Amazon.co.jp ウィジェット
ライトノベル感想一覧
トップページ » お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (MF文庫J)

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (MF文庫J)

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (MF文庫J)お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (MF文庫J)
著者:鈴木大輔
メディアファクトリー(2010-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「ご愁傷さま二ノ宮くん」の鈴木大輔さんの作品。

お兄ちゃんのことが大好きな妹と何でもない日常を過ごしていく話。終始、兄と妹の会話で話が繋がれていくわけだけれど、作品のコミカルさは好きになれたので、流れるように読めた。

笑いの感覚が違ってしまうと途端に読み難くなるのだけれど、この作品とは相性が良かった。キャラクターが可愛らしいので、それが動きまわっているのが面白い。

一巻なので、妹がメインの話ではあるのだけれど、この他にも女の子はいる。その中でもアナスタシアは好きだ。毒舌だけれど、その裏が透けて見えるのが良さ。

妹のアタックを華麗にかわしまくる主人公にも好感が持てた。妹の好き好きオーラ全開な部分を楽しみ、それを主人公が何ともなしにかわす。

これから学園生活が始まるということだけれど、妹以外とどうなっていくのか楽しみだ。面白かった。

おすすめ度:★★★

Presented by Minai.


個人的にモノクロの挿絵が好きです。柔らかいけれど綺麗なイラストに魅了される。

トラックバックURL
コメント




情報を記憶 評価