どうやらこういうことらしい

苫ピケ51世紀宇宙論2015長谷川慶太郎大局を読む!824シアトル警戒宣言3119日本特別警報!ゼロ秒思考×スマートノート×メモは命の恩人だ!エジソンパンセ月日時分朝鮮核ミサイル放射能非情警報津波予知夢!曜日年IDEA理想実現ACCOMPLSHMENT SHARE MEETING理想実現株式懐疑評議(ビットストック)【毎月改題】理想未来成功株式会社VIC DATA入門VASIC INTELL(IGENTSI)】【地獄で眠らせた悪魔が眠りながら成功する方法不幸運予告!あなたは絶対通信電話営業放送TV地獄コンテナトレーラ自爆密輸虎筑談腐宅魔死スモークワゴン1BOX拉致専用車マイクロ電磁気超低周波犯罪攻撃公害ストパトカー原因でもっとも運(輸)が悪くなる!宇宙一シンプルア・カペラ交響曲合唱ライヴ人生哲学が不味苦いく人は理想実現宝島知図で考えぬ!加速失敗成功!=超絶真逆】【⇒超絶完全理想美少女同位同格同価値同意味レベル(DATA残存価値FCFC小学生十万人下仙ゲーマー中学生三万人SLGSLG高校生一万人根源助士代生三十万人環境トボケ屋観察記録学者グラディエーター十万人怠者人間分析アナリストマスター三万人アデプト超人号泣虫社会評論博士ドクター一万人悪口宇宙研究職員リサーチャー三千人時空般布I$追掛表金講師社員千人平空パラレル片呂具模型モデル腰銀着助手STAF三百人次元同人頑固者落伍準教隊係百人無限GAME誠実清遊運蓄教授親委三十人究極事典慣板知識人絶対雑誌襟糸穴運特任近部十人超越アーティスト作家特待郎室三人絶唱画家親分特別護総ノーベル賞一人)限定忍辱解脱!直接リクエスト民主主義人気卵王一日一台各一回合計最大十回迄i2iくる天園他握世数上位確認更新予定三国人在日特権満州朝鮮韓国帰化同和教朝売国奴霊商工作陰影闇金裏金権力亡蛇地頭鬼屋全滅お釈迦ブードゥー物狂法華兇軍国日教組顕正怪異騒怨釈加害創価学会統一教会摂理GLA他多数特定秘密下忍間諜報連相克絶縁希求吸血鬼LISTポーサキュインヴァンパキュラ消滅希求ブードゥー全滅お釈迦山法華経SATAM教超絶仏滅神命】宗SPトーカーモルモット被害者超神才格名預言Twiter主活注!

「軍事」防衛戦史

1516圧縮集中予測警報【序】2015

2015年予想計画【最悪事態想定魔憎亜】三ヶ月予報【無確率】
六月世壊有明VIPTOP十百千匹年内死相リンク
基礎入門準備20×20【序】支配者【現在】20
【無明】東印度CIA暴力団株式会社氷河決壊一億人死亡
七月【預血夢火炎地獄】人類絶滅東京爆弾寺露?【妨害】
八月全面EMP兵器使用=電気文明消滅崩壊【核術】
九月1516圧縮集中予測警報【前半】2015
十月
十一月
十二月
一月1‰ 1516圧縮集中予測警報【中】2015終末
二月1.5‰
三月2‰
四月3‰ 1516圧縮集中予測警報【後】2016前盤
五月5‰
2016年
六月7‰ 1516圧縮集中予測警報【末】2016中盤
七月1%
八月万馬1.5%
九月大穴2% 1516圧縮集中予測警報【終】2016後盤
十月高穴3%
十一月中穴5%
十二月小穴7%
一月サイド10%
二月対抗15%
三月本命22%
四月ガチ33%
五月鉄板50%
一般的巨人地震大災害確率  
IQ三十年次元一般確率  

イスラーム国 - W(保存)

虎馬:イスラーム国 - W 
このページ名「イスラーム国」は暫定的なものです。
議論はノートを参照してください。(2014年6月)
議論
このページのノートに、このページに関する議論があります。(2014年8月)
曖昧さ回避 この項目では、スンニ派ジハード主義者のグループについて説明しています。政体としてのイスラム国家の歴史的概要については「イスラム国家」をご覧ください。
イスラーム国
الدولة الإسلامية
イスラーム国の国旗
標語: باقية وتتمدد
2014年9月13日現在 事実上支配下にある地域 領有を主張する地域 イラクとシリアの残りの地域の位置
2014年9月13日現在
事実上支配下にある地域
領有を主張する地域
イラクとシリアの残りの地域
首都 ラッカ[1][出典無効]
公用語
アラビア語
政府
- カリフ アブー・バクル・アル=バグダーディー
独立
イラク、シリアより
- 独立宣言 2014年1月3日[2]
- カリフ宣言 2014年6月29日
時間帯
(UTC+3)
1 現在、独立は国際的に承認されていない。
イスラーム国
الدولة الإسلامية
対テロ戦争、イラク戦争、シリア内戦に参加
Islamic state of iraq.jpg
活動期間
2006年10月15日 - 現在
氏族 / 部族
スンナ派アラブ人
指導者
アブー・アイユーブ・アル=マスリー †
アブー・ウマル・アル=バグダーディー †
アブー・バクル・アル=バグダーディー
活動地域
イラクの旗 イラク
シリアの旗 シリア
前身
ムジャーヒディーン諮問評議会
関連勢力
アンサール・アル・スンナ軍
アル=ヌスラ戦線

敵対勢力
イラク駐留軍
イラク治安部隊
覚醒評議会
イスラム革命防衛隊
ヒズボラ
シリア軍
インドネシア国軍
自由シリア軍
トルコ軍





イスラーム国が主張する領域




指導者アブー・バクル・アル=バグダーディー(2004年)
イスラーム国(イスラームこく、アラビア語: الدولة الإسلامية‎‎、翻字:ad-Dawlah al-ʾIslāmiyyah、英語: Islamic State、略称:IS)は、イラクとシリアで活動するサラフィー・ジハード主義組織である[3][4][5]。2014年6月29日、カリフ制イスラーム国家の樹立を宣言し、イラクとシャームのイスラーム国(アラビア語: الدولة الاسلامية في العراق والشام‎、略称: داعش(ダーイシュ)、翻字: Dawlat al-ʾIslāmiyya fi al-'Iraq wa-l-Sham)から改称した。国家と自称するものの、日本・欧米諸国などに留まらず、周辺のスンニ派イスラム教諸国からも国家として承認されていないほか、「イスラーム国」という名称への批判もなされている。(後述)

イラク、シリアなどの中東諸国を、サイクス・ピコ協定に代表されるヨーロッパの線引きにより作られた「サイクス・ピコ体制」だとしてこれを否定し[6]、武力によるイスラーム世界の統一を目指している。



目次 [非表示]
1 名称について
2 歴史 2.1 イラクへの侵攻
2.2 イスラーム国の樹立宣言

3 事件
4 戦力 4.1 装備
4.2 兵力
4.3 組織
4.4 評価

5 経済
6 対外関係
7 脚注 7.1 注釈
7.2 出典



名称について[編集]

旧称の「イラクとシャームのイスラーム国」という組織名にある「シャーム(アッシャーム)」(ar) はシリア地方または地中海の東部沿岸地方レバントを指す地理的概念であり[7]、欧米や日本ではイラクとシリアのイスラム国(英語: Islamic State of Iraq and Syria、略称: ISIS)、イラクとレバントのイスラム国(英語: Islamic State in Iraq and the Levant、略称: ISIL)等の意訳した名称で知られている。イラク、シリアなどアラビア語圏では (الدولة الإسلامية في العراق والشام) の頭字語の (داعش)「ダーイシュ」と略され新聞などでも一般的に使用されてきた。このダーイシュという言葉は否定的なニュアンスがあり、ISISは用いておらず、主に反対派が使用している[8]。

ただし、シャームというアラビア語は、レバントと同様の意味も持つことは間違いないが、一方でトルコからシリア、エジプト、パレスチナやヨルダン、レバノンをも含む大シリアを指したり、ダマスカスを指すときに用いられることもあるなど、様々な概念を有する単語であり、専門家からはレバントという訳語は不適切ではないかとの指摘もある[8]。

2014年6月29日、イスラーム国家の樹立を宣言し組織名ISIS/ISILの名を廃止し、イスラーム国 (Islamic State) を国名として採用すると宣言した[9]。各国はこの建国宣言の有効性を認めていない。メディアにおける組織の呼称は未だ一定しておらず、従前のようにISIS (ISIL) と呼ぶか(ロイター通信[10]、CNN[11]ほか)、「イスラム教スンニ派の過激派『イスラム国』[12]」などと表記している。NHKでは「イラクとシリアで活動するイスラム過激派組織[1]」「イスラム国家の樹立を一方的に宣言した過激派組織[2]」と表記している。

イスラーム国はスンニ派の組織であるが、同じくスンニ派が主流であるエジプトやサウジアラビアの宗教指導者は「過激思想はイスラーム教とは認められない」「イスラーム教にとっての一番の敵だ」と非難を表明している。エジプトのファトワー庁では、ISは「イスラーム教を悪用しているに過ぎず、イスラームという宗教のイメージが損なわれる」として、「イスラーム国」の名称を使わないよう外国メディアに求めている[13]。

なお、イスラーム国が動画などで自らを呼ぶときは、単にダウラ(国家の意)という言葉を使う事が多い[8]。

歴史[編集]

2000年頃にアブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーがヨルダンなどで築いた「タウヒードとジハード集団」(As Jama'at al-Tawhid wal-Jihad, 略称: JTJ)を前身とする。この集団はアフガン戦争後はイラクに接近し、2003年のイラク戦争後はイラク国内でさまざまなテロ活動を行った。2004年にアル=カーイダと合流して名称を「イラクの聖戦アル=カーイダ組織」と改めたが、外国人義勇兵中心の彼らはイラク人民兵とはしばしば衝突した。

2006年1月にはイラク人民兵の主流派との対立をきっかけに名称を「ムジャーヒディーン諮問評議会」と改め他のスンニ派武装組織と合流し、さらに2006年10月には解散して他組織と統合し、「イラク・イスラーム国」と改称した。

2009年10月25日と12月8日、イラク・イスラーム国は首都バグダードで自爆テロを実行し、両日合わせて282人が死亡、1169人が負傷した[14][15]。アメリカ軍はイラク・イスラーム国はインターネット上の組織に留まり、組織内に実際にバグダーディー師と呼ばれる人物は存在しないと主張していたが[16]、2010年4月18日、イラクのヌーリー・マーリキー首相はイスラーム国の首長(アミール)アブー・ウマル・アル=バグダーディーと同戦争相アブー・アイユーブ・アル=マスリーがティクリート近郊で行われたアメリカ軍とイラク軍の合同作戦により死亡したと発表した[17]。しかし、その後もバグダーディーの声明が度々報じられており[18][19]、真相は不明である。

2012年3月20日には、バグダードを含む数十都市で連続爆弾テロを実行し、52人が死亡、約250人が負傷した[20]。

2013年4月、アブー・バクル・アル=バグダーディーはアル=ヌスラ戦線はイラク・イスラーム国の下部組織であり、今後はアル=ヌスラ戦線と合併して組織を「イラクのイスラーム国」から「イラクとシャームのイスラーム国」(略称: ISIS)(別称「イラクとレバントのイスラム国」(略称: ISIL))に改称するとの声明を出し[8][18][21]、シリアへの関与強化を鮮明にした[22]。同年7月、検問所での通行許可を巡り口論となった自由シリア軍の司令官を殺害した[23]。

2013年7月21日、アブグレイブ刑務所とバグダード近郊のタージにある刑務所を襲撃し、500人あまりの受刑者が脱獄、治安部隊21人と受刑者20人が死亡した[24]。脱獄者の中には、武装勢力の戦闘員や幹部も多数含まれているとされる。イスラーム国側によると、今回の襲撃をもってイスラム教徒を牢獄から解放する一連の作戦は終了したとしている[25]。

2013年8月、アレッポ近郊のシリア空軍基地を制圧[26]。同年9月、自由シリア軍がシリア軍から奪還し1年近く支配下に置いていたトルコ国境沿いのアッザーズ(英語版)を戦闘の末に奪取、制圧した[27][28]。アッザーズ制圧の際、現地で活動していたドイツ人医師を拘束している[29]。

