青山貞一ブログ

独立系メディア「今日のコラム」に連動するブログ

オーディオ

慶応義塾大学  ベートーヴェン全交響曲をUsreamで全世界に生配信   青山貞一

 ネットメディアもついにここまで来たか! ニコニコ動画による小沢一郎氏の独占インタビューの話ではない。

2010年の大晦日12月31日に、慶應義塾大学が3D高品質の映像と音声で全世界にUstreamを使いベートーヴェン全交響曲を一挙、インターネット中継したのだ。

イベント名は「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」

しかも、指揮者は、かのローリン・マゼール氏、オーケストラはN響など選りすぐりのメンバーによるメモリアルオーケストラである。

最後に演奏されたベートーヴェン第九交響曲のソリストと合唱は以下の通り。

中丸三千繪(ソプラノ)、
坂本朱(アルト)、
佐野成宏(テノール)、
福島明也(バリトン)

合唱:晋友会合唱団 

この一大プロジェクトは慶應義塾大学とWIDEプロジェクトが東京文化会館大ホールにて開催されたコンサートを全世界に向けリアルタイムでインターネット配信したUstreamを使うことで高品質の映像と音質、ハイビジョン並のネット生中継を実現した。

本ストリーム中継は、720p映像 約2Mbpsで配信、私は午後10時30分に開始したベートーベンの第九交響曲を最初から最後まで視聴したが、画質・音質ともに非常に綺麗であった。

以下の3枚は、私のパソコン画面を複写したものを横500ピクセルに縮小したものである。実際の映像は、ハイビジョン並といってよく、音質も低域から超高域までよくのびており、臨場感もあった。


PC画面より直接取得

PC画面より直接取得

PC画面より直接取得

自宅の書斎にある音響システムは以下の通り。Ustreamからインターネット回線経由で受けた音響信号はアンプのAUXのアナログ入力に入れ、映像はPC用液晶モニターで受像した。アンプはいずれもデジタル入力対応が可能だったが、今回はアナログ入力で対応した。

ネット系は一切特殊な装置は使って折らず、YouTubeやニコ動を使う場合と同じである。なお、PC環境はWindows7、CPUはペンティアムG6950、主記憶は2GBである。

当初、画像がハングしたが送信側が何らかの対応をした模様で、それ以降一切ハングや不具合はなかった。自宅(東京都品川区)のADSLの速度は8Mbps程度であるが、一台で受信する場合はまったく問題はないようだ。

アンプ
ビクター EX-AK1
ボーズ  RA18
LSIのTDA2009を2組使った自作の4チャンネルバイアンプ

スピーカー
ビクター フルレンジ・コーンスピーカー左右1個=2個
BOSE  中高音用小型スピーカ左右2個=4個
ビクター ブックシェルフ左右2個=4個
オンキョー D-D1左右2個=4個

左チャンネル*********右チャンネル
(サブウーファーは別途)

サブウーファー
BOSEサブウーファー1個
ヤマハ・サブウーファー1個、

すばらしい臨場感とハイビジョン並のきめの細かな画像で視聴できた。

アンコールがなかったのが残念だったが、今年は、YouTube、ニコニコ動画そしてUstreamと既存メディアを凌駕するネットメディアのすばらしいコンテンツ(番組、報道、音楽)があった。

Ustreamを使えば記者会見の生全中継やこの種の画期的な市民メディアが実現することになる! 大メディアの呪文から解き放され、日本でも多様なオルターナティブメディア、独立系メディアが情報発信できる!


以下は慶応大学が2010/12/22に出したプレスリリース

慶應義塾大学は、学部研究科横断型研究・教育プログラムの一環として「ベートーヴェン・インターネット配信実行委員会(委員長:環境情報学部長・教授 村井 純)」を設置し、2010 年12 月31 日に東京文化会館大ホールにて開催される「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」(指揮:ロリン・マゼール)を、3D・高品質の映像・音声で、全世界に向けてインターネット配信いたします。

配信されるコンサート映像は、インターネット基盤を用いアジア諸国の高等教育に貢献することを目的に各パートナー大学に対しリアルタイムの授業配信や講義の共有等を行っている「SOI(School on Internet)Asia プロジェクト」のネットワークでアジア14カ国の大学に届けられ、子供たちが音楽を楽しむための教育プログラムを実施するほか、最先端技術を駆使し学術ネットワークとも協力しながら、様々な形式・手法で世界の国や地域に届けられます。

