空を見上げて
トップページ » 2016年08月
2016年08月

APOC発電所報告.....

発電モニター統計(7/1~7/31)

7月 年間実績 発電比較
     2016年7月実績               2016年YTD                発電量の昨年比較
月間発電量は400kWhに届かず、よって売電は 131kWhしかありませんでした。逆に消費量は冷房が本格化して800kWhを超えましたので 546kWhの電力を購入しました。

EV充電量と電費
ボードCPU トラベルCPU トリップメーター

i3のトラベルボードコンピュータでは:
走行距離: 475km、電費:8.8km/kWhですから充電電力量:54.0kWhと算出され電力料金換算では1,296円が走行費用となりました。


東京電力料金のお知らせ(7/7~8/4)
   482kWhの買電価格が 11,570円。     昨年  787kWhの36%ダウン
   139kWhの売電価格が   5,838円。    昨年  121kWhの15%アップ



@y(アッティー)apoc_works  at 08:36コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ハンドルバーのテープ交換


交換前 ミイラ化-1 ミイラ化-3
 消耗品なのに40数年無交換。      古いテープは千切れてしまって    接着剤は頑固にパイプに纏わり 
 完璧に朽ちて接着剤も劣化して     剥がしづらい事この上ない状態    ついてこれもお手上げ状態です
 固着


ミイラ化-4 SOLVENT 剥がしました
固着した糊とテープの残渣は PAPER SOLVENTをキッチンタオルにふくませて拭うとようやくピカピカツルツルを取り戻しました。

ハンドルテープ 中身
今回使用する商品とその内容物です。ブラケット部のマスキングテープ、終端用テープ、エンドキャップまで入っていました。

ブラケット部の処理 末端処理 バーエンド 
   ブラケット部の目隠し処理         グリップエンドと終端の         グリップエンドキャップ
   
after-2完成ですが幾つかの不満が残るので近日中に再挑戦の予定です。
・今回のテープ材質はソフト+コルク混入。
・次回はカラーは白。 布目テクスチャー
・ブラケットの位置の最適化






@y(アッティー)apoc_works  at 10:48コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ブラケットカバーの交換

DIA-COMPE144740数年を経てミイラ化したブラケットカバーですが、交換出来そうなパーツが入手できたのでリプレイスします。
amazonは DIA-COMPE 144.7(1,320円/左右セット)は翌日に届けてくれました。



側面 正面 側面-2
 ヒビ割れてDIA-COMPEロゴも        クイックリリース対応の       アジャスターボルトの穴
 判読困難に                    カバーが必要です         同カバーも裂けています


左ブレーキ(後輪)から交換しました。ブラケットは再利用しないので躊躇なく切断しました
キャリパ― レバーケーブル 新旧比較
後輪のブレーキキャリパから        アジャスターボルトを緩めると       純正品との形状比較
ケーブルを外す                  ケーブルが外せます         レバー開口部とアジャスター

                          奥のマイナスボルトを緩める       ボルトのサイズが異なる

レバー部の拡大 レバーに被せた アジャスターボルト部
 現物に合わせてニッパーでカット        ピッタリ被さりました           アジャスターボルト
                                                   内径12mmが必要

カット後 ナット挿入 完成
先端から約5mmをカットし、潤滑のためにラバーグリスを塗布後アジャスターナットを締めこみブレーキシューの調整に移る。

破損したキャップやナットの隙間は後日隠蔽工作します。



@y(アッティー)apoc_works  at 17:28コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

漏水の修理顛末

計量票数日前から風呂場の外壁辺りが湿っているのに気づき、一度水道屋さんに見てもらおうと昨日予約をしました。
折しも今朝巡回の検針員から「今水道使っていますか?」のドアホーン呼び出しがあり、「先月や前年より多いですね。小規模の漏水を疑います」との警告をいただきました。

漏水規模を算出しました。2ヶ月間で 20㎥ほど通常より多く計量されています。これを判り易く換算すると 3.86ml/秒ですから一分間にコップ1杯強が漏れていることになります。


塵も積もれば....羽村市の水道代は近隣に比べて安い、と言っても10㎥で1,000円/月増は家計にとっては痛い。

8月9日
あきる野市の知人に依頼して修理した請求額 18,360円。羽村市へ修理費助成金を申請すれば水道料金から減免される、とのことです。





水道メータ 漏水箇所
  計量メーターの動画       漏水個所の動画

8月22日
台風9号は青梅・瑞穂・入間で 100mm/時以上の激しい雨でした。 家の周囲の被害点検時に漏水修理個所の地面が陥没しているのを発見。一旦砂利を剥がして瓦礫を詰めて埋め戻しました。
陥没箇所 瓦礫埋設
 配管が露出するほどの陥没           さてどうなるか?!


@y(アッティー)apoc_works  at 14:06コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!