、それが終わった瞬間マッハで移動して大崎まで。こちらで開催されている「SANRIO EXPO 2019」(サンリオの大規模な展示会)にご招待いただいたので、この日を心待ちにしていた。

そこはもう夢のような空間で、数え切れないほど「カワイイ!」を連呼した。36歳のオッサンが「カワイイ!」を連呼している姿は冷静に考えると地獄絵図なのだけれど、そんなの関係ない。だってほんまに可愛いねんもん。

以前サンリオの本社に伺った時にお会いしたOさんとIさんとも再会。他にもろんな方と挨拶をさせていただいた。会う人会う人みんなとても魅力的で、なるほどこういう素晴らしい人達が、この会社を支えているんだなあと納得。

途中、辻信太郎社長(いちごの王様)の姿も見えて感動。「辻社長~夢を与えてくれてありがとう~!」と心の中で叫んだ。90歳を越えてらっしゃるようには見えない、溌剌としたお姿だった。

18時過ぎにOさんIさんとお別れ。宿に戻る。途中、電車に乗ってきたおじさんがミスって私のひざの上に座る形になり、ひざ上に置いていたSANRIO EXPOの紙袋がグシャグシャになる。悲しい気持ちになる。

夜は家族からテレビ電話。シュシュと電話越しににらめっこしましょアップップーをした。画面の向こうでアハハと笑うシュシュと、今日はこんなことがあったんよと一生懸命話してくれるネーネー、それを優しい顔で見守る妻の姿を見て、思わず新幹線に飛び乗って帰りそうになった。

今日の宿は大浴場があったので、そこに行く。

自分以外誰もいなかったので、幅5mくらいの浴場をバタフライした。20往復くらいした。最後ミスってお風呂のお水を飲み込んでしまい、めちゃくちゃむせた。

原稿はやらず、漫画を読んだりテレビを見たりして23時頃には寝ました。

こぎみゅん

  • 2019年03月10日
朝プリキュア。今日は初の4人同時変身がアツかった。今回のプリキュアは歌いながら変身するんだけど、4人で歌いながら変身する姿はあまりにも尊すぎた。

11時頃、雨が降る中妻に駅まで車で送ってもらう。東京へ。新幹線ではアニメ「ワンパンマン」を観る。

15時頃池袋に到着、えげつない人ごみの中サンシャインシティまで行き、こぎみゅんの「ホワイトデーってなんだみゅん」フェアーが開催されているSanrio vivitix サンシャインシティアルパ店まで。買い物をすませ、その場でジイッとしていると、15時半頃に本日のお目当てであるこぎみゅんの撮影会が始まった。あまりにもこぎみゅんが可愛くて、とにかく連写した。

それが終わったら、またえげつない人ごみの中を移動して今日の宿まで。荷物を預けたら早めの晩御飯、とろろ麦ご飯を食べた。近くに本屋さんがあったので、「さよならミニスカート(牧野あおい)」と「チェンソーマン(藤本タツキ)」を買う。

宿に戻ってからは、原稿ちょこちょこ。

こぎみゅんのことを思い出してニタニタしながら描きました。


イヤイヤちゃん

  • 2019年03月09日
妻とネーネーが音楽教室に出かけたのでシュシュと立命館大学の公園まで行った。

この公園に行く理由はふたつ。子どもが遊ぶ遊具がいっぱいあるのと、学生食堂で食事ができるところだ。(どっちかというと、後者寄り)

11時半に到着して、まず学食へ駆け込んだ。シュシュに「あの建物の中におうどんがあるぜ」と言うとテトテト…と走っていく。その様子を併走しながらカメラで連写した。

注文したのは白湯うどん、素うどん、オクラ温泉卵、卵焼き、コロッケ。しめて900円ほど。シュシュはうどんとコロッケと卵焼きを食べた。大学は春休み期間中なんだけど、近くのテーブルではサークルメンバーで新入生をどうやって勧誘するかの話し合いをしていた。途中ちょっとふざける人がいたり、皆が真剣な顔をして悩んだり、その全てがまぶしかった。圧倒的な希望に満ちている。その光に照らされながら、シュシュと黙々と食事をした。

そのうちその学生のうち何名かがこっちに来て「何歳ですか?」と話しかけにきた。シュシュはひとみしり全開で、話しかけられた瞬間僕のおなかのところに顔をうずめてコロッケを食べていた。その学生がいなくなった後、空っぽになったテーブルに向かってシュシュは「ばいばい…」と言っていた。ドラマチックな光景だった。

その後公園でひたすら遊ぶ。1時間ほどして帰ろうとした瞬間、シュシュのイヤイヤ発動。靴を履きたくない、ジャンパーを着たくないと、泣きながら地面に寝転んでいた。いろいろ交渉しても「イヤ!」しか言わず困ったなあと思っていたら、ある瞬間に突然立ち上がってめちゃくちゃ凛々しい顔で「かえる」と言うので驚いた。何があったの?と思ったけれど、眠たかったみたい。帰りの自転車で爆睡していた。

帰宅後は原稿作業をちまちま。

夕方、妻とネーネー帰宅。シュシュが「ピザちょうだい」と言っていたので急遽ピザパーティー。

明日からまた出張ということもあり、今日はネーネーが一緒にお風呂に入ってくれました。

アイドル

  • 2019年03月05日
今週は締切がみっつ。もう何を描いて何が掲載されたり公開されたのかの全てを把握できなくなってしまった。とにかく毎日原稿にしがみついて描いている。目の前の作業をこなすことで精いっぱい。肉だ。肉を食わねば。

昼間、某アイドルが消えてしまう瞬間に立ち会ってしまった。休憩時に開いたツイッターの画面に、某アイドルがグループから脱退して最後のツイート「ばいばいみんな、また会おうね」という文字が流れこんできた。僕はそのアイドルのことを全然知らないし、特に変わった感情が起きたわけではないけれど、そのツイートが投稿された10秒後くらいに画面をリロードすると、そのアイドルのアカウントが消滅していた。偶然にも、アイドルが消えていなくなってしまう最後の10秒に立ち会ってしまった。そこからずっと、そのことについて考えている。アイドルに限ったことではなく、この世界は儚さで溢れている。

いつかは必ず別れがやってくると知っているのに、どうして人はそれを追いかけるのだろう。

永遠なんてものはないはずなのに、どうしてそれが永遠に続くものだと思ってしまうのだろう。

答えはなんも思い浮かばなかったけれど、悶々としながら食べた和風ハンバーグステーキは、たいそう美味しゅうございました。

バター蒸し

  • 2019年03月03日
4時起床即原稿。無心で描き、6時半頃になんとか原稿データを送る。そこから子どもが起きるまでブログを書いたりちょこちょこネームをやったり漫画を読んだり。

最近読んだ「彼方のアストラ」(篠原健太)という漫画が最高だったので、同じ作者の「SKET DANCE」をまとめ買いした。あとは「スプリガン」を読み返している。

8時半、子どもたちが起きてきたので、プリキュア鑑賞。朝ごはんを食べたら、みんなで買い物に行く。

帰ってお昼ご飯を食べたら眠たくなって、ウトウトしてしまう。20分くらいして、ネーネーが起こしにきてくれて、そこから3時間ほどアクアビーズをした。

ネーネーは僕が寝ている間に図鑑を読んでいたようで、「しょうにゅうどうって何?」と聞く。洞窟の天井から石がぶら下がってるねんと言うと、「どうくつって何?」と聞く。ネーネーにとってこの世界は知りたいことや聞きたいことが溢れている。素直に疑問をぶつけてくれるので、しっかり答えないとなと思いつつ、難しい質問がきて答えに困ることもある。鍾乳洞については一通り説明した後、「今度観に行ってみる?」と聞くと、「怖いしええわ」とのことだった。

