どうやらこういうことらしい

苫ピケ51世紀宇宙論2015長谷川慶太郎大局を読む!824シアトル警戒宣言3119日本特別警報!ゼロ秒思考×スマートノート×メモは命の恩人だ!エジソンパンセ月日時分朝鮮核ミサイル放射能非情警報津波予知夢!曜日年IDEA理想実現ACCOMPLSHMENT SHARE MEETING理想実現株式懐疑評議(ビットストック)【毎月改題】理想未来成功株式会社VIC DATA入門VASIC INTELL(IGENTSI)】【地獄で眠らせた悪魔が眠りながら成功する方法不幸運予告!あなたは絶対通信電話営業放送TV地獄コンテナトレーラ自爆密輸虎筑談腐宅魔死スモークワゴン1BOX拉致専用車マイクロ電磁気超低周波犯罪攻撃公害ストパトカー原因でもっとも運(輸)が悪くなる!宇宙一シンプルア・カペラ交響曲合唱ライヴ人生哲学が不味苦いく人は理想実現宝島知図で考えぬ!加速失敗成功!=超絶真逆】【⇒超絶完全理想美少女同位同格同価値同意味レベル(DATA残存価値FCFC小学生十万人下仙ゲーマー中学生三万人SLGSLG高校生一万人根源助士代生三十万人環境トボケ屋観察記録学者グラディエーター十万人怠者人間分析アナリストマスター三万人アデプト超人号泣虫社会評論博士ドクター一万人悪口宇宙研究職員リサーチャー三千人時空般布I$追掛表金講師社員千人平空パラレル片呂具模型モデル腰銀着助手STAF三百人次元同人頑固者落伍準教隊係百人無限GAME誠実清遊運蓄教授親委三十人究極事典慣板知識人絶対雑誌襟糸穴運特任近部十人超越アーティスト作家特待郎室三人絶唱画家親分特別護総ノーベル賞一人)限定忍辱解脱!直接リクエスト民主主義人気卵王一日一台各一回合計最大十回迄i2iくる天園他握世数上位確認更新予定三国人在日特権満州朝鮮韓国帰化同和教朝売国奴霊商工作陰影闇金裏金権力亡蛇地頭鬼屋全滅お釈迦ブードゥー物狂法華兇軍国日教組顕正怪異騒怨釈加害創価学会統一教会摂理GLA他多数特定秘密下忍間諜報連相克絶縁希求吸血鬼LISTポーサキュインヴァンパキュラ消滅希求ブードゥー全滅お釈迦山法華経SATAM教超絶仏滅神命】宗SPトーカーモルモット被害者超神才格名預言Twiter主活注!

新聞/切抜・ファイル

競馬新聞 - W(保存)

