青山貞一ブログ

独立系メディア「今日のコラム」に連動するブログ

産廃問題

福島県川俣町山木屋の産廃問題シンポジウム参加記  青山貞一

 2010年4月17-18日は、福島県川俣町の「産廃シンポジウム」にでかけてきました。

 4月下旬だというのに土曜日は東京でも雪でしたが、川俣町は福島県の北部しかも標高が500mもある地域なので、積雪が多いところでは15cm、まるで2月の雪景色でした。

 当初、私はつくばエクスプレスでつくば駅に行き、坂本さんの車で現地入りする予定でしたが、前日からの雪で高速が一部通行止めという情報が坂本さんから入り、東北新幹線で福島駅に行き迎えに来てくれた川俣町議らの車で現地に向かうことになりました。

 シンポ会場がある福島県川俣町は、福島駅から南相馬市の方角(太平洋側)に向かい車で30−40分も行かねばならない東北地方でもかなり人里離れた地域で広い面積に1万7千人しか住んでいません。

 しかも産廃処分場がありシンポジウムの会場がある山木屋は、川俣町の南東部にあり、川俣町の東1/3の面積に人口がわずか300人しか住んでいないという超過疎地域です。もっぱら、こういうところが産廃処分場に狙われるのです。

 川俣町は福島市、南相馬市、二本松市のいずれからも30km〜50km離れており、いずれも川俣町に通ずる鉄道はありません。

 私たちは福島駅から114号線でひたすら南東に走りました。福島県川俣町山木屋地区。道路以外は10cm以上の積雪がありました。

image33

 土曜日、東京駅から東北新幹線(やまびこ61号)で福島駅に午後6時10分到着、迎えに来てくれた川俣町議はじめ主催者3名と一緒に車に乗り、川俣町に唯一ある旅館に着いた。時間は午後7時ちょっと前でした。

 旅館の1階には、すでに山木屋地区に11ある区長の10人と自治会長、副会長らが私と坂本弁護士を待っており、自己紹介後、3時間半ほど産廃問題について議論、懇親しました。終了後、坂本さんそして二本松から来た渡邊さんの3人で風呂に入りました。

 午後11時30分、部屋に戻りBS2のNHKで秩父の旧吉田町の番組をみて午前1時に就寝。

 翌4月18日日曜日は午前7時に起床、午後8時に旅館で朝食。

 その後、川俣町山木屋地区の500mから600mの標高にある実質安定型産廃処分場を視察しました。

 産廃業者は昨年秋、不法投棄で有罪判決を受け、その後、福島県は4つの「業」の許可及び5つの「施設」の許可のすべてを取り消しており現在操業はしていません。

 この川俣町にある巨大な産廃処分場問題の核心は、許可取消後に処分場に不法投棄されている廃棄物の撤去問題、実質安定型処分場の汚染浸出水問題などがあります。

 過去埋め立てられた産廃はすでに35万立米とされていますが、計画では5期で127万立米しかも期間は平成20年までと書かれていることから見ても、最低でも70万立米、さらに多くが埋め立てられている可能性がありそうです。

 事業者は管理型最終処分場と言っていますがが、操業開始が昭和61年と古く、遮水構造、遮水シート、水処理施設はほとんどなく、実質安定型最終処分場です。

 そこに特別管理産廃を含むありとあらゆる産廃を持ち込ちこみ、その多くは焼却処理後に処分してきたと推察されます。

 焼却炉はロータリーキルン形式1台、固定床方式1台の2台があります。排水は全て蒸発させ一切、排水はないなどと事業者は言っていますが、これはどうみても??です。

 現地は積雪がすごく革靴で歩くのは厳しかったのですが、車を降りてから300mほどの積雪10〜15mの坂道を歩き、処分場全体が見える地点まで行きました。

image121

 現地視察終了後、坂本さんと旅館に戻り昼食をとりました。

 12時過ぎに会場に向かいました。広田さんがいわきから到着し12時30分に私達に合流しました。

 シンポジウムの会場には川俣町長、南相馬市長(櫻井さん)、川俣町議長、川俣町議4人、福島県議4人はじめ地元の新聞、テレビなども取材に来ていました。シンポジウムの題は、「もうゴミはいらない!」です。

 このシンポジウムは、主催が川俣町の山木屋自治会、講演が川俣町、川俣町教育委員会、川俣町農業委員会、JA新ふくしま、山木屋地区公民館です。

 小さな川俣町山木屋地区の公民館ですが、山木屋の町民の1/3にあたる町民らがシンポに参加しました。

 午後1時に開会、町長、市長、議長、県議ら来賓挨拶につづき、川俣町にある産廃業者の最終処分場問題と不法投棄問題について以下の現状報告が行われました。

 菅野川俣町議:
   富岡鉱業(株)の自己及び処分等の経緯
 難波謙二(福島大学準教授):
   富岡鉱業産廃処分場と環境汚染調査

 現状報告の後、午後2時から以下の3つの講演を行いました

 青山貞一(東京都市大学教授):
   環境汚染から見た産廃処分場と不法投棄
 坂本博之(弁護士、ゴミ弁連事務局長):
   全国産廃処分場裁判の現状と課題
 広田次男(弁護士、ゴミ弁連副会長):
   福島県内におけるゴミ問題の現状について

 講演後、福島県内、宮城県内各地他地域住民団体からの現地報告がありました。

 大留隆雄(産廃から命と環境を守る会会長):  
   福島県南相馬市原町共栄クリーン産廃処分場・焼却場問題
 佐藤正隆(竹の内産廃から命と環境を守る会代表):
   宮城県村田市の最終処分場問題
 渡辺正孝(二本松市・本宮市水を守る住民の会代表):
   福島県二本松の最終処分場問題