手羽元とアスパラガスのバター蒸しを作った。こんなもの作ったこともないけれど、これは連載記事用。わりとうまいことできた。

晩御飯は手巻き寿司とそのバター蒸しを食べて、最後にケーキを食べた。ケーキを食べている時にシュシュが突然「ケーキ、おいしい!」と叫んだので皆笑顔になった。

皆が寝た後、再び原稿作業。0時前にモリッと完成原稿を送信。

良い週末でした。

春のにおい

  • 2019年03月02日
「春のにおいがした」と言った人がいる。

どうやら春のにおいというものが分かる人がいるらしい。どんなにおいだろう、きっといいにおいなんだろうなあとぼんやり考える。

僕の場合は目のかゆみ、鼻の疼きが春の訪れを否が応でも知らせてくれる。花粉症には辛い季節がやってきた。

3時半に起きて原稿作業。明日までに送らないといけないやつがあるので、必死のパッチで描きまくる。

8時頃に子ども達が起床。朝ごはんを食べて、ビチビチに家事を片付け、シュシュと万博公園まで行く。途中スーパーに立ち寄ってお弁当を買って、さあ出発しようと思ったらシュシュのヘルメットが入らず、何回もサイズ調整をしてやっとこさ入った。スーパーに行っている間にシュシュの頭が巨大化したのかヘルメットが縮んだのかは分からないけれど、とにかく焦った。


気を取り直して万博公園。天気も良く温かい。

いつもの森の中のベンチでお弁当を食べる。しばらくすると向かいのベンチに老夫婦が座り、あれやこれやと世間話をしながら食べた。とても穏やかな喋り方をするご夫婦だった。シュシュがジュース噴水(紙パックをギュッと握りしめてジュースが中からピュー!と出るやつ)をして服が濡れてしまっ時は、シュシュも含めて4人で笑った。

帰り際に「せっかくだから、あちらの梅の木を見てきたらいいですよ。今が一番いい季節ですから」と言われたので、梅の木が立ち並ぶ場所に向かう。の前に、森の中でシュシュの着替え。

その後音楽教室に行っていた妻とネーネーも合流。シュシュはベビーカーで寝てしまったので、ネーネーと遊んだ。ネーネーはたこの足の遊具という、わりとニッチな遊具でずっと遊んでいた。

その後芝生の広場でレジャーシートを広げておやつを食べていると妻に「ここ前にフリスビーが飛んできて顔に直撃したところやん」と言われ、フフフと思い出し笑いをした。

家に帰ったのが17時前、すぐにみんなでお風呂に入る。妻は出かけたので、焼うどんを野菜スープを作って食べた。

そして19時半には、ネーネー・シュシュとともにお布団で爆睡。

ヒロパンマン

  • 2019年02月26日
ここのところあまりにも多忙すぎて、完全に心が無になっている。家にいるうちは家族に癒されているけれども、毎日のように締切に追われ、仕事も忙しく、心が休まる暇がない。というわけで、感情に揺らぎが無くなってしまった。空が青く輝いていても何も思わない。満員電車で隣のおじさんに肘鉄を食らわされても、何も思わない。

そんな感じで毎日を過ごしていたわけだけど、今日何気なくファミレスでステーキピラフを食べた瞬間、血が滾る感覚が迸った。力が、力が漲る。元気100倍、ヒロパンマン!肉サイコーッ!

というわけで昼からはモリモリと仕事。そのままウォーッと帰って、原稿を描きまくりました。

シュシュデー

  • 2019年02月24日
妻とネーネーが出かけたので、シュシュとのんびり。家事をマッハで済ませて、昼前に近所のお祭に行った。

お祭で何食べようかなあと二人とも気合を入れて行ったんだけど、すでに売り切れが多く、たこ焼きとカレーを食べた。カレーはシュシュは食べないかも…と思って一人分だけ買ったら、シュシュは普通に美味しそうに全部食べた。幸せそうな顔でカレーを食べるシュシュの横顔をガン見した。

そのお祭では地元の小学生が描いた「将来の夢」が展示されていて、皆が「社長」や「お花屋さん」といった夢を描く中、ひとりだけ「阪大レゴ部」と描いている子がいて、その夢は絶対に叶えてほしいなあと願った。

近所の高校生が鉄道模型を展示していて、かなりのハイクオリティだったのでじっくり見たかったけど、シュシュ興味なし。「こうえん、いく」と言うので公園に行く。

公園で30分ほど遊んだ。そして一回休憩しようと思ってベンチに座ると、シュシュに「おべんと、たべよう」と言われて、えっ!あなたさっきめちゃくちゃカレー食べたやん、たこ焼きも食べてましたやん、と思った。しかし「お弁当ないわ」と言うと悲しそうな顔をしたので、近所のスーパーに行く。アンパンマンのブロックのお菓子を買う。

帰宅後、ガーッと昼寝して原稿。先日データを送ったイラストがレタスクラブの最新号に掲載され、見本誌が届いたので読む。今月からレタスクラブ本誌に掲載されたレシピをお料理する連載が始まるので、何つくろっかな~と思いながら読む。どれもこれもおいしそう。

その後、洗濯物を畳んでから「無」の時間が訪れたので、ボーっとしたままマイクポップコーンを食べた。

マイクポップコーンは、ひと袋あたりレタス2個分の食物繊維が含まれているそうですよ。

お土産

  • 2019年02月23日
朝、子ども達のお土産を居間に並べておく。

子ども達が起きてきたので反応を見ていると、シュシュは最初トトロ人形が袋の中に入っていることが分からなくて、袋を大切そうに持ち歩く。

そのうち袋からトトロのフィギュアがポロッと落ちて、それを見つけた瞬間の笑顔は100点満点だった。トトロのフィギュアを追加で1万個くらい発注しそうになった。

ネーネーはプリキュアのお菓子や塗り絵を喜び、塗り絵をギュウっと抱き締めていて、これまた100点満点の反応。塗り絵を1万冊追加発注しそうになる。

家族の笑顔に見送られ、今日は土曜出勤。

事務所ではゾンビのような顔をして仕事をしました。

東京二日目

  • 2019年02月22日
出張が続き、もうフラフラ。最終日ということで、ブリッと気合を入れて仕事。

夕方マッハで東京駅に向かい、プリキュアストアでネーネーのお土産を買う。新幹線の時間が迫っていることもあり、マッハで違うお店に行き、シュシュにシンカリオンのお菓子とトトロのフィギュアを買った。

そのままマッハで弁当を買って、マッハ乗車。出発1分前乗車という、何もかもギリギリの帰宅となった。

新幹線では弁当を食べて、GarageBandで小林よしひささん(おかあさんといっしょの体操のおにいさん。今春卒業することが発表された)に捧げる歌を黙々と作った。

帰宅したのが21時半頃。すぐに子ども達を寝かしつけをしたんだけど、疲れすぎてそのまま寝てしまった。

お土産を渡すのは明日やね。


東京初日

  • 2019年02月21日
両国で迎えた朝。お相撲さんおるかなと思い軽く散歩してみたけれど、いなかった。ちなみにホテルの目の前は国技館。

日中は仕事をプリッとこなし、夕方仕事を終えてホテルに戻ろうとしたところ、会社の大先輩(30歳年上で出身校が僕と同じ三田学園)に食事に誘っていただき、ド緊張状態でお店に向かう。

お店は「うずら鍋」という料理の店で、うずらの骨と肉をミンチにしたつみれがとにかく美味いと評判のお店。実際食べてみると今まで食べた事のない食感・味で絶品だった。バクバク食べて、焼酎をガブガブ飲んだ。

年上の方と飲みに行くと、仕事の話からお説教というパターンが多いんだけど、この大先輩は一切そういう話をしないで、奥さんとの話や三田学園の話などをしてとても楽しくて、しかもサッと食べてビャッと飲んでパッと帰るという格好良さだった。こういう大人になりたいな、と思う。

