あおぞら日記

弁護士登録して、すでに15年以上が過ぎました。 この間、勤務弁護士を経て、現在は独立開業しておりますが、弁護士として、また、人として、まだまだ未熟者。 好奇心を失わず、日々新しいものを吸収して、成長していきたいものです。 ブログなる新たな情報発信は、私の挑戦の一環です。私の日記ではありますが、みなさまにとっても、有益な情報媒体となれば幸甚です。 http://www.amagasaki-aozora.jp/

(グルメ)アンダンテ(兵庫県尼崎市・JR尼崎駅徒歩3分・居酒屋)

 JR尼崎北側のマンションの1階。入口はあまり目立ちません。中は、導線が狭いですが、席はゆったりめ。球磨焼酎の「大石」を確認。高得点。メニューも多く、ふらっと寄ってく使い方もできそう。好印象です。

 https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280304/28008164/

(グルメ)よもだそば(東京都中央区・地下鉄日本橋駅徒歩3分)

 うなぎの寝床のような立ち食いの店。老舗とのこと。そば屋さんなのに、インドカレー。スパイシーなインドカレーに、鶏がゴロリと一個。身はほぐれやすくなっています。土日もにぎわっています。

 http://www.yomoda-soba.com/

「ジャパンライフ被害対策兵庫弁護団」が立ち上がりました

 先日、兵庫県弁護士会において、ジャパンライフ被害に関する緊急110番が開催されましたが、これを受けて、ジャパンライフ被害対策兵庫弁護団(団長・津久井進弁護士)が、このたび立ち上がりました。

 ジャパンライフは、各地の被害者の方を恫喝して、被害者の反撃を阻止しようとしていますが、私たちは、こうした動きに毅然として対峙し、被害者の声を結集していきたいと考えています。

 全国的にも同様の動きが広がっており、兵庫弁護団としては、各地の弁護団と連携して、当面債権者破産の申立てを軸に、活動していく予定です。

 兵庫県内の被害者の方、また、そのご家族の方、どうぞお気軽にご相談ください。

 連絡先は、下記のとおり。

  事務局長 弁護士 吉田哲也(弁護士法人青空三田支所 三田あおぞら法律事務所)

  兵庫県三田市中央町9−38ユマニティビル2階

  電話 079−556−5741

(グルメ)福龍(大阪市中央区・地下鉄日本橋駅徒歩3分・四川)

 尹東福さんの担々麺。まろやかな辛み。自家製胡麻に、酸味のある秘伝スープ。

http://www.tantanmen.com/

手を使わずにノックを受けていた少年時代

 今となってははっきり覚えていないところもあるのですが、小学生のころに所属していたソフトボールのチームの監督がすごく厳しくて、よく殴られていました。とある公式戦でミスしたときに、ベンチ前で殴られたことは今でもよく覚えていて、思い出しては腹が立ってくることがあります。

 水は禁止され、うさぎ跳びもやっていました。その後科学的に明確に否定されていて、今では現場ではむしろ水は飲め、うさぎ跳びはするな、ということになっていると思います。

 いろいろと間違った指導をしていたわけですが、行なわれていた練習も、今から思えば、正しかったのかどうか。

 グローブをはめずに素手でノックを受ける練習。硬球ならまず無理なのですが、ソフトボールなら、何とかという感じです。確かに痛いのですが、きちんと両手のひらを使ってボールをつかむ練習にはなるのかもしれません。ただ、小学生にそれでいいのか。

 この練習の進化形が、手を使わずにノックを受ける練習。要するに、腹で受けるということです。練習の趣旨は「ボールを正面で受ける」ということでした。この練習のせいか、私は打球を正面でがっちり受けるクセが身についてレギュラーになれたわけですが、その後野球をするようになってもそのクセが治らず、逆シングルなら捕れる打球をみすみす逃してしまっていたと思います。

 ちなみに、グローブをはめないでノックを受ける練習をさせられたのは、小学生のときのみ。他ではやっていません。

 最近、あの桑田真澄さんが、打球は、正面とかにこだわらず無理のない体勢で捕ればいいんだよ、その方が楽でしょ、という話しを、子どもたち相手にコーチしていたのをテレビで見ました。そりゃそうだよね。

 今、少年野球とかで、どういう指導がされているかは知りませんが、とにかく楽しく、それでいて、正しい動作を教えてやってくれていたら、それでいいかな。

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