夢を追いかけるプロセスは、希望と不安が入り混じったものです。
決してワクワクす期待だけではありません。


最近、よく「ワクワクすることをしよう!」という言葉を、軽~い感じで聞きます。
私は、この言葉だけだと綺麗事に聞こえちゃうよなぁ~と思っています。


リアルな夢とは、ワクワクする期待と同量の失敗のリスクに対する不安がセットです。


私は「ワクワク」だけ言ったら、嘘、デタラメだと知っています。
夢を追いかけるとは、リスクを承知でチャレンジすることです。

ワクワクはアクセル。
不安はブレーキ。
ワクワクのアクセルだけでは交通事故です(笑)


ワクワクするとは未来への希望のこと。
未来は実績が無く、これから創造することで、どうしても不安が付いて来ます。
これは普通のことです。不安はリスク回避能力です。
不安を感じないワクワクは、夢ではなく、ただの自分勝手なエゴなのです。
(運気が良く、たまたま上手く行く時もありますが・・・長くは続きません)

そういうものだと、誰も言わないので誤解します。
だから、いざやってみると思い通リに行かず不安になった時、自分を責めたり、他人を責めて、諦めてしまいます。
リアルな夢は、希望と不安が常に同時に有り、全て自己責任です。


不安があるということは、希望があることの裏返しです。
不安を感じることは、悪いことではないのです。


夢へ向かう一歩目は本当に怖い。
そして、そのプロセスも不安と期待の繰り返し。
それでも未来をイメージし続けることが出来るかを神様は見ています。


夢を追いかけるプロセスは、やる気満々の日々もありますが、そうではない日もあります。
私は朝起きた途端に失敗するリスクに襲われて、吐き気がする日もあるくらいです。
それでも自分を信じて未来を信じてチャレンジすると決めます。

そして、そうやって行けば夢は気づいたら叶っているものです。


全ては相対性で、相反するものの両立です。
陰と陽、善と悪、上と下、右と左、アクセルとブレーキ、希望と不安
片方だけでは宇宙は成立しない真理。

希望と不安があり、生きていることに感謝です。
ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。
          青谷好憲