その後酔っ払ってホテルではスーツのまま爆睡。

スーツがシワシワになりました。

福岡三日目

  • 2019年02月20日
6時起床からまた温泉かまして朝ごはん。8時チェックアウト。日中ブリブリィーっと仕事をして昼は博多ラーメン。夕方福岡空港から羽田へ。空港での待ち時間に気合で原稿をバキバキ描いた。

飛行機に乗ったら飛ぶ前に爆睡してしまい、気づいたら羽田に降り立つところだった。

出張も三日目あたりになると心がボソボソになってくる。"無"の精神状態でモノレールに乗り、宿にチェックインした。そのまま"無"の状態で服を洗濯機にかけ、街を徘徊して晩御飯探し。21時の時点でほとんどのお店が閉まっており、他に選択肢も無くやよい軒に行く。”無”の状態で鉄火丼を食べた。わさびを入れすぎてツーン!っとなった時も"無"だった。

すると家族からテレビ電話がかかってきたので、光の速さで出る。店の外で喋っていると、僕の後ろに映っている看板を見てネーネーが「ステーキって書いてあるなあ」と言う。シュシュはひたすら「パーパー!」を連呼。

電話が終わって、鉄火丼の続きを食べてまた宿に戻る。

今日の宿は部屋がいびつな形をしていて、トイレに行く時は廊下が狭すぎて毎回スパイダーマンのような動きをしないとトイレに入れない。

腰をいわしそうです。

福岡二日目

  • 2019年02月19日
6時に起きて温泉に入る。部屋の換気扇が他の部屋たちと繋がっているせいか、夜中いろんな部屋のイビキが共鳴しあって地獄だった。朝ごはんを山盛り食べて8時前に出発。日中は仕事をブリッとぶちかます。お昼ごはんは牛タンを食べた。

夕方仕事を終えて、そのまま後輩達と食事。仕事の話や漫画の話など。19時には解散して、僕はまた健康ランドへ戻る。子ども達とのテレビ電話に備えて、先に温泉へ。

21時半頃、テレビ電話。電話がつながるなりネーネーが「あ!ポチャッコのTシャツ着てる」と言う。出張期間中はとにかく心が沈みまくるので、お気に入りの服を着たり、お気に入りのブツを持ってくるようにしている。シナモロールの巨大ぬいぐるみも持ってきた。

通話は10分くらいだったけど、元気がもりもりになった。もりもりになったので、ちょっと休憩したら原稿を描きまくろうと思って、休憩スペースにあるソファーに座ったらそのまま寝てしまい、起きたら2時頃だった。まわりに誰もいなくなっていたのと寝ぼけていたせいで、人類のいない世界に転送されてしまったのかと思った。それでキョロキョロしているとおじいさんが「ウワァ~」と言いながら目の前に現れたので心臓が飛び出そうになった。おじいさんも、その場に誰もいないと思って独り言で「ウワァ~」と言っていたようで、目が合った瞬間「オゥ!」とびっくりしていた。

結局一枚も原稿を描かず、そのまま就寝。

福岡初日

  • 2019年02月18日
今日から長期出張。

ビジネスホテルの狭い空間にいるとなんとなく気持ちが暗くなるので、今回思い切って健康ランド的なところを宿泊予約した。

博多駅前に送迎バスが来て、バスに乗る人が全然いないし、バスの車内の雰囲気も暗いし、運転手さんはちょっとキレてるし、健康ランドにつくまでは漫画のカイジに出てくるような宿を想像してだいぶ不安な気持ちになった。

到着してみて、宿の良さに驚く。お風呂は大きいし、休憩スペースで作業もできるし、疲れたらリラックススペースでボーっとできるし、異様に巨大なインベーダーゲーム機が置いてあるし、卓球台もある。知らん人と対戦もした。

特に休憩スペースでの作業は、適度な雑音があるせいか、捗る。

ななめ前の席でカップルが尋常じゃない勢いでイチャこいてますけど、精神集中。

結局2時間近くカップルはイチャこき倒して先ほど帰ったんですけど、お店の人がテーブルを拭きながら「はあ、キツかった。やっと帰ってくれた…」って言ってました。

というわけでそろそろ僕も、部屋に戻ります。

原稿戦士ゲンコリアン

  • 2019年02月17日
妻と子どもたちが出かけたので、ひたすら原稿。

ひとりで原稿用紙に向かっていると寂しくなるので、爆音でクリスハートの歌を流しながら描いた。ラフの直し4ページ、ラフ起こし3ページ、本番稿四コマ2本、ツイッター用の四コマ4本、ブログの下書き2本。

晩御飯はネーネーが妻実家で作ってきた手作り餃子。「しわしわのとこ上手にできてん」と言っていた通り、見事な餃子だった。美味しかった。ネーネーに「美味しかったよお~ありがとお~~」と言いに行くともう眠たかったらしく「…うん」と低めのテンションで返事をした。

お風呂に入ってシュシュとお布団へ。最近シュシュは寝る前に絵本を読んで、「さあそろそろ寝ましょうか」と言うと自分でスイッチを切ったかのようにパタンと寝る。子守唄もトントンもやってない。

すぐに寝ちゃうので、顔から1センチくらいの距離で寝顔をガン見します。

じっちょりん

  • 2019年02月16日
妻が仕事だたので、今日は子どもたちとずっと一緒。

ネーネーの音楽教室に行く。今日は発表会ごっこの予定だったので、ネーネーは頑張って練習してきました。その甲斐あって、本番はばっちし。最後のお辞儀もキレイに決まり、誰も泣いてなかったけど泣きそうになった。こういう成功体験を、とにかくいっぱい重ねてほしいな。

ドーナツを買ってピャッと帰宅。オムライスを食べてからひたすら家で遊んだ。

シュシュはマラカスのおもちゃをマイク代わりに、僕やネーネーに「おなまえは?」と聞いてきた。「パパです」と言うととても嬉しそうな顔をする。そのうちアニアの動物フィギュアを並べて、一匹一匹に「おなまえは?」とマイクを向けては、自分で「しまうまでしゅ」「かばでしゅ」と答えていて、可愛らしかった。

シュシュが15時頃に寝てからは、ネーネーとアクアビーズ。僕はこぎみゅんを作ろうとしたけど白色のビーズが少なかったので、今回はネーネーの創作を見守る事に。さくらんぼ、ユニコーン、くま…たくさん作りながら、ふと「じっちょりんは、いるんだよ」と言うので??となっていたら「じっちょりんはね、どんぐりよりも小さくてね、そこらへんにおるねん」と言う。

なんだろう…と思ってsiriで「じっちょりん」と聞くと、出てきた!じっちょりん!絵本!絵本に出てくるキャラクターか。なるほどかわいい。じっちょりんね。覚えた。

妻が夕方帰宅して、お夕飯ワーワーしてお風呂に入って、さあバリバリ原稿やるぜ!と思いながら、子どもたちと一緒に寝てしまいました。

バレンタインデー

  • 2019年02月14日
バレインタインデー。子ども時代からあまり自分には縁のないイベントだった。

思い返せば小学生の頃はチョコの配達人をやったり(女子からチョコを渡され「○○くんに渡して」と言われるやつ)、中学・高校時代は男子校で女子とは無縁の生活。男子校といえど、何か起こるのではないかと毎年バレンタインデーはソワソワしてましたわ。無駄なソワソワ。

妻とお付き合いをしていた時にもらったチョコのお返しにチーズケーキを焼いたら、厚さ1センチくらいのカッチカチのおせんべいみたいなチーズケーキになったことを思い出した。

今日は家に帰ると、部屋に入った瞬間ネーネーが「チョコあげる」とチョコレートと手紙を渡してくれた。大きな字で「パパだいすき」と書かれていて、不毛な青春時代が一瞬にして吹き飛ばされた。

