カテゴリ:
D・Bパワー係数考察Ⅰ     D・Bパワー係数考察Ⅱ
   
D・Bパワー係数考察Ⅲ-Ⅱ【前】  D・Bパワー係数考察Ⅲ-Ⅱ【後】  
D・Bパワー係数考察Ⅲ-Ⅲ【前】   D・Bパワー係数Ⅲ-Ⅲ【後】 
D・Bパワー係数考察Ⅲ-Ⅳ 

【フリーザ編】孫悟飯(デンデの治療後)【20万】

ナメック星で重症を負ったのち戦闘力が飛躍的にアップする、という法則は悟飯にも適用されたようです。ただし悟飯の場合、気のコントロールがうまくできないため、それ以下になることもあります。

【フリーザ編】孫悟飯【1万4千】

ナメック星の最長老により眠っている潜在能力を開放した悟飯の戦闘力です。怒りによる戦闘力の増幅が一番大きいようで、ギニューと互角に闘ったり、フリーザとの闘いでは一時ではあるものの、怒りでフリーザを圧倒しました。

【フリーザ編】ベジータ(デンデ治療後)【2百万】

ナメック星での激しい戦闘の中で、重傷から復活するたびに自身の戦闘力が飛躍的に上昇したことから、自らにわざと重傷を負わせ、さらに戦闘力を引き上げようとしました。デンデの治療の結果、戦闘力が上昇し、第一形態のフリーザの戦闘力を軽く凌駕しました。さすが王子。

【とびっきりの最強対最強編】サウザー【17万】

フリーザの兄クウラの持つ機甲戦隊のリーダー。ギニューとはライバル関係にあるとか。

【ベジータ編】ヤムチャ【1480】

仲間と共に神様の下で修行したことにより、戦闘力が上昇しました。ラディッツの戦闘力をわずかに下回るくらいです。かなりの進歩ではないでしょうか。

【ラディッツ編】ヤムチャ【177】

未知の敵キャラの強さを読者に見せつけるためのかませ犬となるパターンが多いためか、やたら弱い印象の強いヤムチャです。が、かめはめ波を悟空の次に身につけるなど、純粋な地球人としてはトップクラスの戦士だったりします。…フォローはこれくらいでいいっスか?

【ラディッツ編】ピッコロ(魔貫光殺砲発射時)【1330】

自らを封じていた服を脱ぎ、持てる力を最大限に発揮した時の戦闘力です。ざっと4倍になっていますね。

【ラディッツ編】ピッコロ(通常時)【322】

最初にラディッツと対戦した時の戦闘力です。重~い服を着ているため、戦闘力が抑えられています。

【フリーザ編】ピッコロ(ネイルと融合後)【130万】

ネイルと融合することによって、戦闘力が飛躍的にアップしました。フリーザの第二形態をしのぐほどです。

神龍(シェンロン)【250】

戦闘シーンがないのにどうやって戦闘力を図っているのかはわかりませんが、神様よりは下だと考えられることから。

【第22回天下一武道会編】餃子【60】

天津飯と同じ鶴仙流の兄弟弟子で、超能力の使い手です。戦闘力が低い代わりに超能力が使える…ハズが、一定以上の強さの相手には効かないことが多く、初登場当初もクリリンに敗れました(´;ω;`)。

バブルス【10】

見た目はゴリラ!中身もゴリラ!その名はバブルス君!というわけで、ただのゴリラですが10倍の重力に耐えられる能力を持っています。北の界王様とともに暮らしています。

【ガーリックJr編】ガーリックJr(巨大化)【600】

普段は小柄な体格のガーリックJrですが、本気を出すことで体の色が変化するとともに、筋骨隆々の大男に変身し、戦闘力が増幅します。

【ガーリックJr編】ガーリックJr(基本戦闘力)【300】

1989年に公開された映画『ドラゴンボールZ』の悪のボスです。300年前に神の座を争って敗れ、それを不服として先代の神に反逆を起こすも封印された、ガーリックの息子であると同時に、生まれ変わりでもあります。ドラゴンボールによって永遠の命を得た唯一の悪役です。

【とびっきりの最強対最強編】クウラ(第四形態)【1億5千万】

フリーザの兄クウラです。フリーザと同じように形態を変えることで自身の能力を開放します。第4形態で、(フリーザ対戦時の)スーパーサイヤ人と同じぐらいの戦闘力ですね。 しかし…「私はまだ変身を一回残しています」状態なのです。フリーザより1回多いんですね。