アーカイブ

2014年11月

カテゴリ:
虎馬: 韓国人「太平洋戦争における米軍と日本軍の被害状況を比較してみよう」00:00
1. 韓国人(スレ主)


ミッドウェー海戦(1942年6月4日~1942年6月6日、米国の勝利)
米国の被害:空母1隻沈没、駆逐艦1隻沈没、戦闘機150機破壊、死者307名
日本の被害:空母4隻沈没、重巡洋艦1隻沈没、重巡洋艦1隻損傷、戦闘機248機破壊、死者3057名


ガダルカナル島の戦い(1942年8月7日~1943年2月9日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者7100名、捕虜4名
日本の被害:戦死者3万1000名、捕虜1000名


ブーゲンビル島の戦い(1943年11月1日~1945年8月21日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者727名
日本の被害:戦死者1万8500名~2万1500名


タラワの戦い(1943年11月20日~1943年11月23日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者1696名、負傷者2101名
日本の被害:戦死者4690名


クェゼリンの戦い(1944年1月31日~1944年2月7日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者348名、負傷者1462名、行方不明者183名
日本の被害:戦死者7800名、捕虜253名


トラック島の戦い(1944年2月16日~1944年2月17日、米国の勝利)
米国の被害:空母1隻損傷、戦艦1隻軽度の損傷、戦闘機25機破壊
日本の被害:巡洋艦3隻沈没、駆逐艦4隻沈没、補助巡洋艦3隻沈没、潜水艦2隻沈没、小型戦闘艦3隻沈没、貨物船32隻沈没、戦闘機270機破壊


エニウェトクの戦い(1944年2月16日~1944年2月23日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者313名、負傷者879名、行方不明者77名
日本の被害:戦死者3380名、捕虜105名


サイパンの戦い(1944年6月15日~1944年7月9日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者3426名、負傷者1万364名
日本の被害:戦死者2万4000名、自殺5000名、捕虜921名


フィリピン海海戦(1944年6月19日~1944年6月20日、米国の勝利)
米国の被害:戦艦1隻損傷、戦闘機123機破壊
日本の被害:空母3隻沈没、タンカー2隻沈没、戦闘機550~645機破壊


グアムの戦い(1944年7月21日~1944年8月10日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者1783名、負傷者6010名
日本の被害:戦死者1万8337名、捕虜1250名


テニアンの戦い(1944年7月24日~1944年8月1日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者326名、負傷者1593名
日本の被害:戦死者5542名、捕虜252名、行方不明者2265名


ペリリューの戦い(1944年9月15日~1944年11月15日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者1508名、負傷者6635名、行方不明者36名
日本の被害:戦死者1万900名、捕虜202名


レイテ島の戦い(1944年10月20日~1944年12月10日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者3504名、負傷者1万1991名
日本の被害:戦死者5万名、捕虜389名


レイテ沖海戦(1944年10月24日~1944年10月25日、米国の勝利)
米国の被害:軽空母1隻沈没、護衛空母2隻沈没、駆逐艦2隻沈没、護衛駆逐艦1隻沈没、戦闘機200機破壊、死傷者2800名
日本の被害:空母1隻沈没、軽空母3隻沈没、戦闘艦3隻沈没、巡洋艦10隻沈没、駆逐艦11隻沈没、戦闘機300機破壊、死者数12500名


ルソン島の戦い(1944年12月15日~1945年7月4日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者8310名、負傷者2万9560名
日本の被害:戦死者20万5535名、捕虜9050名


マニラの戦い(1945年2月3日~1945年3月3日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者1010名、負傷者5565名
日本の被害:戦死者1万6665名


硫黄島の戦い(1945年2月16日~1945年3月26日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者6821名、負傷者1万9217名
日本の被害:戦死者1万8844名


ミンダナオ島の戦い(1945月3月10日~1945年08月15日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者1041名、負傷者3545名
日本の被害:戦死者1万9265名、捕虜1700名、行方不明者8235名


ビサヤ諸島の戦い(1945年3月18日~1945年7月30日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者835名、負傷者1905名
日本の被害:戦死者1万4300名、負傷者1230名


沖縄戦 (1945年4月1日~1945年6月21日、米国の勝利)
米国の被害:戦死者1万2000名以上、負傷者3万8000名以上
日本の被害:戦死者11万名以上、捕虜7000名以上

翻訳元:http://www.ilbe.com/4753175323


2. 韓国人
保存した


3. 韓国人
ブーゲンビル島の戦い(恥ずかしながら初めて聞いた)は、ほぼ米国が日本を皆殺しにしたレベルだな(もちろん、米国側の被害も少なくはないが…)
カイカイ補足:孤立と自活|ブーゲンビル島の戦い - Wikipedia
日本軍は食糧不足で戦闘どころではなかった。日本軍はラバウルからブカ島まで潜水艦と駆逐艦で補給物資を輸送したが、量は微々たるもので絶望的に

カテゴリ:
メロン財閥とは - コトバンク   アメリカ合衆国の財閥の一覧 - いちらん屋(一覧屋)  
虎馬:ポール・メロン - W 

ポール・メロンPaul Mellon1907年6月11日 - 1999年2月1日)は、アメリカ合衆国資産家篤志家、美術品収集家、競走馬オーナーブリーダー。相続したメロン財閥の潤沢な資産をもとに様々な篤志活動・投資活動を行った人物で、特にアメリカ競馬界が受けた恩恵は大きく、後にアメリカ競馬名誉の殿堂博物館より「ホースマンの模範」として選出されている。
目次 1 生涯 1.1 青年時代 1.2 2度の結婚と兵役時代 1.3 晩年
2 活動 2.1 美術収集 2.2 競馬 2.3 財団設立 2.4 その他の活動 3 備考
生涯
青年時代

ポールは銀行家、および後のアメリカ合衆国財務長官であるアンドリュー・ウィリアム・メロンの長男として生まれた。母はノーラ・マクミューレン、姉にアリサ・メロンがいる。

1925年にチョート・スクールを卒業した後にイェール大学へと進学、そこで校内の秘密結社スクロール・アンド・キーに入部したほか、学生新聞「イェール・デイリーニュース」の副編集長を務めていた。1929年に同校を卒業した。後年、ポールはこれら母校の後援者となり、チョート・スクールにはメロン美術館とメロン科学センター(現アイカン科学センター)を寄贈、またイェール大学にも寄宿舎2棟と英国美術センターを寄贈している。イェール大学の卒業後はイギリスに渡り、そこでケンブリッジ大学クレアカレッジに入学、1931年に文学士の学位を得て卒業、後の1938年に大学院修士号(Master of Arts)の称号を得ている。