虎馬:競馬新聞 - W 
競馬新聞(けいばしんぶん)とは競馬の予想紙であり、競馬専門紙(けいばせんもんし)とも呼ばれる。
目次 1 日本の競馬新聞 1.1 競馬新聞の構成1.2 中央競馬の専門新聞 1.2.1 全国対象1.2.2 関東のみ
1.2.3 関西のみ1.2.4 休刊1.3 地方競馬の専門新聞 1.3.1 各地区の専門新聞1.3.2 休刊
2 日本国外の競馬新聞3 参考文献4 脚注5 関連項目
日本の競馬新聞
発行は原則として競馬開催日となるが中央競馬は開催前日夕方から主要駅の売店、コンビニエンスストア、書店、競馬場や場外勝馬投票券発売所で売られる。地方競馬の場合は売所が限られている。
日本における競馬新聞の発祥は、1924年に関西の競馬を予想の対象に発売された「中島高級競馬號」(通称:中島競馬號、現在は高知競馬場で発売されている)とされる。現在もほぼすべての競馬新聞を含む予想紙で使われている予想印も、同紙が最初に採用したものである。
日本の競馬新聞は狭いスペースに多くの情報を詰め込むためにさまざまな表現法を駆使している。最近ではスポーツ新聞各紙も競馬新聞同様の情報を載せる。
競馬新聞の構成
競馬新聞は限られた紙面に多くの情報を盛り込まなければならないため、特別な構成になっている。
競馬新聞は、レースごとの出馬表を中心に構成される。出馬表はレース番号やレース名、施行条件などを記したレース概要と、そのレースに出走する競走馬の競走馬名や過去の成績などが一列に書かれた馬柱からなる[1]。馬柱の構成を考案したのはホースニュース・馬を発行した角田二郎であるとされている[2]。
馬柱は一般的に枠番号・馬番号・出走馬名・負担重量・騎手名・厩舎名・予想印・前4-7走の成績・距離、芝・ダートコース別の成績などが書かれた欄で作られる。また馬柱の周囲には調教の走破タイムや関係者のコメント、トラックマンやその新聞の競馬評論家のコメントなど馬券を検討する際に必要な情報が盛り込まれている。
なお通常、一面はその日のメイン競走(中央競馬では主に第11競走)、終面は準メイン競走ないし他場のメイン競走が組まれるがGI級競走が開催される週の土曜日は翌日のGI級競走が一面、当日のメイン競走が終面になる。
中央競馬の専門新聞
中央競馬の競馬新聞の発行基盤は、中央競馬自体のシステムと同様に関東・関西の両地区に分かれている。また全国規模で展開している新聞社の場合でも関東版・関西版・従場によって予想者が異なる場合が多い。関東もしくは関西のみで発行の専門紙では直接競合しないため東西間で情報交換等の提携が行なわれているほか、同一地区内でも提携が行なわれることもある。
専門紙各社間で競馬新聞協会が結成されており競馬場やWINSにおいて協会加盟紙の合同販売が行なわれているほか、協会加盟の新聞に所属する記者に対してJRA賞・顕彰馬選定の投票権が与えられている。そのため、たとえスポーツ新聞系列でも協会に加盟していない専門紙(競馬エイト、馬三郎)に所属する記者には投票権は与えられていない。
また、競馬専門紙を発行している代表者や関連企業が競走馬の馬主になっているものも少なくない(ホースニュース・馬の関連会社であるホース産業や、優馬の発行元である中光印刷の竹國弘など)。
全国対象
競馬エイト
競馬ブック
研究ニュース
優馬
関東のみ
馬三郎(一時期は関西でも発行していた)
勝馬
競友
日刊競馬
関西のみ
競馬ニホン
休刊
ダービーニュース(関東のみ。関西の「競馬ダービー」とは無関係。2013年3月31日をもって休刊)
トータライザー(関東のみ。2013年2月17日をもって休刊、現在はメール版で発行中)
競馬ニュース(関西のみ。2012年に競馬研究と統合し「研究ニュース」となった)
競馬ダービー(関西のみ。関東の「ダービーニュース」とは無関係。2010年12月26日号で休刊。休刊後、競馬ニュースに事実上紙面・スタッフを統合)
競馬ファン(関西のみ。2009年3月29日をもって休刊)
ホースニュース・馬(全国対象。2008年2月17日をもって休刊)
ケイシュウNEWS(関東のみ。2001年3月限りで中央競馬版は休刊。南関東版のみ発行)
競馬サイエンス(関西のみ。1998年限りで休刊)
レースポ(東京スポーツ系列。1985年1月限りで休刊)
勝馬の栞(全国対象。JRAの外郭団体「競馬共助会」が発行。1965年に山岡事件が発生したのを機に自動休刊)
競馬キンキ(関西のみ。現在は園田・姫路競馬版のみ発行)
地方競馬の専門新聞
地方競馬では地区単位で競馬新聞が発行されている。例えば南関東地区のように中央競馬版も発行している専門紙が大部分を占めている地区もあれば、岩手地区のように区域内のみで発行の専門紙で占められている地区などその形態はさまざまである。また同一タイトルの専門紙が複数地区で発行されているが資本関係がない場合や、逆に東海地区のように発行元が合併した結果1社が複数の題号で新聞を発行している(事実上市場を独占している)場合もある。
中央競馬の専門紙は新聞様式のものがほとんどであるが、地方競馬の専門紙は冊子様式になっているものも(特に中央競馬と商圏がかぶらない地域で)多い。廃止された中津競馬の「競馬ファン」や益田競馬の「シーホース」のように場内の場立ち予想屋が新聞も発行しているケースも存在していた。
北海道の地方競馬はかつて道内の競馬場を巡回しながら開催していたため、場内に予想屋は存在していなかった。しかし予想業を行う者はおり、この予想業者が独自に手書き、ガリ版印刷で発行していたシンプルな「予想紙」も多数存在していたが現在は全て廃刊となった。なお、ホッカイドウ競馬はかつて複数の専門紙が競合していたが、次々と撤退した結果現在は1紙(競馬ブック)のみとなった。
九州の地方競馬では前開催6日分を線で区切り、レース番号と着順のみを掲載した簡素な対戦相手早見表である「6本線」が掲載されているのが特徴。通常の競馬新聞は1面にメインレースの馬柱を掲載するのが基本であるが、九州の地方競馬新聞は1面に1レースと2レースの馬柱。以後レースの順番通りに馬柱を掲載していくシステムが基本となっている。
各地区の専門新聞
ばんえい競馬 競馬ブック、ばんえい金太郎
ホッカイドウ競馬 競馬ブック
岩手(岩手県競馬組合) いわて馬テシオ、HORSE NEWSエイカン、勝馬、ケイシュウNEWS 勝馬、ケイシュウNEWSは南関東・中央競馬で発売しているものとは別会社(ケイシュウNEWSはのれん分け)
南関東(南関東公営競馬) 勝馬、ケイシュウNEWS、競馬ブック、日刊競馬
東海(愛知県競馬組合、笠松競馬場) 競馬エース、競馬東海(2002年(平成14年)7月 - 競馬エースが「競馬東海」を吸収合併)
金沢(金沢競馬場) キンキ、競馬カナザワ、競馬ホクリク、ホープ
兵庫(兵庫県競馬組合) 競馬キンキ、園田ニュース
高知(高知競馬場) 競馬研究、中島競馬號、
福ちゃん 競馬研究は中央競馬で発売しているもの(現在は「研究ニュース」)とは別会社
佐賀(佐賀競馬場) 競馬日本一、通信社
休刊
ホースニュース・馬(ばんえい・ホッカイドウ競馬・南関東・兵庫。南関東版の2008年2月19日号をもってすべて休刊)
旭ニュース、勝馬ニュース、ばん馬、日の出(ばんえい、手書きガリ版予想紙。休刊時期不明)
1馬(ホッカイドウ競馬、現在は中央競馬版のみ発行)
競馬研報社(ホッカイドウ競馬、手書きガリ版予想紙)
ケイマイNEWS(岩手)
かみのやまKEIBAニュース、Bestホース、Mainichiヒント(上山、競馬開催廃止)
スポーツと競馬(新潟スポーツ。新潟・三条、2002年1月休刊)
競馬ニュース(スポーツニュース社、通称:青競。宇都宮・足利・高崎、2005年3月休刊)
競馬ニッポン(通称:赤競。宇都宮・足利、2005年3月休刊)
アカギ競馬(赤城スポーツ、通称:赤競。高崎、2004年12月休刊)
ダービーニュース(南関東、2013年3月29日号をもって休刊)
競馬研究(南関東、2008年4月7日より「競馬ブック」に移行)
ケイシン(東海、2003年12月休刊)
中部優駿(東海)
的中ニュース・フォーカス(金沢、2008年3月休刊)
シーホース、馬(益田、「馬」は「ホースニュース・馬」とは無関係。元々は紀三井寺競馬の専門紙「競馬関西」)
福山エース、福山キンキ、福山特報(福山、「福山エース」は「競馬エース(東海)」の姉妹紙。競馬開催廃止)
競友ニュース、ベスト、ホース(荒尾、競馬開催廃止)
荒尾スポーツ(荒尾)
競馬ファン、ゴールデンホース、中津ダービー(中津、競馬開催廃止)
日本国外の競馬新聞
競馬新聞は1紙もしくは数紙程度で国内のシェアが占められていることが多い。予想提示の際には先述の予想印を用いることは無く、有力馬を列挙する形となっている。
デイリー・レーシング・フォーム(Daily Racing Form、アメリカ)
パリ・チュルフ(Paris Turf、フランス)
レーシング・ポスト(Racing Post、イギリス)
一方、競馬が盛んな香港においては冊子状の予想紙を含めると10紙ちかくの競馬新聞が発行されており予想印こそ無いものの本命(熱門馬という)、対抗、穴(冷門馬)の予想があるほか記者による推薦レースや推奨馬、前週の予想成績などが掲載されておりレース前日には各地のブックスタンドで発売されている。また一般紙でも、レースの無い日でも競馬について紙面を割いている。
参考文献
池田和幸 『勝ち馬がわかる競馬の教科書』 池田書店、2010年。ISBN 978-4-262-14465-8。
脚注
1.^ 池田2010、28-31・38-39頁。
2.^ グリーンチャンネル『井崎脩五郎のニッポン競馬史』
関連項目
予想紙
日本の競馬新聞
執筆の途中です この項目は、競馬に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ポータル 競馬 / ウィキプロジェクト 競馬)。
執筆の途中です この項目は、報道に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:メディア)。
カテゴリ: 新聞
競馬新聞・雑誌

スポーツ新聞 - W(保存)

虎馬:スポーツ新聞 - W 
スポーツ新聞(スポーツしんぶん)とは、スポーツやゴシップ・芸能・レジャーなど、娯楽関連のニュースを中心として発行する新聞を言う。スポーツ紙(スポーツし)とも言う。
目次 1 日本のスポーツ新聞 1.1 構成・販売 1.1.1 題字の配置1.1.2 スポーツ面1.1.3 芸能・社会面など
1.2 即売の扱い1.3 その他1.4 テレビとの関わり2 朝刊紙 2.1 全国紙2.2 ブロック紙2.3 その他
3 夕刊紙4 休刊・廃刊5 海外のスポーツ新聞 5.1 アメリカのスポーツ新聞5.2 イギリスのスポーツ新聞
5.3 フランスのスポーツ新聞5.4 イタリアのスポーツ新聞5.5 スペインのスポーツ新聞5.6 韓国のスポーツ新聞
5.7 中国のスポーツ新聞6 外部リンク7 脚注
日本のスポーツ新聞
『日刊ゲンダイ』、『夕刊フジ』に代表されるタブロイド版の夕刊紙もほぼ同様の紙面構成を取るが、紙面サイズが一般紙と同一で基本的には朝刊であることが異なる。
最近は政治面・経済面など比較的硬めの記事も掲載されるようになったが、内容としては英米におけるタブロイド紙と同等の大衆紙と評される。
日本のスポーツ新聞の先駆けは、1946年3月6日に創刊された『日刊スポーツ』である。なお『スポーツ報知』(『報知新聞』)では1872年7月15日に創刊として記されているが、スポーツ新聞として新装刊されたのは1949年12月30日である。
なお第二次世界大戦直後の物資不足の時にスポーツ新聞の発行が優先的にGHQから認められた要因は、GHQが“3S政策”という懐柔策を講じて占領政策を円滑に行う事を意図したものとの主張が一部で行われているが、検証がされておらず陰謀論の域を未だ出ていない。
構成・販売
主に野球(日本プロ野球、イチロー・松井秀喜(野茂英雄ではない)が出てからはメジャーリーグベースボール(MLB)の試合のうち日本出身選手が所属する球団のカード、日本の高校野球)、サッカー(Jリーグなど)、プロゴルフといったスポーツの試合や公営競技の内容や周辺記事を主体に構成されている場合が多い。特に夏期はほとんど野球が一面を独占する。野球以外ではサッカーや中央競馬のGI競走の出走表や結果、国際的なスポーツ大会で日本選手や日本チームが優勝・準優勝を果たした場合に1面の大見出しに登場してくる。例外的にはかなり大きな社会の事件・出来事や芸能界や政界のスキャンダル・慶弔、考えられない様なトピック(例:首都高速競走馬侵入騒動など)が発生した場合、これをトップへ持ってくる事もある。またブロック紙は「地元密着」の紙面作りを心がけており、連日のように地元球団・選手を一面に持ってくる新聞が多い(例えば日本シリーズがあっても該当する地元球団が出場しない場合は、日本シリーズではなくその地元球団の話題を一面に持っていく新聞がほとんどである)。
なお、大阪で発行されるスポーツ紙(朝刊紙)は、スポーツ報知を除き連日、阪神タイガース関連の記事が少なくても1面から3面まで紙面を飾ることがほとんどである。それは、タイガースが勝った時はもちろん(その時は、勝報として4・5面までがタイガース関連になる新聞もある)、負けや引き分けた時も、また、前日に試合がなかった時やシーズンオフの時も、さらには、WBCやサッカー日本代表(関西は地域柄、サッカーに興味が薄い背景があるといわれている)の重要な試合の翌日においても、徹底的にタイガース一面にこだわる。(特に、デイリー・サンスポ)[1]。一方で、同一エリアに球団を持つオリックス・バファローズ関連の記事が1面に来るケースはほとんど皆無で、勝利した翌日も、阪神以外のセ・リーグ球団の方が扱いが大きい上にモノクロ紙面で、場合によってはベタ記事程度しか取り上げられないのが実情である。セ・パ交流戦やオープン戦として行われる関西ダービー(阪神−オリックス戦もしくはオリックス−阪神戦)の紙面扱いを見れば一目瞭然で、阪神記事が9割方を占めているのに対し、オリックス記事はやはりベタ記事程度の扱いで、阪神が敗戦してもその傾向は変わらない。
価格は一部140円が多い。ただし、日刊スポーツの大阪・西部各本社発行分は2014年4月1日、消費税が5%→8%に増税時も130円に据え置かれ、1面右上に130円と赤文字で明記されており、他紙より安いことをアピールしている。また、東海3県ではこの地域で圧倒的なシェアを持つ中日スポーツが長く100円で販売されており、それに対抗するためにスポーツ報知は100円、日刊スポーツとスポーツニッポンは120円で販売されていたが、報知は2012年4月から120円に、中スポも2012年5月から110円、2013年4月からは120円にそれぞれ値上げされ、2014年3月までは価格を据え置いた日刊、スポニチと共に各紙が120円で足並みを揃えていた。2014年4月の消費税増税に伴い、日刊・スポニチ・報知は130円に値上げされたが、中スポのみ120円と据え置いた。関東では東京中日スポーツのみが120円で、その他主要五紙は130円であった(以前デイリースポーツは120円だったが2000年頃から130円となる)が2013年4月1日から東京中日スポーツも130円に値上げされ、ここでも他紙と足並みを揃えた。しかし2014年4月の消費税増税時、主要五紙は140円に値上げしたが、東京中日スポーツのみ130円と据え置いた。なお、元旦付紙面は各紙とも一部10〜20円程度値上げして販売されることが多い。
