やさしい家庭料理、お菓子、日々のシンプルレシピを気まぐれに紹介しています♪
新年初回の料理教室のテーマは「おそうざいフランス料理」。

レストランの華やかなフレンチではなく、フランスの心温まる家庭料理をアレンジして紹介します。

19-01-06-15-40-12-422_deco


メインの料理は...
アッシパルマンティエ (仏: Hachis Parmentier )

1547771390863


ひき肉とマッシュポテトを重ねた、フランスの国民食と言われるほど一般的なオーブン料理。

いわばフランス版「肉じゃが」です。


Parmentier(パルマンティエ)とは、もともと家畜のえさであったじゃがいもをフランス人の食卓に広めた農学博士の名前。

実際今も、パルマンティエとつく料理にはじゃがいもが使われています。


本来はひき肉ではなく、ローストやポトフ等で残った塊肉を刻んで作るリメイク料理であり、その家庭的な質実剛健さにも心ひかれる一品。

1547200291277


以前の料理教室では、赤ワインとハーブ風味の大人向けレシピを紹介しました。

今回はお子さんにも食べやすい、トマト味の甘めミートソースにアレンジしています。

クリーミーなマッシュポテトとの相性も抜群♪

きっと何度もおかわりしたくなる、やさしい味わいです。




実はイギリスにも、シェパーズパイ(shepherd's pie)またはコテージパイ(cottage pie)と呼ばれるよく似た料理があります。

ロンドン留学時代にパブで食べた懐かしの味!

アッシパルマンティエと同じく、マッシュポテトと肉を重ねたこんな料理です。

↓ウィキペディアから画像お借りしました。

苦手なラム肉が使われていることが多かったのですけれど、不思議とクセになる味でした。

220px-Shepherdspie2


オーストラリアのミートパイや、アメリカのカウボーイパイも似た料理だとか。

日本の肉じゃがもそうですが、肉×芋の相性の良さは万国共通ですね🌏


世界中の家庭料理に類似レシピがあることに、改めて興味をそそられます!







長くなりましたので、その他のレッスンメニューは次回紹介します🍳









★レシピブログのランキングに参加中。
いつもクリック応援ありがとうございます。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

musashi

気まぐれ。(超)不器用。。
幼少からの料理好きが高じ、都内にて各国料理教室を主宰。現在は大阪北摂在住。結婚14年目に授かった娘、夫との3人暮らし。

記事検索


QRコード
QRコード