「イラクとシャームのイスラーム国」は、アルカーイダと関連のある武装集団だが、2013年5月に出されたアイマン・ザワーヒリーの解散命令を無視してシリアでの活動を続けているなど、アルカーイダやアル=ヌスラ戦線との不和が表面化している[30][注釈 1]。この不和の原因はISISの残虐行為が挙げられており[32]、実際にアルカーイダを上回る残虐な組織であるとの指摘するメディアもある[33]。2014年2月には、アルカーイダ側が「イラクとシャームのイスラーム国」とは無関係であるとの声明を出した[34]。シリア騒乱の反政府派とも衝突しており、一部のシリアの反政府派は連合を組んで、ISILを攻撃している。シリア反体制活動家は、ISILについて「アサド大統領よりも酷い悪事を働いている」と語っている[35]。

2014年2月には支配地域のラッカでキリスト教徒に対して、課税(ジズヤ)及び屋外での宗教活動の禁止を発表した[36]。

また、シリアの油田地帯を掌握し、原油販売も行っていると伝えられている[12]。

イラクへの侵攻[編集]

2014年に入り、シリアの反アサド政権組織から武器の提供や、戦闘員の増員を受けたため、急速に軍事力を強化した。その軍事力を使い政権奪還を目指して、イラクの各都市を攻撃し始めた[37]。2013年12月30日のイラク西部アンバール県ラマーディーの座り込み運動の解散をきっかけとして侵攻を開始し、1月にラマーディーと同県の都市であるファルージャを掌握[38][39]、3月にサマラを襲撃した[40]。サマラからは6月5日のイラク軍の空爆により追放されたが[40]、6月6日、モースルに複数の攻撃を実施した[41]。6月10日、モースルを陥落させた。武装集団は、数百人規模で9日夜からモースル市街地を攻撃し、10日までに政府庁舎や警察署、軍基地、空港などを制圧した。過激派系のウェブサイトは、武装集団が刑務所から約3千人の囚人を脱走させたとしている[42]。6月11日にモースルのトルコ領事館を制圧し、同国の在モースル総領事を含む領事館員ら48人を誘拐した[43]。6月15日政府軍との戦闘の末、タルアファル(英語版)を制圧[44]、6月17日にはバグダッド北東約60キロのバアクーバまで進撃し[45]、6月20日までにバイジ(英語版)の油田施設を包囲した[46]。6月25日、イラク戦争で「キャンプ・アナコンダ」として知られているバラッド統合基地(英語版)を攻撃しアジール油田地帯を制圧した[47]。また、ニーナワー県を断水させた[48]。ISISは占領したモースルでシャリーアの強制による統治を行い、イラク政府への協力者に対する殺害ならびに盗みや強盗をした者の手足を切る刑罰を課しており[48][49]、モースルの住民は退去を迫られている[48]。

国際政治学者の酒井啓子は、これらの攻撃に対してマーリキー首相は全く対応できていないと指摘している[50]。一方、6月17日にイラク首相府はISISをスンナ派のサウジアラビアが財政的に支援し、大量虐殺を引き起こした責任があると非難する声明を発表した[45]。これに対してはサウジアラビアとアメリカから反発が出ている[45][51]。米共和党のランド・ポール上院議員はISISが強化された理由の一つとして、アメリカ政府がシリア政権打倒のためISISに武器を移送したことを挙げている[52]。また、オーストラリアのジュリー・ビショップ(英語版)外務大臣は150人のオーストラリア人がISISに加入していると明らかにし、彼らの帰国の懸念を表明した[53]。6月20日、国連人権理事会はISISの侵攻によって100万人の住民が避難を余儀なくされていると声明を出した[54]。

イスラーム国の樹立宣言[編集]



ファイル:President Obama Makes a Statement on Iraq - 080714.ogg
メディアを再生する



ヤズィーディー教徒への援助と、イスラーム国への空爆を宣言するオバマ大統領




2014年8月16日にドイツ、ハノーファーで行われたイスラム国への抗議デモ
2014年6月29日、ISISは同組織のアブー・バクル・アル=バグダーディーが「カリフ」であり、あらゆる場所のイスラム教徒の指導者であるとし、イスラーム国家であるカリフ統治領をシリア・イラク両国のISIS制圧地域に樹立すると宣言した。また同声明において組織名からイラクとレバントを削除し、「イスラーム国 (Islamic State)」と改変することを発表した[9]。

2014年8月8日、アメリカ軍がイスラーム国の武装勢力に対して、限定的な空爆及びヤズィーディーなどに対して支援物資の供給を開始。初日は、クルディスタン地域のアルビル近郊に展開していた野砲や車列が攻撃対象となった[55]。アメリカは、空爆の期限を設けず、今後も空爆を実施することを示唆している[56]。

ただし、アメリカ軍の空爆は、イスラム国のイラク支配地域に限定されており、イスラム国の本拠地であるシリアでは実施されていないため、空爆の効果を疑問視する向きもある。シリア国内のイスラム国拠点を攻撃しないのは、イスラム国と対立するアサド政権を支援する形になるためと指摘されている[57]。2014年8月22日、アメリカはシリア国内の拠点に対する空爆の検討を開始したと発表した[58]。この時点で、イスラーム国の支配領域の合計面積は、イギリスより広くなっている[59]。

8月24日、イスラーム国はシリア北東部のラッカ県にあるシリア政府軍の空軍基地を制圧、ラッカ県のほぼ全てを手中に収めた[60]。この時、イスラーム国は先日、シリア兵500人を捕らえたが、8月28日、このうち160名を処刑したと発表、処刑映像を公開した[61]。

8月25日、アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領は、アメリカ軍によるシリア上空での偵察飛行を承認した[62]。

シリアのアサド政権は、イスラーム国の勢力拡大に対して国際社会と協力する用意があると表明した。これまでアサド政権打倒を目指してきた反政府派を支援してきたイギリスやアメリカ合衆国の協力も歓迎するとしている[63]。2014年8月31日、ドイツはイスラーム国が自国の安全保障の脅威になるとして、イスラーム国と対峙するクルド人勢力に武器を供与する方針を発表した[64]。ドイツは世界第3位の武器輸出国である一方で、これまでは紛争地域への武器輸出を見送ってきたが、方針を転換した[65][66]。

2014年9月1日、国際連合の人権理事会は、イスラーム国のイラクでの人権侵害を「最も強い言葉」で非難する決議を全会一致で採択[67]、イスラーム国の行為は戦争犯罪や人道に対する罪に当たるとした[68]。

2014年9月19日、国連安全保障理事会は、全会一致でイスラーム国の壊滅に向けて対策強化を求める議長声明を採択した[69]。また同日、フランスはイスラーム国のイラク北東部の補給所に対して、初の空爆を実施した[70]。

事件[編集]

2014年6月11日、イラクのモースルにあったトルコ領事館にいたトルコの外交官や軍人、その子どもたち49人が、イスラーム国によって拉致された。のちにイラク人スタッフ3人は解放されたが、トルコ人たち46人は3ヶ月後の9月20日まで拘束されていた。解放後、トルコ人たちは無事に母国へと戻った。この拉致事件の解決には、詳細は不明であるが、トルコの情報機関と軍、警察当局が取り組んだとされる。身代金の支払いは無かったという[71]。

2014年7月、イラクのモースルにあったイスラム教徒とキリスト教徒の双方が崇拝する預言者ヨナの墓があるナビ・ユヌス(Nabi Yunus)聖廟を爆破したほか、盗掘も行っており、これに関しユネスコのイリナ・ボコヴァ事務局長が「カルチュラル・クレンジング(文化浄化)」であると批判した[72]。

2014年8月、シリアを訪れた民間軍事会社のCEOと見られる日本人男性がイスラーム国と見られるイスラム過激派によってシリアで拘束され、流血している彼を尋問している様子を撮影した動画がYouTubeにアップロードされ、波紋を呼んでいる。2014年8月24日現在、日本政府などに対する身代金要求はなく[73]、シリア政府や武装組織「イスラム戦線」を通じて解放への交渉が行われている[74]と報道されている。2004年のイラク日本人青年殺害事件と2013年のアルジェリア人質事件に続くイスラム教原理主義者による日本人拘束事件となった。

8月19日、拘束していた米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリーを斬首し、処刑動画が投稿された。ISは米軍による空爆への報復と主張している[75]。8月20日、ホワイトハウスはこの動画が本物であると発表した[76]。なお、フォーリー記者の処刑を担当した兵士は、動画の中で英語を話していたが、その発音にイギリスの特徴のあることから、イギリス人の可能性が指摘されている。イギリスの警察などは、身元の調査を開始した[77]。

戦力[編集]

装備[編集]

戦闘員の多くはAK-47やRPG-7を装備し移動にはテクニカルを利用するなど、テロリスト然とした装備であったが、事態が長期化するにつれてイラク軍から鹵獲したアメリカ製およびヨーロッパ製の武器(M4カービンやFN MAGなど)や、欧米からの志願兵が持ち込んだ戦闘服、タクティカルベスト、暗視ゴーグルなどの近代的な装備を利用し始めている。またイラク軍の基地を制圧した際には、ハンヴィーやMRAPなどの装甲車、T-55や59-I式カノン砲やZU-23-2などの地上戦力だけでなく、UH-60 ブラックホークといった航空機までも入手しているとされる[78]。

イスラーム国は、数的には決して圧倒的ではないが、優れた西側の兵器やシリア騒乱で得た戦闘経験を持ち、攻撃目標の適切な選択をすることで、不必要な犠牲を出さない効率的な戦い方を心得ており、志願兵の流入と相まって勢力を拡大している[79]。

兵力[編集]

イスラム国の構成員は、1万数千人と言われているが、そのうち、約6300人はイスラム国の建国を宣言してからの加入者だと言われており、建国宣言から急速に勢力を拡大している。新規参加者のうち大半はシリア人とされる。アメリカ合衆国のCIAは、戦闘員の数は2万人から3万1500人に上るとする見方を示している[80]。

1300人ほどの外国人がおり、彼らはアラブ諸国や欧州、中国などから参加している[81]。ヨーロッパ諸国では、イスラム国をはじめとするイスラム過激派に加わった自国民が、帰国した後にテロを起こす可能性を危惧している[82]。イギリスのキャメロン首相は、2014年8月29日、イギリス国籍のイスラーム国の戦闘員は少なくとも500人にのぼると語り、国外でテロ行為に関わった疑いのある英国民の出入国を抑制する方針を発表した。ただし、移動の自由を侵害しかねない懸念もあり、イギリスの自民党は国際法違反と指摘している[83]。ドイツのメルケル首相によれば、イスラム国要員は約2万人で、うち欧州出身者が約2000人を占めると語っている[84]。ドイツからは、400人を超える若者がイスラーム国の戦闘員となり、このうち100人はドイツに帰国しているとされる。ドイツのデメジエール内相は、イスラーム国を支援するあらゆる活動を禁止する方針を発表した[85]。アメリカ国防総省は、10人ほどのアメリカ人がイスラーム国に参加しているらしいと発表した[86]。田母神俊雄によると、イスラエル訪問時に9人の日本人がイスラーム国に参加しているという情報を得たとブログで発表した[87]が、中山泰秀外務副大臣がイスラエルに確認した所、そのような情報は無いという回答であった[88]。しかし、2014年10月6日、警視庁は北海道大学の学生がイスラーム国に加わろうとしたとして、私戦予備および陰謀の疑いで事情聴取をしたと発表、警視庁はイスラーム国に関する求人に関与している日本人がいるとみて調べている[89][90]。

イスラーム国の構成員はTwitterやYouTubeにアカウントを開設し、画像や動画を投稿するなどしてプロパガンダ活動を展開していたが、2014年8月下旬にTwitterやYouTubeなどから相次いでアカウント停止処分を受けたため[91][92]、インターネット上での活動を分散型SNSのDiasporaへ移行する動きを見せた[91]。イスラーム国は、インターネットを使った巧みな宣伝術を持っており、欧米からも若者が加わる要因となっている[33]。

かつて、ヨーロッパ人がイスラーム過激派に加わる者は、不遇な生活環境や家庭的に恵まれない若者が多かったとされるが、現在は中流・富裕層も多くいるとされる。フランス24によれば、イスラーム国は、アル・カーイダと比較して、領土的地盤があり、資金が豊富で、巧みな広報戦略などの点で、参加者にとって魅力的に映っているとされる[93]。

