新規創業計画書の記入ポイント1|アパートローン比較と活用

アパートローン比較と活用

アパートローンは、不動産投資の最も重要な存在です。 いかに低い金利と好条件での融資を受けることができるかが不動産投資の成功を左右します。各金融機関のアパートローンを比較して最も有利なアパートローンを探します。

新規創業計画書の記入ポイント1

ブログネタ
独立・起業・経営 に参加中!

日本政策金融公庫新規創業資金を申し込む時に
最も重要なポイントになるのは「創業計画書」の書き方ですが
簡単に各項目のポイントをまとめると下記のようになります。


創業計画書」の記入例はありますが、あまりにも簡潔に
あっさりと書かれ過ぎています。
具体的に、調査した明確な数字などで詳細に記入すべきでしょう。
創業計画書」には現実的で、面接の時に説明できる数字を書き込むべきです。


計画書の作りがいい加減だと、その時点で融資が難しいと判断されます。
最悪の場合には、面接まで行かないケースもあるので注意して下さい。
各項目のポイントについてまとめて行きます。

 

目的・動機について

創業しようとしている事業(この場合は不動産投資)のマーケットが
拡大している分野であるということを、しっかりアピールしなければなりません。
不動産投資のビジネスでは、世帯数の増加がマーケットの拡大を示す重要な
ポイントですので、実際に調査した下記のような書類の添付も効果的でしょう。

 
 ●日本の将来推計人口
 ●都道府県の将来推計人口
 ●日本の世帯数の将来推計(全国・都道府県別)
 ●日本の市町村別将来推計人口


しっかりと調査した上で、不動産投資がやりがいがあって
収益が出るビジネスだということを書いて下さい。
文章力は関係なく、現実的で堅実な計画であるかどうかが問題です。
自分がやりたいことではなく、「ビジネスとして収益が出るか」を
数字の裏付けで示すことが重要です。


※他の項目についても順次、まとめていくつもりです。

2009年06月07日| トラックバック:0Edit
Copyright © アパートローン比較と活用 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます