資本主義終焉超恐慌

強欲増税日本倒産 ADVAIZARHINT 全手餓此世鬼拒絶仕様 十四星座 知救自善復興公害税同盟

征服

地球自然環境国害罰金税超∞$$DMPB回収同盟~国際税理府準備連携委員会~皇我内座~知救自善復興公害税同盟~世解平案トービン税連盟~国際PPP連合問題解決案~太平洋TPP連邦【思考】~極北開拓合衆国~極東防災防衛府体政~人間生活府【基本原案】~道州修心省陸海空護民保安官庁~自救自足互助組織~健幸予防府平等年金機能~住宅学園学級会~住民組合準備会~流浪難民人権会~特許友政府準備投票所~

征服王 - W(重要保存)

虎馬:

征服王(せいふくおう)は1992年10月から1993年3月にフジテレビの深夜帯(JOCX-TV2)で放送されていた番組である。CS放送(フジテレビ739)で再放送された。
目次 1 概要


概要[編集]

様々な業界の著名人をゲストに招き、二つの軍隊戦争をテーマとしたウォー・シミュレーションゲームで対戦させるという内容の番組。

ゲストは毎回4名で、それぞれ駒の移動を行うプレイヤーとプレイヤーと戦略を相談する参謀の二人一組の二勢力で分けられている。プレイヤーは勢力別に互いに隔てられた高台の席にてマップボードと駒を使用してゲームを進行していく。

プレイヤーの席がある高台の目下にはゲームに使用されるマップを模したセットが組まれており、その上を武器や盾を持ち甲冑を着て駒に扮した複数名の人間がゲームの進行に合わせて動いていくという人間将棋あるいは人間チェスさながらの大掛かりな演出になっている。

また、ゲーム上では特に触れられていないが、スパルキア(Spalcia)とガイアス(Gaias)の二つの国家による、バルバリア大陸(Barbaria)の覇権をめぐる戦争というバックストーリーが設けられている。前回の戦いの結果を踏まえ、冒頭で語られるストーリー内の勢力図が変化していくというギミックもあった。

ルール[編集]

ゲームのルールは番組が進行するにつれ幾度か改定された。ここでは主に初期のルールを記述し、変更がなされた箇所はその都度記述する。

基本事項[編集]

プレイヤーはスパルキア軍(赤色)とガイアス軍(青色)の二つの勢力に分かれて対戦する。

ゲームは縦13×横11マスのマップボード上で行われ、マップによっては川や岩山などといった特殊な地形が存在する場合がある。

戦闘などでダイスを使用する際は、バルバリア大陸を見守る「運命の神」(声:岡部政明)が赤のダイス(スパルキア側のダイス)と青のダイス(ガイアス側のダイス)を振る。使用するダイスは1~6までの六面ダイス。

ゲームの勝利条件は敵のの撃破、あるいはを占領することである。

準備[編集]

最初にプレイヤーには500Gの資金が与えられ、資金を使用してユニットを購入する。各ユニットには一部隊を購入するのに必要な賃金が設定されており、合計が500G以内に収まるように購入しなくてはならない。番組上でのルール説明では触れられていないが、相互支援などのルールの関係で一番安い軽装歩兵を大量に購入してしまうと非常に有利になってしまうため、購入できるユニットは一種類につき5つまでというプレイヤー間の暗黙のルールがある。

購入したユニットは自軍の領土内(自軍の城がある端から縦5×横11マス以内)に自由に配置できる。互いのユニット配置位置はゲーム開始直後までわからない。新ルールで実装された伏兵(後述)もこの時に設定する。

両軍のユニット配置が終了すると夜明けと共に開戦となり、互いの陣形が明らかにされた後にイニシアティブの決定を行う。ダイス判定を行い、数値が大きい方の軍が先攻となる。

ゲームの進行[編集]

先攻、後攻の順番で交代しながら各軍の全てのユニットを動かしていく。先攻の軍の行動が始まってから、再度先攻の軍の番になるまでを1ターンとして数えられていく。各ユニットの行動は1ターンごとに一回のみである。

移動[編集]

ユニットはそれぞれに決められた移動力分だけ前後左右に動かすことができる。斜めに移動することはできない。地形によっては必要な移動力が増加することがある(進入自体ができない地形もある)。また、部隊の向きを変えるのは歩数に含まれない。

ウォー・シミュレーションゲームによくあるZOCの概念がないため、敵ユニットの横を自由に移動することができる。

攻撃[編集]

敵部隊に隣接することで自動的に攻撃を仕掛ける。ダイスを振り、ユニットの戦闘力にダイスの目の数を加えた数値が高い方が勝利となる(数値が同じになった場合は攻撃側の勝利となる)。攻撃側が勝利した場合は守備側ユニットが消滅、守備側が勝利した場合は攻撃側の攻撃失敗となる。守備側の勝利の際は双方のユニットに影響はない(3回目の放送時から守備側が勝利した際に攻撃側ユニットが消滅するようになった)。

