空を見上げて
トップページ » 2015年02月
2015年02月

ビールの寒仕込み......

エールイースト菌を空調なしで働かせる最後の時期であり、必要数の空壜が溜ってきたので材料の在庫処分も兼ねて急遽 5ガロン分を仕込みました。ホップはゴールディング27gをビター&アロマ両方に使いました。
PALE ALE イースト菌 発酵開始比重
    PALE ALEモルト       ALEイースト菌 11.5g         発酵初期比重の1.043は高め

DryAleYeast   15℃
最適温度15-20℃を下回る場所での発酵なので目標比重に達するには一ヶ月以上掛かると見込んでいます。

現在昨秋ボトリングして熟成中のピルスナーとドライラガーが其々60本あり、今回のと合計180本で夏が美味しく越せそうです。 
秋9月には再び自家育成の生ホップで年越し自ビール製造と続きます。


@y(アッティー)apoc_works  at 15:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

i3アルミホールのリペア....

(1)発見 (6)QC
洗車時に運転席側リアホイールに大きめのガリ傷を発見。 走行経路の記憶を辿るとどうもうちの奥さんが市役所の駐車場に停めた時が怪しそう、と言うことで急速充電器を利用するついでに現場を検証しました。


(2)ここにバックで入れた (3)この縁石だ (4)乗り上げ跡が多数
植栽との境界の縁石はごろごろ石が並べられ、中でもコーナー出入り部の石はオーバーハング状態でせり出している為に沢山のタイヤで擦られ黒光りしています。 恐らくうちの奥さんは右前方からバックで侵入する時に右後輪を乗り上げたのだと思料できます。i3のホイール面はタイヤのサイドウォールと殆ど「面一」の上、タイヤの扁平率が大きくサイドウォールが薄いので縁石に容易にヒットしてしまう特徴があります。 縁石や路肩に寄せる時は余裕を大きくとる必要があることの教訓を得ました。

研磨キット パテ
傷の拡大です。 ランクル用のボディーリペアキット(マスキングテープ、各番手のサンドペーパー、シリコンオフ、プライマー)があったのでアルミパテ(1,270円)だけを買足しましたので、暖かな日を選んでソフト99の修理サイト
を参考に D.I.Yすることにしました。

2月20日(金)晴天 11:00~ 23日(月)曇り 15:00 
(1)洗浄 (2)バリ取り (3)パテ塗
    リペア部分が上に位置      #100位の砥石を付けたミニルーター   脱脂後アルミパテを盛り、
    するように駐車します。       でバリを取ったりの成型します。     ポリフィルムで押さえます

(4)乾燥 (5)乾燥後 (6)研磨後
      乾燥中です。            乾燥後                    研磨後


(7)研磨@江戸街道公園  リペア比較
      ルーター仕上げ       樹脂用ビットで余分を削り、平らに仕上げる必要あり


@y(アッティー)apoc_works  at 20:56コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

防犯灯をLEDに.....

庭先駐車場の防犯灯は長年300Wのハロゲン灯でしたが老朽化が進行ししかも高消費電力なので LED灯に入れ替えました。
Panasonic社製はさすがに手が出ないので「銭失い」を覚悟でノーブランド、保証書なしを Amazonから買ってみました。配送料込で 3,980円。カスタマーレビューはピンキリなので個体差が激しいのかも知れません。


旧ハロゲン灯:
2106  ハロゲン-1  ハロゲン-2
    2014.2.8  21:08       ボロボロになってしまった300Wハロゲン灯
  大雪の夜です。


新LED灯:
LED-1 夜 (1)LED
 試験点灯の様子:クールな昼光色です。ハロゲンとの比較ですが雪の日との比較では参考にならないと思います。ワットメーター測定の消費電力は31Wでした。

センサー 受信部 (2)LED
 赤外線感温センサー&    受信機 &投光リレー  50W  LED投光器
     送信機          ダイニングの食器棚     C国製なので耐久に難?

センサーの調整がポイントになります。点灯は「夜」、点灯時間は「最低の20秒」にすぐ決められますが、取付位置、向き、距離はかなり大変です。車道を行き交う車両の大きさ、歩道の自転車と人、駐車場の出入り....点いたり点かなかったり、おまけにLEDは点灯するまでに 0.5sec位の時間遅れがあるのでなかなか最適な設定値が決められません。

@y(アッティー)apoc_works  at 16:57コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

2014年(H26)度分の確定申告.....

完了2006年度分より続けている e-taxでの2016年度分の所得税確定申告書を送信しました。

今年は源泉徴収税額から還付し切れなかった納税高は52,475円に上りました。昨年までは全額取り戻せたのですが今年は長女が扶養控除から外れたのが大きく影響しています。住民税や健康保険税などへの派生影響が少なくないので来年度は対策しなくちゃ。

例年だと2週間後には指定銀行に還付金が振り込まれてくるはずです。


還付金2月26日(木)
還付金が振り込まれました。


@y(アッティー)apoc_works  at 00:09コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

80のホーン整備.....133,925Km

半年くらい前から鳴ったり鳴らなかったりで不調でした。来月継続車検を予定しておりホーンは保安用具として検査コースに入る前の外見検査時に吹鳴を指示されるので整備しました。 
(1)ホーンSW (2)ホーンSWハーネス (3)接地
パッドを押すと導通があります        ボディ短絡で吹鳴不安定         強制接地で吹鳴は安定
=> ここの問題ではない        => リレーやハーネスの問題ではない     =>接地不良と思慮される


(4)ホーンユニット(不協和音の音源である)HI,LO両ホーンユニットをボディーに固定している4つのボルト、ワッシャ、取付穴の塗料をヤスリで剥離してシリコングリースを塗布後、締め戻して完治しました。




@y(アッティー)apoc_works  at 17:36コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

i3への100V充電試験.....

i3での宿泊旅行用携行100V充電キット(prius充電ケーブル、昇圧トランス、各種変換ケーブル・コネクタ)が整備できたのでパフォーマンスを確認することにしました。
このキットは旅行宿泊地に急速充電や200V専用充電設備がない場合の非常用です。

i3側のケーブル設定値毎に充電ケーブルへの100/115/125/200V入力電圧に対する100Vコンセントでの消費電力を測定しました。
確認出来たことは:
・やはり100/115/125V充電は不安定です。暫くは青色点滅しますが数分で赤ランプの点滅に変わり接続が切断されます。
・200V充電でi3ケーブル設定が「最大」だと100V経路に 20A以上流れますので危険です。
  (prius充電ケーブルの最大電流12Aでリミットされます)
・200V充電でi3ケーブル設定が「低」は10A。約1kWhですから10時間の充電で50%の充電量。


昇圧トランスとプリウス充電ケーブルとの接続
IMG_5115-200V  IMG_5108-125V IMG_5111-115V 
 200V 15Aコンセントへは            125Vコンセントへは              115Vコンセントへも
 充電ケーブルをダイレクトに            変換ケーブルを経由
            変換ケーブル経由

      

IMG_5142-100V
  100Vは当然ながら100V
      コンセントへ

i3側ケーブル設定は 最大 3KW (15A)
IMG_5119-200V最大 IMG_5120-125V最大 IMG_5121-115V最大
  200V:   2,014W                         125V:   1,362W                  115V :   1,271W

IMG_5122-100V最大
       100V:   1,117W


i3側ケーブル設定は  1.4KW (7A)
IMG_5107-200V低  IMG_5110-125V低   IMG_5112-115V低
       200V:   1,113W                      125V:    727W                      115V:     680W

IMG_5141-100V低
            100V:    574W


@y(アッティー)apoc_works  at 10:29コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

i3を改造(?)しました!....5,212Km

i3は標準で殆どの機能が付いているのでノーマルのままで乗っていますがどうしても気に入らない不便な箇所があったので自分で改良しました。
普通充電が終わりフロントフードを開けて充電ケーブルを収納後、フロントフードをそのままバタンと閉じると「グシャッ」と何かが壊れたような音がします。これは「充電ケーブル引き込み用のプラスチック製フラップ」が格納位置に戻っていないとフロントフードに挟まれて発する悲鳴です。 気を付けていても時々やってしまうのでそのうち確実に壊れる部品の一つだと思います。