1937年に父が死去すると、姉アリサとともにその莫大な財産の相続人となった。その資産はフォーチュン誌が1957年より調べ始めた長者番付で一族がみな上位に入るほどで、ポール自身の資産は400万-700万ドルと推測されている。
2度の結婚と兵役時代

卒業後ポールはピッツバーグに戻り、メロン銀行などの企業で半年務めている。1935年、ポールはメアリー・コノーヴァー・ブラウン(Mary Conover Brown)と結婚し、その間にキャサリン(Catherine Mellon)とティモシー(Timothy Mellon)の2女を儲けた。その後家族でバージニア州に移り住んでいる。

1940年、ポールはメリーランド州アナポリスセント・ジョンズ・カレッジに入学したが、わずか半年後に陸軍に仕官、騎馬隊への入隊を志願した。ポールはヨーロッパ方面でのOSSとして勤務し、最終的には少佐にまで昇格、青銅星章を4度受けている。

1946年に妻メアリーが喘息より死去すると、ポールはレイチェル・ランバート・ロイド(Rachel Lambert Lloyd、通称: Bunny Mellon(バニー・メロン))と再婚、彼女とその連れ子であるステーシー・ロイド3世(Stacy Lloyd III)とエリザ・ランバート・ロイド(Eliza Lambert Lloyd)が家族に加わった。レイチェルはリステリンなどの医薬品ブランドで知られるワーナーランバート社[1]の創業者一族の出身で、ステーシー・バークロフト・ロイド・ジュニアの元妻であった。またレイチェルは園芸学や、印象派ポスト印象派らの絵画に興味を持つ人物で、ポールもその影響を受けることになった。
晩年

1992年に自叙伝である「Reflections in a Silver Spoon (ISBN 0-688-09723-5)」を出版している。それから7年後の1999年2月1日に、バージニア州アッパービル・オークスプリングにある自宅で、妻と4人の子供を残して死去した。
活動
美術収集

ポールは以前より美術や慈善活動に興味を持っており、後に父の資産の相続や、夫人との結婚などによってその熱をより強くした。1937年、父アンドリューがワシントンD.C.ナショナル・ギャラリー(西館)を建造したが、それから間もなく死去した。ポールはこの美術館とその所蔵品115点を国に寄贈し、自身はその運営委員会に所属し、館長も2度務めている。またその後も自身とレイチェルが美術品を寄贈し続けており、その数は1000点以上に及ぶ。

1936年、ポールはジョージ・スタッブスの「パンプキンと牧童(原題: Pumpkin with a Stable Lad)」という作品を購入した。自身が初めて購入したイギリス絵画として以後もいたく気に入り、生涯手放さなかった。それ以降イギリスの美術に注目し、イギリス芸術の専門家であるバジル・テイラーの助力のもとで、1950年代から1960年代中頃にかけて、多数の作品を手に入れた。この動きについて、ロンドン画商を営んでいたジェフリー・アグニューという人物が「あのアメリカ人が、イギリス人に自分たちの美術の価値を再認識させた」との言を残している。

その後、ポールは自身の集めた絵画や珍しい書籍などをイェール大学に寄贈し、それを収めるための博物館も建設した。ポールは自身の名前を美術館名につけることを避け、イギリス美術を収蔵したことを強調させるために「イギリス美術のためのイェールセンター(Yale Center for British Art)」という名を付けさせた。同美術館は、イェール大学アートギャラリーと同じルイス・I・カーンの設計により手がけられている。なお、母校イェール大学とは美術館の寄贈に留まらず、様々な支援を行っている。学舎の寄贈はその代表的なもので、イェール大学の数あるキャンパスの中でも、エズラスタイルズカレッジ(Ezra Stiles College)とモースカレッジ(Morse College)は、ポールの寄付を基に建てられたものであった。これらの施設拡充により、イェール大学は男女共学校になっている。寄宿寮も12棟を建設し、そこで生活する学生への給食も提供した。

一方でロンドンには同館の姉妹館として「イギリス美術研究のためのポールメロンセンター(Paul Mellon Centre for Studies in British Art)」という名の研究施設を建設している。これ以外の主な博物館建設に、バージニア州リッチモンドに建設したバージニア美術館がある。
競馬

ポールはサラブレッド競馬の生産者および馬主でもあり、自身の持つロークバイステーブルズ(Rokeby Stables)名義で所有した競走馬のなかには、ケンタッキーダービー優勝馬のシーヒーローなども含まれていた。1969年と1970年にはポール所有のアーツアンドレターズフォートマーシーがそれぞれ連年でアメリカ年度代表馬を獲得する快挙を成し遂げている。1971年と1986年にはエクリプス賞最優秀馬主にも選出されている。

またアメリカ国外でも競走馬を走らせており、その代表的なものにタイムフォーム誌の選出による「20世紀世界の平地競走馬トップ200」で第8位に選ばれたミルリーフがいる。

ポールはこのほか、の種の保存や安全・福祉などを目的としたグレーソンジョッキークラブ調査財団を設立している。シーヒーローがケンタッキーダービーに優勝した1993年には、当時の三冠ボーナス賞金と同額の100万ドルを財団に寄付し、また死去に際してその遺産からも250万ドルを寄付している。

それらの功績から後にアメリカ競馬名誉の殿堂博物館より、1989年に「模範ホースマン(Exempler of Racing)」として選出された[2]。この称号は2010年現在までに5人しか選出されていない希少な称号である。また1988年にはバージニア州競馬協会から、さらにはイギリスジョッキークラブよりも殿堂選定を受けている。
財団設立

ポールは人文科学の進歩を目的として、1941年にオールド・ドミニオン財団(バージニア州財団)を、1945年にボーリンゲン財団を設立している。これらは1969年の活動停止までに100冊以上の書籍を出版し、その後姉アリサの設立したアヴァロン財団と統合、その名を父に記念してアンドリュー・メロン財団と改称している。
その他の活動

ポールはケンブリッジ大学を通して、800万ドルの資金をフィッツウィリアム博物館へと提供している。そのうち100万ポンドは博物館の区画増設へと役立てられ、残りの資金は「ポールメロン基金」として保持され、博物館の恒久的な運営に役立てられることになった。

ケンブリッジ大学に対しては、ポールが通学したクレアカレッジに提供を行っており、1966年に建てられたクレアホールはその援助によるものである。ポールはクレアカレッジに通学していた時期を「救い難き蒐集家、という自分の出発点であった」と語っており、強い思い入れがあったという。

