青山貞一ブログ

独立系メディア「今日のコラム」に連動するブログ

2010年10月

正義を追い続け天界から追われた阿修羅とは 青山貞一


2010年10月17日の昼、NHKのBS102で平壌遷都1300年祭に関連し、奈良の興福寺宝物殿を中継していた。興福寺といえば何と言っても「阿修羅」像である。

※正式番組名:平城遷都1300年 中継
あなたの知らない奈良 〜美と風景と生き方の再発見物語

その阿修羅はやたらと正義感つよく、ために天部の大守護神である帝釈天の逆鱗に触れ、天部から追われることになった。

NHKの中継では岡倉天心が明治初期に神仏分離政策により破壊された仏像の保存に尽力したことについて議論を進めていた。

過去の東京国立博物館における展示でも圧倒的な人気を誇った阿修羅像であるが、やはり、気になるのは「阿修羅とは」である。


出典:NHKのBS102のライブ画面(Sony Bravia)を撮影
撮影:青山貞一、Digital Camera, Nikon Cool Pix S8 

以下は「阿修羅とは」についての概説である。

修羅場(戦いの場)という言葉でも有名な「阿修羅とは」

阿修羅の姿は、三面六臂(三つの顔に六つの腕)で描かれている。奈良県・興福寺の八部衆像・阿修羅像(国宝)や京都府・三十三間堂の二十八部衆像・阿修羅像(国宝)が有名である。

日本語では、争いの耐えない状況を修羅道に例えて修羅場(しゅらば)と呼ぶ。修羅場は激しい闘争の行われている場所あるいはそのような場所を連想させる状況を指す。


出典:NHKのBS102のライブ画面(Sony Bravia)を撮影
撮影:青山貞一、Digital Camera, Nikon Cool Pix S8 

◆帝釈天に刃向かった阿修羅

阿修羅は帝釈天に歯向かった悪鬼神と一般的に認識されているが、事実は少し違う。阿修羅は正義を司る神といわれ、帝釈天は力を司る神といわれる。

阿修羅には舎脂という娘がおり、阿修羅はいずれ帝釈天に嫁がせたいと思っていた。だが、その帝釈天が舎脂を力ずくで奪ったことに怒った阿修羅は、その後帝釈天に執拗に戦いを挑むことになる。

帝釈天は配下の四天王などや三十三天の軍勢も遣わせ応戦した。戦いは常に帝釈天側が優勢であった。

ある時、阿修羅の軍が優勢となり、帝釈天が後退していたところへ蟻の行列にさしかかり、蟻を踏み殺してしまわないようにという帝釈天の慈悲心から軍を止めた。それを見た阿修羅は驚いて、帝釈天に計略があるかもしれないと疑念を抱き撤退した。

この話が天部で広まり、阿修羅は正義ではあるが、正義であってもそれに固執し続けると善心を見失い妄執の悪となることから、仏教では天界を追われ人間界と餓鬼界の間に修羅界が加えられたともいわれる。

阿修羅を意訳すると「非天」となるが、これが意味するところは阿修羅の果報が優れて天部の神にも似ているが天には非ざるという意義から名づけられた。

◆阿修羅(意訳:非天)

阿修羅は八部衆に属する仏教の守護神であるが、大乗仏教時代、その闘争的な性格から五趣の人と畜生の間に追加され、六道の一つである阿修羅道(修羅道)の主となった。

ということで、阿修羅はたとえ天界から追放され、天部の一員(神)とならずとも、正義、真実を徹底的に追求する、そのための闘争心を忘れない安易な妥協をしない神であり同時に神でない存在(非天)といえるのだろう。

参考:日本語Wikipedeia

円高を大いに生かし 世界を旅しよう (1)円高は悪なのか? 青山貞一

世は円高である。日本の新聞、テレビのニュースだけを見ていると「円高=悪」という論調ばかりだ。しかし、何も世の中、輸出産業、企業だけでない。 私たち一般人にとって、これだけの円高は外国製品を買ったり、海外旅行に行く上でまたとないチャンスでもある。

またいくら日本政府や日銀が円高に介入しても、おそらく円高は今後も進むだろう。

1ドル=70円、1ドル=60円と進む可能性がある。同志社大学の浜 矩子教授は、ごく最近、テレビ番組で最終的には1ドル=50円まで行くのではと述べていた。 浜教授の専門は
国際経済のマクロ分析である。1ドル=50円はまだしも、1ドル=80円、1ドル=75円になる可能性は十分ある。


もちろん、浜教授が予想するような円高になれば自動車や家電製品など加工貿易で輸出が中心となっている日本企業は壊滅的な打撃を受けることは想像に難くない。

今、政府や経団連が円高を忌み嫌っているのは、あくまで輸出産業、企業だけを重視しているからである。経団連などまさに上場の輸出産業の利権団体にすぎない。

もちろん、日本の産業、企業が輸出が中心であることは間違いなく、これ以上円高が進めば、もとの大企業だけでなく、下請け企業、孫請け企業などが大変な影響を受けることになる。さもなくとも深刻化している日本の雇用がさらに厳しい状態にならざるを得ない。

かといって、グローバル化した今の世界で、円高を日本政府や日銀の介入で抑制することは非常に困難である。実際、最近2−3兆円規模で行った日銀などの介入では、一時2円ほど円安になったものの、すぐにもとの水準に戻っている。

今の円高が本当に日本の経済力の実態を表しているかという問題はあるにせよ、かといって自分たちの都合だけで為替レートをどうにかできる問題ではないのだ。

したがって、私たち一般市民、消費者は自分たちなりに、この円高状況に対して自衛措置をとらなければならない。自衛措置などと言うと大げさだが、円高メリットをいかに活用するかがその場合のポイントとなる。

当然のことだが、円高となれば、私たちの生活に関連する電気代やガス代はじめ輸入品の価格は下がることになる。電気もガスももとは石油、天然ガスを輸入しているからだ。自動車や家電も、欧米諸国や韓国などが製造しているから日本製品以外で良ければ、LGやサムスンのテレビやアウディ、ヒュンダイの自動車は今よりさらに安く買える。アップルのコンピュータもそうだ。

今後、輸出産業、企業ばかりの日本の産業構造、企業体質を変えてゆかなければならない。また円高に強い企業や第三次産業を大いに起業すべきときに来ているとも言える。今までは、あまりにも輸出企業ばかりが幅をきかしてきたことのツケがでてきたとも言える。

現在アジアでは日本自身がたどってきた道をたどっている。アジア諸国は安い人件費と習得した高度技術を武器に、良いものを安く先進国市場に輸出している。日本がいつまでもワンパターンの加工貿易立国で生きて行けるはずもないのである。そもそも、日本の家電メーカーにしても、パソコンメーカーにしても、食品メーカでもアジア諸国に生産の場を移しているではないか。

政府やエコノミスト、評論家はデフレ、デフレと騒いでいるが、そもそも上記のような状況ではアジア諸国からそこそこ高品質で廉価な製品が洪水のように流れ込み、また航空運賃一つとをっても国際競争にさらされるサービス分野では競争が激しくなるから、サービスもリーズナブルにならざるを得ない。流通革命も低価格に貢献している。

本来これも消費者にとっては大いに歓迎すべきことといえる。

つづく
記事検索