タグ

タグ:年

カテゴリ:
2014年 - W【重大前兆】前半  
2014年 - W【重大前兆】中半  

出典

一部の出典の記事タイトルに伏字としている部分がある

  1. ^ ラトビア、来月ユーロ導入=政治・経済の先行き不透明
  2. ^ 「道路名住所」きょうから全面使用
  3. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3005903
  4. ^ First 2014 Asteroid Discovered NASA
  5. ^ 蒔田一彦; 吉田敏行 (2014年1月20日). “ハルビン駅に安重根記念館、開館…伊藤博文暗殺”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナル2014年2月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140201155842/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140119-OYT1T00480.htm 2014年1月21日閲覧。 
  6. ^ “UPDATE 1-タイ政府、バンコクに非常事態宣言を発令 22日から60日間”. ロイター. (2014年1月22日). http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL3N0KV45Q20140121 2014年1月22日閲覧。 
  7. ^ “中国レノボ、グーグル傘下のモトローラを2970億円で買収”. ロイター. (2014年1月30日). http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYEA0S08520140130 2014年1月30日閲覧。 
  8. ^ “シリア和平協議、具体的成果なく終了”. CNN.CO.JP. (2014年2月1日). http://www.cnn.co.jp/world/35043338.html 2014年2月5日閲覧。 
  9. ^ “タイ野党、総選挙の無効求めて提訴”. MSN産経ニュース. (2014年2月4日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140204/asi14020421240001-n1.htm 2014年2月5日閲覧。 
  10. ^ “イエレン氏がFRB初の女性議長に就任 11日に下院金融委員会で〝デビュー〟”. MSN産経ニュース. (2014年2月3日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140203/fnc14020316170007-n1.htm 2014年2月3日閲覧。 
  11. ^ “江沢民氏ら5人を国際手配要請…スペイン裁判所”. 読売新聞. (2014年2月11日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140211-OYT1T00685.htm 2014年2月18日閲覧。 
  12. ^ “ジャワ島東部で火山噴火 20万人避難、家屋倒壊”. 47NEWS (共同通信). (2014年2月14日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021401001741.html 2014年2月14日閲覧。 
  13. ^ “ベルギー、子どもの安楽死を合法化”. AFPBB News. (2014年2月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3008448?ctm_campaign=txt_topics 2014年2月14日閲覧。 
  14. ^ “イタリアのレッタ首相が辞任 組閣の動き本格化”. 福井新聞 
  15. ^ “拉致は「人道に対する罪」国連委最終報告書 金体制の関与明言”. MSN産経ニュース. (2014年2月17日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140217/kor14021723120003-n1.htm 2014年2月18日閲覧。 
  16. ^ “中国で児童売買組織を摘発 赤ん坊数百人を救出”. CNN.CO.JP. (2014年3月1日). http://www.cnn.co.jp/world/35044645.html 2014年3月3日閲覧。 
  17. ^ “デモ隊が大統領府封鎖 ウクライナ騒乱 ティモシェンコ元首相釈放の情報(2/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2014年2月22日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140222/erp14022222070008-n2.htm 2014年2月25日閲覧。 
  18. ^ “デモ隊が大統領府封鎖 ウクライナ騒乱 ティモシェンコ元首相釈放の情報(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2014年2月22日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140222/erp14022222070008-n1.htm 2014年2月25日閲覧。 
  19. ^ “ウクライナ政権崩壊 ヤヌコビッチ大統領、出国図る(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2014年2月23日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140224/erp14022407250002-n1.htm 2014年2月25日閲覧。 
  20. ^ “デモ隊が大統領府占拠 ティモシェンコ元首相釈放 ウクライナ(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2014年2月23日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140223/erp14022302070003-n1.htm 2014年2月25日閲覧。 
  21. ^ “ヤヌコビッチ氏 手配「新体制に疑問」露首相警戒”. MSN産経ニュース. (2014年2月25日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140225/erp14022507210001-n1.htm 2014年2月25日閲覧。 
  22. ^ “米当局、アシアナ航空に罰金5000万円 事故後の対応に問題(ページ1/2)”. CNN.CO.JP. (2014年2月26日). http://www.cnn.co.jp/world/35044432.html 2014年2月26日閲覧。 
  23. ^ “米当局、アシアナ航空に罰金5000万円 事故後の対応に問題(ページ2/2)”. CNN.CO.JP. (2014年2月26日). http://www.cnn.co.jp/world/35044432-2.html 2014年2月26日閲覧。 
  24. ^ “NASA、715個の新惑星を太陽系外に発見”. CNN.CO.JP. (2014年2月27日). http://www.cnn.co.jp/fringe/35044502.html 2014年2月27日閲覧。 
  25. ^ “中国無差別殺傷、死傷者170人に 当局は「テロ」断定”. 日本経済新聞. (2014年3月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0201E_S4A300C1FF8000/ 2014年3月3日閲覧。 
  26. ^ “エジプト メハレブ新内閣発足”. MSN産経ニュース. (2014年3月2日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140302/mds14030210580001-n1.htm 2014年3月3日閲覧。 
  27. ^ マレーシア機の捜索続く=墜落情報、確認されず時事ドットコム 2014年3月8日
  28. ^ 日本海にロケット砲発射=北朝鮮時事ドットコム 2014年3月16日
  29. ^ ロシア、クリミア編入=ウクライナ排除、条約に調印-欧米、追加制裁へ時事ドットコム 2014年3月18日
  30. ^ 台湾で学生ら国会占拠 警官隊と衝突、負傷者もMSN産経ニュース 2014年3月20日
  31. ^ “非常に深刻に受け止める…北ミサイルで米国務省”. YOMIURI ONLINE. (2014年3月26日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20140326-OYT1T00294.html?from=yartcl_popin 2014年4月6日閲覧。 
  32. ^ “中独が包括的・戦略的パートナーシップを構築”. 人民網日本語版. (2014年3月29日). http://j.people.com.cn/94474/8582694.html 2014年4月29日閲覧。 
  33. ^ “朴大統領 北朝鮮に対する統一基盤作りの3大提案発表”. 聯合ニュ-ス. (2014年3月28日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/03/28/0200000000AJP20140328003300882.HTML 2014年11月2日閲覧。 
  34. ^ “日本の調査捕鯨は条約違反 国際司法裁判所”. MSN産経ニュース. (2014年3月31日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140331/asi14033119080002-n1.htm 2014年4月1日閲覧。 
  35. ^ チリ沖でM8.2の地震 5人死亡、囚人300人が脱走CNN.co.jp 2014年4月2日閲覧。
  36. ^ マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル”. マイクロソフト. 2012年4月15日閲覧。
  37. ^ Windows XP Mode は Windows 7 のライフサイクルの間はサポートされますか。”. マイクロソフト. 2012年4月15日閲覧。
  38. ^ 2014 年 4 月 9 日にサポートが終了する製品に関する技術サポート受付終了時間について| Microsoft Services”. マイクロソフト. 2014年4月7日閲覧。
  39. ^ トヨタ、世界で639万台リコール日本経済新聞 2014年4月9日閲覧。
  40. ^ 台湾、立法院占拠した学生が退去 Reuters Japan 2014年4月11日閲覧
  41. ^ “韓国フェリー転覆事故、懸命の捜索続く―300人近くが不明”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 (Dow Jones & Company, Inc.). (2014年4月17日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303433504579504491119846528.html 2014年4月17日閲覧。 
  42. ^ “オバマ米大統領、帰国の途=アジア歴訪終了”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年4月29日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201404/2014042900168 2014年5月20日閲覧。 
  43. ^ 天安門事件記念館を開設、活動家入境を拒否 香港MSN産経新聞 2014年4月20日。
  44. ^ アフガンで大規模な地滑り、350人死亡か 救助難航CNN JAPAN 2014年5月3日閲覧。
  45. ^ タイ憲法裁が政府高官人事で違憲判決、インラック首相失職ロイター 2014年5月7日閲覧。
  46. ^ “トルコ炭鉱事故、死者301人に 全遺体の収容終える”. CNN.CO.JP (Turner Broadcasting System, Inc.). (2014年5月18日). http://www.cnn.co.jp/world/35048053.html 2014年5月20日閲覧。 
  47. ^ ベトナムの反中デモで初の死者、中国人とみられる16人含む21人死亡ロイター 2014年5月15日。
  48. ^ “政治的混乱続くタイ 陸軍が戒厳令、「クーデターではない」”. CNN.CO.JP (Turner Broadcasting System, Inc.). (2014年5月20日). http://www.cnn.co.jp/world/35048132.html 2014年5月20日閲覧。 
  49. ^ “中俄“海上联合—2014”军事演习完美收官”. 人民网. (2014年5月26日). http://military.people.com.cn/n/2014/0526/c1011-25065210.html 2014年5月28日閲覧。 