題字の配置
スポーツ新聞創刊当時から1970年代中盤頃までは一般紙と同じように、1頁最上段は右端に題字のスペースをとり、左端に広告や天気予報、新聞社によってはミニコラムを掲載していたことがあった。
その後特に駅売り即売版の読者拡大を念頭に、1970年代中盤頃から題字を少し左にずらして大見出しを出すようになった。特にこの頃から日刊スポーツが青色(ブルーニッカン)、スポーツニッポンとスポーツ報知(当時は報知新聞)などは朱文字(後に報知は緑色=グリーン報知に変更)を採用するなどして目立たせた。
1990年代から1頁はカラー紙面を多用するようになったため、題字を左上にコンパクトにまとめたり、左端(サンケイスポーツは右端)の縦一列で題字を表示するなどしたが、現在は全部横題字(スポーツ報知は右上、スポーツニッポンは左上にそれぞれ固定。他はその日の紙面の内容により配置する場所が異なるが、概ね右上に各新聞の略称を大きく掲載している)となった。
スポーツ面
かつて巨人が絶大的人気・実力を誇った頃は全国紙は巨人の記事を一面に持ってくることが多かったが巨人人気の低下、日本人の相次ぐメジャーリーグへの進出等から巨人を一面に取り上げることは少なくなり代わりにさまざまなスポーツが一面を飾ることが多くなった。なお、現在でも巨人が勝利したときは一面に持ってきている場合が多い。またスポーツ以外の話題(例えば芸能関係やオウムに代表される話題性のある事件や小泉内閣に代表される政治関連、北朝鮮に代表される国際情勢)も一面を飾ることが多くなった。一方、阪神やソフトバンクなどの地元密着球団が成功を収めたことにより全国紙の地方版はブロック紙との対抗上から地元球団を頻繁に取り上げるようになった。
マイナーなスポーツについては扱いが小さくなる傾向があるが、オリンピックの金メダルを有望視される選手が登場した場合はいかに国内の競技人口が少かろうとも扱いが大きくなる事がある。また卓球の福原愛の様にTVで注目を大きく集めるスター選手が登場した場合にはその選手の活躍に応じて扱いが大きくなる事もある。その一方、基本的に男性向けという性質からプロレスリング、プロボクシング、K-1、総合格闘技など格闘技については「バトル面」「ファイト面」と称して常時1〜2面が確保され特に新聞社が後援する大きなイベントなどの際には別途に専用ページが一定規模確保されて広告宣伝的な意味合いも持つ選手インタビューや選手の動向などの記事が掲載される事もある。ただし、プロフェッショナルスポーツの格闘技でも大相撲に限りバトル面ではなく一般スポーツ面取り扱いとなる(これは社の運営するウェブサイトでも同様である)。また、本場所の開催時期には別途専用の大相撲面が設けられる。冬場には周辺スキー場(関東発行であれば群馬、甲信越、東北方面)の前日の積雪や天気の情報も載る。
プロレスを初めとする格闘技の結果は今や毎日掲載されるのが当たり前であるが、以前(1980年代半ば頃まで)は東京スポーツとデイリースポーツ以外では全くといって良いほど扱いが無かった。従ってその当時はプロレスファンが前日の結果を知る手段(勿論インターネットは無い時代)としていち早く情報が得られるとして、朝刊のデイリースポーツの購読はある意味必須であった(東京スポーツの方がデイリーより内容が充実はしているが、夕刊のためタイムラグの少ないデイリーが勝った)。
芸能・社会面など
スポーツ以外では釣りや芸能関係に関する情報も充実している。
社会面については2ページ程度に縮約された形で構成される。主に共同通信社から配信を受けた記事が多い。経済や政治関連の記事は通常は社会面の中に統合されており、企業の不祥事発覚や国務大臣辞任などの相当大きな出来事が発生した場合以外はスペースの小さい記事(いわゆるベタ記事)に留まる。揶揄するような切り口や見出し付けが多い。
芸能面はいわゆる持ち込みや仕込みの記事が多く、批判的な論調は少ない。テレビ局の新番組、映画の新作や完成披露記者会見、歌手の新曲、芸能人の結婚や離婚、何かしらの発表など各社の広報、宣伝担当、芸能事務所が普段から関係を持つ芸能担当の記者に執筆を依頼する。そのため週刊誌の恋愛スクープなどでも事務所の確認を得ない限り掲載しないことも多いなど、ジャーナリズムではなくパブリシティとして捉えた方が良い。テレビの情報番組の芸能ニュースの出典元になりやすく、特にサンケイスポーツは関連のフジテレビネタを多く掲載し、それをめざましテレビなどで放送されている。

