空を見上げて
トップページ » 2018年01月
2018年01月

厳冬期の野菜収穫

駐車中 南向き JR五日市線
畑に野菜の収穫に。アプローチの坂道は溶けていましたが農道に入ったとたんに一面の銀世界。農道と畑の境界が判らなくなっているので4WDでないと危険で辿り着けません。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
温存してきたブロッコリーを収穫しました。根菜類は冷水で泥を落として食卓へ。

鍋物-vブロッコーリやカブに人参等を添えてとろとろのシチューが食べたかったけど、牡蠣と豆腐が入った鍋物になって供されました。




@y(アッティー)apoc_works  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ジャンプスターターの威力!

250ccのバイク(HONDA BAJA)や 4,200ccディーゼル(TOYOTA ランクル)の始動を補強するために予備の OPTIMAバッテリーをスタンバイさせて来ましたが重量、充電の手間、値段、耐用年数の面で運用に困難を感じるようになったのでジャンプスターター(RP-PB063)に切り替えることにしました。
ジャンプスタータ warrantyの延長登録 

1月20日(土)夜に amazonに発注したら22日(月)の朝に届きました。早速webサイトで保証期間を延長しましたがどうしてもマニュアル記載の通りでは動作してくれません。

amazonのカスタマーレビューを参考にしながら BAJAの始動に挑戦しました。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint
BAJAは補充電後だったので 11.62VありましたがON位置ではヘッドライト点灯するので4.76Vに低下し、スタータはうんともすんとも言いません。この状態では RP-PB063はブーストボタンの(短)押しでは赤点灯。長押しでカチっと緑点灯し16V以上が印加され始動ボタンで勢いよくスターター廻り始動できました。30秒間は16Vが掛かり続けるので速やかに黒->赤のクリップを外します。

ランクル80
BlogPaint12V前後の電圧があったのでRP-PB063のブーストボタンの(短)押しでは緑点灯と緑点滅が数秒間隔でリレー音とともに切り替わります。緑点灯時には14.67Vが供給されていました。

・車のバッテリーが 10.6V以上あれば緑点灯するのでスタートーボタンで始動が可能になると思います。
・車のバッテリーが 10.6V以下では赤点灯するのでブーストボタン長押しで緑点灯に切り替えてスタートーさせることになります。



(6)80で充電 (7)ACアダプタ iPhone充電
RP-PB063への充電はマイクロUSBで行います。本器への充電にはランクルの場合はセンターコンソールに置いてシガーソケットから、室内では付属のACアダプタで。 iPhone等への充電用に USBコネクタが 3ポート用意されています。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:53コメント(0) この記事をクリップ! 

27cmの積雪の朝

5AM過ぎか、除雪車のエンジン音で目が覚めました。
(1)除雪車-2 (1)除雪車 (2)夜明け
前後に交通整理員を配しての主要市道の除雪作業が手際よくおこなわれており、これまでの教訓が活かされていると実感しました。

(3)公園前交差点 BlogPaint BlogPaint
そのおかげで日が昇る頃にはメイン通りや通学路での住民の難渋は回避できたようです。我が家はソーラーパネルからの落雪が懸念されるので 2台の車を移動させましたが、強い日差しで滑り落ちる前に溶けてくれたようです。






@y(アッティー)apoc_works  at 16:00コメント(0) この記事をクリップ! 

今年の親父の会の新年会は!

(1)ポテトサラダ (2)盛り付け (3)開会
30cmの積雪、しかも平日のハンディーながら 25名のメンバーが集まりました。10~12AMの2時間でおかずプレートとお赤飯を準備し、2時間の懇親を楽しみました。
(4)歓談中 BlogPaint
中でも圧巻は「お赤飯」! 国産ササゲを前日から仕込み、色と風味はもとより専用容器まで準備しての仕上がりでした。


@y(アッティー)apoc_works  at 15:00コメント(0) この記事をクリップ! 

80のバッテリー整備

ナビ読み先日1週間ほど動かさなかったら始動電圧が不足してスターターがグルグル言うだけで始動しないので整備しました。
現在の OPTIMAレッドは運転席側が 2011年8月、助手席側が 2016年10月に交換したものです。劣化度合いを判断する為にバッテリー端子の研磨、締め増し、補充電前後での電圧を測ってみました。

            並列テスター読み  単体テスター読み
       ナビ読み  (on    off)    運転席側   助手席側

作業前      11.7      11.85   11.97      12.08        12.16

作業後                11.93   12.13

充電中                                   14.60        14.60
充電後      11.9      12.10   12.30      12.10        12.50

分かったことは、
・ナビの読みはテスター測定値より 0.2V程低く出る。
・運転席側にしてもそれほど劣化はしていない。
・端子の研磨と締め増し後の方が off -> on時の電圧低下が大きいのは腑に落ちない!


時計が治った?
80時計 再起動後 デシマルポイント
気になっていた右端にドットがひとつ不自然(1/10秒少数点?)に点灯する症状が、今回のバッテリー端子脱着後には消灯していました。STOP.Wやアラームモード時に点灯する小数点らしいので何らかのバグだったと思われます。



@y(アッティー)apoc_works  at 09:51コメント(0) この記事をクリップ! 

ランクルの車検前点検   143,996Km

     車検前無料点検ハガキ     車検前無料点検+オイル交換請求書
昨年の点検でのハブやパワステのオイル漏れは対策したので今回は冷却水関係を重点的に下回りの目視検査をお願いしましたが特に指摘はありませんでした。


@y(アッティー)apoc_works  at 18:20コメント(0) この記事をクリップ! 

