今さらチェキスプーニングの季節

2017年10月28日

FUJIPET

物欲はおさまらず(^^;)

何故か、こんなカメラにまで手を出してしまう(^^;;)



pet01

pet02

FUJIPET(フジペット)



1957年発売
当時の価格、1950円だと(^^)
富士フィルム製

ブローニー(120)サイズのフィルムを使う、6x6判のカメラです。
子供や素人でも簡単に撮影出来る、入門用として作られたカメラです。
プラスチックと薄い金属で出来てるから、メッチャ軽い(^^)

とは言え、今時のトイカメラの様には作られてはいません。
真面目に綺麗な写真を撮れる様に作られています。。。たぶん(^^;)
まだ撮影してないから分かりません(^^;;)



pet03

レンズが曇ってますね〜。
内側が曇ってます(^^;)
まあ、一枚レンズなんで、手入れは簡単。



pet05

バラして拭き上げるだけ(^^)
後ろのレンズ押さえに、接着剤がまわってますね〜。



pet06

外れたレンズを、後付け修理した可能性がありますね。
ピントずれは、、、まあいいか(^^;)



pet07

綺麗に拭き上げると、こんなにピカピカ(^^)
レンズ自体はガラス製です。
けれど、コーティングも何も無いので、拭き上げはやさしくね。



pet08

組上げ(^^)



pet09

綺麗になりました(^^)



pet10

この機体は、フィルム確認窓の蓋がある初期型。
蓋自体はもげちゃってますけど(^^;)
もしかしたら、1957年当時の物かも知れませんね。



pet11

前オーナーは、小学生の頃にお年玉を貯めて購入したんだそう(^^)



ちょっとデザインが面白くて気恥ずかしいけれど、軽くて持ち歩くのは苦にならない。

さてさて、60年前のカメラで何を撮りに行こうかな?(^^)



apo01 at 13:52│Comments(2)フィルムカメラ 

この記事へのコメント

1. Posted by ぱわぁほ〜る   2017年10月28日 19:04
5 アポさん、そっちの趣味もあったんですね…

最初に撮るのは、やっぱり釣り上げたメッキじゃないすか?
2. Posted by APO!   2017年10月28日 23:41
ぱわぁさん

実は、高校時代は写真部でした(^_^)
アナログでやる事は、一通りやりましたよ。
大学時代にはカメラマンのアシスタントも一時期やりました。

メッキは〜
このカメラでは厳しいなぁ(^_^;)
ピントは3m以上離れないとだし。
シャッターは1/50秒だし(^_^;)

まあ、沖縄の景色でも撮りますね〜(^_^)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今さらチェキスプーニングの季節