アーカイブ

2015年02月

カテゴリ:
虎馬:十四世界史±0理論JEKYLL&HYDE 
=⇒
地震情報検索Ⅷ 

住宅学園学級会 Jekyll【善】& Hyde【悪】

カテゴリ:
虎馬:https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%EF%BC%92%EF%BC%A3%E8%B6%85%E5%A0%B1%E5%B1%80 

【超例外】解族DATA市場【商被者】 - 2ちゃんねる おすすめ

science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1180032072/l50
【緊救 優先 順位】 ☆【世解 平案 連同】☆ ─【商被者超報改名群倶楽部 】─ ─【一発逆転/起死回生】─ ... 超絶究極∞次元平空時間宇宙星雲恒星惑星国際参議院ハルマゲドン準備選挙色々苦諜受付中謀局超! 『日直DATA?園多不足!
  • 【ITPC 超報 出版】 - 2ちゃんねる おすすめ

    society6.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1184412712/l50
    2007/07/15 - ─【ITPC 超報 出版】─. 1 :キャベンディシュipc777:2007/07/14(土) 20:31:52 ID:mY7uWgZ7: 主目的:0.7万ITPC10億台/年『世界の子供に超低価格ONLINE速読システムを!』ZIP26万Net学習室『ROOMグループ』住民組合 P/2C@党zigumo選 ...
  • カテゴリ:
    虎馬:https://www.google.co.jp/search?biw=1920&bih=960&noj=1&site=webhp&q=google%E3%81%AE%E8%A1%9D%E6%92%83nhk&oq=google%E3%81%AE%E8%A1%9D%E6%92%83%EF%BC%AE%EF%BC%A8%EF%BC%AB%EF%BC%B3&gs_l=serp.1.0.30i10.10308400.10327271.0.10330131.12.9.1.0.0.1.130.523.6j1.7.0.msedr...0...1c.1.61.serp..9.3.201.uJADbp5668U

    グーグル革命の衝撃 (新潮文庫): NHKスペシャル取材班

    www.amazon.co.jp › 本 › ビジネス・経済 › IT
    Amazon.co.jp: グーグル革命の衝撃 (新潮文庫): NHKスペシャル取材班: 本. ... ているのは? Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター デビッド ヴァイス 単行本 ... グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501) 佐々木 俊尚 新書
  • Amazon.co.jp: NHKスペシャル グーグル革命の衝撃: NHK ...

    www.amazon.co.jp › 本 › ビジネス・経済 › IT › 情報・コンピュータ産業
    NHKスペシャル「グーグル」を見たときは本当に衝撃だった。放映からほぼ半年経って、NHK取材班が出版したこの本は、佐々木 俊尚著「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する」文春新書(2006年4月)よりも、内容はよい。何故こんなに遅れての出版に ...
  • NHKスペシャルグーグル革命の衝撃 - Google Books

    books.google.com/books/about/NHKスペシャルグーグル革命の.html?id...
    評価: 3 - ‎1 件のレビュー
    NHKがグーグル本社に長期潜入!世界屈指の頭脳集団を率いる幹部へのインタビューを中心に、今、最も注目される巨大企業の実態に迫る。
  • NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」、要約 と感想 - 情報流の ...

    d.hatena.ne.jp/s-feng/20070121/1169427969
    2007/01/21 - □[Google]NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」、要約 と感想 10:06 ... 次に、携帯の記事を作成することで、Google Adsenceで月収90万円近くの収入を挙げ、多くの決断に「検索」を利用し、Googleに中毒といってもいいほど依存している ...
  • カテゴリ:
    ブラックホール - W(保存)【前半】  

    地球上での極小型ブラックホール生成

    以下のように地球上で極小型ブラックホール生成が生成された、あるいは生成される可能性があるとする論があるが、2013年現在ブラックホール生成が確認された客観的な報告はない。