これらのポールの活動に対して、1974年にナイト位の大英帝国勲章が与えられた。また1985年にはアメリカ国民芸術勲章英語版、1997年にはアメリカ芸術人道勲章(National Medal of Arts and Humanities)が贈られている。
備考

  1. ^ 後にファイザーに統合。
  2. ^ Class of 2007 Induction Draws SRO Crowd - アメリカ競馬名誉の殿堂博物館公式サイト(英語)

カテゴリ:
始皇帝 - W(保存)【前半】  始皇帝 - W(保存)【中半】 

  1. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』秦本紀 70” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「秦始皇本紀」46
  3. ^ a b c d Huang, Ray. China: A Macro History Edition: 2, revised. (1987). M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247305, 9781563247309. pg 32.
  4. ^ “Emperor Qin Shi Huang -- First Emperor of China” (英語). TravelChinaGuide.com. http://www.travelchinaguide.com/attraction/shaanxi/xian/terra_cotta_army/qin_shihuang_1.htm 2011年12月20日閲覧。 
  5. ^ a b Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. p 2.
  6. ^ a b c Duiker, William J. Spielvogel, Jackson J. Edition: 5, illustrated. (2006). World History: Volume I: To 1800. Thomson Higher Education publishing. ISBN 0495050539, 9780495050537. pg 78.
  7. ^ a b c d Ren, Changhong. Wu, Jingyu. (2000). Rise and Fall of the Qin Dynasty. Asiapac Books Pte Ltd. ISBN 9812291725, 9789812291721.
  8. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.107-113、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐1
  9. ^ a b c d Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. pp 23-24, 26.
  10. ^ Hardy, Grant. Kinney, Anne Behnke. (2005). The Establishment of the Han Empire and Imperial China. Greenwood Publishing Group. ISBN 031332588X, 9780313325885. p 10.
  11. ^ ‘‘The Great Wall. (1981). Luo, Zhewen Luo. Lo, Che-wen. Wilson, Dick Wilson. Drege, J. P. Contributor Che-wen Lo. McGraw-Hill. ISBN 0070707456, 9780070707450. pg 23.
  12. ^ Fowler, Jeaneane D. (2005). An Introduction to the Philosophy and Religion of Taoism: Pathways to Immortality. Sussex Academic Press. ISBN 1845190866, 9781845190866. pg 132.
  13. ^ Lewis, Mark Edward (2007). The Early Chinese Empires: Qin and Han. ハーバード大学出版局Belknap Press. p. 52. ISBN 067402477X, 978-0674024779. http://books.google.com/books?id=EHKxM31e408C&lpg=PA52&dq=the%20early%20chinese%20emperors%20lewis%20%22was%20most%20frequently%20used%20as%20an%20epithet%20of%20Heaven%22&pg=PA52#v=onepage&q&f=false. 
  14. ^ Wikisource Records of the Grand Historian Chapter 5.
  15. ^ 「秦始皇本紀」1
  16. ^ Wikisource Records of the Grand Historian Chapter 6.
  17. ^ Book.sina.com.cn. "Sina." 帝王相貌引起的歷史爭議. Retrieved on 2009-01-18.
  18. ^ see Chinese Emperors by Ma Yan. ISBN 978-1-4351-0408-2.
  19. ^ 秦亭故址 Bytravel (中国語)
  20. ^ a b c ‘‘Records of the Grand Historian: Qin Dynasty (English translation). (1996). Ssu-Ma, Ch'ien. Sima, Qian. Burton Watson as translator. Edition: 3, reissue, revised. Columbia. University Press. ISBN 0231081693, 9780231081696. pg 35. pg 59.
  21. ^ a b 吉川 (2002)、pp.21-30、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐1
  22. ^ a b c 「呂不韋列傳」5
  23. ^ a b c d e f 吉川 (2002)、pp.30-37、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐2
  24. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『漢書』五行志下49” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  25. ^ Lü, Buwei. Translated by Knoblock, John. Riegel, Jeffrey. The Annals of Lü Buwei: Lü Shi Chun Qiu : a Complete Translation and Study. (2000). Stanford University Press. ISBN 0804733546, 9780804733540.
  26. ^ The Annals of Lü Buwei. Knoblock, John and Riegel, Jeffrey Trans.. Stanford University Press. (2001). ISBN 978-0804733540.  p. 9
  27. ^ 「呂不韋列傳」6
  28. ^ a b c d e f g 陳 (1998)、pp.154-194、乱世の果て
  29. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.287-291、秦の始皇帝年譜
  30. ^ Donn, Lin. Donn, Don. Ancient China. (2003). Social Studies School Service. Social Studies. ISBN 1560041633, 9781560041634. pg 49.
  31. ^ 吉川 (2002)、pp.38-45、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐3
  32. ^ a b c d e f g h 吉川 (2002)、pp.45-53、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐4
  33. ^ a b c d e f g Mah, Adeline Yen. (2003). A Thousand Pieces of Gold: Growing Up Through China's Proverbs. Published by HarperCollins. ISBN 0060006412, 9780060006419. p 32-34.
  34. ^ 「呂不韋列傳」12
  35. ^ 「呂不韋列傳」14
  36. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.54-62、第二章 駆客令‐秦国の発展‐1
  37. ^ a b 吉川 (2002)、pp.62-69、第二章 駆客令‐秦国の発展‐2
  38. ^ 吉川 (2002)、pp.69-74、第二章 駆客令‐秦国の発展‐3
  39. ^ 吉川 (2002)、pp.74-80、第二章 駆客令‐秦国の発展‐4
  40. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.81-88、第三章 統一への道‐六国併合‐1
  41. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《初見秦》” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  42. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《孤憤》1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  43. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《五蠹》10-13” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  44. ^ Hk.chiculture.net. "HKChinese culture." 破趙逼燕. Retrieved on 2009-01-18.
  45. ^ a b c Haw, Stephen G. (2007). Beijing a Concise History. Routledge. ISBN 978041539906-7. p 22 -23.
  46. ^ a b c d e f 吉川 (2002)、pp.88-94、第三章 統一への道‐六国併合‐2
  47. ^ a b c d e f g h i j k l Sima Qian. Dawson, Raymond Stanley. Brashier, K. E. (2007). The First Emperor: Selections from the Historical Records. Oxford University Press. ISBN 0199226342, 9780199226344. pg 15 - 20, pg 82, pg 99.
  48. ^ a b c d e 陳 (1998)、pp.196-227、天下統一
  49. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』刺客列傳 26” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  50. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.95-101、第三章 統一への道‐六国併合‐3
  51. ^ Sima Qian: The First Emperor. Tr. by Raymond Dawson. Oxford University Press. Edition 2007, Chronology, p. xxxix
  52. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』白起王翦列傳10-12” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  53. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.101-106、第三章 統一への道‐六国併合‐4
  54. ^ Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. p 27.
  55. ^ Murowchick, Robert E. (1994). China: Ancient Culture, Modern Land. University of Oklahoma Press, 1994. ISBN 0806126833, 9780806126838. p105.
  56. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.114-123、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐2
  57. ^ a b c d Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. Sutton Publishing. ISBN 0750939591. pp. 82, 102-103, 131, 134.
  58. ^ a b Imperialism in Early China. CA. 1600BC - 8AD'. University of Michigan Press. ISBN 0472115332, 9780472115334. p 43-44'
  59. ^ a b c d e Chang, Chun-shu Chang. (2007). The Rise of the Chinese Empire: Nation, State, and Imperialism in Early China, CA. 1600BC - 8AD. University of Michigan Press. ISBN 0472115332, 9780472115334. p 43-44
  60. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.128-136、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐4
  61. ^ a b c Veeck, Gregory. Pannell, Clifton W. (2007). China's Geography: Globalization and the Dynamics of Political, Economic, and Social Change. Rowman & Littlefield publishing. ISBN 0742554023, 9780742554023. p57-58.
  62. ^ The source also mention ch'ien-shou was the new name of the Qin people. The may be the Wade-Giles romanization of (秦受) "subjects of the Qin empire".
  63. ^ 監修:今井秀孝 「第1章 計るって何だろう」『トコトンやさしい計量の本』 日刊工業新聞社2007年、第1刷、22-23頁。ISBN 978-4-526-05964-3
  64. ^ a b 吉川 (2002)、pp.123-128、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐3
