生活について

シンゴジ

  • 2017年11月13日
テレビでシン・ゴジラが放映されたようで、SNSで話題になっていた。映画で見たのが去年の夏。それより前に映画館でパシフィック・リムを見た時に、生きているうちにこれ以上に素晴らしい映画を見ることはないだろうと思っていたので、シン・ゴジラを見た時は本当に感激して「この時代に生きてて良かった~!」と涙が出た記憶がある。

昔はこういう素晴らしい作品に触れると、なんで自分はこの作品に関わることができなかったのだろうという悔しさのような感情が起きたものだけれど、最近はそういう欲みたいなものがすっかり無くなって、純粋にいろいろなものが楽しめるようになった。そう考えると、年を重ねるのも悪くないわねえ、なんて思う。

ジードちゃん

  • 2017年11月12日
ウルトラマンジードの第19話を見た。最近のウルトラマンは20話ちょいで終わるパターンが多いので、もうすぐ終わっちゃうのかな。寂しいなあ。ジードの変身形態で一番好きなのはソリッドバーニングなんだけど、戦闘シーンで使うCGが多いせいか、あんまり出番がないのが残念。

それと並行して仮面ライダーオーズも見ているんだけど、これまた最高に面白い。いま20話くらい見たところで、伊達さんというEXILEにいそうな人が仮面ライダーバースに変身している。この変身する時の「ポコッ」という音がとても心地よい。バースは見た目も格好いいし、推せますなあ。

伊達さんはいっつもおでんを食べていて、オーズを見ると無性におでんが食べたくなります。おでんおでん。たまごと大根とおいもが好きでやんす。

どんぐり

  • 2017年11月11日
新しい連載の打ち合わせのため、13時に茨木駅前の喫茶店ぶいえいとへ。今回の連載で担当してくださるMさんは同い年で子どもの年齢も近いことから、雑談に花が咲いた。あと趣味で楽器をしてらっしゃったので、過去のバンド遍歴の話などもちょこちょこと。最後はビシッと打ち合わせをして、1時間ほどで解散した。良い連載になるよう、ちゃんと準備しておこう。

家に帰ってから、ネーネーが拾ってきたたくさんのどんぐりを煮沸消毒して新聞紙に並べた。お湯に浮き上がってくるどんぐりには中に虫が入っていたりするそうなので、思い切って捨てる。選りすぐりのどんぐりを新聞紙の上に一粒ずつ並べた。最後にその部屋の電気を消す時に、一緒に作業をしていたネーネーが「どんぐりさん、おやすみなさい」と言っていて微笑ましかった。

朝起きたら部屋中が森のにおいになっていました。とても良いにおい。

ジード漫画

  • 2017年11月08日
バンダイビジュアル絡みで依頼をいただいていた漫画が公開された。自分にとってBANDAIは神様のようなもの。そこに関わらせていただけたことはもう、光栄の極みでしかない。この依頼がきっかけでウルトラマンにハマったのもあり、とても楽しい気持ちで漫画を描かせていただいた。もっともっと描きたかったくらい。

ビルドきました

  • 2017年11月07日

なかなか心を預けることができずにいた仮面ライダービルドに、突然ビタビタッ!とハマった。きっかけは、ナイトローグという敵キャラの変身シーン。銃を撃ちながら回転して放たれる煙幕、電撃とともに登場するナイトローグ、極めつけの花火パーン!SEも相まって、とてつもなく格好良い変身シーンになっている。こういう感じで何かひとつでもハマる要素があれば、後は身をゆだねて沼にズブズブとハマっていくだけです。ハマりすぎて、変身グッズを速攻買いに行きました。

ネーネー4歳(早い!)の誕生日プレゼントは自転車。なかなか上手に乗れないけれど、よほど嬉しかったのか公園から家までずっと自転車を押して歩いていて、こちらまで嬉しい気持ちになりました。

セカオワ

  • 2017年10月23日
ウルトラマンジード第16話「世界の終りがはじまる日」を見た。ついに宇宙から地球に降り立った悪のウルトラマン、ベリアル。そこからの息子ジードとの戦いシーンは最早芸術だった。登場シーンや戦闘シーンのカメラのアングル、泥の中で戦う中で泥まみれになり黒く染まっていくジード、ベリアルの体内に取り込まれるジード、それをただただ見守る事しかできない民衆。圧倒的な絶望。そこに流れるナレーション「この日、世界から希望が消えた」。この番組を制作するあらゆる人々のこだわりが詰め込まれた、とてつもないインパクトを受けた映像だった。

どうしよう、ジードのおもちゃ欲しくなってきた。ユーゴゥ!アイゴゥ!ヒゥイアゴーウ!って言いたい。

大破

  • 2017年10月21日
傘を2本大破させてしまった。1本目は普通のビニール傘。なんか閉じにくかったので、フルパワーで無理やり閉じたら、コントに出てきそうな傘の形になった。バキバキだった。もう1本は折り畳み傘。雨が止んでいたので、自転車のかごに入れていたら、運転をミスって家の壁に激突した際に傘が90°曲がった。現代美術品として六甲ミーツアートあたりに出展できそうなほどに美しい直角ぶりだった。
気を付けよう。

ジード

  • 2017年10月20日
ウルトラマンジード、現行放送済分(15回分)を全部見た。

第8話「運命を越えて行け」が神回すぎて、電車の中でめちゃくちゃ泣いた。さえないサラリーマンの伊賀栗レイトが、ある日ウルトラマンゼロと融合することになり怪獣たちとの戦いに巻き込まれるんだけど、圧倒的な怪獣と戦った時の恐怖から家族とともに街を逃げ出そうとする。しかし、その時に娘が「ウルトラマンがきてくれるから大丈夫だよ」と家族に言うのを聞いて、正義の炎を再度たぎらせるレイト。家族を抱きしめて「…こんな頼りない僕だけど、やっぱり守りたいんだ。キミ(妻)も、マユ(娘)も、キミの好きなこの街も全部…。だから祈ってて。ヒーローの復活を…」と告げ怪獣のもとに向かうシーンでめちゃくちゃ泣いた。ここから再びウルトラマンゼロに変身するシーンまでのくだりが最高すぎて、泣きまくった。変身後の「俺はウルトラマン…ウルトラマンゼロだ!」というセリフに思わず「待ってたよー!」と叫びそうになった。

