2005年03月

2005年03月12日

静岡市民文化会館

2005/03/05  静岡市民文化会館

静岡駅から乗ったタクシーの中で、ラジオ(NHKらしい)からJ&Bが流れたのにはびっくりしてしまった、幸先が良いかしらん。

今日の席は20列のまん中、後ろは通路をはさんでコンソール、舞台全体がよく見えて、音もよかった。こういう席でを確保するのが一番ベストなのかもしれない。

席について紙飛行機を作りはじめたら、私の隣でひとりで来ていた男性が「やるんですか?」と聞いてきた。
「やりますよ〜きのうもやりましたよ」と答えたら、「あのーギョーカイの人ですか?」だって>ヾ(@^▽^@)ノ私達ふたりが業界人に見えるわけないのにね!

静岡県内での初ライブは84年だったようで、その時も来ていたという人の拍手がパラパラと起こっていた。「84年か85年のぜんぜん売れなかったシングル」と紹介してはじまった♪ドアの向こうには思わず歓声!!!!(ちなみに♪ドアの向こうは86年の作品)
4回目の「飴色の街」だったら掟やぶりのスタンディングをしてやる〜と宣言していたので
無茶をしないで済んでよかった。

MCでは中学生の時、GFと海に行こうとして来たのが海のない静岡だったと話していたけど、ほんとかなあ。
デビューしてすぐの売れないころ、W大のサーフィンのサークルと一緒によく伊豆にきていたと言う話をした後に、♪Still,I'm In Love With Youを歌った。

♪LIVEが終わったあと、例の隣の男性が帰ろうと上着を着たので、業界人のつとめとして、「まだ出てくるよ」と一言忠告してあげたら、上着をぬいで、アンコール〜と叫びはじめた。感謝してもらわないと!

続きを読む

四日市市民会館

2005/03/04  四日市市民会館


数日前から三重県入りして、伊勢参りをし、美味しい的矢の牡蠣を食して、充実した旅を続けているようだけど、1階席の後ろに若干残る空席は残念なものだっただろう。
(とにかくこの的矢の牡蠣がいたくお気に入りだったようで最後には「合い言葉は”ワタシに牡蠣を食べさせて!”だった)

August Rainは私自身が10代の頃の歌で、角松を聴きながら通学していた大学時代の思い出がわらわらと蘇ってきていた。私も彼も若かったのだ〜

15年ぶりの三重ライブ、関係者の努力もあってか、会場には角松をはじめて見に来た人やかなりひさしぶりの人も多かった気がした。
如実にわかったのは♪LIVEが終わってから、ぞろぞろと帰ってしまう人が多かったこと、連れのHちゃんとふたりで、「帰らないでー」と叫んでしまっていた。

「6500円分の演奏は終わりました」と角松が言った後、会場から「こっからはオゴリ!」とかけ声がかかったのには、タイミングもよくて、笑ってしまった。続きを読む

神奈川県民ホール

〜今まですべて幸せとは言えなかったかもしれないけれど、歌う場所があるというのは幸せ〜

日曜日の横浜は満員御礼、今まで200人ぐらいのライブハウスでやっていたので、10倍だよ〜と感慨深げ。アガっていないとは言っていたけど、ultimaでも歌詞を間違えたり(これがモアアンコールに大きく響く)していた、角松ぐらいになってもそう思うのね。

日替わりのコーナーでは、横浜は憧れの街と言い、♪YOKOHAMA TWILIGHT TIME のジャージャンのイントロがはじまって会場騒然。今年のコンサートから演奏して、評判がいいという♪飴色の街からスタートした。♪飴街は何度聴いたかわからないけれど、何度聴いてもドキドキする傑作だと思う。「横浜で横浜じゃあまりにベタだから、ちょっと近くでホンコン〜」(会場爆)で♪香港街燈、果たして何年ぶりかわからないが、曲はしっかり覚えていた。角松自身も昔1回だけ行った香港と言っていたけれど、私も15年前に一度だけ香港に行っている。こう言ってはおこがましいが、香港の地名が次々出る歌を聴いてて、かつ香港の空気感のようなものがわかる、そんなに好きな曲でもないけれどいいなあと思っていた。
「80年代バブルの時代に成長した30代後半から40台にかけての人は結婚についてあまり深刻に考えていなかったから、今そのツケが回ってきている」と始まった♪花瓶。アナタに言われたくないわあ、私。好き嫌いがわかれる曲だな〜と思って聴いていた、私は・・・・・
♪Lady In The Nightはこのエラサイドの中でも屈指のナンバー、この曲ほどアコースティックアレンジがぴったりはまっているのはないと思う。説教系UPナンバーは今でも大好き。


