Amazon.co.jp ウィジェット
ライトノベル感想一覧
トップページ » 葉桜が来た夏4 ノクターン

葉桜が来た夏4 ノクターン

葉桜が来た夏〈4〉ノクターン (電撃文庫)葉桜が来た夏〈4〉ノクターン (電撃文庫)
著者:夏海 公司
販売元:アスキーメディアワークス
発売日:2009-05-10
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


 全体通してシリアスだった。たぶん、今までの中で一番シリアスだったのではないだろうか。とにかく暗い。

 気付いたら、学校での話が皆無になっているこの作品。物足りないと感じていたのはこのせいかもしれない。何だかんだと、自分は主人公とヒロインの学校生活が読みたかったのだ。

 シリアスな展開も嫌いではないし、面白かったのだが、やはりどこか物足りないと感じてしまった。

 話の流れ的に、もう学校での話は描かれないだろうし、学校の友達と会うことはもっとないだろう。

 唯一、物語最後で《ネタバレネタバレ》があるが、今後は政治の話や、日常風景だけになってしまうのは変わらないだろうから、そこは少し残念な気がする。

 ここから難しい話が続くかと思うと不安であり、自分などは楽しみだ。4巻での核心部分で葉桜が《ネタバレネタバレ》を説明するくだりは、主人公のごとく一部読者が放置されるだろうが、分かれば面白い。

 自分などは面白く読めた(もっとも、分かりきった伏線なのだが

 また、この4巻ではヒロイン葉桜の出番がどこか空気だ。3巻では主人公が空気に見えていたので、5巻ではまとまるということだろうか? すれ違っている気配。

 続刊も楽しみだ。面白かった。

おすすめ度:4.0

Presented by Minai.


トラックバックURL
コメント




情報を記憶 評価