そこで充電ケーブル使用後にフラップが元の位置に自動復帰するように加工しました。
(1)キックばね319円 (2)曲げ加工 (3)切削加工
    購入部品はこれだけです          加工形状です             バネを入れるために
   JOYFUL本田で 319円        黒いチューブは傷付け防止       フラップ軸の突起をカット

(4)組み込み (6)取付け (5)取付け
  こんな感じに組み立てます        充電ケーブルで開いた状態     充電ケーブル撤去後バネが
バネアームの微妙なカーブ注目      バネがシッカリ効いています     フラップを跳ね上げてくれます

動画はこちら ですがパタンって安っぽいですね。BMWならオイルダンパーでスイーッと閉じる様にして欲しい箇所です。耐久性、防錆性に大いに懸念がありますので定期的な保守点検と予備バネの確保が必要です。

・バネ材の曲げ加工は万力等で確実に保持しながら作業しないと思いがけない場面で怪我をします。 
・i3に組み込む時はバネを落下させないように最深の注意を。 落下してフロントバンパー内に紛れ込むと拾えないし、変に移動してトラブルを誘発しかねません。


@y(アッティー)apoc_works  at 18:29コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

EV100V充電キットの改善.....その 2

いっそのこと、と万能トランサーFTBO-300の200Vコンセント形状をEV充電専用ケーブルに合うように改造しました。(それでも変換ケーブルは 200V15Aコンセントの為に必要です)

(1)元の配線 (2)パネルからコンセントを外す品を (3)200Vコンセントの接点
   元の配線状態です           パネルについてるコンセントや     200Vコンセントはカバーと
 ブレーカーとメーターへの        ブレーカーがごっそり取り出せます    接点部の2つに割れます
 配線の半田付けを外します                

(5)カバーのヤスリ削り (4)元の接点 (6)接点のグランだ―削り
 カバーの樹脂はEVプラグが挿入          切削前                  切削後
できるように丸ヤスリで削ります。        接点はヤスリとグラインダーで形を整えながら削ります。

(7)EV専用ケーブル対応コンセント (8)直結できました
    出来上がりです           物理的にも電気的にも繋がりました


@y(アッティー)apoc_works  at 18:01コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

EV100V充電キットの改善.....

それまで使っていた床置型250V20Aコンセント(WK3811)は差し込み方向や壊れやすい欠点がありました。250V20A防水キャップボディ型に改良したいのですがネットや Panasonicカタログを隅から隅まで探しましたが見当たりません。標準製品がないので改造して作ることにしました。
(1)WA3619分離  (2)接触端子  (3)やすりガケ
Panasonic社製の250V15AボディWA3619(798円)を EV充電コントローラ専用プラグ(250V20A)と接続するためには 型ホット端子が挿入できるように 1mm程削ります。樹脂ボディは丸型ヤスリで。

(4)グランダー削り  (5)挿入テスト    5)WF7618も
金属(真鍮製?)端子はグラインダーで。 EV充電コントローラ専用プラグと合体出来るかの確認を繰り返しながら削って行きます。

(6)ワイヤリング  (7)完成品
218円/mの3芯ケーブル約1m長の他端には200V15A防水ボディWF7915@578円)を取り付けて完成です。

@y(アッティー)apoc_works  at 12:04コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

APOC発電所の月次報告......

発電モニター統計(1/1~1/31)
1月実績  YTD  発電量推移の昨年比較
  
   2015年1月実績        2015年YTD           発電量の昨年比較

時間帯別消費
1月の発電量は 15kWh以上の発電日は 23日、月間では480kWhとまずまずながらエアコン暖房増により消費電力が 1,252kWhに跳ね上がり、買電は 1,000kWhの大台を超えました。

EV充電量と電費

i3トラベルボードi3のトラベルボードの 1月集計データは:
走行距離: 514km、電費:6.5km/kWhですから充電量:79.1kWhと算出されます。
一方、オドメーター記録とパワコンデータからは:
走行距離:5,080 - 4,565 = 515km
充電量:      1.5 x 100 =  150kWh              
                             電費:       515/150    =3.4km/kWh


東京電力料金のお知らせ(1/8~2/4 )
   924kWhの買電価格が 25,520円。     昨年 742kWhの24%アップ
   272kWhの売電価格が 11,424円。    昨年  248kWhの9.7%アップ



@y(アッティー)apoc_works  at 09:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!