イスラーム国は、13歳の少年兵も動員しているとされ、国連は懸念を示している[94]。

組織[編集]

サッダーム・フセイン政権時代の元将校や元政治家が現指導体制の中核を担っている。[95]バグダディの下で最高指導部に位置しているのはどちらも旧イラク軍将校である「シリア担当」のアブ・アリ・アンバリと「イラク担当」のアブ・ムスリム・トゥルクマニである。

最高指導部の下に「財務担当」「国防担当」「広報担当」という役割を持つ行政機関の「評議会」が存在し、さらにその下に地域ごとに支配を担当する24人の知事がいる。「評議会」の構成員にいるのは旧イラク軍元将校や政治・行政経験のあるバース党員などイラク人であり、知事は半数がシリアを管轄、もう半数がイラクを管轄として職務にあたっている。

また、イスラム法とこれらの体制が合致しているか審査する宗教機関も存在する。仮に現体制がイスラム法に背いた場合、退陣を迫る権利を有しているという。[96]

評価[編集]

2014年8月22日、チャック・ヘーゲル国防長官は記者会見で、イスラーム国の特徴として野蛮な思想と洗練された軍事力、潤沢な資金を併せ持つことを挙げ、「これまでに見たどの組織よりも洗練され、資金も豊富で、単なるテロ組織を超えている」と評した[97][98]。イスラーム国は、アメリカ合衆国の最大の敵として急浮上している[99][100]。豊富な資金源を持つイスラーム国は、アル・カーイダをしのぐ影響力を持つ可能性も指摘されている[101]。

経済[編集]

イスラーム国は、原油販売や、支配地住民への略奪や課税、密輸などを通じて、2014年には1日当たり100万ドルを調達していたが[102]、その後、制圧した原油が増加し、2014年8月下旬時点では1日当たり200万ドル(約2億800万円)余りの資金を調達していると見られている[59]。イスラーム国は、1日あたり3万バレルの原油を産出しているとされる[102]。また、遺跡の盗掘も資金源になっていることが判明した[103]。

その一方で、イスラーム国は住民から略奪するだけでなく、銀行や発電所、礼拝所やパン屋に至るまで運営している。残虐なだけでなく現実主義的な側面もある。利があると見れば、敵対するはずのアサド政権と親しい業者とも取引を行う他、元アサド派や、多数いる外国人にも要職を任せており、貧困層や母子家庭への支援も行っている[104]。

対外関係[編集]

国家樹立を宣言しているが、その宣言を認める国はなく、ほぼ全ての国と敵対している。シーア派のイランは反イスラーム国の戦いを続けるイラクのクルド人勢力に武器を提供しており[105]、かつては同じスンニ派を信じるためにイスラーム国の動きを静観していたサウジアラビアなどの湾岸諸国もまた、テロの温床になりかねないとしてイスラーム国を強く批判するようになっている[106]。

アラブ連盟は2014年9月7日に会合を開き、イスラーム国を含む過激派勢力に対抗するために「必要なあらゆる措置を取る」という声明を発表した[107]。

2014年9月11日、ヨルダン、エジプト、トルコ、サウジアラビア、UAE、オマーン、クウェート、バーレーン、カタールの外相が、ジョン・ケリー国務長官と会談し、アメリカの軍事作戦に協力することを約束した[108]。2014年9月19日、トルコは、シリアとの国境にある有刺鉄線を排除し、国境を開放、イスラーム国から逃げてくるクルド人などをトルコ領内に受け入れた[109]。

2014年9月22日、アメリカの国防総省はアメリカ軍がシリア北部のラッカにて、「「イスラム国」に対する空爆を実施した」と明らかにした[110]。アメリカの国防総省は「攻撃には戦闘機、爆撃機が参加したのに加え、巡航ミサイル「トマホーク」も使用された」と説明[111]。

脚注[編集]

注釈[編集]

1.^ この声明に対して、ヌスラ戦線のリーダーであるアブー・ムハンマド・アル=ジャウラニ(Abu Mohammad al-Jawlani)はイラク・イスラーム国との関係は認めたものの、合併については否定したうえアルカーイダのリーダー、アイマン・ザワーヒリーに対する忠誠を誓約した。しかしシリアで活動するヌスラ戦線のメンバーによると、多くのメンバーがISISに合流したという[31]。

出典[編集]

[ヘルプ]

