PPP真犯人完全犯財販罪公害汚染自然破壊責任 トービン環境公害税使途有名資金2600兆円×百年分 【緊救優先順位】思考錯誤【人間絶滅計画】 イルミナティプラン『地球人口現在九十九億』 0110608~三十三億餓鬼凍死管外閣総辞職 0150901~三十三億疫病痛死民主党政権交代 0190911~二十二億戦争死ハルマゲドン 0231226~現存人類完全消去【詳細別記】 ソドム(シアトル大阪)とゴモラ(平城東京)のモーゼ気分のUPHEAVAL JENGLISH2013~2016STARTVJELINC2013VrokenJapanesEnglishVICIDEA2012秒読み!世界歴史転換激変地震北米警報発令!VICDATAGOSTFREESHAD注二秒PICUP2PAIN:P2P満貫善席VreakInnovaderVreaCer★超絶∞夢幻サイヴァネティック未知殿遭遇数理工学INSPLETR 】政革【超仙忍辱握世数UPSEO!水鏡神君凧葦風呂具FM組織計画設計皇我内座成功企画超絶超然超脱超克THEMETATOTALGROSS秒速十段葉書職人三十七年前兆証言4444HeKey岩窟王地縛例33年33%⇒IDEA☆HINTNOOT四百冊世解システム出版十兆$$DMPBSynaPuti2DEJAVUYU四百四十四万回NEWT富裕零22年22%[トレカGM映画コミケ同人歩見速読本題人名雑誌漫画アニメ各1.1卍]音楽[VGM]ラジオ/TV視聴各十二卍再生編集覚六卍情報生命耐レベル四二卍六倍【時命・階層】NECAFE放流11年表意霊11%2ちゃんねる五年二百冊風呂具蝕忍最終百日百冊進行中尉1995臨地自災2001のほダメ2004議選環電負組IQ知能悲惨指数ジュセリーノ預備感測定知能哲理図表字愚総理弩Qパズルピラミッド超越理想絶対理論究極設定無限歌曲騎士次元空想平空巨太古代歴史時空善智宇宙全能星雲自由社会自在恒星超神人間完全衛星国家環境SFVAISTONWELEVLDハルマゲドン打首獄門腹切十二三国死無双ユニシヴィポピュ超征服皇伝説関壁五城釈ヵ原十虹軍神記詩人文学注二秒PV7‰=UU=bitコイン

カテゴリ:
関連:

蒸気機関
原子力
コンピューター
人工知能AI(脳内コンピューター1%)
反重力(超伝動高速移動)
人間ロボット(超小型ロボット)
アンドロイド(生殖妊娠出産)
サイボーグ

百年周期
九十
八十
七十
六十
五十
四十
三十
二十
十五
十年








一.五
一年
十ヶ月








一.五
一月
二十
十五
十日








一.五
一日
二十
十五
十時間








一.五
一時間
四十
二十六
十七
十一









一.五
一分
四十
二十六
十七
十一









一.五
一秒

カテゴリ:
2015年度第三四半期予定計画目標 
絶大一万ページ÷三ヶ月=3333PAGE 
十月目標【予習敵督】最大平均70%=2333ページ
十一計画【実習リンク】中央中間50%=1667ページ
十二予定【復習保存】最低一般30%=1000ページ
最近のトピックスⅠ九月前半 【予定九月後半】
exe Twiter リンク×2 
医療費控除年7万円以上無料返還 
年金関連
もやい【労働者限定】?
自宅警備員失業対策豆意識Ⅰ⇒Ⅱ 
アニメ大凶作旱魃2011=2015強大前兆
洋画公開巨人地震神玄年度Ⅳ ⇒Ⅴ再確認
胎蔵界胎蔵界(たいぞうかい)とは  
胎蔵経両界曼荼羅 - W 
内容未確認=予習レベル=リンク原則十以上
確認事項
南太平洋台風津波93m今年6月ブルネイ火山爆発
プラチナ32倍徳力本店7月
氷河期 - W 
間氷期(かんぴょうき)とは  
カリフォルニア毎年火災面積
ブラジル土地所有山手線大
歴史最大死者?太平天国の乱 
超絶幸運占い・・
G201999~
業務日誌記録
シリーズ続編
824歴史激変断言原理
未リンク本体リンク作業
楽観的シンギラリティ=『無限の始まり』
デイヴィッド・ドイッチュ『無限の始まり』名言集|Memeplexes 
自風呂具最終回特集【凍結】?
自風呂具定期保存特集【抜粋】
十二月予定
今日脳特諜HEADLINEガラパイア他 

カテゴリ:
生活保護【基準と金額】自動計算ツール 

生活保護の金額
受給できる金額は、お住まいの土地や収入や家族構成により異なってきます。 最低限の暮らしがその地域で出来るような金額が計算されます。
ビルと説明文1
様々な条件
売却できる土地や建物、また貯金などがあると生活保護が受給できません。 暮らしに充当できるものがある内は難しくなってます。
ビルと説明文2
生活保護の基準
親族で扶養できるかどうかや、労働ができるかどうかを審査されます。 受けれる手当てが他にあれば、そちらが優先されます。
ビルと説明文3
医療費
保人の自己負担はありませんが、指定された病院にかかることになります。 健康保険適用外のものは、実費になります。
ビルと説明文4
年金
老齢年金などが受給が始まっても、生活保護が一定の金額を超えなければ差額が正当に支給されます。
ビルと説明文5


