カテゴリ

カテゴリ:超天才=神才

カテゴリ:


エイモス・トベルスキー - W 

ブノワ・マンデルブロ - W  

ヴィト・ヴォルテラ - W  

経済学者 - 【予習/復習】超天才Ⅴ 

カテゴリ:
虎馬:ダニエル・カーネマン - W 
ダニエル・カーネマン
人物情報
生誕1934年3月5日(81歳)
イギリス委任統治領パレスチナ, テルアビブ
居住アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, イスラエルの旗 イスラエル
出身校カリフォルニア大学バークレー校 Ph.D, 1961年
エルサレム・ヘブライ大学 B.A., 1954年
学問
研究分野心理学, 行動経済学
研究機関プリンストン大学 1993年–
カリフォルニア大学バークレー校 1986–93年
ブリティッシュコロンビア大学 1978–86年
行動科学高等研究センター 1972–73年
エルサレム・ヘブライ大学 1961–77年
博士課程
指導教員
スーザン・M・エルヴィン=トリップ
主な業績認識バイアス
行動経済学
プロスペクト理論
主な受賞歴アメリカ心理学会 Lifetime Achievement Award (2007年)
ノーベル経済学賞 (2002年)
アメリカ心理学会 Distinguished Scientific Contribution Award (1982年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2002年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:行動経済学と実験経済学という新研究分野の開拓への貢献を称えて

ダニエル・カーネマンDaniel Kahneman1934年3月5日 - )は、経済学認知科学を統合した行動ファイナンス理論及びプロスペクト理論で有名なアメリカ合衆国ユダヤ人)の心理学者行動経済学者



経歴

学会

栄誉・受賞

業績

プロスペクト理論

  • プロスペクト理論(prospect theory)は、不確実性下における意思決定モデルの一つ。選択の結果得られる利益もしくは被る損益および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。この理論は、1979年、ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって発展した。

ヒューリスティクスとバイアス

  • 心理学におけるヒューリスティックは、人が複雑な問題解決等のために何らかの意思決定を行う際、暗黙のうちに用いている簡便な解法や法則のことを指す。これらは経験に基づく為、経験則と同義で扱われる。判断に至る時間は早いが、必ずしもそれが正しいわけではなく、判断結果に一定の偏り(バイアス)を含んでいることが多い。ヒューリスティックの使用によって生まれている認識上の偏りを、認知バイアスと呼ぶ。
  • ダニエル・カーネマン、ポール・スロヴィックエイモス・トベルスキー共著、『Judgment Under Uncertainty: Heuristics and Biases』、1982年、およびT・ギロヴィッチ、D・グリフィン、ダニエル・カーネマン共編、『Heuristics and biases: The psychology of intuitive jadgment』、2002年参照。

ピーク・エンドの法則

  • ピーク・エンドの法則Peak-end rule)とは、ダニエル・カーネマンが1999年に発表した、あらゆる経験の快苦の記憶は、ほぼ完全にピーク時と終了時の快苦の度合いで決まるという法則のことである。

ノーベル経済学賞受賞について

ノーベル経済学賞を受賞したことについて、カーネマンは「心理学者はノーベル賞受賞を喜びはするが、私を特別な存在にするとは思わない」と述べている[2]

著書

日本語訳

  • 『ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る』、友野典男・山内あゆ子共訳、楽工社、2011年
  • 『ファスト&スロー』、ダニエル カーネマン 著, 村井 章子 著・訳、早川書房、2012年

原著

単著

  • Kahneman, D. (1973). Attention and effort. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall.
  • Thinking Fast and Slow. publisher: Farrar, Straus and Giroux, New York (October 25, 2011).

共編著

  • Kahneman, D., Slovic, P., & Tversky, A. (1982). Judgment Under Uncertainty: Heuristics and Biases. New York: Cambridge University Press.
  • Kahneman, D., Diener, E., & Schwarz, N. (Eds.). (1999). Well-being: The foundations of hedonic psychology. New York: Russell Sage Foundation.
  • Kahneman, D., & Tversky, A. (Eds.). (2000). Choices, values and frames. New York: Cambridge University Press and Russell Sage Foundation.
  • Gilovich, T., Griffin, D., & Kahneman, D. (Eds.). (2002). Heuristics and biases: The psychology of intuitive jadgment. New York: Cambridge University Press.
  • Diener, E., Helliwell, J.F., & Kahneman, D. (Eds.). (2010). International differences in well-being. New York: Oxford University Press.