ネーネーは何度か「今日チョコあげたら、チョコもらえる日があるんやろ?」と聞いてきた。こりゃあホワイトデーは張り切らなあきまへんな。

またカッチカチのチーズケーキ焼こうかね。


  • 2019年02月11日
朝7時半起床。「りくろーおじさんに行くよ」という妻の掛け声とともに、僕も子どもたちもビッと服を着替える。雪が降る中車を走らせ、りくろーおじさんの店に行く。今日はシュガーバターフランスパンとフワフワ厚焼き玉子パンにした。窓際の席で、深々と降る雪を眺めながらパンを食べた。僕はこのお店がたまらなく好きで、たまに行かないとりくろーロスになる。

その後家に帰って、ネーネーと図書館に行く。ネーネーはプリキュアのCDと絵本を、迷いなしで一瞬でチョイス。僕も4冊借りた。休憩コーナーで、絵本を一冊読んだ。街中の景色にいる「顔」のようなものを探すという本だった。信号機やエアコン室外機など、並びによってはそれが「目」に見えて、建物が顔に見えてくることがある。絵本を読んだ後、街中の風景を指差してあれも顔みたいだねえ、あ、あっちも顔だねと言いながら帰った。

午後からはまた4人それぞれが思い思いの時間を過ごす時間が訪れたので、あれこれメールの返信をしたり本棚の整理をしたりしながら原稿のアイデアを捻る。イヤホンからMOROHAのApollo11が流れる。子どもたちの横顔を眺める。シュシュはおままごと遊び。ネーネーはオリジナルの絵本を作っていた。ちゃんとストーリーのある絵本だったので、驚いた。うさぎが森の中で泣いているくまを見つけて、次のページでは「くまは泣きやみました」となっていたので、なんで泣きやんだのか聞くと「うさぎさんがいないいないばあとかしてん」と言う。いないいないばあのシーンは描かないの?と言うと、「それは、描きたくないねん」と言った。なるほど、読者の想像力に物語を委ねるスタイルか。本屋大賞確実やね。(親ばか)

晩御飯はたこ焼きを食べて、お昼寝しなかったせいかシュシュは18時に寝た。もっと遊びたいから起きたいという意思がひしひしと感じられたので一緒におままごとをしたりしたけれど、最後は静かにじゅうたんに横になり寝た。ネーネーは21時前に寝て、そこから原稿作業。

またしばらくの間はゆっくりみんなで週末を過ごすことができないので、3日間の出来事を噛み締めながら、原稿をビッと描きました。

おしりたんてい

  • 2019年02月10日
三田へ。

シュシュはおばあちゃんに会うなり「おまめちょうだい」と言っていた。お正月に実家でいただいた黒豆が美味しかったことをずっと覚えていたことに驚く。そして黒豆愛すごい。その後もずっとニコニコで、「おじいちゃ~~ん」「おばあちゃ~~ん」と声をかけては返事をしてもらい嬉しそうにしていた。ネーネーは「こないだカラオケ行ってん」という話をしていた。そうか、カラオケはそんなに楽しかったんかあ。また行くしかないな。

よく食べて、よく笑った。

シュシュがハート型の置物を見て「おしりたんてい」と呟いていたのが良かった。

20時半頃帰宅して、そこから原稿作業。いまとにかく最高潮に忙しくて、4日おきに締切がくる状態があと一ヶ月近く続く。先日大型案件がひと段落した瞬間完全にバーンアウトしてここ一週間は絶不調だったけれど、昨日くらいからまた調子が良くなってきた。ふとした瞬間に得体のしれないプレッシャーに押しつぶされそうになるけれど、そういう時には思いっきりシナモロールのぬいぐるみを抱きしめるようにしている。

インタビューなどが掲載された読売新聞の掲載稿が担当のAさんから届いた。記事の内容はAさんのおかげてとっても素敵な仕上がりだったけれど、顔写真の顔がパンパンだった。HUGっと!プリキュア最終回を見て泣いた1時間後だったから、仕方なし。

Aさん、この度は素敵なご縁をありがとうございました。いただいたサンリオグッズも大切にします。

山の神様

  • 2019年02月09日
3連休初日。

朝起きるとネーネーが夢の中にピコ太郎が出てきたと言う。保育所の運動場でピコ太郎と遊んだらしい。ちなみに僕は30人くらいでうさぎがいっぱいいる公園に遊びに行ったら自分にだけうさぎが全く近寄ってこなくて悲しい思いをする夢を見た。夢の中でシクシク泣いていたので、自分の中にそんなにうさぎ愛があったのかと驚いた。

音楽教室に行った後にマクドナルドでハッピーセットをかまして、UFOキャッチャーをした。ネーネーはシュシュのために恐竜のお人形を取ってあげたかったらしいけれど、上手に取れなくて「くやしい」と泣いていた。こんな時UFOキャッチャーが得意なお父さんやったらピヤッと取ってあげれたのになあと思いながら、泣いているネーネーを抱っこして歩いた。そしたらミネラルウォーターの営業をしていたおねえさんが心配してくれて、風船をくれた。ネーネー、超笑顔。風船パワー恐るべしですわ。

その後何か見たいところある?と聞くと「映画館でのんびりしない?」と言う(この言い方がなんとも大人びていた)ので、映画館のベンチに座って30分ほど各々好きなことをした。でも、なんで映画館?と聞くと、この雰囲気が好きやねんとのこと。めっちゃ分かるわ~と思った。良い時間だった。

そして家に帰ろうとすると「公園に行く!」とのことだったので、立命館大学の公園で遊んだ。とても寒かったけれど、ネーネーは途中裸足で遊んでいた。

公園のベンチに座ってオヤツ休憩をしていると、突然ネーネーが立ちあがって「オ~~~イ!」と大きな声で叫んだ。どうしちゃったの、と聞くと「山の神様に話しかけてんねん」と言うので、話しかける相手の規模が巨大~!と思いながら見守った。そしたら「カラオケに行ったことはありますか~?わたしはありま~~す!」と叫んだので、それ山の神様に言う必要ある~?と思った。のびのびしていて、とても素敵な想像力。こういう瞬間に立ち会えるのが、なんともうれしい。

帰りの自転車では「ママのお誕生日、いっぱいお祝いしようね」という話をした。ネーネーの妻を祝う気持ちがすごくて、手紙を送りたい、プレゼントに歯ブラシを送りたい、あとTシャツもプレゼントしたら喜んでくれるかな、と鼻歌交じりで話していた。

まだ2ヶ月先だけど、きっと良い誕生日になるでしょうね。

  • 2019年02月06日
なんもかんもうまいこといかん日。
いつもの喫茶店で食べたミートバーグのミートソースを思いっきりズボンにこぼす。
 
帰宅後は穏やかに過ごせた。ネーネーとお風呂に入り、あれこれ話を聞かせてもらう。早く夏になったらいいねえ、プールに入れるもんねえ、という話をしたら、「てるてる坊主を作ったら夏が早く来るかもしれへんで」と言うので、お風呂上りに一緒にてるてる坊主を作った。シュシュは僕たちがお風呂に入っている間に寝てしまっていた。
 
その後、ネーネーと「北風と太陽」の絵本を読む。北風と太陽がとある旅人の服を脱がせたら勝ちというゲームをするんだけれど、北風が突風で服を吹き飛ばそうとしても駄目で、太陽がギラギラ照りつけると、ああ暑い、と言いながら服を脱いだ、というもの。ネーネーは、なんで服を脱がせたら勝ちなの?と、そっちの方が気になっているようだった。確かにそうね。なんでそもそも服を脱がせようなんて考えたんやろ。旅人からしたらええ迷惑やね。
 