1.^ “ISIS on offense in Iraq”. Al-Monitor. (2014年6月10日) 2014年7月19日閲覧。
2.^ “Iraqi City in Hands of Al-Qaida-Linked Militants”. Voice of America (2014年1月4日). 2014年7月19日閲覧。
3.^ Anbar Picture Grows Clearer, and Bleaker Washington Post(2006年11月28日)2013年7月30日閲覧
4.^ Reporting under al-Qaida control NBC News(2006年12月27日)2013年7月30日閲覧
5.^ Dangers of the Baghdad plan NBC News(2007年1月17日)2013年7月30日閲覧
6.^ (3)覆された中東秩序 軋む「押しつけの国境」、産経新聞、2014年6月29日、同年8月13日閲覧
7.^ 「シャーム」は ダマスカスの別名に由来する単語で、ダマスカスを指すほか、転じてシリア地方全体を指すのにも用いられる。
8.^ a b c d “「イスラム国」、「ISIS」、「ISIL」、その違いは?”. CNN. (2014年9月12日) 2014年9月13日閲覧。
9.^ a b Rana MOUSSAOUI (2014年6月30日). “シリアとイラクの武装勢力、イスラム国家樹立を宣言”. AFP. AFPBB News 2014年6月30日閲覧。
10.^ U.S. hostage rescuers dropped from night sky: Syria activist - ロイターでISISと表記されている例
11.^ ISIS siege cuts off small Iraqi town from food, water - CNNでISISと表記されている例
12.^ a b “「イスラム国」シリア油田地帯掌握 資金力をさらに強化”. 東京新聞. (2014年7月9日) 2014年7月9日閲覧。
13.^ 秋山信一 (2014年9月4日). “エジプト:「イスラム国」使わないで…宗教イメージ損なう”. 毎日新聞 2014年9月5日閲覧。
14.^ Baghdad bomb fatalities pass 150 BBC(2009年10月26日)2013年7月31日閲覧
15.^ Baghdad car bombs cause carnage BBC(2009年12月8日)2013年7月31日閲覧
16.^ Ammar Karim (2009年4月23日). “イラクのアルカイダ指導者を拘束、イラク軍発表”. AFP. AFPBB News 2014年6月20日閲覧。
17.^ イラク、アルカイダ幹部2人を殺害 同組織に打撃 AFPBB News(2010年4月20日)2013年7月30日閲覧
18.^ a b “シリア反体制派にイスラム過激派、武装勢力が明かす”. AFP. AFPBB News. (2013年4月10日) 2014年6月20日閲覧。
19.^ “イラク首都近郊の2刑務所を武装集団が襲撃、多数脱走の情報も”. AFP. AFPBB News. (2013年7月22日) 2014年6月20日閲覧。
20.^ アルカイダ系武装勢力が犯行声明 イラクの連続爆弾テロ 共同通信(2012年3月25日)2013年8月4日閲覧
21.^ Key Free Syria Army rebel 'killed by Islamist group' BBC(2013年7月12日)2013年7月30日閲覧
22.^ “Syria's al-Nusra Front 'part of al-Qaeda'” (英語). BBC NEWS. (2013年4月10日) 2014年9月16日閲覧。
23.^ “反体制派司令官殺害される=アルカイダ系と内紛―シリア”. 時事通信. ニュースばこ. (2013年7月12日). オリジナルの2013年7月12日時点によるアーカイブ。 2013年7月30日閲覧。
24.^ イラク刑務所襲撃、アルカイダ系組織が犯行声明 AFPBB News(2013年7月23日)2013年8月5日閲覧
25.^ “アルカーイダ系が犯行声明 イラク刑務所襲撃”. 共同通信. MSN産経ニュース. (2013年7月23日). オリジナルの2013年7月23日時点によるアーカイブ。 2013年8月5日閲覧。
26.^ Islamists Seize Airbase Near Aleppo WSJ(2013年8月6日)2013年9月29日閲覧
27.^ アルカイダ系がトルコ国境の町を制圧 シリア反体制派で内紛 CNN(2013年9月19日)2013年9月29日閲覧
28.^ “シリアでイスラム過激派が勢力拡大”. NHK. (2013年9月23日). オリジナルの2013年9月23日時点によるアーカイブ。 2013年9月29日閲覧。
29.^ Al-Qaeda group and FSA declare truce as Turkey keeps Syria border gate closed Hurriyet Daily News(2013年9月19日)2013年9月29日閲覧
30.^ 溝田拓士 (2013年11月9日). “アル・カーイダ系組織に不和…シリアで活動”. 読売新聞. オリジナルの2013年11月10日時点によるアーカイブ。 2013年11月9日閲覧。
31.^ “Iraqi al-Qaeda chief rejects Zawahiri orders” (英語). Aljazeera. (2013年6月15日) 2014年9月16日閲覧。
32.^ “イスラム過激派、シリア反体制派8人処刑 遺体はりつけに NGO”. AFP. AFPBB News. (2014年6月30日) 2014年6月30日閲覧。
33.^ a b “アルカイダ上回る残虐さ=女性を性奴隷、身代金誘拐−弱体化は当面困難・イスラム国”. 時事通信社. (2014年8月18日) 2014年8月24日閲覧。
34.^ “シリアの武装集団ISILとは無関係、アルカイダがネットで声明”. Reuters. (2014年2月4日) 2014年7月8日閲覧。
35.^ “シリア内戦、反体制派3派が連合してISILと激しい戦闘”. AFPBB News. (2014年1月5日) 2014年7月12日閲覧。
36.^ “シリアのイスラム武装勢力、キリスト教徒に課税”. AFP. AFPBB News. (2014年2月27日) 2014年6月20日閲覧。
37.^ “イラク過激派攻勢 政権打倒へ戦力を増強 シリアから武器・戦闘員を獲得”. 産経新聞. (2014年6月14日) 2014年6月14日閲覧。
38.^ “イラク西部アンバール県の治安情勢(外務大臣談話)” (プレスリリース), 外務省, (2014年1月9日) 2014年6月30日閲覧。
39.^ “イラクのファルージャ、武装勢力ISILが掌握 新たに65人死亡”. AFP. AFPBB News. (2014年1月5日) 2014年6月20日閲覧。
40.^ a b Ghazwan Hassan (2014年6月5日). “Iraq dislodges insurgents from city of Samarra with airstrikes” (英語). REUTERS 2014年6月20日閲覧。
41.^ “Deadly fighting breaks out in Iraq's Mosul” (英語). Aljazeera. (2014年6月7日) 2014年6月20日閲覧。
42.^ イラク 政権に打撃 過激派、第2の都市制圧 MSN産経ニュース(2014年6月11日)2014年6月12日閲覧
43.^ イラク過激派、トルコ総領事ら49人を拉致 AFPBB News(2014年6月11日)2014年6月12日閲覧
44.^ “スンニ派武装組織、イラク北西部のタルアファル制圧”. REUTERS. (2014年6月16日) 2014年6月21日閲覧。
45.^ a b c 秋山信一 (2014年6月18日). “イラク:「サウジは過激派組織ISILを支援」と非難声明”. 毎日新聞 2014年6月20日閲覧。
46.^ “イスラム過激派、北部の空港占拠 製油施設を包囲、攻防続く”. 共同通信. 47NEWS. (2014年6月20日) 2014年6月21日閲覧。
47.^ “武装勢力がイラク空軍基地を攻撃、複数の小規模油田制圧”. REUTERS. (2014年6月30日) 2014年6月30日閲覧。
48.^ a b c “イラクで、テロ組織ISISによる残忍な措置が継続”. アルメナール・チャンネル. IRIB. (2014年6月29日) 2014年6月30日閲覧。
49.^ 中村禎一郎 (2014年6月26日). “イラク北部モスル 過激派掌握2週間 イスラム法強制始まる”. 東京新聞 2014年6月30日閲覧。
50.^ “国家の統一性に危機 旧バース党勢力も復権狙う 酒井啓子・千葉大教授”. 産経新聞. (2014年6月14日) 2014年6月14日閲覧。
51.^ 和田浩明 (2014年6月18日). “米国:イラクのサウジ非難に強い反発 サキ国務省報道官”. 毎日新聞 2014年6月20日閲覧。
52.^ “米上院共和党議員、「イラク現状はアメリカのテロ支援の結果によるものだ」”. ファールス通信. IRIB. (2014年6月23日) 2014年6月24日閲覧。
53.^ “豪外相が、同国人のテロ組織への加担を懸念”. DPA. IRIB. (2014年6月19日) 2014年6月20日閲覧。
54.^ “1mn displaced since ISIL appeared in Iraq: UNHCR” (英語). PRESS TV. (2014年6月20日) 2014年6月30日閲覧。
55.^ “米軍、イラク北部の「イスラム国」に空爆 2011年の撤退後初”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年8月9日) 2014年8月12日閲覧。
56.^ “空爆「成功」今後も続けていく〜オバマ氏”. 日テレNEWS24. (2014年8月10日) 2014年8月23日閲覧。
57.^ Maria Abi-Habib (2014年8月11日). “米空爆の「イスラム国」、本拠地シリアで勢力増す”. ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年8月23日閲覧。
58.^ 青木伸行 (2014年8月22日). “「国境には制約されない」米高官、シリアでのイスラム国空爆検討を認める”. 産経新聞 2014年8月25日閲覧。
59.^ a b Indira A.R. Lakshmanan (2014年8月25日). “「イスラム国」は油田備えたタリバン-莫大な自己資金力が脅威”. Bloomberg 2014年8月27日閲覧。
60.^ SAM DAGHER (2014年8月25日). “「イスラム国」、シリア北部の空軍基地を制圧”. ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年8月27日閲覧。
61.^ “イスラム国、シリア兵160人以上を処刑 映像公開”. AFPBB News. (2014年8月29日) 2014年8月29日閲覧。
62.^ “オバマ米大統領、シリアでの偵察飛行を承認 空爆の準備か”. CNN. (2014年8月26日) 2014年8月27日閲覧。
63.^ Serene ASSIR (2014年8月26日). “シリア、米国との対テロ共闘の「用意ある」”. AFPBB News 2014年8月27日閲覧。
64.^ 工藤武人 (2014年9月2日). “独もイスラム国を「脅威」と判断…武器支援へ”. 読売新聞 2014年9月3日閲覧。
65.^ “イスラム国に対抗 独がクルド人部隊に武器供与へ”. テレビ朝日. (2014年9月2日) 2014年9月3日閲覧。
66.^ 赤川省吾 (2014年9月3日). “ドイツが軍事貢献へカジ クルド勢力に武器、東欧派兵も”. 日本経済新聞 2013-4-9-3閲覧。
67.^ 神田大介 (2014年9月2日). “イスラム国非難決議を採択 国連人権理、調査求める”. 朝日新聞 2014年9月3日閲覧。
68.^ “国連 イスラム過激派組織の残虐行為非難”. NHK. (2014年9月2日) 2014年9月3日閲覧。
69.^ 白川義和; 水野哲也 (2014年9月20日). “国連安保理、「イスラム国」壊滅へ議長声明採択”. 読売新聞 2014年9月20日閲覧。
70.^ NOEMIE BISSERBE (2014年9月20日). “フランス、イスラム国に初の空爆―イラク北東部で補給所を破壊”. ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年9月21日閲覧。
71.^ Dilay GUNDOGAN (2014年9月21日). “イスラム国が拉致のトルコ総領事ら46人、無事解放 イラク”. AFPBB News 2014年9月24日閲覧。
72.^ AFP BB NEWS(2014年9月30日)
73.^ 政府、安否確認急ぐ 身代金要求なし 不法入国か - MSN産経ニュース(2014年8月18日付、2014年8月24日閲覧)キャッシュ
74.^ 日本人拘束、イスラム国との解放交渉進まず - YOMIURI ONLINE(2014年08月23日付、2014年8月24日閲覧)キャッシュ
75.^ 「イスラム国」、米国人記者の「斬首」映像公開 2014年08月20日 09:05 発信地:ベイルート/レバノン - フランス通信社
76.^ [http://www.bbc.com/news/world-middle-east-28867627 20 August 2014 Last updated at 18:40 Share this page Foley beheading video shocks the world, Obama says] - BBC
77.^ “米ジャーナリスト殺害 英国人関与か”. NHK. (2014年8月21日) 2014年8月24日閲覧。
78.^ 米空爆の「イスラム国」、本拠地シリアで勢力増す - [[ワシントン・ポスト]
79.^ Jean Marc MOJON (2014年8月11日). “「イスラム国」が勢力拡大を続ける5つの理由”. AFPBB News 2014年8月23日閲覧。
80.^ “「イスラム国」戦闘員3万人に拡大か”. NHK. (2014年9月12日) 2014年9月13日閲覧。
81.^ “イスラム国:建国宣言後の1カ月で6300人が新加入”. 毎日新聞. (2014年8月21日) 2014年8月24日閲覧。
82.^ MARGARET COKER; NICHOLAS WINNING (2014年8月21日). “米記者殺害犯はイギリス人? 英米が特定急ぐ 「イスラム国」映像の覆面男”. ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年8月24日閲覧。
83.^ 渡辺志帆 (2014年9月2日). “イスラム国戦闘員の英国人500人 首相、帰国禁止方針”. 朝日新聞 2014年9月3日閲覧。
84.^ 工藤武人 (2014年8月28日). “欧州出身だけで2千人…イスラム国戦闘員の1割”. 読売新聞 2014年9月3日閲覧。
85.^ “独 「イスラム国」の支援活動を禁止”. NHK. (2014年9月12日) 2014年9月13日閲覧。
86.^ “米国人10人ほど イスラム国戦闘員か”. NHK. (2014年9月5日) 2014年9月5日閲覧。
87.^ “イスラエルを訪問して”. 田母神俊雄オフィシャルブログ (2014年9月20日). 2014年10月6日閲覧。
88.^ “「イスラム国への日本人参加」否定 中山副大臣、イスラエル次官に電話で確認”. 産経新聞. (2014年10月2日) 2014年10月6日閲覧。
89.^ “「イスラム国」に加わろうとした疑い 日本人学生を聴取”. 朝日新聞. (2014年10月6日) 2014年10月6日閲覧。
90.^ “イスラム国:警視庁、北大生ら事情聴取 私戦予備の疑い”. 毎日新聞. (2014年10月6日) 2014年10月6日閲覧。
91.^ a b Twitterから閉めだされた「イスラム国」、分散型SNSのDiasporaに乗り換え - ITmedia(2014年08月22日付、2014年8月24日閲覧)
92.^ ツイッター、過激派の投稿を遮断 ネット利用せめぎ合い - 日本経済新聞電子版(2014年8月21日付、2014年8月24日閲覧)
93.^ 宮川裕章 (2014年9月19日). “フランス:若い女性や中流・富裕層出身者がイスラム国参加”. 毎日新聞 2014年9月21日閲覧。
94.^ 金成隆一. “「子どもの被害、最大700人」国連がイスラム国批判”. 2014年9月13日閲覧。
95.^ “イスラム国:国家的統治 フセイン政権残党が組織”. 毎日新聞. (2014年9月15日) 2014年9月15日閲覧。
96.^ “ISISの指揮系統 最高指導者1人、副官2人に知事24人”. CNN. (2014年9月21日) 2014年9月21日閲覧。
97.^ “「イスラム国」勢い衰えず 警戒強める欧米諸国”. 日本経済新聞. (2014年8月23日) 2014年8月25日閲覧。
98.^ 小林哲 (2014年8月22日). “「イスラム国、ただのテロ集団でない」米国防長官”. 朝日新聞 2014年8月25日閲覧。
99.^ “「イスラム国」勢い衰えず 警戒強める欧米諸国”. 日本経済新聞. (2014年8月23日) 2014年8月25日閲覧。
100.^ Jack Shafer (2014年8月27日). “コラム:米国「究極の敵」に急浮上したイスラム国”. Reuters 2014年8月27日閲覧。
101.^ “イスラム国:アフリカにも影響力 豊富な資金力も一因”. 毎日新聞. (2014年9月2日) 2014年9月3日閲覧。
102.^ a b “イラクで油田奪取のイスラム過激派、密売で1日2億円稼ぐ”. CNN. (2014年8月24日) 2014年8月27日閲覧。
103.^ ナショナルジオグラフィックニュース(2014年6月27日)
104.^ Mariam Karouny (2014年9月5日). “焦点:次世代見据えるイスラム国、シリア北東部で「国家モデル」構築”. Reuters 2014年9月5日閲覧。
105.^ Zainab Fattah (2014年8月26日). “イランがイラク・クルド人勢力を支援、反「イスラム国」戦闘で”. Bloomberg 2014年9月20日閲覧。
106.^ “湾岸も「イスラム国」警戒 同じスンニ派サウジなど 静観一転、テロ温床懸念”. 朝日新聞. (2014年9月7日) 2014年9月20日閲覧。
107.^ 大内清 (2014年9月8日). “【イラク情勢】「あらゆる措置をとる」対イスラム国でアラブ連盟が合意 米国に言及なし”. 産経新聞 2014年9月20日閲覧。
108.^ Maria Abi-Habib in Beirut; Jay Solomon in Washington (2014年9月12日). “中東諸国、対「イスラム国」で米国との共闘を約束”. ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年9月20日閲覧。
109.^ Bulent Kilic (2014年9月21日). “シリアのクルド人、6万人以上がトルコに避難 イスラム国が攻勢”. AFPBB News 2014年9月24日閲覧。
110.^ 大島隆 (2014年9月23日). “米がシリア領内で空爆 対「イスラム国」、イラクに続き”. 朝日新聞 2014年9月23日閲覧。
111.^ 加納宏幸 (2014年9月23日). “米国がシリア空爆を開始「イスラム国」標的”. MSN産経ニュース 2014年9月23日閲覧。
対テロ戦争
アフガニスタンの旗Flag of Afghanistan 1992 free.png国際治安支援部隊の旗
イラクの旗
パキスタンの旗アメリカ合衆国の旗
イスラエルの旗
アルカーイダの旗Flag of the Islamic State.svgFlag of Hamas.svgアル・シャバブの旗ターリバーンの旗Flag of Pattani.svg
カテゴリ: 議論が行われているページ
イラク戦争
対テロ戦争
サラフィー・ジハード主義組織
アメリカ合衆国によりテロリスト認定された組織
シリア
呼称問題

第三次世界大戦 - W

虎馬元:第三次世界大戦 - W 

第三次世界大戦(だいさんじせかいたいせん、英語: World War III)は、第二次大戦に続く3つ目の世界大戦。今後起こるであろう仮想の世界大戦を指す。現実に起こった戦争ではないため、文脈によってさまざまな戦争を意味する。
目次
1 分類
2 概要 2.1 第三次世界大戦に発展する可能性があった事件
2.2 その他
3 フィクションの第三次世界大戦 3.1 20世紀に発生すると設定
3.2 21世紀に発生すると設定
3.3 22世紀以降に発生すると設定
3.4 おおよその時期が設定されているもの
3.5 時期を明示しないもの
4 脚注
5 関連項目
分類
第三次世界大戦は以下の諸説がある。
平和学などにおいて、1945年から1989年までの冷戦期に懸念された、超大国同士の戦争を指す用語。
冷戦そのもの、および米ソ代理戦争の総称。
対テロ戦争(2001年のアメリカ同時多発テロ事件を発端とする、アメリカによる一連の戦争)の名称の一つ。冷戦を第三次世界大戦とみなす立場からは「第四次世界大戦」とも呼ばれる。
資本を武器に合法的に敵国を支配する金融経済戦争。
概要
第三次世界大戦では両勢力が核兵器を主要な兵器として使用することが予想されている。
一般的には、第一次・第二次世界大戦のような列強の対立による全面戦争を指し、超大国同士が直接対決し、その周辺諸国を巻き込むような大きな世界戦争(アメリカ合衆国とソビエト連邦の直接対決など)を仮想して呼ばれた。米ソは全人類を滅ぼしてもあまりある数の核弾頭を持ち、「冷戦」という形で1945年から1989年までにらみ合っていたため、第三次世界大戦は核兵器による全面核戦争になると想像されることが多かった。また破滅物のフィクションにおいても同様の意味で使われることがある。

