青山貞一ブログ

独立系メディア「今日のコラム」に連動するブログ

森田健作

森田健作「完全無所属」不起訴と政治資金収支報告   青山貞一

 

 森田健作知事の「完全無所属」宣言に対する刑事告発を千葉地検は不起訴処分とした。

 日本の地検は、一方で小沢一郎氏の公設秘書を「国策捜査」により起訴しながら、かの二階経済産業大臣(元)も対して出された刑事告発については、当人はもとより秘書についてもを不起訴としている。

 そんな日本の地検が森田健作知事を不起訴にすることは朝飯前なのだろう!
 
 森田健作氏、本名、鈴木栄治氏が昨年末まで自民党とどういう関係にあったか、また、幸福の科学との関係を示す資料が公開された。

 周知のように昨日、2009年9月30日、総務省は政治資金の収支報告書を公表した。ただしこの報告書は昨年度のものであり、今年度ではない。

 以下が総務省が公開した森田健作氏の政治資金収支報告書。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/090930/000013057.pdf

 報告書を見ると、当時、何ら政治家でなかった森田健作氏に4千9百万円超の政治資金関連の収入があり、3千3百万の支出があることが分かる。

 その内訳を見るとびっくりだ。

 自民党から昨年度(2008年分)だけで1千百万円の寄付があった。幸福の科学からも100万円の寄付もある。一番大きな収入は出版記念パーティーで2千6百万円もあった。

 千葉地検は(自民党から)所属党派証明書の交付を受けていないことを理由に不起訴処分としたが、選挙の前年まで年間自民党から1千百万円超の寄付を受けていた事実を完全無視するのは明らかにおかしい。今年分は来年の秋にならないと公開されないが、おそらく知事選挙の直前まで自民党から多額の寄付を受けていた可能性もある。

 森田氏と自民党との密接な関係を示す状況証拠はごまんとある。葉地検はそれについても無視したことになる。

 当然のこととして、今後、検察審査会への異議申し立てを行うことになるだろう。そこで起訴相当が2回出れば、地検を飛び越え森田知事は起訴となる。

 それにしても東京地検特捜部、大阪地検特捜部、千葉地検など、こと政治家に関する対応は、きわめて不可思議であり、恣意的なものを感じざるを得ない。

 千葉地検は(自民党から)所属党派証明書の交付を受けていないことを理由に不起訴処分とするなら、刑事告発受理後、数週間で不起訴処分とすればよい。半年もたってこんな処分を公表すること自体、理解できない。

 私見だが、民主党政権は、脱官僚主義を言うなら、司法システムのどぶ掃除、一大改革をすべきである

 税金で喰っている公共組織でもっとも情報開示がなされないのは検察である。

 同時に、一部大メディアに情報リークし、情報操作で世論を誘導してきたのは、検察庁ではないのか? また森田健作氏の問題でまともな報道をしていない大メディアも同様にきわめて不可思議である。

森田健作知事を不起訴処分 「完全無所属」は嫌疑不十分
共同通信 2009.9.30

 3月の千葉県知事選で「完全無所属」をうたい初当選した森田健作知事は公選法違反にあたるなどとして、市民団体が告発した問題で、千葉地検は30日、嫌疑不十分として知事を不起訴処分にしたことを明らかにした。

 告発状は、森田知事が自民党東京都衆議院選挙区第2支部の代表を務めながら知事選の法定ビラに「完全無所属」と記したのは公選法235条1項違反(虚偽事項の公表)にあたるとしたが、地検は「(自民党から)所属党派証明書の交付を受けていない以上、無所属とせざるを得ない」と判断。

 また同支部が2005〜06年、外国人や外国法人の持ち株比率が50%を超えていたディスカウントストア大手「ドン・キホーテ」(東京)から受けた献金980万円は、当時の政治資金規正法22条に違反すると告発した点では「寄付者の持ち株比率について認識があったとは認定できない」と説明した。

森田健作氏を告発する会、今日、刑事告発へ

「森田健作氏を告発する会」
今日、刑事告発へ

 15 April 2009

皆さまへ・・・

皆さまのご協力に感謝申し上げます。

いよいよ本日(4月15日)に森田健作氏(本名:鈴木栄治)を千葉地方検察庁特別刑事部に公職選挙法違反等で刑事告発します!

皆さまからの「委任状とカンパ」の合計を報告します。

・委任状  854通  
・カンパ (現金 86,102円、 切手 150,524円分、 印紙 100円分)

 ※切手のなかに昔の50銭切手、1円切手なども含まれていましたが
   50銭切手はカウントしませんでしたのでご了承下さい。

≪告発状の提出と記者会見≫ 
   
4月15日(水)
 13:00 千葉県議会6F 「市民ネット、社民、無所属」会派室に集合

 13:30 千葉地方検察庁特別刑事部(南町分室)に「告発状と委任状」
       を提出
 15:30 千葉県庁新館(高層ビル)1F ロビーに集合
 16:00 千葉県庁新館5F 県庁記者クラブで「記者会見」(30分程度)
 16:30 今後の運動方針、告発人への報告方法、発送経費など
       世話人で協議。

≪多数の弁護士がボランティア協力!≫

 代理人の西島 和(にしじま・いずみ)さんを筆頭に、八ッ場ダム住民訴訟の弁護士が 10名近くボランティアで強力な弁護団を結成してくれる見通しになりました。

≪報道機関≫

NHK、TBSテレビ、テレビ朝日ほか多数のテレビ局。読売新聞、朝日新聞ほか多数の新聞社。文春、週刊新潮ほか多数の週刊誌・紙などが取材予定です。


≪森田健作氏を告発する会≫の4月15日(水)の連絡窓口

・大野ひろみ(千葉県議) 携帯 090−5213−5254
・吉川ひろし(千葉県議)  携帯 090−4176−5421 
 
*****************************

吉川ひろし(千葉県議・無所属市民の会)
〒277-0861千葉県柏市高田754−24
電話・FAX 04-7144-0073
h-yosikawa@jcom.home.ne.jp
http://members.jcom.home.ne.jp/h-yosikawa/
 
 
吉川ひろし:「森田健作氏を告発する会」発足、15日告発へ 
 
 
記事検索