論文

  • Tversky, A.; Kahneman, D. (1971). "Belief in the law of small numbers". Psychological Bulletin 76 (2): 105–110.
  • Kahneman, D.; Tversky, A. (1972). "Subjective probability: A judgment of representativeness". Cognitive Psychology 3 (3): 430–454.
  • Kahneman, D.; Tversky, A. (1973). "On the psychology of prediction". Psychological Review 80 (4): 237–251.
  • Tversky, A.; Kahneman, D. (1973). "Availability: A heuristic for judging frequency and probability". Cognitive Psychology 5 (2): 207–23.
  • Tversky, A.; Kahneman, D. (1974). "Judgment under uncertainty: Heuristics and biases". Science 185 (4157): 1124–1131.
  • Kahneman, D.; Tversky, A. (1979). "Prospect theory: An analysis of decisions under risk". Econometrica 47 (2): 263–291.
  • Tversky, A.; Kahneman, D. (1981). "The framing of decisions and the psychology of choice". Science 211 (4481): 453–458.
  • Kahneman, D.; Tversky, A. (1984). "Choices, values and frames". American Psychologist 39 (4): 341–350.
  • Kahneman, D.; Miller, D.T. (1986). "Norm theory: Comparing reality to its alternatives". Psychological Review 93 (2): 136–153.
  • Kahneman, D.; Knetsch, J.L.; Thaler, R.H. (1990). "Experimental tests of the endowment effect and the Coase theorem". Journal of Political Economy 98 (6): 1325–1348.
  • Fredrickson, B. L.; Kahneman, D. (1993). "Duration neglect in retrospective evaluations of affective episodes". Journal of Personality and Social Psychology 65 (1): 45–55.
  • Kahneman, D.; Lovallo, D. (1993). "Timid choices and bold forecasts: A cognitive perspective on risk-taking". Management Science 39: 17–31.
  • Kahneman, D.; Tversky, A. (1996). "On the reality of cognitive illusions". Psychological Review 103 (3): 582–591.
  • Schkade, D. A.; Kahneman, D. (1998). "Does living in California make people happy? A focusing illusion in judgments of life satisfaction". Psychological Science 9 (5): 340–346.
  • Kahneman, D. (2003). "A perspective on judgment and choice: Mapping bounded rationality". American Psychologist 58 (9): 697–720.
  • Kahneman, D.; Krueger, A.; Schkade, D.; Schwarz, N.; Stone, A. (2006). "Would you be happier if you were richer? A focusing illusion". Science 312 (5782): 1908–10.

脚注

  1. ^ Nobel Prize Predictions, 2002-09
  2. ^ 矢沢サイエンスオフィス編著 『21世紀の知を読みとく ノーベル賞の科学 【経済学賞編】』 技術評論社、2010年、26頁。

関連項目

カテゴリ:
虎馬:ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップ問題 - W 

ヤン-ミルズ方程式の存在と質量ギャップ問題(:Yang–Mills existence and mass gap)とは、「任意のコンパクトで単純なゲージ群 G に対して R 4 上の自明でないヤン-ミルズ場の量子論が存在し、質量ギャップが存在することを示せるか?」という量子色力学および数学上の未解決問題である。 2000年アメリカ合衆国クレイ数学研究所ミレニアム懸賞問題の一つとしてこの問題に100万ドルの懸賞金をかけた。



公式な問題の記述

問題は次のように要約される。[1]

ヤン・ミルズ方程式の存在と質量ギャップ問題とは、任意のコンパクトな単純ゲージ群 G に対して、非自明な量子ヤン・ミルズ理論が \mathbb{R}^4 上に存在し、質量ギャップ Δ > 0 を持つことを証明せよ、という問題である。存在とは、Streater & Wightman (1964)Osterwalder & Schrader (1973)Osterwalder & Schrader (1975) に主張されていることと少なくとも同等な確立された公理的な性質を持つことを意味している。

このステートメントでは、ヤン=ミルズ理論は、素粒子物理学標準モデルを基礎とした(非可換な)場の量子論である。\mathbb{R}^44次元ユークリッド空間であり、質量ギャップ英語版 Δ はこの理論によって予言される最も小さな質量を持つ粒子の質量である。

従って、この賞金の勝者は下記を証明する必要がある。

  • 予言する力の場の理論の最小な粒子の質量が厳密に正であること。

たとえば、G=SU(3) —強い力の核力- の場合に、賞金の勝者はグルーボールが小さな質量境界を持り、この質量より軽い質量は存在しないことを証明する必要がある。

[...] 4次元の時空での場の量子論の数学的に完全な例は、未だ得ることができていなく、まして、厳密な 4次元の量子ゲージ理論の定義は得ていない。21世紀には、これは変わるのであろうか? そのように期待する!

