Amazon.co.jp ウィジェット
ライトノベル感想一覧
トップページ » バカとテストと召喚獣
バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)
著者:井上 堅二
エンターブレイン(2010-08-30)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


 うーん、久々に試召戦争が再開できるようになって、期待していたのだけれど、何だか物足りない印象が強かった。

 というのも、実際に試召戦争をするのは物語の後半で、それ自体もおまけのような扱いなので、何とも消化不良。次巻で物語が動くというような構成になっている。

 明久と姫路さんの関係。

 姫路さんと一つ屋根の下で暮らすことになった明久。玲さんがいるとはいえ、これは立派な同棲なので、どぎまぎする明久を見るのは楽しいです。

 同棲していく中で、鈍感すぎるほどの鈍感だった明久に変化があったのは良かった。姫路さんの気持ちにはまだ気付いていないけれど、そうなりそうな流れが出来た。

 また、例によってクラスの面々は人の幸せを祝えない人達ばかりなので、当然に明久は異端者として捌かれるといういつもの流れも健在。そこに関わってくる冒頭での雄二と翔子の会話。

 何であんなことを言ってしまったのか。

 相変わらずの足の引っ張り合い。バカばかりで、そこは楽しめましたし、面白かった。けれど、アキちゃんネタも含めて、全体的にバランスが悪かった。

 試召戦争が読みたかったのが大きくて、かといって姫路さんとの同棲も案外あっさりしているので、楽しめるけれど物足りない。

おすすめ度:4.0

Presented by Minai.
続きを読む >>

水衛minaiaotsuki_minai  at 12:28 | コメント(0) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ 

バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫)
著者:井上堅二
販売元:エンターブレイン
発売日:2010-02-27
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


 シリーズ10冊目の本作だが、相変わらず面白かった。

 ここまで来ると安定した面白さであって、新鮮さは無い。軽く読めて適度に笑えて、登場人物たちの関係性を楽しむ。

 今回も明久は明久で、雄二は雄二。

 ダウトを皆でやって一喜一憂する話では、明久は姫路さんに、雄二は翔子さんに酷い仕打ちを受ける。闇鍋をやれば玲と姫路のタッグ結成で、当然のように事件発生。

 そもそも食べられないものを入れようとするので怖い。そこを何とかして回避しようと二人で争い、自滅するのはいつも流れですね。憎めないバカです。

 召喚獣システムの実験で、召喚獣が主人のホンネを言ってしまう話では、登場人物たちのホンネへの期待感が良かった。見事にラブコメになっている。

 物語は美波の中学時代で綺麗に終りましたが、短編はこのような構成の場合が多いですね。楽しめました。

おすすめ度:4.0

Presented by Minai.


水衛minaiaotsuki_minai  at 12:36 | コメント(2) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ 

バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)
著者:井上 堅二
販売元:エンターブレイン
発売日:2009-12-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


 テストそっちのけで野球大会をやっているバカテス。短編集ではなく長編で野球をやるとは。野球だけで全て書いているのが凄いです。

 バカテスらしく召喚獣で野球をやるわけだけれど、ピッチャー、キャッチャー、バッターと、召喚獣のルールで野球が行なわれるのが新鮮だった。

 逐一、テストの点数が表示され、ボールを取り損ねたり、デッドボールになったらダメージを受けるのです。我らがF組は当然ですが点数が低いので、野球がとんだ殺戮競技になっていました。

 周りのクラスが強すぎて、ボールを取り損ねたら死が待っている。

 殺戮といえば、今回は姫路さんだった。Fクラスにいながら、Aクラス以上に頭がよろしい彼女は、その点数も桁外れ。それなのに野球のルールは分からないし、運動神経がないので。

 悪気もなく殺戮を繰り返しました……。

 必死で頑張っている姫路さんは、応援したくなりますね。応援した結果、姫路さんの投球は光っていました。デッドボール連発な方向に。

 また、この野球大会で優勝したいの理由というのがバカテスらしいです。没収されてしまった聖典を取り戻したい、参考書を取り返したい、というもの。

 聖典(エロ本)、参考書(エロ本)