駅売店を中心に売られる「即売版」といわれるものには上記の内容に加えてアダルト記事や性風俗関連の情報(これは以前女性団体から「性の商品化の助長」などとして、夕刊紙とともに槍玉に上げられたこともある)が掲載されているが、宅配の「家庭版」には無いのが普通である。
一般には宅配用に掲載されるテレビ番組欄と番組解説記事を掲載している頁を即売版ではアダルト面に差し替え、テレビ番組欄は小スペースで番組表のみを掲載する(これを「二毛作」と説明する場合がある。但し、宅配版においてもテレビ番組表とアダルト面を一緒に載せている場合=スポーツニッポン大阪・西部版やサンケイスポーツ大阪版、デイリースポーツなどがある)。なおこれらは以前は一般紙と同じく最終頁での掲載だったが、現在は殆どがダブル1面を取り入れているために中面に掲載している。
一部のスポーツ紙ではラジオについては一般紙よりは扱いが少ない場合(関東では南関東=東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のラジオ局。外国語FM放送は省略されたりする)が多い。また紙面スペースの都合でFMを載せていない場合もあったりする。
即売の扱い
また新聞休刊日(通常毎月第2日曜日。1月は元日=1月1日、5月は原則としてこどもの日=5月5日、10月は体育の日=10月第2月曜日。行わない月もある)の翌日も一部を除き、即売のみの「特別版」(号数を加算しない号外扱い)を発売している。なお、1月2日は「特別版」もないため、1年で唯一スポーツ新聞が発行されない。
コンビニ販売のスポーツ新聞は家庭版が基本であるが一部の店舗ではアダルト面が含まれる即売版が販売されており、どちらの版が置かれるかは店側の希望や新聞の配送ルートによって決まってくる。この場合、繁華街の店舗などでは即売版が置かれる事が比較的多く、一方、地元の新聞専売所経由で配送されてくる場合にはほとんどで家庭版が置かれる事になる。他方、夕刊紙については家庭版が無い為、コンビニ扱いのものでもアダルト記事が含まれている。また店舗によっては特別朝刊を販売する所もあるがこの特別朝刊については家庭版が無い為、コンビニ販売分にもアダルト面が入ることになる。発行社によって取扱いが異なるが、基本的には希望をすれば指定した版の紙面を購読することが可能である。
その他
一般紙とは異なり、訃報時や故人を除き、原則として芸能人やスポーツ選手などは敬称が略される。また、政治家でも醜聞の場合には敬称・肩書が略される事も珍しくない。
広告には、消費者金融(いわゆるサラ金、ほとんどは創業間もない「都(1)」(トイチ)と呼ばれる業者)の宣伝広告やブルーカラー職種(主にタクシーの運転手、新聞店配達員・拡張団員、土木・建設、風俗店関係)、パチンコ店関連の求人広告が多いのが特徴。また読者層からか、2000年に規制緩和された債務整理や破産手続等を担当する法律事務所(弁護士)の広告も目に付くようになっている。
記事広告という体裁もあり外見は新聞記事本記の体裁がなされているが広告代理店など発行社以外が制作した場合、本紙とはフォントや組み方の癖に違いがあり一目でそれとわかるようなものもある。
通常は欄外に「特別広告」「広告のページ」などと記載があることや、本記も独特な内容であるため区別がつけやすい。しかし最近は、発行社製作による本紙と同一のフォント・整理記者が組んだ記事広告も見受けられる。
テレビとの関わり
インターネットなどでより多種多様な情報を手に入れられる現在になっても、紙媒体であるスポーツ新聞はテレビとの関わりがとても深い。特にワイドショーなどの情報番組はこれが顕著となっている。
『やじうまワイド』では特別朝刊を使って「新聞が来ない朝はスポーツ新聞が面白い」と話題を採り上げる。
テレビのコーナーで特に取り扱う新聞記事として、野球・相撲・社会・芸能が主流である。朝の番組とはじめとする芸能ニュースはこれらを元に作られている。
朝刊紙
全国紙
全国紙の系列にあるのは以下のとおり。なお、日本経済新聞のみ、その紙面の性質(経済紙)からスポーツ新聞社は持っていない[2]。
日刊スポーツ(朝日新聞系。通称“ニッカン”):札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、那覇。 沖縄県内では、沖縄タイムス社が発行している[3]。その他の地域では、地域ごとの会社が発行。
スポーツニッポン(毎日新聞系。通称“スポニチ”):東京、大阪、福岡、札幌、名古屋、那覇。 沖縄県内では資本関係により、琉球新報社が「新報スポニチ」の名称で発行している[3]。「スポニチ」は、2004年に1社に統一。東京、大阪、福岡の3本社が紙面製作の中心となり札幌・名古屋・那覇は実質「現地印刷」の形をとる。また、大阪では2009年11月29日まで主要駅やコンビニで夕刊(即売向け早版)を発行していた。