アサー・ジャッフェ英語版(Arthur Jaffe)とエドワード・ウィッテン(Edward Witten)による Clay Institute の公式な問題提起の記述より

問題は、ワイトマンの公理を満たし、質量ギャップの存在を示すような QFT の構成を要求している。これらの話題を、双方とも以下に記述する。

ワイトマンの公理系

ミレニアム賞の問題は、ワイトマンの公理もしくは、同じような厳密な公理を満たすヤン・ミルズ理論を提示することを要求している[1]。ワイトマンの公理系には、4つの公理がある。

W0 (相対論的量子力学の条件)

量子力学は、フォン・ノイマン(von Neumann)に従い記述される。特に、純粋状態は、放射光、つまり、ある可分な複素ヒルベルト空間の 1-次元の部分空間により与えられる。

時空変換の群は可換であるので、作用素は同時対角化可能である。これらの群の生成子は、4つの自己随伴作用素 P_0,P_j, j = 1, 2, 3 をもたらし、この作用素の同次群の下での 4-ベクトルとしての変換は、エネルギー運動量ベクトルと呼ばれる。

ワイトマンの 0 番目の公理の第二の部分は、表現 U(a, A) がスペクトル条件を満たすことである。すなわち、エネルギー運動量の同時スペクトルが、前方錐の中に含まれていることである。

P_0\geq 0............... P_0^2 - P_jP_j\geq 0.

三番目の部分は、一意な状態の存在で、このことはヒルベルト空間内の放射光により表現されていて、ポアンカレ群の作用の下に不変である。これは、真空と呼ばれる。

W1 (場の領域と連続性の条件)

各々のテスト函数 f に対し、作用素 A_1(f),\ldots ,A_n(f) の集合が存在し、それらの随伴作用素と合わせて、真空を含むヒルベルト状態空間の稠密な部分集合上に定義される。場 A は作用素に値を持つ扱い易い分布である。ヒルベルト状態空間は、真空に作用する場の多項式により張られる(巡回条件)。

W2 (場の変換法則)

場は、ポアンカレ群の作用の下に共変で、ローレンツ群、あるいはスピンが整数でない場合は SL(2,C) の表現 S に従い変換する。

U(a,L)^{\dagger}A(x)U(a,L)=S(L)A(L^{-1}(x-a)).
W3 (局所可換性、マイクロ因果律)

2つの場のサポートがスペースライク英語版(space-like)に分離されていると、場は可換か、もしくは反可換である。

真空の巡回性、一意性は、ときには分離して考えることができる。また、漸近的完全性もある。つまり、ヒルベルト状態が漸近空間 H^{in}H^{out} により張られ、S-行列の衝突が現れる。場の理論のもうひとつの重要な性質として、公理からは要求されていない質量ギャップ英語版(mass gap)が存在する。質量ギャップとは、エネルギー運動量スペクトルが、零とある正の数の間のギャップを持つことである。

質量ギャップ

場の量子論質量ギャップ(mass gap)とは、真空と次に低いエネルギー状態の間の差異のことを言う。真空のエネルギーは定義により 0 であり、すべてのエネルギー状態が平面波での粒子として考えることができ、質量ギャップは最も軽い粒子の質量と考えられる。

実数の場 \phi(x) が与えられると、2点函数は次の性質を持つ場合、理論は質量ギャップを持つということができる。

\langle\phi(0,t)\phi(0,0)\rangle\sim \sum_nA_n\exp\left(-\Delta_nt\right)

ここに、\Delta_0>0 はハミルトニアンのスペクトルの最も低いエネルギーの値であり、従って質量ギャップである。この量は、容易に他の場へ一般化することができ、格子計算で測ることができるものである。格子の上では、ヤン・ミルズ理論がこの方法で質量ギャップを持つことが証明された[4][5]