    • 2008年運転開始の大型ハドロン衝突型加速器 (LHC) で、極小のビッグバン再現実験が予定されていたが、その過程で極小型ブラックホールが生成される可能性を懸念する声もあった[46]余剰次元理論に基づく計算によれば、LHCの衝突エネルギー (7TeV) で極小ブラックホールの生成が不可能ではないとされ、余剰次元理論の検証ができる可能性があると期待された。但し、これは理論中のパラメータが観測から許される限界ぎりぎりの値である場合の結果であり、より穏当なパラメータの場合は (たとえ理論が正しかったとしても) この程度のエネルギーではブラックホールの生成は起こらない。余剰次元モデルが正しくなければブラックホールは生成しないが、仮に生成した場合、ホーキング輻射によってブラックホールは直ちに蒸発すると考えられた。CERNは「宇宙線の中にはLHCよりもエネルギーが格段に高い陽子が存在し、大気の分子と衝突して様々な粒子を生み出している。もし本当にLHCでブラックホールが生成できるなら宇宙線によってもミニブラックホールが大気圏内で生成されているはずだ。にもかかわらず、地球はブラックホールに呑み込まれていない」とコメントした[47]
    • 2009年10月、大阪大学中国韓国で構成する国際共同研究チームが高出力レーザーを用いて、ブラックホールとされる天体の周辺で実際に観測されているデータとほぼ同じ光電離プラズマを実験室で発生させることに成功した。研究チームは「将来的にブラックホールそのものを生成できる可能性が高まった」としている[49]

    参考文献

    • 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる (原題: Lonely Hearts of the Cosmos)』デニス・オーヴァバイ著 白揚社 (2000年) ISBN-10: 4826900961
    • 『宇宙300の大疑問』ステン・F・オデンワルド著 塩原通緒訳 加藤賢一監修 講談社ブルーバックス (2000年) ISBN-10: 4062572931
    • 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 林田陽子訳 日経BP社 (2009年) ISBN-10: 4822283658

    脚注

    注釈

    1. ^ この乱暴な態度が、その後40年間ブラックホールの研究が滞る結果を招く要因となる。また、このやりとりはチャンドラセカールのその後の人生にも暗い影を落とすことになった[10]
    2. ^ なお、カー解は、ブラックホール唯一性定理により、軸対称定常・真空かつ無限遠平坦という仮定のもとでのアインシュタイン方程式のただ一つの解であることが示されており、ブラックホール脱毛定理 (無毛定理) の描像とあわせて、物理的に形成されるブラックホールの最終段階と考えられている (出典: B. Carter, Phys. Rev. Lett. 26, 331 / 1971年)。1973年に京都大学冨松彰佐藤文隆が発見したトミマツ・サトウ解はカー解を歪めたもので裸の特異点が存在する。
    3. ^ ペンローズ本人は幾何学を専門としており、デニス・シアマにその才能を一般相対性理論の領域で活かすべきだと誘われている[17]
    4. ^ なお、ホイーラーはダラス会議から1年と経たない段階で、スティーヴン・ホーキングと出会っている[17]。ホーキングは後に、事実上ホイーラーの最良の教え子となり、ブラックホールの研究を最も確固たる形で受け継ぐことになった[17]。ホーキングは飲み込みの良い学生で、ペンローズの手法を全て吸収し[16]、逆向きの星の崩壊と考えることができる、開いた宇宙 (永久に膨張し続ける宇宙) に手法を応用した[16]