  50. ^ アジア新安保宣言を採択して閉幕 上海で信頼醸成会議47News 2014年5月21日。
  51. ^ “中露が天然ガス協力合意文書に調印”. 人民網日本語版. (2014年5月22日). http://j.people.com.cn/n/2014/0522/c94474-8731034.html 2014年5月27日閲覧。 
  52. ^ “ロ中 4千億ドルの大型ガス供給契約に調印”. ロシアの声. (2014年5月21日). http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_21/272624598/ 2014年5月27日閲覧。 
  53. ^ “俄中两国能源合作规模令人瞩目”. 俄罗斯之声. (2014年5月22日). http://radiovr.com.cn/2014_05_22/272663416/ 2014年5月29日閲覧。 
  54. ^ “PH, Indonesia sign agreement on Exclusive Economic Zone boundary”. Philippine Information Agency. (2014年5月23日). http://news.pia.gov.ph/index.php?article=1781400819001 2014年5月25日閲覧。 
  55. ^ スペイン国王が退位へ=「民主化の象徴」-フェリペ皇太子が継承時事ドットコム 2014年6月2日。
  56. ^ “欧州中銀、初のマイナス金利 低インフレ長期化回避”. 日本経済新聞 (Nikkei Inc.). (2014年6月5日). http://www.nikkei.com/markets/features/12.aspx?g=DGXNASDC05007_05062014MM8000l 2014年6月10日閲覧。 
  57. ^ “プーチン大統領に「クリミアはウクライナ領」ポロシェンコ氏が大統領に就任”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2014年6月7日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140607/erp14060718180010-n1.htm 2014年6月27日閲覧。 
  58. ^ “タリバンがカラチの空港襲撃、29人が死亡-政府は終息宣言”. Bloomberg.co.jp (BLOOMBERG L.P.). (2014年6月9日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6VBHV6TTDS001.html 2014年6月10日閲覧。 
  59. ^ スペイン議会、国王退位を承認 新国王即位へ2014年06月18日AFP
  60. ^ “兵士が銃乱射、同僚12人死傷=南北軍事境界線付近-韓国”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年6月22日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014062200003 2014年6月22日閲覧。 
  61. ^ “逃走の韓国兵を身柄確保、銃で自殺図る”. CNN.co.jp (Cable News Network. Turner Broadcasting System, Inc.). (2014年6月23日). http://www.cnn.co.jp/world/35049792.html 2014年6月23日閲覧。 
  62. ^ “アシアナ航空事故、自動操縦に頼りすぎ…報告書”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年6月25日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20140625-OYT1T50097.html 2014年6月25日閲覧。 
  63. ^ “リムパック始まる 中国海軍の4隻初参加 8月1日まで”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2014年6月27日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140627/plc14062713520018-n1.htm 2014年6月27日閲覧。 
  64. ^ “ウクライナ、EUと連合協定…経済も親欧路線”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年6月27日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20140627-OYT1T50130.html 2014年6月27日閲覧。 
  65. ^ a b “ユンケル氏を次期欧州委員長に指名、英の懸念に配慮も”. Reuters.co.jp (ロイター). (2014年6月28日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0F21PP20140627 2014年6月29日閲覧。 
  66. ^ ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 (Dow Jones & Company, Inc.). (2014年6月30日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580000151170593066+2014年6月30日閲覧。 
  67. ^ 日朝局長級協議、7月1日に北京で 岸田外相発表日本経済新聞 2014年6月25日閲覧。
  68. ^ “中韓首脳、北の核「断固反対」慰安婦研究、会見で日本批判せず”. 47NEWS (共同通信社). (2014年7月3日). http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070301001574.html 2014年7月3日閲覧。 
  69. ^ “マレーシア機がウクライナ東部で撃墜、295人全員死亡=当局者”. ロイター. (2014年7月18日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FM1YV20140717 2014年7月18日閲覧。 
  70. ^ 中国で日本人男性の死刑執行 覚醒剤密輸の罪朝日新聞 2014年7月25日閲覧。
  71. ^ イスラエルとハマス、72時間の停戦合意 米国務省発表朝日新聞 2014年8月1日閲覧。
  72. ^ 台湾高雄市で大規模爆発 死者25人”. nikkansports.com (2014年8月1日). 2014年8月1日閲覧。