 エロ本を取り戻すためにクラス一丸となって頑張るというアホ具合が素晴しい。

 それに今回のバカテスは、雄二と翔子さんの為にある話でもありました。バカだけではなく、シリアスもあるのです。バカをやりながらシリアスをやる。

 勘違いで喧嘩してしまった雄二と翔子さん。そのせいなのか、雄二の調子がいつもとは違う。そうなると野球の試合だって上手く行かない。

 途中で雄二が勘違いに気付くわけだけれど、そこからの展開は熱かった。ギャグからの切り替えとは思えない格好良さでした。雄二のやつ、早く翔子さんと結婚してしまえばいいよ。

 面白かったです。次は短編集らしいですが、楽しみに待ちたいと思います。

おすすめ度:4.0

Presented by Minai.
続きを読む >>

水衛minaiaotsuki_minai  at 14:53 | コメント(0) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ 

バカとテストと召喚獣6.5(ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫 い 3-1-8)バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫 い 3-1-8)
著者:井上 堅二
販売元:エンターブレイン
発売日:2009-08-29
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


 相変わらずバカをやっていて面白かった。

 短編集なので、何も考えずに読めるところが良い。学校でのテストに関わってくるバトル要素が全くなく、日常ストーリーで占められているので純粋にギャグが楽しめる。

 しかし、短編集で、かつクラス間のやり取りが無いとなると、物足りないと感じる部分も出てくる。バカテスの場合、学校でのやり取りがないと普通のラブコメになってしまうからだ。

 それが見たくないわけではないが、バカテスにはバカテスして欲しいというのはやはりある。

 内容の方は……、秀吉が可愛かった!
 そして、翔子さんと雄二のやり取りが良かった!

 ……これで感想を言った気になれるのだから凄いけれどね。

 まず、優子と秀吉を使っての双子姉弟が入れ替わりの話。小説ではよく使われる手法だけれど、これを漫画的ギャグでバカテスなりに返していた。

 一般的には、弟が姉になって行動したら、エロイベントなりが発生してサービスシーン突入なのだろうけど、全くそういうことが起こらない不思議。

 弟である秀吉の方が目立っていて、姉である優子の魅力が発揮されないという。むしろ、優子のはネガティブキャンペーンにしかなっていなかった。

 最終的に、秀吉の胸が成長しているという噂が流れる、と。どれだけ秀吉をヒロインにすれば気が済むんだ。

 更に、何だが全編通して男達が女装していた気がする。自分などはバカテスでの女装ネタはもうデフォルトだと感じているので、そういうモノとして捉えていたのだけど、あとがきにあるように、短編の半分以上で女装してるっておかしい。それにとうとうムッツリーニまで……。

 おかしいと気付かせないバカテス……、怖い。

 最後に翔子と雄二の過去話で締めたのは良かったかな。雰囲気は違うけれど、ああいうバカテスがあってもいい。

 面白かった。続刊も読む。

おすすめ度:4.0

Presented by Minai.


水衛minaiaotsuki_minai  at 12:07 | コメント(0) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ 

TVA 『バカとテストと召喚獣』 メインキャスト公開! 『まほろまてぃっく』7年ぶりに復活!

ドラマCD バカとテストと召喚獣Vol.2ドラマCD バカとテストと召喚獣


■メインキャスト

  吉井明久:下野 紘
  姫路瑞希:原田ひとみ
  島田美波:水橋かおり
  坂本雄二:鈴木達央
  木下秀吉:加藤英美里
  土屋康太:宮田幸季
  霧島翔子:磯村知美

 バカテスのメインキャストが発表になしました。何となく納得できる配役だとは思います。中でも、主人公の明久役に下野紘さんというのはそうです。

 ドラマCDのときから変わっていませんが、はまり役な気がしてならない。バスカッシュのダンもそうだけど、ちょっとテンションが高くて叫ぶ男の子なら、下野紘さんってイメージ。

 中でも、明久と雄二のやり取りであったり、美波と明久のやりとりであったり、自然に下野紘さんの声で想像できてしまうから凄い。
 (……それは水衛さんが声優さん全般が大好きだからじゃね?)

 まあ、原作を読んでいるから、キャストを見ただけでやり取りがイメージ出来てしまうんですよ。磯村知美さんは失礼ながら存じ上げませんが、他の人は知っているので問題ありません。

 今から楽しみですね! アニメは一月だけど!

■TVA 『バカとテストと召喚獣』公式サイト
■ファミ通文庫◆FB Online 特集1「バカテス」メディアミックス最新情報!

バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫 い 3-1-8)


 さて、こちらも楽しげな情報ですよ。なんと、あのまほろさんが新作「まほろまてぃっく 特別編 ただいま◆おかえり」になって帰ってくるらしいです。

 BS-TBSにて、10月17日の25時から前編が、10月24日の25時から後編が放送されるみたいですねー。もちろん水衛さんは見れませんけど。

 見れない人はこれだ!「まほろまてっく」の新作が12月23日にBD&DVDで発売決定! 同じく、TVシリーズ第1&2期も同日BD化だそうですよー。

 悔しいけど、ブルーレイ版は水衛さんは見れないんですよねー。
 だから、ブルーレイ対応機種持ってないって言ってるでしょ!

 !? そ、そうか。ここで薄型になると話題の新作PS3をクリスマス商戦で購入すればいいのか!? まさかそういうことなのか……。価格の30,000円と安めになってるし。

 いかんいかん。妙なところに話が飛んだ。

 「まほろまてぃっく」のキャストは変わらずに、川澄綾子、瀧本富士子、清水愛、菊池由美、水野愛日らが担当だそうで、懐かしいなー。

 今から楽しみではありますね。

■新作「まほろまてぃっく 特別編 ただいま◆おかえり」公式サイト
※音が鳴るのでボリューム注意
■「まほろまてぃっく」が7年ぶりに復活、新作が12月BD発売−ジェネオン。TVシリーズ第1&2期も同日Bl-ray化 (2009年 8月 27日) AV Watch

Presented by Minai.

まほろまてぃっく (1) (Gum comics)まほろまてぃっく TVスペシャル ~えっちなのはいけないと思います~ (初回限定版) [DVD]


水衛minaiaotsuki_minai  at 12:09 | コメント(0) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ 

「バカとテストと召喚獣」PV公開! とある科学、けんぷファー、劇場版 「"文学少女"」など!

PV バカとテストと召喚獣


 各種サイトさんがリニューアルしたみたいですねー。リンクを下の方に貼っておきますのでどうぞー。

 「バカとテストと召喚獣」はPVが公開されました。無駄にカッコイイ演出ですが、読んだことある人には笑えて仕方ないと思います。

 劇場版「"文学少女"」公式サイトはリニューアルです。トップに橙子先輩がいますが、アニメイラストになっていて……、新鮮ですね! うーん、正直言うとちょっと変。
 ※サイトは開くと音が出るので音量注意。

 「とある科学の超電磁砲」公式サイトリニューアル。漫画で活躍する4人がトップに。テーマカラーは赤、オレンジみたいですねー。とある魔術は青、水色だったので。

 声優さんも公開されてますのでチェック。初春飾利は豊崎愛生さんが演じられるらしいので楽しみ。

 「けんぷファー」これはいつの間にか公式サイトが出来ていた。知らなかった……。

 そして面白いのが、キャストが一部公開されているのに主人公のキャストは未発表という点。(普通は主人公から順に公開になると思う

 逆に、作中で「お前の声は〜〜〜〜みたいな声だ」と、そんなやり取りがあるキャラに関しては、まさにその設定どおりの声優さんが配役されています。

 美嶋紅音:堀江由衣
 セップククロウサギ:田村ゆかり 
 カンデンヤマネコ:水樹奈々

 それぞれ、いがらっぽい堀江由衣みたいな、口の悪い田村ゆかりみたいな、水樹奈々みたいな、声と設定がありますよー。

 インターネットラジオも配信決定なそうなので、誰が担当するのか楽しみ。普通なら主人公役の人がやるんでしょうね。それかもっと脇役の人か。

◆劇場版「"文学少女"」 公式サイトリニューアルオープン!
※サイトは開くと音が出るので音量注意。
◆「とある科学の超電磁砲」公式サイト
◆「けんぷファー」公式サイト

Presented by Minai.


水衛minaiaotsuki_minai  at 12:40 | コメント(0) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ 

バカとテストと召喚獣6 肝試し対決!