 最後に宣言を採択し終了しました。終了時間は午後5時半です。 最終的に終わったのは午後5時30分、都合4時間半の大シンポジウムとなりました。
 
 産廃シンポジウム終了後、一休みしてから町議の車で福島駅に行き、新幹線で青山、坂本は帰京、広田さんは自分の車でいわきにに戻りました。

image141
この写真は主催者作成のパンフの表紙にあったものです。

東北地方の産廃問題から見える「政官業」利権の構造  青山貞一


 今度の日曜日(2010.4.18)、福島県内で「産廃問題シンポジウム」があり、いつものように広田次男弁護士、坂本博之弁護士(ともにゴミ弁連弁護士、環境行政改革フォーラム司法担当幹事)と一緒に講演にでかけてきます。私は福島県内の産廃問題での講演はすでに20回を超えています。

 今回は、福島県北部の中通り、川俣町にある廃棄物処理法制定以前に立地され稼働してきた「産廃処分場」をめぐる問題で、すでに産廃業の許可が取り消され、施設は操業停止命令が出されている古い最終処分場を巡る問題です。

 当日は川俣町長、二本松市長、南相馬市長、関連市町村議員、福島県議会議員らが住民とともに大勢参加されると連絡がきています。

◆東北地方とりわけ福島県と産廃処分場

 さて関東北部から東北地方は、永年にわたって東京など大都市で発生し、あるいは燃やされた「産廃」が最終的処分される場所となっています。国が何ら抜本的な廃棄物処理法の改正、改革をしないため、廃棄物問題はヤミからヤミに葬られ、かつ利権の種となっています。

 たとえば岩手県の産廃不法投棄や宮城県南の丸森における産廃処分場問題も産廃事件では有名ですが、福島県では過去10年、いわき市、郡山市、小野町、双葉町、原ノ町(現在南相馬市)、二本松市などでは産廃業者が処分場を画策し、地元住民、農民らと激闘を繰り返してきました。

 また茨城県でも東海村でも産廃施設の立地を巡る紛争が現在起きています。さらに埼玉県北部の寄居町にも巨大な産廃処理施設が稼働しています。

 ◎ゴミ弁連による福島県内でのシンポジウム開催例(郡山市)
  http://gomibenren.jp/gomiben-koriyama20060423.html

  とりわけ南相馬市は、江戸時代の歴史的ため池・堤がある場所に東京の産廃業者が産廃の最終処分場と焼却場の立地を行い、今までに10以上の訴訟が住民側、業者側から提起されています。これについてはその都度、報告してきました。業者は数度変わっておりますが、いずれも東京など首都圏の業者です。

 ◎青山貞一:福島県浜通りに残された秀逸な歴史的風景が
       危機に瀕しています!
  http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col18198.htm

 当初から産廃問題に立ち上がった酪農者、櫻井さんは、その後市民におされて市議になり、さらにこの1月、南相馬市長となられ産廃問題と対峙していますが、未だに解決に至っていません。

◆不明朗な民主党の産廃政策!?

 周知のように、政権交代時の民主党の公約なりIndexには、こと「原発」と「産廃」問題にはまともな対応がありません。信じられないことですが、民主党は「原発」について茨城県にある日立製作所の電機労連出身の大畠衆議院議員が昔から自民党同等に積極推進派であり、何度か党内で問題になりました。

 政権交代後の民主党は明らかに積極推進となりました。こと「原発」について、民主党は積極的な成長路線をとっていると言えます。

 鳩山総理は、「原発」と「新幹線」を日本の最新技術として、海外にまで売り込みに行っています。他方、「産廃」については完全にアンタッチャブルを決め込んでいます。

 これはなぜでしょうか? 

 現地で見ると原因、理由は明らかであり簡単なことです。

 立地域の環境や健康だけでなく農業、漁業など産業に甚大な影響をもたらすことで、地域住民から嫌悪される「産廃処理・処分施設」の立地と運用は、その実、巨額の利益を生む資金源であり錬金術であるからです。

 福島県内の産廃問題をつぶさに見ていると、産廃は明らかに暴力団の資金源となっています。それだけではありません。

 永年にわたり国から地元市町村に至る自民党系政治家に、またかなり前から民主党系政治家にとっても「裏」の重要な資金源になっているのです。

 そのため、こと産廃問題での法制度的な対応は絶えず遅れるだけでなく、たとえば長野県で私達(梶山弁護士、青山東京都市大教授、北村上智大教授)らが3年かけ知事の依頼に応じて立案した産廃規制のための新条例案も、自民党系県議だけでなく、民主党系県議によってつぶされてしまいました。

◎長野県条例案のリンクはすべて長野県側によりはずされています!!
http://eritokyo.jp/independent/nagano-pref/haikibutsu-jourei1.htm

 長野県では田中県政時代でも県の生活環境部長が退職するとすぐに長野県産廃協会の事務局長となっていました。自民県議だけでなく民主系県議もこれを容認していたのです。

 ちなみに長野県の国会議員は先に参議院で青木議員の電子賛否投票を行い辞職した若林参議院議員(自民)、また北澤防衛大臣(民主)をみれば分かるようにどうしようもありません。

 その後も、国ではたとえば廃棄物処理法の抜本的改正などの動きもありません。触らぬ神にたたりなしを決め込んでいるのでしょう。

 このように、こと日本社会の環境問題と政治家の実態は、すくなくとも産廃問題の現場を見ない限り、まったく分からないというのが、私の実感です。

記事検索