ヤン・ミルズ理論の重要性

4次元の最も有名な非自明な(つまり相互作用を持つ)場の量子論は、カットオフ英語版スケールを持つ有効場の理論である。ほとんどのモデルに対しベータ函数は正であるから、そのようなモデルが非自明なUV固定点英語版(UV fixed point)を持っているか否かは全く明らかではないように、ランダウの極英語版(Landau pole)を持っているように思われる。このことは、もしQFTがすべてのスケールでwell-definedであれば、公理的場の量子論英語版(axiomatic quantum field theory)の公理を満たすことになるように、自明であるはずである(つまり、自由場となってしまう)。

非可換なゲージ群を持ち、クォークを持たない量子ヤン=ミルズ理論英語版(Quantum Yang-Mills theory)は、例外である。なぜならば、漸近自由性がこの理論を特徴づけ、理論が自明なUV固定点を持つことを意味するからである。従って、これが 4次元の最も単純な非自明な構成的QFTである。(QCD(Quantum chromodynamics)はクォークを持っているので、より複雑な理論である。)

クォークの凝固

これは、すくなくとも理論物理学の厳密さのレベルではすでに証明されているが、数理物理学の意味での厳密さではない。すなわち、非可換なリー群の量子ヤン=ミルズ理論は、クォークの閉じ込めとして知られている性質を示す。数理物理学的な厳密さの意味ではないが、この性質の詳細は、適当なQCDの記事を参照のこと(QCD、クォークの閉じ込め、格子ゲージ理論など)。この性質の結果の一つは、あるスケールを超えると、QCDスケールとして知られているように (より適切には、この理論は、クォークの閉じ込めを参照)、色電荷(color charge)は、QCDストリング(chromodynamic flux tubes)により結合され、電荷の間の線型なポテンシャルを導く。従って、自由な色電荷と自由なグルーオンは存在しない。閉じ込めのない状態で、質量を持たないグルーオンがあることが期待されるが、それらは閉じ込められているので、グル―ボール英語版(glueball)という中性の色を持つグルーオンしか観察することができない。もしグル―ボールが存在するとすると、それらは質量を持ち、期待の質量ギャップの理由を示すことになる。


関連項目

参考文献

  1. ^ a b Arthur Jaffe and Edward Witten "Quantum Yang-Mills theory." Official problem description.
  2. ^ R. Streater and A. Wightman, PCT, Spin and Statistics and all That, W. A. Benjamin, New York, 1964.
  3. ^ K. Osterwalder and R. Schrader, Axioms for Euclidean Green’s functions, Comm. Math. Phys. 31 (1973), 83–112, and Comm. Math. Phys. 42 (1975), 281–305.
  4. ^ Lucini, Biagio; Teper, Michael; Wenger, Urs (2004). "Glueballs and k-strings in SU(N) gauge theories : calculations with improved operators". Journal of High-Energy Physics 0406: 012. arXiv:hep-lat/0404008. Bibcode:2004JHEP...06..012L. doi:10.1088/1126-6708/2004/06/012. .
  5. ^ Chen, Y.; Alexandru, A.; Dong, S. J.; Draper, T.; Horvath, I.; Lee, F. X.; Liu, K. F.; Mathur, N.; Morningstar, C.; Peardon, M.; Tamhankar, S.; Young, B. L.; Zhang, J. B. (2006). "Glueball Spectrum and Matrix Elements on Anisotropic Lattices". Physical Review D 73: 014516. arXiv:hep-lat/0510074. Bibcode:2006PhRvD..73a4516C. doi:10.1103/PhysRevD.73.014516. .

外部リンク

  • The Millennium Prize Problems: Yang–Mills and Mass Gap
  • Streater, R.; Wightman, A. (1964). PCT, Spin and Statistics and all That. W. A. Benjamin . 
  • Osterwalder, K.; Schrader, R. (1973). "Axioms for Euclidean Green’s functions". Comm. Math. Phys. 31 (2): 83–112. doi:10.1007/BF01645738. 
  • Osterwalder, K.; Schrader, R. (1975). "Axioms for Euclidean Green’s functions II". Comm. Math. Phys. 42 (3): 281–305. doi:10.1007/BF01608978. 
  • Bogoliubov, N.; Logunov, A.; Oksak; Todorov, I. (1990). General Principles of Quantum Field Theory. Kluver . 
  • Strocchi, F. (1994). Selected Topics of the General Properties of Quantum Field Theory. World Scientific . 
  • Dynin, A. (2014). "Quantum Yang-Mills-Weyl dynamics in the Schroedinger paradigm". RJMP 21 (2): 169–188. 
  • Dynin, A. (2014). "On the Yang-Mills Mass Gap problem". RJMP 21 (3): 326–328. 
  • Bushhorn, G.; Wess, J. (2004). Heizenberg Centennial Symposium "Developments in Modern Physics". Springer . 


