平野貞夫氏の朝日ニュースターでの暴露発言はきわめて重要である。
 平野氏によれば、小沢一郎氏に関連した西松建設事件捜査が、自民党(当時)の森英介法務大臣の指揮権発動によるものであったという疑惑である。

 同様に、元検察官で自民党寄りのヤメ検弁護士が、東京第五検察審査会での「起訴相当」を誘導したことも分かってきた。
 上記の仮説に基づけば、小沢幹事長及びその周辺への一連の東京地検特捜部の攻撃的捜査は、前政権、すなわち自民党による意図的な小沢一郎つぶし、民主党つぶしであることがよく理解できる。

 以下の<考えられる構図>はTwitterへの読者の意見だが、小沢一郎幹事長への一連の東京地検特捜部の捜査活動は、民主党に政権交代することに危機感を持った当時の自民党が仕掛けた罠であることをよく示している。
《考えられる構図≫
自民党が指揮権発動→一連の捜査開始→証拠が上がらず失敗→自民の息がかかった弁護士事務所を介して、審議会を主導し起訴相当
....  西松建設事件で大久保秘書が逮捕された当初、小沢一郎代表(当時)や鳩山由紀夫幹事長(当時)は、「国策捜査」ではないかという趣旨の発言をした。平野貞夫氏の昨日の爆弾発言が事実なら、まさにその通りということになる。

 漆間巌官房副長官は2009年3月5日、国策捜査に関連して小沢一郎代表の秘書逮捕に言及し有名な「東京地検特捜部の捜査が自民党議員に拡大することはない」との見通しを示している。
 政府の中枢にいる官房副長官が「捜査が自民党議員に拡大することはない」との見通しを述べたこと自体、政府と東京地検や司法当局がツーカーの関係にあることを指し示すものである。
 仮に平野氏が述べたように、法務大臣(当時)の指揮権発動ではじまった東京地検特捜部の小沢一郎氏周辺への捜査であるなら、すべてのことが氷解する。
 周知のように当初の西松建設事件として逮捕、起訴された大久保秘書(当時)の公判は東京地検特捜部が思い描いたシナリオのひとつひとつが瓦解し、現在、公判は立ち往生し検察側の敗訴が濃厚となっている。

 またその後、東京地検特捜部が逮捕、起訴した石川衆議院議員らの裁判も検察側のシナリオは行き詰まっている。
 最大の問題は、政権交代を阻止するために血迷った前政権が画策した小沢一郎代表(当時)周辺への逮捕、起訴劇であっても、結果的に大メディアがまともな背景取材をせず、自民党政権の思いのままに手先となって動き、情報操作による世論誘導に突っ走ったことである。
 前政権の広報機関と化した大メディアの情報操作による世論誘導は、政権交代後も続き、民主党への甚大な信用棄損現象を起こしている。