新宿のプレス屋 青谷製作所 社長ブログ

日々感じた事や、今の想いをその時感じたままを素直に書きたいと思います。

創業60年の技術と信頼を金属に込めてチーム・企業の発展を応援する青谷製作所 社長ブログ。
和の象徴である社章,メダル 企業ロゴバッジを製作する made in japanの物作りの現場から発信します。

物作り

私たちの作る製品、仕事

私たちの作る製品は、社章、メダル、ロゴプレートなど、チームや和の象徴、潤滑剤となる製品です。


「社章」は、一致団結、和の証。

「メダル」は、仲間への敬意、感謝の表現で、より強い結束を生む。

「ロゴプレート」は、チーム、和の力を外へ向け、伝えたい!という強い気持ちのブランディング。


その大小にかかわらず、チーム、会社は、結束力が高まり、内から外へ徐々にエネルギーが増え、溢れていく。
人は時々で、つながりを増すために、言葉と共に想いを形にして表現する「もの」が必要になります。


そんな「想い」や「志」を創業65年の積み重ねてきた技術で金属に刻み、チーム・企業の発展を応援する。それが私たちの仕事です。

今までの65年間に、日本の歴史を象徴する大企業や、名もなき力強い中小企業、さまざまな団体やチーム、小さなコミュニティーなど、沢山の人の和の象徴、潤滑剤となる製品を作ってきました。

そしてこれからも、人が集い、力を合わせようとするエネルギーがある限り、それを形にしようとすることが、仕事の原動力となる私たちの情熱です。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。
          青谷好憲

物作りは人を育てるには最適の仕事

物作りは人を育てるには最適の仕事だ。

出来上がる品物は正直で誤魔化しがきかず、その人の考え方、取り組み方が、そのまま品物に表れる。


例えば不良品の発生。
どんなに頑張ったとして、どんな言い訳しても、不良品が直るわけでもない。
残酷だが、事実、不良品は不良品でしかない。

お客さんは「理由はどうあれ、早く良品を納めてくれ」と言うだけ。
言い訳無用で、結果に真摯に向き合い改善するしかない。

同じことをしても同じ結果が出るだけなので、自分の考え方、取り組み方を変えるしかない。
且つ、物作りは沢山の工程を経て一つの物を作るので、チームワークの和が不可欠。
独りよがりでは決して良い品物は出来ない。


言葉で言うのは簡単だが、これらのことを実践し続けるのは非常に難しいことだ。

ただ、それが上手くでき良い品物が出来、お客さんが喜んでくれたら、最高の仕事だと思う。


   人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。
          青谷好憲

「息子には継がせない」 この言葉を沢山聞きました。

今年はある課題に取り組んでいこうと考えています。

私たちの業界は古く、65~70歳位の人(団塊の世代)が現役でバリバリ働いています。
今の60代の人はまだまだ若く、技術的にも、知識的にも今でも元気に働く欠かせない存在です。そして、その人たちは確実にあと数年で辞めていきます。

問題は、その人達の技術と知識が、あまり継承されていないということ。
上っ面は伝わっているのですが、数値化できない経験でしか身に付かない暗黙知の部分が伝わり切っていません。

私たちの業界は小さな会社が多く、その規模の場合は大半が暗黙知の職人技術は、年月を掛け息子が技術の中核を継承します。
逆に言うと息子が継がないと、その会社は最後は廃業していきます。

「息子には継がせない」 この言葉を沢山聞きました。
親心としては、子供に苦労を掛けさせたくない と思うのでしょう。

私の世代が会社を継ぐタイミングは、産業の空洞化が加速し、海外に流れ仕事が激減して経営がどこも苦しい時代に入った頃でした。
私も、この言葉を言われた一人なので、その時の状況と心情は理解しているつもりです。
そんな会社が私たちの業界には結構有ります。
そして、その1社が欠けただけで、作れなくなる製品があるのです。

製造業は、数社間を一つの製品が渡り歩き完成します。
沢山の会社が専門職で分業されて機械設備も違い、それぞれの会社で、職人の世界で言う 「年季を積む暗黙知の技術」 があり、継承は簡単ではありません。
自社は勿論のこと、業界の団塊の世代の人達が持っている暗黙知の技術の継承が今の課題です。