さえないサラリーマン姿を自分の姿に重ね合わせて見ていたので、大切な人のために勇気を出して怪獣に立ち向かう姿は本当に感動した。自分もレイトと同じ立場になったら、やっぱり怖くて怪獣から逃げてしまうだろうけれど、最後はレイトと同じように家族のために戦うことになると思う。そうなった時は、怪獣に思いっきりビンタしよう。

ウルトラマンは撮影アングルとか演出に細かいこだわりがあって、ウルトラマンの歴史が培ってきた遺伝子が脈々と受け継がれているのが分かるのでシビれます。

魚眠荘

  • 2017年10月17日
魚眠荘という旅館に泊まる夢を見た。場所はロシア。日本へ帰る日に空港で魚眠荘にリュックを忘れてきたことを思い出し、ひとり魚眠荘へ戻る夢だった。慣れない国で、案の定途中で自分の現在地が分からなくなり、全然知らない駅のホームで叫んでいる夢だった。

魚眠荘って、ロシア感ゼロの名前ですね。

福岡二日目

  • 2017年10月15日
朝、妻と別れてネーネー&シュシュと一緒にアンパンマンミュージアムに行った。子ども2人を連れていくのはなかなか大変だったけれど、福岡のアンパンマンミュージアムはとにかく最高だった。神戸より広いし、着ぐるみのキャラクターがいっぱい歩いてるし、あとはショーが良かった。アンパンマンのテーマソングのトランスバージョンみたいなアゲアゲな曲をバックに、アンパンマンがお客を煽りまくり、子ども達のテンションは最高潮だった。自分もテンション上がって思わず「ヒュ~!」と叫んだ。その後ドキンちゃんのお店でサンドウィッチを食べて、ミックスジュース屋さんでジュースを飲んで、おみやげも買って、僕が推しに推しているホラーマンも生で見れたし、ネーネーは大好きなコキンちゃんと写真を撮れたし、シュシュもショーの時はとても楽しそうにリズムを取っていたし、楽しすぎた。案の定、子ども達はここで全体力を使い果たし、爆睡。

そのまま博多に戻り、博多駅の屋上へ行った。ここは小さい電車に乗れたり縁日があったりと、個人的に楽しみにしていたのだけれど、雨のため全て中止。ネーネーはベビーカーで爆睡、シュシュは抱っこ紐で爆睡していたので、休憩スペースにあったソファに座った。座った瞬間、疲労の波が押し寄せてきて、無の表情でひたすら佇んだ。 

3時過ぎに妻と合流、お土産やお弁当を買って、16時半発の新幹線に乗って大阪へ帰った。帰りの新幹線では子ども達も疲れてワチャワチャしていて、家に帰ったらすぐにお風呂に入って寝ました。

福岡初日

  • 2017年10月14日
日曜日に妻の友人の結婚式が福岡で開催されるため、一家で現地入り。昼過ぎの新幹線に乗り、夕方博多に到着した。雨の降る中、駅からホテルまで徒歩7分の道のりを僕がナビをミスったせいで20分くらい歩くことになった。妻に謝ると「こういうハプニングも含めて楽しむのが、旅行っていうもんよ」と笑っていたので、良い人~!と思った。

ホテルにチェックイン後、キャナルシティで晩御飯を食べてウルトラマンショップに行った。最近ウルトラマン関連の原稿依頼があり、その関係でウルトラマンジードを観たら、見事にハマってしまった。仮面ライダーとはまた違う素晴らしさ。分かりやすい人間ドラマと、重厚感のある巨人と怪獣の対決。変身シーンも現代風で、これはこれで格好良い。特に、悪のウルトラマンである、ウルトラマンベリアルの造形が最高に格好良い。ジードはベリアルの息子が主人公なんだけど、悪に染まらず正義を貫いていて、見ていて爽快。仮面ライダービルドに気持ちが入らない分、現在はジードに情熱を燃やしている次第です。

妻には「これから怪獣のフィギュアをめちゃくちゃ買うんでしょう」と言われ否定したけれど、実はめちゃくちゃ欲しい。ウルトラマンは怪獣と戦い、私は物欲と戦います。

運動会

  • 2017年10月13日
雨のため延期となっていた運動会が無事開催された。去年は運動会の日に熱が出てしまい欠席したので、今回がネーネーにとって初めての運動会だった。天気よし、座席よし(最前列)、ネーネーのコンディションよし、最高の運動会日和。

運動会が始まって、ネーネーはキョロキョロと僕たちを探していて、見つけた瞬間少し恥ずかしそうにニコッと微笑んだので、心のシャッターを連写した。ダンスや障害物競走やリレーと出番も多く、ネーネーの活躍ぶりに僕も妻も終始超笑顔だった。

親子競技でネーネーとスタンバイしている時に、ネーネーが前を見つめたまま「パパが来てくれてうれしい。(親子競技を)パパと一緒にできてうれしい」と言うので、それはこっちのセリフー!と思った。思ったと同時に、燃えた。やはり子どもにとって、少しでも格好良い父でありたい。おとうちゃんは運動ができるんだぞということを知ってもらうため、ネーネーをおんぶしてめちゃくちゃ走った(10mくらい)。ネーネーは僕の服をギュッと握っていて、遠くを見ると妻とシュシュが応援してくれていてそれがあまりに美しい光景で、走りながら小田和正の「時をこ~えて~ きみを愛せるか~♪」の歌が頭の中で流れて泣きそうになった。良い運動会だった。

10mくらいしか走ってないのに、その後足がバキバキになりました。

立命館

  • 2017年10月09日
天気の良い日。昼前にネーネーと立命館大学の公園に行った。先にテラスでパンを食べて、ひたすら遊んだ。途中、音楽教室で同じクラスのYさん親子とバッタリ。教室では顔なじみだけど遊ぶのは初めての子ども達。互いに刺激し合い、楽しそうに遊んでいました。

子ども達が遊んでいるのを見守りつつ、Yさんといろいろお話した。Yさん一家とは何かとご縁がある。書籍が発売された時のキャンペーンでYさんが当選されたことがきっかけで知り合い、子どもの音楽教室で再会し、こうして仲良くさせてもらっている。とてもありがたいお話。