  65. ^ a b 藤枝 (1999)、pp.69-70、四 皇帝の文字 文字改革
  66. ^ 藤枝 (1999)、pp.93-97、五 政治の文字 隷書
  67. ^ a b 藤枝 (1999)、pp.75-79、四 皇帝の文字 度量衡
  68. ^ 青銅詔版の権量銘”. 考古用語辞典. 2011年11月20日閲覧。
  69. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.151-157、第五章 咸陽‐阿房宮と驪山陵‐3
  70. ^ a b c d e f 陳 (1998)、pp.228-257、万里の長城
  71. ^ Chang, Kwang-chih. Xu, Pingfang. Lu, Liancheng. Allan, Sarah. (2005). The Formation of Chinese Civilization: An Archaeological Perspective. Yale University Press. ISBN 0300093829, 9780300093827. pg 258.
  72. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.158-164、第五章 咸陽‐阿房宮と驪山陵‐4
  73. ^ Man, John. The Terracotta Army, Bantam Press 2007 p170. ISBN 978-0593059296.
  74. ^ Huang, Ray. (1997). China: A Macro History. Edition: 2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247313, 9781563247316. p 37
  75. ^ Jane Portal and Qingbo Duan, The First Emperor: China's Terracotta Arm, British Museum Press, 2007, p. 207.
  76. ^ a b Wright, David Curtis (2001). The History of China. Greenwood Publishing Group. p. 49. ISBN 031330940X. 
  77. ^ Li, Xiaobing. (2007). A History of the Modern Chinese Army. University Press of Kentucky, 2007.ISBN 0813124387, 9780813124384. p.16
  78. ^ Huang, Ray. (1997). China: A Macro History. Edition: 2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247313, 9781563247316. p 44
  79. ^ Sina.com. "Sina.com." 秦代三大水利工程之一:灵渠. Retrieved on 2009-02-02.
  80. ^ a b c d e Mayhew, Bradley. Miller, Korina. English, Alex. South-West China: lively Yunnan and its exotic neighbours. Lonely Planet. ISBN 186450370X, 9781864503708. pg 222.
  81. ^ 「秦始皇本紀」18
  82. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.165-173、第六章 天下巡遊‐刻石と『雲夢秦簡』‐1
  83. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『尚書』《虞書》《舜典》3-4” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  84. ^ 「秦始皇本紀」19-26
  85. ^ 「秦始皇本紀」27-31
  86. ^ 「秦始皇本紀」34-36
  87. ^ 「秦始皇本紀」43-46
  88. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.173-180、第六章 天下巡遊‐刻石と『雲夢秦簡』‐2
  89. ^ a b c d 陳 (1998)、pp.9-41、秦山風物
  90. ^ a b 「封禪書」12
  91. ^ 「封禪書」19
  92. ^ a b c d e f g h 吉川 (2002)、pp.195-202、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐1
  93. ^ a b 「封禪書」20
  94. ^ 「封禪書」22
  95. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.202-206、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐2
  96. ^ a b c Ong, Siew Chey. Marshall Cavendish. (2006). China Condensed: 5000 Years of History & Culture. ISBN 9812610677, 9789812610676. p 17.
  97. ^ 「封禪書」23
  98. ^ Fabrizio Pregadio. The Encyclopedia of Taoism. London: Routledge, 2008: 199
  99. ^ a b c Wintle, Justin Wintle. (2002). China. Rough Guides Publishing. ISBN 1858287642, 9781858287645. p 61. p 71.
  100. ^ a b c d e f 吉川 (2002)、pp.218-227、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐5
  101. ^ 「秦始皇本紀」26
  102. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.232-237、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐1
  103. ^ Elizabeth, Jean. Ward, Laureate. (2008). The Songs and Ballads of Li He Chang. ISBN 1435718674, 9781435718678. p 51
  104. ^ Wu, Hung. The Wu Liang Shrine: The Ideology of Early Chinese Pictorial Art. Stanford University Press, 1989. ISBN 0804715297, 9780804715294. p 326.
  105. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 儒家 説苑 復恩 14” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  106. ^ 「秦始皇本紀」33
  107. ^ 「秦始皇本紀」24
  108. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.206-211、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐3
  109. ^ 「秦始皇本紀」36
  110. ^ a b c d 「秦始皇本紀」38
  111. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.211-218、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐4
  112. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 法家 韓非子 五蠹 1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  113. ^ a b c 町田三郎. “秦の思想統制について (PDF)”. 九州大学学術情報リポジトリ. 2011年12月20日閲覧。
  114. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 法家 韓非子 姦劫弒臣3” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  115. ^ Li-Hsiang Lisa Rosenlee. Ames, Roger T. (2006). Confucianism and Women: A Philosophical Interpretation. SUNY Press. ISBN 079146749X, 9780791467497. p 25.
  116. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 道家 荘子 内篇 大宗師 1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  117. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 道家 荘子 内篇 齊物論 11” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  118. ^ Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. p 33.
  119. ^ Twitchett, Denis. Fairbank, John King. Loewe, Michael. The Cambridge History of China: The Ch'in and Han Empires 221 B.C.-A.D. 220. Edition: 3. Cambridge University Press, 1986. ISBN 0521243270, 9780521243278. p 71.
  120. ^ 吉川 (2002)、pp.227-231、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐6
  121. ^ Liang, Yuansheng. (2007). The Legitimation of New Orders: Case Studies in World History. Chinese University Press. ISBN 962996239X, 9789629962395. pg 5.
  122. ^ a b 「秦始皇本紀」42
  123. ^ 「秦始皇本紀」43
  124. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.238-243、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐2
  125. ^ 「秦始皇本紀」45
  126. ^ a b Tung, Douglas S. Tung, Kenneth. (2003). More Than 36 Stratagems: A Systematic Classification Based On Basic Behaviours. Trafford Publishing. ISBN 1412006740, 9781412006743.
  127. ^ a b 吉川 (2002)、pp.243-246、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐3
  128. ^ 中国百科 秦の始皇帝陵”. CRI online. 2011年12月20日閲覧。
  129. ^ O'Hagan Muqian Luo, Paul. (2006). 讀名人小傳學英文: famous people. 寂天文化. publishing. ISBN 9861840451, 9789861840451. p16.
  130. ^ Xinhuanet.com. "Xinhuanet.com." 中國考古簡訊:秦始皇去世地沙丘平臺遺跡尚存. Retrieved on 2009-01-28.
  131. ^ a b 吉川 (2002)、pp.246-253、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐4
  132. ^ a b 吉川 (2002)、pp.253-258、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐5
  133. ^ 吉川 (2002)、pp.258-264、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐6
  134. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.264-270、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐7
  135. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 儒家 論衝 實知 2” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  136. ^ 「秦始皇本紀」4
  137. ^ 「秦始皇本紀」41
  138. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.278-282、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐3
  139. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 漢書 五行志 下之上 54” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  140. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 史記 高祖本紀19” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  141. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 漢書 高帝紀下 6” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  142. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 論語 子張 20” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  143. ^ a b 吉川 (2002)、pp.271-275、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐1
  144. ^ Loewe, Michael. Twitchett, Denis. (1986). The Cambridge History of China: Volume I: the Ch'in and Han Empires, 221 B.C. – A.D. 220. Cambridge University Press. ISBN 0521243270.
  145. ^ Lovell, Julia. (2006). The Great Wall: China Against the World, 1000 BC-AD 2000. Grove Press. ISBN 0802118143, 9780802118141. pg 65.
  146. ^