そういえば子ども向けの絵本を読んでいると、だいたい北風などの「風」は「悪」として、太陽は「善」として描かれていることが多い。ノンタンでもそうだったし。いやあ風は風でエエとこあるんちゃいますの?と考えていたら、ふと一人暮らし時代に突風でベランダに干していたパンツが飛んでいったことを思い出した。
 
ああ、飛んでいったなあ、とあんまり気にしなかったんだけれど、その後マンションの隣にあるコンビニに行くと、自動ドアの溝のところにそのパンツが引っかかってドアが閉まらずガコガコしていて叫びそうになったことがある。
 
風の良い所、なんやろうね。
 
春先の、昼寝をしている時に窓からスーッと入ってくるそよ風なんかは、たまらないよねえ。

悲しみのフラフープ

  • 2019年02月05日
気合いの4時半起き。洗濯機を回し、原稿作業をブリッとやる。だいぶ捗った。

洗濯物を干して、妻を見送り、子どもらと朝ごはんを食べて、保育所へ。玄関ポーチでシュシュのイヤイヤ号泣があり、バタバタしながらの登所だった。今日はネーネーのクラスの参観日。

まずは運動場で体操をする子どもたちを見守る。ネーネーは嬉しそうで、ちょっぴり恥ずかしそうに何度も僕の方を振り返っていて、その笑顔を一度たりとも見逃すまいと、ガン見した。なわとび上手でした。

その後は親子対抗ドッジボール×4セット。5歳の子ども達を甘く見ていたけれど、一人異様に強い少年がいて、その少年がボールを持った瞬間大人チームに緊張感が走るのが分かった。クイックモーション&ノールック&剛速球で、次々と大人たちをなぎ倒していく。そんな中、その少年の父親だけはムハハと笑いながら球を軽々とキャッチしていた。ドッヂ弾平の一撃弾平と一撃弾十郎のようだった。

結局4セットとも子どもチームの勝ち。うち2セットは、子どもの投げた球に被弾し場外退場という不本意な結果だった。ただ、ボールに当たって退場する時、ネーネーが嬉しそうに「パパよわいな~」と笑っていて、その笑顔を見られたのでプラマイゼロ、いやプラマイプラだった。

そして教室に移動して全員でフルーツバスケット。これがめっちゃ楽しかった。大人たちも童心に返って大ハッスル。

その後親子工作で凧を作った。ネーネーは凧にうさぎと猫のイラストを描いた。紐通しをしたら、運動場で凧上げ。なかなかうまく上がらず、二人でああだこうだと調整しながら、やっと綺麗に飛ぶようになる。

こうして参観の時間はあっという間に終わり、保護者達が帰宅する時間になった。それまでニコニコしていたネーネーが僕の足にしがみついて、突然しみしみと泣き出す。もっとパパと一緒にいたい、パパ行かないで、パパ、フラフープ上手にできるから見て、と泣きながらフラフープをクネクネ回していて、切ない気持ちでいっぱいになり先生にばれないようにひっそりと二人で泣いた。表情はめちゃくちゃ暗いのに、フラフープの動きだけは陽気で、そのコントラストがたまらなく切なかった。

後で先生に、ネーネーが保育所で一番フラフープが上手なんですよと教えられる。実は私もフラフープ名人で、クネクネ回しながら歩いたりできますのよ。

今度お揃いのフラフープを買って、家の中でクネクネしよう。

ディリリンディリリン

  • 2019年02月04日
19時半帰宅。

妻とキッチンであれこれ話をしながらモソモソと晩御飯を食べて、シュシュとお風呂に入る。シュシュはお風呂にいる時は、とにかくずうっとニコニコしている。最近お気に入りの遊びは、小さなお魚のおもちゃをお風呂の底からユラユラと水面に上昇させて、それをお湯の中でシュシュがキャッチするというもの。少しずつ上昇してくるお魚を見ながら、シュシュはいつもゴジラのテーマソングを歌う。


原稿がもりもり貯まっているけれど、朝早く起きてやることにして、子どもらと一緒に寝た。21時半だったかな。

マメマ

  • 2019年02月03日
今日も朝からプリ活(プリキュア活動)。

8時半からスタートゥインクルプリキュアを観る。個人的にはハグプリロスが続いているので、新しい番組を観てよりいっそう寂しい気持ちになった。今回は宇宙がテーマなのですねえ。


9時にネーネーと外出。昨日に引き続き、コジマ。今日はお店で秘密の合言葉を言うとプリキュアのDVDをもらえる。9時20分くらいに到着したところ、4番目だった。


9時半頃に整理券が配られたので、一旦イオンに行き映画館で3月のプリキュア映画の親子券を買う。おやつ休憩をして、再びコジマ。DVDを受け取り帰宅。


この一連の流れの中で、電動自転車のバッテリーが最初にコジマに向かっている途中でゼロになってしまったので、移動が大変だった。しかし、しんどそうに自転車を漕いでいるとネーネーが心配して背中をさすってくれたので、頑張るパワーがみなぎった。

帰宅後、お昼はひろちゃんうどん。夕飯は恵方巻きやいわしのフライなど。

その後は本日のメインイベント、豆まき。お風呂に入っている時にネーネーに「やさしい豆まきをしたい」と言われ、協議の結果「迷子になった鬼が我が家に来て、みんなでお豆をあげて鬼が帰る」ということになった。

鬼の格好をして、台本通り居間に行くと、ネーネーはお豆を全力投球(けっこう痛い)。迫力を出すためにと両耳に着けていた牛乳パックにお豆が直撃するたび鼓膜に「ドゥン!」という爆音が響くので、この牛乳パックにお豆が当たらないように避けるのに必死になった。ちなみにシュシュはお豆をボリボリ食べながらそれをジーッと見ているだけ。妻は一連の光景を見て大笑いをしている。

ぜんぜん台本通りじゃなかったけれど、楽しい豆まきになりました。

コジマ

  • 2019年02月02日
家族全員そろって土日を過ごせたのは実に一か月ぶり。

今日はスターゥインクルプリキュアの玩具を買うと先着ではぐたんのスターカラーペン(変身グッズの付属品)がもらえるということで、気合いを入れて9時に家を出てコジマに並んだ。(コジマは10時オープン)

コジマに着くとまだ誰も並んでおらず、とりあえずコンビニで温かい飲み物とプリキュアのグミを買う。とにかく寒く、ネーネーとその場で走るフリをして両手両足をバタバタさせて待った。

絶対長蛇の列ができるわと思っていたのに、次の人が並んだのはなんと開店5分前。その次に並んだ人はネーネーと同じ保育所のお母さんで、あらまあ!と、あれこれ世間話。このお母さんは、ブラックシンカリオンを買いにきたそうで、お互い寒い中大変ですねえという話をした。

10時コジマオープン。即プリキュアの玩具を手に取り、勢いで仮面ライダージオウの変身アイテムを手に取り、さらに勢いでシロクマのアニアを手に取り、レジに向かった。はぐたんペンも受取り、そのままネーネーの音楽教室に行った。


ヘ音記号のことはだいぶ自分の中で受け入れることができたので、今日も一緒に練習する気持ちで臨んだ。ネーネーは途中うまく弾けなくなってくやしくて泣いていたけれど、くやしい気持ちになるほど何かをがんばれることは良い事だと思う。帰ったら一緒に練習しようぜ、と励ました。

その後はミスタードーナッツで汁そばを食べた。あまりに美味しかったので、帰宅後シュシュに「汁そばめっちゃ美味しかってん」と話しかけていると、ネーネーに「赤ちゃんは“汁そば”っていう言葉知らんねんから、チュルチュルって言ってあげて」と言われる。

昼からは、それぞれ好きなことをやろうぜということになり、ネーネーはおままごと、シュシュはブロック、僕は原稿作業、妻はお菓子を食べたりのんびり。1時間ほどだったけど、とても良い時間だった。その後みんなでマイメロディのDVD「OMOIYARI TO YOU」を観る。

晩御飯は鍋を囲み、締めはラーメン。妻とビールをグイッといきました。

海老カレー

  • 2019年01月31日
行きつけカレーを並ばずに食べられる方法を見つけた。事前に電話してテイクアウトをして食べるというもの。

というわけで早速海老のカレーをテイクアウトして食べた。そしたらまあ、なんと辛いこと!