今度遊びに誘ってみようかしら。

  • 2017年10月07日
妻とネーネーが作った可愛いらしいてるてる坊主が我が家の窓際にぶら下がっている。加えて保育所には特大のてるてる坊主。しかしながら願いは叶わず、朝からシトシトと雨が降り、保育所の運動会は中止となった。みんな楽しみにしていただけに、残念。

ネーネーと妻は昼から音楽教室に行き、シュシュと留守番。ひたすら見つめあった。

一日中家にいたので、夕方ネーネーと外出。うどんを食べてピュッと帰宅。その後、漫画のラフをシュシュッと描いた。

エキサイッ エキサイッ

  • 2017年10月01日

ずっと楽しみにしていた、仮面ライダーエグゼイドのファイナルキャストショーを見に行った。イベントは9時半開場で、オリックス劇場に到着したのが9時前。すでに長蛇の列ができていた。のんびり構えていたのだけれど、入場後にグッズを買う列にまた並ぶ必要があるため、皆早い時間に来ているようだった。子ども達は2割程度で、後は大人ばかりだった。大人たちが早朝のオリックス劇場前の公園に静かなる狂気を秘め並んでいた。(私も含めて)

9時半開場。グッズの列は通常のグッズ販売列と握手券付グッズ販売列の2種類あり、速攻握手券付列に並んだ。パンフレットとサイリウムを購入し、座席に着いたのが10時前。座席指定については抽選で決められ、運悪く2Fの最後列になってしまいどうなることやらと思っていたけれど、思っていたより近い!余裕で見える!

10時15分頃、開演。まずは仮面ライダーショーをやるのだけれど、キャストも出演したりレーザーや煙の演出もすごくて、とても良いショーだった。仮面ライダーが新しいフォームに変身したり、キャストが出てくる度に「ウオー!」「キャー!」と悲鳴にも似た歓声が起こり、僕も叫んだ。一番推している仮面ライダーブレイブタドルレガシーが出てきた時、涙がポロポロ出てきた。そこからはずっと泣いてました。

1時間ほどでショーは終了、休憩をはさんで後半はキャストのトークショー。この日のために購入した双眼鏡で推し(瀬戸利樹さん)をめちゃくちゃ見た。右手でサイリウムを振り回しながら左手で双眼鏡を持ち、かなり忙しかった。瀬戸さんは話を振られていない時は口をヒヨコみたいな形にしていた。瀬戸さんはトークはあまりお上手ではなかったものの、イベントを楽しんでおられる様子で笑顔を弾けさせており、心がほっこりした。トークまわしは仮面ライダーレーザーの人(劇団EXILE)がダントツでお上手で、場の雰囲気を盛り立てて下さっていた。回転変身も見れて良かった。あとは檀黎斗役の人が劇中そのままのキャラクターでトークされていてとても良かった。今日はファイナルキャストトークショーということで、キャストの方々にサヨナラを言いに来たつもりがますます好きになってしまい、もう一生応援しようと思った。エグゼイドは作品自体も、それを支えるキャストの方々も本当に最高でした。

イベント終了後、握手会。仮面ライダーブレイブタドルレガシーとエグゼイドムテキゲーマーとクロノスの3人と握手した。仮面ライダーブレイブタドルレガシーと握手できたことが嬉しくて、四ツ橋駅に向かう帰り道で泣いた。一生の思い出に残るイベントだった。

帰りはトマトラーメンを食べて帰宅。休みの日に快く送り出してくれた妻には感謝しかありません。

クララが立った

  • 2017年09月26日
ズリバイで毎日家中を動き回っていたシュシュがついにつかまり立ちをしたという知らせが妻から届き、職場で「おお!」と声を上げた。

我が家の歴史的な一日。

にっちょうび

  • 2017年09月24日
実家へ。ネーネーはじいちゃんばあちゃんにたくさん遊んでもらい、シュシュも興奮していたのかお昼寝なしで動き回っていた。晩御飯にネーネーの大好きなかぼちゃのサラダが出てくるということで、ばあちゃんと一緒にサラダ作り。晩御飯の時にはそのサラダを2.5人分食べてはりました。

最近は実家で子どもをお風呂に入れてパジャマに着替えさせて帰るようにしている。(車で寝て朝まで起きないから)

今回も夕方お風呂に入ったんだけど、ネーネーのひざを擦りむいたところに水が沁みるらしく、「おひざにお水をつけないでお風呂に入る」というので、あれこれ試行錯誤した結果、僕がネーネーをお姫様抱っこをした状態でお湯に入れたり出したりして、腰がバキバキになった。

帰宅後、原稿作業。9月は暇になると思っていたけれど、そこから依頼が立て続けにきたこともあり、ありがたいことに今月末も締切に追われヒーヒー言うております。今は早くも、お正月関係の漫画を描いています。

イェンピェンメンミュージエンマ

  • 2017年09月23日
2週間ほど前に、ふとした拍子に幼児雑誌の付録のDVDをネーネーと見た。そこに収録されていた神戸にあるアンパンマンミュージアムの紹介映像を見てネーネーのアンパンマン心に火がついたようで、それ以来毎日のように「アンマンパンのお店に行こう」と誘われたので、今日朝イチで攻めた。電車で茨木から1時間くらい。妻はシュシュと別行動。

JR神戸駅から徒歩8分と書いてあったけど、実際は徒歩20分くらい。しかも、入場券を買うための列が1時間待ち。皆、鬼のような表情で列に並んでいる。今日は諦めようかなと思ったけど、ネーネーがこの日のことをとても楽しみにしていたし、電車に乗っている間もニコニコしながらアンパンマンの絵本を読んでいたので、このまま帰るわけにはいかなかった。1時間並んで、無事入館。先ほどまで「もう疲れた」「歩けない」と僕に抱っこされていたネーネーは、ミュージアムに入った瞬間、忍者のような俊敏な動きで遊び始めた。お客さんも多く、子ども達やそれを撮影する親達がみんな忍者のような動きで動き回るので、シャドーボクシングをする人のような動きで避けまくりながら、ネーネーの後ろ姿を追いかけた。写真も連写しまくり。

