どうやらこういうことらしい

苫ピケ51世紀宇宙論2015長谷川慶太郎大局を読む!824シアトル警戒宣言3119日本特別警報!ゼロ秒思考×スマートノート×メモは命の恩人だ!エジソンパンセ月日時分朝鮮核ミサイル放射能非情警報津波予知夢!曜日年IDEA理想実現ACCOMPLSHMENT SHARE MEETING理想実現株式懐疑評議(ビットストック)【毎月改題】理想未来成功株式会社VIC DATA入門VASIC INTELL(IGENTSI)】【地獄で眠らせた悪魔が眠りながら成功する方法不幸運予告!あなたは絶対通信電話営業放送TV地獄コンテナトレーラ自爆密輸虎筑談腐宅魔死スモークワゴン1BOX拉致専用車マイクロ電磁気超低周波犯罪攻撃公害ストパトカー原因でもっとも運(輸)が悪くなる!宇宙一シンプルア・カペラ交響曲合唱ライヴ人生哲学が不味苦いく人は理想実現宝島知図で考えぬ!加速失敗成功!=超絶真逆】【⇒超絶完全理想美少女同位同格同価値同意味レベル(DATA残存価値FCFC小学生十万人下仙ゲーマー中学生三万人SLGSLG高校生一万人根源助士代生三十万人環境トボケ屋観察記録学者グラディエーター十万人怠者人間分析アナリストマスター三万人アデプト超人号泣虫社会評論博士ドクター一万人悪口宇宙研究職員リサーチャー三千人時空般布I$追掛表金講師社員千人平空パラレル片呂具模型モデル腰銀着助手STAF三百人次元同人頑固者落伍準教隊係百人無限GAME誠実清遊運蓄教授親委三十人究極事典慣板知識人絶対雑誌襟糸穴運特任近部十人超越アーティスト作家特待郎室三人絶唱画家親分特別護総ノーベル賞一人)限定忍辱解脱!直接リクエスト民主主義人気卵王一日一台各一回合計最大十回迄i2iくる天園他握世数上位確認更新予定三国人在日特権満州朝鮮韓国帰化同和教朝売国奴霊商工作陰影闇金裏金権力亡蛇地頭鬼屋全滅お釈迦ブードゥー物狂法華兇軍国日教組顕正怪異騒怨釈加害創価学会統一教会摂理GLA他多数特定秘密下忍間諜報連相克絶縁希求吸血鬼LISTポーサキュインヴァンパキュラ消滅希求ブードゥー全滅お釈迦山法華経SATAM教超絶仏滅神命】宗SPトーカーモルモット被害者超神才格名預言Twiter主活注!

【重要発見】

【KAITO】深海少女(アナザー)【超神歌四十二年】

【KAITO】深海少女(アナザー)
https://youtu.be/uUqRYbAJbaM 
42×365×24×3600×138億×400京$=42億京京⇒42載×2.6万光年=108極
【初音ミクオ】深海少女(アナザー)【完成版】
https://youtu.be/IG9B_CF4v0g
【初音ミク】 深海少女 【オリジナル】
https://youtu.be/vPUtUmSy47U 
前回第一弾
初音ミク -Project DIVA- Arcade 「深海少女」 PV (深海少女)【神歌四十年】
http://blog.livedoor.jp/apronzdus262-3737rights/archives/51857296.html 

コンプレックスをプラスに活用

虎馬:http://complex-plus.net/
あらゆる不幸の原因のコンプレックス。死ぬほど嫌だと思うかもしれません。
しかし感謝しながらプラスに活用することが出来れば凄い力になるのです。
よく「コンプレックスをバネに」と言いますよね。
「コンプレックスは本当にバネになるの!?」と思う方もいるでしょう。
答えは「自分次第でコンプレックスはバネに出来る」のです。

とても簡単にご説明します。もしもあなたがコンプレックスに苛まれているのなら
、コンプレックスのマイナスの力を思う存分味わったと思います。
つまり何もしなくても無意識でコンプレックスについての思考が出てきてしまいまいますよね?
それこそがコンプレックスが無意識に促すマイナスの力です。

では、もしもそのコンプレックスが促すマイナスの力がプラスに変わったとしたら如何でしょうか?
凄く強い力でプラスを促してくれるのです。それこそがバネにするという事なのです。

コンプレックスの説明はこちらを合わせてお読みいただくと理解しやすいと思いますが、
「複合的な感情の纏まり」のことを言います。
つまり沢山の感情が無意識の中で纏まって絡み合ってこんがらがっているようなイメージです。
コンプレックスの核の部分には傷があります。

これは何もマイナスだけがコンプレックスではないのです。
「複合的な感情の纏まり」が「複合的なプラスな感情の纏まり」になったとしたら、
無意識にプラスなことが起きやすくなるのです。ですがそう簡単には無理です。

「複合的なプラスな感情の纏まり」にするには、複雑巧妙に絡み合った感情を紐解いていき、
その奥にある「傷」を癒す必要があります。
パソコンで言えば一つのフォルダの中にアプリケーションとしての
色々な画像やファイルが混同しごちゃ混ぜになって
無関係なファイルなども混ざり破損しているファイルもあるイメージです。
ですので不要なファイルは削除して整えて破損したファイルを修復し
正しく動くようにすると便利なアプリケーションとして利用できる。というイメージです。

「破損したファイルや無関係なファイルなど」が
「修復され便利なアプリケーションとして利用できる」というイメージが。
「複合的な感情の纏まり」が「複合的なプラスな感情の纏まり」になるという事です。

まず、出来ることはコンプレックスである「複合的なマイナスな感情の纏まり」
に向き合って一つずつプラスな解釈に変えて行く事が大事です。
つまり「過去を振り返り過去に向き合う」のです。過去に向き合う事は痛みを伴います。

しかし、それらの痛みの原因への解釈をプラスに変えることが出来たのなら
、とても素晴らしい財産になるでしょう。

例えばメサイアコンプレックスの方は親切の押し売りをしてきて迷惑をする方もいます。
しかしメサイアコンプレックスの方が「押し売り」をしなくてもいいように変われば
「とても人の役に立って喜ばれる人」になれる可能性があるのです。
「劣等コンプレックスに苛まされた人」は劣等コンプレックスを克服すれば
「正しく比較し喧嘩の仲裁などが出来る力」になる可能性もあるのです。

コンプレックスの核は傷ですから「傷つけ合う事をやめて癒し合うこと」が必要です。
人は無自覚で傷つけ合っています。


【謝るとは】
相手の視点での傷を、全て受け止めたことを伝えること

【供養とは】
生前の相手(ペットも)との縁で起こした自分の間違いを、
本質から気付くことで心の中で相手との気付きを供に養なうこと。
供養の意味は履き違えてはいけない。心の中で縁したものは生きている。

上記は私が個人的に思っていることです。


何故、心の問題が一向に根本解決できないのか?

それは、これらを薬だけで治療しようと考える事自体が間違いであるからです。
そもそもこれらの問題を当サイトでは病気だと考えておりません。
病気ではなく能力なので、わざわざ能力を潰すのではなく、
自分向上の前の壁だと思って下さい。

原因とは?

心の奥底まで見なければ原因はわかりませんし、人の数だけ原因も多種多様ですので
、一概に原因はこれだ!というものはありません。
一人一人すべて違うもので、更に原因は一つではなく無数にあるのです。

原因は、絡まっている毛糸の玉のようなもので解くのに非常に時間と精神力、
そして知恵、無意識レベルの知恵が必要なのです。
この見極めの難しい原因を見つけ出さなくては根本原因は見つけ出せません。

それでは、ポイント1からポイント9まで順番に説明をさせていただきます。

※ポイント1から全てに共通しますが、
無意識的影響は本人が気が付くことは基本的に出来ません。
自分で安易な判断は危険です。

1.どこにも行けない

お店や美容院、他者と関わるような場面に行くと、息苦しくなったり過呼吸、
パニック発作のようになったりする方は病気だと思うのではなく、
何故そうなるのか?何故自分はどこにも行きたくないのか?
行けないではなく行きたくないのか?という視点で原因を見つけなくてはいけません。

2.人の視線が怖い

幼少期などから、自分が行う事を逐一注意されたりしてきていることが多く、
それが慢性化してしまっているので、この細かい圧力をかけている人間を見つけ出し、
離れることが大事です。気づいていない事で恐怖の理由が分からず怖くなっている事もあります。

3.自分が出せない

これも上記と同じで、自分が行う事を逐一注意されたりしてきていることが多く、
それが慢性化してしまっているので、この細かい圧力をかけている人間を見つけ出し、
離れることが大事です。

4.常に何かに縛られている気がする

家族など、関わりの多かった人や自分に影響の大きかった
人が不安をあなたに投げかけています。
その不安や恐怖の負担をあなたに投げかけることで
自分にメッキをかけて偽物の安心を手にしている人がいます。
その人からの無意識への縛りが原因ということが多いです。

5.外食ができない

緊張して手が震えたりドキドキしたりするかと思いますが、
震えとは心と体のバランスが崩れた状態を元に戻す為に
神経組織が行う自然の反応が震えなのです。
では何故、心と体のバランスが崩れた状態が食事中に起こるのか?
これは、食事中(食欲を満たす)時に人は無意識が表に出てきます。
表に出てきた無意識は普段よりも変化をさせることが可能になります。
よって人をプラスかマイナスで分けるとすると、
マイナスな人は食事中にプラスの人をマイナスにしようとする
為の会話などを気が付かないレベルで出してきます。
洗脳の手法もまず人の無意識を表に引っ張り出し、
そこにある暗示などを入れ込んでいきます。
そうすることで本人に気が付かれず変化を起こせるのですが、
こういったことを無意識的に行ってしまう人も多くいて、
そういった洗脳的会話から身を守りたいと無意識的に反応するのが会食恐怖、
対人恐怖、視線恐怖などです。言い変われば自己を防衛する大事な手段なので
病気だと思ってはいけないです。恐怖で体や手が震えるのは自分にとって有益なことなのですよ。
無理にこういった症状を治そうとすること自体が自分への裏切りなのです。
自分が、今は敵だらけで無意識を操作されていますよーと教えてくれているようなものなのです。
自然が一番です。

6.コミュニケーションがとれない

これはコミュニケーションがとれないのではなく、
無意識の自分がコミュニケーションをとるな!
と自分自身にメッセージを送っているようなものです。
なぜかと言うと上記の『外食ができない』に書きましたが、
知らず知らず無意識に変化を起こさせられているので、
これ以上は危険だと言う危険信号を自分の無意識が発しているのです。
こういった期間はコミュニケーションをとらないほうが無難です。

7.すぐイライラしてしまう

これは自分の無意識の中がぐちゃぐちゃで対処する能力がないので
イライラするしかできないので、能力を高めなくてはいけません。
怒りは二次感情で一次感情のメインは悲しみです。
起こってしまう時はどうして自分は悲しいのか自分の本当の気持ちに気づきましょう。

8.自然が大好き

これも無意識が癒やしを求めています。癒される必要があるからです。

9.体調が悪い

自己認識に迫られている状態で原因不明の体調不良がある場合、
これは無意識から危険信号が出ていて、
早く問題解決をしなさいというくらい急いで解決しなければいけない問題が
あることを意味している場合が多いです。

これらの不都合が何故能力なのか?

それは人の本質は無意識にあり、こういった心の病気や問題を抱える方は、
精神的に向上できるチャンスが目の前に迫っているのです。

人は中々無意識の高度な感情システムに気が付けないのですが、
僅かですが感じ取る能力があることで、そういった症状が出ているからです。
ですので負けないで向上していけばその先には必ず成功があります。
ただし成功に近くなればなるほど失敗しやすくなり、
否定、批判、苦しい、辛い、悲しい、ことが増していきます。

コンプレックスをプラスに活用

あらゆる不幸の原因のコンプレックスに感謝しながらプラスに活用して
人生を変えて見ませんか?あなたを不幸にしている正体は、
実は外ではなく、あなたの中に潜んでいるのです。それがコンプレックスであり、
自分との闘いでもあり、自分が成長し向上する為には無視しないほうが
良いのがコンプレックスなのです。マイナスなコンプレックスがプラスに変われば、
それはあなたの能力です。眠っている能力を引き出す鍵は「勇気を取り戻す」ことです。
勇気の力とプラスな解釈と本気でマイナスのコンプレックスは
ダイヤの原石のようなもので自分次第でプラスのコンプレックスにもなるのです。

一緒にいるだけで周囲を幸せにしていくような人は「プラスなコンプレックスの持ち主」です。

※このサイトで書かれている事はすべて管理人個人の意見ですので、
一切責任は負いませんので自己責任でお読み下さい。

【艦これ】 艦娘100名最期の言葉【リンク】

虎馬:【艦これ】 艦娘100名最期の言葉
http://youtu.be/FI1f6aP9TuQ 

関連:超∞数学入門=トップをねらえ!劇場版 ガンバスター合体シーン 

十次元IQ1100米国意識日本問題

対中対韓デマゴーグ意識問題 
会長が在日の在特会「駆虎呑狼の計」=在米朝鮮韓国中国SPY工作日系人
(四日補足:八次元IQ900中国虐殺ドラゴン阿頼耶識)
【十二日22:46追記:在米朝鮮日系人ノリミツ・オオニシ - W(保存)
在カナダ日系朝鮮韓国人=日本天皇⇒地球天皇不可能?

南京大虐殺=広島?死亡者毎年増加人口異常
一:当時直接虐殺死亡数【第一直接最大原因死亡者数】
二:当時間接逆説死亡数
三:当時関連家族死亡数
四:一年推定死亡数
五:数年推定死亡数
六:十年推定死亡数
七:数十年推定死亡数
八:七十年推定死亡数
九:危篤重症手術被害者換算死亡者数
十:入院通院負傷被害者換算死亡者数
十一:中傷軽傷被災者換算死亡者数
十二:金融物理被害換算死亡者数編入
十三:軍事経済政治教育宗教被害死亡者数編入
十四:建設情報出版企画修行被害死亡者数編入
十五:子孫絶滅強制中絶強要堕胎実質流産死亡者数編入
以下続く・・時無・・次回予定未定
【実際被害者桁違い即死26倍標準平均】
四大公害病
痛い痛い病  富山県
四日市ぜんそく イオン 
水俣病  皇后
新潟水俣病 角栄

ポール・クルーグマン - W(保存)

虎馬:ポール・クルーグマン - W 
Krugman at a press conference at the Royal Swedish Academy of Sciences in Stockholm, 2008
生誕
1953年2月28日(61歳)
ニューヨーク州オールバニ
国籍
アメリカ合衆国
研究機関
イェール大学
MIT
LSE
スタンフォード大学
プリンストン大学
研究分野
国際経済学, マクロ経済学
母校
MIT (PhD)
イェール大学 (学士号)
影響を受けた人物
ジョン・メイナード・ケインズ[1]
ジョン・ヒックス[1][2][3]
ポール・サミュエルソン
論敵
塩水学派と淡水学派[4][5]
オーストリア学派

実績
国際貿易理論
新貿易理論
経済地理学

受賞
ジョン・ベーツ・クラーク賞 (1991)
アストゥリアス皇太子賞 (2004)
ノーベル経済学賞 (2008)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者
ノーベル賞
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:貿易パターンと経済活動の立地に関する分析

ポール・クルーグマン(Paul Robin Krugman, 1953年2月28日 - )は、アメリカの経済学者、コラムニスト。プリンストン大学教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を兼任。

1991年にジョン・ベーツ・クラーク賞、2004年にアストゥリアス皇太子賞社会科学部門、2008年にはノーベル経済学賞を受賞した[6][7]。



目次 [非表示]
1 略歴
2 業績
3 主張 3.1 アメリカ
3.2 欧州
3.3 日本
3.4 中国

4 人物
5 邦訳著作 5.1 単著
5.2 共著

6 脚注
7 関連項目
8 外部リンク


略歴[編集]
##1974年 イェール大学卒業。
##1977年 マサチューセッツ工科大学でPh.D.を取得。
##1977 - 1980年 イェール大学(助教授)。
##1982 - 1983年 レーガン政権で大統領経済諮問委員会委員を務め、IMF、世銀、EC委員会のエコノミストを務める。
##1980 - 1994年 マサチューセッツ工科大学(准教授、1980 - 1984年。教授、1984 - 1994年)。
##1994 - 1996年 スタンフォード大学(教授)。
##1996 - 2000年 マサチューセッツ工科大学(教授)。
##2000年 - プリンストン大学(教授)。
##2005年 - ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(教授)。
##2000年からニューヨーク・タイムズのコラムを担当している。

業績[編集]

国際貿易理論に規模による収穫逓増を持ち込み、産業発生の初期条件に差がない国同士で比較優位が生じて、貿易が起きることをモデル化。このモデルは、自動車産業など同種の製品を作る産業が、アメリカやヨーロッパ、日本にそれぞれ存在して、互いに輸出しあっている現実を反映する[8]。

続いて国際貿易理論を国内の産業の分布に当てはめ、地域間の貿易をモデル化。ハリウッドやデトロイトなど特定の産業が集約した都市が、初期の小さな揺らぎから、都市として成長して自己組織化する、都市成長のモデルも作り上げた[8]。

また、変動為替相場では、投機家の思惑が自己成就的な相場の変動を作り出し、変動為替相場が本質的に不安定であることを示した。

主張[編集]
##2012年現在続いているアメリカと欧州連合(EU)の金融危機の終わりは遠いとし、ドイツ主導の緊縮政策が1930年代のような経済恐慌をもたらす恐れがあるとの見方を示している[9]。クルーグマンは、2010年当時、緊縮策は「ひどい考えである」と述べていたが、2014年11月4日にIMFの内部監察を行う独立評価機関(IEO)報告書で、IMFが2008年の金融危機後に主要先進国に緊縮策・予算削減を求めたことは誤りだったとの判断を示したため、クルーグマンなどIMFに批判的だった識者の見解の信頼性を高めることにつながった[10]。

アメリカ[編集]
##グラム・リーチ・ブライリー法の発起人であるフィル・グラム上院議員を「金融危機の父」と呼んだ[11]。
##サブプライム住宅ローン危機が起きる前、クルーグマンはFRBが行っている継続的な利上げが、アメリカの住宅バブルを崩壊させる可能性があると指摘していた[12]。リーマンショック後、政府が適切な雇用創出政策が実現可能でなかったことについて「多くの経済学者は、雇用危機解決の道筋を示す代わりに、インフレと負債への恐怖を極端にあおり、自らが問題の一部となってしまった」と述べている[13]。
##著書『さっさと不況を終わらせろ』(2012年)では、アメリカでの失業率が高止まりした状況に、有効な手を打てずにいるアメリカ政府・FRBを批判している[14]。
##2013年の段階で、米国大統領バラック・オバマによる最低賃金を時給9ドルに引き上げる政策を歓迎している[15]。低所得者のインフレを加味した実質給与水準が上昇し、とりわけ勤労労働者の待遇が改善されるためであるとしている。また最低賃金の上昇で、勤労所得税額控除の使用者への利益が低所得者へより多く配分されるようになるとしている。

欧州[編集]
##2014年5月27日、ポール・クルーグマンはポルトガル・シントラで開催されたECBフォーラムで、ユーロ圏が日本型のデフレーションに陥る恐れがあると言明し「インフレ率が過度に低いとの理由で経済が持続的に低迷している状況を静観し、1933年のようなデフレスパイラルに陥りそうになった段階で対処しようとしても、阻止することはできない」と指摘している[16]。クルーグマンは、欧州中央銀行(ECB)と他の中央銀行は、1990年代以降据え置いているインフレ目標の水準を引き上げる必要があるとの考えを示した[17]。

日本[編集]
##1980年代のバブル不況後の日本の経済をニュー・ケインジアン的なモデルを使ってモデル化し、流動性の罠に落ちていることを指摘した[18]。流動性の罠は発生原理の説明がないことをリチャード・ヴェルナー(英語版)から批判されている[19]。2000年6月、日本銀行執行部はゼロ金利政策の解除へ傾いていたのに対し、クルーグマンなどの学界はゼロ金利政策を超えた金融緩和政策に踏み切るべしと主張し、両者は激しく対立していた[20]。日銀はクルーグマンの分析を熱心に取り入れていた(2003年時点)[21]。クルーグマンは、1990年代、2000年代の日本銀行の政策判断について「間違いだった」と指摘している[22]。 ##デフレ不況に対する日本政府や日本銀行の対応の遅さを繰り返し批判してきたが[23]、2007年以降の金融危機には、かつて自分の主張を受け入れなかった日本の政策当局と同じことしか出来ないアメリカ当局を目の当たりにして「同じような状況に直面し我々も同じことをしている、日本人に謝らなければならない」と自虐的に嘆いてみせた。クルーグマンは「アメリカも日本以上にひどい対応をしている。アメリカは財政を緊縮させ、不適切な金融政策をとってきた」「歴代の日銀総裁にもおわびしなければならない。しかし、決して彼らが正しかったからではない。間違いだった。『正しい政策判断をすることがいかに難しいか、今なら理解できる』という意味で、おわびしたい」と述べている[24]。
##2014年10月31日、クルーグマンはニューヨーク・タイムズに「日本への謝罪」と題するコラムを寄稿し、欧米の政策に関して「2008年以降は、日本がかすむほどの失敗だった。我々は、日本に謝らなければならない」と述べた[25]。クルーグマンは、日本の「失われた20年」は、「反面教師として、先進国経済が進むべきではない道を示してきた」と述べ、自身の批判そのものは間違ってはいなかったが、認識が甘かったとしている[26]。クルーグマンは、欧米が日本の教訓を生かせなかった理由について「我々の社会に巣食う根深い格差のためだ」と述べている[26]。

##日本銀行が多額の日本国債を引き受けることに関連するインフレーションについては「人々の消費がその経済の生産能力(供給力)を超える状態のときに限り、紙幣増刷由来のインフレが発生する」と述べる[27]。というのも流動性の罠に陥っている状況では、IS-LM分析でLM曲線がフラットになっているためにマネタリーベースの増加が金利上昇を喚起しないからである[28]。
##クルーグマンは日本が長期不況から抜け出すための解答自体は極めて簡単であり、お金を大量に刷ること(Print lots of money)で需要を喚起し[29]、インフレ期待を作成することが経済を拡大する唯一の方法であると述べている[30]。クルーグマンは、現時点で金融緩和の余地がなくても、将来の時点では金融緩和の余地があるためそれにコミットすることで、流動性の罠から脱出できるとしており、将来の金融緩和の具体案としてインフレ・ターゲットを提示した[31]。クルーグマンのインフレター・ゲット政策の核心は、市場参加者の期待形成に影響を与えることにある[31]。クルーグマンの提案は、実質金利の低下によって経済の不安定性を解消させるというものである[32]。クルーグマンは著書『危機突破の経済学』で「日本の場合、大型の財政政策は難しく、金融政策としてのインフレ・ターゲットを導入するべきである」と指摘していた[33]。 ##流動性の罠に陥った状況下で信頼できるインフレ期待をどのように作るのかと尋ねられた際、クルーグマンは「金融政策でできることは何もない」と譲歩していた。そして、「この場合、一時的な財政政策が効果的だ」と述べていた[34]。クルーグマンは「日本が高水準の財政支出を長期間続けることは可能ではない。GDP比で10%を超える財政赤字はしばらく続けられるが、いつまでもできるかというと別の問題である。政府債務の水準は非常に高く、急速に拡大していくので遅かれ早かれ問題のある状態に陥ってしまう。財政政策が答えでないのであれば何があるのか。そこに金融政策という答えがある」と指摘している[35]。

「流動性の罠#合理的期待形成学派の対策」も参照
##日本の低成長について「日本には大きな長期的問題があり、基本的には日本人の不足が問題だ」「日本の人口動態はひどい。労働年齢人口1人当たりの成長はさほど悪くない」と指摘している[36]。
##安倍晋三首相が取り組んでいる経済政策「アベノミクス」について「素晴らしい結果を伴っている」と評価しており[37]、「プリンストン大学の経済学者達が十数年前に書いていた論文に内容がそっくりだ」と述べている[38]。クルーグマンは「日銀が方針を転換し、2%の物価目標を掲げ、その効果を持続させるために政府が短期間、財政出動をし景気を刺激する。医師が処方したとおりのことを実行している」と述べている[39]。また「消費増税した日本がこれでうまくいけば、世界各国のロールモデルになることは間違いない。積極的な対策をとれば必ずデフレから脱却できるという強いメッセージになる。世界の多くの国が固唾を呑んでその行方を見守っている。今(2013年)、世界経済を救うために、日本が必要とされている」と指摘している[40]。 ##第2次安倍内閣での大胆な金融政策・量的緩和によってこの提言がマクロ経済政策に反映される形となった。しかしながら長期にわたるデフレのために依然として実質金利が高止まりしており、日本経済がデフレを脱し健全な経済成長をするまでは消費税の増税をするべきではないとの認識をクルーグマンは示している。もし脆弱な景気回復の中で消費増税を行えば、一時期の回復が自滅的な結果に終わってしまう可能性があることが懸念されるとしている[41]。財政規律の名のもとに、回復基調の経済を危険に晒すことは愚かなことだとクルーグマンは論じる。

中国
##人民元の為替レートが人為的に低水準に保持されていることに言及し「ドルが下落するにもかかわらず、一貫して人民元の対ドルレートを固定させる政策は、世界経済に大きな害を与えている」と述べている[42]。
##中国経済は、2014年現在の中国の経済は投資バブル状況にあり、金融危機が生じる可能性が高く、バブル崩壊がすれば中国経済は日本で起きたことよりもひどい惨状になるとしている[43]。

