空を見上げて
トップページ » 80スイッチ照明灯の点検整備

80スイッチ照明灯の点検整備

車中泊や深夜ドライブで発見した照明類の改善です。昨夜 暗くなってから燈火の点灯確認を行っていた時いろいろおかしなことを発見。 

CENTER DIFF LOCKスイッチ
押し込むとDIFF LOCK が点灯せずに PWR が点灯する。 「こりゃ誤配線だな」とお思い翌日元に戻そうとしたら横並びのリアデフォッガー SW位置もおかしい。合っているのはアンテナのUP/DOWNスイッチだけのようだ。
取説書だと「ECT」「リアデフォッガー 」「C.DIFF LOCK」の並びのはずが「C.DIFF LOCK」「ECT」「リアデフォッガー 」となっているばかりか「C.DIFF LOCK」と「ECT」とはコネクタまで刺し間違えているお粗末さ、と来ている。
IMG_4339 
BEFORE AFTER 
    正規の並び方           このように並んでいた        ここまで修正した
「C.DIFF LOCK」」と「リアデフォッガー 」とはコネクタ配線がインストパネルを外さないと動かせないので上図のままとしました。「ECT」と「C.DIFF LOCK」のSW操作により正しくPWRとDIFF LOCKが点灯表示されるようになりました。
記録によると 楽ナビ設置(20150913)が直近のインスツルメントパネル取付日だった。以来本日まで 3年近く「ECT」と「C.DIFF LOCK」のSW操作したことは幸いにしてなかったように思う。
ECTはC.DIFF LOCKより使う機会多いと思う。 今度エアコンを入れた状態で発進したり登攀車線でPWRの違いを確認してみよう。

 ヒーターコントロールインジケーターSW、ランプ
現状-2  ヒーターコントロールSW照明-2 
     現状の画像           2014-11-07頃の照明
プッシュで選択されたSW表示のイルミネーション灯は点灯していますがボタン説明表示灯が消えていてどのSWを選択プッシュすればよいのかわかりません。
ここを照明する3つのバルブ(84999-70015 @350)は 20141104 に交換済です。3つが同時に寿命で断線することは稀なのでバルブへの電源ラインも疑ってみる必要があり回路図を手繰ってみましたが「記述が見付からない?」。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星