交差点コレクション

かつて存在した和製メタバースmeet-meのファンブログとして活動していましたがmeet-meのサービス終了とともに趣旨も変わり、主にフライトシムのフライト日記となりました。 お気楽飛行ですので難しいことは全くやってません(^^;  FSXデフォルト環境メインのイージー志向です。

mabinogi_2020_01_01_002
meet-meから新世界に転移して三年目に入りつつある。

とりたてて大きな変化はないが、とりあえずは生きている。
この世界はソロ活動になりがちだ。
何もしないときはダンバートンという町の広場で放置する日々だ。
この放置という慣習は、わたしのみならずほかの人たちも同様らしい。
ダンバの放置民と呼ばれている。
かつてのサイゴンだ。
年越しはこの町で迎えた。

meet-meであれば海の上神宮で花火を見て、おみくじを引いて破魔矢を買うところだが
この世界には神社はない。
ああ、ハッピーニューイヤーの花火は上がった。

普段なら自然なチャットはほとんど発生しないが、年越しの瞬間には
あけましておめでとうが飛び交う。
ささやかなチャットタイムだ。

よきかな(⌒∇⌒)



tu2
NAV DATA OUT OF DATEの表示はCLRキーを押すと消えることを発見。

osaka2
羽田から大阪空港までのまっとうなルートがやっと作成できた。
大島~羽田を設定しようとしてうまくいかなかったのは、そもそも
羽田と大島を結ぶジェットルートが存在しないせいだと理解しました。

FMC設定の教科書としていたPMDG 737-800NGのチュートリアル。
Wilcoとほとんど同じですが、やはり細かいところが違う。
この些細な違いが大きな壁となっています。
昔、大島にANAの737-500が就航していたころはカンパニールートで飛んでいたに
違いありません。

先日APU起動してFMCを設定し、タキシング中にFMCの入力データが消えてしま
う事態に遭遇。
ピーという警告音が出て止まらなくなる。
警告音の原因が分からず混乱しましたが、よくよく調べてみると、
エンジン起動後に発電機をエンジン側に切り替え忘れたままAPUを停止したのが原因と判明。
タキシング中にバッテリー切れになったらしい。
やれやれ、ミスの多いことよ。
APUを起動したまま飛べるようですが、燃料の無駄なのでしょう。
それにしても1時間かけて設定した入力が全部消えてしまうのはガックリ来ます。

そんなことの繰り返しでなかなか飛べません。

IRSの正確な初期位置の入力はFMCから行うものだったのですね。
理解が逆でした。
IRSが最初に表示する数値は前回のラスト位置らしい。

PMDGのFMCはGPSの位置データが表示され、これをペーストしてFMC入力でIRSを設定する
仕様ですが、Wilco版 B737-500のFMCはこの辺りが少し異なります。
同じボーイングのFMCなのに不可解ですね(^^;

WilcoのPDFマニュアルは文面が画像で、コピペしてオンライン翻訳にペーストすることが出来ません。
乏しい英語読解力のまま自力で読むしかなく、難儀しております。
ジョーク交じりのコラムなどがあり、なかなか読んでて楽しいのですが、いかんせん
肝心の部分は理解不足です。

現在のわたしは、離陸して目的空港の近傍まで接近し空港を目視できる位置まで
飛ぶことはできるのですが、ILSを捕まえられません。
おそらく無線機の設定を間違えているのでしょう。
代替空港の設定もよくわかっていません。
これは搭載燃料に関わるので避けて通れない。

一番意味不明なのは、テイクオフの設定で「想定外気温」とある項目。
これはN1出力の設定に関わる数値ですが、想定外とは何なのでしょう?
テキトウに摂氏45度などと入力して問題ないものかどうか?

飛べないまま、地上でFMC設定と格闘する状態はしばらく続きそうです。

このページのトップヘ