また、当日は、世界中でコンサートを共に鑑賞できる環境の体験により、芸術と教育の新たな形を考えるための体感実験・討論会を慶應義塾大学日吉キャンパスにて行います(参加者:慶應義塾関係者ほか)。


オーディオ・コンポ使用雑感〜意外な評価結果〜   青山貞一@東京都市大学


オーディオ・コンポ使用雑感
意外な評価結果(拡充版)

青山貞一 18 April 2009
独立系メディア「今日のコラム」


 今回はひさびさ趣味のオーディオについて書いてみたい。

 ここ数年、市場での売れ筋、ベスト・バイ、非売品、それに気になるユニークなオーディオ・コンポを購入してみた。試聴ではなく実際に購入したのは次の8製品である。

1) BOSE AWM "Acoustic Wave Music System" 28万円
2) BOSE RA-18 + DVA-18 + AM-5 10万円
3) Victor EX−AK1 4万円
4) Denon D-MG33 4万円
5) Denon DHT−M30 2万8千円
6) Logi Cool  Z4 9千円
7) Altec Lancing ATP35 Dellのパソコンに付属
8) Harman/Kardan N206   Dellのパソコンに付属

●個別講評

 以下に使用雑感を述べる。以下はあくまで私見であることをお断りしておく。

1) BOSE AWM "Acoustic Wave Music System"  28万円



 BOSE AWMは9年ほど前に約28万円で購入したものだ。空気清浄機とよく間違えられる筐体には、5つだか6つの小さなスピーカーがついている。CD、DVDプレーヤーとチューナが付いている。このBOSE AWMシステムは非売品である。あるときBOSEのセールスマンが電話後に来て、「あなただけに」と勿体ぶり買わされたものだ。率直に言って、置き場所を選ぶのか、価格の割には気に入った音がでていない。セールスマンは確かに非売品と言ったが、あちこちで使っているひとの名前を聞く。その後、同じセールスマンはその後、独立してまったく別のオーディオ・システムをやはり30万円前後で売っていて、電話が掛かってきたりDMメールを年に数回送ってくる。一体どういう神経をしているのだろうか?

2) BOSE RA-18 + DVA-18 + AMS-1検  10万円

 BOSE RA-18 + DVA-18 + AMS-1犬眛瑛佑肪屬場所のセッティングが難しい。このシステムもCD、DVDプレーヤーとチューナーがスピーカー、サブウーファーについている。とくに肝心な重低音が店で聞いたときのように思うように出ていない。サブウーファーの置き場所が悪いのかも知れない。北軽井沢の別荘のリビングでもこのシステムの前身のシステムを使っているが、やはりセッティングにより低音、重低音が大きく変わる。




価格コムでの評価。値段や巷の評価の割にはいずれも評点が低い。

3) Victor EX−AK1               4万円

 Victor EX−AK1は最近購入したシステムだ。木をくりぬいたコーンをスピーカーに使っているということで新味があった。しかし、当初から懸念していたように、低音、重点音でまったく力不足である。サブウーファー端子があるので、サブウーファーをつければそこそことなるか。高音、中音は繊細で耳障りでないよい音がしている。またEXーAR3と違い入出力、内蔵メモリーを使った曲のデータベース化ができない。




価格コムの評価。やはり操作性と入出力端子が問題となっている。

4) Denon D-MG33               4万円

 Denon D-MG33は、CD、MD、チューナー付きのコンポである。非常に高品質の高音、中音、低音がでている。特段、サブウーファーの端子はあるが、必要性は感じない。いCD、MD、チューナー付きのコンポとして場所をとらない。クラシックからJポップスまで何でも良く鳴る。おすすめである。30曲登録できるめもりーもついている。現在は3万円以内、最低価格は25000円程度でで購入できるはず。




価格コム(オーディオコンポ部門)での評価。全般的に高い。

5) Denon DHT−M30              2万8千円

 Denon DHT−M30は超廉価な5.1チャンネルコンポである。かつて価格コムでベストバイとなっていた。家庭用テレビと組み合わせ5.1などを簡単なセッティングで聴く分にはよいだろう。ただし、音楽CDを本格的に聴くにはすべてにわたりプアーである。現在は製造終了のはず。