いつかは!とは考えていたのですが・・・いよいよその時が来たという感じです。
これを考えると、とても憂鬱な気分になります。
なぜなら、自分が頑張れば良いという話ではなく、周りの協力無くしては成し得ない事だからです。

ですが、ここが上手く継承されないと、受注は出来ても物が作れない という事が起きかねません。
仕事を通じ 「一人では生きていない」 を痛感します。

息子にも継がせなかったくらいですから、簡単なことではないのは承知しています。
この課題は一人で抱え込まずに、業界の仲間と繋がり、解決していきたいと考えています。
早速、志を同じくする人にも出会え、少しづつですが動き始めました。

まだハッキリとした未来の絵は見えていませんが、前進していけば必ず未来は開けてくると信じ行動していきます。



人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。
                  青谷好憲

大失敗中の現在進行形です

納期の無い、ゴールデンウィーク明けに納品の仕事で大失敗中の現在進行形です。


その仕事は、今までに扱ったことのない、お客さんからの支給の「バネ金具」を、弊社で作った本体パーツの裏に溶接するという仕事でした。

パーツが支給される前に、形状の似たパーツで試作を作っていたので、これなら「本番の支給金具が来ても、多分問題ないだろう!」 と考えていたのです。
ですが、この 「多分」 が、命取りでした。


本体と金具を熱を加えながら溶接していくのですが、本番は想像以上に熱が加わったようで、金具が 「なまって」 しまいました。
金属には熱を加えると焼きが入り固くなる材質と、なまって柔らかくなる材質の2パターンがあります。
今回の仕事で使う金具は、バネ性が必要で、なまる材質のものだったので、過度に熱が入りバネ性が失われ、金具が効かなくなってしまったのです。

試作段階で上手くいっていたとはいえ、本番の金具では検証は行わず、納期に追われるあまり、作業をすすめました。

やはり、初めての仕事は、検証、確認が必要だったのです。

後悔しても仕方ありません。
今やるべきことは、この失敗をどう取り戻すかです。
ゴールデンウィークに間に合わせるには、どうしたらいいだろうか?と、必死で考えています。

一つアイディアが浮かんできました!
早速トライしてみよう!!

本当に久しぶりの大失敗中です。
ひたすら反省です。



人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。

ブログで元気貰ってます!
青谷好憲

人がやることだから、失敗はある

今日、機械商社さんの方が来社して、おもしろい事を言っていました。

「スタンプラリーが大手さんの仕事はね~」 と(笑)

要は責任の所在をハッキリさせるため、各責任者のサインを集めるのに時間が掛かるということです。 メールにはC.Cがいくつもある。
なぜ、そんな事になるのでしょうか?


大手さんの仕事をする際は、独特の怖さと隣り合わせのような緊張感を感じます。
適度な緊張感は、良い結果に繋がる思いますが・・・過ぎると・・・。
最近は、この緊張が過ぎて、みんな武装し過ぎている感じがします。
スタンプラリーは責任回避の手段となっているような。

私自身も正直、「どこから槍が飛んでくるか分からない!」ので、完全武装して仕事に挑まないといけない。
リコール、保証など、大手さんは看板が大きいだけに、問題も大きくなるので 「絶対に失敗が許されない!」 という緊張感、怖さ。


恐怖政治?に似たような??
怒られないように、間違いない事だけをやる 言う になっていて、可能性を消してしまっているところが有ると思うのです。
「多分、出来る!」は怖くて言えず、挑戦しなくなります。

だから、各工程の調整が行き詰まって、結果、スピード感が無い(涙)
スピードはコストですからね~。 タイム イズ マネー。
そして、無難な品物、製品が出来上がる。 且つ、仕事も面白くない!
こんなに臆病になったのは、訴訟文化の影響でしょうか??


