アーカイブ

2014年12月

カテゴリ:
虎馬:刊現代デジタル
週刊現代 178P~181P 
30年以内=10年以内2/3?⇒5年以内1/2
横浜市役所78%
千葉市役所73% 
高知70%
徳島69%
静岡66%
津62%
和歌山60%
埼玉市役所51% 
東京48%(都庁26⇒46%) 

日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ【前半】

カテゴリ:
 
日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ【中半】  
日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ【後半】 

日本人個々の洗脳は、マスメディアと学校教(狂?)育の網にかけ、ニセ情報と嘘の知識を骨の髄まで染み込ませよう。これぞ文字通り「一網打尽」。しかし、その網にかからない、つまり世界支配者層の洗脳作戦から漏れる日本人をどうするか。マスメディアも学校教(狂?)育も及ばない、日本古来伝統の宗教を信仰する者達。こいつらを叩きつぶそう。第一に血祭りにあげるべきターゲット、それは日本最大の宗教団体、創価学会。創価学会を悪魔教の配下に置き、徐々に教義を悪魔教(悪魔の法典タルムード)に改変して会員を完全洗脳。憎しみ、恨み、嫉み等ネガティブな感情のはけ口を、彼らの信仰母体日蓮正宗に向けさせる。醜い内部紛争の形を装い、創価学会自らの手によって、彼らの信仰母体日蓮正宗を叩きつぶす。ここまで成し遂げられれば、残る日本の宗教団体は元々積極的布教活動をするような元気は無い。組織立った抵抗勢力は消え去り、日本人全てが世界支配者層の従順な家畜となるのは時間の問題となるだろう。(写真下:ローマクラブ設立者の一人、アウレリオ・ペッチェイ Aurelio Peccei 氏と肩を抱き合う池田大作氏。)
SGI 01

池田氏はローマクラブの正体を知ってか知らずか、ローマクラブの環境問題解決への提言の陰に隠れた「生物化学兵器のエイズ、エボラ出血熱、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ等の人工ウィルス、ペット用断種剤入り子宮頸癌ワクチンばらまきによる手段を選ばぬ人口削減政策」に全面協力している。国際ジャーナリスト中丸薫氏は『ローマクラブ会長のアウレリオ・ペッチェイにも会った。ローマクラブはとんでもないクラブだと分かった』(「この国を支配する者達」P.302)と言っているのはその事だ。中丸薫 Website    

創価学会は1958年(昭和33年)4月2日、第二代会長戸田城聖氏の逝去以来、本来の日蓮正宗信徒団体としてのアイデンティティーを失っている。創価学会員はイルミナティ・フリーメーソンのマインドコントロール下にあり、彼等の奴隷として働かせられている。世界支配者層にとっては大変喜ばしいことである。(写真下:1958年、昭和33年3月1日大石寺大講堂落慶法要の際の戸田城聖氏。この頃既に体は非常に衰弱しており、同年4月2日逝去。画像クリックで当時の記録動画。動画の中で述べられている「戸田会長は池田大作を後継者に指名」というのは嘘。

虎馬:  

カテゴリ:
虎馬:日本帝国主義 - W 

日本帝国主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本帝国主義(にほんていこくしゅぎ、略称:日帝)とは、日本における帝国主義を指す用語。一般的には明治から第二次世界大戦終結までの、いわゆる「大日本帝国」における植民地主義覇権主義、膨張主義、軍国主義などを指す場合が多いが、それ以外の時代も含めて批判的に使われる場合もある。また特に社会主義共産主義の立場からは、日本における帝国主義論の用語としても使われている。

目次 1 概要 2 関連書籍 3 脚注 4 関連項目


概要

「帝国」の本来の意味は、複数のより小さな国や民族などを含めた広大な領域を統治する国家のこと[1]で、「帝国主義」とはそれを目指す思想・政策・体制である。またウラジーミル・レーニン帝国主義論では、「帝国主義」とは資本主義の最終段階と定義された[2]。日本は明治維新後、西欧列強に追いつくために、強引な西欧化から近代化を行い、富国強兵殖産興業を押し進め、西欧列強の植民地政策に追随した帝国主義諸政策を推進していった。

その結果として、日清戦争日露戦争韓国併合第一次世界大戦などを通じて、大陸進出を着実に進展させ、台湾朝鮮関東州南洋群島などを「外地」として支配して領土を増やした。併合した朝鮮・台湾の同化政策や、満州事変日中戦争支那事変)・太平洋戦争勃発などに前後して、大東亜共栄圏八紘一宇を掲げて皇民化教育を行った。これらの日本統治時代は、大韓民国などでは「日帝時代」とも呼ばれている[3][4]

第二次世界大戦終結後の日本に対しては、「日本帝国主義」や「日帝」との表現は、特に韓国、中国においては反日の批判が内在し、日本の軍事大国への復活の恐怖や、その戦後処理が不十分と考える立場からの批判的な意味を強く持っている。

また日本共産党などは第二次世界大戦終結までの日本を「日本帝国主義」と定義している[5]。しかし第二次世界大戦後の日本に対する現状認識は、日本のマルクス・レーニン主義党派でも分かれており、日本共産党は「アメリカへの事実上の従属国の立場になった」[5]として二段階革命論を主張するが、多くの新左翼は日本帝国主義が復活しつつあるとして一段階革命論を主張した[6]

関連書籍

  • 「日本帝国主義論」(服部之総、福村出版、1974年)
  • 「日本帝国主義 1894‐1945 ― 居留地制度と東アジア ―」(W.G.ビーズリー、岩波書店、1990年)
  • 「日本帝国主義の経済政策」(後藤靖)、柏書房、1991年)
  • 「日本帝国主義史研究」(江口圭一、青木書店、1998年)
  • 「日本帝国主義の形成」(井上清、岩波書店、2001年)
  • 「日帝時代, わが家は」(羅英均、みすず書房、2003年)
  • 「日本帝国主義下の植民地労働史」(松村高夫、不二木書店、2007年[7]

脚注

[ヘルプ]

関連項目

カテゴリ:
ファシズム - W(保存)【前半】 ファシズム - W(保存)【中半】
ファシズム - W(保存)【後半】

種類と派生

学者によってファシストと認識される運動には色々な種類があり、何をファシズムと定義するかはしばしば議論となっている。ファシストと自己定義したオリジナルの運動はベニート・ムッソリーニと彼のファシスト党である。ジョヴァンニ・ジェンティーレなどの知識人達がザ・ドクトリン・オブ・ファシズムを作成して思想を構築した。しかしオリジナルのファシズムから派生した潮流の多くは、ファシズムという用語を広い意味で使用したり、別の名称で党派の自己定義を行った。主要な例にはスペインファランヘ党ラテンアメリカなどの統合主義ルーマニア鉄衛団ドイツなどのナチズムなどがある[255]

このページのトップヘ

見出し画像
×