空を見上げて
トップページ » 2014年01月
2014年01月

高齢都市における「地(知)の拠点」事業.....

市と大学で進めている表記事業の打ち合わせに参加させていただく機会がありましたので構想(妄想?)をプレゼンテーションさせていただきました。

経済効果の試算過去のちょっとした実験でも30,000円/年・人の医療費削減の経済効果があることが試算できていたことが、今回の提案の背景としてありました。




COC-1仮にネーミングしてみました。
拠点事業の制約条件(使える資源、期間、体制)は今のところ明快に伝えられていません。
ビジョン化して前提、制約を定義すれば多くのステイクホルダーを集められる魅力的な知の拠点事業になると思います。。



COC-2
付加価値連鎖を1枚の絵にしました。
必要なインフラ技術は全てマーケットで提供されているので活用(購入して組み合わせる)ことで実現可能です。




あの時出していれば」の後悔をしたくなかったので出しましたが今後どのような展開になるのかが大いに楽しみにしています。


@y(アッティー)apoc_works  at 17:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

厳冬期の農場....

ポカポカ陽気に誘われ、今年になって初めて農場の様子を見に行ってきました。
farm-2 farm-4 farm-3
霜柱が凍結を繰り返すことにより「畝」がすっかり無くなってしまいましたが、今朝は大根、ブロッコリ、ほうれん草が収穫できました。野菜が植わっていない畝も耕運機で掘り返し、寒風に晒すことで夜盗虫などの害虫駆除や雑菌の消毒をしています。

baja-1 baja-2 baja-4
農場へ通うバイクは 30,000Kmを超えました。 欠点は荷台が無いに等しいので収穫野菜は背中のザックに入れての運搬になります。 大量の収穫時にはランクル80(自家用中型貨物車)で出かけますが農道が狭く路肩を壊したりタイヤが泥だらけになり多方面から顰蹙を買います。 EV軽トラが欲しくなります。

@y(アッティー)apoc_works  at 11:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

歩道がアッと言う間に修復されました.....

自宅前の歩道(羽村駅前中央通り)タイルが2~3枚が浮いた状態でグラグラしています。 松林小学校の学童通学路でもあり躓いての転倒などの危険があるので市の土木課に金曜日の午後連絡しました。 なんとその日のうちに下見に来て今朝修復作業をやってくれました。
(1)
 (2) (3)

(4) (5) (6)
実は「モルタル、道具、マニュアルを提供いただけたら自分でやりますよ」の連絡だったのですがあまりの手際の良さに恐縮してしまいました。作業者は3名。年齢から察するに恐らく市が委託しているシルバー人材の会員の方達でしょうか。
.....
後で聞いた話では作業いただいた方々は市の土木課に臨時採用された方々で、長く専門職として道路行政に携わられてきたOBさん達だそうです。


@y(アッティー)apoc_works  at 11:11コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

寒中の自ビール醸造.....

イースト菌の活動に適した20℃前後の気温となる春秋の季節を外して造ってみました。

PremiumBITTERモルトはプレミアムビター。エールイーストと自家栽培の生ホップをふんだんに使った贅沢レシピです。 





最終比重1013昨年の11月15日に一次発酵に入りましたが案の定初期比重1.040がなかなか下がってくれません。 途中発酵容器を室温の高い3Fロフトに移動するなどイースト菌の再活性等を工夫し、年を越してようやく1.012まで下がりました。



  
ボトリング334mlの小瓶に58本ボトリング出来ました。
使ったモルトと水の量から歩留りは91.5%、アルコール濃度はx.x%と算出されます。




二次発酵へ2ヶ月間ほど冷暗所で静かに 2次発酵させ 3月にはテイスティングできるようになります。





使用後の洗浄と乾燥使った容器は綺麗に洗浄後、天日で乾燥&消毒して保管します。


@y(アッティー)apoc_works  at 11:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

APOC発電所の月次報告....