お土産はネーネーの大好きなドキンちゃんのブロックを買って(僕は推しのホラーマンマグネットを購入)、1Fの休憩コーナーでお弁当を食べた。休憩コーナーの近くに、DVDで見たジュース屋さんとジャムおじさんのパン屋さんがあったので、それを見たネーネーはあっという間にお弁当を完食。ジュース屋さんでいちごのジュースを買い、ジャムおじさんのお店で赤ちゃんマンと食パンマンのパンを買い、そのままハーバーランドの海の側のベンチで食べた。

ハーバーランドから駅までの道のり、僕が妻にお付き合いを申し込んだベンチがあったので猛烈にエモい気持ちになって立ち尽くしていると、ネーネーが「早く行こう」と僕の手を引っ張って、その小さな手のぬくもりも、このあたたかい毎日も、全部この場所で勇気を出して告白したからこそなんだよなあと思うとめちゃくちゃ泣けてきて、神戸駅まで半泣きで帰りました。

帰宅後、今日一番楽しかったことは何?と聞くと、「いちごのジュースを飲んだこと。めっちゃおいしかった」との事でした。

カリスマホスト&万博

  • 2017年09月18日

昨日の夜は21時頃に寝てしまい、朝4時に目が覚めた。YOU TUBEで映像を流しながら漫画のラフを描いた。ランダム表示にしていたら途中からカリスマホストの密着番組が映り、映像に釘付けになった。自分とあまりにかけ離れた世界のことであり、色々と衝撃的だった。

現在の歌舞伎町ナンバーワンホストは、見た目はチャラいというよりもフェミニンで美しい感じの方なんだけど、接客方法がかなりオラついていた。お客さんの隣に座るなり伝票をチェックして、「何この伝票。伝票で俺への愛を見せてよ」と高額の注文を促していた。ご自身の誕生日イベントの日には一夜にして1000万円使ったお客もいた。メルカリで100円単位の値切り合戦を繰り広げている自分の世界とあまりにかけ離れていた。また別の番組では、ナンバーワンホストの家に突撃取材する企画があり、家賃がウン十万する高層マンションに住むホストの家が映されていた。途中、冷蔵庫の中を見るシーンで牛乳がバーン!とめちゃくちゃに飛び散ってて笑った。

台風一過。とても天気が良かったので万博公園へ。ゴールデンウィークぶりだったので、ネーネーはとても嬉しそうだった。シュシュはマイペースに赤ちゃんせんべいを食べていて、その挙動があまりに可愛らしく皆えびす顔になった。人もあまり多くなく、子ども達のペースでたくさん遊んだ。

ネーネーに「ポーちゃん(太陽の塔のこと)はいつも手を広げてるけど、どうしてだと思う?」と聞くと「知らん」と言われてしまい、「ですよね」と思いました。

ビルドちゃん

  • 2017年09月17日
仮面ライダービルド第3話放送日。変身ベルトは買ったけれど今の所、気持ちは入っていない。作品云々というよりも、前作品からの流れによる影響も大きいのかな。仮面ライダーゴーストが個人的にはズッコケ作品で意気消沈していたところにエグゼイドが始まって、脚本もキャストも最高だったのでめちゃくちゃハマったけれど、今回はその素晴らしきエグゼイドの後作品であり、まだまだ僕はエグゼイドの余韻に浸っている状況なのです。そして10月あたまにはエグゼイドのキャストトークショーに行くので、なかなかビルドに心を持っていけない。推しのキャラクターができればハマるんだろうけれど、今の所おらず。

ただ、最後に出てきたファウストはビビビビーッ!ときた。頭にちくわみたいなのが刺さっている点を除けば、配色・造形ともにとても好みです。

雨ザーザー

  • 2017年09月16日
雨の土曜日。台風が迫ってきており、雨風がビュービュー吹く中カッパを着てネーネーの音楽教室へ。こちらはワーワー大騒ぎをながら自転車を漕いだけれど、ネーネーは後ろの席で「雨って楽しいね」と言いながら鼻歌を歌っていた。音楽教室では眠たいのか機嫌があまり良くなく、タンバリンを叩く練習の時も「パパが叩いて。見とくから」と塩対応だった。

帰りはまたカッパを着て自転車爆走。ネーネーはいつの間にか自分でカッパを脱いで全身が濡れていて、驚いていると「プールに入ってるみたいで楽しい」とのこと。雨の日の送迎は大変だけど、ネーネーのおかげで楽しい気持ちになりました。

日曜日

  • 2017年09月10日

仮面ライダービルドはリアルタイムで見れず。というのも、最近こういう番組を見ているとネーネーが悲しい顔をして「やさしいテレビを見よう?」と言うので。というわけで相変わらず我が家ではおかあさんといっしょばかり見ています。

10時頃に家を出て、高槻の自然公園へ。妻とネーネーが遊んでいる間、シュシュと木陰で待機。ひたすらシュシュと見つめ合った。30分ほどして妻と交代。汗だくになりながら遊んだ。

その後、お昼時間を過ぎていたので、バーミヤンをかましてエディオンへバリカンを買いに行く。おもちゃコーナーで”今回はもうさすがに買わんとこうかな…置き場所も無くなってきたし……”と思いながらジーッと仮面ライダービルドの変身ベルトを見ていると、妻が「買っちゃいな」と言ってくれたので光の速さで購入した。超笑顔で購入。

帰宅後ベルトで遊び(シュシュが怖がって泣いちゃったので早々に終了)、お風呂場で妻に髪を切ってもらう。バリカンでジョリジョリと刈ってもらった。妻が「後頭部が階段みたいになっちゃった……」と言っていたけれど、個人的には良い感じだと思う。これからもバーバー妻にはお世話になります。

刈った毛をそのまま流したので、排水口の蓋を開けて見たら髪の毛がみちみちで美川憲一の髪型みたいになっていたので、妻に「排水口が美川憲一の髪型みたいになってる」と言ったら爆笑したので、つられて一緒にゲラゲラ笑いました。

土曜日

  • 2017年09月09日

午前中はブリブリと掃除。結局先日プレゼンしてもらった大型案件は他の作家に流れてしまったので、9月はのんびり健康的に過ごせそう。くやしいけれど、今自分にできることをしっかりやっていきましょう、という感じです。

