どうやらこういうことらしい

苫ピケ51世紀宇宙論2015長谷川慶太郎大局を読む!824シアトル警戒宣言3119日本特別警報!ゼロ秒思考×スマートノート×メモは命の恩人だ!エジソンパンセ月日時分朝鮮核ミサイル放射能非情警報津波予知夢!曜日年IDEA理想実現ACCOMPLSHMENT SHARE MEETING理想実現株式懐疑評議(ビットストック)【毎月改題】理想未来成功株式会社VIC DATA入門VASIC INTELL(IGENTSI)】【地獄で眠らせた悪魔が眠りながら成功する方法不幸運予告!あなたは絶対通信電話営業放送TV地獄コンテナトレーラ自爆密輸虎筑談腐宅魔死スモークワゴン1BOX拉致専用車マイクロ電磁気超低周波犯罪攻撃公害ストパトカー原因でもっとも運(輸)が悪くなる!宇宙一シンプルア・カペラ交響曲合唱ライヴ人生哲学が不味苦いく人は理想実現宝島知図で考えぬ!加速失敗成功!=超絶真逆】【⇒超絶完全理想美少女同位同格同価値同意味レベル(DATA残存価値FCFC小学生十万人下仙ゲーマー中学生三万人SLGSLG高校生一万人根源助士代生三十万人環境トボケ屋観察記録学者グラディエーター十万人怠者人間分析アナリストマスター三万人アデプト超人号泣虫社会評論博士ドクター一万人悪口宇宙研究職員リサーチャー三千人時空般布I$追掛表金講師社員千人平空パラレル片呂具模型モデル腰銀着助手STAF三百人次元同人頑固者落伍準教隊係百人無限GAME誠実清遊運蓄教授親委三十人究極事典慣板知識人絶対雑誌襟糸穴運特任近部十人超越アーティスト作家特待郎室三人絶唱画家親分特別護総ノーベル賞一人)限定忍辱解脱!直接リクエスト民主主義人気卵王一日一台各一回合計最大十回迄i2iくる天園他握世数上位確認更新予定三国人在日特権満州朝鮮韓国帰化同和教朝売国奴霊商工作陰影闇金裏金権力亡蛇地頭鬼屋全滅お釈迦ブードゥー物狂法華兇軍国日教組顕正怪異騒怨釈加害創価学会統一教会摂理GLA他多数特定秘密下忍間諜報連相克絶縁希求吸血鬼LISTポーサキュインヴァンパキュラ消滅希求ブードゥー全滅お釈迦山法華経SATAM教超絶仏滅神命】宗SPトーカーモルモット被害者超神才格名預言Twiter主活注!

社会 を含む記事

百×百=万【基礎基本】

【計設】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】 直接リンク予定
【蛍雪】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】 次回速読表予定=本は悪魔の洗脳兵器

【学門】【文学】【漢文】【哲学】【法学】【数学】【技術】【語学】【工学】【医学】【科学】【】
【入問】【現国】【古典】【倫理】【論理】【珠算】【家庭】【言語】【工作】【衛生】【理科】【】

【無限】【エスペ】【ラテン】【米語】【英語】【ポルト】【スペイ】【フラン】【ロシア】【ドイツ】【】【】
【次元】【神仏】【天魔】【霊魂】【精心】【肉体】【気管】【肺胞】【細胞】【原子】【電子】【素子】

【地理】【平空】【EC】【北米】【極東】【中国】【OS】【旧ソ】【印度】【東欧】【AS】【南米】【AF】【中東】意識 
【歴史】【時空】【世界】【中国】【日本】【政経】【現社】【公民】【公共】【倫社】【】【】

【情報】【宇宙】【構造】【】【河団】【星雲】【銀河】【星団】【星座】【恒星】【惑星】【昇順】【衛星】【彗星】
【】【社会】【軍事】【建設】【経済】【情報】【政治】【出版】【教育】【企画】【宗教】【修行】【俳優】

【生物】【人間】【堕天】【獣神】【機械】【雷】【ドラゴン】【海竜】【戦士】【獣士】【魔法】【悪魔】【恐竜】【鳥】
【死勿】【環境】【爬虫類】【両生類】【魚】【水】【動物】【植物】【鉱物】【気体】【液体】【固体】

【殺仏】【根源】【昆虫】【AD】【骸骨】【幽霊】【夜叉】【悪鬼】【怪人】【怪獣】【妖怪】【怪物】【化物】 

リンク画面別記=来月以降未定予定【時無処理】

500点予測100点解予告

非常事態宣言 - W【重大保存】  
巨人地震火山100 

巨大爆発テロ100 

世界経済崩壊100 

七月下旬【序】夏休宿題LINK作業  

世界歴史激変一年〜十一年中国日本米国各十分裂

社会構造激変100 

園他有名人大量消滅墜落

時無次回リンク予定

七月下旬【序】夏休宿題警注預言

終焉遺言Twiter『THEY LIVE 2 (2015) Documentary』【序】
時無処理リンク次回⇒LINK七月下旬【序】夏休宿題LINK作業  
十×十=百 WASTWASTWAST【−−−】(十回シリーズ) 
世界歴史入門百予習前半準備(十回シリーズ)  

超低高周波電磁気障害犯罪公害豆意識 
マーラ7大悪魔王 - G【重大問題】 
キリストは存在しなかった - G【重大詐欺】 
ASPERGER-LD-LINK・1【世界の正体】 
戦前彷彿暗黒政治地獄社会  
入院葬式関連 
入院 個室 費用 - G【重大確認】  
入院 個室 費用 聖路加病院 - G【重大保存】  
葬式 費用 - G【重要確認】 
生活保護 - G【重大問題】

有力情報風呂具【世界一候補】世界一風呂具候補豆意識  
数学・物理・哲理・天文・経済・天才シリーズ 

731安部辞任⇒奈落8/1九州半壊熊門地震26‰内容場所被害29兆円$クラス
去年824カリフォルニア小地震0.1兆円被害
A824日本時間シアトルカスカディアカリフォルニアダウン地震前震日本震度6有無↑?
88兆円ポルトガル歴史地震並内定済262‰
1319首都圏直下型時分不明62‰

722(水)目標70点30%

七月下旬【後半】目標計画予定30点70%
南部陽一郎 - W【天才重要】
ユークリッド() エウクレイデス - W【ユークリッド】
ユークリッド幾何学  パスカル 
戦前彷彿!戦創鬼権虐殺法案 ⇒ 戦前彷彿暗黒政治地獄社会
虎馬:重大問題指摘Twiter 
MKウルトラ?MKウルトラ計画 - W【SPY忍者】
MKナオミ?
MKデルタ?
MKサーチ?知らない?
大摩邇(おおまに) : MKウルトラと暗殺事件とアメリカ軍産複合体
MDELMDELMDEL【000】機
MUMUMU【÷÷÷】
薬仇*【√√√】
BIG5 + BIG1 = BIG6 
誼狼綫己大虐殺 
驚蝋地球悪魔福王ベルゼブブヘラクレスペルセウスベルセルク
轡蹈畔くじ
戸卦魂Α。臓Γ董Γ帖.咼奪哀侫.ぅ屮疋薀乾5000/5000 
垢じら(日銀郵貯簡保特別会計年金GPIF共済)官製株価相場
査2鷽洋狒缶如Α

次回週予定記事タイトル

吸血鬼が存在した歴史文書は有ったとか無かったとか

吸血鬼ドラキュラヴァンパイヤサキュバスインキュバスポー特集

サタン大魔王シャザーンシャカ大王暗黒魔法使い釈迦如来

遊戯王魔太郎が来るハリポタネギマ!星人絶望先生安部清明

日経平均78万円GDP2垓$物価一万分一【中半】別記 

治安維持法 - W  戦後MSN?  悪魔ハイエク 

オープン2ちゃんねる未確認他2つ 
おーぷん2ちゃんねる【初見記録】  
(超)天才シリーズ経済化学者(心理科学社会科学系統)
超天才特集627(土)【前半】 
サヴァネティクス再確認

VESTVESTVEST【+++】 VESTVESTVEST【+】 

MDOLMDOLMDOL【000】 

WASTWASTWAST【−−−】(十回シリーズ)  

次元構造基礎概念【入門準備】

第十一無限超越【超神堕仏】千億次元

第十無限絶対【聖人君臣】百億次元

第九無限究極【雷電機械】十億次元量子コンピューター 

第八無限無限【夢幻神龍】一億次元 

第七無限次元【最高次元】千万次元徳優礼正義知愛力真善美 

第六無限平空【特上平空】百万次元∞両肺パラレルワールド理論 

第五無限時空【普通時空】十万次元気管支

第四無限宇宙【大外宇宙】万次元三百億光年肺胞

第三無限星雲【高次社会】千次元スターウォーズ砂の惑星十万光年細胞

第二無限恒星【中間人間】百次元部落穴堀BLACKHOOL一光年原子
八十次元
六十次元月星獣人/魔獣戦士ベルセルク
四十次元風星鳥獣恐竜五十次元空星悪魔魔法使い
二十次元水星水家畜半漁人三十次元火星両生類爬虫類
超弦膜∞理論abc予想証明
第一無限惑星【小型環境】十次元地球地球岩石地獄植物餓鬼一万Km十倍電子 

第零無限国家【初外根源】一.25次元現在地球時間一年=一年レベル昆虫知性量子人間
日本人国家国務院局長総理二百人机上空理空論音声言葉口約束アンデッド以下

−第一無限地位【SLG/SLG】総裁/総長五百人骸骨税理部/幽霊銭根

−第二無限権力【下仙/G間】団長/司令千人殷皿堕/愚霊

−第三無限業界【FC/FC】参謀/指揮二千人営利庵/

−第四無限閥属【亀羅/小僧】幕僚/隊長五千人

−第五無限金融【写真/収集】代表/学長一万人
 悪魔時空宇宙星人階級【入門準備】
−第六無限商工【新聞/投稿】理事/役員二万人

−第七無限建設【雑誌/懸賞】監査/書記五万人と学会/銀行員

−第八無限地方【葉書/職人】議員/記者十万人評論屋/邪成督

−第九無限老人【ラジオ/ヒアリ】二十万人政府委員/護民官

−第十無限農協【コミケ/ショップ】五十万人有識者/会議

−第十一無限運転【コミック/ジャンキ】百万人評議/一味後輩忍者空手1%=二億円

2015予定計画目標(風呂具偏)【前半】

2015予定計画目標(風呂具偏)【後半】
一月 Wk百基本入門準備ページ(G保存)
二月 2C百選 候補作 (アニメ100)
三月 You Tube ベスト100 (漫画百)
四月 優秀風呂具 百抜粋 
五月 百雑誌 分類解析 
六月 百出版社 同上 
七月 百陰謀預言論
八月 音楽ベスト100
九月 洋画ベスト100
十月 GAMEベスト百 
十一月 まとめ豆意識百
十二月 百×百予定目標

関連:注枢エキス 
続編予定
【生気】【蛍雪】編 
【会社】【社会】編
【入問】【学門】編 

2014セマンテック最終画面0.5±

【KAITO】深海少女(アナザー)【超神歌四十二年】  
超神才格名予言 禁断検索INSPレーダー2  】オートツイート
丸山健二 (@maruyamakenji) 伊賀 敏 (@igabin) 大前研一 BOT (@ohmaebot)  
【〇】【基礎】radk ラジタル Nらじ Twiter LD 読書メータ WBS TIME 放大 gol 辞典の辞典【1】 
下仙】【SLG】【根源】【環境】【人間】【社会】【宇宙】【時空】【平空】【次元】【無限】【究極】【絶対】【超越】 
【一】【基本】POTLYoutubeアニメ無料動画+ Yaho SeSa JGM dti csc FC2 Amb goo MSN life 
【下間】【SLG】【総記】【哲学】【人文】【社会】【科学】【歴史】【技術】【工学】【産業】【言語】【文学】【芸術】 
【二】【情報】α 日真               JoI   
新聞】【ラジオ】【TV】【アニメ】【漫画】【雑誌】【BOOK】【同人】【音楽】【映画】【GM】【トレカ】【写集
【三】【人生】 ∀C   G  L   ZT  ZZ 超絶 MT  地震    UP 
【雑費】【雑貨】【医療】【衣服】【食糧】【料理】【情報】【本代】【文具】【玩具】【家具】【家電】【交通】【乗物】 
【四】【会社】レベル1 2 3 5 7 11 17 26 42 62  171 262 四百 六百 九百 
【作家】【画家】【歌手】【俳優】【修行】【宗教】【企画】【教育】【出版】【政治】【IT】【経済】【建設】【軍事】 
【五】【社会】【地学】【地理】【倫社】【近代】【公民】【政経】【情報】【現社】【日本】【中国】【世界】 
GNW】【】【宗教】【企画】【教育】【出版】【政治】【IT】【経済】【建設】【軍事】
NEWS】【新聞】【読売】【毎日】【産経】【朝日】【日経】【東京】【】
 社会経済(政治)
  
 続きを読む

日本の政党一覧 - W(保存)議席数確認

虎馬:日本の政党一覧 - W 
日本の政党一覧(にほんのせいとういちらん)では、現在活動している日本の政党と現在活動していない日本の政党の一覧を示す。
目次
1 現在活動している政党 1.1 国会に議席を有する政党
1.2 地方議会に議席を有する政党
1.3 国会に議席を有したことのある政党
1.4 国政選挙に候補を擁立したことのある政党
2 現在活動していない政党 2.1 自由民主党に合流、あるいはそこから分裂
2.2 日本社会党に合流、あるいはそこから分裂
2.3 日本共産党に合流、あるいはそこから分裂
2.4 新進党に合流、あるいはそこから分裂
2.5 公明党に合流、あるいはそこから分裂
2.6 民主党(1998-)に合流、あるいはそこから分裂
2.7 日本維新の会に合流、あるいはそこから分裂
2.8 日本未来の党に合流、あるいはそこから分裂
2.9 その他、国会に議席を有したことのある政党
2.10 その他、国会に議席を有したことのない政党
3 第二次世界大戦前に創設された政党
4 脚注
5 関連項目
6 外部リンク
現在活動している政党
国会に議席を有する政党政党名衆議院参議院計
自由民主党(1955-) 0(295) 115 115(410)
民主党(1998-) 0(58) 59 59(117)
公明党(1964-1994,1998-) 0(31) 20 20(51)
みんなの党(2009-) 0(6) 12 12(18)
維新の党(2014-) 0(42) 11 11(53)
日本共産党(1922-1924,1926-) 0(8) 11 11(19)
次世代の党(2014-) 0(19) 5 5(24)
社会民主党(1996-) 0(2) 3 3(5)
生活の党(2012-) 0(7) 2 2(9)
新党改革(2008-) 0(0) 1 1(1)
沖縄社会大衆党(1950-) ※ 0(0) 1 1(1)
新党ひとりひとり(2014-) ※ 0(0) 1 1(1)
太陽の党(2014-) 0(1) 0 0(1)
新党大地(2011-) ※ 0(1) 0 0(1)
(無所属) 0(10) 1 1(11)
(欠員) 480(0) 0 480(0)
2014年11月26日時点
院内会派の人数とは一致しない
衆議院解散中であるため、、衆議院議員はゼロ人である。カッコ内は、前職議員の所属政党別勢力。
※印は政党助成法上の政党要件を満たしていない政治団体
無所属議員は以下の通り 衆議院:阿部寿一、阿部知子、亀井静香、小泉龍司、
長崎幸太郎、中村喜四郎、西岡新、野間健、林原由佳、山口壮
参議院:平野達男

地方議会に議席を有する政党
国会に議席を有したことのある政党のみ。その他の地域政党については日本の地域政党を参照。
新社会党(1996-)
新党大地(2005-)
政党そうぞう(2005-)
幸福実現党(2009-)
減税日本(2010-)

国会に議席を有したことのある政党

以下の党派については総務省「その他の政治団体」名簿も参照[1]。
立憲養正會(1923-1942,1946-)
第二院クラブ(1983-)
新党日本(2005-)
日本未来の党(2012-)

国政選挙に候補を擁立したことのある政党[編集]
大日本愛国党(1951-)
革命的共産主義者同盟全国委員会(1959-[2])
日本労働党(1974-)
緑の党 (三橋派)(1981-)
「開星論」のUFO党(旧:UFO党、日本UFO党、1982-)
女性党(現:なかよしの党、旧:新しい時代をつくる党、1993-2011,2013-)
維新政党・新風(1995-)
世界経済共同体党(1997-)
新党・自由と希望(現:リベラル政治研究会、2001-)
財政再建党(旧:グリーン・共生党、2004-)
新党フリーウェイクラブ(2006-)
スマイル党(旧:日本スマイル党、2007-)
安楽死党(旧:新党本質、2009-)
あきつ新党(2010-)
二十一世紀日本維新会(2011-)
アイヌ民族党(2012-)
当たり前党(2012-)
緑の党グリーンズジャパン(2012-)
打出党(2013-)
埼玉の未来を創る会(2013-)
みたまやま政策研究会(2013-)

現在活動していない政党

自由民主党に合流、あるいはそこから分裂
日本自由党(1945-1948) → 民主自由党(1948-1950) → 自由党(1950-1955) → (自由民主党の結成に参加)
日本進歩党(1945-1947) → 民主党(1947-1950) → 国民民主党(1950-1952) → 改進党(1952-1954) → 日本民主党(1954-1955) → (自由民主党の結成に参加)
日本協同党(1945-1946) → 協同民主党(1946-1947) → 国民協同党(1947-1950) → (国民民主党(1950-1952)の結成に参加)
国民党(1946-1947) → (国民協同党(1947-1950)の結成に参加)
日本農民党(1947-1949) → (農民協同党(1949-1952)の結成に参加)
(日本農民党より分裂) → 農民新党(1948-1949)→ 農民協同党(1949-1952) → (改進党(1952-1954)の結成に参加)、(協同党(1952)の結成に参加)
(日本自由党より分裂) → 新自由党(1948-1949) → (民主自由党に合流)
新政クラブ(1951-1952) → (改進党(1952-1954)の結成に参加)
日本再建連盟(1952-1953) → (自由党(1950-1955)に合流)
(自由党(1950-1955)より分裂) → 分党派自由党(1953) → (自由党(1950-1955)に合流)、日本自由党(1953-1954) → (日本民主党(1954-1955)の結成に参加)
(自由民主党より分裂)→ 革新自由民主党(1958) → (自然消滅)
(自由民主党より分裂)→ 新自由クラブ(1976-1986) → (自由民主党に合流)、進歩党(1987-1993)
税金党(1983-1990)→ (自由民主党に合流)
(自由民主党より分裂) → 新党さきがけ(1993-1998) → さきがけ(1998-2002) →
(民主党(1996-1998)の結成に参加)、みどりの会議(2002-2004) → みどりのテーブル(2004-2008) → (みどりの未来の結成に参加)
(自由民主党より分裂) → 新生党(1993-1994) → (新進党の結成に参加)
(自由民主党より分裂) → 自由党(1994) → (新進党の結成に参加)
(自由民主党より分裂) → 新党みらい(1994) → (新進党の結成に参加)
(自由民主党より分裂) → 高志会(1994) → (新進党の結成に参加)
(自由党より分裂) →保守党(2000-2002) → 保守新党(2002-2003) → (自由民主党に合流)
(自由民主党より分裂) → たちあがれ日本 (2010-2012) → 太陽の党(2012) → (日本維新の会に合流)
(自由民主党より分裂) → 国民新党(2005-2013)

日本社会党に合流、あるいはそこから分裂
日本社会党(1945-1996)
(日本社会党より分裂) → 社会革新党(1948-1951) → 社会民主党(1951-1952) → 協同党(1952) → (右派・日本社会党に合流)
(日本社会党より分裂) → 労働者農民党(1948-1957) → (日本社会党に合流)
(日本社会党より分裂) → 民主社会党(1960-1969) → 民社党(1969-1994) → (新進党の結成に参加)
(日本社会党より分裂) → 社会市民連合(1977-1978) → 社会民主連合(1978-1994) → (日本新党に合流)
(日本社会党より分裂) → 社会クラブ(1977-1978) → (社会民主連合の結成に参加)
(日本社会党より分裂) → 板橋民主党(1993) →(新党さきがけに合流)
(日本社会党より分裂) → 新党護憲リベラル(1994-1995) → 平和・市民(1995)、憲法みどり農の連帯(1995)
(日本社会党より分裂) → 市民リーグ(1995-1996) → (民主党(1996-1998)の結成に参加)

日本共産党に合流、あるいはそこから分裂[編集]
(日本共産党より分裂) → 日本共産党(日本のこえ)(1964-?)
沖縄人民党(1947-1973) → (日本共産党に合流)

新進党に合流、あるいはそこから分裂[編集]
民社党(1960-1994) → (新進党の結成に参加)
日本新党(1992-1994) → (新進党の結成に参加、市民リーグの結成に参加)
新生党(1993-1994) → (新進党に合流)
自由党(1994) → (新進党に合流)
新党みらい(1994) → (新進党に合流)
高志会(1994) → (新進党に合流)
公明新党(1994) → (新進党に合流)
新進党(1994-1997)
(新進党より分裂) → 太陽党(1996-1998) → (民政党の結成に参加)
(新進党より分裂) → フロム・ファイブ(1997-1998) → (民政党の結成に参加)
(新進党より分党) → 国民の声(1998) → (民政党の結成に参加)
(新進党より分党) → 新党友愛(1998) → (民主党(1998-)の結成に参加)
(新進党より分党) → 自由党(1998-2003) → (民主党(1998-)に合流)、保守党(2000-2002)
(新進党より分党) → 改革クラブ(1998-2002)
(新進党より分党) → 新党平和(1998) → (公明党の再結成に参加)
(新進党より分党) → 黎明クラブ(1998) → (公明(1994-1998)に合流)

公明党に合流、あるいはそこから分裂[編集]
公明党(1964-1994) → (公明新党(1994)、公明(1994-1998)に分党)
(公明党(1964-1994)より分党)→ 公明新党(1994) → (新進党に合流)
(公明党(1964-1994)より分党)→ 公明(1994-1998) → (公明党結成)
(新進党より分党)→ 新党平和(1998) → (公明党結成)
(新進党より分党)→ 黎明クラブ(1998) → (公明(1994-1998)に合流)

民主党(1998-)に合流、あるいはそこから分裂
民主党(1996-1998) → (民主党の結成に参加)
連合の会(1989-1993) → 民主改革連合(1993-1998) → (民主党の結成に参加)
民政党(1998) → (民主党の結成に参加)
新党友愛(1998) → (民主党の結成に参加)
新党さきがけ(1993-1998) → さきがけ(1998-2002) → (民主党に合流)
(民主党より分裂)→ 尊命(2001-2003)
自由党(1998-2003) → (民主党に合流)
(民主党より分裂)→ 改革クラブ(2008-2010) → (新党改革に改名)
(民主党より分裂)→ 新党きづな(2011-2012) → (国民の生活が第一に合流)
(民主党より分裂)→ 国民の生活が第一(2012) → (日本未来の党に合流)
(民主党より分裂)→ みどりの風(2012-2013)

日本維新の会に合流、あるいはそこから分裂
日本創新党(2010-2012) → (日本維新の会に合流)
たちあがれ日本 (2010-2012) → 太陽の党(2012) → (日本維新の会に合流)
日本維新の会(2012-2014) → (次世代の党、日本維新の会(2014)に分党)
日本維新の会(2014) → (維新の党に改名)
(みんなの党より分裂)→ 結いの党(2013-2014) → (維新の党に合流)

日本未来の党に合流、あるいはそこから分裂[編集]
新党きづな(2011-2012) → (国民の生活が第一に合流)
国民の生活が第一(2012) → (日本未来の党に合流)
反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党(2012)
→ (減税日本・反TPP・脱原発を実現する党の結成に参加)
減税日本(2010-2012) → (減税日本・反TPP・脱原発を実現する党の結成に参加)
減税日本・反TPP・脱原発を実現する党(2012) → (日本未来の党に合流)
日本未来の党(2012)→ (生活の党に改名)
(日本未来の党より分裂)→ 日本未来の党 (政治団体)(2012-2013)→ (みどりの風に合流)

その他、国会に議席を有したことのある政党
日本人民党(1946-1984)
緑風会(1947-1960) → 参議院同志会(1960-1962)
→ (第二院クラブに参加、1962-1964) → 緑風会(1964-1965)
新自由党(1948-1952)
革新自由連合(1977-1986)
サラリーマン新党(1983-2011?)
福祉党(1983-1989?)
税金党(1983-1990)
進歩党(1987-1993)
スポーツ平和党(1989-2007?)
自由連合(1990-2010)
無所属の会(1998-2004)

その他、国会に議席を有したことのない政党[編集]
日本国民政治連合(1945?-?)
日本女性党(1977)
社会主義労働者党(1984-2002)
雑民党(1983?-1995?)
教育党(1983-1998)
議員を半減させる会(旧:国会議員を半分に減らす会、1989-2007)
人間党(1989)
真理党(1989-1990)
日本愛酢党(1992)
進歩自由連合(1992-1993)
共生新党(2007)
9条ネット(2007)
日本森海党(旧:森海党、2009-2011?)
平和党核兵器廃絶平和運動(2009?-2011?)

第二次世界大戦前に創設された政党
自由党(1881-1884) → 大同倶楽部(1889-1890) / 自由党(1890) / 愛国公党(1890)
→ 立憲自由党(1890-1891) → 自由党(1891-1898) → 憲政党(1898-1900) → 立憲政友会(1900-1940)
立憲改進党(1882-1896) → 進歩党(1896-1898) → 憲政本党(1898-1910) → 立憲国民党(1910-1922) → 革新倶楽部(1922-1925)
立憲帝政党(1882-1883)
社会民主党(1901) → 社会平民党(1901)
立憲同志会(1913-1916) → 憲政会(1916-1927) → 立憲民政党(1927-1940)
政友本党(1924-1927)
農民労働党(1925) → 労働農民党(1926-1928) → 日本労農党(1926-1928) → 日本大衆党(1928-1930)
→ 全国大衆党(1930-1931) → 全国労農大衆党(1931-1932) → 社会大衆党(1932-1940)
社会民衆党(1926-1932)
日本農民党(1926-1928)→日本大衆党
労働者農民党(1928-1929) → 労農党(1929-1931)
国民同盟(1932-1940)
日本国家社会党(1932-1934)
東方会(1936-1940)
日本無産党(1937)
勤労国民党(1940)
大政翼賛会 (1940-1945)

脚注
1.^ 総務省 政治団体名簿「その他の政治団体 平成23年」(PDF)
2.^ 公認擁立は1962年の革マル派分裂以前。
政治団体としての届出を行っていないため、公的には任意団体扱い

関連項目
日本の政治団体一覧
ミニ政党一覧
日本の政治
執行部

外部リンク
戦後の政党・院内会派の推移

日本の旗 日本の政党

日本の旗 日本関連の主要項目

ポータル
カテゴリ
一覧記事
アジアの政党(関連カテゴリ:Category:各国の政党)

カテゴリ: 政党の一覧
日本関連一覧
日本の政党
戦前日本の政党

プラスチック合成樹脂 - W(保存)

虎馬:合成樹脂 - W 
合成樹脂(ごうせいじゅし、英: synthetic resin)とは、人為的に製造された、高分子化合物からなる物質を指す。合成でない天然樹脂には植物から採ったロジンや天然ゴム等があり、鉱物質ではアスファルトが代表例である。合成樹脂の糸を紡糸して作った繊維は合成繊維と呼ばれ、合成樹脂は可塑性を持つものが多い。近年、地球温暖化による異常気象が出はじめ石油由来のカーボン材料とともに社会からの削減の声が多く聞かれるようになっている。
プラスチック (英: plastic) は元来「可塑性物質」 (英: plasticisers) という意味を持ち主に金属結晶において開花したものを基盤としており、合成樹脂同様日本語ではいささか曖昧であり、合成樹脂と同義である場合や、合成樹脂がプラスチックとエラストマーという2つに分類される場合、また、原料である合成樹脂が成形され硬化した完成品をプラスチックと呼ぶ場合など、多様な意味に用いられている[1][2]。つまり英語の学術文献を書く場合、全く通用しない用語であることの認識をしなければならず、「resin」などと表現するのが一般的である。
目次
1 概説
2 合成樹脂の化学 2.1 高分子
2.2 共重合とポリマーアロイ
3 歴史
4 合成樹脂の分類 4.1 熱硬化性樹脂
4.2 熱可塑性樹脂 4.2.1 汎用プラスチック
4.2.2 エンジニアリング・プラスチック
4.2.3 スーパーエンジニアリングプラスチック
5 複合材料
6 合成樹脂の性能
7 主要用途
8 環境への影響
9 関連団体
10 出典
11 関連項目
12 参考文献
13 外部リンク
概説
合成樹脂は、主に石油を原料として製造される。金型などによる成形が簡単なため、大量生産される各種日用品や工業分野、医療分野の製品などの原材料となる。製品の使用目的や用途に合わせた特性・性能を有する樹脂の合成が可能であり、現代社会で幅広く用いられている。
一般的な特徴としては
電気を通さない(絶縁体)
水や薬品などに強く腐食しにくい。これは廃棄後の処理が行いにくいということでもあり、環境問題を引き起こす原因の1つでもある
自己潤滑性がある。
燃えやすい
紫外線に弱く、太陽光に当たる場所では劣化が早い等が挙げられる。
しかし現在では、使用目的に応じてこれらの性質に当てはまらないプラスチックも開発されている。
電気を通す導電性プラスチック
微生物によって分解される、生分解性プラスチック
難燃性プラスチックなどが製品化されている。
また、以前は再利用が難しくよくゴミの最終処分場に混じっていたプラスチックだが
細かく分解して熱を加える事により元の原油として再利用が可能になった。そしてその事を油化と言う。

合成樹脂の化学

高分子

合成樹脂は高分子化合物の一種である。例えば、ポリエチレンは炭素2個のエチレンを多数繋いだ重合体であり、この場合のエチレンは「モノマー」と呼ばれ、ポリエチレンは「ポリマー」と呼ばれる。「モノ」は1つ、「ポリ」はたくさんを意味する接頭辞である。モノマーを繋げていく反応を重合反応と呼び、モノマーが繋がっている個数を重合度と呼ぶ。エチレン500個が繋がったポリエチレン(炭素数1000)の重合度は500である。重合度が大きくなるにつれ、より硬くより強い樹脂になる。ポリエチレンは熱をかけると融けて流動するので、その状態で成型する。流動し始める温度(融点)は分子量が大きくなるほど高くなる。分子量が一定以上に大きくなると、熱をかけても流動せず、さらに温度を上げると分解する。

共重合とポリマーアロイ

用途によって、2種類以上のモノマーを使用して合成樹脂を作ることがある。これを共重合と呼ぶ。例えば自動車の内装に多用されているABS樹脂は、アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン樹脂の略称で高い強度と耐衝撃性を有する。硬いが衝撃に弱く割れやすいアクリロニトリル樹脂とスチレン樹脂の性能と、柔らかいが衝撃に強いブタジエン樹脂の性能を組み合わせ、強度と耐衝撃性を両立させている。アロイとは日本語で合金と呼ばれるもので、金属の華々しい開発に樹脂開発者が憧れて命名されたと言われている。

共重合はモノマーの配列の仕方によって、ランダム共重合、ブロック共重合、グラフト共重合に分類される。ランダム共重合はモノマーがランダムに結合した物。ブロック共重合は単一モノマーでできたある程度の長さのポリマー同士が縦に繋がっているもの。グラフト共重合は注連縄に似ている。単一モノマーで出来た長いポリマーの所々に違う種類のポリマーがぶら下がっている。

共重合は、2種類以上のモノマーが化学的に結合して出来ているが、ポリマーアロイは異種の単独ポリマー同士を混合して製造する(アロイは合金のこと)。ポリマーアロイの例として耐衝撃性ポリスチレンがある。ポリスチレンは上記のように硬くて割れやすいが、少量のゴムを混合することにより割れにくい性質を持たすことができた。

歴史

1835年に塩化ビニルとポリ塩化ビニル粉末を発見したのが最初といわれる。初めて商業ベースに乗ったのは、1869年にアメリカで開発されたセルロイドである。これはニトロセルロースと樟脳を混ぜて作る熱可塑性樹脂だが、植物のセルロースを原料としているので半合成プラスチックと呼ばれることがある。

本格的な合成樹脂第一号は、1909年にアメリカのレオ・ベークランドが工業化に成功したベークライト(商品名)といわれている。フェノールとホルムアルデヒドを原料とした熱硬化性樹脂で、一般にはフェノール樹脂と呼ばれている。その後、パルプ等のセルロースを原料としてレーヨンが、石炭と石灰石からできるカーバイドを原料にポリ塩化ビニルなどが工業化された。戦後、石油化学の発達により、主に石油を原料として多様な合成樹脂が作られるようになる。日本では、1960年代以降、日用品に多く採用されるようになる。

1970年代には工業用部品として使用可能なエンジニアリングプラスチックが開発され、1980年代には更に高度なスーパーエンジニアリングプラスチックが使用されるようになった。これらの合成樹脂は金属に代わる新たな素材として注目されている。

1970年頃までは「プラスチックス」という表記が見られた。これはアメリカでも同様で、"plastics" という「形容詞+s」で集合名詞としていたが、名詞であるという意識が高まり、"s" が抜け落ちた。その時期は日本より約10年早い。(なお、 形成外科を plastic surgery というように、形容詞 plastic の原義は「形をつくる」「成型による」「成型可能な」といった意味である)

合成樹脂の分類

熱硬化性樹脂
熱硬化性樹脂 (英: Thermosetting resin) は、加熱すると重合を起こして高分子の網目構造を形成し、硬化して元に戻らなくなる樹脂のこと。使用に際しては、流動性を有するレベルの比較的低分子の樹脂を所定の形状に整形し、その後加熱等により反応させて硬化させる。接着剤やパテでA液(基剤)とB液(硬化剤)を混ぜて使うタイプがあるが、これは熱硬化性樹脂のエポキシ樹脂で、混合により重合反応が起こっている。熱硬化性樹脂は硬くて熱や溶剤に強いので、電気部品やテーブルといった家具の表面処理、灰皿、焼き付け塗料などに使用される。
フェノール樹脂 (PF)
エポキシ樹脂(EP)
メラミン樹脂(MF)
尿素樹脂(ユリア樹脂、UF)
不飽和ポリエステル樹脂 (UP)
アルキド樹脂
ポリウレタン(PUR)
熱硬化性ポリイミド(PI)
など
熱可塑性樹脂
熱可塑性樹脂 (英: Thermoplastic resin) は、ガラス転移温度または融点まで加熱することによって軟らかくなり、目的の形に成形できる樹脂のこと。一般的に、熱可塑性樹脂は切削・研削等の機械加工がしにくい事が多く、加温し軟化したところで金型に押し込み、冷し固化させて最終製品とする射出成形加工等が広く用いられている。
熱可塑性樹脂を用途により分類すると、
汎用プラスチック
家庭用品や電気製品の外箱(ハウジング)、雨樋や窓のサッシなどの建築資材、フィルムやクッションなどの梱包資材等、比較的大量に使われる。
ポリエチレン (PE) 高密度ポリエチレン(HDPE)
中密度ポリエチレン(MDPE)
低密度ポリエチレン(LDPE)
ポリプロピレン (PP)
ポリ塩化ビニル (PVC) ポリ塩化ビニリデン
ポリスチレン (PS)
ポリ酢酸ビニル (PVAc)
ポリウレタン(PUR)
テフロンR — (ポリテトラフルオロエチレン、PTFE)
ABS樹脂(アクリロニトリルブタジエンスチレン樹脂)
AS樹脂
アクリル樹脂 (PMMA)など
エンジニアリング・プラスチック
詳細は「エンジニアリングプラスチック」を参照
家電製品に使われている歯車や軸受け、CDなどの記録媒体等、強度や壊れにくさを特に要求される部分に使用される。略してエンプラとも呼ばれる。
ポリアミド (PA) ナイロン

ポリアセタール (POM)
ポリカーボネート (PC)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE、変性PPE、PPO)
ポリエステルの内、 ポリエチレンテレフタレート (PET)
グラスファイバー強化ポリエチレンテレフタレート (GF-PET)
ポリブチレンテレフタレート (PBT)
環状ポリオレフィン (COP)など

スーパーエンジニアリングプラスチック
詳細は「エンジニアリングプラスチック」を参照

特殊な目的に使用され、エンプラよりもさらに高い熱変形温度と長期使用出来る特性を持つ。略してスーパーエンプラとも呼ばれる。
ポリフェニレンスルファイド (PPS)
ポリテトラフロロエチレン(PTFE)一般的にテフロンと呼ばれる。
ポリサルフォン (PSF)
ポリエーテルサルフォン (PES)(Polyethersulfone)
非晶ポリアリレート (PAR)
液晶ポリマー (LCP)
ポリエーテルエーテルケトン (PEEK)
熱可塑性ポリイミド (PI)
ポリアミドイミド (PAI)(Polyamide-imide)など
複合材料
合成樹脂を用いた複合材料の一種として繊維強化プラスチックがある。繊維強化プラスチックの代表的なものにガラス繊維強化プラスチック (GFRP) と炭素繊維強化プラスチック (CFRP) がある。ガラス繊維は引っ張り強度がプラスチックよりはるかに強いので、成型部品の強度向上によく使用される。炭素繊維の強度はガラス繊維より更に強いが高価なので、CFRPは軽くて強い(高価な)素材として航空機等に使用されている。
合成樹脂の性能
耐熱性能 ガラス転移点
荷重たわみ温度
機械的性能 曲げ弾性係数
アイゾット衝撃試験値
電気的性能 体積固有抵抗
誘電率、誘電正接
化学的性能 耐薬品性
主要用途
各種日用品(家具、台所、食器、風呂、トイレ、洗濯、掃除、など)
繊維原料
包装材料 ペットボトル
ポリ袋
機械の筐体・機構部品 電子機器/小型機械
家電製品
小型船の船体
自動車などの内装
農業用フィルム
建築材料
など、日常生活のあらゆる場面で使われている。
環境への影響
太平洋ゴミベルト
このコアホウドリのひなは、親鳥によりプラスチックを与えられ、それを吐き出すことができなかった。そして飢えか窒息により死亡した。
太平洋ゴミベルト[3]は、北太平洋の中央(およそ西経135度から155度、北緯35度から42度の範囲[1])に漂う海洋ごみの海域である。浮遊したプラスチックなどの破片が北太平洋循環の海流に閉ざされ、異常に集中しているのが特徴の海域である。太平洋ゴミベルトの面積はテキサス州の2倍に相当する。[4] プラスチックは海洋生物にとって最大の脅威となっている。海洋生物がゴミを食べ物と間違えて食べることにより、大量のポリスチレンを摂取する結果を引き起こしている。たとえポリスチレンが海中で分解しなくても、魚や海洋ほ乳類の消化管で分解される可能性がある。[5]
関連団体
日本プラスチック工業連盟
米国プラスチック工業協会(Society of the Plastics Industry、略称SPI)
出典
1.^ 桑嶋幹・木原伸浩・工藤保広著、『プラスチックの仕組みとはたらき』、秀和システム、2005年7月11日第1版第1刷発行、ISBN 4798011088
2.^ 斉藤勝裕著、『へんなプラスチック、すごいプラスチック』、技術評論社、2011年5月25日第1版第1刷発行、ISBN 9784774146478
3.^ http://www.youtube.com/watch?v=jWMbKqMsjlQ
4.^ http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=68541809
5.^ “太平洋ゴミベルト:プラスチックの濃縮スープとなった海(動画)”. 2014年11月10日閲覧。

関連項目
リサイクル en:Plastic recycling
en:Recycling of PET Bottles
プラズマ(プラスチックと語源が同じ)

参考文献
井上俊英他著 『エンジニアリングプラスチック』 高分子学会編集、共立出版、2004年。 ISBN 4-320-04370-7
外部リンク
プラスチックとプラスチックリサイクル
日本プラスチック工業連盟
日本プラスチック加工研究会
プラスチックの基礎知識 (技術者Web学習システム)
合成樹脂

熱硬化性
フェノール樹脂 - エポキシ樹脂 - メラミン樹脂 - 尿素樹脂 - ポリウレタン - 熱硬化性ポリイミド
熱可塑性

汎用
ポリエチレン - ポリプロピレン - ポリ塩化ビニル - ポリスチレン - ABS樹脂 - アクリル樹脂
エンプラ
ポリアセタール - ポリアミド - ポリカーボネート - 変性ポリフェニレンエーテル - ポリブチレンテレフタレート
カテゴリ: 材料
合成樹脂

ポール・クルーグマン - W(保存)

虎馬:ポール・クルーグマン - W 
Krugman at a press conference at the Royal Swedish Academy of Sciences in Stockholm, 2008
生誕
1953年2月28日(61歳)
ニューヨーク州オールバニ
国籍
アメリカ合衆国
研究機関
イェール大学
MIT
LSE
スタンフォード大学
プリンストン大学
研究分野
国際経済学, マクロ経済学
母校
MIT (PhD)
イェール大学 (学士号)
影響を受けた人物
ジョン・メイナード・ケインズ[1]
ジョン・ヒックス[1][2][3]
ポール・サミュエルソン
論敵
塩水学派と淡水学派[4][5]
オーストリア学派

実績
国際貿易理論
新貿易理論
経済地理学

受賞
ジョン・ベーツ・クラーク賞 (1991)
アストゥリアス皇太子賞 (2004)
ノーベル経済学賞 (2008)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者
ノーベル賞
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:貿易パターンと経済活動の立地に関する分析

ポール・クルーグマン(Paul Robin Krugman, 1953年2月28日 - )は、アメリカの経済学者、コラムニスト。プリンストン大学教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を兼任。

1991年にジョン・ベーツ・クラーク賞、2004年にアストゥリアス皇太子賞社会科学部門、2008年にはノーベル経済学賞を受賞した[6][7]。



目次 [非表示]
1 略歴
2 業績
3 主張 3.1 アメリカ
3.2 欧州
3.3 日本
3.4 中国

4 人物
5 邦訳著作 5.1 単著
5.2 共著

6 脚注
7 関連項目
8 外部リンク


略歴[編集]
##1974年 イェール大学卒業。
##1977年 マサチューセッツ工科大学でPh.D.を取得。
##1977 - 1980年 イェール大学(助教授)。
##1982 - 1983年 レーガン政権で大統領経済諮問委員会委員を務め、IMF、世銀、EC委員会のエコノミストを務める。
##1980 - 1994年 マサチューセッツ工科大学(准教授、1980 - 1984年。教授、1984 - 1994年)。
##1994 - 1996年 スタンフォード大学(教授)。
##1996 - 2000年 マサチューセッツ工科大学(教授)。
##2000年 - プリンストン大学(教授)。
##2005年 - ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(教授)。
##2000年からニューヨーク・タイムズのコラムを担当している。

業績[編集]

国際貿易理論に規模による収穫逓増を持ち込み、産業発生の初期条件に差がない国同士で比較優位が生じて、貿易が起きることをモデル化。このモデルは、自動車産業など同種の製品を作る産業が、アメリカやヨーロッパ、日本にそれぞれ存在して、互いに輸出しあっている現実を反映する[8]。

続いて国際貿易理論を国内の産業の分布に当てはめ、地域間の貿易をモデル化。ハリウッドやデトロイトなど特定の産業が集約した都市が、初期の小さな揺らぎから、都市として成長して自己組織化する、都市成長のモデルも作り上げた[8]。

また、変動為替相場では、投機家の思惑が自己成就的な相場の変動を作り出し、変動為替相場が本質的に不安定であることを示した。

主張[編集]
##2012年現在続いているアメリカと欧州連合(EU)の金融危機の終わりは遠いとし、ドイツ主導の緊縮政策が1930年代のような経済恐慌をもたらす恐れがあるとの見方を示している[9]。クルーグマンは、2010年当時、緊縮策は「ひどい考えである」と述べていたが、2014年11月4日にIMFの内部監察を行う独立評価機関(IEO)報告書で、IMFが2008年の金融危機後に主要先進国に緊縮策・予算削減を求めたことは誤りだったとの判断を示したため、クルーグマンなどIMFに批判的だった識者の見解の信頼性を高めることにつながった[10]。

アメリカ[編集]
##グラム・リーチ・ブライリー法の発起人であるフィル・グラム上院議員を「金融危機の父」と呼んだ[11]。
##サブプライム住宅ローン危機が起きる前、クルーグマンはFRBが行っている継続的な利上げが、アメリカの住宅バブルを崩壊させる可能性があると指摘していた[12]。リーマンショック後、政府が適切な雇用創出政策が実現可能でなかったことについて「多くの経済学者は、雇用危機解決の道筋を示す代わりに、インフレと負債への恐怖を極端にあおり、自らが問題の一部となってしまった」と述べている[13]。
##著書『さっさと不況を終わらせろ』(2012年)では、アメリカでの失業率が高止まりした状況に、有効な手を打てずにいるアメリカ政府・FRBを批判している[14]。
##2013年の段階で、米国大統領バラック・オバマによる最低賃金を時給9ドルに引き上げる政策を歓迎している[15]。低所得者のインフレを加味した実質給与水準が上昇し、とりわけ勤労労働者の待遇が改善されるためであるとしている。また最低賃金の上昇で、勤労所得税額控除の使用者への利益が低所得者へより多く配分されるようになるとしている。

欧州[編集]
##2014年5月27日、ポール・クルーグマンはポルトガル・シントラで開催されたECBフォーラムで、ユーロ圏が日本型のデフレーションに陥る恐れがあると言明し「インフレ率が過度に低いとの理由で経済が持続的に低迷している状況を静観し、1933年のようなデフレスパイラルに陥りそうになった段階で対処しようとしても、阻止することはできない」と指摘している[16]。クルーグマンは、欧州中央銀行(ECB)と他の中央銀行は、1990年代以降据え置いているインフレ目標の水準を引き上げる必要があるとの考えを示した[17]。

日本[編集]
##1980年代のバブル不況後の日本の経済をニュー・ケインジアン的なモデルを使ってモデル化し、流動性の罠に落ちていることを指摘した[18]。流動性の罠は発生原理の説明がないことをリチャード・ヴェルナー(英語版)から批判されている[19]。2000年6月、日本銀行執行部はゼロ金利政策の解除へ傾いていたのに対し、クルーグマンなどの学界はゼロ金利政策を超えた金融緩和政策に踏み切るべしと主張し、両者は激しく対立していた[20]。日銀はクルーグマンの分析を熱心に取り入れていた(2003年時点)[21]。クルーグマンは、1990年代、2000年代の日本銀行の政策判断について「間違いだった」と指摘している[22]。 ##デフレ不況に対する日本政府や日本銀行の対応の遅さを繰り返し批判してきたが[23]、2007年以降の金融危機には、かつて自分の主張を受け入れなかった日本の政策当局と同じことしか出来ないアメリカ当局を目の当たりにして「同じような状況に直面し我々も同じことをしている、日本人に謝らなければならない」と自虐的に嘆いてみせた。クルーグマンは「アメリカも日本以上にひどい対応をしている。アメリカは財政を緊縮させ、不適切な金融政策をとってきた」「歴代の日銀総裁にもおわびしなければならない。しかし、決して彼らが正しかったからではない。間違いだった。『正しい政策判断をすることがいかに難しいか、今なら理解できる』という意味で、おわびしたい」と述べている[24]。
##2014年10月31日、クルーグマンはニューヨーク・タイムズに「日本への謝罪」と題するコラムを寄稿し、欧米の政策に関して「2008年以降は、日本がかすむほどの失敗だった。我々は、日本に謝らなければならない」と述べた[25]。クルーグマンは、日本の「失われた20年」は、「反面教師として、先進国経済が進むべきではない道を示してきた」と述べ、自身の批判そのものは間違ってはいなかったが、認識が甘かったとしている[26]。クルーグマンは、欧米が日本の教訓を生かせなかった理由について「我々の社会に巣食う根深い格差のためだ」と述べている[26]。

##日本銀行が多額の日本国債を引き受けることに関連するインフレーションについては「人々の消費がその経済の生産能力(供給力)を超える状態のときに限り、紙幣増刷由来のインフレが発生する」と述べる[27]。というのも流動性の罠に陥っている状況では、IS-LM分析でLM曲線がフラットになっているためにマネタリーベースの増加が金利上昇を喚起しないからである[28]。
##クルーグマンは日本が長期不況から抜け出すための解答自体は極めて簡単であり、お金を大量に刷ること(Print lots of money)で需要を喚起し[29]、インフレ期待を作成することが経済を拡大する唯一の方法であると述べている[30]。クルーグマンは、現時点で金融緩和の余地がなくても、将来の時点では金融緩和の余地があるためそれにコミットすることで、流動性の罠から脱出できるとしており、将来の金融緩和の具体案としてインフレ・ターゲットを提示した[31]。クルーグマンのインフレター・ゲット政策の核心は、市場参加者の期待形成に影響を与えることにある[31]。クルーグマンの提案は、実質金利の低下によって経済の不安定性を解消させるというものである[32]。クルーグマンは著書『危機突破の経済学』で「日本の場合、大型の財政政策は難しく、金融政策としてのインフレ・ターゲットを導入するべきである」と指摘していた[33]。 ##流動性の罠に陥った状況下で信頼できるインフレ期待をどのように作るのかと尋ねられた際、クルーグマンは「金融政策でできることは何もない」と譲歩していた。そして、「この場合、一時的な財政政策が効果的だ」と述べていた[34]。クルーグマンは「日本が高水準の財政支出を長期間続けることは可能ではない。GDP比で10%を超える財政赤字はしばらく続けられるが、いつまでもできるかというと別の問題である。政府債務の水準は非常に高く、急速に拡大していくので遅かれ早かれ問題のある状態に陥ってしまう。財政政策が答えでないのであれば何があるのか。そこに金融政策という答えがある」と指摘している[35]。

「流動性の罠#合理的期待形成学派の対策」も参照
##日本の低成長について「日本には大きな長期的問題があり、基本的には日本人の不足が問題だ」「日本の人口動態はひどい。労働年齢人口1人当たりの成長はさほど悪くない」と指摘している[36]。
##安倍晋三首相が取り組んでいる経済政策「アベノミクス」について「素晴らしい結果を伴っている」と評価しており[37]、「プリンストン大学の経済学者達が十数年前に書いていた論文に内容がそっくりだ」と述べている[38]。クルーグマンは「日銀が方針を転換し、2%の物価目標を掲げ、その効果を持続させるために政府が短期間、財政出動をし景気を刺激する。医師が処方したとおりのことを実行している」と述べている[39]。また「消費増税した日本がこれでうまくいけば、世界各国のロールモデルになることは間違いない。積極的な対策をとれば必ずデフレから脱却できるという強いメッセージになる。世界の多くの国が固唾を呑んでその行方を見守っている。今(2013年)、世界経済を救うために、日本が必要とされている」と指摘している[40]。 ##第2次安倍内閣での大胆な金融政策・量的緩和によってこの提言がマクロ経済政策に反映される形となった。しかしながら長期にわたるデフレのために依然として実質金利が高止まりしており、日本経済がデフレを脱し健全な経済成長をするまでは消費税の増税をするべきではないとの認識をクルーグマンは示している。もし脆弱な景気回復の中で消費増税を行えば、一時期の回復が自滅的な結果に終わってしまう可能性があることが懸念されるとしている[41]。財政規律の名のもとに、回復基調の経済を危険に晒すことは愚かなことだとクルーグマンは論じる。

中国
##人民元の為替レートが人為的に低水準に保持されていることに言及し「ドルが下落するにもかかわらず、一貫して人民元の対ドルレートを固定させる政策は、世界経済に大きな害を与えている」と述べている[42]。
##中国経済は、2014年現在の中国の経済は投資バブル状況にあり、金融危機が生じる可能性が高く、バブル崩壊がすれば中国経済は日本で起きたことよりもひどい惨状になるとしている[43]。

人物

時の権力者や経済学の先人たちそして通説をバッサリ切り捨てる容赦ない批判姿勢は、激しい反発や非難を受けることが常だった[44]。ニューヨーク・タイムズ紙のサイト上に持つブログ「The Conscience of a Liberal」では、リベラル派の立場から保守派に論争をしかけ、エコノミストのブログ空間上で常に議論を巻き起こし続けている[14]。ニューヨーク・タイムズに寄稿するコラムがマーケットを動かすと言われるほどの影響力を持つ[45]。
##専門の国際経済学の分野以外でも積極的に発言しており、反ジョージ・W・ブッシュの旗手としても知られる。経済学者の祝迫得夫は「2008年にノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンはある意味、政治的だった。当時はアメリカ大統領選直前で、欧州の知識人はブッシュ政権にうんざりしていたため、ブッシュを激しく批判していたクルーグマンを持ち上げるような意味合いがあったのではないか」と述べている[46]。また、2008年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙のキャンペーンでヒラリー・クリントン候補のメディケア政策を擁護した[47][48][49]。この結果、メディケアに対してバラク・オバマ陣営が当初表明していた共和党寄りの方針[要出典]を撤回させ、民主党の本流の政策[要出典]に転換させることに成功している。ただし、この論争がしこりとなりクルーグマンは民主党の要職から外れることになった[要出典]。
##自身について、貿易交渉については専門ではないとしており、特に政治的な側面は分かっているつもりはないと述べている[50]。
##SFファンとしても知られ、アイザック・アシモフの「銀河帝国の興亡」に登場する心理歴史学者ハリ・セルダンにあこがれたことが、経済学の道に進む動機になったと語っている。1978年(イェール大学時代)に「恒星系間貿易の理論」をパロディ論文として著したり[51][52][53]、イグノーベル賞の講演で、地球全体の輸出入総計の不均衡の原因を宇宙人に求めるおふざけ講演などを行っている。
##一回離婚しており、プリンストン大学の同僚ロビン・ウェルスと再婚している。

邦訳著作
2008年12月7日、スウェーデン王立科学アカデミーにて
単著[編集]
##Exchange-Rate instability ##『為替レートの謎を解く』 伊藤隆敏訳 (東洋経済新報社, 1990年)

##Geography and trade ##『脱「国境」の経済学 産業立地と貿易の新理論』 北村行伸訳 (東洋経済新報社, 1994年)

##Peddling Prosperity ##『経済政策を売り歩く人々』 伊藤隆敏 他訳 (日本経済新聞社, 1995年)

##Pop internationalism ##『クルーグマンの良い経済学悪い経済学』 山岡洋一訳 (日本経済新聞社, 1997年)

##The Self-Organizing Economy ##『自己組織化の経済学 経済秩序はいかに創発するか』 北村行伸訳 (東洋経済新報社, 1997年)

##Has the adjustment process worked? ##『通貨政策の経済学 マサチューセッツ・アベニュー・モデル』 林康史訳 (東洋経済新報社, 1998年)

##Collected Essays of Paul Krugman Appeared in Foreign Affairs ##『資本主義経済の幻想 コモンセンスとしての経済学』 北村行伸訳 (ダイヤモンド社, 1998年)

##The age of diminished expectations ##『クルーグマン教授の経済入門』 山形浩生訳 (メディアワークス, 1998年)

##The Accidental Theorist : And Other Dispatches from the Dismal Science ##『グローバル経済を動かす愚かな人々』 三上義一訳 (早川書房, 1999年)

##The return of depression economics ##『世界大不況への警告』 三上義一訳 (早川書房, 1999年)

##Development geography, and economic theory ##『経済発展と産業立地の理論 開発経済学と経済地理学の再評価』 高中公男訳 (文真堂, 1999年)

##Rethinking international trade ##『国際貿易の理論』 高中公男訳 (文真堂, 2001年)

##Japan's trap ##『恐慌の罠 なぜ政策を間違えつづけるのか』 中岡望訳 (中央公論新社, 2002年)

##The Great Unraveling ##『嘘つき大統領のデタラメ経済』 三上義一訳 (早川書房, 2004年)

##The Conscience of a Liberal ##『格差はつくられた 保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略』 三上義一訳 (早川書房, 2008年)

##The return of depression economics and the crisis of 2008 ##『世界大不況からの脱出 なぜ恐慌型経済は広がったのか』 三上義一訳 (早川書房, 2009年)

##『さっさと不況を終わらせろ』山形浩生訳 2012年 ISBN 978-4152093127

共著
##International economics : Theory and policy ##(モーリス・オブズフェルド)『国際経済 理論と政策』 竹中平蔵他訳 (サイエンス社, 1990年)

##Trade policy and market structure ##(エルヘイナン・ヘルプマン)『現代の貿易政策 国際不完全競争の理論』 大山道広訳 (東洋経済新報社, 1992年)

##The Spatial Economy : Cities, Regions, and International Trade ##(藤田昌久他)『空間経済学 都市・地域・国際貿易の新しい分析』 小出博之訳 (東洋経済新報社, 2000年)

##It's Baaack!Japan's Slump and the Return of the Liquidity Trap, Japan : Still Trapped, Further Notes on Japan's Liquidity Trap, Delusions of Respectability, Time on the Cross ##(ラルス・E・O・スヴェンソン)『クル−グマン教授の〈ニッポン〉経済入門』 山形浩生訳 (春秋社, 2003年)

##Macroeconomics ##(ロビン・ウェルズ)『クル−グマン マクロ経済学』 大山道広他訳、(東洋経済新報社 2009年3月20日)

##Microeconomics ##(ロビン・ウェルズ)『クル−グマン ミクロ経済学』 大山道広他訳、(東洋経済新報社2007年9月)

##(モーリス オブズフェルド) クルーグマンの国際経済学 上 貿易編 ISBN 978-4864010061
##(モーリス オブズフェルド) クルーグマンの国際経済学 下 金融編 ISBN 978-4864010078

脚注[編集]

[ヘルプ]

