やさしい家庭料理、お菓子、日々のシンプルレシピを気まぐれに紹介しています♪
柏餅やちまき食べ食べ♫ な端午の節句。
材料を準備しないまま当日が来てしまい・・

ウチは(更に男前に成長してますが)女子なのでスルーしようと思いつつ
急きょミートパイを焼きました。

P5050144

子供の日に何故ミートパイ?なわけですが、ネットで「鯉のぼりミートパイ」
なるものがたくさん出ていたから。
がんばって真似して魚をくっつけてみた。これが私の限界・・

けどこれ、鯉のぼりの鯉にぜんぜん見えない~。ただの魚じゃん
ツッコミどころ満載ですがどうぞ笑ってください


「鯉のぼりミートパイ」

<材料>20cmのパイ皿1枚分
合いびき肉・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1かけ
トマト・・・1個

a)
カレー粉・・・大さじ1/2
オールスパイス(入れなくてもok)・・・少々
トマトケチャップ・・・大さじ1
酒・・・大さじ2
塩、こしょう

茹でたじゃが芋・・・2個分

冷凍パイシート・・・150g×2枚

①みじん切りのにんにく、玉ねぎを炒め、ひき肉も加えてパラパラにする。
a)を加え軽くとろみが出るまで炒め、塩こしょうで調味。別皿で冷ましておく。

P5050135

③冷凍パイシートを室温で10分ほど戻し、打ち粉をして型より少し大きくなるよう
めん棒で伸ばす。冷凍パイシートはベラミーズが一押しです。

P5050136

④パイ皿に③の生地をかぶせて余った部分をはさみで切り、型にそって
手で密着させ、底部分をフォークでピケ(穴を開けること)する。

⑤2~3cm各に切った茹でたじゃが芋を底に入れ、上に冷ました②を敷き詰める。

P5050139

⑥生地の縁にノリ代わりの水少々を付け(餃子を包む時の要領で)
伸ばした残りのパイ生地をかぶせ、余分な生地をカット。

縁をフォークで押さえて密着させつつ模様をつける。

P5050140

⑦残ったパイ生地でお好みの形を作り、水を塗ってから上に貼り付ける。
所々包丁で切って空気穴を作り、全体に卵黄をハケ(又は手)で塗る。

P5050141

⑧190度に予熱したオーブンで約40分じっくり焼く。
焦げるようなら表面にホイルをかぶせてください。


パリッパリっとしたパイ生地に、ジューシーなフィリングが染み込んで♪
底に敷き詰めたじゃが芋がよいアクセントになっています。

P5050146


ミートパイと言えば祖母から伝わる母の「ザ・十八番料理」でした。

来客の時には決まって特大サイズが
テーブルの上にどかーんと載っていたことを思い出します。

フィリングにはさっぱり味のドライカレー、茹でたじゃが芋、
そして(ここが特徴なのですが)白いご飯(!)が底に敷き詰められていました。

ちょっと生焼けだったりするパイ生地も堪らなくおいしかったなぁ

今回のも充分美味しかったけど、ご飯なしだとやっぱり物足りないような、
さみしいような・・
カロリーとかは気にせず(笑)、今度はぜひご飯入りのあの味を再現してみよう。



Comments

    • きゃりあおばさん's comment
    • May 06, 2014 23:27
    • かわいいミートパイですね~
      来年はカコちゃんも一緒にパクパク食べていることでしょうね~
      お母様のご飯を敷き詰めたミートパイ、魅力的ですね
      来客時に主食にもなるし、見た目も豪華
      いつか挑戦してみたいです
    • musashi's comment
    • May 08, 2014 12:08
    • きゃりあさん
      ぜんぜん鯉のぼりじゃなくてお恥ずかしい限りで・・
      こういうの大の苦手。才能ゼロ(^^;)
      歳をとるほどに母の味が懐かしくなります。
      不思議ですね~。
    • ひとで's comment
    • May 12, 2014 12:40
    • かかかかわゆい!こんな特別なパイが出てきたら興奮だわっ。ごはん入りのパイって食べたことないけど、炭水化物好きには禁断の味だろうなぁ。ぜひ食べてみたい…。
    • musashi's comment
    • May 15, 2014 16:55
    • ひとでちゃん、ごめん、コメント見逃してた~
      超多忙な中ありがとう(*^^*)
      これね・・ぜんぜん鯉のぼりじゃないって専らの
      評判でしたw
      じゃが芋とご飯入りのパイってすごいでしょ。
      トリプル炭水化物の禁断の味、今度ぜひ味見してね♪

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

musashi

気まぐれ。(超)不器用。。
幼少からの料理好きが高じ、都内にて各国料理教室を主宰。現在は大阪北摂在住。結婚14年目に授かった娘、夫との3人暮らし。

記事検索


QRコード
QRコード