昼から妻はシュシュと出かけて、僕はネーネーの音楽教室。いつもは控えめなネーネーが今日は絶好調で、大きな声で歌を歌えてました。エレクトーンを弾く時に僕も楽しい気持ちになってきたので一緒に弾こうと思って手を伸ばしたらパシッ!と叩かれて小さな声で「ネーネーが弾くのよ」と言われたので、シュンとなった。

音楽教室が終わったら、イオンまで自転車をぶっ飛ばし、アイスクリームを食べた。「パパはアイスの食べ方が上手やね」と言われた。ネーネーも上手ね、と言うと「そうでしょう?うふふ」と笑っていた。

そのまま図書館に行こうと思ったら、ネーネー自転車で爆睡。家に帰って、部屋の片づけ。夕方、妻とシュシュ帰宅。ごはんを食べてお風呂に入って、20時頃に全員就寝。

両口屋是清

  • 2017年09月04日
「両口屋是清」というお菓子屋さんに家族で行く夢を見た。古い駄菓子屋のようなたたずまいで、棚の奥にデッドストックのトランスフォーマーが当時の価格で売られていたので、一旦帰宅後ひとりで訪れて玩具を買い占める夢だった。

朝起きて、お店の名前を検索してみると実在する和菓子屋さんの名前だったので驚いた。どうしてこの名前が夢の中で出てきたのだろう…と思いながら、通勤電車で「まじかる☆タルるートくん」を読んでいると、両口屋是清という名前のキャラクターが出てきて、あっ、この人の名前か、となった。

タルるートくんを久しぶりに読んでますが、とても良いです。江川先生が読者の質問に真摯かつユーモアを交えて答えてらしたり、先生が子ども時代に描いていた漫画が載っていたり、巻末ではアイドルが応援メッセージを寄せていたりと、コミックスならではの良さがモリモリです。

ちびまる子ちゃんもコミックスには秀逸な読み切り作品が掲載されているので、とっても良いです。

ビルド

  • 2017年09月03日
すっかり秋。9月はとんでもなく忙しくなるか、暇になるか、来週中に決まる感じです。そのプレゼンのためのイラストをこちょこちょと仕上げる。

仮面ライダービルドが始まった。今回の作品は、俳優陣がなかなか仕上がっている感じがする。ライダーキックの演出は奇抜ではあったけれど、他の演出についてはニクい所を突いてきてます。脱獄犯役の人は仮面ライダーアマゾンズに引き続きの出演。前にも書いたけど、今回はライダーに変身してほしいなあ。

夕方、ネーネーが「ママのピアノのDVDを観たい」と言う。これは妻の小学生時代のピアノの発表会の映像のことで、もう何回か見たことあるやつやし、せっかくなので……と思い、僕の大学生時代やっていたバンドのライブ映像を見せたら「こんなん見たくない!ママのやつ見せて!」と大号泣。というわけで、妻の発表会のDVDを見た。それが終わった後に、もう一回僕のライブ映像を再生したら妻が「お、見せて見せて」と来たので家族全員で見た。

妻は40秒くらい見てすぐにどっか行ったし、シュシュも妻をおいかけて行っちゃうし、ネーネーはつまんなさそうだったし、えっ、みなさん興味なさすぎ、と思った。MCではとんでもなくサムい発言をしていたし、この映像はもう封印しよう……(遠い目)。

留守番

  • 2017年09月02日
妻が久しぶりにお出かけ。まったくひとりで出かけるのなんていつぶりだろう、1年ぶり?というくらい久しぶり。玄関で鮮やかに手を振って出かける後姿がとても眩しかった。

子ども2人との長時間の留守番は初めてだったので、どうなることやらと身構えていたけれど、ネーネーがたくさんお手伝いをしてくれたおかげで、とても平和に過ごせた。クッキー作りは、火を扱う作業以外は全部ネーネーがやってくれた。クッキーはボワボワに膨らんでしまったけれど、味はとても美味しくできた。美味しい美味しいと2人で夢中になって食べる姿を、シュシュがにこにこ微笑みながら眺めていて、何この優しい世界!と叫びそうになった。

夕方、妻が帰ってきたので「ひとりで出かけてみてどうだった?」と聞くと「世界がキラキラして見えた」と、超笑顔。良い土曜日でした。

タコション

  • 2017年08月27日
エグゼイド最終回。5時に起きて、録画していた前回と前々回の放送分を見た。そして変身ベルトやガシャットのメンテナンスをしながら、心の準備を進めた。8時から、いよいよ最終回。終わり方もとても清々しい、最高な作品だった。ありがとうエグゼイド!(ちなみにネーネーはエグゼイドのことを「エズゲイゴ」と言ってました)

その後家の掃除などをして、ベランダプール。午後はネーネーと図書館に行った。ネーネーは図書館のことを「タコション」と言うので、最初「タコションに行こう」と誘われた時はたこ焼き屋さんのことかと思い混乱した。

図書館の絵本コーナーに行くと、まずはネーネーがシュシュに読みきかせをする絵本を3冊チョイス。2秒くらいでパッと取ってきたので驚いたけれど、どれも良い本だった。ネーネーの分も3冊。一応一度に借りれるのは3冊というルールにしていて(本当は20冊借りれるけれど、そんな事をしたら鞄の紐がちぎれる)、毎回ウンウンと悩みながら選ぶのが微笑ましい。こちらからもあれやこれや提案してみるけれど、なかなか基準が厳しいようで、ほぼ毎回却下される。が、今日は一冊ゴリラの絵本を見せると「それ、ええなあ」と言ってくれて採用となった。

夜はブルゾンちえみさんファンの妻の希望により24時間テレビを見た。その後、妻の前でブルゾンちえみさんのモノマネをしたら「アゴの動きが怖い」と言われました。

木曜日

  • 2017年08月24日
夕方からピュッと名古屋まで行き、ごはんを食べてピュッと帰阪。滞在時間3時間くらい。往復の道中で、仮面ライダーWの映画(SOPHIAの松岡さんが出てくるやつ)と仮面ライダーアマゾンズの最終回を見た。

アマゾンズはテレビシリーズと違い子どもたちがターゲットではないためか、絶望的な終わり方だった。龍騎以来のドヨヨンエンド。なかなかアツい演技を見せていたやんちゃくれ兄ちゃんは仮面ライダービルドにも出演するみたいなので、期待しています。彼はアマゾンズを見ていた時ずっと「この人をライダーにさせないなんてもったいない!」と思っていた役者なので、ビルドではライダーになってほしいな。あと黒崎隊長も良かったです。特に「イユ~」の言い方が。