♪トナカイの涙はCDでは印象が薄かったけれど、ライブで聴くと、かなりハードな曲、角松とスパニッシュ・フラメンコの世界は意外と合うのかもしれない。しかしクリスマスソングって旧正月にはしっくりこないか。

THE BEST OF LOVEと初恋の2曲とも歌ってくれて、横浜のお客はとてもラッキー、昔の曲が盛り上がるのは単に「昔の」曲だからではなく、そこにファン一人一人の思い入れや今までのライブの思い出なんかが力を与えているからこそで、♪What A Beautiful Dayや♪ハナノサクコロも歌い継いでいいけばそういうナンバーになれるはず。エラサイドは新曲と旧曲のバランスがとてもよい構成、こういうライブをやっていけば、また角松のライブに行きたいと思う人も多いのでは?

モアアンコールは、♪月のように星のように。
ギターは抱えているものの、伴奏はほとんど友成さんにピアノにおまかせで、つまびく程度。
「僕らはまたここで出逢うだろう」というフレーズの時は、ギターを放して、会場を何度も指差した。会場に広がる拍手、感動的なフィナーレ。

山梨の時はすぐに♪NO END SUMMERを歌ってくれたのだけど、今回はギターを置き帰りかけた。
ところがなぜかその後ろ向きにムーンウオークをしながらステージへ戻った。「さっき歌詞を間違えたからな〜」とメンバー全員を呼び戻して、♪ultima viagem〜I see ya!
横浜の後は神戸を皮切りに、なんと「22泊、こんな長い国内旅行はしたことないよ」とエラスティックサイドもいよいよ佳境、頑張って。




そうそう、今日もらった「静岡ライブのチラシ」・・・売れてないの?とってもココロが揺れてたりして。迷うなあ、フォーラムも。


って静岡取っちまいました・・・(2/1記)

続きを読む

山梨県民文化ホール

1/8<>
ultima viagem〜I see ya
真夜中模様
PoleTown

飴色の街
Mermaid Princess
Can't you see、
Lady In The Night

トナカイの涙
Wrist Cutter
愛と修羅
Ile Aiye〜WAになっておどろう
THE BEST OF LOVE
Dreamin' Walkin'
What A Beautiful Day
ハナノサクコロ

<>

TakeYouToTheSkyHigh
もう一度・・・andthen
Live

<>

月のように星のように
No End Summer



中野サンプラザ

2004/11/18  中野サンプラザ

〜HOW IS ITのタイトルが最後まででこなかった〜

4曲目の♪SECRET LOVERがはじまってもちっとも会場が湧かないので、14日の限定と1日目に行った人がほとんどだったのかなと思った。♪VIEWSからノリノリ・・と期待して行っただけにちょっと拍子抜けしてしまった。そのぶんじっくり歌を聴けるのもまたよしなんだ、♪I'LL NEVER LET YOU GOはとても良かったから。

Eサイドではイレアイエだったけど、こちらではユアマイ、手がしびれているような仕種が途中で何度も見られたが、後から「力が入り過ぎて、指がつって」しまったそうだ、気を付けて〜♪ユアマイ〜BLESS MY SELFは今日の一番の聴かせどころだった、角松の楽器を置いて、全身で歌うバラードはやっぱりいい。

♪HOSPITALのゆるいテンポがとても気に入っていたんだけど、やはりまわりが大人しくて自分だけけ立って踊る気になれず、残念・・次の♪HOW IS IT?はこのタイトルがどうしても出てこなくて、怪しいメモには「そうです」としか書けず、なんだかまた出遅れ。
17日の会場に来ていたピンクレディーのミーにも「立ったり座ったりがバラバラでいい」と
言われたとMCで言っていたのも、納得。

後半は♪STARTIN'から、CDではほとんど聴かなかったけど、PVはよく見たので生で歌う姿が見られてとても嬉しかった。♪GAZERはやはりトンコリが鳴らないと淋しい、でも大好きなナンバー、私自身やっとノってきたぞーと思っていたら、残り2曲で本編終了・・・

アンコールのBEAMSを聴きながら、解凍後7年たって、ほんとに曲が増えたなあと思った。解凍後の曲だけで十分ライブがやれるし、今回のSOLIDも潔く凍結前の曲はいれなくても良かったかもしれない。

最初で最後のSOLIDライブは歌を十分聴いたというところで終わった、次はELAで。
続きを読む