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫 い 3-1-7)バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫 い 3-1-7)
著者:井上 堅二
販売元:エンターブレイン
発売日:2009-04-30
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


 バカテスは人前で読んではいけない――。改めてそう感じました。

 顔が引きつるというのはああいうことを言うんですね……。6巻はバカ成分が若干少なめなのに、要所要所で笑いを堪えるのに必死でした。笑ってないとは思うんですが、ニヤケ顔になっていなかったのを祈るばかりです。

 バカテスの中でも特にバトルがバトルらしかったと個人的に思う6巻となった。実際に描写されているページ数は試召戦争をやっているわけではないので少なめなのだが、内容は濃かった。

 召喚獣が変化しているのもアクセントとなっていて良い。調整に失敗したとかでどうなるのか不安だったが、古今東西の物の怪とは。面白かった。(主要キャラ全員の見た目がマシになったのもある

 ↑でも言っているように、バカ成分は少なかった。かといって物足りないわけではない。しっかりとバランスは取れていたので、こういう話があってもいいと思う。

 具体的には姫路さんが頑張るお話。明久との距離が急接近でヒロイン然としていた。やっと恋愛に本格参戦の模様。(遅い気がしなくも無いけど

 また、果たして肝試しがどうやったら対決になるのか見ものだったが、なるほど感心。一種ゲームみたいにクリアしていくのが読んでいて楽しかった。

 そんな中、第5問最後の流れから、第6問のテスト回答。どちらも明久が良いこと言っている。バカテスにはどうも似合わないと思ってしまうが、熱い展開は嫌いじゃない。

 雄二と翔子さんの絡みが若干少なく残念だったが、それでも印象に色濃く残った。肝試しのとこは最高だ。

 バカテスは面白い。いつ終るのか不安になるが、続刊にも期待する。

 そして僕らは忘れない。P131の衝撃を――。
 いつか戻るんだ、P39へ……。

おすすめ度:4.0

Presented by Minai.


水衛minaiaotsuki_minai  at 12:15 | コメント(0) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ 

「文学少女」劇場アニメ化、「バカテス」公式サイトオープン!、「飛空士」ラジオドラマ化

“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ) 1 (ガンガンコミックスJOKER)“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ) 1 (ガンガンコミックスJOKER)
著者:野村 美月
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2009-04-24
クチコミを見る


 実は4月22日の情報のような気がするけれど、ここまで引っ張ってしまった。特に文学少女は22日の時点で情報が上がっているのを水衛さんは確認してました。

 でも、24日にまとめて紹介できたので結果的には効率的っぽい。

 文学少女がアニメ化されるってのは前々からの情報として存在していて、それがどういう形なのかと思っていたら劇場アニメ化。どういう構成になっているのか不明だけれど、空の境界のように数本公開とかかもね。

 これを見に行くってことは、地方人は最寄の大都市に行かないといけないってことだよね、おそらく。かくいう水衛さんも。

 バカテスについてはなんてことは無い。公式サイトがオープンしたのです。スタッフ情報等が発表になってます。最近だと「ef」やら「ひだまり」やらをやられている人たちです。

 とある飛行士への追憶は読んだことないのですが、この度ラジオドラマ化するらしい。5月7日(木)24:30〜24:40ごろから、毎週木曜

 AMラジオ 1242 ニッポン放送「宇宙GメンEX」内「アニコボ」にて

 ラジオドラマが放送? になるみたい。声優さんが誰になるのか水衛さんは情報を持ってません。

 さて……、今日は深夜まですっとラジオなので、今も「A&G REQUEST デジスタ」を聞いてますが、聞いてきます。

◆TVアニメ『バカとテストと召喚獣』公式サイト 2009/04/24
◆“文学少女”×Production I.G 劇場アニメ化決定! ファミ通文庫FB Online
◆TVアニメ化決定!鬼才・大沼心×高山カツヒコVS『バカテス』!? ファミ通文庫FB Online特設ページ
◆[ライトノベル]文学少女劇場アニメ化、バカテスTVアニメ化、飛空士ラジオドラマ化など 2009/04/24 平和の温故知新@はてな
◆[フォント] 『文学少女』のロゴCommentsAdd Star 2009/04/24 ゆず屋

Presented by Minai.

バカとテストと召喚獣 6バカとテストと召喚獣 6
著者:井上 堅二
販売元:エンターブレイン
発売日:2009-04-30
クチコミを見る

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
著者:犬村 小六
販売元:小学館
発売日:2008-02-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


水衛minaiaotsuki_minai  at 17:41 | コメント(0) | トラックバック(0) 、ウ、ホオュサッ・・テ・ラ。ェ