新年あけまして おめでとうございます。

 個人的には、弁護士になってちょうど20年目の年であり、20年前のことを想えば、感慨もひとしおです。初心を忘れず、まい進したいと思います。

 事務所としましては、昨年末をもって、別所美保弁護士が退所することになりました。わずか一年ではありましたが、稀有な個性と、並び立つ者のないパワーで事務所を引っ張っていっていただきました。別所弁護士との出会いに感謝です。

 別れあれば、新たな出会いあり。新年より、長岡健太郎弁護士を迎えることになりました。長岡弁護士は、和歌山県にて、交通事故案件や高齢者、障がい者の意思決定支援の業務を中心に執務をしてこられ、すでに約10年のキャリアを有し、和歌山県弁護士会副会長を務めたこともある中堅弁護士です。とりわけ、障がい者の権利擁護をライフワークとされており、具体的なケースにおける代理人活動をこなされており、私が関わっている個別事件も共同受任してもらっており心強い味方です。

 三田事務所の取扱件数も順調に伸びており、尼崎事務所も長岡弁護士を迎えて、さらなる飛躍の年としたいと思います。

 今年一年、どうぞよろしくお願いいたします。