  73. ^ エボラ出血熱、死者が1000人超える=WHOロイター 2014年8月12日。
  74. ^ 米警官が黒人青年射殺=抗議デモ一部暴徒化-中西部時事通信 2014年8月11日閲覧。
  75. ^ “張高麗副総理、ロシアのプーチン大統領と会見し、共に中露東線天然ガスパイプラインの起工式に出席”. 新華網日本語版. (2014年9月2日). http://jp.xinhuanet.com/2014-09/02/c_133614906.htm 2014年10月3日閲覧。 
  76. ^ “北京からモスクワ、ユーラシア高速輸送回廊構想”. 人民网日本語版. (2014年10月15日). http://j.people.com.cn/n/2014/1015/c94476-8794785.html 2014年10月16日閲覧。 
  77. ^ “露中、東ルートでのガス供給で合意”. ロシアの声. (2014年10月13日). http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_13/rochuu-gasu/ 2014年10月16日閲覧。 
  78. ^ “ジャワ島発のエアアジア機 消息絶つ”. NHK. (2014年12月28日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141228/j67710410000.html 2014年12月28日閲覧。 
  79. ^ 日露戦争の沈没艦を慰霊 開戦110年、ウラジオでMSN産経新聞 2014年2月9日。
  80. ^ KTX 開業10年、韓国人の生活はどう変わった?朝鮮日報 2014年3月31日閲覧。
  81. ^ MUSTANG 50TH BIRTHDAY CELEBRATION
  82. ^ ウィリアムズ、アイルトン・セナ没後20年記念ロゴをFW36に掲載F1-Gate.com
  83. ^ ナポレオン上陸から200年、流刑地の島で再現イベント 伊AFP bbnews 2014年05月05日。
  84. ^ “香港「六四記念館」来場者の半分は大陸人”. 新唐人電視台. (2014年5月27日). http://jp.ntdtv.com/news/10809/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%80%8C%E5%85%AD%E5%9B%9B%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8%E3%80%8D%E6%9D%A5%E5%A0%B4%E8%80%85%E3%81%AE%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%AF%E5%A4%A7%E9%99%B8%E4%BA%BA 2014年6月4日閲覧。 
  85. ^ “米ロ首脳が非公式会談、仏ノルマンディー上陸作戦記念式典で”. Bloomberg.co.jp (BLOOMBERG L.P.). (2014年6月6日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6R36B6JTSE801.html 2014年6月6日閲覧。 
  86. ^ “EU首脳、ベルギーで第一次大戦100年記念式典”. MSN産経ニュース (The Sankei Shimbun & Sankei Digital). (2014年6月27日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140627/erp14062709580004-n1.htm 2014年6月29日閲覧。 
  87. ^ “人類平和と共存へ誓い 第1次大戦の教訓胸に サラエボ事件100年で式典”. MSN産経ニュース (The Sankei Shimbun & Sankei Digital). (2014年6月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140629/erp14062901550003-n1.htm 2014年6月29日閲覧。 
  88. ^ 日清戦争・東学農民戦争の120年法学館憲法研究所。
  89. ^ パナマ~運河とともに発展を続ける国外務省。
  90. ^ スマトラ島沖地震・インド洋大津波から10年WSJ 2014年12月27日閲覧。
  91. ^ 2014年「日・ブルネイ友好30周年」ロゴマークの決定外務省
  92. ^ 来年の天文現象 2014年はどんな年?(縣秀彦 自然科学研究機構 国立天文台准教授(教育学博士)/Yahoo!ニュース 2013年12月19日)
  93. ^ 最も危険な小惑星 2007 VK184 が ・・・(宏観亭見聞録 2014年4月9日)
  94. ^ Asteroid 2007 VK184 Eliminated as Impact Risk to Earth(NASA - April 03, 2014)
  95. ^ “万能細胞:マウスで初の作製 簡単、がん化せず 「STAP細胞」命名−−理研など”. 毎日新聞. (2014年1月30日). http://mainichi.jp/shimen/news/20140130ddm001040175000c.html 2014年1月29日閲覧。 
  96. ^ “STAP retracted - Two retractions highlight long-standing issues of trust and sloppiness that must be addressed”. NATURE EDITORIAL Sharing. (2014年7月2日). http://www.nature.com/news/stap-retracted-1.15488 2014年7月3日閲覧。 
  97. ^ ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 (Dow Jones & Company, Inc.). (2014年6月30日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580000151170593066+2014年6月30日閲覧。 
  98. ^ Jennifer Lawrence NUDE photos leaked: Star among 101 others 'victim to mass hacker'”. 2014年9月1日閲覧。
  99. ^ The Fappening 4: More Nude Photos Of Stars Leak Online”. 2014年10月28日閲覧。