攻撃側の特権として、ユニットの側面から攻撃を仕掛けると側面攻撃として+1ポイント、背後から攻撃を仕掛けると背後攻撃として+2ポイントのボーナスが攻撃側の戦闘力に加えられる。また、味方のユニットで敵を前後左右から取り囲んで攻撃することによって相互支援効果が発生し、取り囲んだ全ユニットの戦闘力の合計が攻撃側の戦闘力となる。

その他にも戦闘を行う地形によって戦闘力の増減が発生し、これらのボーナスを計算した上で攻撃側の戦闘力が守備側の戦闘力を5ポイント以上上回った場合は、ダイスを振らずに無条件で守備側ユニットが消滅する(1と6が出ても引き分け(つまり攻撃側の勝利)となってしまうため)。

初期の放送では敵ユニットを撃破すると撃破したユニットの賃金の半額の金を得ることができ、得た金で新たなユニットを購入して戦場に送ることができるルールが存在したが、後にルールの改定で廃止された。

伏兵[編集]

7回目の放送時に新たに追加された仕様。

ユニット配置の際に王以外の好きな味方のユニットを一つ選び、伏兵として城から5マス以内に配置することができる。伏兵は必ず配置しなくてはならない。

伏兵の特徴は以下のものになる。

  • 伏兵の位置は相手からは見えない。
  • 敵ユニットが伏兵のいるマスに乗ると無条件で敵ユニットが消滅し、伏兵が姿を現す。
  • 敵ユニットが伏兵のいるマスに隣接すると伏兵が姿を現し、攻撃を開始する。
  • 味方ユニットは伏兵がいるマスに止まったり、通過することができる。
  • 味方ユニットが伏兵のマスにいるときに敵ユニットに隣接されると伏兵からの攻撃ができない。
  • 伏兵は姿を消している間は移動することができない。移動するときは自発的に伏兵を解除する必要がある。
  • 伏兵を解除したユニットは以後通常のユニットとして行動する。再び伏兵に戻すことはできない。

援軍[編集]

22回目の放送時に使用された特別ルール。

ユニット購入時に通常500Gで購入する正規部隊とは別に、援軍部隊を100G以内で購入することが出来る。援軍部隊は10ターン目以降から投入することができ、投入する際は自軍のターンの初めに宣言をする必要がある。

ダイス判定を行い自軍のダイスの数値が敵側のダイスの数値を上回れば援軍投入成功として、自軍の援軍配置エリアに援軍部隊を可能な限り配置することができる(障害物やユニットがあるマスには置けない)。

敵側のダイスの数値より下回っていたり、同じ数値だった場合は援軍投入失敗。さらにペナルティとしてそのターンは全部隊を動かすことができなくなる。

ユニット[編集]

  • [King](戦闘力:7 移動力:3)
プレイヤーの分身であり、倒されると敗北となる。戦闘力は全ユニットの中では最高。最初は城の中にいるが、状況に応じて城から出陣することができる。
当然ながら購入したり補充することはできない。
  • 軽装歩兵 [Infantrymer](戦闘力:3 移動力:3 賃金:20G)
軽装備の歩兵。最も安く購入できるが、その分能力は高くない。賃金の安さを利用した人海戦術には最適である。
  • 重装歩兵 [Loplite](戦闘力:5 移動力:2 賃金:40G)
重装備で身を固めた歩兵。移動力が低下したが、戦闘力が大幅に向上した。移動力が全ユニット中最低なため、攻めより守りに向いている。
  • 軽装騎兵 [Light-Cavalrymer](戦闘力:4 移動力:5 賃金:60G)
最も移動力が高い軽騎兵。戦闘力はやや劣るものの、迅速な攻めが可能。
  • 重装騎兵 [Heavy-Cavalrymer](戦闘力:6 移動力:4 賃金:80G)
重装備の騎兵。王に次いで戦闘力が高いユニットである。移動力もそこそこあるため強力なユニットであるが、一部隊の購入賃金が非常に高いのが欠点。

放送リスト[編集]

