Twitterで140文字でSSSというか超掌編小説というかスーパー・ショート・ショート小説が今も流行というか、一定数、書き手がいる。

 140文字で誰でも作家になれる!の延長でライトノベルとか日常生活を書くような感じで最近のTwitter小説は文学賞というか一定数のコア・ファンは存在する。

 もちろんTwitter小説の多くはマイナーだろう。ネットの世界でも少数派だ。
 140文字で小説といえば詩というか、自由律俳句のようにアクセスを集めることが極めて難しい。
 「140文字で例えば私があなたが好きだ、あなたの表情が好きだ、あなたのSSSというかネットで書いている大変短いTwitter小説が好きだ・・・と書いたとする」

 しかし、140文字ではアクセスは絶望的に集まらない。短すぎる文章ではTwitterでは一瞬、人気が出てRTというかリツイートされて拡散もして運よく、好きだ・・・みたいになるだろうが、必ずしもうまくいくわけではない。

 「どうもTwitter小説の延長で140文字で短い小説を書いたが、アクセスが全くない。誰も読んでいない・・・時間の無駄ではないか?」

 そのうち無反応の連続で完全に自分の書いているTwitterの小説の140文字にアクセスが全滅していることを知る・・・

 「もちろん、Twitterの140文字でアクセスを集めることは不可能だ。Twitterのつぶやきでアクセスが集まるのは有名人だけだ。無名だったら何の反応もないまま、見向きもされない不幸な青い鳥状態だ」

 「でも、Twitterの小説でもタイトルを工夫したり、140文字のTwitter小説を自分はどのように書いたか?をブログで書くと少しだけ文章が増えて、読んでくれる人もいる。ありがたいことかもしれない」

 「Twitterの140文字小説にも自分で書いた萌え絵のイラストとか、写真とかでうまくレイアウトを工夫してみる。もし、そうすれば若干、アクセスは集まるかもな・・・」

 とはいうものの何といっても単にTwitterでつぶやき小説だけではアクセスは普通に書いてやってくることはまずない。いくらTwitterで140文字の小説を書いたものをコピペでブログに移してもまた、そこでアクセスはないままだ・・・

 「結局、日記みたいなこととか漫画やアニメや映画やゲームの2次創作をやってTwitter小説もたまにちょっと140文字で短く、暇つぶしでいいものをブログで再編集・・・みたいなことじゃないとダメだろうな」

 140文字のTwitter小説も100回書いたとする。ブログで100回書いたが、アクセスもないし、検索エンジンからはスパムではないか?でどうも不人気だ。

 「Twitterで幸福の青い鳥のつぶやきを何度も読んでもらいたい。となると・・・編集者のように頭を使う。厄介だ。青い鳥の140文字のつぶやきは甘くない」

 140文字のつぶやき一つでアクセスがある有名人。
 反面、10000回、つぶやいても全く、人気がない無名人。

 140文字のつぶやきが小説になる・・・・というのであれば知恵を使わないとダメだろうな・・・と私は10個のTwitterのつぶやき小説を作ってみて思った。