家に帰ったら妻が両手を広げて足をまっすぐにして寝ていて(漢字の「十」みたいな感じ)、その脇に向かって子どもたちがそれぞれまっすぐになって寝ていて、3人の寝相が漢字の「木」みたいだったので、オオオッと思った。

ちょうど木曜日だったし、余計にね。

さっちゃん

  • 2017年08月22日

平賀さち枝さんのライフログ「キッチンについて」の文章というか、たたずまいというか、なんというのかわからないけれど、言葉の流れや空気感が気に入っていて、よく読んでいる。中でも特に印象的だった文章を引用させていただきます。

*****************

2017-02-28
夜、「くまのプーさん」観る。
プーさんが人知を超えてお気楽すぎるので、なかなか入り込めず、「うる星やつら」にチェンジ。が、ラムちゃんは可愛いけれど、喜怒哀楽がとても激しく、今日は観ていて疲れてしまったので、それも3本くらい観てやめて、結局「コジコジ」に収まった。

「コジコジ」はいつ見ても良い。
わかりやすく、りきみなく、希望もあって、真理がある。なんといっても、一人一人の個性がきらきら光っているし。

*****************

2016-11-12
尾道の港をしばらくうろうろしていた。昨日まで瀬戸内海をたっぷり堪能してきたけれど、さらにまだ尾道の海が見たい、という思いを抱いて来た。海はどこへ行っても、海だ、そうつくづく思った。
自分が18.19歳の頃、岩手の港の岸壁で、ココアを水筒につめマフラーをまき、TSUTAYAで借りてきたCDをひとりで聴くことだけが生きがいだった。その頃は海をとくべついいものだとは感じていなかったけれど、なんとなく心が落ち着くな、という思いがあったから、あったかい部屋の中で聴けばいいのにわざわざ寒い思いをして港の岸壁に通っていたんだと思う。この旅のあいだ、その頃のことをよく思い出していた。

*****************

2016-11-2
誕生日に母親からみじかいメール。ざっくりと、「おめでとう、より、あなたがいてくれてありがとう。わたしの喜びであり、支えであり、宝。あなたも将来子供に恵まれるといいね。」
人生でもらったメールのなかで、自分にとっていちばんダイナミックなメールだった。ひとしきり泣く。
母親からこんな言葉をもらえるなんて、歳はとるものだなぁ。
自分は、父と母が出会ってくれたおかげで、この人生をもらった。その小さな出会いがひとつあったおかげで、自分は、旅をしたり、歌を歌ったり、花を摘んだり、人を好きになったりができる。

*****************

9月には新譜を出されます。楽しみ楽しみ。

夏祭り

  • 2017年08月19日
近所の小学校の夏祭りへ。出店が20店くらいあり、とても楽しいお祭りだった。ネーネーはヨーヨー釣りで合計8個釣ってご満悦。とても涼しくて、食べ物をドカッと買って芝生の上にレジャーシートを広げて宴会をした。目を離すとシュシュが芝生を食べようとするので、割と気を抜けなかった。妻は焼きそばにフライドポテトにおにぎりにから揚げにコロッケにたこせんべいにと、とても良い食べっぷりだった。

妻は食べ物を食べる時に本当に美味しそうな顔をして食べるので、見ていて気持ちが良い。7年前(?)に出会った日はアイスクリームを2つ食べてはりましたのう。

エグゼイド映画

  • 2017年08月12日
昨夜に引き続き、ひとり時間をいただき朝イチで仮面ライダーエグゼイドの映画を見に行った。妻に対する深い感謝の気持ちを胸に、ポップコーンを食べながら見た。

映画は言うまでもなく最高だった。推し(ブレイブ)も大活躍で、とても興奮した。もうすぐ最終回を迎えるエグゼイド。近年稀に見る良作だったように思う。初めてガワを見た時は「なんじゃこりゃ……!」と思ったけど、とにかく脚本や演出、俳優が最高すぎて一瞬でのめり込んだ。

仮面ライダーには神回と言われる、それぞれ思い入れのある回というものがある。エグゼイドの場合は、間違いなく第38話「涙のperiod」。数年前に亡くなったブレイブ(推し)の恋人「小姫」のデータを敵が人質にとっていて(データから本人を生き返らせることができると言われていた)、一旦は悪の道に落ちたブレイブ(推し)が正義の炎を再び燃やしタドルレガシーへと変身するシーンは号泣ものだった。戦いの後に、消えてしまった小姫を思い涙を流すブレイブ(推し)を見て、また泣いた。

ちなみに余談ですが、鎧武の神回は第36 話「兄弟の決着!斬月VS斬月・真!」と第43話「バロン 究極の変身!」です。話が長くなるので、この話はまたいつかどこかで……。

映画の後、イオンのおもちゃコーナーに行き、映画に出てくるガシャットを購入。ホクホクで帰りました。

お盆休み

  • 2017年08月11日
朝から家プール。シュシュもてんとう虫の水着を着て、初めてのプールだった。子ども達と楽しくプール……のはずが、ネーネーから「狭くなるから出て」と言われ、プールの外で見守った。思いっきり水鉄砲の標的にされたのでずぶ濡れになった。

夜、妻の厚意によりひとり時間ができたのでレイトショーで映画「東京喰種」を見た。仮面ライダーフォーゼのヒロインが出ていた(わりと最近ワチャワチャして芸能界を引退した)ので、アンニュイな気持ちになった。あと仮面ライダーウィザードの主人公がロクでもない役だったので、もっとアンニュイな気持ちになった。あとは、亜門役の劇団EXILEの人がとにかく恰好良かったです。

演技も上手だったし、劇団EXILE推せますなあ。(仮面ライダーエグゼイドの監察医(バイク)の人も劇団EXILE)

花火

  • 2017年08月08日
家族で花火を見た。昔は花火を夢中になってみていたはずなのに、いつの間にやら花火を見ている家族の横顔を見るのが好きになった。シュシュも不思議そうに花火を見ていたし、ネーネーは自分の知っている形の花火があがると「あ!スイカ!」「おさかな!」と嬉しそう。妻の横顔は、お付き合いをしていた頃に淀川花火を一緒に見に行った頃とまるで変わっていない。エモい気持ちになった。