勿論、大手さんの仕事が全てそんな仕事ばかりでは無く、チャレンジングで楽しい仕事も沢山有ります。
ただ、最近は歯がゆさを感じる事が増えています。

もっと良い物を作ろう! と言う、本来の目的が薄れてしまっていて・・・。


それぞれが合理化、専門化し過ぎて、自分の分野以外の仕事は全く知らない素人になっているのも問題だと思います。
パソコンで図面をCADで書いた人は、「物作ったこと無いんだろ~な~」 って感じることあります。
そして、業界用語で言う ”図面は神様” となってしまうのです(笑)
そんな時、私は織田裕二に 「事件はパソコンの中で起きているんじゃない!製造の現場で起きているんだ!!」 と言って欲しい時が有ります(笑)


日本はこのままでは、世界のスピードには付いていけない と危機感と淋しさを感じます。
自分も含めて情けないと言った方が正解かも・・・。


どうしたら良いのか分かりませんが、このままではイケない!と言う事だけは分かります。
私自身も自分の身を守りたい!と思うのが本音だし、そう反応している自分も知っています。

ただ、私は物造りの仕事をするようになって、街で売られている物やサービスに随分と寛容になりました。
「人がやることだから、失敗はある」 って(笑)


昨日は自民党が選挙で圧勝しました。
これから日本はどう変わっていくのでしょうか?


人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。

ブログで元気貰ってます!
青谷好憲

忙しい時に気を付けること!

先週まではのんびり仕事していたのですが・・・・急に忙しくなりました。
今日より残業です。


弊社にはいろんな業界のお客さんがいますが、不思議とどの業界も仕事が動きだすタイミングが一緒です。
これは本当に不思議です。

年末に向けて忙しさの香りが、ほんのりと漂ってきました。
このタイミングに気を抜くと、あっという間に12月になり、更にあっという間に年末が来て、年始出荷の製品が後手後手になるので気合い入れないといけません!


そして、忙しくなると同時に気をつけないといけない事があります。
それは 「怪我をしない!!」 と 「こなすだけの仕事をしない!!」 ということです。


忙しくなると納期に追われ、納品する事だけが先にたち、気遣いのない作業をし、結果、不良品となる事が有ります。
そして、急ぐあまり注意力散漫となり怪我もしかねません。


早速、昨日も廃棄するしかない大量の不良品を作ってしまいました。
「気を付けろー!!」と、警報ブザーがなっています。
納品前に気付けたことが、不幸中の幸いでした。
このタイミングで今一度、注意深くなり慎重になる必要が有ります。

この警報ブザーを無視して突っ走ると、大変なことになります。
もう何度も懲りずに、この経験していますからねっ!(笑)


忙しく仕事が出来ることに感謝し、お客様の顔をイメージしながら真摯さを持った作業を心掛けたいです。
がんばりますよーっ!



人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。

ブログで元気貰ってます!
青谷好憲


ひた向きなガッツを感じて

今日は若手社員のガッツに感動しています。


最近、めっきり「この人ガッツ有るよな~」と感心する人に会っていませんでした。
久し振りに、ストレート、なひた向きさを感じて嬉しくなりました。


その若手社員には、前々から内に秘めた強い気持ちを感じていました。
「多分、かなりの負けず嫌いだろうなぁー」 と。


普段から、とにかく頑張るので、私としては彼にチャレンジさせたくなるのです。
そこで、まだ少し早いかも?と思いつつも、難易度のかなり高い製品と金型作りを任せてみようと思いました。
「出来る?」 と聞くと
「出来ると思います!」 と、負けん気たっぷりです。


「正直、彼にはまだ作れないかもしれない・・・・  だけど失敗してもいいじゃないか!」
と思わせるくらい、彼のやる気がグイグイこっちに向かって来るのです。


その製品と金型はベテランがフルに時間を掛けても、1日半は掛る難しい物で、当然、若い彼は時間も掛りかなり苦戦していました。そして私は土曜日まで待とう!と決めました。


一昨日も昨日も、夜遅くまで誰もいなくなった工場で、一人黙々と金型作りを頑張っていました。
帰る頃は完全燃焼し、目が真っ赤に充血していました。
そんな彼のひた向きな姿勢に、私は心洗われ、感謝の気持ちしか出てきません。
私は彼からエネルギーを貰いました。
本当にありがたいです。


ですが、今日がリミットの土曜日だったのです。製品は完成させることは出来ませんでした。
納期もあるので、私も心苦しかったのですが、その事を彼に告げると本当に悔しそうな顔をし
「分かりました。」 と・・・。 私は「ゴメン!」と、心の中で思いました。
彼には言葉でフォローはしましたが、聞きたくなさそうです。

