みなさま

 青山貞一です。

 以下は今朝の東京新聞、こちら特報部の見開き2面の大きな記事です。
 PDF版とテキスト版を掲載しています。きわめて重要な記事です。

 記事はがれき広域化問題を連発している東京新聞の佐藤圭記者です。

 右面が環境行政改革フォーラム事務局長の鷹取敦さんへのインタビュー
記事、そして、左面が闘う住民とともにゴミ問題の解決を目指す弁護士
連絡会の梶山正三会長(弁護士、理学博士)へのインタビューをもとに
書かれており、いずれも自治体と国民を愚弄する環境省のトンデモない
隠蔽体質に触れています。まさにカウンターパンチの記事です。

◆がれき広域処理混乱のワケ・元凶は秘密主義環境省・自治体と住民蚊帳の外 
  東京新聞こちら特報部(PDF版)

◆がれき広域処理混乱のワケ・元凶は秘密主義環境省・自治体と住民蚊帳の外 
  東京新聞こちら特報部(テキスト版)

 なお、一昨日、独立系メディアE−wave Tokyoでは、鷹取敦さんへ
の緊急インタビューを行い、今朝公表しました。
  
◆鷹取 敦: 環境省「がれき検討会」議事録 不開示問題  You Tube

◆鷹取 敦: 環境省「がれき検討会」議事録 不開示問題  USTREAM Ch5 

 今まで、私たちは池田こみちさんが中心となり、環境省の「がれき広域処理」
問題でジャブを応酬してきましたが、今回の記事は、地方自治を踏みにじり、
国民を愚弄する環境省の極度な隠蔽体質が明確化したもので、記事にもあるよう
に全国的規模のゴミ紛争、住民紛争に発展することは間違いありません。

 なお、池田こみちさんのところには、九州から北海道まで現時点で20
以上の講演依頼がきています。

 青山貞一は明日から沖縄県の市民団体に呼ばれ、がれき広域処理問題を
沖縄大学や首長が受け入れを一方的に表明している基礎自治体の市民団体
に話しに行きます。

 何と沖縄では、瓦礫受け入れに在沖縄外国人が懸念を表しつつあり、
米軍らが動くかも知れないという論考も来ました。

◆青山貞一:「がれき広域処理」問題 沖縄講演ふたつ  

★がれき受け入れで米軍動くか−在沖外国人ら受け入れ反対の動き

 なお、がれき広域処理の本質的問題の関連記事、論考、動画については、
以下の独立系メディア E-wave Tokyoをご覧ください!

●独立系メディア E-wave Tokyo(東京都品川区)
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm