空を見上げて
トップページ » 80運転席のPWモーター交換  147,452km

80運転席のPWモーター交換  147,452km

電源のON/OFFで何回か回復したように見えたフロント運転席側のパワーウインドーが旅の途中でとうとう動かなくなった20141106のOH時の画像を参考に故障個所がSWがモーターなのかの切り分けをから修理を開始した。

BlogPaintマスターSWのカプラーを抜きます。車両側コネクタの①-②に+12V加えるとUPし、逆極性の-12VでDOWNしますが今回の試験では約5cmダウンしたままで UPしなくなりました。⑨-②がFL,⑪-⑫がRR,⑩-⑦がRLです。+マーク側に12Vを加えるとDOWNです。
モーター内サーキットブレーカはウインドー停止後のモーター電流増を検知して 4~40秒に電流を遮断し、逆電圧をかけると60秒以内に復帰して逆回転するのが基準の働き。

20180709
昨年5月にday1~3でモーターをOHしたが今回の症状からはどうもモーター内サーキットブレーカの遮断と回復の不良が疑われる。代替品番85710-60011の価格は税込み25,600円(税込)と高額。
85710-60010-L  BlogPaint PWモーター在庫数
   85710-60010      (代替)8571-60011           メーカー在庫数
東京共販・多摩で調べたら代替品のメーカ在庫数は7個あり購入できましたが他の窓の在庫数も心許なくなっています。モーターをレギュレータに固定するセルフタッピングボルトも代替品で頭の形状が トルクスT-25からプラス に変わっていました。

モーターを動かせない状態でのモーター交換にはモーターを動かせた昨年の数倍の苦労が伴います。ガラスを下げないでウェザーストリップ、ガラスランが取り出せるか? サービスホールを使わないでドアガラスをレギュレータから分離できるか? 先にモーターをレギュレーターから分離させたり、レギュレーターをドア本体から分離させたり・・様々な対応に迫られそうです。

20180713
いよいよドアガラス外し昨日ドアフレームブラケットガーニッシュ、ドアトリム、インサイドハンドル、ドアロックリレー、サービスホールカバー、ドアミラーを取り外した。ブチルゴムで指がベタベタ真っ黒になる。朝一で車両側の糊痕はアルコールで綺麗にしよう。サービスホールカバー(67831-60030)は1,380円(税抜)もするので交換見送り。


B+直結でもモーターが動作しない場合、ドアモールもガラスランも抜けないので順番を変えて先にモーターをT-25レンチで取り外すと(レギュレーターのバネの動きが不明ながら)レギュレーターは動かせるようになりガラスを全開してドアモールやガラスランを抜いたりサービスホールからドアガラスチャンネルのボルトを外してドアガラスを取り外せるのではないか? でもこれが可能なのはガラスが上がってレンチが入れられるスペースがある時だけです。 また、
ドアガラスチャンネルが不用意に落ちないようにタオルなどの詰め物で養生しておく必要があります。

BlogPaint実際はB+直結でモーターはサービスホールまで動いてくれたのでガラスランを抜くことが出来ドアベルトモールもクリップを壊さずに外せた。その後ドアガラスを抜き、レギュレーターは横一列状態にして抜きました。件のモーターは一瞬動いてすぐ止りますがコンコンと叩くと再び動いてすぐまた止まる。
レギュレーターの新品交換(69801-60010 6,900円)を迷いましたが動きもプラの滑車も正常なので再利用します。

ドアガラスを戻したPWの動作を確認しながら組み戻しました。動きがとてもスムースになり、これですっかりストレス解消です。

動作スピードを測りました。
運転席DOWN,UP:   4.1秒、4.5秒
助手席DOWN,UP:   4.1秒、5.5秒


BlogPaint BlogPaint
   この球が車体側の溝        表側に達する亀裂
      に嵌合する

ドアフレームブラケットガーニッシュ(67491-60020  1,190円)のクリップの嵌合は大変固い。注意をしても外す時にヒビが入りました。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星