アオヤマアキラの私見ブログ(環境最前線)

水・廃棄物処理で世界随一の技術を提供するWEF技術開発株式会社 代表取締役の私見ブログです。

アオヤマアキラの私見ブログ(環境最前線) イメージ画像

更新情報

 HPにもありますように、弊社の基本姿勢は「消滅するまで再利用する(技術開発)」です。リサイクル利用の方向は、農業orエネルギー利用ですが、当面弊社は農業(食料生産)利用に注力しています。忙しい農家の人に依頼してもなかなか試験していただけませんので、弊社で畑
『水処理企業が農業する』の画像

 ハルピンでは朝早くから、龍江環保集団との会議が続いていたのですが、3日が終わった時に、責任者の副総裁が、「連続で疲れたでしょうから、明日は弊社の者が案内しますので午前中虎パークと市内見物して、頭をリフレッシュして下さい」といわれました。 今回は環境関係か
『ハルピン再紹介(虎パーク)』の画像

 滋賀県と日台交流協会が主催する「日台水環境ビジネス交流セミナー・商談会in高雄」に参加するためと、台湾企業と進めている案件の打ち合わせに、9月12日から5日間台湾に行ってきました。    今回はその台湾の展示会「AQUA TAIWAN」を見た感想を書いてみます。 台湾で
『AQUA TAIWAN(Taiwan International Water Show)見学』の画像

 ハルピンへは遊びで行っていたわけではありません。以前ブログでも書きましたが、龍江環保集団が2度弊社を訪問し、弊社の技術を確かめ、このほど中国での排水問題を解決する技術を共同で開発する契約を調印するに至った。 龍江環保集団は中国東北部最大の環境関連企業で従
『龍江環保集団(黒竜江省ハルピン)との共同開発契約調印』の画像

 8月29日から9月2日まで、中国・黒竜江省ハルピンへ行ってきました。中国へは今まで30回以上行っていますが、東北部(黒竜江省、吉林省、遼寧省)へは今回が初めてでした。飛行機から見えた大地は、緑の田畑の絨毯が何処までも続いていて、北海道にそっくり。今までの中国の
『驚きのハルピン』の画像

 今日は私が最近読んで、久しぶりに目からウロコの本2冊を紹介します。    1冊は「寄生虫なき病」モイセズ・ベラスケス=マノフ著、文芸春秋、定価¥2,200 2冊目は「ハチはなぜ大量死したのか」ローワン・ジェイコブセン著、文春文庫、定価¥781    花粉症、アレル
『目からウロコの本2冊』の画像

 今週、台湾工業技術院及びその関連企業との打ち合わせで台湾に行ってきました。工業技術院及びその関連企業との交流は、今年1月に開催された滋賀県水環境ビジネス推進フォーラム主催の工業技術院との技術交流会に参加した縁です。弊社の余剰汚泥処理、排水中のフッ素処理に

 弊社が目指しているものの1つが、行列のできる会社です。他社になく、また必要とされる技術を持っていれば、世界から企業はやってくるのではないか、そういう技術開発をやりたい、それが弊社の夢でもあります。 今週、先週とはちょっとそういう感じになって非常にうれし

 今回、新しい会社を設立すると共に、ホームページを立ち上げましたので、これを機会に私の活動についての報告や感想をブログとして発信することにしました。   このほど設立しましたWEF技術開発㈱という会社は、私、社員、パート含めて5人という非常に小さな会社ですが
『2017.7.7 人類は何処へ行くのか』の画像

↑このページのトップヘ