GROOVE DYNASTYBIC Summit@長野

2005年03月12日

BIC Summit@横浜

2001年11月1日横浜ベイホール

会場の横浜ベイホールはどんなところだかさっぱりわからなかったのだけど、用意周到な友人が下見をしてあったので、16時半すぎにすぐ近くの駐車場に車を停め、車内でエビバーガ−を食べていたところきゃろさんからCALL、すでにタクシーで会場いついているとのこと(私達も目の前なんだけど)

会場前ではもうたくさんの人が並んでいて、その最後尾につくといきなり目の前に赤いジャガーが!
係員もいなかったのでおそばに寄って、記念撮影をさせていただいた。失礼ながらのぞかせていただくと車内はとてもきれいになっていた。

受付時間。パスポート(期限切れ>悲)を見せて、本人確認のあと、係りの女性がスタンプを手にしているので、TDLの再入場に時に押してもらうスタンプかと思いきや、見なれた丸くて赤い”エメラルドスプラッシュ”の印だった。やや壊れ気味・・・。手のひらに押してくれたこのスタンプが消えてしまうと身分確認のやり直しになってしまうというので、右手にずっと気を使いながら入場をまった。

 今日は全体で330人ぐらいで私は234番、かなり遅い入場で案の定、ステージ前は黒山の人だかりで角松さんのいお顔が拝めるかどうかとても心配だった。

 スタートは角松さんが1人で登場、一斉に焚かれるフラッシュに苦笑。お衣装は先日の名古屋の時と同じ銀のラインいりの黒のTシャツでまずはご挨拶。凍結後にFCをやめようとして、会員数も半分になったけど、待っていてくれる人がいることが活動再開への思いのひとつになったと。私も待っていたうちのひとり、何度聞いてもこの話は嬉しい。

 あまり難しい話はせずに「結婚式の2次会」のような雰囲気で、まずはいきなり5人限定質問コーナーへ。実は写真撮りに夢中であんまり聞いていませんでした、ゴメンネ。1人の方がリベンジライブについて質問して、ライブのパッケージをそのまま買ってくれるイベンターさんを探していて、バンドメンバーからもいつやるの?と聞かれていると答えていた。

続いてこれまたありがちなじゃんけんゲーム、ひとり100円を用意して周りの人とじゃんけんをしていく(角松さんは1000円提供して、前の列のひととじゃんけんしていた)、最後のひとりになった人は、集まった金額全額を角松さんと連名で(!)ユニセフに寄付するというもの。ある程度のところになってからはステージに上がって、じゃんけん。最後まで残ったのは女性で、あらかじめ
角松さんがサインしてある郵便振り替え用紙にサインしていた「これで結婚できるわけじゃないよ」。その人は20周年ライブの駅貼りポスターにサインをいれてもらっていた>羨


 続いて「みのもんたになります」と始まった”クイズ・トシオネア”。会場を4つのチームにわけて代表者が角松クイズ(4択)に答えて、その答えた数によって、同じチームの人の中から抽選でバックステージパス(過去のもの)をもらえたり、5問全て正解するとチームの人全員にサイン色紙がもらえるというもの(私は不勉強にも”クイズミリオネア”を見たことがないので、うまく伝わらなかったらゴメンナサイ)。ルールとしては、代表者がもし知らないことがあったときは4択を2択にしたり、同じチームの人の拍手に教えてもらえたり、また別の人に答えてもらうことができる。

ではその時でた問題を少しだけ。


(1)アルバム”THE GENTLE SEX”の”ALL OF YOU”を最初に歌ったのは誰?
  1.吉沢りえ 2.吉田朋代 3.ANNA 4.紫藤博子

(2)”心配”のジャケットを撮ったレストランの名前は?
  1.ラ・マレ・ド・チャヤ 2.ロ・マレ・ド・チャヤ 3.ル・マレ・ド・チャヤ 4.レ・マレ・ド・チャヤ
   (>なんじゃこの問題)

(3)角松敏生が好きなファミレスはどれ?
  1.ジョナサン 2.藍屋 3.デニーズ 4.すかいらーく

(4)”RAMP IN"とはどこの航空会社が使っていた用語か?
  1.日本航空 2.東亜国内航空 3.全日空 4.南西航空

(5)不本意なコンピレーションアルバム”SUMMER TIME ROMANNCE"はどのアルバムの発売前に発売されたか?
  1.WEEKEND FLY TO THE SUN  2.ON THE CITY SHORE 3.AFTER 5 CLASH 4.GOLD DIGGER

ちなみに全問正解したのはAチームだけで、私のいたCチームの方は4問目で不正解だったかなあ?
何でも知っている!って感じの人はいなかったです。σ(^_^)?、出場したかったなあ。

”ファイナルアンサー?”と聞く角松さんは実に嬉しそうでしたよ。


--------------------



 最後は青木さん、浅野さんが入って、アコースティックミニライブ。今回のファンの集いはこのメンバーでやっていくそう。
 ・TAKE YOU TO THE SKY HIGH(1コーラス)〜NO END SUMMER
 ん〜いきなりスカイハイとは・・さすがに紙飛行機は飛んでいなかった。

 ・心配
 はじめて生で聴くこの曲、なんか6月からのいろんなことが思い出されたっけ。

 ・STILL,I'M IN LOVE WITH YOU
歌い終わって、「ひさしぶりに人前でちゃんと歌った」

ここで初日スペシャルということで、梶原さんとなんと〜沼澤さんまで登場。期せずしてJBKTプラス青木さんと言う形になってしまった。「近郊ならでは」

 ・生足の駝鳥
 ・浜辺の歌

なんか先日名古屋で聴いたライブと同じ曲になってしまったけど、名古屋の時より、ずっと声もでていて力強く歌っていた。
パリヤ〜が終わって湧いている中、そのまま引っ込みもせずに”「アンコールにお答えして」

 ・もう一度・・・AND THEN


短いなあ〜ライブ、来年はアルバムも出すし、ツアーもやります!と宣言して終了。

最後に国分さんが登場して、業務連絡の後、出口で角松さんがお見送りしてくれることになった。
実に残念ながら、写真撮影は禁止で握手のみ。係員が「挨拶は手短に」と注意して回る中、
角松さんは笑顔で軽く両手で握手(大勢だもんね)してくれて、私は強引に話しかけてしまった(何を話したかはこの際ヒミツ)。角松さんは「ハイ」て言ってくれただけだったけどね〜。

MC、クイズの間、普段はあまり見られないような笑顔いっぱいで、見ているこっちもHAPPYな気持ちになれた。また、以前から知っている超先輩級角松ファンの方や、最近メールをやりとりしている同じ市内の方とお会いすることもでき、充実した夜になった。

ベイホールからの帰り、車の中から見えた横浜の夜景のきれいだったこと、今日は角松ライブにしては最高級のいいお天気だった。これは熱心な神奈川県のファンのおかげね〜(^-^)

角松さん、楽しいひとときをありがとう!でも終わっちゃったよ〜


(1)-1 (2)-1  (3)-4 ハンバーグが好き  (4)-3 ちなみにJALは”BLOCK IN”  (5)-4  3だと思ったひとが多かった

apelila at 20:57│Comments(0)LIVE REPORT 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
GROOVE DYNASTYBIC Summit@長野