失敗も経験です。
彼はきっとこの悔しさを実力に変え、立派な職人になるでしょう。
1+1=2 というくらい確実な答えで、ならない訳がないのです。

久し振りに、ひた向きなガッツを感じ、清々しかったです。
私としては「感謝」の一言に尽きます。
「ありがとう」



人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。

ブログで元気貰ってます!
青谷好憲

良品に対する対極からの視点の違い

今、自己嫌悪の真っ最中です。
お客さんと納品した製品の品質について 「良い!」 「悪い!」 で、言い合いになってしまいました。


その製品は、前回注文時に不良が有るとの事で注意を受けていたのです。
ですから、今回は不良品が無い様にしっかり検査を行い、自信を持って納めた製品だったのです。


ですが、その自信を持って納めた製品にまだ不良品が有ると返品になったのです。
私は瞬間的に感情的になってしまい、その勢いで電話してしまったのです。
納めた製品が良い悪いの前に、その勢いで電話したのですから、言い合いになって当然です。


電話はお互いの正当性を主張し合うだけの平行線な会話になり、途中からは論点がズレた所で言い合いになり、最後はただの意地の張り合いの様になってしまいました。


反省と自己嫌悪です。
一瞬カッとなってしまい、それが伝わってしまった・・・
少し間を置いてから電話すればよかった・・・
もっと冷静に話が出来はずだ
もっと言葉を選んで話して、建設的な会話ができたはずだ


お客さんにしてみれば、前回不良が出ていたので、どうしても品質を厳しい目で見る。
私達としては、前回不良が出ていたので、不良が無い様にしっかりした製品を納めようと努力する。


「同じ良品に対する対極からの視点の違い」


一度お客様の立場になって考えることができていれば、言わないで済んだ一言や、言葉にしないまでも伝ってしまう、不快感を感じさせてしまう声のトーンで話さないで済んだだろう・・・・。

内容はどうあれ、お客さんと言い合いになっては良いことは無く、ただ、ただ、後味が悪く自己嫌悪です。
すぐ怒ってしまうのは器量が小さい(泣)



ですが、もう言葉に出して言ってしまったことは、いくら後悔しても取り返しがつきません。
「今後どうするか?」 ココに焦点を絞って考えて行動するしかない。

反省するべき所は反省し、謝る所はしっかり謝り、言葉だけではなく、行動し製品で答えていく他ありません。
同時に、必要以上に自分を責めず、自信持つべき所はしっかり持っておきます。
やるべきことはやったと思います。


明日また改めて冷静に考えてみることにします。
今日は反省です。
短気は損気 ゴメンナサイ。


人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。

ブログで元気貰ってます!
青谷好憲

考えて、考えて、何かやってみよう!

今日、外注さんのロー付け加工屋さんに行ってきました。

このロー付け屋さんとのお付き合い自体は長いのですが、お邪魔したのは数年振りでした。


ロー付けとは簡単に説明すると、バーナーで火を使い、ロウと言う溶接材を溶かしながら金属と金属を溶接する仕事です。
弊社の仕事では、社章やバッジ等の裏金具を溶接してもらうのに、欠かせない工程です。


溶接場は火を使う仕事でクーラーなんて効きません。
職人さんは汗ダクダク、顔を真っ赤にして作業していました。
見るからに大変そうです。



単純労働なんて言われ方しますが、一日中同じ作業を同じ品質、上がりの個数を安定させながら作業するというのは、誰にでも出来る事ではありません。
そこには何年も掛け、体で覚えた、正確な技術が有るのです。
そして「根気」を一日、持続させるという難しさが有るのです。


職人さんとは口下手、質素で、人間関係に計算の少ない不器用な人達が多いです。
目の前の仕事を地味ながらコツコツとやる人達です。

私は職人さんはお金と言う所では損をしていると思っています。
本来はもっと価値ある仕事のはずなのです。



改めて思いました。
職人さん達にずっと仕事を続けてもらいたい もっと、対価と言う所で評価を上げたい。
今は円高等の誰かに都合の良いシステム為替により、海外の安価な労働力との競争で、単価も下がり切って、仕事も少ない状態。
このままではいけない!なんとかしたい!出来ることはやってみよう!