    秦皇按寶劍 赫怒震威神秦皇しんこう寶劍ほうけんあんじ、赫怒かくど威神いしんふるう。)
    逐日巡海右 驅石駕滄津(日を逐って海右かいゆうを巡り、石を駆って滄津にす。)
    征卒空九寓 作橋傷萬人(卒を征して九寓空しく、橋を作って萬人傷つく。)
    但求蓬島藥 豈思農扈春ただ蓬島ほうとうの薬を求む、に農扈の春を思わんや。)
    力盡功不贍 千載為悲辛(力きて功ゆたかならず、千載せんざいため悲辛ひしんす。)

    李白『国風』四十八

  147. ^ 吉川 (2002)、pp.275-277、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐1
  148. ^ 藤枝 (1999)、pp.68-69、四 皇帝の文字 始皇帝の天下統一
  149. ^ Southerncrossreview.org. "Southerncrossreview.org." "The Wall and the Books". Retrieved on 2009-02-02.
  150. ^ Openlibrary.org. "Openlibrary.org." The Lord of the East. Retrieved on 2009-02-02.
  151. ^ [1]
  152. ^ [2]
  153. ^ 秦・始皇帝”. goo映画. 2011年11月20日閲覧。
  154. ^ a b c d 植村光雄 「映画の世界史」『カリスマ先生の世界史』 PHP研究所、70頁。
  155. ^ NYTimes.com. "NYtimes.com." Film review. Retrieved on 2009-02-02.
  156. ^ IMDb.com. "IMDb-162866." Emperor and the Assassin. Retrieved on 2009-02-02.
  157. ^ 始皇帝暗殺”. goo映画. 2011年11月20日閲覧。
  158. ^ TVB. "TVB." A Step to the Past TVB. Retrieved on 2009-02-02.
  159. ^ CCTV. "CCTV." List the 30 episode series. Retrieved on 2009-02-02.
  160. ^ 新浪網 荊軻伝奇サイト
  161. ^ MATVムービーアジア ドラマ作品ガイド(最上部に『神話』)
  162. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX1』
  163. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX2』
  164. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX3』
  165. ^ 日本版公式サイト
  166. ^ キングダム - 週刊ヤングジャンプ公式サイト
  167. ^ テレビアニメ”. NHKアニメワールド キングダム. 2012年6月16日閲覧。
  168. ^ Blockbuster. "Blockbuster." Secrets of China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02.
  169. ^ Historychannel.com. "Historychannel.com." China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02.
  170. ^ [3]
  171. ^ Gamefaqs.com. "Gamefaqs-165." Civilization IV. Retrieved on 2009-02-03.

注2

ここでは、出典・注内で提示されている「出典」を示しています。

  1. ^ 郭沫若 著、『中国古代の思想家たち』(上・下)「呂不韋と秦王政との批判」、野原四郎・佐藤武敏・上原淳道三 訳、岩波書店

参考文献

読書案内

  • 籾山明 『秦の始皇帝 多元世界の統一者』 白帝社1994年ISBN 9784891742287
  • 鶴間和幸 『秦の始皇帝 伝説と史実のはざま』 吉川弘文館2001年ISBN 9784062097321
  • 鶴間和幸 『始皇帝の地下帝国』 講談社学術文庫、2001年ISBN 406209732X
  • 鶴間和幸 『ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国 (中国の歴史 3)』 講談社学術文庫、2004年ISBN 9784062740531
  • 鎌田重雄 『秦の始皇帝』 河出書房新社、1962年
  • Bodde, Derk (1978), “The State and Empire of Ch'in”, in Twitchett, Denis; Loewe, Michael, The Cambridge history of China, 1, Cambridge: Cambridge Univ. Press, ISBN 0521214475 
  • Clements, Jonathan (2006), The First Emperor of China, Sutton Publishing, ISBN 978-07509-3960-7 
  • Cotterell, Arthur (1981), The first emperor of China: the greatest archeological find of our time, New York: Holt, Rinehart, and Winston, ISBN 0030598893 
  • Guisso, R.W.L.; Pagani, Catherine; Miller, David (1989), The first emperor of China, New York: Birch Lane Press, ISBN 1559720166 
  • Yu-ning, Li, ed. (1975), The First Emperor of China, White Plains, N.Y.: International Arts and Sciences Press, ISBN 0873320670 
  • Portal, Jane (2007), The First Emperor, China's Terracotta Army, British Museum Press, ISBN 9781932543261 
  • Qian, Sima (1961), Records of the Grand Historian: Qin dynasty, Burton Watson, trans, New York: Columbia Univ. Press 
  • Wood, Frances (2007), The First Emperor of China, Profile, ISBN 1846680328 
  • Yap, Joseph P (2009), Wars With the Xiongnu, A Translation From Zizhi tongjian, AuthorHouse, ISBN 978-1-4490-0604-4 