カテゴリ:
虎馬:アダム・スミス - W  
アダム・スミス
古典派経済学
アダム・スミス
生誕1723年6月5日(洗礼日)
死没1790年7月17日
研究分野政治哲学
神学
倫理学
経済学
影響を
受けた人物
デイヴィッド・ヒューム
フランシス・ハチソン
ジョン・ロック
影響を
与えた人物
デヴィッド・リカード
カール・マルクス
実績国富論』を著し労働価値説の基礎を築いた
テンプレートを表示

アダム・スミス(Adam Smith、1723年6月5日(洗礼日) - 1790年7月17日)は、イギリスグレートブリテン王国)の経済学者神学者哲学者である。スコットランド生まれ。主著は『国富論』(または『諸国民の富』とも。原題『諸国民の富の性質と原因の研究』An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations)。「経済学の父」と呼ばれる[1]

2007年よりイングランド銀行が発行する20ポンド紙幣に肖像が使用されている。過去にはスコットランドでの紙幣発行権を持つ銀行の一つ、クライズデール銀行が発行する50ポンド紙幣にも肖像が使用されていた。



略歴

アダム・スミスは税関吏を父としてスコットランドの海沿いの町カコーディーに生まれたが、父は生まれる半年前に死亡した。生年月日は不詳であるが、1723年6月5日に洗礼を受けたことは明らかになっている。未亡人となった母は、亡夫と同じアダムという名前を一人息子につけ、生涯愛情を注いだ。スミスは4歳の時にスリに仕立て上げることを目的とした誘拐に遭うものの、誘拐犯からスリには向かないという烙印を押され、解放されてしまうほど内向的性格を持ち、吃りがあった。

グラスゴー大学で哲学者フランシス・ハチソンの下で道徳哲学を学び、1740年オックスフォード大学に入学するが、1746年に退学。1748年からエディンバラで修辞学や純文学を教え始め、1750年頃、後に友人となる哲学者ヒュームと出会う。その後、1751年にグラスゴー大学で論理学教授、翌1752年に同大学の道徳哲学教授に就任する。1757年、エンジニアジェームズ・ワットが同大学構内で実験器具製造・修理店を開業することを手助けした。1759年にはグラスゴー大学での講義録『道徳情操論』(または『道徳感情論』The Theory of Moral Sentiments)を発表し、名声を確立。同書の理論は我々には道徳を感じる感覚(Moral Sence)があるというモラル・センス学派に含まれる。

1763年には教授職を辞し、第3代バクルー公爵ヘンリー・スコットグランドツアー家庭教師として同行しフランスに渡る。その頃パリのイギリス大使館秘書を務めていたヒュームの紹介でジャック・テュルゴージャン・ル・ロン・ダランベールフランソワ・ケネーをはじめとするフランス知識人と親交を結んだ。しかし、バクルーの弟がパリで病没したことをきっかけに(暗殺事件だと思われていたが、スミス自身の手紙により病没と判明[要出典])イギリスに戻った。スミスは1766年にスコットランドに戻り、1776年3月9日に出版されることになる『国富論』の執筆にとりかかる。

アメリカ独立、テュルゴー失脚の年に発表された『国富論』はアダム・スミスに絶大な名誉をもたらし、イギリス政府はスミスの名誉職就任を打診したが、スミスは父と同じ税関吏の職を望み、1778年にエディンバラの関税委員に任命された。いくつかの論文を除けば、著書は前記の2冊のみで、死の直前までその改定増補を続けた。他に法学に関する著作を執筆する意欲を『道徳感情論』と『国富論』に記したが、ついに果たさなかった。グラスゴー大学時代の法学講義を学生がとったノートが1895年に見つかり、後に公刊された[2]1782年の母の死後は奇行が目立ち、税関職員の制服に身を包み、街を徘徊するようになる。1787年にはグラスゴー大学名誉学長に就任し、1790年にエディンバラで67歳で死亡した。収入の相当部分を慈善事業に捧げ、死の直前、草稿類をすべて焼却させたといわれる。