価格コム(オーディオコンポ部門)での評価。値段の割に評価は高い。

6) Logi Cool  Z4           9千円

 価格コムなどで、なまじの3−5万円台のオーディオコンポより、よほど良い音がすると書かれていたので、近くのPCデポで購入してみた。なんとなんと、高音、中音、低音いずれもバランスがとれたすばらしい音を出してくれる。低音はバスレフではなく、密閉の大きな容積のある箱に大きな口径のスピーカーユニットがついており、安っぽくない重低音が楽しめる。しかも音量と低音用のつまみがついていて調整できるのもよい。最大の特徴は非常に自然、ナチュラルな音がしていることだ。人の声やピアノがごく自然に聞こえる。低音も無理矢理出しているのではなく、自然である。出力は普通の部屋なら十分。現在は7000円程度でも購入可能。




価格コム(PCスピーカー部門)での評価。全般的に高い。

7) Altec Lanscing Multimedia Speaker System, Dellのパソコンに付属

 これは5−6年前、DellのPCを購入したとき付属でついてきた5.1チャンネルオーディオ・システムだ。小さなスピーカーが4本、サブウーファーが一台ある。いわばおまけでついてきた5.1チャンネルのオーディオシステムだが、これが実にすばらしい音を出してくれる。大学でもこのシステムを使っているが、外から研究室に入ってきたひとは、この音は何処のスピーカーですかと聞かれる。高音と中音はしっかりメリハリのあるしっかりとした音、低音は大きな容積のボックスのサブウーファーである。出力は20畳までのリビングでも十分だ。値段は不明だが、いろいろ調べるとかなりリーズナブルなようだ。ただし、現在は生産中止となっている可能性が大。



7) Harman/Kardan N206, Dellのパソコンに付属

 やはり6年前、DellのPCを購入したとき付属でついてきたオーディオ・システム。小さなスピーカーが2本、サブウーファーはない。いわばおまけでついてきたオーディオシステムだが、これもアルテックランシングのシステム同様、実にすばらしい音を出してくれる。ただし、サブウーファーがないので、アルテックランシングのシステムに比べると低音域がさびしい。ただ、下の写真にあるように2本のスピーカーだけなので、ノートパソコンと一緒に持って行きプレゼンなどで威力を発揮する。すばらしい音でプレゼンができる。




●全体講評

 以上、ざっとコメントを書いてきたが、費用対効果を考えると、圧倒的に6)か7)をおすすめする。7)は現在入手できるかどうか不明だが、6)は7−9千円でPCデポなどでいつでも購入できるはずだ。

 6)や7)は買ってもソンはない、間違いがないシステムである。

 さらに調べるとLogi CoolとPC用のAltec Lanscingはどちらかが、他のOEMとなっている可能性がある。となれば、6)と7)がおすすめのコンポであるのはうなずける。もちろん、6)と7)はCD、DVD、MDなどのプレーヤーやチューナーはついていな。PCに付けてCDやなどを聴くのには最適である。


Altec Lanscing Multimedia Speaker System, 大学の研究室にて

 よく言われることであるがオーディオシステムは、価格に音の良さは比例しないことを再度実感した次第である。また音の善し悪しは、非常に主観的、心理的要素が関係している。さらに、BOSEのシステムように置き場所によって著しく重低音が変わるものもある。

 とはいえ、Logi Cool  Z4やAltec Lanscing Multimedia Speaker Systemは、置き場所をそれほど選ばずにすばらしい音を出してくれる。Altec Lanscing Multimedia Speaker Systemの価格は不明だが、DellのPCにおまけとは言わないが付いてくるのだから、たいした価格ではないだろう。Logi Cool に至っては価格コムで7000円を切っている。

 お金があまり出せない人、迷った人にはLogi Cool Z4がおすすめである。


Logi Cool Z4i。iは白色を意味する。大学の研究室にて

●追記

 ちなみに私は、現在、PCのCD、DVDドライブに音楽CDを入れて聴いているが、PCには従来からオンキョーのSE90PCISE150PCIのオーディオカードを挿入している。

 またメインシステムは、上記のシステムと自作のシステムを単体あるいは複数同時に鳴らせるようにしてソース毎にシステムを選択して聴いている。自作のシステムには、ビクターの古いスピーカーと音響のブックシェルフスピーカーを繋いでいる。

 切り替えにより左右で最大14とサブウーファー2のスピーカを同時に鳴らせる。

 自作システムについては以下を参照のこと。アンプは以下のTDA2009×2を使った4チェンネルバイアンプ自作システム)で十分な気がする。
 
青山貞一:TDA2009×2を使った4チェンネルバイアンプの製作
青山貞一:700円のLSIによる本格的オーディオアンプの製作
青山貞一:本格的オーディオボードでPC音響システムの音質改善を
青山貞一:簡易アダプターでPC音響システムの音質改善を
青山貞一:古ステレオ再使用による最新音響システムづくり
記事検索