関連項目

外部リンク

カテゴリ:
虎馬:https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=apec+2014 

11月11日、中国の習近平国家主席は、世界経済の回復は不安定であり、アジア 太平洋経済協力会議(APEC)加盟国は成長促進に向け通商交渉を加速すべきだと 述べた。写真は、中国の習主席、7月撮影(2014年 ロイター/Jorge Silva) ...「apec 2014」の他のニュース
  • APEC CHINA 2014

    On 5-6 November, 2014 APEC Concluding Senior Officials' Meeting (CSOM) was held in Beijing. As the first event of this year's APEC Economic Leaders' Week (AELW) and the last APEC Senior Officials' Meeting of 2014, its main task is to ...
  • 2014年中国APEC開催日程-APEC-経済産業省ホームページ

    10 件のアイテム - 経済産業省によるAPECのホームページを開設しました。経済産業省 ...
    日程
    会合名
    場所.
    2014年2月15日(土)~2月28日(金
    第1回高級事務者会合(SOM1)及び ...
    寧波.
    2014年5月5日(月)~5月15日(木
    第2回高級事務者会合(SOM2)及び ...
    青島.
  • APECの概要-APEC-経済産業省ホームページ

    ... を開設しました。経済産業省では、このホームページを通し、APECに関する様々な情報を発信します。 ... その後米国(2011年)、ロシア(2012年)、インドネシア(2013年)と続き、2014年の議長エコノミーは中国となっています。 (※)東アジアサミットと ...
  • APEC CEO Summit 2014

    www.2014apecceosummit.com/apec/このページを訳す
    On October 30, 2014, China Council for the Promotion of International Trade (CCPIT) announced that President Xi Jinping would attend APEC CEO Summit and give a keynote speech. Yu Ping , vice chairperson of CCPIT and deputy director ...
  • APEC Events Calendar - Asia-Pacific Economic Cooperation

    www.apec.org/Events-Calendar.aspxこのページを訳す
    15 Feb 2014, Business Mobility Group – APEC Business Travel Card (BMG-ABTC) Working Group Meeting, Ningbo, China, BMG. 15 Feb 2014, Human Resources Development Working Group Lead Shepherd Advisory Committee (HRDWG ...
  • APEC China 2014 - Wikipedia, the free encyclopedia

    en.wikipedia.org/wiki/APEC_China_2014このページを訳す
    The APEC China 2014 was the 26th annual gathering of APEC leaders. It was held in Beijing on 10–12 November 2014. Contents. 1 Attendees; 2 Preparations; 3 Events; 4 External links; 5 References. Attendees[edit]. Attendees included ...
  • APEC 2014 - APEC | The Applied Power Electronics ...

    www.apec-conf.org/about/previous-years/apec-2014/このページを訳す
    APEC | The Applied Power Electronics Conference & Exposition · Twitter · Facebook · LinkedIn. HOME · ABOUT · About the Conference · History ... APEC 2014. APEC 2014 Summary · Conference Photos · Plenary Session · Industry Sessions.
  • APEC 2014: Vladimir Putin, Xi Jinping & Obama Together ...

    www.youtube.com/watch?v=n6ipax-6bgw
    2 日前 - アップロード元: WestEndNews
    "Putin, Obama arrive for APEC Summit Welcome Dinner" | APEC leaders in China | Beijing, China. November ...
  • APEC 2014 | 外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

    www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/apec/page22_001646.html
    5 日前 - APEC(アジア太平洋経済協力,Asia Pacific Economic Cooperation). APEC 2014. 平成26年11月12日. (ロゴ)APEC ... 安倍総理大臣のAPEC首脳会議,ASEAN関連首脳会議及びG20首脳会合出席(平成26年11月9日~17日) · 概要 ...
  • カテゴリ:
    虎馬:モーセ - W 
    モーセ像(ミケランジェロ

    モーセヘブライ語: מֹשֶׁה‎、ギリシア語: Μωυσήςラテン語: MoysesMosesアラビア語: موسىٰ‎)あるいはモーゼは、旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる紀元前13世紀ごろ活躍したとされる古代イスラエルの民族指導者である。

    新約聖書使徒言行録 によれば、神の目に適った美しい子で、ユダヤ教キリスト教イスラム教およびバハーイー教など多くの宗教において、もっとも重要な預言者の一人。伝統的には旧約聖書のモーセ五書(トーラー)の著者であるとされてきた。『出エジプト記』によれば、モーセはエジプトのヘブライ人家族に生まれたが、新生児を殺害することを命じたファラオの命令を逃れるためにナイル川に流され、王族に拾われて育てられたという。長じてエジプト人を殺害し、砂漠に隠れていたが、神の命令によって奴隷状態のヘブライ人をエジプトから連れ出す使命を受けた。エジプトから民を率いて脱出したモーセは40年にわたって荒野をさまよったが、約束の土地を目前にして世を去ったという。



    『旧約聖書』におけるモーセ[編集]

    ドゥラ・エウロポスシナゴーグから出土した3世紀頃の壁画。モーセがナイル川から拾われる場面を描いている

    『旧約聖書』の『出エジプト記』によれば、モーセはイスラエル人レビ族の父アムラムと、アムラムにとって叔母にあたる母ヨケベドとの間に生まれ、兄アロンと姉ミリアムがいた[1]。モーセが生まれた当時、ヘブライ人が増えすぎることを懸念したファラオはヘブライ人の男児を殺すよう命令した[2]。出生後しばらく隠して育てられたが、やがて隠し切れなくなり、パピルスのかごに乗せてナイル川に流された。たまたま水浴びしていたファラオの王女が彼を拾い、水からひきあげたのでマーシャー(「引き上げる」の意味)にちなんで「モーセ」と名づけた。モーセの姉の機転で、実の母親を乳母として王女に雇われることができた[3]

