調査の詳細が分からないので、細かい点はなんともいえないもの、面白いデータですね。
アメリカよりも、中国やブラジルの方が、SNSやネットを使っている、と。
ブラジルはorkutですが、231人友達がいるそうです。
僕はまだまだそんな人数に届いてないなぁ。。。^^;

------------------------------------------------------------
■日本人は友達が少ない? 46カ国のSNS利用調査 (ブラジルは2位で231人)
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30000501.html

(CNN) インターネットの交流サイト友達の数が最も多いのはマレーシア人、最も少ないのは日本人――。世界46カ国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)利用実態調査でこんな結果が明らかになった。

英調査機関のTNSは、46カ国で5万人を対象に面接調査を実施した。

その結果、ネット利用者フェースブックなどのSNSに費やす平均時間は、電子メール利用時間を上回ることが分かった。特に中南米、中東、中国でSNS利用が激増しているという。

友達の数はマレーシアが平均233人と最も多く、SNSに費やす時間も週に平均9時間と最長だった。2位のブラジルは友達の平均が231人だった。

一方、友達が最も少なかったのは日本の平均29人、次いでタンザニアの38人だった。調査報告書では、友達の数は少なくても親密な関係を築いているケースもあると指摘している。

中国やブラジルといったネット新興国の方が、米国などに比べてブログやSNS利用が盛んな実態も判明した。自分のブログを書いたりフォーラムに参加したりしているネット利用者は、中国で88%、ブラジルで51%に上る一方、米国では32%にとどまった。

ネット利用者の61%は毎日利用するメディアとしてインターネットを挙げたのに対し、テレビは54%、ラジオは36%、新聞は32%だった。
------------------------------------------------------------
よろしければ1クリックお願い致しますm(__)m
(ブログランキング参加中!!)
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