カテゴリ:
ネパール地震 (2015年) - W  4月今月該当確率試算 

2015年ネパール地震
ネパール地震 (2015年)の位置(ネパール内)
ネパール地震 (2015年)
カトマンズ
カトマンズ
ネパール地震 (2015年) (ネパール)
地震の震央を示した地図
本震
発生日2015年4月25日
発生時刻11時56分26秒(ネパール標準時(NST))
持続時間130秒
震央ネパールの旗 ネパール カトマンズの北西約77km
座標北緯28度8分49秒
東経84度42分29秒
震源の深さ15km
規模   Mw7.8
最大震度   メルカリ震度階級IX:カトマンズ
津波なし
地震の種類プレート境界型地震衝上断層)または大陸プレート内地震
余震
最大余震2015年5月12日12時51分19秒(NST)、Mw7.3[1]
被害
死傷者数死者7,357人[2]
負傷者15,269人[2]
被害総額約50億米ドル[3]
被害地域ネパールの旗 ネパール
インドの旗 インド
バングラデシュの旗 バングラデシュ
中華人民共和国の旗 中国(チベット自治区)
ブータンの旗 ブータン
出典:特に注記がない場合はアメリカ地質調査所による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2015年ネパール地震(2015ねんネパールじしん、2015 Nepal earthquake)とは、2015年4月25日ネパールで発生した地震。



概要[編集]

震源の位置と震度分布図(USGS)
地震で完全に崩壊したダラハラ塔(ビムセンタワー)

現地時間2015年4月25日11時56分にネパールの首都カトマンズ北西77km付近、ガンダキ県ゴルカ郡サウラパニの深さ15kmを震源として発生した地震で、アメリカ地質調査所(USGS)によれば地震の規模はMw7.8と推定されている[4]。また中国地震局ではこの地震の規模をMs8.1としている[5]。気象庁松代地震観測所によるMsは8.2 [6]
この地震の強震によってネパールでは建物の倒壊、雪崩土砂災害などにより甚大な被害が発生した。またインドや中国のチベット自治区、バングラディッシュなど周辺の国々でも人的被害が生じた。 地震動はメルカリ震度階級でIXがカトマンズで報告されている他、バラトプルビラートナガルでVIIIが報告されている[4]。 ネパールやインド北部は元来地震が多い地域であるものの、建物はレンガ積みの耐震性のない脆弱な構造のものが多く、また山岳地帯では地すべりも発生しやすいなど被害が大きくなりやすい。特に人口が集中しているカトマンズ盆地は平均の深さが数百mになる湖底堆積物及び河川堆積物で盆地が形成されており、きわめて地盤が軟弱な土地である上[7]、プレート境界断層の上盤側に存在している。また、ネパール含む中部ヒマラヤは地震空白域として知られていた為、地震に対して特に脆弱な土地であることが知られていた[8][9][10]

