私たちが日々相談に乗っている多重債務者のなかには、債務整理経験者が少なからず存在します。相談現場では、なぜ債務整理を繰り返す事態が生じたかということについて、様々な悩みがあったことでしょう。

繰返し多重債務状態に陥る原因として、ギャンブル問題があることは多くの相談で経験することです。我が国では、ギャンブルのほとんどがパチンコであり、そのパチンコを止められないために、多重債務を繰り返す人が多数存在します。

従来、パチンコを止められない人の問題は、自己責任という一言で切り捨てられてきました。しかし、この問題を個人の問題としてのみ理解する限り、決して解決をみることはできません。

こうした基本的な考え方のもと、依存症問題対策全国会議は、多重債務状態に陥った原因としてのギャンブル依存症対策に取組むことを目的として、2008年に設立されました。