特に朝鮮戦争やベトナム戦争、キューバ危機など米ソの対立が頂点に達した時期には、識者の間でもその勃発の可能性や対策について真剣に論じられた[1]。

特定の書籍においては、既存の冷戦やアメリカ同時多発テロ事件以降の戦闘・戦争を世界大戦とするものが存在する。文脈によっては冷戦自体を一つの戦争とみなし、「第三の世界戦争」と表現することもある。また別の文脈では、アメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカの主導によって行なわれた「対テロ戦争」のことを、「第三次世界大戦」と呼ぶ場合もある。ジョージ・W・ブッシュ第43代米大統領は、2006年5月5日に放送されたCNBCのインタビューで、対テロ戦争を「第三次世界大戦」と初めて表現した[2]。
また、ブッシュは2007年10月17日の記者会見で「イランが核武装すれば第三次世界大戦を引き起こし兼ねない」と述べた。2009年時点で、イスラエルはイランの核兵器保有阻止のためにイランへの攻撃を検討しているとされていた[3]。 21世紀初頭にはテロやゲリラなどとの「非対称戦争」が戦争の主流となりつつある。非対称戦における戦時と平時の区別は曖昧である。
第三次世界大戦に発展する可能性があった事件
ワルシャワ条約機構軍が西ドイツに侵攻した場合の攻勢主軸想定1948年 - 1949年 ベルリン封鎖
1950年 - 1953年 朝鮮戦争
1956年 - 1957年 スエズ動乱
1958年 エイド・メモワール(ソ連がアメリカに西ベルリン占領の終了を要求)
1960年 - 1975年 ベトナム戦争
1960年 U-2撃墜事件
1961年 ケネディ=フルシチョフ会談(ソ連がアメリカにベルリンの中立化を要求)
1962年 キューバ危機
1968年 プエブロ号事件
1973年 第四次中東戦争
1979年 北アメリカ航空宇宙防衛司令部 (NORAD) に誤ってソ連による総攻撃が表示される。
1980年 アメリカ・ウィチタのマコーネル空軍基地で、ICBMタイタンIIが訓練中に誤って発射シーケンスに入る。
1983年 大韓航空機撃墜事件
1983年 スタニスラフ・ペトロフによる核戦争回避事件(ソ連の監視衛星が米国からの核ミサイル攻撃を誤検出)
1983年 エイブル・アーチャー83演習(ソ連、NATOの核ミサイル発射演習を本物の核攻撃の偽装と誤解)
1995年 ノルウェーロケット事件(ロシア、ノルウェーの気象観測ロケットをアメリカの核ミサイルと誤認し、被弾前報復核攻撃を検討)
2001年 アメリカ同時多発テロ事件(後にアフガニスタン侵攻、イラク戦争へ発展してゆく)
その他
アインシュタインは、「第三次世界大戦でどのような兵器が使われるのか、私は知らない。だが第四次世界大戦は石と棍棒によって戦われるだろう。」[4]という言葉を残し、「次に世界大戦が起きれば、文明の崩壊は免れ得ない」と警鐘を鳴らしている。この言葉での第三、四次世界大戦は上記で定義された内容ではなく、単純に、発展した軍事技術のぶつかり合いを意味する。
また、アメリカ第34代大統領であるアイゼンハワーは「第三次世界大戦に勝つ唯一の方法は、それ(第三次世界大戦)を防ぐことだ」という言葉を残している。
フィクションの第三次世界大戦
Edit-find-replace.svg この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2013年10月)
20世紀に発生すると設定
レッドサン ブラッククロス第二次世界大戦がドイツの一人勝ちに終わった後、カナダに亡命政権を立てた英連邦や第二次世界大戦に積極的には参加しなかった日本を中心とする枢軸国と、ドイツを中心とする連合国の間で1948年5月13日から1951年にかけて戦われた大戦。アメリカ合衆国は開戦初日にドイツの反応兵器(核)攻撃を受け、本土が戦場となったあげく東西に分裂する。戦後の日独冷戦時代を経て、1990年には第四次世界大戦も起きる。新・紺碧の艦隊、新・旭日の艦隊照和28年(1953年)3月、神聖欧州帝国による南米への武器密輸が発覚し、再び日本、アメリカ、東シベリア共和国、イギリス、自由ドイツ政府で編成された連合軍と神聖欧州帝国との間に大戦が勃発する。世界大戦争1961年、同盟国軍と連邦国軍の対立によって第三次世界大戦が勃発。ICBMやIRBM、SLBMが使用され、人類はほぼ滅亡する。遥かなる星1962年10月、キューバ危機からアメリカによるキューバ空爆をきっかけに第三次世界大戦が勃発。幸運にも直接被害を免れた日本は、いずれ起きるかもしれない第四次世界大戦から生き延びるため、地球脱出を目的とした宇宙開発に邁進する。渚にて1964年、第三次世界大戦が勃発。核爆弾による放射能汚染で北半球が全滅し、残された南半球も徐々に放射能に汚染されていく。リメイクテレビ映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』(2000年米豪)では、中華人民共和国の台湾侵攻がきっかけとなりアメリカが核ミサイルを発射し、第三次世界大戦が勃発する。ただしこちらでは開戦日時は明示されていない。AKIRA1980年代(原作では1982年、映画版では1988年)、東京での人型兵器「アキラ」の大覚醒による大爆発が引き金となり、第三次世界大戦が勃発。第三次世界大戦1985年8月。主著者ジョン・ハケットは元NATO軍司令官。実際の防衛計画と想定に基づいた「戦況」を克明に描いた本で、他の仮想戦記とは一線を画す。日本語版は二見書房の刊行。第三次世界大戦1987年、食糧禁輸措置を取られたソ連がアラスカの石油パイプライン基地を急襲・爆破して戦争に発展する。グランド・ゼロ1989年、ソ連のゴルバチョフ共産党書記長が西ベルリン訪問を終えて帰国した直後に病気を理由として退任したが、「実は幽閉された」という噂も流れる。書記長が交代してから両陣営の関係は悪化し、東西ドイツ間でNATO軍とワルシャワ条約機構軍が武力衝突する。一方、オーストラリアでは戦争反対のデモと核施設の廃絶運動が起き、一度は停戦協定が結ばれるも、ついに全面核戦争が勃発してしまう。OZ1990年10月15日、1発の軌道レーザーの攻撃を核攻撃と誤認し、第三次世界大戦が勃発。40分で終結するが、全世界が壊滅状態となる。第3次世界大戦1995年7月24日、改革失敗とアメリカの食料政策によって追いつめられたソ連は西ドイツへ侵攻し、NATO軍と全面衝突する。攻殻機動隊1996年2月、ソ連と米国・EC間で第三次核大戦が勃発。多数の核兵器が使用され、戦闘は一瞬で終了した。前年にソ連が中東へ軍事介入し、イスラエルを抑えて地中海へ進攻したことが引き金となっている。また、1999年にはアジア諸国とEC間の経済摩擦を発端とした第四次非核大戦が勃発しているが、こちらは第三次核大戦とは対照的に長期化し、2024年にアジア諸国の勝利によって終結している。ターミネーターシリーズ1997年8月29日、アメリカの核戦略コンピュータシステム「スカイネット」が自我を獲得。人類を滅ぼすべくソ連へ核攻撃を行ったことによって全面核戦争が勃発し、人類の大半が死滅した。その後はわずかに生き残った人間も、スカイネットの操る殺人機械群との戦いを余儀なくされる。シリーズ3作目『ターミネーター3』では、前作『ターミネーター2』で主人公達が未来を変えるべく奔走したことによって歴史が変わったため、スカイネット誕生と核戦争勃発が2004年になっている。マジンサーガ1999年、突如現れた鋼鉄の鎧に身を包んだ謎の巨人が東京を破壊。それをきっかけに世界各国が疑心暗鬼に陥り、世界大戦が勃発。核兵器の使用により地球が再生不可能な大ダメージを受けた後、一部の人類は火星へ移住する。ノストラダムスの大予言1999年7の月、局地戦での核兵器使用の影響で遂に全世界は核戦争に発展。A・B・Cの各陣営のICBMの核ミサイルが世界の都市みならずICBMの発射基地をも攻撃する。やがて発射基地は全滅し、人類は滅亡したとしても機械が自動的に核ミサイルを発射し続け、地球は死の星と化する。
21世紀に発生すると設定[編集]
新世紀エヴァンゲリオン2000年9月13日に発生したセカンドインパクトによる混乱の影響で、印パ国境を始めとする世界各地で同時多発的に紛争が勃発。9月20日には新型爆弾の投下によって東京が壊滅している。その後、2001年2月14日に調印されたバレンタイン休戦臨時条約によって戦闘は終結した。マクロスシリーズ1999年7月17日に宇宙から落下した異星人の戦艦の存在から、宇宙で発生している星間戦争に対する地球規模の防衛機構が必要と判断され、国連主導下で地球上全ての国家・体制を解体し、惑星統一政体として地球統合政府を発足したが、急激な変化とオーバーテクノロジーの独占に反対する勢力が2001年1月に反統合同盟軍として世界中で決起し、「統合戦争」が勃発した。地球統合政府は反応兵器(核爆弾)で対抗し、2007年1月に反統合同盟軍は降伏。猿の惑星シリーズ2003年、人類と知能を得た猿類との間の争いが核戦争に発展する。猿類が勝利し、僅かな人類もミュータントとなって、コバルト爆弾を信仰するコミュニティのみとなる。そこに恒星間探索に赴いていた探査船が不時着し、『人と猿が逆転した世界』へ投げ出されてしまう…[5]。火星年代記2005年11月、地球で全面戦争が勃発。核爆発によってオーストラリア大陸は粉砕された。その後、地球環境は荒廃したようだが、2026年時点でも戦闘は未だに続いている。未来少年コナン2008年7月、第三次世界大戦(大変動)が勃発。超磁力兵器により地球の五大陸が沈没し、文明が崩壊する。トップをねらえ!米軍による日本国ハワイ県真珠湾への奇襲攻撃を発端として、2008年に第二次日米戦争が勃発し、同時に世界各地で局地戦が発生。2013年に日本主導の地球帝国が建国されたことにより、戦乱は終結する。エンド ウォー2016年、中東での悲劇的な核兵器テロを受けてそれまでのミサイル防衛技術は極度に発展し、大陸間弾道ミサイルによる核兵器の脅威が消え去った時代が訪れる。しかし、アメリカが衛星軌道上に軍事基地を設置した事により、軍事バランスが崩れ開戦。コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア22016年、超国家主義派によるロシアの空港テロにCIA工作員が参加していたことにより、アメリカによるテロへの報復戦争という名分のもとロシアがアメリカ各地に奇襲を行い第三次世界大戦が勃発。『モダン・ウォーフェア3』ではヨーロッパ各地にまで戦火が拡大する。狂四郎20302019年、人口爆発や環境破壊などによる世界的な食糧危機がきっかけとなり、第三次世界大戦が勃発。この戦争で世界人口の約80%が死亡し、アメリカや中国も消滅した。2025年に終結。スタートレック2026年 - 2053年、アメリカ合衆国とECON(Eastern Coalition)が、大規模な核攻撃を伴う第三次世界大戦を戦った。都市の大部分が破壊されて死者は6億人にのぼり、地球は事実上の無政府状態となる。ECONの詳細は不明だが、初期の稿ではアメリカ対中国 (China) だったと脚本家ブラノン・ブラガが明かしている。なお、第1作では、1992年 - 1996年に「優生戦争」という世界規模の戦争があったという設定がある。詳細な設定が決まったのは『ファーストコンタクト』(1996年)においてである。銀河英雄伝説2039年、北方連合国家(NC)と三大陸合衆国(USE)の間で「13日間戦争」と呼ばれる核戦争が勃発。他国をも巻き込んだ13日間の戦闘の末に両大国は壊滅したが、その後も「90年紛争」と呼ばれる戦乱が1世紀近く続き、地球統一政府の発足によって2129年に終結を迎えるまでに、人類の総人口は10億人にまで減少した。地球連邦の興亡2047年、異星人ヲルラの出現により「接触戦争」が勃発。当初はヲルラ対地球人の戦争であったが、途中から地球側が日英米を中心とする地球連邦と露中仏などを中心とする国際連合に分裂し、地球人同士で反応兵器(核兵器)を撃ち合う。スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-2064年、世界共和国連邦と対立する諸国の情報戦が激化し、混乱による破壊兵器の誤射から第三次世界大戦が勃発する。わずか2週間で停戦協定が締結されるが、環境の悪化により人口は大幅に減少する。Fallout 32077年、地球資源を巡った争いが続く中、中国軍がアラスカを侵略し、アメリカがカナダを併合することに端を発し、ついに10月23日、全面核戦争に突入。開戦から2時間で世界の文明は崩壊する。
22世紀以降に発生すると設定[編集]
永い後日談のネクロニカ終末思想に染まったカルト宗教が行った核テロを発端として、2135年に大規模な限定核戦争が勃発。停戦後の2140年に核使用禁止条約が締結されたものの、アンデッド兵器の実用化に伴うモラルの低下などを要因として、核使用禁止条約破棄後の2155年に南北アメリカ大陸を火種とした全面核戦争が勃発し、人類文明は壊滅状態に陥る。ウィザーズ・ブレイン2186年5月14日、大気制御衛星の暴走で遮光性の気体が地球を覆い、エネルギーを太陽光発電に頼っていた人類は致命的な打撃を受ける。そこから発生したエネルギーと資源の奪い合いで第3次世界大戦が勃発、複数の核融合炉の同時暴走によってアフリカ大陸が文字通り消し飛んだことにより終戦を迎えたが、2048箇所もあった完全自給自足の閉鎖型積層都市「シティ」も僅か7つにまで減少し、変わり果てた永い冬の世界で人類は絶滅の危機に瀕する事になる。宇宙一の無責任男宇宙暦209年(2202年)に、「ぶちこわしの一週間」と呼ばれる全面核戦争が勃発。複数の大陸が消滅し、人類は約5000年の間、放射能で汚染された地球からの「疎開」を余儀なくされる事になる。
おおよその時期が設定されているもの[編集]
1984年1949年の小説。1950年代の核戦争を経て世界は三大全体主義国家に分割統治され、それぞれの国は階級社会の崩壊を防ぐため半永久的な領土紛争を続けており、市民は徹底的な監視社会に置かれている。夏への扉1957年の小説。1960年代半ばに「六週間戦争」が起こり、アメリカ東海岸の主要都市は核攻撃を受けて内陸のデンヴァーが首都になる。勝敗は不明だが、共産主義は戦後衰退する。戦時中に冷凍睡眠などの新技術が実用化された。FUTURE WAR 198X年ソ連の原潜によるアメリカの科学者の拉致、ソ連の新型戦闘機の西ドイツへの亡命などを引き金に、198X年に第三次世界大戦が勃発。ワルシャワ条約機構軍の西ドイツへの侵攻を発端として、中東での東西両軍の武力衝突やソ連軍による日本への攻撃が発生。東西ドイツ国境でNATO軍が戦術核を使用した事を受け、東西双方が発射したICBMやSWBMが各国の主要都市へ降り注ぐ事になる。その後、ソ連のタカ派指導者が射殺された事で戦争は終結へと向かい、最後に放たれた第二波ICBMもアメリカの有人戦闘衛星によって撃墜された。第三次世界大戦シリーズ二見書房から刊行された一連の小説。198X年から198Y年が舞台。『日本篇』ではソ連軍の佐渡上陸・新潟侵攻・東京陥落、『続・日本篇』では日本亡命政府軍とアメリカ軍による南九州・関東上陸戦が描かれる。北斗の拳199X年、核戦争によって社会秩序は崩壊し、弱肉強食の無法世界が出現する。サイボーグ00919XX年5月、A国とC国が第三次世界大戦に突入。地球上の生物の3分の2が死滅する。2222年、放射能によって変異した生物たちに脅かされながら生き残っていた人類はタイムマシンで100万年前へ移民し、人類の祖先となる。黙示録3174年20世紀に全面核戦争「火焔異変」が勃発した。主人公はカトリック教会へ逃げ込み、教皇より密命を受け、ユタ州付近の砂漠にリーボウィッツ修道院を創始し、人類の知識を「大記録」として隠して密かに保存した。3174年頃から「大記録」による文明の復興が始まるが、文明がかつての水準以上にまで回復した3781年に再び核戦争が勃発。ニュー・バチカンは、ケンタウルス座アルファの植民地に「大記録」のコピーと聖職者の一団を載せた星船を送り、第二の出エジプトへと旅立っていった。ぼくらは都市を愛していた21世紀初頭に、「情報震」による情報システムの崩壊に端を発する同時多発的な〈戦争〉が世界各地で勃発。2020年時点では戦闘こそ沈静化しているが、明確な敵が存在しなかった為、終戦に至っている訳ではない。
時期を明示しないもの[編集]
アンドロイドは電気羊の夢を見るか?第三次世界大戦後のサンフランシスコを舞台にした作品。第三次大戦によって地球は放射能灰に汚染され、生きた動物はごくわずかになっているため、生きた動物を所有することが地位の象徴となっている。人類の大半は火星に移住している。ザ・デイ・アフターソ連の西ドイツ侵攻をきっかけに、米・ソ連の全面戦争が始まる。不安を感じながらも、普段通りの日常を送っていたカンザスシティの人々の頭上で核が炸裂する。若き勇者たち米ソ戦の勃発により、コロラド州カリュメットの高校グラウンドへ、ソ連の後押しを受けた中米左派政権諸国の空挺部隊が降下。抵抗する者は射殺され、街は占領される。落ち延びた生徒達による解放ゲリラ戦が展開される。Vフォー・ヴェンデッタ近未来、第三次世界大戦によってかつてのアメリカが事実上崩壊し、独裁国家となったイギリスが舞台。ポストマン大規模な世界大戦により荒廃し、通信網も寸断された近未来のアメリカ。偶然にも郵便局員の制服を手に入れた男性が、秩序を取り戻そうと活躍する。ラ・ジュテ近未来、第三次世界大戦後の放射能で荒廃したパリで、地下に生き延びる人類を描く。ドクター・フードクターが第五次世界大戦を見てきたと言っているため、それ以前にあったと思われる。また、旧シリーズでは第三次世界大戦が起こってダーレクに地球が侵略されたというエピソードもあった。リベリオン第三次世界大戦終結後に建国された都市国家・リブリアが舞台。主人公が使う戦闘術ガン=カタも、第三次世界大戦までの戦闘データからの統計を利用しているという設定。未来警察ウラシマン1983年から2050年にタイムスリップしてきた主人公が、第3次世界大戦後に建造された「ネオトキオ」と呼ばれるメガロポリスで犯罪組織「ネクライム」と対峙する。「ネオトキオ」の郊外には荒廃した大地が広がっている。NEEDLESS2130年以前に第三次世界大戦が勃発し、東京に「BS(ブラック・スポット)」と呼ばれる汚染区域が生じているという設定。とある魔術の禁書目録「科学」と「魔術」が対立する現代世界において、科学サイドの主導的立場にある日本の学園都市および魔術サイドだが学園都市とは協調路線をとるイギリス清教の陣営と、ロシア成教・ローマ正教陣営との間で「第三次世界大戦」が始まる[6]。10月18日にロシアが学園都市に宣戦布告し、10月19日に開戦、10月30日に終結。実際の戦闘はロシア国内でのロシア対学園都市、ドーバー海峡でのイギリス対フランスのみ。日本政府は今回の戦争は学園都市の独走とし、ロシアとの交戦の意思を否定している。
脚注[編集]