メカニズム[編集]

アメリカ地質調査所によるとこの地震の規模はMw7.8である[4]。この規模はネパール国内で発生した地震としては1934年ビハール・ネパール地震(M8.1)に次ぐ2番目の規模となっている[11]

筑波大准教授八木勇治の解析では、震源の断層はカトマンズを含む周辺一帯東西150km、南北120kmに及び、4.1m以上ずれた地域もある可能性があることが判明した。これは同じ都市直下型地震である兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)の約30倍に及ぶ。地震のエネルギーは、約1分かけて東南東方向へ伝播し断層を南へとずらせた[12]

国土地理院による「だいち2号」(ALOS-2) 観測画像からの解析によれば、カトマンズ北西70kmの震源から北北東傾斜の断層による逆断層滑りが起こり、地表で最大1.2m隆起し、地下では最大4mの断層滑りが考えられるという[13]

この地域ではヒマラヤ山脈の南縁からインド亜大陸含むインドプレートユーラシアプレートに衝突・沈み込んでいる収束型境界が存在している。二つのプレート相対速度はネパール付近では約45mm/年であり、その為世界的に地震活動が活発な地域の一つである。このプレート運動によってヒマラヤ山脈が形成され、現在も約5mm/年の速度で隆起し続けてる。
このプレート境界ではヒマラヤスラスト英語版と呼ばれる衝上断層が形成されている。ヒマラヤスラストは大きく分けて四つに分類されており、これらは主マントル衝上断層、主前縁衝上断層、主境界衝上断層、主中央衝上断層英語版主中央衝上断層である[14]。USGSは、この地震の発生場所・規模・発震機構がこのプレート境界の衝上断層での地震活動と一致しているとしている[4]

余震[編集]

2015年5月12日現在、複数の余震と見られる地震が観測されている[11]。M6以上の余震は二回発生しており、本震の約34分後の同日12時30分(NST)にM6.6の地震北緯28度11分35秒 東経84度51分54秒 / 北緯28.193度 東経84.865度 / 28.193; 84.865[15]、本震の約25時間後の4月26日12時54分(NST)に最大余震であるM6.7の地震北緯27度46分55秒 東経85度59分49秒 / 北緯27.782度 東経85.997度 / 27.782; 85.997[16]が発生している。M6.7の地震ではエベレストのベースキャンプ付近において雪崩が再発した[17]

本震から17日後の2015年5月12日12時51分(NST)に震源域東端付近でM7.3の地震が発生した北緯27度50分13秒 東経86度04分37秒 / 北緯27.837度 東経86.077度 / 27.837; 86.077[1]。この地震も本震と同様北北東側隆起の衝上断層であり、震源域の大きさは約55×30kmとしている[1]。M7.3の地震の約30分後にはM6.3の余震が発生している北緯27度37分05秒 東経86度09分58秒 / 北緯27.618度 東経86.166度 / 27.618; 86.166[18]

被害[編集]