みんなと喋りながら食べてたんだけど、辛すぎて涙が止まらない。ちょっと心配されるくらい泣いてしまった。

泣きすぎたせいか、無性に頭がスッキリ。昼からの仕事がいつになく捗った。泣きたい気持ちになったら、またあの辛いカレーを食べようと思う。

明日から休みということもあり、お酒やおつまみを買って帰宅。妻と、子ども達が寝たらテレビを見ながら飲もう!と盛り上がっていたのに、結局みんな一緒に寝てしまい、そのまま朝を迎える。

めっちゃ寝ました。

名古屋二日目

  • 2019年01月30日
6時起床。夜中に隣の部屋から声がして何度も起きた、というかほぼ寝てない。顔面がパツンパツンに膨張していたけれど、右手が回復していたので、原稿作業の続き。7時半、朝ごはん。あごだしのつみれ汁と卵かけご飯が美味しかった。最近ようやく、朝食バイキングにおいて適正量のみ食べられるようになった。前まではとにかくてんこ盛りにしてお腹がはちきれそうになるほど食べて、日中の仕事に支障が出るほどだった。

その後、日中はぶりぶりと仕事。お昼ごはんは昨日と同じ喫茶店で、ヒレカツあんかけパスタ。そういえば昨日、ここで食べた粉チーズに衝撃を受けた。チーズの味がする。

というのも、よく行く喫茶店で食べるミートバーグにも、トッピングとして粉チーズがついてくるのだけれど、これがいくらドバドバかけても全くチーズの味がしない。それが普通だと思ってた。あの粉、実はチーズじゃない気がしてきた。毎回粉が満タンに入った容器で出されるし、匂っても完全に無臭やし、無味。怪しすぎるぜ。

引き続き、ぶりぶり仕事をして18時過ぎの新幹線に飛び乗って帰った。早く帰りたすぎて新幹線のホームを猛ダッシュしていたら、トランクのタイヤから「キャアアー!」という、女性の悲鳴のような音がした。

家に帰って、お土産タイム。みんなの注目が集まる中トランクをバーンと開けると、なんとサバ缶としるこサンドしか入っていない!そう、後でゆっくりお土産を買おうと思っていたので、昨日の夜はこの二つしか買ってなかったんだった。お土産をいっぱい入れられるようにわざわざトランク持参で出張したのに、完全に忘れてた。

あまりに少ないお土産に、子どもたちはちょっとがっかり、妻は笑ってました。

名古屋初日

  • 2019年01月29日
名古屋出張初日。

夜が寂しいのでシナモロールのぬいぐるみと一緒に寝ようと思ったのに、トランクに入れ忘れたことに気づき悲しい気持ちになる。

お昼は喫茶店で、あんかけパスタ。隣の席で夫婦とみられる男女がけんかをしていた。というか、女性が一方的に怒ってていた。内容は、男性が安易に仕事を引き受けすぎて土日の休みが全く無い状態(3月上旬まで)で、なんでこんなに仕事を引き受けたんや、子どもらと一緒に休日を過ごす気はないんか、というもの。

男性は「だって青木さんの人柄を知ってたら仕事断れないよ…」としどろもどろな説明をしていて、しびれを切らした女性が「政治家みたいな喋り方すんな!」と言っていた。はっきり言って、どちらの気持ちも分かる。分かるだけに、どちらが正しいかは断言できないよなあと思いながら、あんかけパスタを食べた。粉チーズの味が濃すぎてむせた。

夜は丸亀製麺で一瞬で済ませて、ホテルにチェックインしてひたすら原稿作業。ぶっ通しで6時間イラストを描き続けて、右手が邪王炎殺黒龍波を放った後の飛影状態になった。ホテルには天然温泉があり、とても楽しみにしていたので、作業を終えてすぐに温泉に向かった。浴槽が直径1メートルくらいしかない、ミニマムサイズ温泉だった。ミニマムサイズ温泉にビッグサイズオッサン(自分も含む)がひしめき合って、足を伸ばす事すらできず、まったく疲れが取れず。

部屋に戻って生野菜を食べながらぶどうのお酒を飲んで、1時くらいに寝ました。

鍋焦がしマン

  • 2019年01月27日
7時に起きてRyuheiに行き、パンを買って帰る。

8時半、プリキュア最終回。とても美しい最終回だった。ずっとウルウル状態で、ネーネーはクロワッサンを食べながら静かに見ていた。シュシュも真剣な顔をして見てた。

最後にエンディングテーマが流れた瞬間、この一年の出来事が走馬灯のようによぎって涙ポロポロ。ネーネーとプリキュアのイベントやカフェやお店、いろいろ行ったし、作品についてたくさん話したなあ。作品自体が素晴らしかったし、それに伴う思い出の数々があまりにも多すぎる。

最終回終了とともに、感想ブログを更新。シャキッと気持ちを切り替えて、本日の業務開始。

10時に茨木駅前で読売新聞のAさんと待ち合わせをして、カフェぶいえいとに行く。新聞の取材です。あれこれ楽しくお話をさせていただき、最後に写真撮影。プリキュアで泣きはらした後なので、どんな写真になっているのかちょっと心配。

その後、家に帰ってマッハで掃除洗濯、晩御飯作り。普段は料理を全くと言っていいほどしないので、緊張感マックスでカレーを作る。カレーはルウの箱に書かれている作り方が一番美味しく作れると聞いた事があったので、今日は箱メニュー忠実カレー。

それが終わったら車屋さんに行き、ドライブレコーダーをつけてもらう。待ち時間の間に原稿ラフの続き。

夕方、シュシュとカレーを食べる。(妻とネーネーはお出かけ)

恐怖のヘ音記号

  • 2019年01月26日
朝、ネーネーと音楽教室へ。普段は誰と行くのかはご指名制で、ここのところ妻指名ばかりだったので、僕が行くのは一ヶ月以上ぶり。(ちなみに今日は妻が仕事でいなかったので僕)

というわけで、今日も張り切って一緒にピアノの勉強するぞ~と思っていたら、この一ヶ月間のうちに講義内容が異様にレベルアップしていてちんぷんかんぷんだった。

ト音記号は、わかる。

ヘ音記号、何?

ト音記号(おたまじゃくしみたいな形のやつ)の時の「ド」の位置にある音符が、ヘ音記号(なんかウィーンってなってる記号)がつくと、違う音になる。本当に意味不明。

しかしネーネーはちゃんと理解しているようで、譜面を見ながら弾いていた。少し前までは「ドの音はここやで」と教える立場だったのに、今回はネーネーに教えてもらう始末。せっかく教えてもらっても、ぜんぜん頭に入ってこなくて、無理!と思った。しかしこんな所でつまずいていたら、「子どもと発表会で連弾する」という夢が崩れ去ってしまう。なので、自主練がんばらないと…。

帰宅後はひろちゃんうどんを作って食べて、シュシュはお昼寝。シュシュが寝た後は、ネーネーがお絵かきをしている横で、原稿のラフ作り。椅子を並べてお話をしながらそれぞれやりたいことをやる、なかなか感慨深い時間だった。

将来はこうして、何かしら一緒に作品制作できたなうれしいなあ。

ミラクルライト 

  • 2019年01月24日
寝る直前、ネーネー号泣。原因は僕がiPhoneでメルカリを見ていた時にプリキュアの衣装がネーネーの視界に入り、その衣装が欲しい、というもの。
 