戦場スパルキアガイアス
プレイヤー参謀プレイヤー参謀
1回The Battle of Dragonia森雪之丞高橋幸宏つのだ☆ひろ池田貴族
2回The Battle of Barmasサエキけんぞう加藤賢崇小林恭二宮城聰
3回The Battle of Auralas松尾貴史宮沢章夫すぎやまこういち中村光一
4回The Battle of Edoras大森一樹荒戸源次郎大高洋夫伊藤正宏
5回The Battle of Altan桂三木助伊藤克信きたろうえのきどいちろう
6回The Battle of Romes矢作俊彦息子小林恭二宮城聰
7回The Battle of Veilla高津弘樹(光栄)松井智利(光栄)榎本38歳土居孝幸
8回The Battle of Galuidaダンカングレート義太夫吹越満渡辺祐
9回The Battle of Remus太田光田中裕二つのだ☆ひろ田中寅彦
10回The Battle of Tartus大槻ケンヂ氏神一番池田貴族マイケル富岡
11回The Battle of Golgona森雪之丞松浦雅也大高洋夫伊藤正宏
12回The Battle of Paltisみうらじゅんカーツ佐藤すぎやまこういち中村光一
13回The Battle of Bulmes池田成志三谷幸喜中谷明彦服部尚貴
14回The Battle of Lumbel松尾貴史宮沢章夫黒沢清浅野秀二
15回The Battle of Toros鴫原千太郎久木敏行小松隆志大杉漣
16回The Battle of Windom桂三木助伊藤克信きたろうえのきどいちろう
17回The Battle of Miriadoneサエキけんぞう川勝正幸榎本39歳土居孝幸
18回The Battle of Lygea高津弘樹(光栄)松井智利(光栄)飯島雅彦岩切淳
19回The Battle of Influ三谷幸喜池田成志池田貴族マイケル富岡
20回The Battle of Medeiaガダルカナル・タカグレート義太夫小林恭二宮城聰
21回The Book of Tactics
22回The Battle of Miliane森雪之丞松尾貴史大高洋夫伊藤正宏

スタッフ[編集]

日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ【後半】

 
日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ【前半】 
日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ【中半】 
地方議会では公明党議員がまるでロボットのように働く。国の宝、未来ある若い日本人女性300万人に、世界支配者層の外郭団体ローマクラブが放つ生物化学兵器、ペット用断種剤入り猛毒子宮頸癌ワクチン接種をいの一番に呼びかけたのは公明党議員。彼等は自分では何も考えないクローンなので、給料さえもらえれば、世界支配者層の人口削減政策に、何の躊躇もなく喜んで協力する。

創価学会公式サイト、SOKAnetによれば http://www.sokanet.jp/hbk/heiwa.html 

「創価学会は1981年から国連広報局NGOとして登録されている。また、SGI(創価学会インタナショナル)は1983年から国連経済社会理事会との諮問資格を持つNGOとして登録され、ニューヨークとジュネーブに国連連絡所を設置。地球的問題群解決に向けて、様々な意識啓発活動を行っている。」

創価学会は国際連合というイルミナティ・フリーメーソンがNWO実現に向けて設立した組織に属しているという。これは文字通り、悪魔教の手下ということだ。一体、創価学会員達はこのことを理解しているのだろうか?恐らく、何も理解していない。何とおめでたい人達だろう。

大白蓮華2012年5月号には「ローマクラブ名誉会長 リカルド・ディエス=ホフライトネル博士インタビュー」という記事: http://seikyobs.jp/shop/ProductDetail.do?pid=795360 

SEIKYO onlineには「池田SGI副会長 ホフライトネル名誉会長と会見」という記事:http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/10/1198408_2470.html 

ローマクラブも勿論、純然たるイルミナティ・フリーメーソンの組織。世界人口削減を叫び、人工生物兵器HIV(エイズ)の極秘開発他、あらゆる人口削減政策に関わっている。道理で、公明党が積極的に、断種ワクチンである子宮頸癌ワクチンを日本の女の子達に接種させる訳だ。創価学会はローマクラブのいいなりに動いている事がよくわかる。(公明党が子宮頸癌ワクチン接種を呼びかける3年以上も以前から、アメリカでは接種した女の子たちに深刻な問題が生じていた。写真は接種によって廃人のようになった17歳の女の子とその母親。全国の公明党議員は言い出しっぺの責任を取って少なくとも給料全額返上、もしくは辞職すべきだろう。)

創価学会が輝いていたのは、戸田会長の時代、1951年(昭和26年)の会長就任から彼が亡くなる1958年(昭和33年)までである。それ以降は創価学会本来の活動はなりを潜めている。「人間第一主義」等と本来仏の教えに無い事を訴えれば会員は感激に涙する、訳の分からない集団になった。創価学会の現在の本業、それは本来自分達が信仰の根本として外護すべき母体であった日蓮正宗の破壊と、日本民族売り飛ばし。それが、過去50年以上にわたって、世界支配者層の下で行って来た、創価学会の主な活動内容だ。


世界支配者層の創価学会征服への道のり


戦後、日本民族白痴化プロジェクト推進過程で、世界支配者層の喉元に刺さったトゲがあった。日本最大の宗教団体へと急激に成長しつつあった創価学会である。その折伏(しゃくぶく)と称する熱狂的な布教活動は、さすがの世界支配者層も度肝を抜かれた事だろう。(以下は1951年、昭和26年当時の創価学会による折伏大行進の様子を伝える動画。池田大作氏のことを美化するなどかなり脚色されているが、当時の様子を伺い知ることができる。)


虎馬:  

プロフィール

超神001はじめタ-ボ...

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