国別死傷者数
死者負傷者時点注釈
ネパールの旗 ネパール> 7,250> 14,3985月3日[19][2]
インドの旗 インド782884月29日[20] [21]
中華人民共和国の旗 中華人民共和国253834月27日[22]
バングラデシュの旗 バングラデシュ42004月27日[23]
合計7,35715,269
ネパールにおける国別外国人犠牲者数
死者時点注釈
インドの旗 インド74月28日[24]
中華人民共和国の旗 中華人民共和国44月27日[25]
イタリアの旗 イタリア44月25日[26]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国44月27日[27]
フランスの旗 フランス34月28日[28]
オーストラリアの旗 オーストラリア24月27日[29][30]
ベルギーの旗 ベルギー24月28日[29]
ドイツの旗 ドイツ24月28日[29]
オランダの旗 オランダ24月28日[29]
エストニアの旗 エストニア14月28日[31]
香港の旗 香港14月29日[32]
日本の旗 日本14月27日[33]
ニュージーランドの旗 ニュージーランド14月28日[34]
イギリスの旗 イギリス14月29日[35]
合計35

地震の揺れはネパール全域とインド北部、バングラデシュの広い範囲に及び[36]、およそ300キロ以上離れたインドのニューデリーのほか[37]台湾でも観測された[38]

ネパール[編集]

カトマンズでは地割れが発生するなどして多くの建物が倒壊[39][40]カトマンズのダルバール広場スワヤンブナートダラハラ塔、マナカマナなど歴史的な建造物や世界遺産寺院などの多くが修復不可能な損傷を受けた[41][42][43][44]。パックパッカーの聖地としてカトマンズ最大の観光客が集うタメル地区では、狭い路地にひしめくように宿泊施設やレストラン、土産物店などが軒を連ね、道幅が狭いことから車の通行も容易ではなく、救出活動はもっぱら手作業となった。4月28日国連は、ネパールの人口の約30%にあたる約800万人が被災したと発表[45]

阿部勝征東京大学名誉教授地震学)が2015年04月25日に語ったところによると、M8クラスの地震が直下で起きていることから被害はかなり大きいと考えられるが、大地震ほど被害の情報は集まりにくいため当初は被害の実態が明らかになりにくいという[46]

アメリカの情報調査会社IHS(英語版)は4月28日、地震によるネパールの経済損失を50億ドル(約6,000億円)と推定した[47]。これはネパールの2014年におけるGDP193.5億ドルの約4分の1の額に相当する[48]

2015年5月3日、ネパール内務省報道官が地震による死者7,250人・負傷者14,000人になったことを発表[2]

国際連合のバレリー・エイモス人道問題担当事務次長兼緊急援助調整官は、ネパール政府の「官僚的」対応によって救援物資の輸送に遅延が生じていることについて憂慮を示した[49]。また、5月2日にネパール政府は、生存者がこれ以上見つかる可能性はないという見方を示していたが、同日、101歳の男性が救助され[注釈 1]、翌3日には3人の女性が救助された[50]。ネパール政府の対応を批判する声も出ており[51]4月29日日本国際緊急援助隊を表敬しようとしたスシル・コイララ首相が市民に取り囲まれ、引き返す事態も発生している[52]

エベレストの雪崩[編集]

標高5000m付近のエベレスト登山ベースキャンプ付近で大規模な雪崩が複数回発生し、登山客ら18人が死亡(2015年4月26日現在)した。ロイター通信はこれを「エベレスト史上最悪の惨事」と伝えた。当時ベースキャンプには登山者、ガイドら約1000人がおり、より標高が高い「キャンプ1」と「キャンプ2」には多数が取り残された[53]。ネパールの山岳協会によると100人以上の登山者が下山出来ない状態が続いている[43]

2015年4月27日には現地で撮影されたベースキャンプを雪崩が直撃する映像と共に、現地メディアで26日現在22人死亡、217人行方不明と伝えられた[54]

Google幹部のダン・フレディンバーグ英語版が雪崩で死亡した[55]

登山のため滞在していたなすび (タレント)野口健が無事を報告した[56]

インド[編集]

倒壊した建物の下敷きになるなどして66名が死亡した[57]

バングラデシュ[編集]

27日までに死者4名が確認されている[58][43]

チベット[編集]

中国のチベット自治区では約1,200棟の家屋と寺院1ヶ所が全壊、約5,800棟の家屋と寺院54ヶ所が損壊した[59]。約25,000人が避難しており、確認されている死者は26日夜までに20名となっている[60]

ギャラリー[編集]

このページのトップヘ

見出し画像
×