1.^ 朝鮮戦争・ベトナム戦争はどちらかと言えば「代理戦争」の性格が強い
2.^ "Bush likens 'war on terror' to WWIII". ABC News Online – Abc.net.au. 06/05/2006.
3.^ http://jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2009030500820 [リンク切れ]
4.^ Calaprice, Alice (2005). The new quotable Einstein. Princeton University Press. p. 173. ISBN 0-691-12075-7.
5.^ 原作にはそのような描写は無い。
6.^ 鎌池和馬 『とある魔術の禁書目録』第20巻、アスキー・メディアワークス、2010年、10-12, 34, 201, 370頁。ISBN 9784048683937。

関連項目[編集]
世界大戦 第一次世界大戦
第二次世界大戦

核戦争 - 核の冬
世界終末時計
ハルマゲドン
終末もの
北朝鮮核問題
イランの核開発問題
冷戦
米中冷戦
新冷戦
メガデス (政治・軍事)
リーマンショック
世界恐慌
世界の終末
概要
世界終末論(英語版) ・ ドゥームズデー・カルト ・ 世界終末時計 ・ 世界終末装置(英語版) ・ 地球の終焉(英語版) ・ 人類の絶滅(英語版) ・ 文化の中での世界終末(英語版) ・ 文明・人間・地球へのリスク(英語版) ・ 宇宙の終焉 ・ 2038年1月19日
形而上学
黙示 ・ ハルマゲドン ・ 終わりの時 ・ 終末論 ・ 最後の審判 ・ キヤマー(英語版) ・ ラグナロク
社会学
新世界秩序(陰謀論) ・ 核によるホロコースト(英語版) ・ 社会の崩壊(英語版) ・ 十の脅威(英語版) ・ 第三次世界大戦
生物学
パンデミック
物理学
ビッグクランチ ・ ビッグリップ ・ コロナ質量放出 ・ 地球の変動(英語版) ・ ガンマ線バースト ・ グレイ・グー(英語版)

執筆の途中です この「第三次世界大戦」は、戦争に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる執筆協力者を求めています(P:戦争/PJ軍事史)。
カテゴリ: 架空の戦争
架空戦記

第二次世界大戦 - W【序】

虎馬元:第二次世界大戦 - W   第二次世界大戦 - W【前半】    第二次世界大戦 - W【中半】   第二次世界大戦 - W【後半】  
第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英語: World War II、フランス語: Seconde Guerre mondiale、ドイツ語: Zweiter Weltkrieg、ロシア語: Вторая мировая война)は、
1939年から1945年の6年にかけ、ドイツ、日本、イタリアの三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス連邦、フランス、ソビエト連邦、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた
全世界的規模の戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、仏英による対独宣戦布告とともにヨーロッパ戦争として始まり、1941年12月の日本と米英との開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の戦争となった。
目次
1 概要
2 参戦国
3 背景 3.1 ヴェルサイユ体制
3.2 共産主義の台頭
3.3 ファシズムの台頭
3.4 宥和政策とその破綻
3.5 勃発直前
4 経過(欧州・北アフリカ・中東) 4.1 1939年
4.2 1940年
4.3 1941年
4.4 1942年
4.5 1943年
4.6 1944年
4.7 1945年
5 経過(アジア・太平洋) 5.1 日本の参戦
5.2 1941年
5.3 1942年
5.4 1943年
5.5 1944年
5.6 1945年
6 戦争状態の終結と講和
7 戦時下の暮らし 7.1 日本
7.2 ドイツ
7.3 フランス
7.4 イギリス
7.5 アメリカ
7.6 ポルトガル
8 影響 8.1 損害
8.2 戦後処理
8.3 戦争裁判
9 新たに登場した兵器・戦術・技術
10 評価 10.1 植民地戦争時代の終結
10.2 大戦と民衆
10.3 『よい戦争』
10.4 民主主義と戦争
11 脚注
12 参考文献
13 関連項目
14 外部リンク
概要
1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドへ侵攻したことが第二次世界大戦の始まりとされている。同8月23日に秘密条項を持った独ソ不可侵条約が締結され、9月1日早朝 (CEST) 、ドイツ軍がポーランドへ侵攻し、9月3日にイギリス・フランスがドイツに宣戦布告。9月17日にはソ連軍が東からポーランドへ侵攻し、ポーランドは独ソ両国により独ソ不可侵条約に基づいて分割・占領された。さらにソ連はバルト三国及びフィンランドに領土的野心を示し、11月30日からフィンランドへ侵攻して冬戦争を起こし、この侵略行為を非難され国際連盟から除名されながらも[1]1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。ソ連はまず軍隊をバルト三国に駐留させ、1940年6月には40万以上の大軍で侵攻。8月にはバルト三国を併合した。