1.^ a b Paul Krugman (2011年8月10日). “Dismal Thoughts”. The Conscience of a Liberal 2011年8月10日閲覧。
2.^ Krugman, Paul (2011年8月30日). “Who You Gonna Bet On, Yet Again (Somewhat Wonkish)”. Conscience of a Liberal (blog) (New York Times) 2011年11月18日閲覧。
3.^ Krugman, Paul. “There's something about macro”. MIT. 2011年11月18日閲覧。
4.^ Krugman, Paul (2009年7月29日). “The lessons of 1979-82”. The New York Times
5.^ Krugman, Paul (2009年9月23日). “The freshwater backlash (boring)”. The New York Times
6.^ 経済学賞にクルーグマン氏 ノーベル賞、貿易理論刷新47NEWS(よんななニュース)2008年10月13日
7.^ ノーベル経済学賞、クルーグマン氏 国際貿易で新理論asahi.com(朝日新聞社) 2008年10月14日
8.^ a b Krugman, Paul 2009. "The Increasing Returns Revolution in Trade and Geography." American Economic Review, 99(3): 561–71.
9.^ 危機の終わり遠い、緊縮で30年代型恐慌も−クルーグマン教授Bloomberg 2012年10月4日
10.^ IMFの緊縮策要求は誤りだった-金融危機後の対応で報告書Bloomberg 2014年11月5日
11.^ The Gramm connection. Paul Krugman. The New York Times. Published March 29, 2008.
12.^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、94-95頁。
13.^ The New York Times ポール・クルーグマン「リーマン・ブラザーズ崩壊後、ムダに費やされた悲劇の年月」現代ビジネス 2013年9月17日
14.^ a b さっさと不況を終わらせろ:End This Depression Now!日立総合計画研究所 2012年9月11日
15.^ Raise That Wage Paul Krugman, New York Times 2013年2月17日
16.^ ECB、日本型デフレに陥ること回避すべき=クルーグマン氏Reuters 2014年5月28日
17.^ クルーグマン氏、世界に警告-日本的な政策停滞は普遍的現象Bloomberg 2014年5月27日
18.^ 経済の死角 独占インタビューノーベル賞経済学者 P・クルーグマン 「間違いだらけの日本経済 考え方がダメ」現代ビジネス 2010年08月20日
19.^ 『虚構の終焉』= Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) P 57,61
20.^ 現代の金融政策日立総合計画研究所
21.^ リチャード・ヴェルナー(英語版) 『虚構の終焉』 = Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) p 56
22.^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、88頁。
23.^ Japan's trap, It's Baaack!Japan's Slump and the Return of the Liquidity Trap, Japan : Still Trapped, Further Notes on Japan's Liquidity Trap, Delusions of Respectability, Time on the Cross他
24.^ 世界が注目する“日本の教訓” - これまでの放送NHK Bizプラス 2012年8月13日
25.^ 経済 ノーベル賞経済学者の「日本への謝罪」読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2014年11月1日
26.^ a b クルーグマン教授“日本に謝りたい…” 教訓生かせぬEUのデフレ危機を嘆くニュースフィア 2014年10月31日
27.^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
28.^ IS-LMentary The conscience of a liberal 2011年10月9日
29.^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
30.^ Paul Krugman"JAPAN'S TRAP" The Official Paul Krugman Web Page
31.^ a b 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、185頁。
32.^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、186頁。
33.^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、103頁。
34.^ リチャード・ヴェルナー 『虚構の終焉』= Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) P 60
35.^ 吉川洋・通商産業研究所編集委員会 『マクロ経済政策の課題と争点』 東洋経済新報社、2000年、9-10頁。
36.^ クルーグマン教授、日本の人口減少を問題視−低成長の要因Bloomberg 2013年2月6日
37.^ 政治・社会 ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン教授、皮肉まじりにアベノミクス評価ZAKZAK 2013年1月15日
38.^ ポール・クルーグマン - アベノミクスが日本経済を復活させる!PHPビジネスオンライン 衆知 2013年10月22日
39.^ どう見る“アベノミクス”NHK Bizプラス 2013年2月12日
40.^ 経済の死角 【独占インタビュー】ノーベル経済学賞受賞ポール・クルーグマン 日本経済は、そのときどうなるのか現代ビジネス 2013年10月21日
41.^ Make Japan Chaste and Continent, But Not Yet The Conscience of a Liberal, Paul Krugman, September 9th, 2013
42.^ ノーベル経済学賞受賞者:中国の人民元政策、世界経済の脅威に大紀元 2009年10月31日
43.^ 経済の死角 本誌独占インタビュー ノーベル賞経済学者クルーグマン 「日本経済は消費税10%で完全に終わります」現代ビジネス 2014年9月16日
44.^ ポール・クルーグマン 競争力論争――私はなぜ自説を曲げたか 政治家に迎合したくなる強い誘惑~「グローバル・ビジネス」1995年1月1日号掲載ダイヤモンド・オンライン 2010年1月10日
45.^ 経済の死角 本誌独占インタビューノーベル経済学者は指摘するポール・クルーグマン「1ドル100円超え、アベよ、これでいいのだ」現代ビジネス 2013年2月14日
46.^ 混迷深める世界経済 今年のノーベル経済学賞は誰に日本経済新聞 2011年10月2日
47.^ The Conscience of a Liberal (October 2007) ISBN 0393060691
48.^ ニューヨークタイムズ連載コラム(2008/02/04)
49.^ ニューヨークタイムズ連載コラム(2008/02/11)
50.^ 国際シンポジウム「グローバル化と地域統合〜空間経済学の視点から」asahi.com 朝日新聞社シンポジウム 2004年12月2日
51.^ The Theory of Intersteller Trade (PDF) (英語) 「恒星系間貿易の理論」原文
52.^ クルーグマン: 恒星系間貿易の理論 (日本語) 翻訳文
53.^ Economics: the final frontier (英語) 「恒星系間貿易の理論」に言及したポール・クルーグマン自身のブログエントリ

関連項目
##ニューケインジアン
##マクロ経済学
##空間経済学
##複雑系経済学
##インフレターゲット
##エッジシティ

外部リンク[編集]
##公式ウェブサイト (英語)
##The Unofficial Paul Krugman Web Page (英語)
##Economics and Politics by Paul Krugman - The Conscience of a Liberal (英語) ポール・クルーグマンのブログ
##ポール・クルーグマン「さっさと不況を終わらせろ」 (1) いまは赤字削減より財政支出を 動画 日本語字幕付 (デモクラシーナウ!ジャパン 2012年5月17日)
##ポール・クルーグマン「さっさと不況を終わらせろ」 (2) ユーロ圏の危機ほか 動画 日本語字幕付 (デモクラシーナウ!ジャパン 2012年5月17日)
ノーベル賞 アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞
典拠管理
-WorldCat ・
-VIAF: 108473482 ・
-LCCN: n84238684 ・
-ISNI: 0000 0001 2283 9649 ・
-GND: 121368033 ・
-BNF: cb12277570g (data) ・
-NDL: 00469885
カテゴリ: アメリカ合衆国の経済学者
アメリカ合衆国のノーベル賞受賞者
ノーベル経済学賞受賞者
プリンストン大学の教員
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの教員
マサチューセッツ工科大学の教員
スタンフォード大学の教員
イェール大学の教員
ニューケインジアン経済学者
全米経済研究所の人物
ニューヨーク・タイムズの人物
コラムニスト
東欧ユダヤ系アメリカ人
オールバニ (ニューヨーク州)出身の人物
イェール大学出身の人物
1953年生
存命人物

人間テスト思考分析準備注

【人生テスト岡斗】
究極寛容知識人慣板修院・・

無限誠実声友薀蓄教授930%
次元忍辱落伍頑固者準教920%
平空地理行動模型腰巾着助手910%
時空歴史思考I$追っ掛表金講師900%

宇宙放棄悪口屋研究890%
社会選択評論泣き虫博士880%
人間分析ナマケ者修士870%
超環境観察記録学者トボケヤ860%

根源意識850%【絶対刷込第一入力】先祖感情DEMON(悪魔)
記事検索
NOCLICKNOWRITE
↓ブログ王↓
ランキングはこちらをクリック!
【卵王入点功徳握世数評価】
↓学問・科学/教育・学校↓
くる天 人気ブログランキング
NOINPOINTFAINALEND
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ 
【卵王入点十票風呂具更新】   ★インフォブログランキング★   i2iPPPレントービン環境税政

↑【入点重要来点未効】↑
韓国ドラマ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
Twwiter
カテゴリ
フォローミー!
アクセスカウンター

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
PING+メタグ




livedoor 天気
  • ライブドアブログ