生活保護の受給者の数は2011年には198万9769人、143万6046世帯

説明文

生活保護の受給者の数は200万人を突破、さらに増え続ける

約60年ぶりに200万人を突破したこの数字は実は非常に驚くべき事なのです。 戦後、敗戦国となり焼け野原になり、混乱や精神的ショックを抱える状態を、現在の方が働けずに生活保護を受けて暮らしている人数が越えようとしているのです。 (昭和26年の時点での204万6646人となっています)。 日本にはここ数年様々な良くない事が起こりました。 リーマンショックで一気に失業者が増えた事、また2011年3月の東日本大震災という自然災害も残念ながら起こりました。 これによりさらに生活保護を受給する人が増加していることは仕方なく否めません。 また今後はTPP加入や消費税の10%までの引き上げも予想されています。 やはり農家の方や自営業の小売店などの販売業が苦しくなる事は目に見えています。 障害や病気、怪我のため働きたくても雇ってくれる場所がない方もいます。 所謂シングルマザーでいくら働いても稼げないワーキングプアと呼ばれる層の方たち。 また、神経症によりアルコール依存症になってしまった人や、中央競馬や競艇やパチンコなどの無駄なギャンブルで借金を作ってしまい返済することができなくなります。 今の状態になってしまった人など生活保護を受給する理由は様々です。

生活保護とはいったいどのような制度なのでしょうか?

憲法25条に基づく最低限の暮らしと自立を保証する制度

この制度は生まれ持った障害や突然の病気やけがで働けなくなったり、離婚や死別で配偶者を失って収入がなくなったりした時。 また、急な解雇や不当な解雇で職を失ったり、今もなお続く就職難やいくら働いていても収入が少なかったり(ワーキングプアと呼ばれていてシングルマザーに特に多い)する状態で医療費を捻出することができない状況になってしまう時があります。 そんな時に活用することができる便利な制度です。 これは権利として憲法第25条で長年にわたり国民に保障されています。 ですから申請の際、福祉事務所が決定した生活保護の内容が納得できないものだった場合、不服申立ても可能になっています。 また生活保護は、原因は問われず要件をしっかりと満たしていれば誰にでも利用できる憲法で保障された権利があるのです。 ポイントで言うと詳しいこの制度の条件や基準、金額などは上記メニューから別ページにて詳しく説明しています。

憲法条文

世間の生活保護受給者に対してのイメージは?

対策案

不正受給者の影響でやはり悪いイメージもあります

一般的に世間一般の生活保護を受給者への向けられる視線はけしていいものではないというのが正直な話です。 これはテレビや雑誌などのメディアの発信したものや偏見的な意見などが悪影響になっている事もあります。 しかし、健常者と同じく働くことができる受給者が働かず手渡されたお金を持ってパチンコや競馬に使ってしまう事などは、本来、法律による全ての条件をクリアしていてそれでもまだ暮らしが苦しい人の足を引っ張っている事になります。 あくまで自立をしようとしている事も条件なのですが、働かなくてもある程度の暮らしができることに慣れてしまった受給者は一生懸命働くことや、社会復帰することから逃げたり諦めたりしてしまっている状況がある事も否めません。 月給制の正規社員としてなかなか雇ってもらえない状態や社会に出て働くことの断続的なストレスを考えると今の暮らしの方が楽でいいのではないかと判断する人が増加しているのです。 このような事が続くと世間的なイメージは更に今後も悪くなってしまい本当に生活保護が必要な人が困ってしまう事になります。 また条件や審査の基準が市区町村の各地方自治体ごとに統一ではなく曖昧な事、不正受給ができてしまう事に対しての融資制度の早急な改善が求められています。

近年では日本の自殺者数の増加も問題になっています

自殺者の推移

生活保護の受給者だけでなく日本全体に置いての問題

先進国の中でも自殺大国である日本ではこの問題もさらに今後加速してしまう事が懸念されています。 今の日本の国の状態や大きな自然災害などから病気や精神的な苦痛だけでなく、見えない未来に対して拭い切れない不安を感じてしまうパターンも増えているようです。 生活保護の受給者とそうでない人の自殺の理由は多少やはり異なりますが、日本全体としてはほぼ同じような理由です。 これは親や子供、兄弟などの家族で同居する世帯の減少も理由の大きな一つとされています。 首都圏の東京での高年齢の方の寂しい孤独死なども右肩上がりに増加しています。 このような不況で苦しい時こそ大世帯で協力していければい良いのですが、これは核家族化は地方でも東京などの首都圏やベッドタウンでもどんどん進んでいます。

暴力団関係による生活保護の不正受給の問題

発覚件数

暴力団排除条例が平成23年秋から強化されて、資金繰りの面で組員の総数が減少していく傾向にあります。 組を抜けた方が収入として安易に頼るのが生活保護になりますが、暴力団の方は金額を申請ができないようになっております。 ここで問題となるのが、指定暴力団をやめたか否かが各都道府県の窓口では判断しにくく誤って却下したっり間違って受給可にしてしまってます。 先日も暴力団員でない方が却下されたことについて簡易裁判で訴訟を起こして、珍しく自治体が敗訴になったケースがありました。 組から脱退した時の絶縁状を根拠に判断しているので誤りがあるのかもしれません。 国の厚生労働省と警察庁、生活保護の基準を判断する地方自治体の連携の悪さが少々露呈してます。


受給者

コンテンツ一覧

このページのトップヘ

見出し画像
×