人物

時の権力者や経済学の先人たちそして通説をバッサリ切り捨てる容赦ない批判姿勢は、激しい反発や非難を受けることが常だった[44]。ニューヨーク・タイムズ紙のサイト上に持つブログ「The Conscience of a Liberal」では、リベラル派の立場から保守派に論争をしかけ、エコノミストのブログ空間上で常に議論を巻き起こし続けている[14]。ニューヨーク・タイムズに寄稿するコラムがマーケットを動かすと言われるほどの影響力を持つ[45]。
##専門の国際経済学の分野以外でも積極的に発言しており、反ジョージ・W・ブッシュの旗手としても知られる。経済学者の祝迫得夫は「2008年にノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンはある意味、政治的だった。当時はアメリカ大統領選直前で、欧州の知識人はブッシュ政権にうんざりしていたため、ブッシュを激しく批判していたクルーグマンを持ち上げるような意味合いがあったのではないか」と述べている[46]。また、2008年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙のキャンペーンでヒラリー・クリントン候補のメディケア政策を擁護した[47][48][49]。この結果、メディケアに対してバラク・オバマ陣営が当初表明していた共和党寄りの方針[要出典]を撤回させ、民主党の本流の政策[要出典]に転換させることに成功している。ただし、この論争がしこりとなりクルーグマンは民主党の要職から外れることになった[要出典]。
##自身について、貿易交渉については専門ではないとしており、特に政治的な側面は分かっているつもりはないと述べている[50]。
##SFファンとしても知られ、アイザック・アシモフの「銀河帝国の興亡」に登場する心理歴史学者ハリ・セルダンにあこがれたことが、経済学の道に進む動機になったと語っている。1978年(イェール大学時代)に「恒星系間貿易の理論」をパロディ論文として著したり[51][52][53]、イグノーベル賞の講演で、地球全体の輸出入総計の不均衡の原因を宇宙人に求めるおふざけ講演などを行っている。
##一回離婚しており、プリンストン大学の同僚ロビン・ウェルスと再婚している。

邦訳著作
2008年12月7日、スウェーデン王立科学アカデミーにて
単著[編集]
##Exchange-Rate instability ##『為替レートの謎を解く』 伊藤隆敏訳 (東洋経済新報社, 1990年)

##Geography and trade ##『脱「国境」の経済学 産業立地と貿易の新理論』 北村行伸訳 (東洋経済新報社, 1994年)

##Peddling Prosperity ##『経済政策を売り歩く人々』 伊藤隆敏 他訳 (日本経済新聞社, 1995年)

##Pop internationalism ##『クルーグマンの良い経済学悪い経済学』 山岡洋一訳 (日本経済新聞社, 1997年)

##The Self-Organizing Economy ##『自己組織化の経済学 経済秩序はいかに創発するか』 北村行伸訳 (東洋経済新報社, 1997年)

##Has the adjustment process worked? ##『通貨政策の経済学 マサチューセッツ・アベニュー・モデル』 林康史訳 (東洋経済新報社, 1998年)

##Collected Essays of Paul Krugman Appeared in Foreign Affairs ##『資本主義経済の幻想 コモンセンスとしての経済学』 北村行伸訳 (ダイヤモンド社, 1998年)

##The age of diminished expectations ##『クルーグマン教授の経済入門』 山形浩生訳 (メディアワークス, 1998年)

##The Accidental Theorist : And Other Dispatches from the Dismal Science ##『グローバル経済を動かす愚かな人々』 三上義一訳 (早川書房, 1999年)

##The return of depression economics ##『世界大不況への警告』 三上義一訳 (早川書房, 1999年)

##Development geography, and economic theory ##『経済発展と産業立地の理論 開発経済学と経済地理学の再評価』 高中公男訳 (文真堂, 1999年)

##Rethinking international trade ##『国際貿易の理論』 高中公男訳 (文真堂, 2001年)

##Japan's trap ##『恐慌の罠 なぜ政策を間違えつづけるのか』 中岡望訳 (中央公論新社, 2002年)

##The Great Unraveling ##『嘘つき大統領のデタラメ経済』 三上義一訳 (早川書房, 2004年)

##The Conscience of a Liberal ##『格差はつくられた 保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略』 三上義一訳 (早川書房, 2008年)

##The return of depression economics and the crisis of 2008 ##『世界大不況からの脱出 なぜ恐慌型経済は広がったのか』 三上義一訳 (早川書房, 2009年)

##『さっさと不況を終わらせろ』山形浩生訳 2012年 ISBN 978-4152093127

共著
##International economics : Theory and policy ##(モーリス・オブズフェルド)『国際経済 理論と政策』 竹中平蔵他訳 (サイエンス社, 1990年)

##Trade policy and market structure ##(エルヘイナン・ヘルプマン)『現代の貿易政策 国際不完全競争の理論』 大山道広訳 (東洋経済新報社, 1992年)

##The Spatial Economy : Cities, Regions, and International Trade ##(藤田昌久他)『空間経済学 都市・地域・国際貿易の新しい分析』 小出博之訳 (東洋経済新報社, 2000年)

##It's Baaack!Japan's Slump and the Return of the Liquidity Trap, Japan : Still Trapped, Further Notes on Japan's Liquidity Trap, Delusions of Respectability, Time on the Cross ##(ラルス・E・O・スヴェンソン)『クル−グマン教授の〈ニッポン〉経済入門』 山形浩生訳 (春秋社, 2003年)

##Macroeconomics ##(ロビン・ウェルズ)『クル−グマン マクロ経済学』 大山道広他訳、(東洋経済新報社 2009年3月20日)

##Microeconomics ##(ロビン・ウェルズ)『クル−グマン ミクロ経済学』 大山道広他訳、(東洋経済新報社2007年9月)

##(モーリス オブズフェルド) クルーグマンの国際経済学 上 貿易編 ISBN 978-4864010061
##(モーリス オブズフェルド) クルーグマンの国際経済学 下 金融編 ISBN 978-4864010078

脚注[編集]

[ヘルプ]

1.^ a b Paul Krugman (2011年8月10日). “Dismal Thoughts”. The Conscience of a Liberal 2011年8月10日閲覧。
2.^ Krugman, Paul (2011年8月30日). “Who You Gonna Bet On, Yet Again (Somewhat Wonkish)”. Conscience of a Liberal (blog) (New York Times) 2011年11月18日閲覧。
3.^ Krugman, Paul. “There's something about macro”. MIT. 2011年11月18日閲覧。
4.^ Krugman, Paul (2009年7月29日). “The lessons of 1979-82”. The New York Times
5.^ Krugman, Paul (2009年9月23日). “The freshwater backlash (boring)”. The New York Times
6.^ 経済学賞にクルーグマン氏 ノーベル賞、貿易理論刷新47NEWS(よんななニュース)2008年10月13日
7.^ ノーベル経済学賞、クルーグマン氏 国際貿易で新理論asahi.com(朝日新聞社) 2008年10月14日
8.^ a b Krugman, Paul 2009. "The Increasing Returns Revolution in Trade and Geography." American Economic Review, 99(3): 561–71.
9.^ 危機の終わり遠い、緊縮で30年代型恐慌も−クルーグマン教授Bloomberg 2012年10月4日
10.^ IMFの緊縮策要求は誤りだった-金融危機後の対応で報告書Bloomberg 2014年11月5日
11.^ The Gramm connection. Paul Krugman. The New York Times. Published March 29, 2008.
12.^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、94-95頁。
13.^ The New York Times ポール・クルーグマン「リーマン・ブラザーズ崩壊後、ムダに費やされた悲劇の年月」現代ビジネス 2013年9月17日
14.^ a b さっさと不況を終わらせろ:End This Depression Now!日立総合計画研究所 2012年9月11日
15.^ Raise That Wage Paul Krugman, New York Times 2013年2月17日
16.^ ECB、日本型デフレに陥ること回避すべき=クルーグマン氏Reuters 2014年5月28日
17.^ クルーグマン氏、世界に警告-日本的な政策停滞は普遍的現象Bloomberg 2014年5月27日
18.^ 経済の死角 独占インタビューノーベル賞経済学者 P・クルーグマン 「間違いだらけの日本経済 考え方がダメ」現代ビジネス 2010年08月20日
19.^ 『虚構の終焉』= Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) P 57,61
20.^ 現代の金融政策日立総合計画研究所
21.^ リチャード・ヴェルナー(英語版) 『虚構の終焉』 = Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) p 56
22.^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、88頁。
23.^ Japan's trap, It's Baaack!Japan's Slump and the Return of the Liquidity Trap, Japan : Still Trapped, Further Notes on Japan's Liquidity Trap, Delusions of Respectability, Time on the Cross他
24.^ 世界が注目する“日本の教訓” - これまでの放送NHK Bizプラス 2012年8月13日
25.^ 経済 ノーベル賞経済学者の「日本への謝罪」読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2014年11月1日
26.^ a b クルーグマン教授“日本に謝りたい…” 教訓生かせぬEUのデフレ危機を嘆くニュースフィア 2014年10月31日
27.^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
28.^ IS-LMentary The conscience of a liberal 2011年10月9日
29.^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
30.^ Paul Krugman"JAPAN'S TRAP" The Official Paul Krugman Web Page
31.^ a b 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、185頁。
32.^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、186頁。
33.^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、103頁。
34.^ リチャード・ヴェルナー 『虚構の終焉』= Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) P 60
35.^ 吉川洋・通商産業研究所編集委員会 『マクロ経済政策の課題と争点』 東洋経済新報社、2000年、9-10頁。
36.^ クルーグマン教授、日本の人口減少を問題視−低成長の要因Bloomberg 2013年2月6日
37.^ 政治・社会 ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン教授、皮肉まじりにアベノミクス評価ZAKZAK 2013年1月15日
38.^ ポール・クルーグマン - アベノミクスが日本経済を復活させる!PHPビジネスオンライン 衆知 2013年10月22日
39.^ どう見る“アベノミクス”NHK Bizプラス 2013年2月12日
40.^ 経済の死角 【独占インタビュー】ノーベル経済学賞受賞ポール・クルーグマン 日本経済は、そのときどうなるのか現代ビジネス 2013年10月21日
41.^ Make Japan Chaste and Continent, But Not Yet The Conscience of a Liberal, Paul Krugman, September 9th, 2013
42.^ ノーベル経済学賞受賞者:中国の人民元政策、世界経済の脅威に大紀元 2009年10月31日
43.^ 経済の死角 本誌独占インタビュー ノーベル賞経済学者クルーグマン 「日本経済は消費税10%で完全に終わります」現代ビジネス 2014年9月16日
44.^ ポール・クルーグマン 競争力論争――私はなぜ自説を曲げたか 政治家に迎合したくなる強い誘惑~「グローバル・ビジネス」1995年1月1日号掲載ダイヤモンド・オンライン 2010年1月10日
45.^ 経済の死角 本誌独占インタビューノーベル経済学者は指摘するポール・クルーグマン「1ドル100円超え、アベよ、これでいいのだ」現代ビジネス 2013年2月14日
46.^ 混迷深める世界経済 今年のノーベル経済学賞は誰に日本経済新聞 2011年10月2日
47.^ The Conscience of a Liberal (October 2007) ISBN 0393060691
48.^ ニューヨークタイムズ連載コラム(2008/02/04)
49.^ ニューヨークタイムズ連載コラム(2008/02/11)
50.^ 国際シンポジウム「グローバル化と地域統合〜空間経済学の視点から」asahi.com 朝日新聞社シンポジウム 2004年12月2日
51.^ The Theory of Intersteller Trade (PDF) (英語) 「恒星系間貿易の理論」原文
52.^ クルーグマン: 恒星系間貿易の理論 (日本語) 翻訳文
53.^ Economics: the final frontier (英語) 「恒星系間貿易の理論」に言及したポール・クルーグマン自身のブログエントリ

関連項目
##ニューケインジアン
##マクロ経済学
##空間経済学
##複雑系経済学
##インフレターゲット
##エッジシティ

外部リンク[編集]
##公式ウェブサイト (英語)
##The Unofficial Paul Krugman Web Page (英語)
##Economics and Politics by Paul Krugman - The Conscience of a Liberal (英語) ポール・クルーグマンのブログ
##ポール・クルーグマン「さっさと不況を終わらせろ」 (1) いまは赤字削減より財政支出を 動画 日本語字幕付 (デモクラシーナウ!ジャパン 2012年5月17日)
##ポール・クルーグマン「さっさと不況を終わらせろ」 (2) ユーロ圏の危機ほか 動画 日本語字幕付 (デモクラシーナウ!ジャパン 2012年5月17日)
ノーベル賞 アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞
典拠管理
-WorldCat ・
-VIAF: 108473482 ・
-LCCN: n84238684 ・
-ISNI: 0000 0001 2283 9649 ・
-GND: 121368033 ・
-BNF: cb12277570g (data) ・
-NDL: 00469885
カテゴリ: アメリカ合衆国の経済学者
アメリカ合衆国のノーベル賞受賞者
ノーベル経済学賞受賞者
プリンストン大学の教員
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの教員
マサチューセッツ工科大学の教員
スタンフォード大学の教員
イェール大学の教員
ニューケインジアン経済学者
全米経済研究所の人物
ニューヨーク・タイムズの人物
コラムニスト
東欧ユダヤ系アメリカ人
オールバニ (ニューヨーク州)出身の人物
イェール大学出身の人物
1953年生
存命人物

クラウドファンディング - W(保存)

虎馬:クラウドファンディング - W 

Wikipediaは宣伝をする場所ではありません。もしあなたが追加した項目が宣伝目的であると判断された場合、予告なく除去される可能性があります。追加される前に一度Wikipedia:特筆性を読んでください。
クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である[1][2]。ソーシャルファンディングとも呼ばれる[3]。
目次
1 概要
2 種類
3 歴史 3.1 日本
4 関連項目
5 脚注
6 外部リンク
概要
クラウドファンディングは防災や市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資[4] 、映画[5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究[6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。
クラウドファンディングは多くの投資家から株式を募集することによる企業の資金調達の手法としても注目されている。この形のクラウドファンディングは、JOBS Act(英語版)(より少ない制限のもと小規模な投資家から広く出資を募ることを可能にする法案)に直接的な言及があるように、最近アメリカ合衆国の政策立案者から注目された[2]。JOBS Actは実施を待っているが、en:Mosaic Inc.などの混合モデルは、認可状態にある一般市民に群衆の一部としてクリーンエネルギーのプロジェクトに直接投資する資格を与える既存の証券法を利用している。

クラウドファンディングは、クラウドソーシングのコンセプト(個人が多くの人々からわずかな寄与を集め、利用することで目標に到達するという大雑把なコンセプト)にその原点がある。クラウドファンディングは、特定のプロジェクトまたはベンチャーの資金調達をするために、多くの人々から少額の寄付を通して出資を集めるというこのコンセプトの応用である[7]。

クラウドファンディングのモデルは必然的に多様な関係者を伴う[8]。その中には出資されるアイディアやプロジェクトを提案する人々や組織、その提案を支持する「群衆」も含まれる。なお、クラウドファンディングはプロジェクトの首唱者と「群衆」を引き合わせる組織(「プラットフォーム」)によって成り立っている。

一般に製品開発やイベントの開催には多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングでは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。ソーシャルメディアの発展によって個人でのプロジェクトの立ち上げや告知が容易になり、それに呼応する形でクラウドファンディングによる資金調達が活発になりつつある。米国ではKickstarterが有名。アートなどの分野に特化したサービスも多く、国内でもサービスが増加している。

種類[編集]

クラウドファンディングは資金提供者に対するリターン(見返り)の形態によって大別される。金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」がある[9]。日本においては資金決済に関する法律等によって個人間の送金や投資が制限されていることから、購入型のクラウドファンディングが普及している。また、ソーシャルレンディングと言われる個人から少額の資金を募り投資を行うモデルも、近年は投資型クラウドファンディングと位置づけられ、クラウドレンディングとも通称され、国内では既に60億円近い実績がある。

歴史[編集]

初期の、クラウドファンディングのひな形の前身は17世紀において、書籍の印刷代を募るために使われた寄付ビジネスモデルだった。寄付者へのおまけが標題紙で触れるようなことだった点で、クラウドファンディングに類似している。

1884年、自由の女神像製作委員会アメリカが像の台座用の資金を切らしてしまった。新聞出版者のジョーゼフ・ピューリツァーは自身の新聞ニューヨーク・ワールドで、アメリカの大衆に台座にお金を寄付するよう促した。ピューリツァーは6ヶ月で10万ドルを集めた。おおよそ125,000人の人々がこのために1ドル以下の寄付を多く行った[10]。

1997年、イギリスのロックグループマリリオンのファンが全米ツアーを引き受け、ファン主催のインターネット上キャンペーンという手段による寄付で6万ドルを集めた[11]。このアイディアはこのバンドが一切かかわらずにファンが立案し、ファンが実行したのだが、マリリオンは以来、2001年から現在に至るまでのアルバムのレコーディングやマーケティングへの出資の方法としてこの手法を用い、大成功している。en:Anoraknophobia[12][13]やMarbles[14]、en:Happiness Is the Road[15]。

アメリカ合衆国に本社を置く企業のen:ArtistShare(2000/2001)は音楽のための最初のクラウドファンディングサイトとされており、後にen:Pledgie(2006)、en:Sellaband(2006)、en:IndieGoGo(2008)、Kickstarter(2009)、en:Appsplit(2010)、en:Microventures(2010)などのサイトが続いた[16][17]。

世界で活躍している日本のロックバンド・Electric Eel Shockはクラウドファンディングを十分に取り入れ、前もって重要なレコーディングの取引をかわさない最初のバンドの一つとなった。2004年に未契約バンドとして、100人のファン(サムライ100)から1万ポンドを集め、代わりに彼らに終身ゲストリストを提供した[18]。二年後、彼らはSellaBanndで5万バジェットを集めた最速のバンドになった[19]。彼らは生まれ故郷の日本でUniversalに国際的にこのアルバムの使用許可を出した。

映画産業において、フリーライター/ディレクターのen:Mark Tapio Kinesは1997年に当時未完成だった初作「Foreign Correspondents」のウェブサイトを立ち上げた。1997年初め前後に、彼は最低25人のファンからインターネット経由で125,000ドル以上を受け取り、彼に映画を完成させるための資金を提供した[20]。後にen:Franny Armstrongが彼女の長編映画en:Age of Stupidのための寄付システムを作った[21]。2004年から2009年(封切日)までの5年間で彼女は150万ポンドを集めた[22]。2004年12月に、フランスの事業家や製作者のBenjamin PommeraudとGuillaume Colbocが自分たちの短編SF映画「Demain la Veille (明日を待つ)」の資金繰りのため大衆向けインターネット寄付キャンペーン[23]を開始した。三週間以内に彼らは5万ドルを集めることができ、結果映画をとることができた。

en:Morton ValenceはSellabandのようなサードパーティーのウェブサイトを使用せずに独立してクラウドファンディングを始めた比較的無名なバンドの早期の一例である[24]。

クラウドファンディングへの最も早い言及例として知られているのは2006年8月12日に、fundavlogでMichael Sullivanが著したものである[25]。

2012年に米TIME紙は全世界でも最高のクラウドファンディング・プラットフォームを説明し、評価する記事を掲載した[26]。

2012年現在、クラウドファンディングの市場規模は前年比2倍の28億ドル(日本円換算で約2291億円)と見積もられており、特にビデオゲーム関連での出資が著しい伸びを見せている。Kickstarterにおいてビデオゲーム分野の出資額は2011年比で10倍以上にまで達した。ゲームソフトではStar Citizenが約620万ドル、ゲーム機ではOUYAが約860万ドルを集め話題となった。

日本[編集]

日本では、法規制の問題から見返りを得ない寄付に近いものか、物品購入型に限られてきたが、2014年に金融商品取引法が改正され、1人当たり50万円を上限に、総額1億円未満の資本調達が可能になる[27]。

関連項目[編集]
##集合知
##Kickstarter
##日本クラウド証券 - 大前和社長

脚注[編集]

1.^ Ordanini, A.; Miceli, L.; Pizzetti, M.; Parasuraman, A. (2011). “クラウドファンディング―それは革新的なサービスプラットフォームを通し消費者を投資家に一変させる(Crowd-funding: Transforming customers into investors through innovative service platforms)”. Journal of Service Management 22 (4): 443. doi:10.1108/09564231111155079. (あるいはこちらでも Scribd document)
2.^ a b “What IS Crowdfunding And How Does IT Benefit The Economy” (2012年11月27日). 2012年12月6日閲覧。
3.^ “クラウドファンディングとは 「ソーシャルファンディング」 (crowd funding): - IT用語辞典バイナリ”. 2012年12月6日閲覧。
4.^ “Welcome to The Crowdfunding Wiki!”. Michael Sullivan and pbworks consensus group. 2012年8月12日閲覧。
5.^ “Crowd funding: An emerging trend in Bollywood”. 2012年8月12日閲覧。
6.^ “Crowdfunding as the future of science funding? | The Science Exchange Blog”. Blog.scienceexchange.com (2012年5月27日). 2012年8月19日閲覧。
7.^ “Crowfunding in a Canadian Context” (accessed February 7, 2013). 2013年5月28日閲覧。
8.^ “Crowdfunding: Transforming Customers Into Investors Through Innovative Service Platforms” (accessed February 7, 2013). 2013年5月28日閲覧。
9.^ “クラウドファンディング:ウェブ上の新しいコミュティの形”. 人工知能学会. May 2,2013閲覧。
10.^ “Joseph Pulitzer” (2013年2月7日). 2013年2月28日閲覧。
11.^ “The Marillion story and what we can all learn from it”. 2013年2月28日閲覧。
12.^ “guitartabsexplorer.com”. 2013年2月28日閲覧。
13.^ “BBC article, May 11, 2001” 2013年2月28日閲覧。
14.^ “OHM Review”. 2013年2月28日閲覧。
15.^ “Calling the faithful for Album 15”. 2013年2月28日閲覧。
16.^ “Wharton”. 2013年2月28日閲覧。
17.^ “Inc.com”. 2013年2月28日閲覧。
18.^ “Drownedinsound.com "Wanna Go VIP? Electric Eel Shock'll show you the way...", Dec 2nd, 2004”. 2013年2月28日閲覧。
19.^ “itsallhappening, June 24th, 2008”. 2013年2月28日閲覧。
20.^ Andrew Rodgers (1999年6月11日). “Filmmaker Uses Web To Help Finance, Cast Movie”. Chicago Tribune. 2013年1月7日閲覧。
21.^ Kate Bulkley (2012年11月24日). “funding models for film making | Sheffield Doc/Fest 2010 | guardian.co.uk”. Guardian. 2012年12月13日閲覧。
22.^ “Crowd-Funding FAQ”. Spanner Films (2009年7月13日). 2012年12月13日閲覧。
23.^ Christina Warren (2011年1月17日). “A Guide to Kickstarter & Crowd Funding [INFOGRAPHIC]”. Mashable.com. 2012年12月13日閲覧。
24.^ “blog entry by Morton Valence "Nothing Like Sellaband", May 22, 2008”. 2013年2月28日閲覧。
25.^ “Crowdfundings earliest citation”. 2013年2月28日閲覧。
26.^ “How to Pick the Right Crowdfunding Site”. 2012年10月22日閲覧。
27.^ 新興企業、ネット経由で資金集めやすく 改正金商法が成立日本経済新聞、2014年5月23日

外部リンク
##クラウドファンディングとは - はてなキーワード

執筆の途中です この項目は、インターネットやウェブに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ:コンピュータ/P:コンピュータ)。
カテゴリ: 金融
インターネット
社会貢献
クラウドファンディング

魔弾の王と戦姫 - W(保存)

虎馬:魔弾の王と戦姫 - W 
Question book-4.svg
この記事のほとんどまたは全てが唯一の出典にのみ基づいています。他の出典の追加も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。(2014年7月)
魔弾の王と戦姫 ジャンル ファンタジー  小説 著者 川口士 イラスト よし☆ヲ(第1巻 - 第8巻→キャラクター原案) 
片桐雛太(第9巻 - ) 出版社 KADOKAWA メディアファクトリー  レーベル MF文庫J
刊行期間 2011年4月25日 -  巻数 既刊9巻  漫画 原作・原案など 川口士(原作)
よし☆ヲ→片桐雛太(キャラクター原案) 作画 柳井伸彦  出版社 KADOKAWA メディアファクトリー
掲載誌 月刊コミックフラッパー  発表期間 2011年11月号 -  巻数 既刊5巻
アニメ 原作 川口士 監督 佐藤竜雄  シリーズ構成 佐藤竜雄  脚本 佐藤竜雄
キャラクターデザイン 椛島洋介  音楽 横山克、信澤宣明  アニメーション制作 サテライト
製作 魔弾の王と戦姫製作委員会  放送局  放送局参照  放送期間 2014年10月 -
話数 全13話予定  ライトノベル、漫画、アニメ  ポータル 文学、漫画、アニメ
プロジェクト ライトノベルPJ ライトノベル  ポータル 文学
『魔弾の王と戦姫』(まだんのおうとヴァナディース)は川口士によるライトノベル。イラストは8巻まではよし☆ヲが、9巻以降はキャラクター原案よし☆ヲ、イラストは片桐雛太が担当。KADOKAWA メディアファクトリー・MF文庫J刊。既刊9巻。柳井伸彦による漫画版が『月刊コミックフラッパー』2011年11月号より連載されている[1]。こちらは既刊5巻。
目次 1 ストーリー 2 登場人物 2.1 主要人物 2.1.1 主人公2.1.2 七戦姫2.2 ブリューヌ王国 2.2.1 アルサス関連
2.2.2 ブリューヌ本国関連2.3 ジスタート王国 2.3.1 七戦姫公国関連2.3.2 ジスタート本国関連2.4 ムオジネル王国
2.5 アスヴァール王国2.6 魔物2.7 その他 3 用語 4 既刊一覧 4.1 ライトノベル 4.2 漫画 5 テレビアニメ 5.1 スタッフ
5.2 主題歌 5.3 各話リスト 5.4 放送局 5.5 BD / DVD 5.6 webラジオ 6 出典 7 外部リンク
ストーリー
Plume ombre.png
このあらすじは作品内容に比して不十分です。この文書を参考に、物語の流れが理解できるよう加筆してください。(2014年6月) (使い方)

ブリューヌ王国とジスタート王国が両国の国境にあるディナント平原で激突したディナントの戦いは当初のブリューヌ王国の圧倒的な勝利という予想を大きく覆し、ジスタート王国にいる七戦姫の一人『銀閃の風姫(シルヴフラウ)』こと『エレオノーラ=ヴィルターリア(エレン)率いるジスタートの勝利で終戦。ブリューヌ王国の伯爵位の貴族の少年ティグルヴルムド=ヴォルン(ティグル)は、味方の逃亡を手助けする為にエレンを討ち取ろうとするものの失敗、彼女の捕虜となる。

出会うはずのなかった二人の出会いがブリューヌとジスタ−トのみならず、周辺の国々を巻き込み後の世に語り継がれる程の英雄譚の始まりになるとはまだ誰も知る由もなかった。

登場人物

主要人物

主人公
ティグルヴルムド=ヴォルン声 - 石川界人本作の主人公。ブリューヌ王国北部の辺境アルサスを治める伯爵。16歳。赤色の髪を持つ。愛称はティグル。オルメア会戦を経て『流星落者(シーヴラーシュ)(流星さえも射落とす者という意味)』の異名を贈られ、更にブリューヌ内乱を経て『月光の騎士(リュミエール)』の称号を賜る。アルサスで幼少時より狩りに明け暮れていたため、高い視力と超人級の弓矢の腕を持つ。その反面、弓以外の武芸はまったくできない。他にも、一流の戦術眼と優れた内政手腕も持つが、弓を蔑視する祖国での評価は低かった。基本的に楽天的な性格。趣味は昼寝と狩猟で、一度寝たらすぐ起きない。公私を履き違えて狩猟を優先してしまうことが時折ある。自身の領地にして故郷であるアルサスとその領民への想いは強く、領民からも慕われている。なお、周囲も呆れるほど野心を持っておらず、栄達なども望んでいない。ヴォルン家の宝弓の力を不完全ながら覚醒させたため、戦姫に匹敵する力を持つ。この黒弓は竜具と呼応してより大きな力を発揮するなど謎が多く、使用者であるティグルでさえも詳細を知らない。ディナントの戦いで敗走中にエレンたちと遭遇し、弓矢の腕を認められエレンの捕虜となる。その後、アルサスを焼き払いに来たテナルディエ軍をエレンの助力を得て返り討ちにし、そのままブリューヌ内乱から領地を守るべく奮闘することとなる。ナヴァール騎士団やムオジネルの軍を退け、さらにはテナルディエ侯爵を倒したことでブリューヌの内乱を治める。また、内乱の過程で王女であるレギンの命を救ったことで救国の英雄として大陸中に名を知らしめる。内乱終結後は3年間の客将待遇でライトメリッツに戻り、帰国した際に必要な勉強などに励み、趣味の狩りをしつつ日々を過ごしていたが、半年経ったある日ジスタ−ト国王のヴィクトールから密使としてアスヴァール王国に赴くよう要請を受ける。その道中でサーシャと出会い船を手配後、放浪していたオルガと共に巻き込まれる形でアスヴァール内乱に参戦する。その過程でソフィーを救出し、共に王女ギネヴィアを擁立し友好関係の締結を約束させることに成功するも、帰国中に襲撃を受け海中に転落し行方不明となる。海へ転落後はジスタ−トの西部の海岸へ流れ着くも、黒弓と記憶を失う。それからは“ウルス”と名乗るようになり、紆余曲折を経てリーザの従者となる。記憶喪失状態でも弓矢の技量や戦略眼は健在で、リーザに気に入られたこともあって彼女の下で異例の出世を果たしていく。
七戦姫[編集]
エレオノーラ=ヴィルターリア声 - 戸松遥本作のヒロイン。ジスタート七戦姫の1人。ライトメリッツ公国公主。16歳。銀の髪と赤い瞳を持つ。愛称はエレン。操風の長剣「アリファール」を持ち『銀閃の風姫(シルヴフラウ)』『剣の舞姫(メルティス)』などの異名を持つ。自身も優れた剣術と大胆で的確な戦術指揮能力も持つ。反面、単騎で突撃する傾向も少なからず見られる。為政者としても優秀。よく冗談とも本気とも付かない言動で周囲を翻弄することがある。ソフィーとサーシャに絶大な信頼を寄せ、何かあれば必ず協力を約束する一方でジスタート国王に対してはその小心ぶりを鼻で笑い、ミラと顔をあわせると必ず喧嘩に発展し、過去の確執からリーザを一方的に悪とみなすなど、人の好き嫌いが激しい。その傾向から身内や仲間をに対して甘く、危機に晒されると冷静さを失う。ディナントの戦いに圧勝後、ティグルの弓術を気に入り、捕虜とする。ライトメリッツに被害がおよぶのを防ぐという口実で内乱に武力介入するが、彼と過ごしていくうちに彼に惹かれていく。内乱終結後はティグルと共に過ごし、王命によりティグルのアスヴァール派遣を支援するも、彼が行方不明になると知るとショックを隠せなかった。更にトルバラン襲撃の際、援軍に駆け付けるも何も出来ずに親友のサーシャを失う。その後、王命によりイルダーとユージェンの仲裁に向かう途中でリーザと行動するティグルと再会。彼を取り戻すべくリーザに剣を向けるも、ティグル本人だと断定する確たる証拠がなかったため、その場は引き下がった。リュドミラ=ルリエ声 - 伊瀬茉莉也ジスタート七戦姫の1人。オルミュッツ公国公主。16歳。青い髪をショートヘアにまとめている。愛称はミラ。操氷の槍「ラヴィアス」を持ち『凍漣の雪姫(ミーチェリア)』という異名を持つ。真面目かつ聡明で誇り高い。文武両道の実力者だが、故に高慢であり劣る者を見下す傾向もある。ルリエ家は本来世襲でない戦姫の地位を代々受け継ぐ希少な存在であり、彼女も相応の教育を受けて戦姫となった。そのため「ぽっと出」のエレンを「品がない」と嫌う。エレンのほうも彼女の高慢な態度を嫌っており、会えば派手にいがみ合う関係。小柄でエレンよりも胸が小さいため、そのことをエレンからは頻繁にあげつらわれている。ジャムを入れた紅茶(チャイ)が好物で、それを自分で淹れるのが趣味。テナルディエ家と付き合いがあるため、ティグル討伐の援助を頼まれる。しかし内心で彼を嫌っており、それらを矜持で押さえ込んでいた。雪山で偽名を用いたティグルと遭遇した際にはこれらの不満をぶちまけており、そのことと一騎打ちの最中に暗殺者から自分を救ってくれたことから彼を気に入り、ブリューヌ内乱において中立を宣言。その後、ムオジネル侵攻の際『銀の流星軍』の救援に駆けつけ、黒弓の力を知ることを条件に協力関係になる。オルメア会戦を共に戦い抜いたティグルに対しはっきりと好意を抱くようになり、以後は彼とはお互いを愛称で呼び合うようになる。そのまま内乱に参戦、終戦後は彼を引き抜こうと度々誘う。ソフィーヤ=オベルタス声 - 茅野愛衣ジスタート七戦姫の1人。ポリーシャ公国公主。年齢は20歳。緑柱石色の瞳、緩やかなウェーブを描く淡い金髪の美女。長身で起伏に富んだ抜群のスタイルの持ち主でもある。愛称はソフィー。操光の錫杖「ザート」を持ち『光華の耀姫(ブレスヴェート)』の異名を持つ。いかにも深窓の姫君といった評価が合うおっとりとして穏やかな性格の持ち主だが、怒ると怖い。外見からは想像し難いが、情報収集に非常に長け、戦姫の例に漏れず高い戦闘能力を持つ。また、彼女の竜具は形状から武器としては警戒されにくいため、外交特使として他国に赴いての交渉に当たることも多い。竜を愛でるのが好きで、エレンの飼っているルーニエが特にお気に入り。エレンのことは公私共に大切に思っている。好奇心が強く、あらゆるものに興味を示す一面がある。とりわけ強い興味を持った対象についてはその意をはっきり口に出すという特徴があり、ティグルはその対象になっている。ブリューヌの内乱終結後はアスヴァールのエリオット王子の下に使者として赴くが、罠に嵌められるもティグルに救出され、以来感謝とも恋情とも取れる感情を抱くようになる。戦姫の中で彼女のみ本編で出自が紹介されていないが、MF文庫Jのサイトで公開された作者インタビューにおいて、オルミュッツとポリーシャの間にあるルブリンという町の出身であることが明かされている。彼女の父は領主に仕える騎士で、事後処理や交渉事を得意としていた。両親は父母共に忙しかったため祖父に面倒を見てもらっており、その時に文字の読み書きや棒を使っての護身術などを教えられている。アレクサンドラ=アルシャーヴィン声 - 小松未可子ジスタート七戦姫の1人。レグニーツァ公国公主。エレンが戦姫に選ばれた際に必要なことを教えてくれた人物。愛称はサーシャ。操炎の双剣「バルグレン」を持ち『煌炎の朧姫(ファルプラム)』『刃の舞姫(コルティーサ) 』の異名を持つ。遺伝性の血液の病気に冒されているが、それでもエレンが剣の勝負で勝てたのは一度だけで、病に冒される以前は三人の戦姫を相手に勝利するなど戦姫の中でも異例の強さを持っていた。病が重症化してからは竜具を振るうこともままならなくなり、寝たきりの生活が続いていた。アズヴァールへ向かう途中のティグルと屋敷で出会い、互いに気に入り再会を約束した。トルバラン襲撃を受けてリーザに援軍を要請した後、決死の覚悟で出陣、紙一重の差で勝利する。その後、エレンに看取られながら息を引き取った。22歳没。エリザヴェータ=フォミナ声 - 小林ゆうジスタート七戦姫の1人。17歳。ルヴーシュ公国公主。金色の右目と碧色の左目を持つ『異彩虹瞳(ラズイーリス)』と呼ばれるオッドアイの少女。愛称はリーザ。操雷の鞭ヴァリツァイフを持ち『雷渦の閃姫(イースグリーフ)』『鞭の舞姫(クヌートス)』の異名を持ち、上記の『異彩虹瞳』も今では彼女を指す異名である。ライトメリッツ貴族出身だが、この地域では凶兆とされる『異彩虹瞳』を理由に放逐される形で田舎の寒村で虐められながら育つ。その時、当時傭兵団の下働きだったエレンと出会っており、互いに戦姫になった際に再会したがエレンは覚えていない。戦姫に選ばれた際、『異彩虹瞳』を吉兆と崇めるルヴーシュの主になったことから自信を取り戻すが、心の底では『異彩虹瞳』へのコンプレックスが根強く残っており、度々周囲の者に「私の瞳をどう思う」という問い掛けをする。ルヴーシュへの思いは強いのだが、配下が全員先代戦姫が選抜した人材であり、よく手腕を比較され苦悩している。1年前に起きた疫病と貴族の着服問題でエレンとは確執があり、彼女からの評価は低い。また、その時にエレンに決闘を挑んでいるが、完膚無きまでに叩きのめされ敗北している。後にバーバ=ヤガーの神殿で祈りを捧げ、力が欲しいと望んだことでヤガーと契約し人間とは思えぬほどの強力を授かる。しかし、現在はその力に執着しておらず、力をヤガーに返してやりたいとさえ言っている。トルバランとの戦いで援軍として駆け付け、サーシャと共に海賊とトルバランを討伐する。終戦後に“ウルス”(記憶喪失のティグル)と出会い、自分の眼に対して忌憚のない感想を述べた“ウルス”を気に入り部下として迎える。彼と過ごすうちに偶然が重なった出会い、素性不明を理由に孤立する彼を見てかつての自分を連想する同情と親近感、初めて自分の意思で抜擢した部下という拘りなど様々な要因や感情が重なった結果、“ウルス”に対し強い執着心を持つようになる。後にエレンの言動から“ウルス”の素性を察するが、“ウルス”とティグルは別人であると自らに言い聞かせ、新参の従者としては破格の待遇を与えるなどして必死に彼を自分の下につなぎとめようとする。ヴァレンティナ=グリンカ=エステス声 - 原田ひとみジスタート七戦姫の1人。オステローデ公国公主。年齢は22歳。ジスタート王家の傍系の貴族出身で、青みがかった長い黒髪の儚い雰囲気を持った女性。大鎌エザンディスを持ち『虚影の幻姫(ツェルヴィーデ)』の異名を持つ。17歳の時に戦姫に選ばれ、当時オステローデは7つの公国の中で最も弱い国だったが、力も領地もない小貴族だった彼女にとってはかけがえのないものとなり、5年間で他の公国と比べても遜色ないほどに発展させている。エザンディスは瞬間移動能力を持ち、遠くへ行くほど体力を使うとされるが事実不明。ソフィ−同様に情報収集能力が高く、外見からは想像もつかないほど武術に長け、ティグルの部屋に侵入した際は気配に敏感な彼が気づかない程に完全に気配を絶つ。いくつかの方面で都合が良い為に病弱と偽っており、滅多に人前に姿を見せずソフィーから警戒されており、実際はアスヴァールのかつての女王ゼフィーリアのような女王となることを目標としている野心家。ブリューヌ内乱終結後にガヌロン、グレアストと合流。ティグルをアスヴァールへの密使にして使うよう進言した張本人で、彼に興味を持っており利用出来るか排除するか見極める為、接触を試みている。アスヴァール内乱終結後は、王位継承権を持つユージェンとイルダーを潰し合わせる為に謀略を練る。オルガ=タムジスタート七戦姫の1人。年齢は14歳。ブレスト公国公主。薄紅色の髪と艶のない黒真珠のような瞳が特徴的な少女。大斧ムマを持ち『羅轟の月姫(バルディッシュ)』の異名を持つ。単騎での戦いを得意としている。元々はジスタートの東部に位置するブレストの東端の草原に住む騎馬民族族長の孫娘。12歳の時にムマによって戦姫に選ばれブレストの地を統治することになったが、故郷とブレストの大きさの違いを思い知らされ自信喪失。置き手紙を残し、ムマと共に2年近く放浪の旅をしていた所を、偶然ティグルに同道することとなる。ティグルと出会った当初を除いては普段は大人の振る舞いと言葉使いをしているが、子供扱いされると不機嫌になったり、猪突猛進で独断行動で危険な目に遭ったことをティグルに咎められると拗ねてそっぽを向くなど、年相応の子供らしい一面を持っている。アスヴァールでティグルと共に行動していくうちに、彼に惹かれるようになる。 
ブリューヌ王国[編集]

アルサス関連[編集]
ティッタ声 - 上坂すみれティグル付きの侍女。15歳。ツインテールにまとめた栗色の髪が特徴。ティグルの幼馴染であり妹のような存在。元々は巫女の娘として生まれ、彼女自身も巫女となるための修行をしていたが、領主の屋敷で働いていた伯母の所に行くことを好んだのがきっかけでティグルと親しくなる。11歳の時に侍女となる意志を母に伝え反対にあうも、ティグルの口添えにより希望を叶えた。現在、ティグルの屋敷に常に勤めている侍女は彼女のみで、彼の身辺の世話を一手に担う。ティグルに想いを寄せているが、身分の違いを意識してか侍女として尽くすに留まっているが、次々と現れる女性の前に嫉妬を隠せない。テナルディエ軍の襲来に際しても領主の館を離れようとしない芯の強さを持ち、その後にティグルが戦に身を投じていこうという状況でも、彼のそばを離れぬ決意を固め、付き従う。内乱終結後は、ティグルに同行する形でライトメリッツの公宮に勤務。バートラン声 - 菅生隆之ティグルの側近。アルサスの領主がティグルの父ウルスである時からヴォルン家に仕え、従軍経験は豊富。ティグルを息子に対するような愛情を持って接している。ティグルにはティッタが相応しいと考えており、彼に近付くエレンのことをあまり良く思ってはいない。テナルディエ軍のアルサス侵攻をティグルに知らせるべくエレンの公宮に忍び込み、ティグルやエレン率いるジスタート軍とともにアルサスへ急行、防衛を果たした。その後、ティグルが戦いに身を投じてからも、ティッタ同様ティグルに付いていき、彼のサポートを行なっていた。聖窟宮にてスティードの攻撃からティグルを庇い、ティグルとウルスを想いながら息を引き取った。ウルス=ヴォルン声 - 小杉十郎太故人。ティグルの父。領主として堅実な経営を行っており、彼が教えたことはティグルの生き方の指針となっている。ティグルが偽名を名乗る際、この名前を用いている。
ブリューヌ本国関連[編集]
マスハス=ローダント声 - 飯島肇ブリューヌ北部のオード地方を統治する貴族。階級は伯爵。灰色の髭を生やしたずんぐりとした体躯の初老の男性。55歳。ティグルの父ウルスの親友にしてティグルの恩人であり、後見人と言える存在。年齢を重ねている貴族だけあって、貫禄のある振る舞いと豊富な知識で若いティグルを支える。また他の貴族や王宮の人間等に顔が利き、宰相のボードワンとも親交がある。その人脈を頼りに、ティグルがエレンの捕虜となった際の身代金の用立てやテナルディエ軍の侵攻の折に、ティグルがジスタート軍を引き込む形になったことへの弁明書を王へ届ける役割等で奔走した。意外な一面として、占いに凝っていたという過去を持つ。ブリューヌ内乱終結後は、ボードワンと共にレギンを補佐する。ユーグ=オージェアルサスの南方に位置するテリトアール地方を治める貴族。爵位は子爵。青銅色の瞳を持つ小柄で痩せ気味の老人。普段は好々爺然とした笑みを浮かべる穏やかな人物だが、施政者としての厳しさも併せ持つ。当初は内乱に対し中立を標榜していたが、マスハスの手引きによってティグルと接触し盗賊退治の恩から彼の味方し、自身の兵や近隣の貴族たちによる軍一千を率いてアルサスでティグル達と合流。ジェラール=オージェオージェの息子。癖のある褐色の髪と父同様の青銅色の瞳を持つ二十代半ばの青年。親子で銀の流星軍に参加。皮肉屋かつ、楽観的なものの見方をしないリアリスト的な性格で、父であるオージェが認める存在であるティグルに対してものっけからは信用せず、彼に厳しい意見をぶつけ人となりを計っていた。一方で戦い疲れから寄り添って眠ってしまったティグルとミラを見つけた際には見なかったことにしてその場を去り、他の者にも立ち入らせないようにする等、気の利く一面も見せる。武芸に秀でるタイプではなく戦場で直接的な活躍はしないが、速さと正確さを兼ね備えた計算能力の持ち主で、補給や分配等の事務処理で大きな力を発揮する。ティグルに心酔し戦場で武芸を以って活躍するルーリックとは対照的な存在で、全く反りが合わず彼と会うと互いに罵詈雑言を飛ばしあうなど仲が悪い。内乱終結後は、事務処理能力を買われ書記官として勤務。ファーロンブリューヌ王国国王。大貴族の力の増大を招くも内政・外交に優れた手腕を発揮し国内の平和を保ってきたが跡継ぎのレグナスをディナントの戦いで失って以降精神を病んでしまい、積み木遊びをするなどの幼児退行に陥った。実はガヌロンによって精神と肉体を弱らせる毒薬を盛られ、ティグルが王都凱旋した際には精神は辛うじて戻るが、肉体は40代とは思えないほどやせ細り、数日後に死去。レグナス / レギンファーロンのたった一人の子で、国王から溺愛され次期国王と目されていた。中性的で優しげな顔だちから、華奢な印象を与える。ディナントの戦いで突如刺客に襲われ護衛とともに脱出するも、戦死と扱われた上に妨害にあって王都に入れず、アニエスの村に逃げ延びるもそこでムオジネルの侵攻にあい、ティグルに救われる。実は女性で、本名はレギン。ブリューヌでは女子しか産めない王妃は蔑視される風潮があり王位継承権もないに等しく、2人を守るためにファーロンに男として育てられた。ガヌロン曰く「無能ではないが特に秀でた所もない」と評されるが、ティグルが信頼に値する人物であるか確かめるためにワザと自分の体を拭かせるなど、大胆な一面もある。内乱終結後は、父王ファーロンによって王女として即位。ティグルとは幼少期に一度出会い、その時に始めて温かい食事をしたことから彼を特別に想うようになり、内乱での恩が恋心へ変わる。その想いの強さはティグルが3年エレンの元へ行くと合意した際も不満を隠さず、ティグル生死不明の報を聞いた際は大きくショックを受けるも、彼の生存を信じ想い続ける。ピエール=ボードワンブリューヌ王国宰相。病に倒れた国王に代わり国を支えるべく激務をこなす。ティグルに対しては当初野心を警戒していたが、本人と対面した際に野望が全くない事を聞かされた時は唖然としていた。ブリューヌ内乱終結後は、マスハスと共にレギンを支える。フェリックス=アーロン=テナルディエ声 - 松本大ネメタクムを治めるブリューヌの大貴族。爵位は公爵。42歳。エレンと互角の剣の腕前を持つ。国王の姪を妻としている。自身より大きく能力が劣る者は息子のザイアンを除き全員弱者と切り捨て嬲る外道だが、ボードワンやロランなど才能や能力のある人間は素直に評価する。力の誇示とジスタートへの牽制の為、ザイアンにアルサスを焼き払うよう命じるが、敗死した事を知り激怒。復讐の為に次々と計略を練るも、全て当てを外す。当初はティグルを惰弱と侮るも、後にティグルを自らが全力を注いで倒すべき相手と評価を改め、その実力を認める。銀の流星軍との戦いにおいて確実に勝てる策がありながら、子と側近を殺された復讐心に狂い自らティグルを討つことを望み、その策を捨てた。最期はティグルとの一騎打ちに敗れ戦死。ザイアン=テナルディエ声 - 木村良平テナルディエの一人息子。武芸に優れるが性格が伴っておらず、格下の者には尊大かつ無礼だが、咄嗟の事態には役に立たない。父同様ティグルを見下していた。アルサスに侵攻するも、ティグルとの戦いに敗死。スティード声 - 浜田賢二テナルディエの筆頭家臣である青白い顔をした騎士。33歳。テナルディエが有能と認めた数少ない人物だが謙虚な所があり、テナルディエにとってはそこがいささか物足りないと感じている。忠誠心が高く、聖窟宮では崩落の中でもティグルを確実に葬るべく斬りかかるが、バートランが身を挺して庇った為に失敗、崩落に巻き込まれ圧死。マクシミリアン=ベンヌッサ=ガヌロン声 - 飛田展男ルテティアを治めるブリューヌの大貴族。階級は公爵。姉が国王の甥と結婚しており、こちらも王家の姻族。可愛げの欠片もないと称される程の醜悪な小人。作中でも際立って残忍な性格で、その残忍さは味方にもおよぶ。容赦しない苛烈さも含んでいるが、上述の性格やその行動の殆どは本来の目的を覆い隠すための目隠しにするなど、周囲にはあえてそう思い込ませている。ドレカヴァクと通じているらしく、自らが人外のような言動やティグルの持つ黒弓の存在も知っている素振りも見せている。その気になれば、すぐに竜の頭を握りつぶせるとのこと。ただしヴォジャノーイとは違い、黒弓や竜技などで倒されたら復活出来ない。ブリューヌの内乱の最中、国内に見切りをつけ自身の治めるルテティアを焼き払い、グレアストと共にヴァレンティナの手引きでジスタ−トに逃亡。カロン=アンクティル=グレアスト傘下の貴族。階級は侯爵。残酷な思考の持ち主だがガヌロンにはおよばないと自覚している。銀の流星軍との会談にてエレンと会って以来、彼女に異様な執着を見せる。ロラン声 - 東地宏樹『黒騎士』という異名を持つブリューヌ最強の騎士。ナヴァール騎士団団長。27歳。13歳で試練を受け騎士となり、以後一度も負けたことが無く国王より宝剣デュランダルを下賜され、17歳で騎士団長となった。最初の戦いではエレン達を退け、二度目の戦いでも七戦姫2人を相手に優位に戦いを進めるが、ティグルの信念と黒弓の前に心身共に戦意喪失し降伏。その後、誤りを正すべく王都に向かうも、ガヌロンに謀殺される。オリビエナヴァール騎士団副団長。ロランの副官として騎士団の指揮にあたる。オーギュストカルヴァドス騎士団団長。アルサス出身で、騎士になる以前はティグルの父であるウルスに仕えていたため、ティグルとも親しい。騎士という立場上、反逆者となったティグルに協力することが出来ず歯がゆい思いをしていたが、ムオジネル軍の侵略の際にロランとオリビエから手紙で救援を頼まれ、ペルシュ騎士団やシャイエ騎士団と共にティグルの危機を救った。その後、そのままティグルと共にテナルディエと戦う。
ジスタート王国[編集]

七戦姫公国関連[編集]
リムアリーシャ声 - 井口裕香エレンの筆頭家臣。19歳。長い金髪をサイドテールにまとめている長身巨乳の女性。愛称はリム。厳格かつ生真面目な性格で、人を愛称で呼ばない。その一方で、可愛い熊のぬいぐるみを集めるのが趣味。手に入れたぬいぐるみには、一つ一つ名前をつけてやるほどの溺愛ぶりを見せる。エレンとは、戦姫以前に幼少の頃からの付き合いであることが示唆されている。当初はエレンがティグルを捕虜としたこと自体が気に入らず、彼に厳しい目を向けていたが彼と過ごすうちに考えを改めていき、その過程で彼に惹かれていくようになる。また、ティグルの教師として内政や軍略を教えることもある。ルーリック声 - 興津和幸エレン直属の腹心。秀麗な顔立ちの優男で、年齢は21歳。ライトメリッツ一の弓の名手で、270アルシンまで矢を飛ばした記録を持つ。ティグルがエレンの捕虜となり、弓の技量を披露することになった際、彼を貶めようと粗悪な弓を渡すが、逆に圧倒的な技量の差を見せ付けられる。その弓技に感服した事と、ティグルを貶めようとした罪で死刑寸前の所を助命された事で、以降は彼に完全に心酔するようになる。また、それまでは肩まで伸ばしていた艶のある黒髪を、この件のけじめとして喜んで完全に剃り落とし、以降は見事なまでの禿頭がトレードマークとなる。ティグルがライトメリッツを出て戦いに身を投じてからは副官として護衛や軍議への参加、兵の統率などを行なっている。自身とは異なる役割で同じくティグルの副官であるジェラールとは、ティグルへの接し方の違いが元で犬猿の仲。ルーニエエレンが飼っている幼竜。ソフィーヤのお気に入りだが、本人はソフィーヤが来ると一目散に逃げ出すなど苦手。主人であるエレンを除いては、ティッタに懐いている。ティグルには特に懐いているわけではないが、彼が狩りに行く際には何時の間にかついていっており、狩りの際の獲物のお零れに預かるなど、ちゃっかりしている。マトヴェイリプナの町の船乗りで商船『誇り高き白イルカ(ゴルディベルーガ)号』の船長。『白イルカ(ベルーガ)のマトヴェイ』と呼ばれている。年齢は30代半ばで、他の水夫たちと比べても一回り大きな体格をしている。強面であるため笑うと「獲物を見つけた海賊」のように見えたり、「何かを企んでほくそ笑んでいる」ように見えたりする。立ち寄った村で村人に警戒されたときは、オルガにマトヴェイの顔に驚いたのではと冗談を言われることもあった。サーシャの頼みでアスヴァールへ向かうティグルに同行し、アスヴァール語に不慣れなティグルの通訳としての役割もこなす。ナウムリーザの筆頭家臣。先代戦姫から使えるベテラン騎士。ルヴーシュ公宮では唯一記憶喪失のティグルの実力を認めている人物だが、同時に彼に拘りリーザが公宮から顰蹙を買うことを恐れている。
ジスタート本国関連[編集]
黒竜の化身初代ジスタート国王。およそ300年前、当時戦乱の最中にあったジスタート一帯に突如現れ、自らに忠誠を誓った7つの部族を従えてジスタート統一を果たした男。また、歴代国王の中で唯一、戦姫全員の忠誠を勝ち得た王でもあった。ヴィクトール=アルトゥール=ヴォルク=エステス=ツァー=ジスタートジスタート王国国王。60歳。戦姫を恐れており、隣国ブリューヌが内乱に突入しようとしている状態でも積極的に事を起こす姿勢を見せなかった。エレンからその小心ぶりを酷評されている。軍事に関しては消極的な姿勢が強いが、内政と謀略術に優れた手腕を発揮する。ユージェン=シェヴァーリンジスタート南部のパルドゥの地を治める貴族。爵位は伯爵。44歳。戦姫になったばかりのエレンとリムに礼儀作法を教えた恩人。かつてはヴィクトールの側近を務めており、気に入られて王の姪と結婚。妻が持っていた王位継承権が彼に移っており、第8位の王位継承権を持つ。ヴィクトール王に次代の王に指名されたことに戸惑いながらもイルダーの心情にも気を使い、ヴァレンティナの勧めでイルダーに火酒を送るがそれが原因で毒殺騒ぎが起き、修復不可能なまでに関係が悪化してしまう。イルダー=クルーティスジスタート北部のビドゴーシュの地を治める貴族。爵位は公爵。34歳。ヴィクトール王の甥(王弟の息子)にあたり、第7位の王位継承権を持つ。ジスタート北部で彼にかなう者はいないと言われるほど武勇に優れており、エリザヴェータに請われて剣術の手ほどきをしたこともある。その縁もあってかエリザヴェータとは良好な関係を築いている。ユージェンは年上の義弟であり、自分より継承権が下位であまり交流がなく疎遠だったこともあって特に悪い感情は抱いていなかったが、国王の指名によってユージェンが次代のジスタート王に選ばれたことが彼との関係に影を落とすことになる。自分ではなくユージェンが選ばれたことについて悩み、ヴァレンティナの言葉で一度はユージェンとの関係を前向きに考えるようになるが、直後にユージェンから送られてきた火酒に毒が盛られていたことに激怒し、ユージュンを討つために行動を起こす。
ムオジネル王国[編集]
クレイシュ=シャヒーン=バラミールムオジネル国王の弟。『赤髭(バルバロス)』の異名を持つ。37歳。指揮官たる相応の実力を持ち、軽口をたたくなど寛容な人柄ゆえに兵からは信頼されている。その実力をもって『銀の流星軍』を追い詰めるも、次々と救援が現れる敵に対し長期戦の不利を悟り、別働隊の敗北を知り即撤退。ティグルを英雄と称賛することで敗戦の傷を小さくするなど、非常に強か。ティグルの能力を認めており、将軍首3つに相当と評価し警戒している。行方不明の報を聞くもジスタート側の工作を疑い、腹心のダーマードを派遣し事実を探ぐる。再びブリューヌへ侵攻しようと虎視眈眈と狙う。カシムムオジネル王国将軍。30歳。元奴隷出身だが才覚を認められ、武勲を重ねて若くして将軍となった。内乱に乗じて先遣隊としてブリューヌに侵攻したが、ティグルの策略にはめられ射殺された。ダーマードクレイシュの側近。19歳。2年前にクレイシュに抜擢され今に至る。ティグルの実力を評価しており、力比べを望んでいる。主命によりジスタートへ密告し、ティグルの生死確認および生存時の暗殺を目論む。
アスヴァール王国[編集]
始祖アルトリウス故人。初代アスヴァール国王。神託を受け付き従う12人の騎士と共に乱を治めアスヴァール島を統一したとされるアスヴァール王国の英雄。ゼフィーリア故人。アスヴァール女王。かつて国家存亡の危機にあったアスヴァールを救い、アルトリウスの悲願であった大陸の領土化を叶えた人物。大陸初の女王でもあった。武勇に優れ生涯独身を貫いたとされている。タラード=グラムジャーメイン配下の百騎長。20代半ばで短い金髪に透き通るような碧い瞳をしている。元平民で漁村生まれの狩人。そのためか本人は剣も使えるが弓の方が得意。常勝不敗といわれるほど戦上手の将軍だったが兵が民に非道を働いているのを止めさせるよう進言したことで降格され、このときから叛乱を計画。ジャーメインがティグル達に刺客を差し向けたのを機に実行に移す。バルベルデの町の住人たちからも人気があり、叛乱を起こしたときも首謀者がタラードと知ると住人たちは落ち着きを取り戻すほど。しかし実際は勝利の為なら手段を選ばない非情な面を持つ。叛乱成功後はバルベルデ城主となり、ジャーメインに代わって同盟をティグルたちに持ち掛ける。内乱終結後はギネヴィアを擁立し、将軍となる。ジャーメインアスヴァール王国第一王子。27歳。傲慢で猜疑心が強い性格をしており、先王ザカリアスの遺言により王位を継承するはずだったが、戴冠式の前に自分の弟妹たちに謀反の疑いを着せ殺害。しかしエリオットとギネヴィアを取り逃がしてしまい、さらに貴族諸侯からも反発を招き内乱の原因を作ってしまう。ティグル達が使者として訪れた頃には軍としては末期的な状態となっており、それを挽回するためにティグルたちを捕らえてムオジネルから支援を得るための取り引きに使おうとしたが、館の警備が手薄になったところにタラードに叛乱を起こされ殺害される。エリオット=ブルーム=ゴドウィン=ナサニエル=ガラハッド=アスヴァールアスヴァール王国第二王子。ザカリアス王の死後、ジャーメインに謀殺されそうになるがその手を逃れ、ジャーメインに反発する貴族や北の海を荒らし回っていた海賊たちを配下にして叛乱を起こす。当初はジスタートからも支援を受けていたが、後にムオジネルと手を結ぶことを決め、支援を受ける対価として差し出すために使者として訪れていたソフィーを捕らえ監禁する。タラードとの戦いで敗れ逃走を図ろうとするも、ティグルに船を破壊され生け捕られた後、晒し首になった。ギネヴィア=コルチカム=オフィーリア=ベディヴィア=アスヴァールアスヴァール王国第一王女。20歳。ザカリアス王の死後、同じくジャーメインに謀殺されそうになるがその手を逃れ隠れるように生きていたが、タラード達の助けも会って内乱後アスヴァール女王として即位し、ブリューヌやジスタートと友好を結ぶ。レスタートルバランを参照。ハミッシュエリオット筆頭家臣。爵位は子爵。エリオットと長い付き合いのある貴族。長弓の名手で射撃距離はティグルを超える。タラードとの戦いでティグルと一騎打ちになるが、ティグルに圧倒的な腕の違いを見せられ討ち取られる。バイルド=ルドラータラード直属の腹心の1人で筆頭武官。32歳。ティグルの能力や性格に好感を抱いており、彼に対して素直に尊敬の念を抱く。だが黒弓の力を見てその念は畏怖に変わっており、タラードがティグルを仲間にしようと考えた時は反対した。クレスディルタラード直属の腹心の1人で筆頭文官。狐のような細目が特徴で、ティグルに仮面をつけているようだと評価されるほど無表情。ティグルをルドラー以上に警戒している。フィッツ=ラフォールタラード直属の腹心の1人。38歳。タラード配下の最年長で纏め役を務める。主に投石機といった兵器の設計などを携わる。
魔物[編集]
ドレカヴァク声 - 根本明宏テナルディエに仕える老人。占い師として仕えているが竜の調教も行っている模様。テナルディエには重用されているが、ザイアンから嫌われていた。黒弓の使い手であるティグルの捕獲を目論む一方で、「ろくでもないことを考えてる」としてガヌロンを警戒している。ヴォジャノーイドレカヴァクと通じている男で、まるで人間とは思えない跳躍力や長い舌を持つ。おとぎ話に出てくる蛙の化物と同じ名を持つ。黒弓とティグルを狙って襲ってきたが、ティグルとミラの前に粉々に砕かれて倒される。だが、その後に何も無かったかのようにドレカヴァクの元に現れている。ガヌロンからは『金喰い蛙』と呼ばれている。トルバランレスターという人間の姿でルクス城砦に構えていた。好みの若い娘を見つけてはさらって城砦に連れ帰るという問題のある人物で、タラードとはよく衝突していた。後にエリオット側に寝返り、タラードと手を組んだティグルたちと戦うことになる。ねじれた角と赤い目白すぎる肌を持つ。幼い娘を攫う怪物と同じ名を持つ。ドレカヴァクやヴォジャノーイとは知り合いであるらしくティグルの持つ黒弓の存在も知っていたが、二人と違い生け捕る気は全くない。また七戦姫とは長年の因縁があり、これまで40人前後の戦姫と戦ってきたという。オルガや黒弓の一撃を受け止めるほどの力を持つが、ムマの力を上乗せした二撃目を受け敗北。ジスタートへ帰国するティグル達へ報復の為海竜と共に襲撃するも失敗。その後、レグニーツァを襲撃しサーシャと死闘を繰り広げ、相討ちに等しい形で戦死。バーバ=ヤガー物語の2年前にリーザに力を与えた老婆。ローブにフードを被り箒をつかんだ骨と皮しかない異様に白い手しか露出させていない、おとぎ話で語られる通りの姿を持つ。
その他[編集]
神々の王ペルクナスブリューヌとジスタートで信仰される十神の1柱にしてその筆頭神。太陽と光の神とも称されている。戦神トリグラフブリューヌとジスタートで信仰される十神の1柱。傭兵や軍人に信仰される。家畜の神ヴォーロスブリューヌとジスタートで信仰される十神の1柱。熊はヴォーロスの化身とされている。大地母神モーシアブリューヌとジスタートで信仰される十神の1柱。4柱いる女神の1柱でありその像は自身は花で飾っている。犬が眷属とされる。風と嵐の女神エリスブリューヌとジスタートで信仰される十神の1柱。4柱いる女神の1柱であり角笛が持ち物とされる。ティグルがよく祈りを捧げている神でもある。豊穣と愛欲の女神ヤリーロブリューヌとジスタートで信仰される十神の1柱。4柱いる女神の1柱でありその像は薄布を纏っている。夜と闇と死の女神ティル=ナ=ファブリューヌとジスタートで信仰される十神の1柱。4柱いる女神の1柱でありがたられることは非常に少ない。ペルクナスの妻であり姉であり妹であり永遠の宿敵とされている。ティグルは黒弓を通して聞こえる声は彼女のものだと推測している。
用語[編集]

本作の地理に関しては、2巻冒頭の地図を参照のこと。
ブリューヌ王国本作の主な舞台。王都はニース。国旗は紅馬旗(バヤール)。ディナントの戦いで王子を失った国王が失意の余り政務を放棄してしまったため、テナルディエとガヌロンという2大公爵家による内乱の機運が高まりつつある。ジスタート王国ブリューヌと並ぶ本作の主な舞台。ブリューヌとヴォージュ山脈を隔てた隣国。王都はシレジア。国旗は黒竜旗(ジルニトラ)。かつての伝承から、国王の下に7人の戦姫を置き、戦姫それぞれが公国として自身の領地を治めるという国家体制を持ち、公国は戦姫不在でも政治が回るよう官僚制を敷いている。 ライトメリッツ公国アリファールの所有者が治める公国。ティグルが治めるアルサスと隣接している。公国旗は黒の銀剣旗。オルミュッツ公国ラヴィアスの所有者が治める公国。ライトメリッツの南にありムオジネル王国とブリューヌ王国と隣接している。公国旗は白の蒼槍旗。ポリーシャ公国ザートの所有者が治める公国。ムオジネル王国と隣接している。レグニーツァ公国バルグレンの所有者が治める公国。ライトメリッツと隣接している。公国旗は黄の交差した朱刃と金刃旗。ルヴーシュ公国ヴァリツァイフの所有者が治める公国。レグニーツァの北に隣接している。『異彩虹瞳』を吉兆と崇めている。公国旗は紫の金鞭旗。オステローデ公国エザンディスの所有者が治める公国。パルドゥの北東に位置している。ブレスト公国ムマの所有者が治める公国。アスヴァール王国大陸と大陸から離れたアスヴァール島を領土に持つ国。王都はコルチェスター。国旗は赤竜旗。ザクスタン王国ブリューヌ王国と隣接している国家。度々ブリューヌと小競り合いを起こしている。国旗は白鷲旗。ムオジネル王国ブリューヌとジスタートの南にある王国。国旗は緋の角突き黄金兜と金剣旗。これは戦神ワルフラーンの象徴とされる。奴隷制を唯一持つ国で国民は褐色肌が特徴。戦争で身代金が払えない捕虜はここに売り飛ばされる。ムオジネル産の紙や絨毯は上質とされ、紅茶などの珍しい特産品が多い。戦姫(ヴァナディース、せんき)ジスタート王国独特の制度。竜具に選ばれた7人の女性が、国王に次ぐ地位として国を治める一方で、いざ戦いとなれば竜具を振るい敵と戦う。なお、戦姫となるには竜具に選ばれなければならないため、ルリエ家のように「先祖代々戦姫」というのは稀有な例。竜具(ヴィラルト)戦姫が振るう武具。全部で7種類存在し、それぞれ特殊な力を有する。また、その力を最大限に発揮する『竜技(ヴェーダ)』は、一撃で竜を倒すことも可能。次代の戦姫を自ら選ぶなど、独自の意思を持つ。なお、携行したままでの王との謁見が許される。 アリファール『降魔の斬輝』という異名を持つ長剣。風を操る能力を持つ。ラヴィアス『破邪の尖角』という異名を持つ槍。氷を操る能力を持ち、柄の長さを自在に変化できる。ザート『退魔の祓甲』という異名を持つ錫杖。光を操る能力を持つ。バルグレン『討鬼の双刃』という異名を持つ双剣。炎を操る能力を持つ。ヴァリツァイフ『砕禍の閃霆』という異名を持つ鞭。雷撃を操る能力を持ち、雷光となって長鞭や打撃武器の形態に変化できる。エザンディス『封妖の裂空』という異名を持つ大鎌。瞬間移動能力を持つ。ムマ『崩呪の弦武』という異名を持つ戦斧。ラヴィアスと同じく柄の長さを変化させたり、刃の大きさや形状を変える事ができる。単位チェート作中で使用されるセンチメートルの単位。アルシン作中で使用されるメートルの単位。ベルスタ作中で使用されるキロメートルの単位。銀の流星軍(シルヴミーティオ)ティグルたちが率いるブリューヌとジスタートの混成軍。エレンが命名。ヴォルン家の黒弓(仮称)声 - 桑島法子ヴォルン家の家宝として伝わってきた宝弓。材質不明。竜具の力を矢に上乗せして放つことが出来、通常は傷付けることも不可能とされる竜を一撃で倒すほど。時折弓を通して何者かの声が聞こえることがある。竜具とは性質が全く異なるらしい。その気になれば町を一瞬で消せる。伝承よりも遙かに古い話に『魔弾の王』と呼ばれた人物の話があるが、その人物が使っていたものと同一かどうかは不明。ちなみに、タイトルの「魔弾」とはこの弓から放たれる矢のこと。宝剣デュランダル『不敗の剣』とも呼ばれるブリューヌの宝剣。材質不明。竜技すら打ち破る力を発揮する。ロランが降伏の際にティグルに預け、彼の死により内乱終結後に王家へ返却。竜大陸に存在している大型生物。普段は森や山奥に奥深く生息しているため人が目にすることはほとんどなく、その為伝説上の生物を信じる人間も少なくない。様々な色や種類の竜が存在しており、ジスタート王国では黒竜と幼竜への危害を加えることを禁じている。身体は非常に頑丈で通常兵器では傷つけることは不可能。最大で150チェート(15メートル)まで成長する。 地竜(スロー)鰐のように四足で移動する竜種。空竜(ヴィーフル)竜種の中でも翼が発達し自由に飛行出来る。人を乗せて飛行可能。火竜(ブラーニ)竜種の中で唯一炎を吹く竜種。灰や炭、鉱物を常食している。双頭竜(ガラ・ドヴア)竜種の中で奇形種とされ最大の大きさを誇る。最大の特徴はそれぞれ独立した双頭で片方が死んでも活動可能。竜種の中でも一際獰猛で同族すら餌にする。ジスタートでは凶兆を運ぶとして忌み嫌われている。海竜(バダヴア)竜種の中で唯一海で生息している。蛇のような身体が特徴。魔物人ならざる異形の者たち。常人を遥かに超える身体能力や超常的な能力などを有している。作中で登場する魔物達はスラブ神話に出てくる精霊の名前を名乗っている。戦姫とは敵対関係にあり、戦姫が誕生した当時から現在に至るまで何らかの因縁があることが示唆されている。また、ヴォルン家の黒弓の正体を知っているようで、その使い手を戦姫以上に貴重な存在として特別視している。
既刊一覧[編集]

ライトノベル[編集]

川口士(著)/よし☆ヲ(イラスト)、メディアファクトリー〈MF文庫J〉
『魔弾の王と戦姫』 2011年4月25日初版発行 ISBN 978-4-8401-3857-4
『魔弾の王と戦姫2』 2011年8月24日初版発行 ISBN 978-4-8401-3970-0
『魔弾の王と戦姫3』 2011年12月21日初版発行 ISBN 978-4-8401-4339-4
『魔弾の王と戦姫4』 2012年4月23日初版発行 ISBN 978-4-8401-4553-4
『魔弾の王と戦姫5』 2012年8月23日初版発行 ISBN 978-4-8401-4685-2
『魔弾の王と戦姫6』 2013年1月31日初版発行 ISBN 978-4-8401-4962-4
『魔弾の王と戦姫7』 2013年7月24日初版発行 ISBN 978-4-8401-5187-0
『魔弾の王と戦姫8』 2014年1月31日初版発行 ISBN 978-4-0406-6154-4
『魔弾の王と戦姫9』 2014年5月31日初版発行 ISBN 978-4-0406-6749-2
『魔弾の王と戦姫10』 2014年10月24日初版発行 ISBN 978-4-0406-7124-6

漫画[編集]

柳井伸彦(作)
『魔弾の王と戦姫1』ISBN 978-4-8401-4457-5
『魔弾の王と戦姫2』ISBN 978-4-8401-4789-7
『魔弾の王と戦姫3』ISBN 978-4-8401-5035-4
『魔弾の王と戦姫4』ISBN 978-4-8401-5341-6
『魔弾の王と戦姫5』ISBN 978-4-0406-6545-0
『魔弾の王と戦姫6』ISBN 978-4-0406-6880-2

柳井伸彦他(作)
『魔弾の王と戦姫 アンソロジー』ISBN 978-4-0406-6881-9

テレビアニメ[編集]

2014年10月より放送中。ナレーションは小杉十郎太。

スタッフ[編集]
原作 - 川口士(MF文庫J『魔弾の王と戦姫』 / 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊)
キャラクター原案 - よし☆ヲ、柳井伸彦、片桐雛太
監督・シリーズ構成・脚本 - 佐藤竜雄
キャラクターデザイン・総作画監督 - 椛島洋介
サブキャラクターデザイン - いとうまりこ
プロップデザイン - 大橋幸子、秋篠 Denforword 日和
デザインワークス - 大河広行、石川寛貢
エフェクト作画監督 - 酒井智史
馬術アクション - 赤堀重雄
美術設定 - ニエム・ヴィンセント
美術監督 - 甲斐政俊
色彩設計 - 篠原愛子
CGプロデューサー - 橋本トミサブロウ
CGディレクター - 畑山勇太
撮影監督 - 岩崎敦
編集 - 定松剛
音響監督 - 本山哲
音楽 - 横山克、信澤宣明
音楽制作 - KADOKAWA(メディアファクトリー)
音楽プロデューサー - 竹山沙織
製作統括 - 中山卓也、万木壮
プロデューサー - 田中翔、中道圭吾、大貫一雄、上間康弘、清水美佳、植木達也
アニメーションプロデューサー - 金子文雄
アソシエイトプロデューサー - 西川和良
アニメーション制作 - サテライト
製作 - 魔弾の王と戦姫製作委員会

主題歌[編集]
オープニングテーマ「銀閃の風」作詞 - 坂井竜二 / 作曲・編曲 - 鈴木ヤスヨシ(カプリチオ・ミュージック) / 歌 - 鈴木このみエンディングテーマ「Schwarzer Bogen」作詞 - LINDEN / 作曲・編曲 - 片山修志(Team-MAX) / 歌 - 原田ひとみ
各話リスト[編集]


話数

サブタイトル

絵コンテ

演出

作画監督

アイキャッチ

原作巻

第一話 戦場の風姫 佐藤竜雄 近藤一英 椛島洋介
大橋幸子(食事) ほりょ【捕虜】
せんき【戦姫】 第1巻
第二話 帰還 稲井仁 石川俊介 いとうまりこ りゃくだつ【略奪】
第三話 甦る魔弾 佐藤竜雄 渡部高志 福世孝明 りゅうぎ【竜技】
りゅうぐ【竜具】

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[2]


放送期間

放送時間

放送局

対象地域・備考 [3]

2014年10月4日 - 土曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 / リピート放送あり
2014年10月5日 - 日曜 1:58 - 2:28(土曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 / 『アニメシャワー』第1部
2014年10月7日 - 火曜 0:30 - 1:00(月曜深夜) TOKYO MX 東京都
2014年10月8日 - 水曜 2:05 - 2:35(火曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2014年10月10日 - 金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜) BS11 日本全域 / 『ANIME+』枠

日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[2]


放送期間

放送時間

配信元

備考

2014年10月10日 - 金曜 0:30 - 1:00(木曜深夜) ニコニコ生放送
金曜 1:00(木曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル 最新話1週間無料
2014年10月17日 - 金曜 0:00(木曜深夜) 更新 バンダイチャンネル
2014年10月24日 - 金曜 12:00 更新 dアニメストア

BD / DVD[編集]




発売日

収録話

規格品番


BD

DVD

1 2014年12月24日予定 第1話 - 第3話 ZMXZ-9751 ZMBZ-9761
2 2015年1月28日予定 第4話 - 第5話 ZMXZ-9752 ZMBZ-9762
3 2015年2月25日予定 第6話 - 第7話 ZMXZ-9753 ZMBZ-9763
4 2015年3月25日予定 第8話 - 第9話 ZMXZ-9754 ZMBZ-9764
5 2015年4月24日予定 第10話 - 第11話 ZMXZ-9755 ZMBZ-9765
6 2015年5月27日予定 第12話 - 第13話 ZMXZ-9756 ZMBZ-9766

webラジオ[編集]
ティグルとリムの魔弾ラジオ2014年9月30日よりHiBiKi Radio Stationにて配信されているWebラジオ番組。毎週火曜日更新。パーソナリティは石川界人(ティグルヴルムド=ヴォルン 役)、井口裕香(リムアリーシャ 役)
出典[編集]

1.^ “『魔弾の王と戦姫』、10月5日発売の月刊コミックフラッパー11月号にてコミカライズ連載開始!!”. MF文庫J編集部ブログ (2011年9月6日). 2014年10月10日閲覧。
2.^ a b “放送情報”. TVアニメ『魔弾の王と戦姫』公式サイト. 2014年10月4日閲覧。
3.^ テレビ放送対象地域の出典: “放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2014年8月19日閲覧。 “基幹放送普及計画”. 2014年8月19日閲覧。 “地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会 (Dpa). 2014年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]
MF文庫J「魔弾の王と戦姫」特設サイト
TVアニメ『魔弾の王と戦姫』公式サイト
『魔弾の王と戦姫』公式ツイッター (@madan_anime) - Twitter
カテゴリ: 日本のファンタジー小説
2011年の小説
MF文庫J
漫画作品 ま
コミックフラッパー
ファンタジー漫画
アニメ作品 ま
2014年のテレビアニメ
サテライト
メディアファクトリーのアニメ作品
ショウゲートのアニメ作品
ブシロードのアニメ作品
AT-Xのアニメ
UHFアニメ
ライトノベルを原作とするアニメ作品
継続中の作品

注枢エキス

パンドン計画 

西日本占領 

太陽の黙示録 

続く・・

ユークリッド幾何学 

非ユークリッド幾何学 

パスカル 

パンセ 

修辞技法 - W

虎馬:修辞技法 - W

修辞技法(しゅうじ ぎほう)とは、文章やスピーチなどに豊かな表現を与えるための一連の技法のこと。英語の「figure of speech」やフランス語の「figure de style」などから翻訳された現代語的表現で、かつての日本語では文彩(ぶんさい)、また単に彩(あや)などといっていた。
目次
1 概説
2 分類
3 比喩 3.1 直喩法
3.2 隠喩法  3.2.1 換喩法
3.2.2 提喩法
3.2.3 諷喩法
3.3 比喩表現の複合
4 擬態法 4.1 擬態語・擬音語・擬声語
5 擬人法 5.1 擬物表現
5.2 生物形象・無機物形象(擬人表現と擬物表現の逆相関)
6 倒置法
7 反復法
8 同語反復
9 首尾同語(反照法)
10 体言止め
11 反語
12 呼びかけ
13 パラレリズム 13.1 対句
14 押韻
15 語句の挿入
16 省略法
17 緩叙法
18 漸層法
19 対照法
20 敷衍(ふえん)
21 パロディ
22 畳語法・畳句法・畳音法
23 疑惑法
24 誇張法
25 列挙法・列叙法
26 折句
27 史的現在
28 撞着語法
29 頓降法/漸降法 29.1 頓降法
29.2 漸降法

30 黙説
31 冗語法
32 転用語法
33 関連項目
34 参照文献 34.1 古典
34.2 現代(海外)
34.3 現代(日本)

35 脚注
36 外部リンク


概説[編集]

修辞技法はギリシア・ローマ時代から学問的な対象として扱われており、修辞学(レトリック、Rhetoric)という学問領域となっている。

西洋の古典修辞学者らによってScheme(配列を変えること)とTrope(転義法、比喩)に大別された。




分類[編集]

西洋の古典修辞学者たちは修辞技法を大きく次の2つに分類した。
Scheme - 言葉のパターン(配列)を通常のパターン、あるいは予想されるパターンからそらせる修辞技法。
比喩(Trope。転義法とも) - 語の一般的な意味を変えたり修飾したりする修辞技法。

しかしルネサンス期になると、修辞学者たちは全修辞技法の分類に情熱を傾け、作家たちは修辞技法の種類・下位分類の種類を広く拡張した。ヘンリー・ピーチャム(Henry Peacham)の『The Garden of Eloquence』(1577年)には184の修辞技法が列挙されている。その中で、ピーチャムは分類について以下のように書いている。「単純にするために、この本では文彩をschemeと比喩(trope)に分け、(『Figures of Disorder』がやったような)さらなる下位分類は行わない。各ジャンル、技法はアルファベット順に列挙する。それぞれの項目では詳しい説明と例を挙げるが、列挙する時の短い定義は便宜的なものである。列挙したもののいくつかは、多くの点で類似した文彩と思われるだろう」。

尚、日本における修辞の名称は、各国修辞学における文献に於いて英、独、仏語やラテン語を各学者などが和訳したものであり、名称の表記に揺れがあることを留意すべきである。また、以下に述べる用例文は、一般書籍からの引用ではなく、技法を文献から咀嚼した上であくまで例として記述したものである(一般書籍から引用すると、註釈で多くの頁を割くことになることと、文体、歴史的仮名遣いなどの問題が発生するため)。

比喩[編集]

詳細は「転義法」を参照

比喩(譬喩、ひゆ)とは、字・語句・文・文章・出来事・作品全体などの物事を、それと共通項のある別の物事に置き換えて表現する手法である。読み手に対し、例えられる物事を生き生きと実感させる効果を持つ。比喩を用いた修辞法を比喩法といい、佐藤信夫他著の『レトリック事典』では直喩、隠喩、換喩、提喩を指している。

直喩法[編集]

詳細は「直喩」を参照

直喩(明喩、シミリー)とは「(まるで・あたかも)〜のようだ(ごとし、みたいだ)」のように、比喩であることを読者に対し明示している比喩である。直喩を用いた修辞法を直喩法という。『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり…』で知られる『平家物語』の序段は、この直喩の典型例である。日本では現代でも頻繁に用いられてはいるが、近現代の西洋ではあまり洗練された技法とはみなされておらず(ある意味でヤボな技法だと見なされており)、文筆家・作家・詩人・知識人などの文章では、直喩よりも(後述の)隠喩のほうが頻繁に用いられる。

用例
赤ん坊の肌はまるで綿飴のようにふわふわだ。
鳥みたいに羽が生えたら自由に空を飛べるのに。
息子は二宮金次郎のごとく、勉学に励んだ。
あいつのいない夏休みなんて真夏のスキー場みたいなものだ。

隠喩法 [編集]

詳細は「メタファー」を参照

隠喩(暗喩、メタファー)に分けられるものは、比喩であることが明示されていない比喩である。隠喩を用いた修辞法を隠喩法という。

用例
夜の帷が静かに幕を下ろす。
この思い出を忘れまいと、心の宝石箱に仕舞い込んだ。
満天の星空が二人の間に降り注ぐ。

などで、いずれも「まるで」「ごとし」「ようだ」などといった比喩を明示するための語が用いられていない。直喩に比べて、より洗練された比喩だとされる。

「すし詰め状態」「団子レース」「マシンガントーク」などのように定型句となった表現も見られる。

換喩法[編集]

詳細は「換喩」を参照

換喩(かんゆ、メトニミー)とは表現する事柄をそれと関係の深い付属物などで代用して表現する比喩である。換喩を用いた修辞法を換喩法という。また「永田町」と言って国会を、「葵の御紋」と言って徳川家を指すのも換喩の一種とされ、『象徴喩』と訳されている。

用例
「バッハが大好きだ。」
「バッハ」がバッハの作品を指している。そのワインを開けてくれ。
実際開けるのはワインではなく、ワインが入っているボトルの栓である。象徴喩の用例。ボルドーの赤、ブルゴーニュの白。
ここでの「赤」と「白」はワインの種類を指している。ペンは剣より強し。
ここでのペンは弁舌や学問を指し、剣は武力、暴力、戦争などを指している。
提喩法[編集]

詳細は「提喩」を参照

提喩(ていゆ、シネクドキ《Synekdoce》)とは上位概念で下位概念を表したり、逆に下位概念で上位概念に置き換えたりする比喩をいう。換喩との違いは、包含する関係にあるか否かである。提喩を用いた修辞法を提喩法という。

用例
全く、情けない男だ。
ある人物が相手にこう告げた時、情けないのはその相手(下位概念)だけであって、男全般(上位概念)を指しているわけではない。豚肉も悪くないけど、どちらかといえば鶏の方が好きだな。
まず鳥という上位概念で鶏という下位概念を指している。さらに、鶏という上位概念からさらに下位概念の鶏肉、あるいは鶏肉料理を指している。このように提喩は上位、下位の概念が階層化することもある。紙もすっかり値上がりしたので、本当に困る。
会話の状況によって、この紙がトイレットペーパーを指してるのか、それとも何らかの用箋を指しているのかわからないが、紙という上位概念で、下位概念を想起させるものとなっている。
諷喩法[編集]

詳細は「たとえ話」を参照

諷喩(ふうゆ、英: Parable)とは、寓意に使われるようなたとえのみを提示することで,本当の意味を間接的に推察させる比喩を言う[1][2]。寓言法。寓喩法。

用例
「燕雀(えんじゃく)安(いずくん)ぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや」
小人物に大人物の心はわからない、ということを鳥の話のみをして推察させている。燕雀は小物、鴻鵠は大物という共通認識の上に成立する諷喩。猿も木から落ちる
木登りを得意とする猿でも木から落ちることのみを示し、得意な人でも失敗することがあるという意味を推察させる諷喩。
比喩表現の複合[編集]

これらの比喩が複合することもある。たとえば「右のエース」という表現は、エースで一番手を指す暗喩、右で右手で投げる投手を表す換喩を兼ねている。更に、「右のエース」という言葉は、野球のみでしか通用しないので、野球という上位概念の中の下位概念に値することから、この表現そのものが提喩となっている。

擬態法[編集]

擬態法(ぎたいほう)は、表現する事象について、様子を文字として書き表した擬態語や、擬音語・擬声語を用いた修辞法である。「姉はにこにこと笑っていた」という文での「にこにこ」が擬態語に、「犬がワンワンと鳴く」の「ワンワン」が擬声語にあたる。

擬態語・擬音語・擬声語[編集]

詳細は「声喩」を参照

擬態語(ぎたいご)は「様子」、擬音語(ぎおんご)は「音」、そして、擬声語(ぎせいご)は「動物の鳴き声」などを言語化したものである。写生語、声喩、仏語でオノマトペ (onomatopee)、若しくは英語でオノマトペア (onomatopoeia) ともいう。擬音語(擬声語)を用いることにより、ものごとを生き生きと表現する効果や、また、ものごとに対し読者が親近感を抱く効果など、さまざまな効果が生まれる。扉が風でガタガタと音を立てるといった擬音語、幼児語では、犬の鳴き声の擬声語であるワンワンのように、そのものの発する声を表す擬声語がそのものの名称として用いられる場合もある。擬態語は「動作・様態・感覚・心理・状況」などの様子を文字として表す方法で、傷口がズキズキ痛む、心配でハラハラするなどが例として挙げられる。また、そもそも言語ではないものを言語化しているため、言語によってこれらの語は異なることがある。

尚、日本の国語科教育では文法として擬音はカタカナを、擬態は平仮名を使うように教えている[要出典]。

擬人法[編集]

詳細は「擬人法」を参照

比喩の中でも特に、人でないものを人格化し、人に例える手法を擬人法(ぎじんほう、活喩)という。その場合、読み手に対し、例えられる「人でないもの」に対する近しさを抱かせる効果が生まれる。擬人化、擬人観も参照のこと。
「海に出て木枯帰るところなし」(山口誓子)
木はわたしに向かって手を振った。
風が私を優しく撫でた。

擬物表現[編集]

擬人法と逆に、人の動作や様子を物質に喩える手法があり、これを『擬物表現』、『結晶法』、『実体化』(原義はHypostatization《英》)などと訳している。以下は例文である。
黙々と働く彼の姿は、言うなればロボットである。 
彼女の笑顔が、僕にとって元気の薬だ。
彼が持つ強運を、少しは分けて欲しいぐらいだ。

生物形象・無機物形象(擬人表現と擬物表現の逆相関)[編集]

擬人法と対照的な概念に生物(動物)形象や無機物形象がある。多くの文化圏・言語圏において見られる用法であり、いわゆる擬人化イメージの逆擬物化と解釈することができる。

ある人間以外の生物・無機質の物体・自然現象などが、その特徴や生態などから、ある特定の擬人表現がなされることが広く周知されている場合に、逆に人間像をその生物・物体・自然現象などに例える用法である。

この表現例として、古来各地で「あの人は〜のような人だ」の「〜」に様々な生物形象・無機物形象が用いられている。
アリのような人 - 社会性のあるアリ、特に働きアリのイメージに例え、勤勉な人物あるいは黙々と自らの属する組織に尽くす人
カメレオンのような人 - 自らの外敵からの攻撃をさけるため、周囲の環境によって体色を自在に替えるカメレオンのイメージに例え、自分の周囲の状況を察知して主義・主張や振る舞いをコロコロ替える人、世渡り上手、お調子者
風見鶏のような人 - 「カメレオンのような人」と同義
ハゲタカのような人 - 健康な相手は決して襲わないが、ひとたびその相手が衰えたり死んだりすると、よってたかってその肉をむさぼるイメージにたとえ、人の弱みにつけこんで自分の利益をむさぼる人
貝のような人 - 二枚貝が堅く殻を閉じているイメージに例え、無駄な口を開かない人、ないしは身持ちが堅く防御的傾向にある人
太陽のような人 - 太陽系を成す恒星に例え、その系統の中心となるような人、あたたかい人

倒置法[編集]

詳細は「倒置」を参照

文章は通常、主語−目的語−述語 の順で記述されるが、この順序を倒置(逆転)させ、目的語を強調する手法のこと。
私は宝の在処を突き止めた。(通常)
私は突き止めた、宝の在処を。(倒置法)
宝の在処を突き止めた、私は。(主語も倒置した形)

反復法[編集]

詳細は「反復法 (修辞技法)」を参照

同じ語を何度も繰り返し、強調する。連続して反復する場合と、間隔を置いて反復する場合がある。
「高く高く、青く澄んだ空」
「我が母よ 死にたまひゆく 我が母よ 我を生まし 乳足らひし母よ」(斎藤茂吉)

同語反復[編集]

詳細は「トートロジー」を参照

同じ言葉を二度用いることで、語気を強める用法。トートロジー(Tautology)の訳語の1つ。

例文
それはそれ、これはこれだ。
まあ約束は約束だ。したからには守らないとな。

首尾同語(反照法)[編集]

詳細は「隔語句反復」を参照

別の場面で全く同じ表現を用いる手法。たとえば冒頭に、「平和な朝だ」と記し、巻末に「平和な朝が帰ってきた」などと表現する。反復法の一つである。

他の用例として童話『モチモチの木』なども首尾同語の好例である。一人で便所に行けない臆病な主人公がクライマックスで疾風怒濤の勇気を振り絞っているのに、巻末ではやはり一人で便所には行けなかったと記され、話が締められている。

体言止め[編集]

体言(名詞・名詞句)で文章を終えること。名詞止めとも称する。言い切らずに、文の語尾に付ける終止形を省き、体言で止めて、強調させたり、余韻を残すことをいう。もともとは俳句や短歌の技法だったが、1990年代に若年層で流行した。それ以前から星新一をはじめとする小説家が著作で盛んに用いており(例:「私は科学者。実はこの…」)、このことも影響しているであろう。

特に感動を表現するために、例えば「水が流れる」という文の主語・述語の順番を逆にして「流れる水よ」のように体言で止める言い方を、喚体句という。

反語[編集]

詳細は「反語」を参照

実際の主張を疑問の形で書いているが、強い断定を表す用法。また、肯定の形で表しているが、強い皮肉を表すこともある。種類として皮肉法、反語的讃辞、反語的期待、反語的緩和、反語的否認などがある。
反語の用例昔は美しい街だったと言っても、だれが信じるだろうか。(いや、誰も信じないだろう。)
あの社長の経営方針のせいで、どれだけの労働力が犠牲になったことか。(多くが犠牲になったのだ。)

否定表現となることが多いが、肯定表現が来ることもある。



反語的讃辞の用例おやおや、ずいぶん丁寧な扱いだこと。(とてもひどい扱いだ。)
君の達筆な字じゃ上司に見せるのはちょっとね…。
資金力で大物選手を寄せ集めてるわけだし、そんなスター軍団が負けるはずないよね。

見せかけは肯定文であるが、中身はまるっきり皮肉を交えた反語となっている。広義では皮肉法ともいえるが、違いは長所を述べておきながらその長所を内面で否定している点である。
反語的期待の用例君が会社を辞めるかは自分で決めることだ。君の実績は上も高く評価している。それに、君の接客を楽しみにしてる客もいっぱいいるしな。

表向きは肯定しているが、実際は「会社を辞めるな」と強く相手に訴えているのが分かる。
反語的緩和の用例待った、だなんて思ってないよ。この前だいぶ待たせた借りがあるしね。

皮肉も自嘲も含まれていないが、能動と受動の関係が逆転しており、ここでは待たされた相手が敢えて、自分から待つことにしたと反転して表現することで、体裁の悪い相手の立場を和やかに変えている。無論、相手にとっても待たせることに対して貸しを作った覚えなどないはずであるが、結局は「お互い様だよ」と訴えているようになっている。
反語的否認の用例以後の彼の活躍は、敢えてここで書く必要もないだろう。

反語的期待の逆。表現上では否定だが、文章上では正しいことを述べる肯定となっている。

呼びかけ[編集]

詳細は「頓呼法」を参照

対象物との密接な関係を表す手法。「〜よ」などの形になることも多い。

パラレリズム[編集]

詳細は「パラレリズム」を参照

全体に一定のパターンを与える目的で、2つ以上の文の部分に類似の形式を与えること。対句法、平行構造、平行体, 並行体とも言われる。 ヘブライ語の聖書、漢詩をはじめ、広範に使われる。

対句[編集]

漢詩やことわざで使われる場合は「対句」という言葉があてられる。2つ以上の語呂の合う句を対照的に用いる。 もともとは漢文の駢儷文におけるテクニックの一つで、日本語では漢字、漢文の伝来とともに使われるようになり、現在においても、日本語の表現方法として無意識に使用されている。 例として、
しかあれども、よにつたはることは、ひさかたのあめにしては、したてるひめにはじまり、あらがねのつちにしては、すさのをのみことよりぞおこりける。(古今和歌集)
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。」(平家物語)

などがある。

四字熟語での例は枚挙に暇がない。二つの二字熟語を対にする例が多い。
温故知新
支離滅裂
南船北馬
千変万化
四分五裂
剣林弾雨
和魂洋才
扶清滅洋

押韻[編集]

詳細は「押韻」を参照

詩歌などで同じ音を決まった場所に繰り返し使うこと(=韻を踏むこと)。語句の頭の音を揃えることを頭韻、語句の終わりや行末を揃えることを脚韻という。
やわらかに柳(やなぎ)あをめる北上(きたがみ)の
岸辺(きしべ)目に見ゆ
泣けとごとくに(石川啄木)

上記の例は頭韻である。

語句の挿入[編集]

詳細は「挿入語句」を参照

括弧やリーダー、ダッシュなどを使って、語り手が説明を補足したり、弁明したりする表現。
説明補足の用例少なくとも、彼の方が生徒会長に相応しいと思う(といっても、どっこいどっこいだが)。

括弧で説明を補足することで、要はどっちでも同じ、双方相応しくないと思っている第三者の心理が読み取れるようになる。
弁明の用例彼は(時期尚早だとは思いつつ)、社長に新事業について提案してみた。

括弧を入れなくても文章の内容は通っている。これを括弧に含めることで、主語の人物の躊躇(僭越じゃないかという懸念があったという弁明)がよりはっきり透かし彫りされるようになる。  

省略法[編集]

詳細は「省略」を参照

文章や会話の一部を省略すること。西洋修辞学では、省略された要素は文脈などから推断かつ復旧することができる。内容を短縮する目的で使われることが多い。くびき語法もその一種である。

文学の技法として、余韻を残し、読者に続きを連想させる意図的な省略(Purposeful omission)もある。専ら、省略した部分にはダッシュやリーダーが使われる。

用例
彼の暮らしぶりはとても贅沢だ。高級外車、腕時計、宝飾品、そして瀟洒な邸宅…。

相手の贅沢な暮らしぶりの一例を列挙しているが、敢えて全部挙げる必要が無いため、めぼしいものだけを採り上げており、同時にその相手に対して、強い感嘆を訴えている。
あいつほどいい奴はいなかった。…なのに、なんであんな喧嘩をしたのだろう。

文脈の上では、リーダを省略しても意味は通じている。しかし、敢えてリーダを入れることで、その間に主語の人物が抱いている悔恨、困惑の念を読者に訴えかける仕組みになっている。
戦争ですっかり燃え尽きた街―。―あれから数十年、あの頃を知っている者は少なくなった―。

ダッシュが頻繁に用いられる例。ダッシュで被災都市の経歴、さらにそこから抱いた作者の感情全てを省略しており、より強い感情を読者に訴えるようになっている。

また、漫画や小説などでは「…」など相手の会話や吹き出しにリーダーだけが用いられることがある。これは言葉では表現しにくい感情を抽象的に表現したものである。
くびき(軛)語法の用例皆が優勝を讃えた。監督もコーチも観衆も、そして敗れたライバルさえも。

くびきとは馬車に取り付ける金具であるが、原義であるZeugmaを直訳したものである。要は繰り返しとなる述語を一つに括ったもので、倒置表現となることが多い。ここを一つに括らなかった場合、

監督も優勝を讃えた。コーチも優勝を讃えた。観衆も優勝を讃えた。そして敗れたライバルさえも優勝を讃えた。

と、かなりしつこい文章になるが、このような技法もある(→後述:畳句法)

緩叙法[編集]

詳細は「緩叙法」を参照

言いたいことを遠まわしに言って、別の意味を強める表現。例文を次に挙げる。
僕は野球が嫌いだとは言わない。
主語の人物は野球が嫌いではないが、いい印象を持っていない。そこには、何か本人にとって納得できない部分があり、相手に強く訴えているのは、その納得できない部分である。まあ、今日のところはこのくらいにしといたる。
漫才の定番落ちであるが、これは緩叙法の一つである。本人にとっては、相手のお手並みを拝見するどころか、返り討ちに遭っているわけであるが、敢えてこう答えることで、不利な戦いから逃亡を図りつつも、自分の体面を意地でも守ろうとしているのである。
漸層法[編集]

詳細は「漸層法」を参照

同じ事柄に対して、徐々に表現を強めていく手法。また、スケールを徐々に縮めていく表現を反漸層法と呼ぶことがある。
漸層法の用例非常に強い揺れだった。部屋はすっかり散らかってしまった。扉が開かないので、窓をこじ開けて外に出てみたら思わず息を呑んだ。周りの家という家が軒並み、押しつぶされているのだ。心を落ち着かせ、よく見ると、遠方に濛々と煙が立ち込めているではないか。
この一連の文章は、あくまで、自身が体験した大地震についての語りである。初めは自分の家のことだけと思っていたところが、だんだんと被害の実態と規模の大きさを目の当たりにしていく様を相手に訴える仕組みになっている。反漸層法の用例世界のトップアスリートが集うオリンピック。その選手になるため鎬を削る全国の猛者たち。そして、ここに無謀にも大舞台を夢見るちっぽけな男がいた。
徐々に世界、日本、そして一地方と次第にスケールが縮んでいるのが分かる。この文章では別に男にケチを付けるつもりはなく、逆にサクセスストーリーとして読者の期待感を煽る表現となっている。これに落ちを付けた場合は漸降法(後述)と区別されることがある。しかしながら、反漸層法と漸降法の原義は同じ、Anticlimax(英)である。
対照法[編集]

詳細は「アンチテーゼ」を参照

同じ立場、条件において全く逆の表現を使う手法。以下は例文である。
あいつは女には甘いくせ、俺たちにはきつい。
君、この調子では、すぐにあの新入りに追い越されてしまうねえ。
この例文では文章が省略されているが、明らかに有能な新人と対比しているのが自明であり、反語にはこのような表現もある。



敷衍(ふえん)[編集]

詳細は「増幅法」を参照

短く話せば済む会話を敢えて長く形容し、意味を強調する手法。以下は例文。
この山は、かつて多くの登山家たちを拒んできたほど険しい。
言いたいことは「この山は危険」ということだけであるが、どれほど危険なのかということを強調するため、「多くの登山家たちを拒んできた」という表現が加えられている。
パロディ[編集]

詳細は「パロディ」を参照

知名度の高い記事や事件などを借用して、文章を面白おかしくしたり、物事を揶揄、風刺したりする表現。以下は例文である(ネット掲示板の会話より抜粋)
甲「サイダーに合う食べ物って何かある?」
乙「天ぷらそば」
丙「通だな」
丁「ここには、宮沢賢治がおる」
ここで注意しなければいけないのは、宮沢賢治という人物を把握していないと、何がおかしいのか分からない点である。宮沢賢治は、行きつけの蕎麦屋で天ぷらそばと一緒にサイダーを頼む習慣があったと云われており、そのため「天ぷらそばとサイダー」の取り合わせが宮沢賢治を連想させるものとなっている。しかし、それは一般的な習慣とはいえないものなので、乙に対し、丙と丁は文章上のおかしさを感じているのである。よってパロディを用いる場合は、ある程度知名度が浸透したものを選ぶのが好ましい。
畳語法・畳句法・畳音法[編集]

詳細は「畳語法」を参照

言葉を重ねることで、意味を強調する手法。
一時間経った、まだ来ない。それから30分、まだ来ない。いつまで経っても、彼はまだ来ない。
畳句。「まだ来ない」という句を並べ、さんざん待ちわびていることを強調。これこれ、これが欲しかったんだよ。
畳語。これという語を並べ、これにあたる品が欲しかったことを強調。ガラガラガラガラガラ…、無数の小石や礫が断崖絶壁から滑り落ちていく―。 

畳音。擬音を並べることで、その度合いを強調。

疑惑法[編集]

詳細は「アポリア」を参照

曖昧とした論述を意図的に用いる手法。きっぱりとした回答を嫌うときのほか、結論を持たずとも、特定の対象を強く印象付けたい時にも用いられる。ためらいの文法に含まれるとされ、佐藤信夫他『レトリック事典』では主として5つの用例がある[3]。
不的確な客観表現による疑惑法の用例大人と呼ぶにはまだあどけない、でも子供と呼ぶには逞しい、少年はそんな風格が漂っていた。
同様の事柄を二つ並べることによって、作者が本当に形容したい間の表現を確立させようとしている。したがって、この二つのいずれが欠けても、文章が成立しない。不的確な主観表現による疑惑法の用例試験の結果は早く知りたいし、知りたくもない。
これは主語の人物の心のジレンマであり、おそらく「知りたくない」ということは自信がないと窺える。しかし、実際どのくらい得点したのかを知りたいのも事実である。複数評価による疑惑法の用例スポーツで大事なのは攻撃か防御か、攻撃が大事とも言えるし、防御が大事とも言える。
疑惑法には比較表現の優劣を付けたくない場合に用いることが多い。おそらく、相手は白黒付けた結論を望んでいるはずだが、主語の人物は答えをはぐらかしているだけである。それが結果的に人それぞれの様々な評価に委ねられるものであると結論づけている。自己否定を伴った疑惑法の用例子供の頃住んでた田舎が懐かしく、ふと思い出す。すごい田舎で、交通も不便で、近くに店は一つもなく、実家のボロ家は雨漏りなんかもしょっちゅうだったが…。
後半だけだと子供の頃暮らしていた田舎に対する愚痴だけしか捉えられないが、それを敢えて大人になった今、思い出として蘇らせていることで、負の側面を相殺して余るほどの強い感情を読者に訴えかけている。だが、具体的に子供の頃の田舎の何が良かったのか、作者の中でも感情が漠然としているため、反語のように自己否定が込められた文面になっており、また捉えようによっては本当に田舎の生活が良かったのか自問自答する内容とも受け取れる。自意識の強い疑惑法の用例そいつは、すっとぼけた奴だけど、いつも近くにいて、俺の傍で笑ってくれるんだ。
前述した、特定の対象を強く印象づける方法。これは主語の人物が相手に対し、好意を持った人物を暗に仄めかしているが、本人は自意識過剰気味に相手に対して特定の対象を強く訴えているのが読み取れる。
誇張法[編集]

詳細は「誇張法」を参照

言いたいことを強調して大げさに言う手法。
天地がひっくり返ってもそれはありえない。
死んでもこの土地は手放さない。
耳の穴かっぽじってよく聞け

など。

列挙法・列叙法[編集]

詳細は「列挙法」および「列叙法」を参照

ある特定の対象に対して、関連性のある単語、あるいは文章を立て続けに並べて強調する手法。
列挙法の用例地球温暖化、オゾン層破壊、森林伐採に酸性雨、地球を取り巻く環境問題は数え上げればきりがない。
列叙法の用例このホテルが営業していた頃はこの辺も賑わっていた。しかし、かつての繁栄は見る影もない。辺りに人気は全く無く、薄暗い。建物のコンクリートはすっかり朽ち果てている。外壁には無数の蔓が巻き付いている。誰かが侵入したのか、無残に窓ガラスも叩き割られている。

折句[編集]

詳細は「折句」を参照

史的現在[編集]

詳細は「史的現在」を参照

「歴史的現在」とも。過去の出来事を、あたかもたった今行われているかのように書き表す手法。

撞着語法[編集]

詳細は「撞着語法」を参照

撞着法ともいう。お互い背反する二つの真理をつなげる用法。一つの語句となっている例も多い。

用例
慇懃無礼(慇懃とは懇ろで礼節を弁えていること。無礼とは礼儀知らずのこと。慇懃無礼で表向きは敬意を払っているようで、心の裡では相手を見下している様子をいう)
必要悪(本来悪は必要とされないが、社会、あるいは機構を動かしていく上で、犠牲にしなければならない、黙認せねばならない部分も存在するということ)

など。

頓降法/漸降法[編集]

詳細は「漸降法」を参照

いろいろと肯定的な文面を列挙しておいて、最後に落ちとなる言葉を入れることで、全体を否定したり、滑稽な表現をしたりする方法。漸層法の一種と見なされる。頓降法の場合は、一旦盛り上げておいてから一気に落とす場合が多い。対して、段階的に落ちを利用する手法は「漸降法」と呼んでいる学者もいるが、反漸層法(Anticlimax)<→前述:漸層法>の和訳である場合と頓降法(Bathos)である場合があり、かなり紛らわしくなっている。

頓降法[編集]
滑稽表現の用例広東料理はありとあらゆるものが食材になる。―足が生えて食材にならないのは人と机ぐらいなものだ。
人が記述されているのは便宜上だが、落ちとなっているのは食材になろうはずもない机が含まれている点である。全体否定の用例この大作映画は凄い。独特の世界観、大物俳優の起用、セットの豪華さ、話題性、どれを取っても文句はないだろう。ただ、ストーリーがひどく稚拙だが。
この評論家が訴えたいのは無論、最後の落ちの部分であり、結局瑣末的なものは評価しても、根本が駄目なので作品自体は全く評価されていないと分かるだろう。
漸降法[編集]

慣例性のある任意の対象に対して階層化を行い、最後に落ちを持ってくる手法。コントや漫画で頻繁に用いられる三段落ちも漸降法である。
漸降法の用例地震、雷、火事、親父。
古くから言われる俚諺であるが、1位、2位、3位の後、4位に大きく隔たられた対象を持ってくる手法で、滑稽表現を醸し出すことが多い。ここでは、実際父親が厳格な存在だったという象徴もあるが、自然の驚異とただの一個人を比較しているところに大きな落差が見られる。A「宝くじで三億円が当たったら何を買いたい?」


 B「外車」
 C「宝石」
 D「宝くじ三百万枚」
このコントのように、落ち以外の対象は階層化が発生せず(願望として外車も宝石も同等と見て良いため)、平行線から急落する場合もあるが、これも漸降法に分類される。
黙説[編集]

詳細は「頓絶法」および「陽否陰述」を参照

省略法と区別される。言葉を始めておきながら、激情、節度を抑制するため、あえて言葉を濁らせ、文を完結させない手法。省略された部分は暗黙の了解で、読者に分かっていたり、また想像を膨らませたりするものもある。また、一番大事な部分をわざと遅らせる場合や逆に文の途中を中断する用例、黙説した部分を地の文で補完する場合もあり、これを『待望法』『逆中断』『暗示黙過』などと訳している。
黙説の用例自分を二軍に落としたあのコーチが許せない。…きっと今に…今に見返してやるから待っていろよ!
ここでは反骨精神漲るその強い感情が全て省略されている。しかし、読み手とすれば、その中に渦巻いている悔しい気持ちが暗に読み取れるはずである。未決/待望法の用例毎晩、終電近くまで仕事が押し迫る。なけなしの休みもいきなり呼び出される。職場の上司も自分は何もできないくせ、他人を叱ることだけは一丁前だ。なんで、こんな会社に自分がいる。できるものなら、今から全てを捨て、海外にでも出て行きたい。
一番、大事な言葉は「出て行きたい」、すなわち会社を辞めたいという部分である。しかし、それを冒頭に置かず、末尾に置くことで、文章としては完結しておらず、あくまで主語の人物の願望、待望に留まっていることが読み取れる。空間設定/逆中断の用例僕は、彼女に温めてきた想いを告げることにした。


 …彼女は静かにコクッと頷いた。

おそらく、告白かプロポーズの場面であり、ここでは登場人物の台詞が一切省略されているが、前者と異なり、結論だけがしっかりと表現されている。暗示黙過/暗示的看過法の用例恩師との別れが来ても、涙を見せてはいけない。彼はいつまでも、自分の成長を見守ってくれるよ。
ここでは本当に「涙を見せてはいけない」のではなく、大いに悲しんで当然である、という意味である。このように言葉では否定文でも、内容は肯定となっている場合がある。況んやの修辞学の用例彼女の手料理を平らげるのはやっとのことだというのに、こればっかりは…。彼は一目散に、洗面所に向かっていった。
況んやとは「尚更」という意味で、同事典で佐々木健一が補足を設けている。状況としては、登場人物の「彼女」は料理が苦手だと読み取れ、それを食べさせられる「彼」はある程度は何とか慣れているが、流石に「これ」は食べられなかったという結論である。こればっかりは…の後は省略されているが、後の彼の料理から背ける行動が記述されているので、暗示された内容は把握できるだろう。
冗語法[編集]

詳細は「冗語法」を参照

一つの事柄に対して、必要以上の語を用いる技法。文法的には誤りだと指摘されることがあるが、ある狙いを持って意図的に用いることが多い。
用例今起こったことをこの自分の眼でちゃんと見たぞ。
わざわざこの眼と言わずともそれは主語の人物の眼だと分かるはずであるが、冗語を用いることで、よりはっきりと今、現実にこうして見たと主張されるようになる。あの冴えない男が今度結婚すると聞いた。あの暗くて、不格好な男が結婚するだと?

男の評価は「冴えない」で一旦表現されているので、後の表現は冗語といえるが、より主語の人物の疑り深い、信じられないという驚嘆の心が浮き彫りされる。
「そんなことしても意味がない。無意味だ。無駄だ。」


 コーチはそう一蹴した。

意味がない、無意味、無駄は全て同じ言葉であり、過剰な表現である。しかし、敢えて二重、三重に表現をすることによって、その無意味という表現を強調することができる。このような表現を冗語法の中で、原義perissology《英》に対して『無効冗語』と訳しており、『表現過剰』などと分類している学者もいる。
転用語法[編集]

詳細は「転用語法」を参照

相手に伝えたいことを強調するために、通常使う文法形式のかわりに別の形を使いる手法。

関連項目[編集]
修辞学
撞着語法
詭弁

参照文献[編集]
佐藤信夫・佐々木健一・松尾大 『レトリック事典』 大修館書店、2006年。ISBN 9784469012781。

古典[編集]
アリストテレス『弁論術』日本語訳:戸塚七郎(岩波文庫)
キケロ『弁論家について』日本語訳:大西英文(岩波文庫)
クインティリアヌス『弁論家の教育』日本語訳:小林博英(明治図書出版)/日本語訳:森谷宇一・渡辺浩司・戸高和弘(京都大学学術出版会・西洋古典叢書。現在1巻のみ)
ディオニュシオス/デメトリオス『修辞学論集』日本語訳:木曽明子・戸高和弘・渡辺浩司(京都大学学術出版会・西洋古典叢書)

現代(海外)[編集]
Baldwin, Charles Sears (repr. 1959) Ancient Rhetoric and Poetic: Interpreted from Representative Works. Gloucester: Peter Smith.
Henry Caplan (tr.)(1954)Rhetorica ad Herennium. Loeb Classical Library. Harvard University Press.
Corbett, Edward P.J. (1971) Classical Rhetoric for the Modern Student. New York: Oxford University Press.
Kennedy, George (1696 (4th print)) Art of Persuasion in Greece. Princeton Univ Press, 1969.
Lanham, Richard A. (1991) A Handlist of Rhetorical Terms. Berkeley: University of California Press.
Mackin, John H. (1969) Classical Rhetoric for Modern Discourse. New York: Free Press.

現代(日本)[編集]
George Lakoff & Mark Johnson著・渡部 昇一,楠瀬 淳三,下谷 和幸(訳)(1986)『レトリックと人生』大修館書店.
山梨 正明 (1988)『比喩と理解』(認知科学選書)東京大学出版会.
Janet Martin Soskice著・小松 加代子(訳)(1992) 『メタファーと宗教言語』玉川大学出版部.
Wolfgang Harnisch著・広石 望(訳)(1993)『イエスのたとえ物語―隠喩的たとえ解釈の試み』日本基督教団出版局、ISBN 4818401293.
小原 克博 (1994)「神理解への隠喩的アプローチ」、『基督教研究』第56巻第1号[1].
中村 明 (1995)『比喩表現辞典』角川書店.
瀬戸 賢一 (1995)『メタファ-思考』講談社現代新書.
辻 幸夫 (2001)『ことばの認知科学事典』大修館書店.
石川 淑子 (2001)『ことばと意味―隠喩・広告を通して』 リーベル出版.
Northrop Frye著・山形 和美(訳)(2001)『力に満ちた言葉―隠喩としての文学と聖書』叢書・ウニベルシタス、法政大学出版局, ISBN 4588007262.
辻 幸夫 (2002)『認知言語学キーワード事典』研究社.
谷口 一美 (2003)『認知意味論の新展開―メタファーとメトニミー』研究社.
瀬戸 賢一 (2005)『よくわかる比喩―ことばの根っこをもっと知ろう』研究社.
橋本 功・八木橋宏勇(2006)「聖書のメタファー分析」『人文科学論集』vol.40.[2].
楠見 孝 (2007)『メタファー研究の最前線』 ひつじ書房.
山梨 正明 (2007)『比喩と理解 (コレクション認知科学)』東京大学出版会.
橋本 功・八木橋宏勇(2007)「メタファとメトニミの相互作用 : 聖書を読み解く認知メカニズム」『人文科学論集』vol.41. [3].
山梨 正明(編集) (2008)『概念化と意味の世界 認知意味論のアプローチ 』研究社.
西川秀和(2008-) 「冷戦レトリックの形成過程-トルーマン大統領のレトリック戦略を中心に-」(早稲田大学モノグラフ14)[4][5]
橋本 功・八木橋宏勇(2011)『聖書と比喩』 慶應義塾大学出版会、ISBN 4766417661.

脚注

1.^ “諷喩 とは - コトバンク”. デジタル大辞泉. 小学館. 2011年4月5日閲覧。
2.^ 野内 良三(2005)『日本語修辞辞典』国書刊行会
3.^ 佐藤信夫他『レトリック事典』

外部リンク
A Glossary of Rhetorical Terms with Examples from the University of Kentucky
A Guide to Rhetorical Ideas from Silva Rhetoricae
Figures of Speech from Paul Niquette
Figures of Speech from Silva Rhetoricae
It Figures - Figures of Speech from Jay Heinrichs
Stylistic Devices on English Grammar Online from Lingo4you GbR
Introducing Philosophy 21: Rhetoric from Paul Newall (2005)
Online Resource of Rhetorical Devices
Handbook of rhetorical devices
ふきだしのレトリック

カテゴリ: 修辞技法
修辞学

台風 - W

虎馬:台風 - W 

台風(たいふう、颱風、typhoon、taifū)は、北西太平洋や南シナ海(赤道以北、東経180度以西100度以東)に存在する熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が17.2 m/s(34ノット、風力8)以上のものを指す[1]。

目次
1 『台風』の由来
2 定義と分類 2.1 区域別の呼称
2.2 台風の分類

3 台風の命名 3.1 日本における命名
3.2 アジア名 3.2.1 アジア名一覧

3.3 国際名
3.4 引退

4 台風の構造
5 台風の発生と発達 5.1 台風の発生メカニズム
5.2 台風の発達
5.3 台風の上陸と通過
5.4 日本へのコース

6 観測 6.1 台風の進路予報表示

7 台風の影響 7.1 台風による被害
7.2 台風による社会的な影響
7.3 台風と水資源
7.4 台風と生物学的自然

8 日本における記録的な台風
9 台風の統計 9.1 台風の平年値
9.2 台風の記録 9.2.1 数に関する記録
9.2.2 時期などに関する記録
9.2.3 規模に関する記録

9.3 各番号の台風
9.4 各年の台風

10 脚注
11 関連項目
12 外部リンク


『台風』の由来

日本では、古くは野の草を吹いて分けるところから、野分(のわき、のわけ)といい、11世紀初頭の『枕草子』『源氏物語』などにもその表現を見ることが出来る。沖縄のウチナーグチでは「カジフチ(風吹き)」または「テーフー(台風)」と称する。フィリピンでは「バギョ (bagyo)」と呼ばれる。

江戸時代には熱帯低気圧を中国にならって颶風(ぐふう)と訳した文献(伊藤慎蔵によってオランダ語から翻訳された日本初の気象学書「颶風新話」)があるが、明治の初めにはタイフーンまたは大風(おおかぜ)などと表していた[2]。

現在の台風という名は、1956年の同音の漢字による書きかえの制定にともなって、颱風と書かれていたのが台風と書かれるようになったものであるが、その由来には諸説がある。主な説としては、以下のものが挙げられる。
1.ギリシャ神話に登場する恐ろしく巨大な怪物テュポン (τυφων, Typhon) に由来する「typhoon」から「颱風」となった。
2.ペルシア語で、嵐を意味する「tufan」が東洋に伝わり、「颱風」となった。また、英語では「typhoon」(タイフーン)となった。
3.中国広東省で、激しい風のことを台风(Taifēng、タイフン)といい、その後、西洋に伝わり、ギリシャ神話のテュポンの影響でギリシャ式の"typhoon"というつづりで書かれるようになり、東洋に逆輸入され「颱風」となった。
4.沖縄(当時は琉球)でつくられた言葉とする説:久米村の気象学者蔡温の造語であるといわれる。

英語の「typhoon」は、古くは「touffon」と綴り、中国語の「大風」が由来とする説は不自然とされており、アラビア語起源、ギリシャ語起源の二つの説が有力である。

定義と分類[編集]

区域別の呼称[編集]

「熱帯低気圧#分類・命名」も参照

世界気象機関(WMO)による国際分類の定義では、日本の台風とは異なり、最大風速(1分間平均)が64ノット以上のものをタイフーン (typhoon) と呼ぶ。

同様の気象現象は世界各地にあり、それぞれの地方により呼び名が違う。国際分類では、大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部では、ハリケーン (Hurricane) と呼び、インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部では、サイクロン (Cyclone) と呼ぶ[3]。

台風が、国際分類上、熱帯低気圧をハリケーンやサイクロンと呼ぶ区域に進んだ場合には、台風ではなくそれぞれの区域の名称で呼ばれることになる。東経180度より東(西経)に進んだ場合、最大風速(1分間平均)が64ノット以上のものはハリケーンと呼ばれ、34ノット以上64ノット未満のものをトロピカルストーム (Tropical Storm) と呼ばれる。また、マレー半島以西に進んだ場合、サイクロンと呼ばれる。

例えば、1970年の台風13号は西経域で発生し、一時、東経域に移動したものの、すぐに西経域に去ってしまったために、特に勢力が衰えたわけではないものの、台風ではなくなった。また、1972年の台風29号はマレー半島を抜けてベンガル湾に抜けたことにより台風ではなくなった。

逆に、西経域で発生したものが東経180度以西に進んだ場合は、台風となる。

例えば、2002年に西経域で発生したハリケーン・エーレとハリケーン・フーコは、ともに東経180度より西に進んで、それぞれ台風17号と台風24号となった。また2006年にもハリケーン・イオケが東経180度を越えたため、台風12号になった。この場合、これらの台風につけられる名前は下述するアジア名ではない。

台風の分類[編集]

台風の勢力を分かりやすく表現する目的等から、台風は「強さ」と「大きさ」によって分類されている。

強さによる分類は、国際的にはWMOが規定する分類法が使用されているが、それに準じた多少差異のある分類法もいくつか使用されていて、同じ台風でも気象機関によって異なるレベルに分類される場合がある。具体的には、米軍の合同台風警報センター(JTWC)では1分間平均の最大風速、日本の気象庁では10分間平均の最大風速によって分類する。例えば同じ台風の同時刻の観測において、米軍の合同台風警報センターがtyphoonの強度に達したと判断しても、日本では強い台風の強度に達せず並の強さと判断する場合も生じる(1分間平均風速は10分間平均風速よりも1.2〜1.3倍ほど大きく出る傾向にある)。

なお現在日本では、観測員や設備・運用等の負担が大きい台風の航空機観測は行っておらず、過去の観測データの蓄積により確立されたドボラック法に基づいて、台風の衛星画像から台風の位置、中心気圧、最大風速、大きさの数値を算出している。また、現在は最大風速で強さを分類しているが、以前は中心気圧が用いられており、その慣習から日本では台風情報に中心気圧も併せて発表される。


最大風速(m/s)

最大風速(knot)

国際分類

日本の分類


(旧)

(新)

<17.2 ≦33 Tropical Depression(TD) 弱い熱帯低気圧 熱帯低気圧
17.2 - 24.5 34 - 47 Tropical Storm(TS) 台風 弱い 台風 (特になし)
24.6 - 32.6 48 - 63 Severe Tropical Storm(STS) 並の強さ
32.7 - 43.7 64 - 84 Typhoon(T) 強い 強い
43.7 - 54.0 85 - 104 非常に強い 非常に強い
>54.0 ≧105 猛烈な 猛烈な

また日本の気象庁は、大きさによる分類も行っている。風速15m/s以上の強風域の大きさによって分類する。15m/s以上の半径が非対称の場合は、その平均値をとる。なお、以前は1,000ミリバール(現在使用されている単位系ではヘクトパスカルに相当)等圧線の半径で判断していた。


風速15m/s以上の半径

大きさの階級


(旧)

(新)

<200km ごく小さい (特になし)
200 - 300km 小型(小さい)
300 - 500km 中型(並の大きさ)
500 - 800km 大型(大きい) 大型(大きい)
≧800km 超大型(非常に大きい) 超大型(非常に大きい)

これらを組み合わせて、かつては「大型で並の強さの台風」というような言い方をしていた。しかし、組み合わせによっては「ごく小さく弱い台風」となる場合もある。1999年(平成11年)8月14日の玄倉川水難事故を契機に、このような表現では、危険性を過小評価した人が被害に遭うおそれがあるとして、気象庁は2000年(平成12年)6月1日から、「弱い」や「並の」といった表現をやめ、上記表の(新)の欄のように表現を改めた。したがって、「小型で『中型で・ごく小さく』弱い『並の強さの』台風」と呼ばれていたものは、単に「台風」、「大型で並の強さの台風」は「大型の台風」と表現されるようになった。

台風の命名[編集]

日本における命名[編集]

日本では、気象庁が、台風が発生した順に台風番号を付けており、台風は通常はこの台風番号で呼ばれる。気象庁では、情報文等においては元号年と組み合わせて「昭和60年台風第10号」のように表記し、天気図等においては西暦年の下2桁と組み合わせて「台風8510」、「T8510」のように表記している(いずれも1985年(昭和60年)に発生した10番目の台風の例)[4]。民間では、「第」を省略するとともに、特定する必要がない場合には年号も省略して「台風10号」のように呼ぶことが多い。

「#各番号の台風」も参照

特に災害の大きかったものについては上陸地点などの名前を付けて呼ぶこともある(伊勢湾台風など)。戦後、気象庁によって命名された台風は以下の8つである。「気象庁が命名した自然現象の一覧#台風」も参照。


気象庁命名台風


気象庁命名

名称

国際名



洞爺丸台風 昭和29年台風第15号 Marie 1954年
狩野川台風 昭和33年台風第22号 Ida 1958年
宮古島台風 昭和34年台風第14号 Sarah 1959年
伊勢湾台風 昭和34年台風第15号 Vera
第2室戸台風 昭和36年台風第18号 Nancy 1961年
第2宮古島台風 昭和41年台風第18号 Cora 1966年
第3宮古島台風 昭和43年台風第16号 Della 1968年
沖永良部台風 昭和52年台風第9号 Babe 1977年
第二次世界大戦後の米軍占領下では、アメリカ式の女性名が台風に付けられたが(カスリーン台風など、後述)、サンフランシスコ講和条約発効後の1953年の台風3号以降は番号順とされている。
あくまで俗称であるが、著名なものとして「五輪台風」がある。これは、1960年の8月23日15時から翌日3時 (JST) にかけて台風14 (Bess)・15 (Carmen)・16 (Della)・17 (Elaine)・18 (Faye) 号が天気図上に並び、この年がローマ五輪の開催年だった事などからマスコミなどからこう名づけられた[5]。このうち、台風17号について台風7号であるとする文献もあるが[6]、台風7号が発生していたのは7月25日-30日 (JST) であり、誤りである[7]。

アジア名[編集]

2000年からは、台風の国際的な呼称としてアジア名が使用されている。(外部リンク参照)アジア名は、米国とアジア各国で構成された台風委員会によって定められたもので、国外では広く使用されている[8]。

日本国内では、台風番号による呼び方が一般的であり、台風番号のみ使用している報道機関が大多数である。(台風番号とアジア名を併用している報道機関も一部存在する。)

なお、フィリピンでは、アジア名よりフィリピン独自の名称(フィリピン名)の方が一般的に使用されている[9]。例えば、フィリピンに大きな被害をもたらした平成20年台風第6号については、地元ではアジア名「フンシェン (Fengshen)」よりフィリピン名「フランク (Frank)」の方が広く使用された。

東経180度以東で発生したハリケーン等の熱帯低気圧が東経180度以西に進んで台風となったものには、アジア名は命名されず、発生地点で命名された名称がそのまま使用される。

アジア名一覧[編集]

Ambox question.svg この節の正確性に疑問が呈されています。問題箇所に信頼できる情報源を示して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2012年8月)

Question book-4.svg この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年8月)

アジア名は全部で140個あり、140番目の「サオラー」まで使用されると最初の「ダムレイ」に戻るループ。名称の順番は、2012年現在3周目に入っている。

後節で詳説するように、甚大な被害をもたらした台風は、加盟国の要請に基づく台風委員会の決定によって名称が変更される。2周目からは、以下の12個が変更されている。

(49) Vamei→Peipah、(55) Chataan→Matmo、(64) Rusa→Nuri、(73) Pongsona→Noul、(74) Yanyan→Dolphin、(80) Imbudo→Molave、(87) Maemi→Mujigae、(95) Sudal→Mirinae、(102) Tingting→Lionrock、(107) Rananim→Fanapi、(132) Matsa→Pakhar、(137) Nabi→Doksuri。

また、3周目からは、以下の名前が変更されている。(ただし、53番は綴り変更。)

(2) Longwang→Haikui、(7) Chanchu→Sanba、(10) Bilis→Maliksi、(11) Kaemi→Gaemi、(14) Saomai→Son Tinh、(20) Xangsane→Leepi、(25) Chebi→Jebi、(26) Durian→Mangkhut、(53) Noguri→Neoguri、(67) Changmi→Jangmi、(81) Koni→Goni、(82) Morakot→Atsani、(90) Ketsana→Champi、(91) Parma→In-fa、(107) Fanapi→Rai。