道徳感情論

『道徳情操論』によれば、人間は他者の視線を意識し、他者に「同感(sympathy)」を感じたり、他者から「同感」を得られるように行動する。この「同感」という感情を基にし、人は具体的な誰かの視線ではなく、「公平な観察者(impartial spectator)」の視線を意識するようになる。

「公平な観察者」の視線から見て問題がないよう人々は行動し、他者の行動の適宜性を判断することにより、社会がある種の秩序としてまとまっていることが述べられる。このように社会は「同感」を基にして成り立っているため、社会は「慈善(beneficence)」をはじめとした相互の愛情がなくとも成り立ちうると論じた。

こうした論考のため、アダム・スミスは道徳感覚学派モラルセンス学派)の1人に数えられたりもする。

また、富裕な人々は、大地が全住民に平等に分配されていた場合とほぼ同一の生活必需品の分配を、「見えざる手」に導かれて行なうということも述べている。

諸国民の富の性質と原因の研究(国富論)

スミス以前の低賃金論に反対して、その成員の圧倒的多数が貧しい社会が隆盛で幸福であろうはずはないとして高賃金論を展開した。

次の四つの原則を示した。

  • 公平の原則
  • 明確の原則
  • 便宜の法則
  • 経費節約の原則

関連文献

  • ジェイムズ・バカン 『真説 アダム・スミス-その生涯と思想をたどる』 山岡洋一訳、日経BP社、2009年ISBN 978-4822247492
  • 堂目卓生 『アダム・スミス-『道徳感情論』と『国富論』の世界』 中央公論新社〈中公新書〉、2008年ISBN 978-4121019363
  • 西部邁 「96 アダム・スミス」『学問』 講談社、2004年、311-313頁。ISBN 4-06-212369-X

脚注

  1. ^ 木暮太一の「経済の仕組み」 アダム・スミスの「生きるヒント」 第1回 「格差を拡げる自由競争は是か非か?」現代ビジネス 2012年6月22日
  2. ^ 『法学講義』岩波文庫・水田洋訳の訳者序文、3-4頁。

参考文献

  • アダム・スミス著、水田洋訳『法学講義』(岩波文庫)、岩波書店、2005年。

関連項目

外部リンク

カテゴリ:
虎馬:シンギュラリティ(技術的特異点) - Naverまとめ 
  1. まとめトップ

シャッフル

2045年問題 『人工知能』が支配する未来。 シンギュラリティ(技術的特異点) 後の脅威

シンギュラリティとなる2045年・・人工知能が人類の知性を超えてしまった場合、どうなるのか? 人類は滅亡? 核兵器以上の『脅威』との懸念も (検索用:絶滅、人口知能、会話、人間、超える、越える、超越、凌駕、AI、可能性、ロボット、テクノロジー、恐怖、30年後、不要、ディープラーニング、怖い)

更新日: 2015年04月04日

guggugu-さん

46お気に入り 102991view
お気に入り追加

2045年問題とは?

「2045年問題」とは2045年にはコンピューターの性能が人間の脳を超えるという予測です。この予測はコンピューターチップの性能が18ヶ月(1.5年)毎に2倍になると予測した「ムーアの法則」に基づいて作られています。
http://credo.asia/2014/04/22/singularity/

コンピュータ技術が、今のペースで発達し続けるとある地点で、人類の知能を超える、究極の人工知能が誕生する。

 その人工知能(Artificial Intelligence ; AI)が、更に自分よりも優秀な「AI」を開発し、更にその「AI」が、次のもっと優秀な「AI」を開発し…

といった具合に「AI」が「AI」を連鎖的に作り続け、爆発的スピードでテクノロジーを自己進化させ、人間の頭脳レベルではもはや予測解読不可能な未来が訪れる・・・

シンギュラリティ とは  (技術的特異点とは)

本当に 「人工知能」 が 「人間の知性」 を越えるのか?