    成長したモーセは、あるとき同胞であるヘブライ人がエジプト人に虐待されているのを見て、はからずもエジプト人を殺害してしまう。これが発覚し、ファラオに命を狙われたモーセは逃れてミディアンの地(アラビア半島)に住んだ。ミディアンではツィポラという羊飼いの女性と結婚し、羊飼いとして暮らしていたが、ある日燃える柴のなかから神に語り掛けられ、イスラエル人を約束の地(聖書中では「乳と蜜の流れる地」と言われている現在のパレスチナ周辺)へと導く使命を受ける。神は、みずからを「わたしはある者」と名乗った[4]

    エジプトに戻ったモーセは兄アロンとともにファラオに会い、ヘブライ人退去の許しを求めたが、ファラオは拒絶し、なかなか許そうとしなかった。そのため十の災いがエジプトにくだり、最後にはファラオの息子を含めてすべてのエジプトの初子が無差別に殺害された[5]。ファラオはここにいたってヘブライ人たちがエジプトから出ることを認めた。エジプト出発の夜、人々は神の指示通り、子羊の肉と酵母を入れないパンを食べた。神はこの出来事を記念として行うよう命じた。これが「過越祭」の起源である[6]。ヘブライ人がエジプトを出ると、ファラオは心変わりして戦車と騎兵からなる軍勢を差し向けた。紅海に追い詰められ、絶体絶命の状況に陥った。これに対し、奴隷的な状態のままであってもエジプトにいた方がよかったと不平をもらす者もいたが、モーセが手にもっていた杖を振り上げると、葦の海で水が割れたため、イスラエル人たちは渡ることができた。しかし、後を追って紅海を渡ろうとしたファラオの軍勢は海に沈んだ[7]

    その後、モーセは民と共に苦しい荒れ野の旅を続ける。人々は水や食べ物のことでしばしばモーセに不平をいい、モーセはそのたびに水や食べ物を与えて神の力を示した。このとき、神から与えられた蜜入りのウェファースのような味の白い食料を人々は「マナ」と呼んだ[8]。やがて人々がシナイ山に近づくと、神が山上に現れ、モーセは山に登って十戒を受けた[9]。さらに神はヘブライ人と契約を交わした[10]。『出エジプト記』のモーセに関する記述はこれで終わり、後半部(20章~40章)は守るべき掟と儀式に関する詳細な規定の記述に費やされている。

    続く『レビ記』『民数記』『申命記』ではさらに詳細な律法の内容が語られ、その合間にモーセの生涯とヘブライ人たちの歩みとについて記している。モーセは石版の破片を入れた『契約の箱』を先頭にシナイ山を出発し[11]、約束の国を目指してカナンを進んだ。その途上ではモーセとアロンへの反逆が行われたり[12]、不平を言う民を罰する民に神が炎の蛇を送り、多くの死者が出たため、モーセが青銅の蛇を示して民を救った出来事などがあった[13]。人々はカナンの人々と戦いを繰り返し、アモリ人らを撃ち、全軍を滅ぼした[14]。さらにミディアン人たちを撃つなど戦いを続けた[15]

    モーセ五書の最終巻にあたる『申命記』ではモーセの最期が描かれている。「メリバの泉で神が聖なることを示さなかった」[16]ことにより、約束の国に入ることを許されず、ヨルダン川の手前でピスガの頂ネボに登り、約束された国を目にしながらこの世を去った。120歳であった[17]。モーセはモアブの谷に葬られたが、その場所は誰も知らないとされている[18]

    モーセの死後、その従者であったヌンの子ヨシュアが後継者となり、神の民を導いた[19]

    イスラム教におけるモーセ[編集]

    手に杖をもつムーサー(モーセ)(15世紀ペルシア細密画

    クルアーン』(コーラン)ではアラビア語でムーサー (موسى Mūsā) と呼ばれる。イスラム教の聖典『クルアーン』では、モーセすなわちムーサーは過去の預言者のひとりにして、ユダヤ教徒共同体アッラーフ)から使わされた使徒として登場する。ムーサーは『クルアーン』においてムハンマドを除く諸預言者の中では最も偉大[要出典]な預言者であるとみなされており、ムスリム(イスラム教徒)はムーサーを「神と語る者(カリームッラーフ)」と尊称する。

    ムーサーの名は『クルアーン』中において非常に多くの個所で言及され、特に、第28章「物語」は全編がムーサーの物語になっている。『クルアーン』によれば、ムーサーはエジプトで生まれ育ち、のちに「聖なる谷」で神の声を聞いて預言者となった。また、彼の兄であるハールーン(アロン)もムーサーを補佐するための預言者とされる。ムーサーとハールーンはエジプトのファラオに唯一なる神を信仰するよう求め、神の偉大さを伝えるために杖を蛇に変えるなどの奇蹟を示すが、ファラオに拒絶されたためにイスラエルの民を連れてエジプトを離れた。出エジプト物語は『聖書』と基本的に同じであり、シナイ山(アラビア語ではムーサー山と呼ばれる)で、ユダヤ教徒に対して与えられた啓典であるトーラー(律法)を神から授かったという。

    クルアーンのムーサーの物語では、ユダヤ教徒たちがムーサーの言うことを聞かず、時に偶像をあがめたことについて非常に詳細に言及されており、このようなクルアーンの、正しい神に選ばれた使徒ムーサーに従わないユダヤ教徒に対する批判的な言及が、歴史的なムスリムによるユダヤ教徒に対する差別心、敵意の原因のひとつとなったと指摘されることも多い。

    ムーサーはイスラム教においてノア(ヌーフ)、アブラハム(イブラーヒーム)イエス(イーサー)、ムハンマドと共に五大預言者のうちの一人とされる。また、ムーサーという名はムスリムに好まれる男性名のひとつとなっている。

    イスラム伝承ではムーサーはイスラエル民族の救世主としての役割のみならず、さまざまな知的追求も行う人として描かれており、クルアーンにはユダヤ・キリスト教には無い話。知識を求めるムーサーが、従者を連れ賢者に会いに行き、教えを請う物語などもある。エジプト脱出から死去までの時間に開きが大きいのも、その間に知的追求への旅など、イスラエル民族に対する救世主的行為以外にも携わっていたからだと考えられている。

    トーラーの記者としてのモーセ[編集]

    『創世記』からはじまって、『出エジプト記』『レビ記』『民数記』『申命記』までの『ヘブライ聖書』(キリスト教では『旧約聖書』)の最初の五書は、総称して「モーセ五書」と呼ばれてきた。新約聖書にイエス・キリストがモーセを聖書記者として言及している聖句があり、聖書信仰に立つ福音派の教会ではモーセをモーセ五書の記者として認めている[20][21]