    出典

    1. ^ デジタル大辞泉
    2. ^ a b c 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著、P.158
    3. ^ weblio
    4. ^ ブラックホール:相対性理論と宇宙物理学, http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?file_id=10527 
    5. ^ 『宇宙300の大疑問』ステン・F・オデンワルド著 P.191
    6. ^ a b c d e f g h i “『銀河宇宙オデッセイ』第3集 - 接近 ブラックホール”. NHKスペシャル. (1990年7月15日)
    7. ^ a b c 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.27-30
    8. ^ a b 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.43
    9. ^ a b c 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著
    10. ^ a b 『ブラックホールを見つけた男』アーサー・ミラー著 草思社 (2009年)
    11. ^ a b c d 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.152
    12. ^ J. R. Oppenheimer and H. Snyder, Phys. Rev. 56, 455 (1939)
    13. ^ a b c 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.153
    14. ^ 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.156
    15. ^ R. P. Kerr, Phys. Rev. Lett. 11, 237 (1963)
    16. ^ a b c d e f g h 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.161
    17. ^ a b c 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.160
    18. ^ 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.163
    19. ^ a b c 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.165
    20. ^ a b 『宇宙はこうしてはじまりこう終わりを告げる』デニス・オーヴァバイ著 P.166
    21. ^ 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.201-202
    22. ^ a b 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.8-9
    23. ^ “謎の天体 ブラックホールを解き明かせ!”. NHK サイエンスZERO. (2012年4月29日). http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp383.html 
    24. ^ D. Batcheldor, Astrophys. J. 711, L108 (2010)
    25. ^ 超巨大ブラックホールは何処に?噴出ガス源流の隠れ家を突き止める”. 2013年5月17日閲覧。
    26. ^ “全天X線監視装置(MAXI)と米国スウィフト衛星を用いた観測による成果論文の英科学誌「ネイチャー」への掲載について”. JAXA. (2011年8月25日). http://iss.jaxa.jp/kiboexp/equipment/ef/maxi/maxi_nature.html 2014年1月26日閲覧。 
    27. ^ a b 『ブラックホール ホワイトホール』ニュートン別冊
    28. ^ M. Miyoshi et al., Nature 373, 127 (1995)
    29. ^ S. Matsushita et al., Astrophys. J. 545, L107 (2000)
    30. ^ 牧野淳一郎「大質量ブラックホールの形成過程 : 恒星系の熱力学的進化の観点から」、『日本物理学会誌』第57巻第5号、日本物理学会2002年1月21日、 331-336頁、 NAID 1100067884982015年1月8日閲覧。
    31. ^ KECK LASER CAPTURES NEW VIEW OF DISTANT COLLIDING GALAXIES
    32. ^ Colossal Black Hole Shatters the Scales
    33. ^ “X-rays Signal Presence of Elusive Intermediate-Mass Black Hole”. NASA CHANDRA X-RAY OBSERVATORY. (2005年3月22日). http://chandra.harvard.edu/press/05_releases/press_032205.html 
    34. ^ a b 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.194-196
    35. ^ a b c d 『アインシュタインの宿題』福江純大和書房 ISBN-10: 4479390790 (2000年)
    36. ^ a b 都築卓司 『時間の不思議;タイムマシンからホーキングまで』 講談社1991年、125頁。ISBN 4-06-132872-5 
    37. ^ 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.210
    38. ^ a b 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.212-213
    39. ^ S. W. Hawking and J. M. Stewart, Nucl. Phys. B 400, 393 (1993)
    40. ^ 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.236
    41. ^ 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.217
    42. ^ ブラックホールの情報喪失問題と弦理論における一次相転移(科学研究費補助金データベース)
    43. ^ ブラックホールと情報のパラドックス (レオナルド・サスキンド) 日経サイエンス 1997年7月号
    44. ^ 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.500
    45. ^ 『ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの戦い』レオナルド・サスキンド著 P.530-531
    46. ^ “加速器実験で地球消滅?元米政府職員ら差し止め提訴”. 西日本新聞. (2008年3月30日). オリジナル2008年4月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080402122651/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/science/20080330/20080330_001.shtml 
    47. ^ ニュートン 2008年10月号
    48. ^ “Little Black Holes:Dark Matter And Ball Lightning”. Arxiv.org (Cornell University Library). (2002年12月11日). http://arxiv.org/abs/astro-ph/0212251 
    49. ^ “実験室で模擬ブラックホール=高出力レーザーで実現-大阪大”. 時事通信社. (2009年10月19日) 

    関連書籍

    • 『ブラックホール 一般相対論と星の終末』佐藤文隆、Remo Ruffini著 ちくま学芸文庫 (筑摩書房) (2009年) ISBN-10: 4480092498
    • 『ブラックホールと時空の歪み アインシュタインのとんでもない遺産』キップ・S・ソーン著 林一、塚原周信訳 白揚社 (1997年) ISBN-10: 4826900775
    • 『一般相対性理論入門 ブラックホール探査』エドウィン・テイラー、ジョン・ホイーラー著 牧野伸義訳 ピアソン・デュケーション (2004年) ISBN-10: 4894714272
      • (上記英語版)『Exploring Black Holes: Introduction to General Relativity』Edwin F. Taylor & John Archibald Wheeler Addison Wesley Longman (2000年) ISBN-10: 020138423X
    • Large Scale Structure of space time』Stephen W. Hawking, G. F. R. Ellis, P. V. Landshoff, D. R. Nelson, D. W. Sciama, S. Weinberg Cambridge University Press (1975年) ISBN-10: 0521099064

    関連項目

    外部リンク

    英語のページ

    このページのトップヘ

    見出し画像
    ×