タグ

タグ:2015年

カテゴリ:
虎馬:2015年の予言・予測 - NAVER まとめ 
 
275お気に入り 1906317view
お気に入り追加

茨城県でイルカの大量座礁 地震前兆の可能性も

今回のイルカ打ち上げが気になって 過去の記事をいろいろ調べてみたら、 3.11地震の日の一週間前に茨城県の海岸で カズハゴンドウ52頭がうち上がってたらしい。 今回は100頭だし、すごい嫌な予感するゾ。

茨城でイルカが130頭そして4月12日の地震の噂。とても不安です12日は誕生日で横浜に行くからなぁ~。高層ホテルだし怖いよ 八景島シーパラ大丈夫かな!とても心配

海岸にイルカですか…気の毒に。 そしてしばらく地震に注意しよう。

2015年ゲリー・ボーネルの予言

ゲリーさんが予言する東海大地震の日時は4月12日なので、もう間近に迫っています。それゆえ不安な心持の方は、けっこうおられるかもしれません。

2015年ジョン・ホーグの予言

2015年の8月頃には、格差や人種差別に反対するこれまでにない大規模な抗議運動が起こり、社会変動が加速する。

・2015年9月には、米政府と議会は、経済の低迷と拡大する抗議運動の対応に追われ、大混乱する。

・2015年の自然災害の中心はアイスランドになる可能性が高い。
4月にはアイスランドで、M8を越える地震と大規模な火山噴火が起こる。
この噴火でヨーロッパ上空が火山灰で覆われ、航空機の飛行が困難になる。

・2015年にISはさらに拡大する。
これまで比較的に安全だったレバノンやヨルダン、そしてISに資金を提供しているサウジアラビアなども攻撃の対象になる。
・おそらくこれは、4月12日と9月26日のブラッドムーンの時期に実行されるはずだ。

2015年ノストラダムスの予言

■2015年ノストラダムスの予言トップ10
1.出産はライセンスが必要になる
2.西側諸国の税金廃止
3.人類は動物と会話する方法を取得する
4.アメリカ西部を襲う巨大地震
5.世界が放射線によって焼け焦げる
6.人類の寿命は200歳に
7.ヴェスヴィオ(ベスビオ)山の噴火
8.世界経済は崩壊する
9.死者の復活
10.言葉の違いがなくなる

偉大なノストラダムスによる来年2015年の予言が公表された。ノストラダムスによると、2015年は恐ろしい出来事がたくさん起こり、世界を根本的に変えるという。また来年2015年には税金がなくなるほか、各国政府の指導者4人が画策の犠牲者になるという。ネットメディアが伝えた。

その他、世界では軍事紛争が起こるほか、民族間だけでなく、動物と人間の間の言葉の障壁もなくなるという。

ノストラダムスは、個別の国についても予言している。ノストラダムスによると、例えばイタリアでは有名なヴェスヴィオ火山が噴火し、ドイツとフランスは危機に苦しむ。米国では大きな地震が発生して、人道的危機を引き起こすという。

2015年ババ・ヴァンガの予言

彼女は生前、2001年に米国で起きた9.11同時多発テロも予言しており、それは「アメリカで鉄の鳥が双子に衝突して、大勢の人々が死ぬ」というものだった。この他に、第二次世界大戦の勃発、米ソの冷戦終了、ソ連の崩壊、チェルノブイリ原発事故なども予言・的中させていたという。

ヴァンガの予言によれば、来年、米大統領が退任する。政治家を引退するだけでなく、あらゆる特典を失い、訴追を受ける可能性もある。驚くべきことに、ロシア大統領も任を解かれるという。「ロシアは斬頭される」とヴァンガ。しかしそれは悲劇ではなく、社会も混乱しない。むしろ、ロシアはいよいよ飛躍のときを迎える。それを開始させたのは現在の統治者であり、それが今後も彼をコントロールする。また、ロシア通貨ルーブルは、年内に非常に強まり、ドルより高い信頼を得るようになる。ブルガリアもそんなロシアと関係を強化していく。病気の蔓延(おそらくエボラのことであろう)は克服されない。世界中で蔓延が起き、シベリアと豪州以外は病原菌で汚染される。

ユダヤ教の祭日と日食、月食

「ノストラダムスの大予言」のようなものと言えば、わかりやすいかもしれないが、似て非なるのは、その"符合点"だ。
「14年から15年にかけて、日食と月食が6回続けて起きるんですが、これがすべてユダヤ教の重要な祭礼の日と一致しているんです。20世紀にも48年と67年の2度、似た現象が起きましたが、48年にはイスラエルが建国され、67年には『六日戦争』が勃発。どちらもユダヤ世界では大きな出来事で、今回も、それに匹敵するような大事件が起きるのではないかと予測されているんです」

第3次世界大戦

2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。アメリカが反撃し核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する[7]。

その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」

このページのトップヘ

見出し画像
×