「お友達のおうちに遊びに行く時に着ていかなあかんから、いっぱい必要やねん」と、どうしようもないくらい悲しそうに泣く。
 
咄嗟に、「ミラクルライトを持ってくるから、それをお布団の中でピカピカしようか」と言うと、一瞬にして笑顔になった。二人でクスクス笑いながら、ミラクルライトをピカピカした。今まで何度か、こうしてミラクルライトに救われてきたことがある。一年間、一緒に笑ったり泣いたりしながら見守ってきてプリキュアは、今週の日曜日に終わります。
 
切ないなあ。

言葉を戻す

  • 2019年01月23日
「言葉を元に戻す作業」ということを、たまにやる。
 
どういう事かと言うと、ある言葉を発することが習慣化されていく中で独自の変化を遂げていて、もはや元の言葉がなんだったのかが分からないことがある。例えば、お店やレストランなどで店員さんが使う「ありがとうございました」という言葉。長い歳月を経て「ありがとうございました」→「ありゃっした!」→「あした!」→「あた!」と変化する。(変化しない人ももちろん、いる)
 
お会計の時だったりすると、「あた!」と言われてもシチュエーションから察して「ありがとうございました」と言っているのだなと分かるけれど、本当に何を言っているのか分からない時がある。
 
あるスーパーでは、若い男性店員がいつも最後に「アリャァトッシャイマサ!」と言う。これが非常に気になる。恐らく語源は「ありがとうございました」なんだろうけど、「シャイマサ」の部分がマジで謎。
 
この謎が、ついに解けた。
 
この男性のことをよく見ると「アリャァトッ」部では私の方を見て、「シャイマサ」部では次のお客の方を見ている。つまり「シャイマサ」は「いらっしゃいませ」。
 
「ありがとうございました」+「いらっしゃいませ」=「アリャァトッシャイマサ」
 
今後もこの言葉は彼の中で進化していくのかもしれない。そっと見守ろうと思う。

りゅうへいちゃん

  • 2019年01月20日
起きてすぐにプリキュアを観る。来週が最終回ということもあり、物語はまさしくクライマックス。ネーネーの緊張が伝わってくる。一年間こうして毎週、いや、毎日ネーネーとプリキュアを追いかけてきたので感慨深い。来週の最終回を自分がすんなり受け入れられるのかが実に心配です。
 
その後Ryuheiに行ってパンを買う。ネーネーはクロワッサンとアンパンマンのパン、シュシュはミニクロワッサン、妻照り焼きマヨネーズパン、僕はチーズコロッケパンと揚げウインナーパン。
 
雨だったので、家でのんびり過ごす。
 
夕方車の点検のため、ネーネーとふたりで車屋さんへ。子どもが遊ぶスペースがあったので、そこで一緒に遊んだ。
 
帰り道、「一緒に来てくれてありがとうね」と言うと、「だってパパひとりやったら寂しいやろ?ネーネーが一緒にいてあげるからね」と言ってくれて、ナミチョチョ。(涙がちょちょぎれた、の意)
 
夜は原稿をぶりぶり描く。今月は本当に忙しいです。

博多三日目

  • 2019年01月18日
くっさいホテルの朝食が、ありえないくらい美味しかった。
 
朝からちゃかぽこと働き、17時過ぎに終了。帰りの新幹線でアニメ「グリッドマン」を最終回まで観る。ウルトラマンと勇者王シリーズがミックスされた最高の作品だった。アニメなのに最後は実写で終わるという、一連の流れも最高。怪獣もメカアクションも最高。そしてそれに加えて、主題歌を大学の軽音楽部時代の先輩である大石さんが歌っているのもアツい。グリッドマンが合体して戦うクライマックスシーンでこの歌が流れてくると胸が熱くなる。自分の知っている人が活躍している姿を見ると、とても励まされる。
 
20時半頃帰宅。トランクの半分が家族へのお土産なので、みんなをリビングに集めてお土産を渡す。幼い時父がよく出張帰りにこうしてお土産を渡してくれたことを思い出す。嬉しかったよなあ。
 
ネーネーにはキキララのボールペン。シュシュは「みかん」が欲しかったみたいなんだけど、アニアのライオンのフィギュア。妻にはめんべいと、おつまみ。
 
キキララのボールペンは妻が一瞬で破壊してしまい(後で直した)、シュシュはライオンが嬉しかったみたいで、ずっと「ガオーだよ」と言いながら歩き回っていました。

博多二日目

  • 2019年01月17日
朝7時博多駅前集合、車で仕事場に移動し、チャカポコと仕事。

仕事中ふと空を見上げると完全にオシリの形をした雲があったのでオワーおしり!と思った。そのまま写真を撮りたかったけれど、取引先の人もいたので我慢。シレーッとした表情でおしり雲を睨んだ。

15時頃に仕事を終え、一旦ホテルに戻って資料作り。夕方から出かけてサンリオショップを3件はしご。プリキュアのお店にも行った。そこでネーネーとシュシュのお土産を買う。

その後上司らと待ち合わせをして、天ぷらを食べる。

ホテルに戻ってひたすら原稿作業。


今日も信じられないくらいボロいホテルです。(ウワァーと叫ぶオッサンはいないけど、部屋がくさい)

九州へバビュン

  • 2019年01月16日
16時に仕事を終えて一旦帰宅、マッハで洗濯物を取り込んでごみ出しをして子ども達に置手紙を書いてマッハで移動。新幹線で博多へ。

移動中はひたすらブログ記事をパチパチ。マッハでタイピングして鬼のように記事を書いた。

博多に20時頃到着し、マッハでチェックイン。荷物を置いたらマッハで博多駅前を歩いてごはん屋を探した。しかし飲み屋ばかりで、ひとりでごはんを食べられるお店がなかなか見つからず、ラーメン屋さんへ。

外観が汚いお店は美味しい、そのセオリーに従ってオンボロなお店に入ったら、めちゃくちゃ不味かった。くっさいラーメンをマッハで胃袋に流し込み、マッハでファミリーマートに寄り道してホテルへ。マッハでお風呂に入ってマッハで梅酒を飲んでいると家族からテレビ電話があったので、マッハ応答。

画面越しに見る家族は、いつもにも増して愛おしい。感極まっていると、画面のフィルター機能?が発動して、僕の顔が女の人になった。子ども達は大爆笑。つられて大笑いしていると、シュシュが勢いで通話を切ってしまった。寝る時間だったということもあり、それでおしまい。マッハ通話だった。

その後ファミリーマートで買った生野菜をボリボリとかじりながら原稿を描いた。
全体的にマッハ感に満ちた一日。


ホテルは絶望的にボロくて、オッサンの「ウワァー」という声が定期的に聞こえてきます。

いきつけクライシス

  • 2019年01月15日
今日は4時起きで原稿作業。ぶりぶり描きまくる。

いきつけ宣言したカレー屋さんが、早くも「いきつけ危機」に晒されている。というのも、人気が出てきて行列をなすことが増えてきたのです。昼休憩時間に限りがある以上、いつまでの並ぶわけにいかないし、店の前まで行って諦めることばかり。
 
今日はたまたま入れたけれど、中で何かの取材を受けていたのでまた人気が出ることでしょう。ああ、無常。
 
もしかしたらお店に入れるのは今日が最後なのかもしれないと思いながら食べた牡蠣のカレー、とっても美味しゅうございました。
 
名残惜しくてお皿をペロペローっとなめたいくらいだったけど、また会えることを願って我慢我慢。

一蘭

  • 2019年01月14日
お昼、家族で初めてラーメン屋に行った。子どもができてからすっかり足が遠のいてしまったラーメン屋。もうそろそろいいかしらと思い、一蘭に行った。
 