SSIDの文字化け

文字化けiPhone6sをテザリングするとSSIDが文字化けします。 

iPhoneを設定する時に自動的につけられた名前「kiyishiのiPhone」の全角部分を設定→一般→情報→名前で半角英数字に書き換えれば解決するはずですがこのまま使います。

そういえば iPhoneの写真を dropbox経由で PCに読む込む時にファイル名の全角部分も文字化けしていますが、こちらの対策は不明です。


@y(アッティー)apoc_works  at 17:56コメント(0) この記事をクリップ! 

WindowsLiveMovieMakerのエラー

Windows Live Movie MakerエラーJVC KENWOOD社製DRV-610のMP4ファイルを編集と WMV変換後 blog 投稿する為に使い慣れたWindows Live Movie Makerに取り込もうとした時のエラーです。
壊れたかと思い再インストールも考えたが既にDL出来るサイトはどこにもありませんでした。他の MP4ファイルは取り込めるので壊れたわけではなくて DRV-610の MP4が特殊な(画像サイズに関した)フィルターを含んでいるとのネット記事もありました。
仕方なく VAIOノートPCで再のスクリーンショットした MP4ファイルを取り込んで WMVファイルを作りました。



@y(アッティー)apoc_works  at 19:49コメント(0) この記事をクリップ! 

80のヘッドライトを LEDに  143,920Km

HID寿命現在は 2004_07_11に導入したCATZ GALAXY WHITE(H4 HI/Lo 6500K)の HIDシステムをメインに使用していますが、FAQによるとHIDバルブの寿命はたったの 2,000時間しかない上にケルビン数の色温度が -85%になる 1,500時間がバルブ交換時期の目安、とのことでした。80での点灯時間の積算はしていませんが 13年、6.5万Km以上になり「暗くなった」等の症状はありませんが(HID純正交換バルブは 4万円以上するので)もうそろそろ後継バルブとしてLEDバルブの検討を始めました。
i3 LED H11 BlogPaint 
i3のH11ハイビーム用LEDバルブと同時キャンペーン中のH4コネクタを2,805円で購入しました。寿命は 100,000時間以上で今より消費電力が抑えられ明るくなりそうです。ファンレスの上にコントローラ回路が放熱フィンに内蔵なので無音でスッキリの省スペースデザインです。デメリットは中国製(笑)。AM/FM電波へのノイズ対策が必要になるかも!

13日(土)AMに到着後、ぎっくり腰が漸う治癒後の日差しが暖かい15日(月)に換装しました。
BlogPaint (2)点灯試験 BlogPaint
ランプハウスに固定する前に点灯試験してLEDチップ不良や Hi/Lo極性の確認しました。濃いサングラスをしても直視できない眩さだが Hi/Lo LED切り替えは正常でした。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
HID配線3本を切り離し後、HID本体を静かに抜きます。HIDソケット筒のOリングを落とさないように防水キャップを取り外します。(ラジエータ上から覗き込んで撮ったので画像の下側が上になります)
LEDソケットをバネで固定後に防水キャップを取り付けますがソケット筒の周辺にキャップの穴が馴染むように整えます。

BlogPaint  交換後 すれ違い用灯火
 LED本体の上下を正しく差し込み捩って固定したら H4コネクタを接続して完了です。

夜間往来の少ない路地にて LEDバルブの Hi/Lo光軸、色、光量を確認しました。メータパネルの Hiビーム表示灯はHIDと同様、点灯しません。
(x10)全消灯 (x20)コーナー灯だけ (x30)フォグライトを追加  
    全消灯状態         コーナーライト         フォグライト

(x40)Loビーム (x50)Hiビーム movie
    Loビーム            Hiビーム            動画をどうぞ


車検前無料点検ハガキ18日(木)3:00PMからのネッツトヨタ点検日にはこのLEDバルブ状態で「車検前無料点検」してもらい、光軸や光量に問題がなければそのまま 2月28日(水)予定の継続車検を受け、合格するようなら予備用にLEDバルブを買い増ししHID配線を撤去する目論見です。

2月28日(水)
継続車検のライト検査で合格しました。ただ予備検査場では「光軸パターンが扁平なのでゼリー塗布で修正した」とのことでした。また、HID配線と機材は残置することにします。



@y(アッティー)apoc_works  at 20:47コメント(0) この記事をクリップ! 

APOC発電所の運用レビュー

2011年12月に太陽光発電事業への投資後 6年間の運用レビューです。

BE分析設置前に損益分岐点(BEP)は10年と踏んでいましたが、順調な発電により投資金額(1,370,640円)を 7年弱で回収できそうです。
予想が外れた要素として国、都、市からの補助金を満額ゲットしたこと、売電単価が高かったこと、故障が無かったこと、家族の省電力協力がありました。

劣化度分析発電効率阻害要因を探るために日照時間との相関を分析しましたが、季節変動と見事にトラッキングしています。
2つのデータの線形近似線の傾きを測定すると:
日照時間= -2.35%/年
発電量  = -3.15%/年
2つの差から発電パネル自体の劣化は 0.80%/年 と算出されます。
パネルの経年劣化比較単結晶パネルの場合、5年で 3.2~3.9%の低下が報告されていますが、メーカー(T社)の10年で 90%、15年で 85%の出力保証の数字はなかなか考えられた数字だと思います。


 

投資金額回収後の来年の1月からの発電による収益は全て純利益となります。
将来プランとしては 10年目前後で数十万円のパワコンの入替えとパネル面の洗浄。20年あたりで母屋の建て替えとソーラパネル換装、EVの買換え、蓄電池の設置、等々の HEMS計画を立てております。

取り敢えず11年目から20年目までの収支を売伝価格10円/kWhでシミュレートしとかなきゃ。



@y(アッティー)apoc_works  at 20:14コメント(0) この記事をクリップ!