なんだか映画「ターミネーター」に出てきたスカイネットを連想させるような話で、現実味が無いかもしれませんが、現在識者の間ではこの問題が大マジメに論じられています。

http://www.ikeda.asia/2014/02/2045.html
 それどころか、シリコンバレーでは世界のグローバル企業が、このA・Iの実用化に向けて突き進んでいます。

A・I開発を強化したい グーグル (Google)

人工知能が、人間の知性を超えることが本当にあるのか?
 少なくとも、グーグルの開発責任者の一人である「レイ・カーツワイル」は、そのように考えている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34372

グーグルは誰よりも真剣にAI開発に取り組むつもりのようだ。これはスリリングだが、末恐ろしいことでもある。

出典wired.jp

グーグルは、人工知能(AI)の新興企業DeepMind社を買収した。
 同様の企業の買収を次々と続ける同社の狙いは、「世界を覆う人工知能ネットワーク」だ。

http://wired.jp/2014/01/29/google-buying-way-making-brain-irrelevant/

2045年、人工知能を搭載したスーパーコンピューターが地球を支配する日が訪れる。コンピューターが人間の知性を超え、世界は「シンギュラリティー(特異点)」に到達する。病気や老化といった生物学的限界が取り払われ、もはや死さえも「治療可能な」ものになる。
http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-191639.html?mg=inert-wsj


 こんなSF映画さながらの「未来」の到来を固く信じ、研究や講演、執筆活動、映画制作に飛び回る一人の米国人男性がいる。

ニューヨーク出身の米主要発明家にして未来学者、起業家、ベストセラー作家であるレイ・カーツワイル氏。

2012年、AI(人工知能)研究の分野で世界的権威の一人とされるレイ・カーツワイルがグーグルに加わった。

http://wired.jp/2013/05/02/kurzweil-google-ai/

単行本 – 2007/1
レイ・カーツワイル (著)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070717/130001/?rt=nocnt

この本の趣旨は2つ。「GNR革命が進む」と、「技術の進歩はどんどん加速し、近い将来には特異点を迎える」というもの。GNRとは、遺伝学(genetics)、ナノテクノロジー、ロボット工学の頭文字で、これらの3つの技術が発展し、人類社会が大きく変わることを「GNR革命」と呼んでいる。

ちなみにレイ・カーツワイル氏は、1980年代に、インターネットによる「検索エンジン」の登場、普及を予言していた。  http://wired.jp/2013/05/02/kurzweil-google-ai/
 1980年代にまとめた書物『The Age of Intelligent Machines』にて記載(1990年に刊行)

Googleだけではない。
Facebook、MicroSoft、IBM、中国百度が、研究に多額の資金を振り向け、研究者を高額の給与で雇っている。

Googleが構築した人工知能は「ディープラーニング」と呼ばれる、脳神経細胞のネットワークを参考にした機械学習のテクニックに基づくものである。

Paypalの創業者でありシリコンバレーの中心的な起業家の一人。

ティールは技術的特異点の重要性を非常に感じており、研究のために2006年2月と2007年5月に合わせて50万ドルの投資を行なっている。
ティールは、NYやスタンフォードで開催されたSingularity Summit に参加、登壇している。

http://www.evtechwatch.com/2014/05/paypalpeter-thiel.html

Googleへ対抗か

中国最大のインターネット検索サービスを提供し、全世界規模でも第2位のユーザー数をほこる百度(バイドゥ)が人工知能の開発に乗り出していることが明らかになりました。
バイドゥでは過去数年のあいだ人工知能関連への投資を進めており、2013年には人間の脳機能を模したニューラルネットワークを用いた画像検索エンジンを発表。さらに2014年5月にはコンピューターサイエンティストのAndrew Ng氏を迎え入れ、シリコンバレーにAI研究所を開設しています。

1971年南アフリカ共和国生まれ。起業家。テスラモーターズ会長兼CEO。製品設計責任者としてデザインにも携わる。テスラ以外の責務としては、SpaceX社でCEO兼最高技術責任者、太陽光発電のSolarCityでは会長を務める。自他ともに認めるワーカホリック。

http://goethe.nikkei.co.jp/human/110224/

ゲイツ氏も人工知能がもたらす脅威に懸念

自分で考えることのできる機械がもたらしうる脅威について、科学界や技術業界の著名人が言及する例が相次いでいるが、今回、Bill Gates氏もその仲間に加わった。

 Gates氏は、AIがもたらす実存的な脅威についての質問に対し、「わたしも超知能に関して懸念を抱いている側の1人だ」と回答した。「当面、機械は今後もわれわれのために多くのことをしてくれるはずで、超知的にはならない。うまく管理すれば、これ自体はプラスに評価できる。だが、こうした状況から数十年後には、知能が強力になり、懸念をもたらす」

このページのトップヘ

見出し画像
×