あまりに久しぶりすぎて僕も妻も異様なテンションになってしまい、つられて子ども達も異様なテンションになって一蘭に突入した。
 
子ども達は今から何が起こるのかとワクワクしており、ラーメンがテーブルに運ばれてきた時はワーっと大騒ぎだった。豚骨ラーメンは細かい仕様を自分で決めるシステムで、僕はにんにく1/2、ねぎは青ねぎ、スープは濃い目でオーダー。美味しゅうございました。(ちなみに子ども用ラーメンはスープが薄めで、麺が柔らかかった)
 
その後スイーツ食べたいよねという話になり、マクドナルドが隣接するトイザらスへ。アイスクリームを食べた。
 
夜、シュシュが動物図鑑のオランウータンを見て「おちゃちゃんたーたん」と言っていた。今までは、オランウータンを見て「パパ」と言ってたので、大成長です。

ハシビロちゃん

  • 2019年01月13日
朝、ネーネーと早起きをしてRyuheiまでパンを買いに行く。

このお店は室温と湿度が高いので、冬にお店に入るとメガネが真っ白に曇る。真っ白になった僕のメガネを見て、ネーネーはいつも大笑いする。目の前が見えずあたふたする僕に、ネーネーはトレーとトングを渡してくれる。
 
パンを食べたらプリキュアの時間。いよいよラスボス戦が始まり、物語はクライマックスに突入した。過去の敵たちが味方になり、ともに戦うシーンはこみあげるものがあった。残すところあと2回。切なすぎる。
 
シュシュがアニアのハシビロコウのフィギュアをあまりにぞんざいに扱うので、一度実物を見て気持ちを改めてもらおうと思い、家族で神戸どうぶつ王国へ行った。以前行った時はわりと空いてたイメージがあったので、フワァ~と気楽な気持ちで行ったら駐車場パンパン!臨時駐車場の一番奥になんとか停める。
 
入場してすぐにピューマとプレーリードッグがいた。子ども達も大興奮で、その間に僕は休憩スペースにササッと移動して、昼食の場所取り。無事確保できたので皆を呼びに行き、まずは昼食。その後かばを見て、鳥のエサやりをして、なんじゃかんじゃ動物を見た。
 
そして肝心のハシビロコウについては、あんなに大きいと思ってなかったようで、シュシュは「とわい…(怖い)」と言って、抱っこされている妻の服をギュウっと握りしめていた。後は職員の肩に乗っていたオウムが人みたいな声で「アーーッ!」と叫びまくっていて、シュシュはこれも「とわい」と言っていた。僕もちょっとこのオウムは怖かった…。
 
その後やたらイケメンなアルパカを見たり、シカを見たり。最後にラクダを見てシュシュに笑顔が戻った。ラクダありがとう、と思った。
 
夜、ハシビロコウのフィギュアは相変わらずペッと床に放置されていました。

名古屋

  • 2019年01月12日
仕事で名古屋まで。新幹線の3人掛けシートで、優雅にパソコンをパチパチしながら向かおうと思ったら、座席がギッチギチに埋まっていた。

隣の席の人の荷物が僕のエリアまで侵入してきており、身体をナナメにしておく必要があってパソコンできず。無理な体勢のままタブレットで「ふたりはプリキュア」と「約束のネバーランド」を観る。1時間弱身体を左ナナメに倒していたせいで、名古屋に着く頃には脇腹がビクつく。
 
仕事を夕方終えて、マッハで帰宅。お昼はコンビニ弁当だったし、名古屋らしいことは一個もしてない。
 
あ、そういえば名古屋駅前の巨大な永沢くんの頭部みたいなモニュメントがもうすぐ撤去されるらしいので、写真を一枚撮ったんだった。(名古屋らしいこと)

夢の話

  • 2019年01月11日
ネーネーは夢を見た日、その内容を教えてくれることがある。結構はっきりと記憶しているので感心してしまう。

昨日は友達の家でお化粧をしたそう。まず口紅を塗って、次にほっぺをチュンチュンして(恐らくチークのこと?)、ほんでお家に帰ってママに見せてん、と言っていた。お化粧をしている間、その家の子はお父さんと一緒に公園に遊びに行っていて、仲良しのAちゃんと家に残ってお化粧したんよ、とのこと。

ついにお化粧に興味を持ち始めたか。

ちなみに僕は夢の中で最終形態のフリーザ(ドラゴンボールZ)と戦ったことがある。悟空とフリーザの戦いを遠巻きに眺めていたら、悟空の瞬間移動の力でバシュンとフリーザの目の前に飛ばされて、怖すぎて絶叫しながらフリーザをビンタした。その時の、右手に触れた生々しい感触や頬の温度を今でもはっきりと覚えている。

そのビンタでフリーザを倒し、僕に感謝の言葉を告げた悟空はピューッと飛んで帰っていき、荒野にひとり取り残されて絶望するという悲惨な夢の終わりでした。

言葉の輪郭

  • 2019年01月10日
シュシュの言葉の輪郭が、はっきりしてきた。「あれい」だったカレーは「カレー」と言うようになり、「ぽっぽりーしゃん」だったブロッコリーを「ブロッコリー」と言う。こうした成長は素直に喜ばしいけれど、やっぱり心のどこかで寂しい気持ちもある。家の中で宝物のように持ち歩いている「ててちのおいす」(お風呂場の椅子で、手を洗う<我が家ではこの行為のことを「ててち」と言う>時に踏み台にしているもの。これを右手に持って家をウロウロしてる)のことも、きっといつか忘れてしまう。僕たちにできることは、記憶にしっかりと刻んでおくことだろう。

妻の帰りが遅かったので、3人でお風呂に入った。先にシュシュを洗い終わってからネーネーが合流する流れで、シュシュを洗っている間ネーネーはサンリオのビデオを見ていた。ポチャッコのお誕生日会の話。

お風呂に合流した後どんなお話だったか教えてほしいと聞くと、あんな、ポチャッコがお友達の家に遊びに行っても誰も家に入れてくれへんねん、ほんでポチャッコが落ち込むねんけど、実はみんな家の中でポチャッコのバースデーケーキを作ってて、お祝いすんねん、と教えてくれた。ネーネーはよく「ほんで」という言葉を使う。僕はそれをとても気に入っている。特に一生懸命お話している時によく出てくる言葉。

サンリオのビデオは、過剰な演出もなく、どんでん返しもなく、バッドエンドもなく、安心して観ることができる。値段も高くないし、集めちゃおうかしらね。

サンリオ

  • 2019年01月09日
サンリオオンラインショップで新春セール。

朝からサイトが繋がらず。夕方帰宅前にやっと繋がり、クロミちゃんのブルゾン、シナモロールのルームウェアとポチャッコのあったかソックス、シナモロールのファイルを購入。最近散財しすぎてお金が無いので我慢していたんだけど、セール(半額)と聞くと買わずにはいられなかった。

早よ届いてほしい。

アニアちゃん

  • 2019年01月08日
クリスマスにシュシュがサンタクロースからもらったアニアのフィギュアはゾウ・キリン・カバ・ワニの4体。その後僕が買ってきたハシビロコウ(シュシュは「あひるしゃん」と言う)とプレーリードッグ、それにパンダとシマウマも追加されて、全部を透明な袋に入れて大切そうに持ち歩いている。袋はジッパー式で、それが閉まっていると「あたない!(開かない)」と怒るので、開けたまま。なので、シュシュがうろうろ歩いているうちに動物たちが袋から落ちて行方不明になる。

現在8体いるはずの動物はすでに5体になってしまった。ハシビロコウとプレーリードッグとキリンがいない。シュシュもソファの下やらテレビ台の下やらを探し回っているけれど、見つからない。大人は真剣に探しているけれど、探し物をしている時の子ども達はどこか楽しそう。


個人的にはハシビロコウが気に入っていたので、わりと本気で探しています。アイミスユー。
生活について