順番


命名した国と地域


呼名


片仮名読み


意味



1 カンボジア Damrey ダムレイ 象
2 中国 Haikui ハイクイ イソギンチャク
3 北朝鮮 Kirogi キロギー がん(雁)
4 香港 Kai-tak カイタク 啓徳(旧空港名)
5 日本 Tembin テンビン てんびん座
6 ラオス Bolaven ボラヴェン 高原の名前
7 マカオ Sanba サンバ マカオの名所
8 マレーシア Jelawat ジェラワット 淡水魚の名前
9 ミクロネシア Ewiniar イーウィニャ 嵐の神
10 フィリピン Maliksi マリクシ 速いを表すフィリピン語
11 韓国 Gaemi ケーミー あり(蟻)
12 タイ Prapiroon プラピルーン 雨の神
13 米国 Maria マリア 女性の名前
14 ベトナム Son Tinh ソンティン ベトナム神話の山の神
15 カンボジア Bopha ボーファ 花
16 中国 Wukong ウーコン (孫)悟空
17 北朝鮮 Sonamu ソナムー 松
18 香港 Shanshan サンサン 少女の名前
19 日本 Yagi ヤギ やぎ座
20 ラオス Leepi リーピ ラオス南部の滝の名前
21 マカオ Bebinca バビンカ プリン
22 マレーシア Rumbia ルンビア サゴヤシ
23 ミクロネシア Soulik ソーリック 伝統の酋長称号
24 フィリピン Cimaron シマロン 野生の牛
25 韓国 Jebi チェービー つばめ(燕)
26 タイ Mangkhut マンクット マンゴスチン
27 米国 Utor ウトア スコールライン
28 ベトナム Trami チャーミー 花の名前
29 カンボジア Kong-rey コンレイ 伝説の少女の名前
30 中国 Yutu イートゥー 民話のうさぎ
31 北朝鮮 Toraji トラジー 桔梗
32 香港 Man-yi マンニィ 海峡の名前
33 日本 Usagi ウサギ うさぎ座
34 ラオス Pabuk パブーク 大きな淡水魚
35 マカオ Wutip ウーティップ ちょう(蝶)
36 マレーシア Sepat セーパット 淡水魚の名前
37 ミクロネシア Fitow フィートウ 花の名前
38 フィリピン Danas ダナス 経験すること
39 韓国 Nari ナーリー 百合
40 タイ Wipha ウィパー 女性の名前
41 米国 Francisco フランシスコ 男性の名前
42 ベトナム Lekima レキマー 果物の名前
43 カンボジア Krosa クローサ 鶴
44 中国 Haiyan ハイエン うみつばめ
45 北朝鮮 Podul ポードル やなぎ
46 香港 Lingling レンレン 少女の名前
47 日本 Kajiki カジキ かじき座
48 ラオス Faxai ファクサイ 女性の名前
49 マカオ Peipah ペイパー 琵琶
50 マレーシア Tapah ターファー なまず
51 ミクロネシア Mitag ミートク 女性の名前
52 フィリピン Hagibis ハギビス すばやい
53 韓国 Neoguri ノグリー たぬき
54 タイ Rammasun ラマスーン 雷神
55 米国 Matmo マットゥモ 大雨
56 ベトナム Halong ハーロン 湾の名前
57 カンボジア Nakri ナクリー 花の名前
58 中国 Fengshen フンシェン 風神
59 北朝鮮 Kalmaegi カルマエギ かもめ(実際の発音は「カルメギ」)
60 香港 Fung-wong フォンウォン 鳳凰(おおとり)
61 日本 Kammuri カンムリ かんむり座
62 ラオス Phanfone ファンフォン 動物
63 マカオ Vongfong ヴォンフォン すずめ蜂
64 マレーシア Nuri ヌーリ オウム
65 ミクロネシア Sinlaku シンラコウ 伝説上の神
66 フィリピン Hagupit ハグピート むち打つこと
67 韓国 Jangmi チャンミー ばら
68 タイ Mekkhala メーカラー 雷の天使
69 米国 Higos ヒーゴス いちじく
70 ベトナム Bavi バービー ベトナム北部の山の名前
71 カンボジア Maysak メイサーク 木の名前
72 中国 Haishen ハイシェン 海神
73 北朝鮮 Noul ノウル 夕焼け
74 香港 Dolphin ドルフィン 白いるか。香港を代表する動物の一つ。
75 日本 Kujira クジラ くじら座
76 ラオス Chan-hom チャンホン 木の名前
77 マカオ Linfa リンファ はす(蓮)
78 マレーシア Nangka ナンカー 果物の名前
79 ミクロネシア Soudelor ソウデロア 伝説上の酋長
80 フィリピン Molave モラヴェ 木の名前
81 韓国 Goni コーニー 白鳥
82 タイ Atsani アッサニー 雷
83 米国 Etau アータウ 嵐雲
84 ベトナム Vamco ヴァムコー ベトナム南部の川の名前
85 カンボジア Krovanh クロヴァン 木の名前
86 中国 Dujuan ドゥージェン つつじ
87 北朝鮮 Mujigae ムジゲ 虹
88 香港 Choi-wan チョーイワン 彩雲
89 日本 Koppu コップ コップ座
90 ラオス Champi チャンパー 赤いジャスミン
91 マカオ In-fa インファ 花火
92 マレーシア Melor メーロー ジャスミン
93 ミクロネシア Nepartak ニパルタック 戦士の名前
94 フィリピン Lupit ルピート 冷酷な
95 韓国 Mirinae ミリネ 天の川
96 タイ Nida ニーダ 女性の名前
97 米国 Omais オーマイス 徘徊
98 ベトナム Conson コンソン 歴史的な観光地の名前
99 カンボジア Chanthu チャンスー 花の名前
100 中国 Dianmu ディアンムー 雷の母
101 北朝鮮 Mindulle ミンドゥル たんぽぽ(実際の発音は「ミンドゥルレ」)
102 香港 Lionrock ライオンロック 山の名前
103 日本 Kompasu コンパス コンパス座
104 ラオス Namtheun ナムセーウン 川の名前
105 マカオ Malou マーロウ めのう(瑪瑙)
106 マレーシア Meranti ムーランティ 木の名前
107 ミクロネシア Rai ライ ヤップ島の石の貨幣
108 フィリピン Malakas マラカス 強い
109 韓国 Megi メーギー なまず
110 タイ Chaba チャバ ハイビスカス
111 米国 Aere アイレー 嵐
112 ベトナム Songda ソングダー 北西ベトナムにある川の名前
113 カンボジア Sarika サリカー さえずる鳥
114 中国 Haima ハイマー タツノオトシゴ
115 北朝鮮 Meari メアリー やまびこ
116 香港 Ma-on マーゴン 山の名前(馬の鞍)
117 日本 Tokage トカゲ とかげ座
118 ラオス Nock-ten ノックテン 鳥
119 マカオ Muifa ムイファー 梅の花
120 マレーシア Merbok マールボック 鳥の名前
121 ミクロネシア Nanmadol ナンマドル 遺跡の名前
122 フィリピン Talas タラス 鋭さ
123 韓国 Noru ノルー のろしか(鹿)
124 タイ Kulap クラー ばら
125 米国 Roke ロウキー 男性の名前
126 ベトナム Sonca ソンカー さえずる鳥
127 カンボジア Nesat ネサット 漁師
128 中国 Haitang ハイタン 野生リンゴ
129 北朝鮮 Nalgae ナルガエ つばさ(実際の発音は「ナルゲ」)
130 香港 Banyan バンヤン 木の名前
131 日本 Washi ワシ わし座
132 ラオス Pakhar パカー 淡水魚の名前
133 マカオ Sanvu サンヴー さんご(珊瑚)
134 マレーシア Mawar マーワー ばら
135 ミクロネシア Guchol グチョル うこん
136 フィリピン Talim タリム 鋭い刃先
137 韓国 Doksuri トクスリ わし(鷲)
138 タイ Khanun カーヌン 果物の名前、パラミツ
139 米国 Vicente ヴェセンティ 男性の名前
140 ベトナム Saola サオラー ベトナムレイヨウ


国際名[編集]

アメリカ合衆国ではA、B、C順にあらかじめ用意した男女の名前をつけ、国際的に使用される。日本でも敗戦直後から占領解除まではこの命名方法が取られていた。ただし、当時の命名法では女性名のみが使われていたので、日本での台風の命名もすべて女性名であった(カスリーン台風、ジェーン台風など)。この命名法は、性差別につながるなどとして、1979年に男女の名前を交互につける方法に改められた。このリストは大西洋海洋気象研究所のサイト[10]などで見ることができる。

引退[編集]

大西洋北部などの他海域においては、顕著な影響を与えたものの国際名については、名前リストから削除されて、次回以降から別の国際名が使用される「引退」という慣例がある。例えば、2004年にカリブ海の国々やアメリカ合衆国に顕著な影響を与えたハリケーンIvanは、この年で「引退」し、次回の2010年にはIgorという国際名が使用されることが決まっている。この慣例の目的は、将来、顕著な影響を与えたものと同じ国際名が使用されないことを保証することにより、異なる年の同じ複数の国際名の中からどの年のものか特定しにくくなるという曖昧性を減らすことにある(例えば、大西洋北部において、Arleneという国際名は過去に9回も使用されている。しかし、これらの中に特に顕著な影響を与えたものがないため、現在のところは「引退」扱いとなっていない)。

太平洋北西部においても同様に、「引退」が適用されることがある。例えば、1984年にフィリピンに大きな被害を与えた台風11号の国際名Ikeは、この年限りで使用中止となり、Ianという国際名に変更された。また、1991年に日本に大きな被害を与えた台風19号の国際名Mireilleは、この年限りで使用中止となり、Melissaという国際名に変更された。この慣例は、2000年に台風の国際名がアジア名に変更されてからも適用されている。例えば、2002年に朝鮮半島に大きな被害を与えた台風15号の国際名Rusaは、次回はNuriに変更になることが決まっている。また、2003年にRusaと同様に朝鮮半島に大きな被害を与えた台風14号の国際名Maemiも、次回はMujigaeに変更になることが決まっている。一方、顕著な影響を与えても、この慣例が適用されない場合もある。例えば、1959年の伊勢湾台風(昭和34年台風第15号)の国際名Veraは、「引退」扱いとならず、以降も何度か使用された[11]。

台風の構造[編集]

「#台風の発達」も参照






熱帯低気圧の構造図(垂直方向に拡大してある)。目の周辺部では上昇気流、目の中心部の上空では下降気流が起きている。
台風の中心が最も天気が荒れていると考えがちだが、中心付近は暴風が吹き荒れるものの風向きが乱れているために互いに打ち消し合い[12]、最も荒れているわけではない。台風の中心付近の下降気流となっている風や雲がほとんどない区域を台風の目と呼び、勢力が大きい台風ほど明瞭に表れるが、勢力が衰えると判然としなくなる。

台風の目の周囲付近は中心に向かって周囲から吹き込んだ風が強い上昇気流をつくっており積乱雲が壁のように取り囲んでいる(内側降雨帯)。そして、その外周には外側降雨帯が取り囲んでいる。また、台風本体から数百キロ程度離れた場所に先駆降雨帯が形成されることがあり、さらに、この位置に前線が停滞していると前線の活動が活発になり大雨となる。

なお、台風は一般的にその中心よりも進行方向に対して右側(南東側)のほうが風雨が強くなる。これは、台風をめがけて吹き込む風と台風本体を押し流す気流の向きが同じであるために、より強く風が吹き荒れるためである。気象学上ではこの台風の進行方向右側半分を危険半円と呼ぶ。また、台風の左側半分は吹き込む風と気流の向きが逆になるために相対的に風は弱く可航半円と呼ぶ。しかし、可航半円という概念はかつて帆船が台風の中心から遠ざかる針路をとるとき台風の進行方向左側に入っていれば右舷船尾に追い風を受けながら避航できたこと(帆船が台風の進行方向右側に入っていると右舷前側に向かい風を受けながら中心に引き込まれないよう保針しなければならなくなる)の名残であり、あくまでも右側半分と比較して風雨が弱いだけであり、可航半円の範囲といえども風雨は強いため警戒を要する。

台風の発生と発達[編集]






1980年から2005年までの北西太平洋上での熱帯低気圧の経路。(クリックで拡大)
「熱帯低気圧#発生から消滅まで」も参照

ほとんどの台風は夏から秋にかけて発生する。最盛期のコースを例にとると、発生当初は貿易風の影響で西寄りに北上しつつ、太平洋高気圧の縁に沿って移動し、転向した後は偏西風の影響で東寄りに北上し、ジェット気流の強い地域に入ると速度を速めて東進し、海水温や気温の低下、上陸によって勢力を弱めていく。ただこのような教科書的なコースを辿るものはそれほど多くなく、太平洋高気圧の影響により西進し続けたり、停滞したりと、複雑な経路をとるものもしばしば現れる。日本列島やフィリピン諸島、台湾、中国華南・華中沿海部、朝鮮半島などに大きな被害を与える。コースによってはベトナムやマレーシア、マリアナ諸島、ミクロネシアなどを通ることもある。稀ではあるが冬季にも、海水温の高い低緯度で発生する。コースの北限はジェット気流であり、その流路変化に伴って暖かくなるにつれコースは北に移り、夏を過ぎると南に下がってくる。日本へのコースの詳細は、#日本へのコースを参照。

台風の発生メカニズム[編集]

台風やハリケーン・サイクロンなどの熱帯低気圧を発生する機構については様々な説が唱えられてきた。熱帯の強い日射により海面に生じた上昇気流によるという説、熱帯収束帯(赤道前線)上に発生するという説などが出されたが、どれも不完全であった。

現在では、「偏東風波動説」が多くの支持を集めている。南北両半球の北緯(南緯)30度付近には、赤道で上昇して北上(南下)した空気が上空に滞留して下降し、「亜熱帯高圧帯」が形成される。北太平洋高気圧もその例であるが、これらの高気圧から赤道方向に向けて吹き出した風はコリオリの力を受けて恒常的な東風になる。これが偏東風で、この風の流れの中にうねり(波動)ができると渦度が生じ、熱帯低気圧となるという考えである。なぜ波動が出来るのかはまだはっきりしないが、実際の状況には最もよく合致した説である。

ただし、そうして発生した波動の多くは発達せずにつぶれてしまう。1万メートル以上の上層に高気圧を伴う場合には高気圧の循環による上昇気流の強化により台風に発達すると思われる。また海水の温度が26度以上であることも重要な条件であり、高温の海面から蒸発する水蒸気が放出する潜熱が原動力になっている。

北緯3度以南ではコリオリの力の働きが小さいため、台風はほとんど発生しない。

台風の発達[編集]

「#台風の構造」も参照






台風の内部構造を示した図
Eye:目、Eyewall:目の壁、Rain Bands:降雨帯[13][14]
台風の発達過程はかなり詳しくわかっている。台風の原動力は凝結に伴って発生する熱である。温暖な空気と寒冷な空気の接触等による有効位置エネルギーが変換された運動エネルギーが発達のエネルギー源になっている温帯低気圧との大きな違いはここにある。

上昇気流に伴って空気中の水蒸気は凝結し、熱(潜熱)を放出する。軽くなった空気は上昇する。すると地上付近では周囲から湿った空気が中心に向かい上昇し、さらに熱を放出しエネルギーを与える。このような条件を満たすときに台風は発達する。このような対流雲の発達の仕方をシスク(CISK、第2種条件付不安定)という。

なお、台風が北半球で反時計周りの渦を巻くのは、風が中心に向かって進む際にコリオリの力を受けるためである。

2個の台風が1,000km以内にある場合、互いに干渉し合って複雑な経路をたどることがある。これを提唱者の名前をとって藤原の効果と呼ぶ。

一般に、台風は日本の南海上で発達し日本列島に接近・上陸すると衰える傾向がある。これは、南海上では海水温が高く、上述した台風の発達に必要な要素が整っているためで、日本列島に近づくと海水温が26℃未満(真夏〜初秋は日本列島付近でも26℃以上の場合があり、台風が衰えない場合もある)になることにより台風の発達は収束傾向になる。初夏および晩夏〜秋に日本列島へ近づく台風の多くは高緯度から寒気を巻き込んで前線が形成されるようになり、徐々に温帯低気圧の構造へと変化する。温帯低気圧化が進んだ台風は南北の温度差により運動エネルギーを得るため、海水温が25℃以下の海域を進んだり上陸してもほとんど衰えない場合がある。さらに高緯度へ進み、前線が中心部にまで達すると温帯低気圧化が完了となる。

純粋な台風の場合、上陸すると山脈や地上の建物などによる摩擦によって台風はエネルギーを消費し、急速に勢力が衰えるようになる。これが日本に近づく台風の特徴といえよう。

日本列島に上陸せず対馬海峡を通過し日本海南部に入った場合、または台風が日本列島に一端上陸し、勢力が衰えた後に日本海南部へ出た場合は、暖流である対馬海流(海水温が26℃以上の場合のみ)の暖気が台風へエネルギーを供給し、且つ高緯度から上空に流れる寒気の影響を受けるために、台風は勢力が衰えるどころか再発達し、普段は台風による被害を受けにくい北海道、東北地方に甚大な被害を与える場合もある(日本海北部はリマン海流(寒流)の影響で海水からのエネルギーが供給できないために台風自体は衰えるが、寒気の影響を受けて台風から温帯低気圧に変わった後に再発達する場合がある)。1954年の洞爺丸台風(昭和29年台風第15号)や1991年の台風19号(りんご台風)、2004年の台風18号などがその例である。

台風の上陸と通過[編集]

日本の気象庁の定義によれば、台風の上陸とは、台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸に達することをいう。したがって、台風の中心が上記4島以外の島の海岸に至っても上陸とは言わないため、沖縄県に台風が上陸することはない。台風の中心が、小さい島や半島を横切って、短時間で再び海上に出ることは、台風の通過と呼ばれる。

日本へのコース[編集]

台風が日本本土を襲う経路は様々であり、類型化は難しいが、典型的な台風として、北緯15度付近のマリアナ諸島近海で発生して西寄りに時速20キロメートル程度で進み、次第に北寄りに進路を変えて北緯25度付近、沖縄諸島の東方で転向し、北東に向けて加速しながら日本本土に達するというパターンが考えられる。台風の経路として書籍にもしばしば掲載される型であるが、実際にはこのような典型的な経路を取るものは少なく、まれには南シナ海で発生してそのまま北東進するもの、日本の南東海上から北西進するもの、あるいは狩野川台風(昭和33年台風第22号)のように明確な転向点がなく北上するものなどもある。さらに、盛夏期で台風を流す上層の気流が弱く方向も定まらないような時期には、複雑な動きをする台風も見られる。

日本には、平均して、毎年10個前後の台風が接近し、そのうち3個くらいが日本本土に上陸する。2004年には10個の台風が上陸し、上陸数の記録を更新した(2004年の台風集中上陸参照)。その一方で2008年、2000年、1986年、1984年のように台風が全く上陸しなかった年もある。

台風が日本本土に上陸するのは多くが7月から9月であり、年間平均上陸数は8月が最も多く、9月がこれに次ぐ。8月は、太平洋高気圧が日本付近を覆い、台風が接近しにくい状況ではあるが、台風発生数も最も多く、また高気圧の勢力には強弱の周期があるため、弱まって退いた時に台風が日本に接近・上陸することが多い。無論、西に進んでフィリピン・台湾・中国に上陸したり朝鮮半島方面に進んだりするものも少なくない。6月や10月にも数年に1度程度上陸することがある。最も早い例では1956年4月25日に台風3号が鹿児島県に上陸したことがあり、最も遅いものとしては、1990年11月30日に台風28号が紀伊半島に上陸した例がある。

台風が過ぎ去ったあとは、空が晴れわたってすがすがしい天候となることがある。このことを「台風一過(たいふういっか)」と呼ぶ。

観測[編集]

台風の進路予報表示[編集]

現在、台風の観測では気象衛星ひまわりが重要な役割を果たしており、雲画像の連続的な解析により台風の中心や風速などの観測がなされる。日本付近に接近あるいは上陸した台風については気象レーダーやアメダスも利用される。

台風の進路予報表示では、平均風速が15m/s以上の強風域を黄色の円、同じく25m/s以上の暴風域を赤色の円で表す。12、24、48、72、96および120時間後の到達予想範囲は点線の予報円で記す。台風の進路が予報円の中に入る確率は70%である。また、台風の中心が予報円の中を通った場合、暴風域に入る恐れがある範囲を赤い線で囲む。これを暴風警戒域という。

台風の影響[編集]

台風による被害[編集]






崩落した十文字橋(神奈川県松田町、平成19年台風第9号)





倒伏した稲(神奈川県相模原市、平成21年台風第18号)
台風が上陸、あるいは接近すると、暴風(強風)、高潮、高波による看板や標識、樹木などの倒壊や、落雷、建物の損壊(屋根が飛んだりするなど)のほか、大雨による洪水、浸水や道路、橋などの流出、土砂崩れ、地すべりなどの被害が発生する。
雨 渦性降雨 - 台風の中心付近では激しい雨となる。
地形性降雨 - 台風により山地に向かって気流を生じるような地形では大雨となりやすい。
前線の発達 - 台風の接近により時期によっては秋雨前線や梅雨前線を刺激して大雨をもたらし、これによる被害が発生することも多い(このことを、NHKなどでは「台風+前線=大雨」という式を用いて表すことが多い)(例:平成24年台風第4号)。


台風により暴風・強風を生じる。塩害を生じることもある。波
台風により高波やうねりを生じる。波の高さが10mを超えることもある。高潮
強風による吹き寄せと気圧低下によって高潮を生じることがある。珊瑚礁のある海岸等海岸地形によっては波群津波が発生することもある。雷
雲が発達する割には台風本体接近時には雷を伴うことは少ない。台風による間接的な雷雨が発生することがある。台風本体においては、進行方向の左側で比較的発生しやすい[15]。その他 竜巻 - 関連性は解明されていないが、台風の接近による竜巻も発生することがある。
雪 - 熱帯低気圧であるため台風である時期には雪は降らないが、温帯低気圧に変化した後に高緯度地区で降雪となることや、冬型気圧配置となることによる降雪となることがある。稀に1932年晩秋に上陸した俗称七五三台風や1990年晩秋に上陸した平成2年台風第28号のように、台風接近時に山間部の集落で大雪が降ったケースもある。


台風が日本海側を通った時接近時の日本海側や、台風が太平洋側を通った時の離れていく時の太平洋側で、台風によるフェーン現象が発生しやすく(特に前者)乾燥した熱風による火災や急激な気温上昇による雪崩なども起こりやすい。

なお、雨による被害が大きな台風を雨台風(カスリーン台風など)、風による被害が大きな台風を風台風(平成3年台風第19号など)と呼ぶが、勢力が強い台風の場合は、雨と風の両方で甚大な被害が出ることも多い。

日本における台風の被害は、記録が明確な20世紀中盤以降、確実に減少してきている。これには、学術面では台風研究の発展、行政では予報の充実や経験等をもとにした防災体制の構築、民間では災害記録の伝承や自主防災活動による効果と考えられる。上陸時勢力が日本史上稀に見る強さであった伊勢湾台風以降、災害対策基本法制定をはじめ、伊勢湾台風クラスあるいは「スーパー伊勢湾台風」クラスの台風に耐えられるような防災体制が目標とされてきた[16][17]。しかし、現在においても大きな被害が出て、さらなる防災の強化が行われている地域もある。また、日本の周辺諸国、特に東南アジアでは防災体制やインフラ等がまだ成熟していないため、地すべりや洪水等により多数の死者を伴う甚大な被害が発生することがある。

台風による社会的な影響[編集]
交通機関の乱れ 特に航空やフェリー航路の場合、暴風を伴うと大変危険なこと、また機体や使用船舶の遣り繰りがつかない(目的地や避難先が台風の進路上で運航できない)事等から台風が通過した後も運休するケースが多い。
国内航空に関しては一日の機体の遣り繰りが複雑で一つの機体が5、6便運航することが多く、台風の関係ない地方でもどこかの路線で台風による欠航が発生することにより後続の機材繰りによって、使用する航空機が出発までに用意できずに欠航や遅延することもある。
また鉄道・バス・自動車道路(高速道路・国道など)も一定の風速または雨量をオーバーすると運休や通行止め、あるいは速度徐行がなされる場合もある。近年鉄道においては影響が予想される場合はあらかじめ長距離列車の運休や間引き運転・全列車の各駅停車運転などが行われ、事前事後のダイヤの混乱防止と輸送手段の確保の両立を図るケースが多い。

公衆施設(自治体の公共施設・サービス受付、レジャー施設、百貨店・スーパーマーケットなど)の営業休止・または早期打ち切り
スポーツ・コンサートイベントの中止・延期
屋内施設(ドーム球場や体育館、コンサートホールなど)で開かれるイベントであっても、交通機関のマヒによる関係者の現地入り不能や、観客の安全などを考慮してイベントを中止する事例がある(プロ野球でのドーム球場の中止事例はドーム球場#ドーム球場での試合中止事例参照)。
屋内退避による風水害からの避難を要する場合もある。




台風と水資源[編集]

被害という視点で語られることの多い台風も、日本では、梅雨以後夏期の水瓶(各地のダムや山間部の川)への重要な水源にもなることから、来なければそれでいいというものでもない。2005年の台風14号は大きな被害を生んだが、それまで渇水によって貯水率0%となっていた早明浦ダムを、たった一日で一気に100%まで回復させた。2007年の台風4号も同様である。

台風と生物学的自然[編集]

台風は災害ではあるが、定期的に襲来するものであり、それなりに地域の自然の中で位置づけを持つものでもある。たとえば沖縄では台風の降水は地域住民にとっては水確保の上で重要な意味を持つ。同様に、沖縄における森林の物質循環を考える場合、落葉量に関しては、台風時のそれを無視することが出来ない。

また、台風に乗って移動する動物もある。定着している分布域ではないところに見つかるチョウを迷蝶というが、日本では熱帯域の種が本土で見つかる例があり、往々にして台風の後である。たとえばメスアカムラサキやカバマダラなどが、このようにして出現し、冬までに世代を重ねる例が知られる。それらは冬を越せない死滅回遊の例でもある。ウスバキトンボなどもこの例である。同様に、沖縄以南で繁殖し、本州付近ではまれにしか観察されない野鳥が迷鳥として台風の後に観察されることがある。

また、台風が太平洋上の生物を日本沿岸に吹き寄せる例もある。台風通過後に砂浜にそれらが打ち上げられる場合があり、カツオノエボシやカツオノカンムリなどのクラゲ類、アサガオガイやルリガイ、あるいはササノツユやマルカメガイなどの翼足類などが見られることがあり、貝類採集家などがこれをねらう。