発電モニター統計(12/1~12/31)
12月発電モニター  発電量比較
12月は低気圧接近は3回ほどしかなかったが晴れても精々20kWh/Dの発電量なのは太陽の角度が低いのと午前中に電信柱の影の影響と思われます。ただ昨年同月比では上回ることができました。
月後半から消費電力が 30kWhを超えるようになりましたが夜間・早朝の暖房電力なので料金への影響は抑えられる模様です。
売電256.4kWhは辛うじて10,000円台の収入を確保できたようです。


2012年間実績 2013年実績
前年と比較しての総括です

発電:5,824       6,122     +5.1%  1~5月の天候が後半をカバーしてくれました。
売電:3,346       3,424     +2.3%   143,000円の売り上げ金額。償却残高は28万円減少しました。
買電:6,214       6,304     +1.4%  消費増の割に低い増加に抑えられました。
消費:8,691       9,002     +3.6%  8~9月の冷房電力が尾を引いてしまいました。

東京電力料金のお知らせ(12/9~1/8)

昨年比785kWhの買電価格の 20,675円はソーラー設置以来最高額になってしまった。 
239kWhの売電価格が 10,038円。1万円台をかろうじて確保。
昨年の同月を電力量で比べると、-5%の内訳の中で深夜時間帯の消費が最も抑えられている。
発電、売電ともに低調なのは変わらない。







設備投資資金の回収進捗(2012~2013)
Investment: 
     2011年   1,370,640円
Return:
     2012年      206,727円    15.1%   
     2013年      208,575円    30.3%   
Narrative:
     投資判断のための試算では150,000円/年の回収を目論んでいました。これは損益分岐点(B.E.P)が9.2年となりますから2020年以降と予測していました。
  実績では初年度も前年度も順調に 15%ずつ回収できました。B.E.Pが 6.6年に短縮されたということは 2018年に回収が完了し、2019年からは丸儲けになります。
  発電モジュールとパワーコントローラーは 15年間、(株)東芝により85%以上の出力保証がされています。


@y(アッティー)apoc_works  at 09:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

バスタブの老朽化....

湯に浸かりながら何気に取っ手に触れたら指先にカサコソ感! 誰かがバンドエイドかシールを張ったか?と思い剥がそうと引っ張ったらCrコーティング被膜が剥がれてきたので慌ててストップ。
バスタブ レフト側 ライト側
  H7年4月の(株)ノーリツ製           左側取っ手の剥がれ       右側取っ手は浮いています
         780 x 1,390                   

取っ手-1  取っ手-2   浴槽
取っ手は40mm間隔で 2本の M8x40のステンレスボルトにコーキング剤を塗布して固定されています。 納まりさえすれば類似品への交換も容認できます。

浴槽はノーリツ(株)製で型番 S-CJA-1400/S-FA-140J(@146,400円)は平成7年4月頃の増改築時に設置したもの。取っ手は浴槽で身体を支える為に不可欠だがエッジでの怪我を避けるために以下の修理計画を立ててノーリツコンタクトセンター(0120-911-026)に連絡しました。
(1)  左右とも同一部品に交換する
(2)  or 互換部品に交換する。 固定穴間隔:40mm、固定ボルト:M8x40,ステン13□ 
(3)  or 被膜を剥がして樹脂下地を塗装する

最寄りのサービス拠点は八王子だそうで、有償修理の場合出張費3,150円、点検診断料2,100円が交換部品代と修理作業工賃に加算されるので部品だけを送ってもらうことにします。

1月25日(土)
newハンドル-1    newハンドル-2    newハンドル-3
交渉の結果無償保証として交換してくれました。 新ハンドルは素材が樹脂から金属に、固定ボルトが内装になりハンドルの握りも凹凸がないように改善されていました。


@y(アッティー)apoc_works  at 10:49コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

年末年始.....

大晦日23:02
紅白歌合戦の視聴の合間にめいめいはメールチェック。





阿蘇神社-1 阿蘇神社-2 阿蘇神社-3
阿蘇神社への初詣は 2日早朝5:16となりましたが、人っ子一人いませんでした。

@y(アッティー)apoc_works  at 05:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!