ドイツも1940年にノルウェー、ベネルクス、フランス等を次々と攻略し、ダンケルクの戦いで連合国をヨーロッパ大陸から追い出したほか、イタリアおよび日本と日独伊三国軍事同盟を結成した。1941年にはドイツ軍はソビエト連邦に侵攻。1941年12月8日(日本時間)には日本がマレー作戦と真珠湾攻撃を行ってアメリカ・イギリスに宣戦布告した。自らの戦争を「大東亜戦争」と位置づけた日本は連戦連勝を続け、1942年にセイロン沖海戦やアメリカ本土空襲、オーストラリア空襲を行い、インドシナ半島に現地協力者政府を構築するなどしてその勢力を拡大した。しかし1943年にはドイツがスターリングラード攻防戦、北アフリカ戦線で敗北し、同年枢軸国は北アフリカを放棄しイタリアが降伏する。太平洋戦線では1942年6月5日ミッドウェー海戦で大敗し半年間の攻勢が挫折した後も日本が優勢を保ったものの、補給線が国力を超えて伸びきった事などから1942年後半には連合国が次第に優勢になっていきガダルカナル戦では1943年1月4日大本営の撤退命令が正式に下り敗北が確定し、大局は暗転した[2]。1944年には連合国がノルマンディー上陸作戦を成功させるほか、マリアナ沖海戦やインパール作戦に勝利するなど勢いが更に増し、枢軸国は次々と降伏。1945年にドイツ軍は総崩れとなり、追い込まれたヒトラーは4月30日に自殺。5月9日にドイツ国防軍は降伏して欧州における戦争は終結した。また日本も同年8月6日に広島市への原子爆弾投下、8日のソ連軍の参戦、さらに9日の長崎市への原子爆弾投下を受けて10日の御前会議で降伏の決定と諸外国への発表を行い、8月14日にポツダム宣言を正式に受諾、9月2日に降伏文書に調印した。

第二次世界大戦の戦域を大別すると、ヨーロッパ・北アフリカ・西アジアの一部を含むものと、東アジア・東南アジアと太平洋全域を含むものに分けられる。このうち、ドイツ・イタリア等とイギリス・フランス・ソ連・アメリカ等が戦った前者を欧州戦線、日本等とアメリカ・イギリス・中華民国・オーストラリア等が戦った後者は太平洋戦線、または特に太平洋戦争[3]と呼称される。ヨーロッパ戦線はさらに西部戦線、東部戦線(独ソ戦)に大別され、西部ではアメリカ・イギリス・フランス、東部ではソ連がドイツ他の枢軸国と戦った。太平洋戦線はアメリカ軍と日本海軍が戦った太平洋戦域(英語版)、インドネシアなどで日本と連合国軍と戦った南西太平洋戦域(英語版)、ビルマなどで日本とイギリス軍などが戦った東南アジア戦域(英語版)、そして中国大陸における日中戦争に大別される。しかしこれらの地域以外でも、中南米やカリブ海、マダガスカル島など世界各地で戦闘が行われた。

戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため人的・物的資源の全面的動員、投入が行われた。世界の61カ国が参戦し、総計で約1億1000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費はアメリカの3410億ドルを筆頭に、ドイツ2720億ドル、ソ連1920億ドル、イギリス1200億ドル、イタリア940億ドル、日本560億ドルなど、総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。

航空機や戦車などの旧来型兵器の著しい発達に加えて長距離ロケットや原子爆弾などの「核兵器」という大量殺戮兵器が登場し、戦場と銃後の区別が取り払われた。史上最初の原子爆弾の投下を含む都市への爆撃、占領下の各地で実施された強制労働により、民間人および捕虜の多くが命を失った。またドイツは自国および占領地域においてユダヤ人・ロマ・障害者に対する組織的殺害を戦争と並行して進めており、これらはホロコーストと呼ばれる。こうした様々な要因による大戦中の民間人死者は総数約5500万人の半分を超える、3000万人に達することとなった。また大戦直後には、ドイツ東部や東ヨーロッパから1,200万人のドイツ人が追放され[4]、その途上で200万人が死亡した[4]、新たにソビエト領とされたポーランド東部ではポーランド人の追放が行われるなど大幅な住民の強制移住が行われた。アジア・太平洋では日本人強制送還が行われた。また、捕虜となった枢軸国の将兵や市民はシベリアなどで強制労働させられた[5]。

戦争中から連合国では、国際連合などによる戦後秩序作りが協議されていた。しかし戦場となったヨーロッパ、日本の国力が著しく低下したこともあり、戦争の帰趨に決定的な影響を与えたソビエト連邦とアメリカ合衆国の影響力は突出し、極めて大きなものとなった。こうして両国は世界を指導する超大国となったが、やがて対立するようになり、長い冷戦時代の構図をもたらした。アジアやアフリカの旧植民地では独立運動の動きが高まり、多くの国が独立することになったが、冷戦構造の影響を受けずにはいられなかった。こうした中で、相対的な地位の低下を迎えた西ヨーロッパでは大戦での対立を乗り越え欧州統合の機運が高まった。

参戦国
詳細は「第二次世界大戦の参戦国」を参照

枢軸国は1940年に成立した三国同盟に加入した国と、それらと同盟関係にあった国を指す。対する連合国は枢軸国の攻撃を受けた国、そして1942年に成立した連合国共同宣言に署名した国を指す。ただし、すべての連合国と枢軸国が常に戦争状態にあったわけではなく、一部の相手には宣戦を行わない事もあった。しかし大戦末期には当時世界に存在した国家の大部分が連合国側に立って参戦した。また、イタリアなど連合国に降伏した後に、枢軸国陣営に対して戦争を行った旧枢軸国も存在するが、これらは共同参戦国(英語版)と呼ばれ、連合国の一員であるとは見なされなかった。

枢軸国の中核となったのはドイツ、日本、イタリアの3か国、連合国の中核となったのはアメリカ合衆国、イギリス、フランス、ソビエト連邦、中華民国の5か国である。

スターゲイト - W

虎馬元:スターゲイト - W 

『スターゲイト』(Stargate)とは、1994年10月28日に公開されたアメリカのSF映画のタイトル。
また、物語のきっかけとなる環状遺跡の呼称。
エジプトで発見された謎の環状遺跡スターゲイトを中心に、
それを管理する組織の隊員達が織り成すアクションストーリー。
監督のローランド・エメリッヒが長年温めてきたアイディアがベースとなって映画が製作されたが、
その続編としてテレビドラマ『スターゲイト SG-1』(Stargate SG-1:略称は SG-1)が製作された。
また、テレビシリーズがヒットしたのを機に『スターゲイト アトランティス』
(Stargate: Atlantis:略称はアトランティス)、などのスピンオフ作品が製作されている。
さらに、テレビゲームやアニメにもなっている。
デアゴスティーニ・ジャパンが2008年9月9日から「隔週刊 スターゲイト DVDコレクション」
というDVD付きテーママガジンの発売を開始した。これは『スターゲイト SG-1』と
『スターゲイト アトランティス』のエピソードを順に収録したDVDと、
それに付随してそのドラマに関連した解説マガジンを同梱したものである。105号まで刊行予定である。
目次 [非表示]
1 スターゲイトとは
2 作品一覧
2.1 映画版スターゲイト
2.2 スターゲイト SG-1
2.3 スターゲイト アトランティス
2.4 スターゲイト ユニバース
2.5 スターゲイト インフィニティ
3 関連書籍・ペーパーバック
4 サウンドトラック
5 CD-ROM
6 リブート
7 脚注
8 外部リンク
スターゲイトとは[編集]39種類の文字(目的地を示す星座と出発地点である地球)

スターゲイト
地球を表すシェブロンスターゲイトは、1928年にエジプトのギザ高原で発掘された巨大な金属製の環である。環状部分には、39種類の文字(目的地を指し示す星座と出発地点である地球)が刻まれており、対応するシェブロンchevron(V字型の雁木細工の意味)をロックすることで目的地と出発地が決まる。発掘当初は何らかの破壊兵器であると考えられていたが実際には星間移動装置であった(なお、映画上の設定はここまでであり、以下の文章はテレビ化されるにあたって新しく付加された設定である)。

宇宙四大種族のうちの一種族、エンシェントによって創り出されたもの。ゲイトを構成する物質はナクアダ(架空の鉱石)から精製される金属で、地球上には存在しない。重量は29t[1]。なお、ドラマ映画真実のアークには設計図らしいものが登場する。

星間移動はゲイト同士の間で行われ、目的地に存在するゲイトへ繋ぐ為にはホームダイアル装置(Dial-Home Device:略称はDHD)と呼ばれる装置を用い、目的地の宇宙における空間座標を示す記号6個と、現在位置を示す1個の記号の合計7個の記号を入力することで接続される。地球ではDHDが発見されなかった為にコンピュータのプログラムでダイヤルシーケンスを再現している。地球のシンボルはゴアウルドの間でも有名である。

7番目のシェブロンを入力しゲイトを作動させると、内縁部にイベントホライズンが発生し、ゲイト間にワームホールが形成される。イベントホライズンが発生する際には振動が発生するため、地球のゲイトには衝撃吸収ダンパーが設置されている。ゲイト内縁部のイベントホライズンを通過する際、物質はエネルギー粒子に転換され、目的地ゲイトのイベントホライズンで再構成される。

望まない訪問者を通過させない方法として、ワームホールを形成出来ない状態にする、もしくは対象物の再構成を防ぐことが用いられる。前者には、古代エジプト人がしたようにゲイトを地中に埋めるといった原始的な方法があり、後者には、SG基地にあるスターゲイトのように、イベントホライズン前面の極間近にシャッターの類を設置する方法がある。SG基地のゲイトに設置されているシャッターはチタニウム製(後にトリニウム製に変更)で、アイリス(虹彩)と呼ばれており、イベントホライズンとの隙間は僅かに3マイクロメートルで物体の再構成は不可能である。

スターゲイト計画は年間に74億ドルの予算を使い、そのうちの10億ドルはゲイトを作動させるための電気代である。通常、ゲイトを動作させるための電力供給は、セットになっているDHDからなされるが、地球ではホームダイヤルが発見されなかったため、電源は一般の発電所からの供給に頼っていることによる。また、地球のゲイトにはDHDが無い為、10%余計に電力を消費する。 ペガサス銀河のスターゲイトは、デジタル式のダイヤル方式になっているため、天の川銀河のゲイトの様にエネルギーソースさえあれば手動でもダイヤルできるというわけではない。ペガサス銀河にあるアトランティスは、ゲイトのダイヤルが他とは異なり、コントロールルームがありそこからダイヤルする仕組みになっている。

また、アトランティス独自の移動手段、パドルジャンパーという飛行艇(潜水も可能)は、操縦席からダイヤル可能になっており、エンジン兼ドローン発射口を機内に収納することで、ゲイトも通過できる設計になっている。ペガサス銀河のゲイトは宇宙空間に浮遊している場合もあり、ジャンパーで移動した方が安全であり、敵対勢力であるレイスも小型戦闘機"ダーツ"からダイヤル出来る。

なお、映画版では7つのシェブロンで"カリアム銀河系(別銀河)のアビドース"に移動しているが、ドラマ版においては7つでは別銀河には移動できない。[2]

作品一覧[編集]映画版スターゲイト[編集]詳細は「スターゲイト (映画)」を参照

1928年にエジプトの遺跡から発掘された巨大な輪は66年後、考古学者のダニエル・ジャクソンによってその謎は解明された。米空軍によりスターゲイトと名付けられたその輪の先にある場所の捜索がダニエルやジャック・オニール大佐による特殊部隊によって始められた。そして、見たことのない遺跡へと到達する。

スターゲイト SG-1[編集]詳細は「スターゲイト SG-1」を参照

アビドース作戦(映画版)から1年後、スターゲイトを通ってエイリアンがSG基地に現れる。 オニール大佐は再び軍に呼び戻されアビドースの調査を命じられる。侵略者との戦い、惑星探査、異種族との交流を描く。

スターゲイト アトランティス[編集]詳細は「スターゲイト アトランティス」を参照

ゲイトを作った種族「エンシェント」を求めてペガサス銀河にあるアトランティスへと各国より選りすぐられたチームより調査隊が派遣される。しかしアトランティスのエネルギーは尽きかけていて崩壊寸前で、地球へ戻ることも不可能。エネルギー源ZPMを求めてペガサス銀河を探査する中現れた凶悪な種族レイスとの戦いを描く。