ハート型の花火が逆さまになっていて、おしりみたいでした。

撮影

  • 2017年08月06日
朝9時から公民館で撮影。撮影と言っても、趣味でやっているやつで、仮面ライダーの変身動画を撮るやつです。撮影の相方Tさんは、もう何度もお手伝いをしていただいている。撮影の合間にする漫画の話がとても楽しくて、あっという間の3時間だった。今回は仮面ライダーエグゼイドの、パーフェクトゲーマーとタドルレガシーとゾンビゲーマーの3本撮った。

その後ラーメンを食べてサクッと解散しました。

九州

  • 2017年07月26日
九州出張。帰りの新幹線まで自由時間があったので、大分の民芸品を買って、サンマルクカフェでゴールデンキウイのスムージーを飲んだら、とんでもなく美味しかった。

新幹線ではタブレットで映画『凶悪』を見た。リリー・フランキーとピエール瀧が極悪人の役で、めちゃくちゃ怖かった。

余談ですがリリー・フランキーの「おでんくん」がめっちゃ好きです。

スマスイ

  • 2017年07月23日
ネーネーと須磨海浜水族園に行った。せっかちなネーネーは電車が止まるたび「もう着いた?」と聞くので、最寄駅までの数を逆算して「電車があと5回停まったらつくよ」と教えた。すると指を5本立てて「数えるね」と言う。いつの間にそんなことができるように……と感心していると、僕の計算ミスで5回駅に停まっても最寄駅につかず、「パパは数字をかぞえられへんの?」と聞かれてウッ……となった。その後電車の乗り間違い等もあり、やや遅れての到着。

水族館でのルートはネーネーにおまかせ。まずはイルカショーを見るというので、ショーを見ながらお弁当を食べた。イルカの見事な技を見ているうちに、動物と人間がこんなにも心を通わせてるなんて…と感動してしまい、泣いた。泣きながらネーネーを見ると、ちょうど卵焼きを食べていて、目が合うなり「パパの卵焼き、おいしいから好き」と言うので、また泣いた。

その後はラッコを見たりメリーゴーランドに乗ったり、お魚を見たり。デンキウナギがビリビリと実演するコーナーでネーネーのテンションが下がったので、家に帰った。

帰りの電車に乗るなり「この電車はおうちまで何回停まるの?」と聞かれたので、今度はアプリで調べて正確に答えました。

バーン

  • 2017年07月19日
家に帰ると、Barnshelfからお届けもの。包みを開けると、シュシュの出産祝いの積み木と、Barnshelf5周年ノベルティが入っていて、思わず「わあ!」と声を上げた。

Barnshelfで個展『山と翼』をさせていただいたのは、もう4年前になる。ネーネーが生まれる一か月前、季節が夏から秋に移ろう頃だった。妻が入り口前のベンチに腰掛け、愛おしそうにおなかをさすっていた姿が今でも目の奥に焼き付いている。あの頃はまだまだ自分の道(画風やら何やら)を見いだせておらず、そんな時に声をかけていただき、がむしゃらになって絵を描いた記憶がある。あの展示があったから今の自分があるし、小前さんには感謝しかない。そしてBarnshelfはいつ行ってもホッとするたたずまいの素敵なお店。そんな素敵なお店が実家の近くにあることを、とても誇りに思う。

小前先輩、5周年おめでとうございます!これからもよろしくお願いします。押忍押忍

市民プール

  • 2017年07月15日
ネーネーと市民プールに行った。ネーネーを後部座席に乗せて、首から浮き輪を下げてママチャリをすっ飛ばした。ふたりで歌を歌いながら、時折風に揺れる緑の葉を指先でちょこんと触ったりして、アハハと笑いあった。夏!という感じがして、とても嬉しかった。

この市民プールはウォータースライダーがあったり、室内プールがあったりと、かなり良い感じなので二人ともこの日を心待ちにしていた。ネーネーは保育所のプールでお水遊びが大好きになったので、前の日からソワソワ。
水着に着替えてプールに飛び出したものの、ネーネー硬直。あまりに大きなプールであったことと、人が多すぎたことでテンションが下がってしまい、真顔だった。

小さいジャグジープール(泡がぶくぶくなってるお風呂みたいなやつ)に入って速攻帰りました。

トークイベント

  • 2017年07月09日
未だに人前に立つことが苦手である。バンドをやっていた頃もライブの時は毎回緊張していたし、そいういう事情もあって今はひっそりと漫画やイラストを描いている。そんな僕が、自分の本の出版記念トークイベントをやらせていただくことになった。やるからには頑張って喋ろう、でも一人じゃ不安……ということで、心強いゲストをお二人(ナナイロペリカンさんぎゅうにゅうさん)招いてのトークイベントとなった。お二人ともこちらが一方的にファンだったので、出演していただけることが決まった時は叫んだ。

イベント直前、3人とも緊張してガタガタ震えていたけれど、事前にスカイプで打ち合わせをしたり、わりかし周到に準備をしてきたので大きなトラブルも無く、無事イベントを終えることができた。たくさんの方にお越しいただき、読者の方と直接お会いできたのが本当に嬉しかった。

イベント後、皆で難波まで移動して美味しいと評判のたこ焼き屋「わなか」に行った。めちゃくちゃ美味しかった。超笑顔でハフハフ言った。

ロフトプラスワンウエストのMさん、ナナペリさん、ぎゅうにゅうさん、お世話になりありがとうございました。
お越しいただきました皆様、イベントの告知を手伝ってくださった皆様、ありがとうございました。
とても楽しい一日でした。

夏祭り

  • 2017年07月08日
保育所の夏祭りがあった。子どもたちは浴衣に着替える。シュシュは妻が抱っこしてくれていたので、ネーネーとお店巡りをした。スーパーボールすくいが大人気でお店番の方も子ども達もパニック状態だった。この夏祭りのスーパーボールすくいはとてつもなく優しい仕様で、ポイ(すくうやつ)の薄い紙でできている部分が金属の網でできている。なので、子ども達は永遠にすくい続ける。各々がボウルにスーパーボールを巨山を築きあげていた。