為替はコントロールできないので、アイディアを絞っていくしかありません!!

何が出来るだろう?
考えて、考えて、何かやってみよう!



人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。

ブログで元気貰ってます!
青谷好憲


「育ってきたなぁ~」

以前、アホみたいに仕事ばかりする私に対し、先輩から
「自分でやるのが一番簡単。 他人にやってもらう事の方が数倍難しい」
と、言われたことが有りました。
要は人に仕事を任せろ、振れ ということです。


製造は、手2本で作りますから、当たり前ですが手2本分の仕事しかできません。
忙しいからって、手は8本には増えません(笑)
手2本は変わらないので、時間でカバーするしかありません。

こんなこと何年も続けてきたのですが、この間は他の人の倍のスピードで仕事が覚えられ、自然に仕事を深く考えるので応用の幅が広がる、等のお金では買えない貴重な自分の財産を作れるという良い面が有ります。

とは言え、どんなに上達し、効率良く頑張り、睡眠時間を削るなどしても、1日24時間は変わらないので限界が有ります。
それに、やり過ぎると弊害として、まわりが依存し始め 「最後はあいつがやるだろう・・・」のようになって、浮いた存在になったり(笑)
結果、会社に協力するという文化が生まれにくくなり、誰かの成長のチャンスを奪っているという事にもなるかもしれません。
(私個人の考えとしては、 「他人の2倍仕事する!」 くらいの気持ちで仕事する期間があった方が、先々この時間が福利を付けて、自分に帰ってくるので、仕事人生に於いてはあっても良いし、得だとも思います。人生の中の仕事に対する価値観の違いが有るので一概には言えませんが・・・。)


ですが、いつまでもワンマンプレイヤーではいけません。
私、一応は社長ですし(笑)社長の仕事が出来なくなってしまいます。



ですから、この1~2年、このサイクルから抜け出すべく、私は若手を育てています。
正直、最初は思うようにいかず、手を出したくなることもあります。
見ていると手や口を出してしまうので居ないようにしたり・・・。
居なかったら居なかったで、不良品を作り失敗していたり・・・(笑)


それが、ここに来て「育ってきたなぁ~」と感じる事が多々有るのです!
皆に意欲を感じられ、私としてはとてもありがたいのです。
時間だけ会社に居ても、意欲が無ければなかなか成長しませんからね(笑)
この意欲が有ることに感謝なのです。思いのほかに早い成長が何より嬉しいです。


小さな会社にとって、人は財産です。
人が価値を生み、その価値に対してお客さんはお金を払ってくれるのですから!

私の要求、ハードルは割と高いようです(笑)
 ↑結構、言われます。
それに文句を言わず、笑顔で頑張ってくれるみんながいる事、幸せです。ありごとうございます。


人気ブログランキングへ
いつも応援クリックありがとうございます。

ブログで元気貰ってます!
青谷好憲

誠にありがとうございます
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

日々感じた事や、今の想いを その時感じたまま素直に書きたいと思います。
もし後で間違った事に気付いたら素直に訂正しますので、よろしくお願いいたします!
記事検索
プロフィール

青谷 好憲

クリック投票励みになります!
励ましのクリック投票いただけると日々頑張れます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

よろしくお願いいたします。
青谷製作所 運営サイト
青谷製作所
想いを金属に刻む 青谷製作所

社章作成 専門サイト
社章のことなら社章製作所へ

コイン・メダル作成 専門サイト
メダルのことならお任せください!メダル製作所

銘板・ロゴプレート作成専門サイト
ロゴプレート作成のことならお任せください!ロゴプレート製作所

ノベルティーコイン作成サイト
集客アイテムにコインを使おう!

アクセサリータグ作成専門サイト
アクセサリープレート作成はアクセサリープレート.comへ

キーホルダー製作 専門サイト
キーホルダー作成のことならお任せください!
ギャラリー
  • 「リピータを増やす集客アイテム~サービスコイン~」サイトをリニューアル!
  • けど本当はみんなのために頑張って、仲良くしたいと願っている
  • 人には時期がある ~設備導入編~
  • イチロー選手の3000本安打達成のインタビューが興味深かったです
  • 夏です! 社内研修 はじめました
  • 「人材育成の仕組作り研修」 発表会