    これらは聖書自身の記述と古代からの伝承によってモーセの手によるものとされてきたが、ユリウス・ヴェルハウゼンらの文書仮説高等批評によって否定されることになった。福音派はこれらの主張を「信仰の敵」と呼んでいる[22]。「モーセ五書」の別称は「トーラー」であり、日本語訳では「律法」とされることが多い。しかしながら、トーラーは元来「指針」ないし「方針」という意味である[23]

    モーセと芸術作品[編集]

    絵画・彫刻[編集]

    キリスト教美術においてはモーセは通常老人の姿に描かれることが多い。

    中世ヨーロッパ美術においては、ミケランジェロの彫刻やレンブラントの絵画にみられるごとく、モーセはしばしば角のある姿で描かれるが、この理由には二つの説がある。一つは、ヴルガタ訳の描写をもとにしたためだというものである(『出エジプト記』 34:29-30, 35)。元来、ヘブライ語には母音を表す文字が存在せず、ヘブライ語で「角」を意味する語は「輝く」という意味にも解釈可能であり、現在の『聖書』翻訳では一般に後者の意味で訳出されている。もう一つの説は、ヴルガータとは関係なく、モーセの顔が光り輝くのを角のような形で表現したというものである。フランスの美術史家エミール・マールは後者の説をとり、最初典礼劇でそのような表現がなされたものが絵画や彫刻にも影響を与えたと考えている[24]。一方、日本の尾形希和子は前者の説をとりつつも、12~13世紀のイングランドの教会法学者ティルベリのゲルウァシウス英語版の著書中に「モーセの角の生えた顔とは、すなわち彼の顔から輝く光が出ていたから[25]」とあるのを紹介している。他の中世人の著作を見ると、クレルヴォーのベルナール『雅歌講解』にも件の場面でモーセの顔が光り輝いたということを前提としている記述がある[26]

    異説[編集]

    聖書学者の関根清三は、著書[27]において上記と異なる見解を述べている。

    『「光り輝いている」と訳したヘブライ語はカーランという動詞で、用例が「角のある」という意味であることは確かである。カーランはケレンという名詞の派生語と思われるが、名詞の用例は たくさんあって、その意味が「角」であることははっきりしており、牛との関連で使われている詩篇の動詞形の意味も「角のある」といったあたりに自ずと定まるからである。

    そこで 出エジプト記の方のカーランも、旧約のラテン語訳・ヴルガータではこれと呼応して cornutus(角のある)と訳しているのである。それに対し、ギリシア語訳・ セプトゥアギンタ(七十人訳)はdedoxastai(光り輝いた、栄光化された)と意訳した。

    近代の翻訳も日本語訳を含め、「顔の肌」から角が生えるというのはそれこそ面妖であるので、 みなセプトゥアギンタの方にしたがっているのである。』

    なお、太古より、牛や山羊や羊などの角は「豊穣=富・子孫繁栄の象徴」であり、主にアジアとヨーロッパの世界各地に、豊穣神たる「角を生やした神」への信仰があり、儀式の際に角の被り物をするなど、カーランを「角のある」と解釈することは、むしろ正統である。

    映画[編集]

    モーセと出エジプトをテーマにした映画も多い。代表的な作品に以下のものがある。

    比喩・俗用としてのモーセ[編集]

    海が割れるエピソードは旧約聖書の中では日本でも比較的有名なエピソードである。

    このエピソードから転じて、人だかりなどで混雑している場所においてある人物が現れるとその人のために道を一斉に開けて空間ができる様子(または何らかの危険物や異臭物などを避けるために大きな空間ができている様子)。またイベントなどのブースにおいて両隣は行列で混雑しているにもかかわらずそこだけは全く行列ができずに開いている様子などを海が割れている場面に見立てて比喩的にモーセを使うことがある。主にコミックマーケットでは混雑が予想される壁サークルにも関わらず何らかの原因(意図的に緩衝材としているケースもある)で人がほとんど訪れないと、両隣の繁盛ぶりと比較して「モーセ状態」と呼ばれることが多い。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 『出エジプト記』6:19-20
    2. ^ 『出エジプト記』1:22
    3. ^ 『出エジプト記』2章1-10
    4. ^ 『出エジプト記』2:11~3:21
    5. ^ 『出エジプト記』12:29
    6. ^ 『出エジプト記』12章
    7. ^ 『出エジプト記』14章
    8. ^ 『出エジプト記』16章~17章
    9. ^ 『出エジプト記』20章
    10. ^ 『出エジプト記』24章
    11. ^ 『民数記』10:33
    12. ^ 『民数記』16章
    13. ^ 『民数記』21:4-9
    14. ^ 『民数記』21:21-35
    15. ^ 『民数記』31:1-24
    16. ^ 『申命記』32:51
    17. ^ 『申命記』34章
    18. ^ 『申命記』34:6
    19. ^ 『申命記』34:9、以下文語訳聖書より引用「ヌンの子ヨシユアは心に智慧の充る者なりモーセその手をこれが上に按たるによりて然るなりイスラエルの子孫は之に聽したがひ主のモーセに命じたまひし如くおこなへり」(申命記34:9)、「主の僕モーセの死し後 主、モーセの從者ヌンの子ヨシユアに語りて言たまはく わが僕モーセは已に死り然ば汝いま此すべての民とともに起てこのヨルダンを濟り我がイスラエルの子孫に與ふる地にゆけ」(ヨシュア記1:1-2)
    20. ^ 新聖書辞典
    21. ^ 尾山令仁『聖書の概説』羊群社
    22. ^ ケアンズ『基督教全史』聖書図書刊行会
    23. ^ 旧約聖書-モーセ五書(律法)-サルヴァスタイル美術館
    24. ^ エミール・マール『ロマネスクの図像学 上』田中仁彦・池田健二・磯見辰典・成瀬駒男・細田直孝共訳、国書刊行会、1996年11月20日初版、ISBN:4-336-03891-0、p220-221
    25. ^ 尾形希和子『教会の怪物たち ロマネスクの図像学』講談社選書メチエ、2013年12月10日、ISBN:978-4-06-258568-2、p118~119
    26. ^ 『キリスト教神秘主義著作集2 ベルナール』金子晴勇訳、教文館、2005年12月16日、p62
    27. ^ 『旧約聖書の思想――24の断章』(講談社学術文庫)、1998年9月18日

    参考文献[編集]

    関連項目[編集]


    このページのトップヘ

    見出し画像
    ×