最後に園児たちによる盆踊りがあり、ネーネーがとても上手に踊っていて感動した。サイリウムをぶんぶん振り回して「こっち見て~!」と叫びたい気持ちになった。

お父さん勢もたくさん来ていたが、誰とも話さず。パパ友と飲みに行ったりするのにちょっと憧れるけれど、みんなしてその辺がスーパードライなので難しそうです。

アッサッヒィースーパァーードラァァァァァアア~イ(なんとなく言ってみたかっただけ)

書店まわり

  • 2017年06月04日
朝からネーネーと書店まわり。今日は紀伊国屋さんに行き、色紙を置いていただいた。その足で福島のトイトイパークへ。前回行った時は全く帰りたがらないほど楽しそうだったので、今回も気のすむまで遊んでおくれ!と思って行ったけど、なんだか浮かない顔。20分くらい遊んだところでタターと走ってきて「かえる」と言うので、「??」と思いながら退出した。後で聞いたら人が多すぎて集中できなかったそうです。確かにめっちゃ人いたな。分かるでその気持ち。おとうちゃんも人の多いとこは苦手でんねん。

その後、ハンバーガーを食べて帰りました。

SANDA

  • 2017年05月23日
珍しく、三田で仕事。時間があったので、中学からの友達やぶちゃんとファミレスで昼ごはん。DTMのことをいろいろ教えてもらった。高校生のころはよく一緒にテープレコーダーで自作の歌を録音してたなあ。あの音源、まだ実家にあるかな。久しぶりに聴いてみよう。

寝返り

  • 2017年05月22日

シュシュが寝返りをした。ゴールデンウイークあたりから寝返りしそうな気配を醸し出していたものの、あと少しのところで苦労しているようだった。それでこの時はいよいよ寝返りしそうだったのでカメラを出してきたらネーネーが触ろうとしてワチャワチャ~!ってなっていたら妻が突然大声を出したので、見たら寝返り後の涼しい顔でシュシュがこちらを見ていた。目が合うとニコーッと笑ったので、あまりの愛おしさに椅子から転げ落ちそうになった。

この日は、たまたま家族全員のパジャマが黄色でした。

結婚式

  • 2017年05月13日

会社の後輩の結婚式。もう完全に花嫁のお父さん目線で結婚式に参列させていただいた。ずっと泣きそうなのを我慢していたけれど、最後の最後に花嫁が花束を渡すところで父親が花嫁を抱きしめて泣いているのを見て、泣いた。泣きながら隣のテーブルを見たら、そのテーブルの人もめちゃくちゃ泣いていて、目が合ったので「泣けますよね~」という感じでウンウン頷いたら相手もウンウン頷いたので、「もう、今日はとことん泣いちゃお!」と思って泣いた。

良い結婚式でした。

GW

  • 2017年05月07日
今年のゴールデンウイークは全日ひたすら家族みんなで過ごしたので、毎日最高だった。彩都にある「なないろ公園」では斜度80度の滑り台に挑戦。芥川へは鯉のぼりを見に行って、その帰りにsora to iroでおいしいごはんを食べた。また別の日にはネーネーの音楽教室通いが始まったので付き添いで行った。その音楽教室に以前お会いしたことがある読者家族がいらして驚いた。とにかく楽しいことだらけの連休でした。パワーチャージ!

書籍発売日

  • 2017年04月28日
「うちの子の場合!」(KADOKAWA)発売日。四コマ漫画を11本寄稿しました。個人的には、やまもとりえちゃんと、ずっとファンだった丸本チンタさんとご一緒できたことがとてもうれしい。全漫画カラーで描いたのでとても苦労したけれど、その分思い入れのある一冊です。

TOKYO&RAKKYO

  • 2017年04月23日

東京の宝島社にて取材。「きみといつまでも」を担当してくださったSさんとはずっと交流が続いていて、今回の取材のご縁も取り次いでくださいました。普段はキレイなモデルさんとかを撮られているであろうカメラマンの方がインタビュー中にパシャパシャと写真を撮ってくださっていて、「こんなおっさんを撮っていただいてすみません…」という気持ちでいっぱいだった。インタビューは1時間くらい、とても楽しくお話をさせていただいた。どんな感じに仕上がるのかとても楽しみです。

その後東京をプラプラ。中野ブロードウェイに行ったり渋谷を徘徊したり。夜はラーメン。ラーメン屋さんのちらしには井手らっきょさんが載っていて、らっきょさんがダーツの達人であることを知った。

らっきょさん、神奈川県で「らっきょの小部屋」というダーツバーを経営されているそうです。お店の名前良すぎ。

書籍発売日

  • 2017年04月21日

書籍「新米おとうちゃんと小さな怪獣」(KKベストセラーズ)発売日。仕事を終えて、いつも行く書店に立ち寄ると自分の書籍が面出ししてあったのでとても嬉しかった。

この一冊ができあがって書店に並べていただくまでに本当にたくさんの方々が関わってくださっている。浮かれている暇なんてない。この感謝の気持ちを、これからの製作に繋げていこうと思った。

編集のMさん、釣巻デザイン室のMさん、読者のみなさん、この書籍の製作に関わってくださったみなさん、ありがとうございました。

四国

  • 2017年04月13日

四国で仕事。アンパンマン列車に乗って行った。アンパンマン列車は揺れが尋常じゃないので、ちょっと怖かった。とても良い天気。車窓から見える桜の木々をうっとりと眺めながら、四国を駆け抜けた。

春がやってきた。毎度のことながら、花粉症で鼻はズビズビです。
今年は薬を飲まず、顔面にピシャーッてやつスプレーマスクで乗り切ってみようと思う。薬局で買ったら、パッケージのイラストがNoritakeさんだった。幸先良し。

アサヒファミリータイムズ

  • 2017年04月10日
夜、中之島で取材。漫画のことや子育てのことなどあれこれ。1時間ほどで終わって、マッハで帰宅した、取材元の事務所があるビルはとてもオシャレで、途中のエレベーター乗換口のところが間接照明しかなくてとても薄暗かった。5ルクスくらいの照度だった。オシャレ照度だった。オシャレ照度すぎて物陰から突然出現したオシャレ会社員に気づかず激突しそうになった。思わず「ウオッ!」って叫びました。
生活について