スポーツ報知(読売新聞系、旧称及び正式名称報知新聞 通称なし):東京、名古屋、大阪、札幌、福岡。 札幌、高岡(後に北日本新聞社(芸能に関する一部記事はデイリースポーツの特約で締結)へ現地印刷を委託)では東京発行版を現地印刷の形で発行。名古屋発行版は1979年に中部読売新聞社(現:読売新聞中部支社)[3]が「報知スポーツ」の題号で創刊、1996年に他地域と同じく「スポーツ報知」に統一した。福岡では読売新聞西部本社の子会社[3]によって発行。
サンケイスポーツ(産経新聞系。通称“サンスポ”):東京、大阪。北海道・愛知県・岐阜県・山口県・九州・沖縄を除く全国で販売。
ブロック紙
ブロック紙の系列にあるのは以下のとおり。
中日スポーツ(中日新聞系。通称“中スポ”):名古屋。東海、北陸、長野県、近畿の一部で販売。
東京中日スポーツ(中日新聞・東京新聞系。通称“トーチュウ”):東京。関東及び静岡県東部・中部で販売。 両紙とも家庭に配達されるのはもちろん、駅売り版でも「アダルト記事」がない[4]。ただし風俗店関連の広告は掲載されている。
道新スポーツ(北海道新聞系。通称“道スポ”):札幌。北海道で販売。 紙面の大半は、提携紙であるサンケイスポーツ東京本社版と共有している。
西日本スポーツ(西日本新聞系。通称“西スポ”):福岡。福岡県を中心に九州(離島の一部除く)で販売。 アダルト面が存在しない(廃止時期不明)。
中央競馬面と芸能・社会面は中日スポーツとそれぞれ紙面共有している。(中央競馬面のみ、以前はサンケイスポーツ大阪本社版と紙面共有)
デイリースポーツ(神戸新聞系[2]。通称“デイリー”):神戸、東京。近畿・中国・四国・北陸・関東・静岡県等で販売。 東京では「夕刊デイリースポーツ」の題号(類似題の宮崎県のローカル夕刊紙とは無関係)で2009年11月29日まで夕刊も発行していた(主要駅、コンビニエンスストアなどの新聞スタンドを対象とした即売版専用)。
九州スポーツ(東京スポーツ系。通称“九スポ”):九州と中国地方西部で販売。 九スポは東京スポーツ系の中で「唯一の朝刊紙」であることから、他地域がフォローできなかったスポーツ関係の記事をいち早く掲載することがある。また、スポーツ報知の九州発行が始まるまでは読売新聞の販売店で宅配が取り扱われることが多かった。
その他
エル・ゴラッソ(EL GOLAZO!) サッカー専門の新聞。朝刊として発行しており、毎週月・水・金に発売される。
夕刊紙
夕刊フジ 産業経済新聞社発行。政治・経済ネタの記事が一面の中心となるのが特色。スポーツでは野球・ゴルフ関係の記事が中心となる。
日刊ゲンダイ 日本新聞協会に加盟していないため、雑誌(日刊誌)扱いで講談社系の日刊現代より発行されている。雑誌感覚での分析報道が特色。
東京スポーツ(通称“東スポ”) 中京スポーツ(東京スポーツ系。通称“中京スポ”)
大阪スポーツ(東京スポーツ系。通称“大スポ”)
ゴシップ系の記事を中心に、娯楽色を強めているのが特色。ただし昨今は夕方刊行の強みを生かし、時差が生じる欧米スポーツ関係の記事を早期報道することに力を入れている面もある。
休刊・廃刊
オールスポーツ(神戸:日刊スポーツ大阪版に統合)
フクニチスポーツ(福岡:経営不振により休刊)
さきがけスポーツ(秋田:休刊)
名古屋タイムス(名古屋:休刊)
リアルスポーツ(旧内外タイムス、東京:休刊し現在は電子版のみの「リアルライブ」)
海外のスポーツ新聞
アメリカのスポーツ新聞
スポーツ・ビジネス・デイリーなどが有名。
イギリスのスポーツ新聞
スポーティングライフ(en)などが有名。
フランスのスポーツ新聞
レキップなどが有名。
イタリアのスポーツ新聞
ガゼッタ・デロ・スポルトなどが有名。
スペインのスポーツ新聞
マルカなどが有名。
韓国のスポーツ新聞
日刊スポーツ、スポーツワールド、朝鮮日報傘下のスポーツ朝鮮、京郷新聞傘下のスポーツ・カン、ソウル新聞傘下のスポーツソウル、東亜日報傘下のスポーツ東亜、韓国日報傘下のスポーツ韓国等が知られている。
中国のスポーツ新聞
東方体育日報などが有名。
外部リンク
スポーツ新聞.com(オリジナルのスポーツ新聞を作ってくれるサービス)
脚注
1.^ http://blog.hangame.co.jp/suyakata1970/article/40499185/
2.^ a b 但し、神戸新聞系のデイリースポーツとスポーツ面の記事における写真の提供や、東京版の委託印刷、および中京圏を除く本州各地と四国地方の一部日本経済新聞新聞販売店での取り扱いなどによる提携はある。また神戸新聞も日経新聞の兵庫県向け紙面の委託印刷を請け負っている
3.^ a b c d 広義のフランチャイズ契約。
4.^ 東京中日スポーツは2010年9月まで、駅売り版に限りアダルト面があった。
執筆の途中です この項目は、スポーツに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:スポーツ/Portal:スポーツ)。
カテゴリ: スポーツ新聞