日本における記録的な台風[編集]
明治以前永祚の風:989年9月(永祚元年8月)近畿地方。「夜、天下に大風。皇居の門・高楼・寝殿・回廊及び諸々の役所、建物、塀、庶民の住宅、神社仏閣まで皆倒れて一軒も立つもの無く、木は抜け山は禿ぐ。又洪水高潮有り、畿内の海岸・河岸・人・畑・家畜・田この為皆没し、死亡損害、天下の大災、古今にならぶる無し、云々」(『扶桑略記』、原文は漢文)
弘安の役台風:1281年8月(弘安4年閏7月)西日本。弘安の役で日本に来襲した元・高麗連合軍14万人のうち約10万人溺死。(これが後に神風として言い継がれることとなる。)
シーボルト台風:1828年9月(文政11年8月)西日本。九州西岸を北上したと考えられる。9月17日(旧暦8月9日)、ドイツ人シーボルトが出島で952hPaの気圧を観測した記録が残っており、後に気象学者の根本順吉が「シーボルト台風」と命名した[18]。気象学者の高橋浩一郎の推定によれば、九州来襲時の中心気圧は900hPa、最大風速50m/s、総雨量300mmで、過去300年間に日本を襲った台風の中で最強のものとされる[18]。また、小西達男の推定によれば中心気圧は935hPa、最大風速は55m/s程度とされる[19]。有明海・博多湾・周防灘などで高潮が発生し、佐賀藩だけで死者が約1万人に達する被害が出た[20]。
安政3年の台風:1856年9月23日(安政3年8月25日)から24日にかけての夜間に関東地方を襲ったもの。伊豆半島付近から江戸のすぐ北を通過したと考えられる。猛烈な暴風と高潮で江戸をはじめ関東の広い範囲に大被害が起き、「近世史略」は死者10万人余りとしている。
1890年代1890年9月16日の台風:オスマン帝国の軍艦エルトゥールル号が、和歌山県の紀伊大島沖で遭難(エルトゥールル号遭難事件)。
1900年代足尾台風(1902年9月28日)
1906年10月24日の台風:九州近海でサンゴ採り漁船が多数遭難、死者行方不明630名余り。
1910年代1917年10月1日の台風(東京湾台風):フィリピン東方から北東に進んで10月1日未明に東京北方を通過した台風で、東京湾に高潮発生、死傷者およそ3,000人、全半壊流失家屋6万戸。東京で記録した952.7ヘクトパスカルの最低気圧記録は2013年10月現在も破られていない。
1920年代1921年9月26日の台風:本州南方をゆっくり東進していた台風が急に北上し、不意打ちの形で紀伊半島から日本を縦断。そのため警報発表が遅れ、富山県下で漁船の遭難多数。当時の伏木測候所長が世間の糾弾のため自殺した事件で知られる台風。ただし、測候所長の自殺の裏には気象観測施設に関する県と国のいさかいがあったようである。
新高台風(にいたかたいふう、1922年8月26日):8月24日関東地方を通過した台風が北上して26日にはカムチャツカ半島付近に達し、その近海にいた日本帝国海軍の巡洋艦新高が沈没した。高緯度であったので、事故発生時には台風は温帯低気圧に変わっていた可能性もある。初めて固有名(ただし非公式)が付いた台風。
1930年代屋島丸台風(1933年10月20日):石垣島付近から西日本に進んだ台風は、上陸時には衰えていたが、瀬戸内海で定期旅客船屋島丸が沈没、犠牲者69名。
室戸台風(1934年9月21日)
1940年代枕崎台風(昭和20年台風第16号)
阿久根台風(昭和20年台風第20号)
カスリーン台風(昭和22年台風第9号・Kathleen)
アイオン台風(昭和23年台風第21号・Ione)
デラ台風(昭和24年台風第2号・Della)
ジュディス台風(昭和24年台風第9号・Judith)
キティ台風(昭和24年台風第10号・Kitty)
1950年代ジェーン台風(昭和25年台風第28号・Jane)
ルース台風(昭和26年台風第15号・Ruth)
昭和27年台風第2号 (Dinah)
昭和28年台風第13号 (Tess)
洞爺丸台風(昭和29年台風第15号・Marie)
狩野川台風(昭和33年台風第22号・Ida)
宮古島台風(昭和34年台風第14号・Sarah)
伊勢湾台風(昭和34年台風第15号・Vera)
1960年代第2室戸台風(昭和36年台風第18号・Nancy)
第2宮古島台風(昭和41年台風第18号・Cora)
第3宮古島台風(昭和43年台風第16号・Della)
1970年代昭和51年台風第17号 (Fran)
沖永良部台風(昭和52年台風第9号・Babe)
昭和54年台風第20号 (Tip)
1980年代昭和57年台風第10号 (Bess)
昭和62年台風第12号 (Dinah)
1990年代平成2年台風第19号 (Flo)
平成3年台風第19号 (Mireille)
平成5年台風第13号 (Yancy)
平成11年台風第18号 (Bart)
2000年代平成15年台風第14号 (Maemi)
平成16年台風第18号 (Songda)
平成16年台風第23号 (Tokage)
平成17年台風第14号 (Nabi)
2010年代平成23年台風第12号 (Talas)
平成25年台風第18号 (Man-yi)
平成25年台風第26号 (Wipha)
平成25年台風第27号 (Francisco)

台風の統計[編集]
統計の基準について 日時 - すべて日本標準時 (JST)。(世界時 (UTC) で観測されたものを日本標準時 (JST) に直している。)
接近 - 台風の中心が日本の海岸線から300km以内に入った場合を「日本に接近した台風」としている。ただし、現在は気象官署からの距離で算出してある。
上陸 - 台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を「日本に上陸した台風」としている。ただし、沖縄本島などの離島や小さい半島を横切り短時間で再び海に出る場合は「通過」としている。


台風の平年値[編集]
1981年〜2010年のデータを基にした平均値(参考:括弧内は1970年〜2000年の平均値)。
年間発生数:25.6(26.7)個
年間日本接近数:11.4(10.8)個
年間日本上陸数:2.7(2.6)個

台風の記録[編集]

(統計資料がある1951年からの統計。2013年11月26日現在の記録)

数に関する記録[編集]

年間発生数


発生数が多い年

発生数が少ない年


順位



発生数

順位



発生数

1 1967年 39 1 2010年 14
2 1994年 1971年 36 2 1998年 16
4 1966年 35 3 1969年 19
5 1964年 34 4 2011年 2003年 1977年 1975年
1973年 1954年 1951年 21

年間日本接近数


接近数が多い年

接近数が少ない年


順位



接近数

順位



接近数

1 2004年 1966年 1960年 19 1 1973年 4
4 2012年 17 2 1995年 5
5 1955年 16 3 1977年 6
6 2000年 1997年 1994年
1965年 1961年 1958年 15 4 1983年 1979年 2010年 7

年間日本上陸数


上陸数が多い年

上陸数が少ない年


順位



上陸数

順位



上陸数

1 2004年 10 1 2008年 2000年
1986年 1984年 0
2 1993年 1990年 6 5 2009年 1995年 1987年
1980年 1977年 1973年 1957年 1
4 1989年 1966年 1965年
1962年 1954年 5


時期などに関する記録[編集]

海水温が最も低くなる2月が台風に関する年変わりの時期ともいえ、下記に示す1月1日基準は社会的な区分であることには注意が必要である。

発生日時が(一年の中で)早い台風


順位

名称

国際名

発生日時

1 昭和54年台風第1号 Alice 1979年1月2日 9時
2 昭和30年台風第1号 Violet 1955年1月2日 15時
3 昭和32年台風第1号 − 1957年1月3日 15時
4 平成25年台風第1号 Sonamu 2013年1月3日 21時
5 昭和60年台風第1号 Fabian 1985年1月5日 21時
6 平成4年台風第1号 Axel 1992年1月6日 9時
7 昭和47年台風第1号 Kit 1972年1月6日 9時
8 昭和33年台風第1号 Ophelia 1958年1月7日 21時
9 昭和63年台風第1号 Roy 1988年1月8日 9時
10 昭和62年台風第1号 Orchid 1987年1月9日 15時

発生日時が(一年の中で)遅い台風


順位

名称

国際名

発生日時

1 平成12年台風第23号 Soulik 2000年12月30日 9時
2 昭和27年台風第27号 Hester 1952年12月28日 9時
3 平成13年台風第26号 Vamei 2001年12月27日 9時
4 昭和50年台風第21号 − 1975年12月26日 21時
5 平成7年台風第23号 Dan 1995年12月26日 9時
5 昭和41年台風第35号 Pamela 1966年12月26日 9時
7 平成24年台風第25号 Wukong 2012年12月25日9時
7 平成5年台風第28号 Nell 1993年12月25日 9時
9 昭和29年台風第23号 − 1954年12月24日 15時
10 昭和63年台風第31号 Val 1988年12月24日 9時
10 昭和34年台風第23号 Harriet 1959年12月24日 9時

上陸日時が(一年の中で)早い台風


順位

名称

国際名

上陸日時

上陸地点


1 昭和31年台風第3号 Thelma 1956年4月25日 7時30分 鹿児島県/大隅半島南部
2 昭和40年台風第6号 Amy 1965年5月27日 12時 千葉県/房総半島
3 平成15年台風第4号 Linfa 2003年5月31日 6時30分 愛媛県宇和島市付近
4 昭和28年台風第2号 Judy 1953年6月7日 9時 熊本県八代市付近
5 平成16年台風第4号 Conson 2004年6月11日 16時 高知県室戸市付近
6 昭和38年台風第3号 Rose 1963年6月13日 22時 高知県宿毛市付近
7 平成24年台風第4号 Guchol 2012年6月19日 17時 和歌山県南部
8 平成9年台風第7号 Opal 1997年6月20日 11時30分 愛知県豊橋市付近
9 昭和53年台風第3号 Polly 1978年6月20日 18時 長崎県/西彼杵半島
10 平成16年台風第6号 Dianmu 2004年6月21日 9時30分 高知県室戸市付近


上陸日時が(一年の中で)遅い台風


順位

名称

国際名

上陸日時

上陸地点


1 平成2年台風第28号 Page 1990年11月30日 14時 和歌山県白浜町南
2 昭和42年台風第34号 Dinah 1967年10月28日 3時30分 愛知県南部
3 平成16年台風第23号 Tokage 2004年10月20日 13時 高知県土佐清水市付近
4 昭和30年台風第26号 Opal 1955年10月20日 12時 和歌山県田辺市付近
5 昭和54年台風第20号 Tip 1979年10月19日 9時30分 和歌山県白浜町付近
6 平成10年台風第10号 Zeb 1998年10月17日 16時30分 鹿児島県枕崎市付近
7 昭和62年台風第19号 Kelly 1987年10月17日 0時 高知県室戸市付近
8 ルース台風
(昭和26年台風第15号) Ruth 1951年10月14日 19時 鹿児島県いちき串木野市(現)付近
9 昭和36年台風第24号 Violet 1961年10月10日 8時 千葉県勝浦市付近
10 平成16年台風第22号 Ma-on 2004年10月9日 16時 静岡県伊豆市付近


長寿台風(台風でなかった期間を除く)


順位

名称

国際名

台風期間

発生日時

消滅日時

1 昭和47年台風第7号 Rita 19日 1972年7月7日 21時 1972年7月26日 21時
2 昭和42年台風第22号 Opal 18日6時間 1967年8月30日 9時 1967年9月17日 15時
3 昭和61年台風第14号 Wayne 17日18時間 1986年8月18日 15時 1986年9月6日 21時
4 昭和47年台風第9号 Tess 15日12時間 1972年7月9日 3時 1972年7月24日 15時
5 昭和26年台風第20号 Amy 14日12時間 1951年12月3日 9時 1951年12月17日 21時
5 平成6年台風第31号 Verne 14日12時間 1994年10月18日 9時 1994年11月1日 21時
5 平成9年台風第28号 Paka 14日12時間 1997年12月8日 3時 1997年12月22日 15時
8 平成4年台風第30号 Gay 14日6時間 1992年11月16日 3時 1992年11月30日 9時
9 平成15年台風第2号 Kujira 14日3時間 2003年4月11日 9時 2003年4月25日 12時
10 平成3年台風第20号 Nat 13日21時間 1991年9月16日 15時 1991年10月2日 9時

規模に関する記録[編集]

海上における中心気圧が低い台風


順位

名称

国際名

中心気圧
(hPa)

観測年月日

観測地点

1 昭和54年台風第20号 Tip 870 1979年10月12日 沖ノ鳥島南東
2 昭和48年台風第15号 Nora 875 1973年10月6日 フィリピン東方
昭和50年台風第20号 June 1975年11月19日 マリアナ近海
4 狩野川台風
(昭和33年台風第22号) Ida 877 1958年9月24日 沖ノ鳥島付近
5 昭和41年台風第4号 Kit 880 1966年6月26日 南大東島南方
昭和53年台風第26号 Rita 1978年10月25日 フィリピン東方
昭和59年台風第22号 Vanessa 1984年10月26日
8 昭和28年台風第7号 Nina 885 1953年8月13日
昭和34年台風第9号 Joanv 1959年8月29日 宮古島南方
昭和46年台風第35号 Irma 1971年11月12日 フィリピン東方
昭和58年台風第10号 Forrest 1983年9月23日 沖ノ鳥島南方
平成22年台風第13号 Megi 2010年10月17日 フィリピン東方

陸上(気象官署)における中心気圧が低い台風


順位

名称

国際名

中心気圧
(hPa)

観測年月日

観測地点

1 沖永良部台風
(昭和52年台風第9号) Babe 907.3 1977年(昭和52年)9月9日 沖永良部(鹿児島)
2 宮古島台風
(昭和34年台風第14号) Sarah 908.1 1959年(昭和34年)9月15日 宮古島(沖縄)
3 室戸台風 - 911.6 1934年(昭和9年)9月21日 室戸岬(高知)
4 平成15年台風第14号 Maemi 912.0 2003年(平成15年)9月11日 宮古島(沖縄)
5 枕崎台風
(昭和20年台風第16号) - 916.3 1945年(昭和20年)9月17日 枕崎(鹿児島)
6 第2室戸台風
(昭和36年台風第18号) Nancy 918.0 1961年(昭和36年)9月15日 名瀬(鹿児島)
7 昭和5年台風
(名称なし) - 922.0 1930年(昭和5年)8月9日 南大東島(沖縄)
8 昭和38年台風第14号 Gloria 923.5 1963年(昭和38年)9月10日 石垣島(沖縄)
9 平成18年台風第13号 Shanshan 923.8 2006年(平成18年)9月16日 西表島(沖縄)
10 平成16年台風第18号 Songda 924.4 2004年(平成16年)9月5日 名護(沖縄)

上陸時(直前)の中心気圧が低い台風


順位

名称

国際名

中心気圧
(hPa)

上陸日時

上陸地点

1 第2室戸台風
(昭和36年台風第18号) Nancy 925 1961年(昭和36年)9月16日 9時 室戸岬西方
2 伊勢湾台風
(昭和34年台風第15号) Vera 929 1959年(昭和34年)9月26日 18時 潮岬西方
3 平成5年台風第13号 Yancy 930 1993年(平成5年)9月3日 16時 薩摩半島南部
4 ルース台風
(昭和26年台風第15号) Ruth 935 1951年(昭和26年)10月14日 19時 串木野市付近
5 平成3年台風第19号 Mireille 940 1991年(平成3年)9月27日 16時 佐世保市南
昭和46年台風第23号 Trix 1971年(昭和46年)8月29日 23時 大隅半島
昭和40年台風第23号 Shirley 1965年(昭和40年)9月10日 8時 安芸市付近
昭和39年台風第20号 Wilda 1964年(昭和39年)9月24日 17時 佐多岬
昭和30年台風第22号 Louise 1955年(昭和30年)9月29日 22時 薩摩半島
昭和29年台風第5号 Grace 1954年(昭和29年)8月18日 2時 鹿児島県西部
(参考) 室戸台風 - 911.6 1934年(昭和9年)9月21日
枕崎台風
(昭和20年台風第16号) 916.3 1945年(昭和20年)9月17日

最大風速


順位

名称

国際名

最大
風速
(m/s)

風向

観測年月日

観測地点

1 昭和40年台風第23号 Shirley 69.8 西南西 1965年9月10日 室戸岬
(高知・気象官署)
2 ルース台風
(昭和26年台風第15号) Ruth 69.3 南 1951年10月14日 細島
(宮崎・燈台)
3 67.1 南東 佐田岬
(愛媛・燈台)
4 第2室戸台風
(昭和36年台風第18号) Nancy 66. 西南西 1961年9月16日 室戸岬
(高知・気象官署)
5 昭和29年台風第13号 Kathy 65.0 南南西 1954年9月7日 都井岬
(宮崎・燈台)
6 洞爺丸台風
(昭和29年台風第15号) Marie 63.3 南南西 1954年9月27日 神威岬
(北海道・燈台)
7 第2宮古島台風
(昭和41年台風第18号) Cora 60.8 北東 1966年9月5日 宮古島
(沖縄・気象官署)
8 洞爺丸台風
(昭和29年台風第15号) Marie 58.8 西南西 1954年9月26日 佐多岬
(鹿児島・燈台)
9 昭和45年台風第10号 Anita 57.5 北西 1970年8月21日 土佐沖ノ島
(高知・燈台)
10 昭和5年台風
(名称なし) - 57.0※ 北東 1930年8月9日 南大東島
(沖縄)

※ - 測器破損のため推定値

最大瞬間風速


順位

名称

国際名

最大
瞬間
風速
(m/s)

風向

観測年月日

観測地点

1 第2宮古島台風
(昭和41年台風第18号) Cora 85.3 北東 1966年(昭和41年)9月5日 宮古島
(沖縄・気象官署)
2 第2室戸台風
(昭和36年台風第18号) Nancy 84.5 西南西 1961年(昭和36年)9月16日 室戸岬
(高知・気象官署)
3 第3宮古島台風
(昭和43年台風第16号) Della 79.8 北東 1968年(昭和43年)9月22日 宮古島
(沖縄・気象官署)
4 昭和45年台風第9号 Wilda 78.9 東南東 1970年(昭和45年)8月13日 名瀬
(鹿児島・気象官署)
5 昭和40年台風第23号 Shirley 77.1 西南西 1965年(昭和40年)9月10日 室戸岬
(高知・気象官署)
6 枕崎台風
(昭和20年台風第16号) - 75.5 南南東 1945年(昭和20年)9月17日 細島
(宮崎・燈台)
7 平成15年台風第14号 Maemi 74.1 北 2003年(平成15年)9月11日 宮古島
(沖縄・気象官署)
8 昭和31年台風第12号 Emma 73.6 南 1956年(昭和31年)9月8日 那覇
(沖縄・気象官署)
9 昭和39年台風第20号 Wilda > 72.3 西 1964年(昭和39年)9月25日 宇和島
(愛媛・気象官署)
10 平成6年台風第13号 Doug 70.2 南東 1994年(平成6年)8月7日 与那国島
(沖縄・気象官署)

強風域が大きい台風(直径順)


順位

名称

国際名



強風域
直径 (km)

強風域半径 (km)

1 平成9年台風第13号 Winnie 1997年 2400 南東 1600、北西 800
2 平成2年台風第12号 Yancy 1990年 2250 南東 1300、北西 950
2 昭和62年台風第13号 Freda 1987年 2250 北東 1500、南西 750
4 平成9年台風第25号 Keith 1997年 2200 1100
5 平成7年台風第12号 Oscar 1995年 2150 南 1200、北 950
6 平成2年台風第23号 Kyle 1990年 2050 北 1300、南 750
6 昭和61年台風第10号 Sarah 1986年 2050 北東 1300、南西 750
8 平成8年台風第9号 Herb 1996年 2000 1000
9 平成13年台風第4号 Utor 2001年 1950 南 1100、北 850
9 昭和56年台風第24号 Gay 1981年 1950 北東 1100、南西 850

各番号の台風[編集]

各番号の台風についてはそれぞれ各項目を参照。

台風第1号
台風第2号
台風第3号
台風第4号
台風第5号
台風第6号
台風第7号
台風第8号
台風第9号
台風第10号

台風第11号
台風第12号
台風第13号
台風第14号
台風第15号
台風第16号
台風第17号
台風第18号
台風第19号
台風第20号

台風第21号
台風第22号
台風第23号
台風第24号
台風第25号
台風第26号
台風第27号
台風第28号
台風第29号
台風第30号

台風第31号
台風第32号
台風第33号
台風第34号
台風第35号




各年の台風[編集]

各年度の台風についてはそれぞれ各項目を、年度別の一覧については年度別台風記事一覧を参照。




2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年





脚注[編集]

[ヘルプ]

1.^ 台風に関する用語 気象庁 2012年7月30日閲覧。
2.^ 『世界大百科事典』平凡社 1998
3.^ オーストラリア付近の熱帯低気圧の俗称が「ウィリー・ウィリー」とする資料もあるが誤りで、そのような使い方はされていない。
4.^ 気圧配置 台風に関する用語(気象庁)
5.^ あの日の空もよう 天気で振り返る戦後50年 平沼洋司・花木亮・槇野修著 1995年8月7日発行 PHP研究所
6.^ 理不尽な気象 森田正光著 2007年10月20日発行 講談社プラスアルファ新書371-1C
7.^ 気象庁HP|台風経路図
8.^ “台風の番号と名前” (言語). ホーム > 気象等の知識 > 天気予報・台風 > 台風について > 台風の番号と名前. 気象庁. 2013年9月23日閲覧。
9.^ フィリピン気象庁
10.^ FAQ : HURRICANES, TYPHOONS, AND TROPICAL CYCLONES
11.^ 1977年7月に石垣島を襲った台風5号が一例である。
12.^ 中心付近は遠心力が強く、中心へ収束しようとする暴風と打ち消し合う。
13.^ “rain band=降雨帯”. 科学技術振興機構. 2009年10月7日閲覧。
14.^ 坪木和久. “台風に伴う竜巻をもたらす降雨帯の雲解像モデルを用いた数値シミュレーション (PDF)”. 名古屋大学気象学研究室. pp. 3/8ページ. 2009年10月8日閲覧。
15.^ TRMM 搭載 LISにより観測された台風における雷放電の特徴
16.^ 国土交通省木曽川下流河川事務所; 桑名市 (2009年6月3日). “演題:スーパー伊勢湾台風にどう備えるか (PDF)”. 国土交通省中部地方整備局. 2009年10月12日閲覧。
17.^ 質問44:スーパー台風とスーパー伊勢湾台風は同じ表現? デジタル台風、2009年10月12日閲覧。
18.^ a b 日本気象協会『台風物語』第9章1
19.^ 1828年シーボルト台風(子年の大風)と高潮
20.^ イカロス出版『近・現代日本気象災害史』283頁

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、台風に関連するカテゴリがあります。
台風情報
自然災害
八朔 - 二百十日 - 二百二十日
気象学
台風の目
気象庁が命名した自然現象の一覧
豆台風
袋風
岩崎卓爾

外部リンク[編集]

ウィクショナリーに台風の項目があります。
台風の番号と名前(気象庁)
デジタル台風
TRMM台風データベース
Typhoon21
熱帯低気圧・台風あれこれ
世界の熱帯低気圧・台風のリアルタイム情報 (WMO)
台湾台風情報センター

主な気象現象

熱帯低気圧


各海域の熱帯低気圧の名称図

カテゴリ: うず
台風
熱帯低気圧
気象災害


今日喪遺言(暗殺直前)Twiter

@wansa134 @bouhan_pt @seagreenjp2000
犯罪科学者(専門心理学者小説家現場取材者ジャーナリスト)等によると
教悪偽善正義漢犯罪者組織とは何千年(神話伝説SF寓話数万年以上太古)
前から続く歴史の闇裏暗黒支配者で狼吸血鬼とか魔法使いとか心身共痛覚異常者
暗殺履行⇒坂本眞一 (実業家) - WJR北海道社長2人目1人入院
関連
証拠保全マニュアル(2014/1/9改訂)
http://uzauzacult.seesaa.net/article/375354635.html 続きを読む

朝生!三年鰤!Twiter

#asamadetv 日本の正体(前研)=私物国家(広瀬隆)
薩長(山口組鹿児島薩庁闇裏地価金権組織デビル萬不動明王)
BLACK(部落)バイブルバブル・・

#asamadetv 対中国ODA名目3.4兆円(30〜40年実質数倍)
奨学金毎年10万人×300万円(30年)〜最近15万人×380万円
=日本人(教育ローン詐欺)の十倍以上優遇(売国奴隷工作員
名目222万人実質666万人)在日中国人日本国籍搾取犯罪数兆円・・

#asamadetv 日本IT(老人経済)も中国以下・・
渋谷追放虐待弾圧ReTwite妨害他・・

#asamadetv 悪間安心国民絶望爺獄安全年金恐怖
チェルノブイリ数十年=旧ソ連東欧EU地域30%人口減・・
福王ベルセルク同然確実=1973中学地図帳2012人口予定90億人以上?
−20億人?ビットコインイノベイションabc証明
光速四百倍東大量子テレポ実験北欧海底エジプト京$!

@asamadetv 1975日本システム出版一兆$
1985世界システム出版十兆$蒼き狼白き牝鹿
1995世界平和同盟0.33京$月曜LIPSと本逆284
自由貿易庁百兆中東上流フルーツ中流アイス下流ドリンクウォーター
ソ連キュウリチリ紙欧米書籍紙全般焼鳥串揚肉吸いうどん他多US-2等
US-2・消防海難救難艇500機緊急調達【前編】 

#asamadetv 日本国内中国(朝鮮)文化逆輸出入
(遊戯王完全海賊版ヴァリアブルブック2001テレ東9京$
HIATARI RYOーKO同可)楊令伝北方謙三12三国記宮城谷昌光他
NHK人形劇横山光輝版ドラボル前半十億円見金孫正義
1993ソフバンコムデックス葉書経産省解体輸出入庁
続きを読む
記事検索
NOCLICKNOWRITE
↓ブログ王↓
ランキングはこちらをクリック!
【卵王入点功徳握世数評価】
↓学問・科学/教育・学校↓
くる天 人気ブログランキング
NOINPOINTFAINALEND
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ 
【卵王入点十票風呂具更新】   ★インフォブログランキング★   i2iPPPレントービン環境税政

↑【入点重要来点未効】↑
韓国ドラマ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

超神001はじめタ-ボネロ少年

【HN】超脳神才INSP神託天啓IDEA前兆預言000『理想始皇帝』ネロ少年・・
【年齢】−百億次元−那由多宇宙−∞超数−zentulion4444埋葉餓鬼
【生息地】一般地球十住寺重症獣所毎年萬念霧隠死神出霊浪労老牢篭論陣
【身分】聖仙士ダンバイン(逆水帰鰓霊陰謀萬夢理Po)ジェネティックコーディ
【病状】ピータパン(寝場亜卵努)舎人芝環森鳥青夢見厨房中2C病?原野西都好造思増井戸大神狼忍26時間昼夜逆転百次官睡眠時無呼吸症候群etc
【お薬】DHA・CQ10・ローヤルゼリー・セサミンE+・マルチビタミンB1/Cミネラル・コーヒー牛乳+健康栄養ドリンク〜
【他似行板】臨自・環電・未技(理論)10年後・議政・書創・SF・のほ・日暮〜
【趣味・特技】速読効果ID速学:SF理空幻妄現想〜TV代学・ANIME・BGM・GAME・諜法解析(超脳神才)兆夢秘記/世解葉書蝕忍違任超/平空風呂具職忍
【血液型】AB型・旧獅子座×4倍/新蟹座・うさぎ年・一白水星・動物/アニマルこじか・マンダラ『青』・ダイモン?VAIOCM実娘諜夢十年前超能力忍者部隊日光昭和2年+28才二十六年前??

Twwiter
カテゴリ
フォローミー!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
PING+メタグ




livedoor 天気
  • ライブドアブログ