スターゲイト ユニバース[編集]詳細は「スターゲイト ユニバース」を参照

スターゲイトの9番目のシェブロンを開くことに成功し、到達した先は、遥か彼方の銀河を超光速で自動的に探査航行するエンシェントの宇宙船デステニィだった。

スターゲイト インフィニティ[編集]「未来」のSGCを舞台にしたアニメーション作品。放送はアメリカでのみ。

SG-1から30年後の地球はエイリアンと交流する世界になっていた。スターゲイト・コマンドはSGC士官候補生のチームの リーダーのガス・ボンネル少佐が不祥事を起こしたとしリーダーを解任。同時期にエンシェントの遺跡から発掘されたミイラよりエイリアンが出現。しかし、アーノルド大尉に偽装したエイリアン、シェイプ・シェプターの工作により、アイリスが開かれ、エンシェントのエイリアンを狙いにSGCに侵攻。ガス・ボンネル少佐率いる士官候補生のチームが対抗し、SGCからエンシェントのエイリアンと共に脱出。しかし、アーノルド大尉に偽装したシェイプ・シェプターの工作でSGCの将軍にガス・ボンネル少佐率いるチームのアイリス・オープンコードの消去を提案。こうして、行き場を失った彼らはアーノルド大尉救出とエンシェントのエイリアンの秘密を探るべく他の惑星へ旅立つ。

キャスト
ガス・ボンネル少佐:デール・ウィルソン
ステイシー・ボンネル:
R・J・ハリソン:
シアトル・モントヤ:ベティーナ・ブッシュ
エコー:
関連書籍・ペーパーバック[編集]スターゲイト(著者:ディーン・デブリン&ローランド・エメリッヒ、翻訳:白石朗、二見書房 1995年)
STARGATE(上記作品の原書ペーパーバック、出版社:Roc Signet Books; Film & TV Tie-in Ed版)
STARGATE Rebellion(Bill McCay 出版社:Roc 1995年)
STARGATE Retaliation(Bill McCay 出版社:Roc 1996年)
STARGATE Retribution(Bill McCay 出版社:Roc 1997年)
STARGATE Reconnaissance(Bill McCay 出版社:Roc 1998年)
STARGATE Resistance(Bill McCay 出版社:Roc 1999年)
STARGATE SG・1(Ashley McConnell 出版社:Roc 1998年)
STARGATE SG・1 The Price You Pay(Ashley McConnell 出版社:Roc 1999年)
STARGATE SG・1 The First Amendment(Ashley McConnell 出版社:Roc 2000年)
STARGATE SG・1 The Morpheus Factor(Ashley McConnell 出版社:Roc 2001年)

サウンドトラック[編集]スターゲイト(オリジナル・サウンドトラック:デビッド・アーノルド BMGビクター BVCP-797 1995年)
STARGATE(上記作品のオリジナル・リマスター盤 レーベル: Varese Sarabande 2006年)
STARGATE SG-1(1997 Television Series SOUNDTRACK:Joel Goldsmith レーベル:Milan 1997年)
THE BEST OF STARGATE SG-1(ORIGINAL SOUNDTRACK:Joel Goldsmith etc レーベル:GNP Crescendo 2001年)
CD-ROM[編集]Secrets of Stargate:The Making of an Epic Adventure Film(発売元 Compton's New Media)
リブート[編集]本シリーズのリブートとなる作品が製作する考えがあることが、ローランド・エメリッヒによって発表されている[3]。

脚注[編集]1.^ SG-1 S06E02 カーターの説明による
2.^ 劇中のセリフより
3.^ ローランド・エメリッヒ監督「スターゲイト」を3部作としてリブート : 映画ニュース - 映画.com
外部リンク[編集]Stargate - インターネット・ムービー・データベース(英語)
スターゲイトウェブ (日本語)
Spring Field:スターゲイト (日本語)
隔週刊 スターゲイト DVDコレクション DeAGOSTINI
[隠す]表・話・編・歴スターゲイト (カテゴリ)

シリーズ 映画 - SG-1 - アトランティス - ユニバース

設定・用語 アスガード - ATA Gene - ZPM - 南極大空戦 - スターゲイトシリーズに登場する宇宙船の一覧

戦闘機・戦艦 F-302 - ダイダロス - プロメテウス

ハルマゲドン戦争歴史WikLINK予定【前編】大幅追記

第7次世界大戦 2022?予知夢 
第6次世界大戦 2019?逆算
第5次世界大戦 2011〜現在進行形【標的日本】
第4次世界大戦 2001〜2008米国小敗
第3次世界大戦 〜1991ソ連・中国・日本大高中敗北
第2次世界大戦 1941〜1945(大東亜太平洋戦争) 
第1次世界大戦 1914年7/28〜1918年11/11
第0次 
第3次日中戦争【現在戒厳令非常事態避難命令勧告警戒注意報発令中】  
第2次日中戦争 1937(昭和12)7/7盧溝橋事件〜1945(昭和20)8/15終戦 
【日露戦争】、1904(明治37)2/8〜1905(明治38)9/5
第1次日中戦争【日清戦争】1894年(明治27)7月〜1895年(明治28)3月 
第0次日中戦争=元寇 文永の役(1274年)+弘安の役(こうあんのえき・1281年)
第7次中東戦争  
第6次中東戦争=第2次イラク戦争 2003年3/20〜2011年12/15
第5次中東戦争=第1次湾岸戦争 1990年8/2〜1991年117〜1991年228国連軍VSイラク
第4次中東戦争 1973(10/6)〜10/26(ヨム・キプル戦争、十月戦争)アラブ連合VSイスラエル
第3次中東戦争 1967(6/5)〜6日間戦争(6月戦争)イスラエルVSエジプト・シリア・ヨルダン・イラク
第2次中東戦争 1956(1029)〜1957(5月)イスラエルVSエジプト 
第1次中東戦争 - W 1948(515)〜1949(7ヶ月)アラブ連合VSイスラエル  
第0次 
英仏百年戦争 1337年11/1(1339)〜1453年10/19(116年間)
三十年戦争 1618 〜1648 
南北戦争(内戦) 1861年4月1/〜1865年4/9 
独立戦争  1775年4/19〜1783年9/3
薔薇戦争(内戦) 1455〜1485 
十字軍 
関ヶ原 慶長5年9/15(西暦1600年10/21) 
西南戦争 1877年(明治10年) 
赤壁 208年冬 
五丈原 234年 
【中篇】 【後編】予定

神武天皇日本建国思考3

§…九州王朝「倭国」…§  
http://www.geocities.jp/waikoku/index.html 
660年、百済滅亡。
661年、「倭国」の常色・白雉「甘木王」崩御、伊勢王崩御、白鳳王「薩夜麻」即位。
663年、白村江敗戦、唐が倭国白鳳王「薩夜麻」を捕獲・捕虜連行。
664年、難波副都の天智が長門以東(本州・四国)守備・防衛・直接支配。唐劉仁願・郭務悰遣倭
665年、唐、司馬上柱国劉徳高・郭務悰254人遣倭。この頃、唐が筑紫都督府(九州島)占領。
666年、唐の高宗が麟徳三年正月、泰山で封禅の儀。
667年、長門以東(本州・四国)難波副都「近江朝」独立・遷都・天智即位。唐・法聡遣倭。
668年、新羅本紀に「阿麻(=近江朝の仮名)来服」、高句麗滅亡。
669年、唐、郭務悰2千余人遣倭・筑紫。
670年、天智天皇の「近江朝」が「倭国」更えて「日本」号す。
671年、李守真遣倭。天智天皇崩御。倭国白鳳王「薩夜麻」帰国。唐、郭務悰2千人・船47隻来倭
672年、壬申大乱・天智「近江朝」滅亡・倭国再統一・白鳳王復位。
673年、倭国で復位の白鳳王が大嘗祭。
676年、新羅が朝鮮半島を統一。
678年、倭国で筑紫大地震、白村江戦後賠償で疲弊極まる。
682年、倭国太宰丹比真人嶋が大鐘をプロト大和へ貢上。
683年、倭国の丹比真人嶋「三つ足の雀」をプロト大和へ貢上。
684年、白鳳地震、白鳳王崩御、倭国大宰府⇒難波京遷都改元。
686年、難波宮焼失で浄御原宮再遷都改元、天武大海人崩御。
690年、最後の倭国王・高市天皇が即位。
691年、最後の倭国王・高市天皇が大嘗祭。
694年、「間借り」大和の浄御原京⇒倭国の藤原京へ遷都。
695年、倭国が藤原京遷都記念で「大化」改元。
696年、建郡「本来の大化改新」発詔、倭王高市暗殺、倭国滅亡。
697年、大和の文武天皇が日本国で初の即位。
698年、大和の文武天皇が日本国で初の大嘗祭。
701年、日本国開闢、「大宝」建元、新・大宝律令発布。
702年、持統太上天皇崩御。
703年、高市天皇暗殺の倭国側下手人3名連続死(暗殺死?)。
704年、倭王天子「大宰府回帰」遷都「大長」改元。
710年、大和王朝「日本国」の新都・平城京遷都。
712年、隼人の乱、倭国残存兵全滅。続きを読む

北朝鮮空爆?・・預言・・

総POINT500確認後/今月注鬼謀・・
↑『タイトル』=陸S戸受付注・・
超底辺⇒中絶流産下脱有・・

北朝鮮6カ国協議問題解決策・・

ブログネタ
中国・韓国・北朝鮮外交問題 に参加中!
唯一解決策【盲点】コロンブスエッグ
六ヶ月以内26ヶ国協議
(三ヶ月以内16ヶ国協議)
『第5次世界代戦【政治】ハルマゲドン』
959‰2010/3/20〜31開始4/8核戦争ミニバズーカ
【日本】地震多発岡山瀬戸内海名古屋東海首都圏宮城沖三陸海岸

エシュロンDATA1

オーバーテクナナシー:05/01/07 13:16:42 ID:YokhACUb
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seij...
エシュロンの真実 一般に、エシュロン(ECHELON)は電話線や海底ケーブルの盗聴を主体にして いるという誤認があるが、実際はシギント(無線諜報)を主体にするもので あり、欧州連合が発表した通信傍受能力2000においてもその事が示唆 さ れている。そしてエシュロン(ECHELON)におけるシギント(SIGINT:signalintelligence:無線諜報)の根幹を成しているのが歯科治療によって歯に埋め 込まれた盗聴器である。歯の盗聴機は、クラウンやインプラント、差し歯、 入れ歯のような形で人体に装着される。このような場所に盗聴機を埋め込む利点としては、部屋や身の回り品に盗聴機を装着した場合、盗聴する範囲が 限定されるのに対して、歯の盗聴機の場合、対象者を24時間いつでもどこ でも盗聴でき、しかも発見されにくいといためである。歯の盗聴機の盗聴波 を送受信するには広大な無線帯域が必要であるため、このシステムを運用す る政府は広大な軍用無線帯域を確保するとともに、無線通信を免許制にして 利用者を制限しているのである。 歯の盗聴機(補聴器)の歴史は古く、アメリカで一番古いもので1939年 より基礎技術が特許として申請されている。(米国特許参照)その後も改良型が随時開発され、特許申請がなされている。 米国特許によると、日本人技師も開発に関与していることがうかがえる。歯 の盗聴機は体熱発電やRFID(ICタグ)のような電波を利用した発電によっ て作動し、周囲の空気音を録音する微少なマイクロフォンやそれを通信所に
送信する送信機だけでなく、GPS追跡機や骨伝導スピーカー、思考を読み 取る生体磁気計測器を内蔵するなど多くの型式が存在するが、どのような機 能を搭載するかはその対象人物の重要度によって判断される。歯の盗聴機を 装着する際には、骨伝導音が伝導しやすい下あごに接する歯に装着するとと もに、音声を立体的に表現(ステレオ化)するため、歯の盗聴機を左右に一本ずつ配備するのが一般的である。49 :オーバーテクナナシー:05/01/07 13:17:16 ID:YokhACUb歯の盗聴器の米国特許 2,995,633 1961 http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODO...  3,156,787 1964 http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODO...  5,033,999 1991 http://v3.espacenet.com/textdraw?DB=EPOD... スイス特許 http://v3.espacenet.com/textdoc?DB=EPODO...


続きを読む
記事検索
NOCLICKNOWRITE
↓ブログ王↓
ランキングはこちらをクリック!
【卵王入点功徳握世数評価】
↓学問・科学/教育・学校↓
くる天 人気ブログランキング
NOINPOINTFAINALEND
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ 
【卵王入点十票風呂具更新】   ★インフォブログランキング★   i2iPPPレントービン環境税政

↑【入点重要来点未効】↑
韓国ドラマ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
Twwiter
カテゴリ
フォローミー!
アクセスカウンター

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
PING+メタグ




livedoor 天気
  • ライブドアブログ