アフリカ支援1.85兆円!毎日新聞

ブログネタ
アフリカの軍事情勢 に参加中!
毎日新聞7/11(土)朝刊
ラクイラ・サミット閉幕
食料増産:3年間=200億$
サミット:
アフリカ支援に1兆8500億円
食糧増産で - 毎日jp



BOOKOFF株式取得・・

ブログネタ
経済トピックス に参加中!
S級good news
講談社と小学館、集英社が新古書チェーン店「ブックオフ(BOOKOFF ...
大日本印刷 6.6%
丸善 5.57%
講談社 4.29%
小学館 4.29%
集英社 4.29%
図書館流通センター 3.86%
合計 28.9%
追記未定・・

出版ニュース-ShuppanNEWS-
出版ニュース(出版ニュース社)
| カレントアウェアネス・ポータル

出版ニュース社の出版物
日本の出版統計--『出版年鑑』2009年版にみる書籍、雑誌、出版社

ポメラ!デジタルメモ!キングジム!文化放送

デジタルメモ『ポメラ』キングジム   手帳(10億円×α)
本体希望価格26000円【無理】USB等風呂具使用可能出模・・
新報道2001〜:日本元気劇場FM東京
(土)25:00公式サイト橋本ひろしと語り合おう。
Wiki竹村健一のずばりジャーナル(ニッポン放送)終了
(日)7:00Wikiハイ!竹村健一です文化放送
21:30A&G GAME MASTER GT-R AMspec
22:00ガンガンラジオ
23:30朴ろ美・宮野真守のポケ声ファイト!
24:30堀江由衣の天使のたまご
25:00智一・美樹のラジオビッグバン
25:30ラジオトータル・イクリプス
(月)21:00田原総一朗 オフレコ!
25:00島谷ひとみのKeep up spirits!
(土)7:00幸田真音のIt’s Mine!
21:00〜A&G超RADIO SHOW〜アニスパ!〜
23:00〜A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン
27:00〜白石涼子の聞かなきゃ☆そん♪Song!
FM東京:〜GIRLS LOCKS!〜/北乃きい/榮倉奈々
荘口彰久 DHC COUNTDOWN JAPAN

新聞

ブログネタ
新聞について語る。 に参加中!
新聞
真知宇

10/24日経MJより

ブログネタ
副収入 副業 サイドビジネス に参加中!
100円飲料自販機(↓↑商品供給)

コカコーラ・グループ 1.2兆円(98万台)推定

サントリー↓ 0.62兆円(44万台)
ダイドードリンコ↓ 0.159兆円(29万台)
カゴメ↑↓ 0.2兆円(0.6万台)
アサヒ飲料↑ 0.25兆円業務統合カルピス0.12兆円(アサヒカルピスビバレッジ18万台)

ヤクルト本社 0.32兆円(7万台)↓
キリンビバレッジ 0.4兆円(21万台)

サッポロ飲料 516億円(4万台)提携? ポッカ 0.1兆円(9万台)
伊藤園 0.33兆円(12万台)

10/20新聞で見かけたNEWS園他・・

10/20(月)
MJ日経流通新聞20面・・・【幼稚園時代⇒PROGAMEクリエイター】40年遅例
玩具国内市場4年振+3%6709億円(26兆円可能)
大人もブロックブーム(115億±市場)
ASOBLOCK(アソブロック)マーゼンプロダクツ
ナノブロック(河田)10月末予定
戦艦/空母(ハセガワ)
「つくって走ろう!でこぼこモータース」セガ(横浜市)
Wammy(ワーミー)コクヨS&T
日経産業新聞(時々HIT)3面
「ウェッブ2.0」企業に暗雲
ロン・コンウェイ氏七日2通メッセージ投資先CEO(2000年同)

初見!?日経産業新聞9/11『見所』

ブログネタ
日本経済 に参加中!
喜連川優(東大)戦略融合国際研究センター長
250エクサ(百京)2007末
1ゼタ(10垓)3年後

1999〜日本語サイト:『百億ページ』

Google関連情報・・次回未定・・
(朧外記憶:今年可来年Google【メタデーター】完成!脳筈but
.DNA解析時/超成果未確認)・・↑500T(テラ)
(逆算:90%以上スタンドアローン?Google検索不可能圏外〜
99%理解不可能日本(Es英)語以外〜999‰塵未満出魔傲愚以下)
=Z(ゼタ)情報注見る価値或脳派output(自分)之K倍百G(敵ST換算百兆分の1位)位?
続きを読む
記事検索
NOCLICKNOWRITE
↓ブログ王↓
ランキングはこちらをクリック!
【卵王入点功徳握世数評価】
↓学問・科学/教育・学校↓
くる天 人気ブログランキング
NOINPOINTFAINALEND
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ 
【卵王入点十票風呂具更新】   ★インフォブログランキング★   i2iPPPレントービン環境税政

↑【入点重要来点未効】↑
韓国ドラマ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
Twwiter
カテゴリ
フォローミー!
アクセスカウンター

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
PING+メタグ




livedoor 天気
  • ライブドアブログ